資格はニート打破の突破口!?

ニートにオススメの資格とは?

ニートが資格を取る理由

ニートは就職できる?

ニートが資格を取る理由って?ニートの定義は「求職活動をしない者、その意欲がない者」を指すので、資格取得を考えるということは、就職に直結するため、それ自体ニートから脱却を図っていることにはなります。

実際に、面接などで就業のブランク期間について尋ねられたとき、「資格取得の勉強をしてました」と言えば、格好が付くこともあったりします。

しかしながら、難易度や年齢制限などもあるものがありますし、実務経験が必要なものもありますので、自分にとって現実味がある資格を狙う必要があります。

 

ニートが取れる資格

先にも述べたとおり、資格取得にはハードルが存在するものがあります。
弁護士や公認会計士などは難易度が高すぎて現実的ではありません。社会保険労務士や、危険物取扱者・甲種などは大学での特定学科の修了が条件となっています。

また今ニーズが高く、比較的取りやすいとされている介護系の資格は、実務経験がある一定の年数必要とされ、何も経験もない人がいきなり取得することはできません。

ニートであっても狙いやすい資格といえば、司法書士、行政書士、税理士。宅建などでしょうか。何れも法律の知識が必要とされますが、特に経歴や学歴でのハードルがあるわけではありません。

しかし、何れも難易度は高めであり、単独での資格勉強はかなりしんどいものであり、挫折してしまう確率も高いのが正直なところです。無気力でニートに陥ってしまった人にとっては、特に合格へのモチベーションを維持して努力するのはかなり難しいことではないでしょうか。

 

時間があるので、難関資格も目指せる

資格を目指している人にとって、大きな障害となるのが勉強時間です。レギュラーワークを持っている人にとっては勉強の時間を確保することが難しいことであったりします。皮肉なことですが、ートであるならば、時間はたくさんありますので、勉強する時間は十二分に確保できます。ニそういう意味では、資格の取得を目指すことを現状から抜け出す足がかりにするのは上策と言えるでしょう。

しかし、あまり難易度の高い資格試験を目標にすると、試験当日に漕ぎ着ける前に挫折してしまったり、と言う心配もあります。モチベーションの維持と効率良い勉強を目指すのであれば、通信教育などを使ったり、資格取得に向けた予備校や塾に通ったり、と言う工夫が必要かもしれません。

 

資格だけではどうにもならない

資格だけではどうにもならない?!しかし、資格を取得することがゴールではありません。これはニートであるなしに関わらず、資格を仕事につなげていくことがなかなか難しいのです。

特に士業は、競争が激しく、資格を取って開業しても全く食えないと言う人も多いことを肝に銘じておく必要があります。それでも、資格は身を助く。就職の際にマイナスに働くことはありません。意欲があるならばぜひトライしておきたいものです。

ニートは就職できる?
 

ニートでもOKな就職サイトとは?
 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
脱ニート、4つの具体的方法
ニートに待ち受ける悲惨な末路
ニート支援サービスまとめ
30代ニート、将来はどうなるの?
40代ニートに固有の問題とは?
女性がニートになりやすい理由とは?
目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ