ニートの末路って?

ニートに待ち受ける悲惨な末路

ニートの末路って・・・?

ニートから社会復帰する方法とは?

「働いたら負け」、テレビの特集で取り上げられたニートの青年が放った言葉が、かつてはやったことがありました。この言葉が流行した根源は共感ではなく「冷笑」なのでしょう。

事実、テレビの彼はネットの中でも散々に批判されていました。アリとキリギリスの話を地で行くような彼の生活態度のたどり着く先は「破綻」しかありません。

三十代、四十代となっていくに従って、かつて出来ていたことが少しずつ出来なくなったりした時に、初めて焦りを感じるものです。

ニートにとって「老いていくこと」は、まさに砂時計の砂が少しずつ下に流れ落ちていくことと同じで、砂が落ち切った時には、自分の入れ物は空っぽなのです。その前に、経験や実績と言う新たな「砂」を蓄えて行かなくてはならないのです。

 

20代ならまだ挽回可能

20代なら、一日も早く就職活動を!以前は、大学卒業という就職のタイミングを逃してしまうと、社会的にはドロップアウトしたものとして捉えられていました。しかし、九十年代に入り、終身雇用や年功序列が崩れると、中途採用の門戸がグンと広がりました。

高齢化社会が進むにつれ、「若さ」は企業側が求める大きなファクターのひとつになっています。若ければ若いほど、仕事に対しての熟練度を積むことができますし、企業の側も、教育する価値が生まれるわけです。つまり、若いほど雇用のチャンスが有り、ニート生活から脱しやすいわけです。

しかし、年齢が上がると確実に求人の数は減少してしまい、無為にニートの日々を過ごしてしまうことになりかねません。もしあなたがニート生活を送っていて、二十代であるならば、一日も早く就職活動に着手することをおすすめします。それだけ、現代の社会は年齢に対してシビアな態度なのです。

ニートは就職できる?

 

30代は悲惨な末路を避けられる最後の年代

30代がニート脱出のラストチャンス!!では三十代はどうかと言うと、求人誌などを見ていただければ一目瞭然なのですが、求人の数はぐっと減ってしまいます。三十歳と三十五歳では目に見えて採用がシビアになってきます。

はっきりと年齢でハードルを設けている求人もありますし、例えば、売り文句で「若い人が活躍している職場です!」など書いてあったら、それは遠まわしに中年お断り、と言っているようなものです。試しに面接に行くと、大抵の場合は経験や資格、前職のことを問われます。

ニートにとって一番の泣き所が「経験」なのです。引きこもった日々を過ごしていることが多いわけですから、実務的な経験など積めるわけもありません。しかし、仕事を選ばなければ、辛うじてまだ求人数もそこそこあります。いわば、ニートを抜け出し、生活を立て直すためのラストチャンスの年代が、三十代なのです。

ニートを脱出する方法とは?

 

40代ニートの末路は悲惨

40代の就職は過酷
四十代は、実は一番就職の倍率が過酷な年代と言っても過言ではありません。理由は、近年非常に多くなったリストラにあります。企業の中には、中枢の管理職以外は多くをリストラしてしまうなど、まさに四十代は「受難の年代」と言っても過言ではありません。

四十代にニートを脱しようと就職活動をした場合、ライバルになるのが、昨日までバリバリ仕事をしていたリストラ組なのです。彼らは職務経験は豊富なので、人柄に難がなければ、理想の職種は選べませんが、再就職は比較的しやすいのです。

すると四十代以降に残された仕事は過酷ないわゆる「3K」と呼ばれるものが多くなります。例えば、交通誘導などをしているガードマンに、年配の人が多くなったことに気がつきませんか? 

四十代の再就職は、体が言うことを聞かなくなったタイミングで、体力勝負の仕事ばかりになってしまうという、皮肉な状態なのです。こうなってしまう前に、ニート生活を脱する必要があるわけです。

ニートから正社員になる方法
 

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?
 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
脱ニート、4つの具体的方法
ニート支援サービスまとめ
30代ニート、将来はどうなるの?
40代ニートに固有の問題とは?
ニートにオススメの資格とは?
女性がニートになりやすい理由とは?
目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ