ニートOKな就職サイト一挙大公開

ニートOKな就職サイトは?


ニートでも使える就職サイト・求人サイト・転職エージェント、おすすめは?

ニート専門の就職支援サービスを利用しよう!ニートが就職して正社員を目指す方法はあまり数は多くありません。

最も現実的なのは「ニートOKの就職サイト・求人サイト」や「ニートの就職支援を専門とする就職サイトを利用する」ということです。

転職サイトや求人サイト、転職エージェントというと、正社員として働いている人が年収アップやキャリアアップを目指して使うものというイメージがあると思います。しかし、中にはニートの就活に利用できるサービスもあります。

リクナビネクストは就活中の転職希望者の90%が使っているとも言われる転職サイトですが、実はニートやフリーターでも利用することができます。もちろん年齢不問。

「未経験OK」、「社会経験無しでもOK」などの条件で検索できるので、ニート・フリーターでも応募できる求人を効率的に探すことができます。

利用にあたって面談などの面倒な手続きは不要ですし、メールアドレスさえあればWEB登録(1分で可能)だけで気軽に利用ができるので就活の第一歩としてお勧めです。

日本全国対応、あらゆる業界・職種の求人がある、派遣社員や契約社員、アルバイト求人も探せるなど、どんな状況でも仕事探しに使えるのがポイントです。

「いきなり正社員はちょっと・・・」
そんな時はリクナビネクストで仕事探しをしてみましょう。

また、登録だけでもしておけば、求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できますし、履歴書や面接のポイントといったコンテンツも読むことができます。

他の転職エージェントでは東京にしかオフィスがない場合も多いので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などで職探ししたい場合はリクナビがお勧めです。

>> リクナビネクスト公式サイト

昨今ではニートやフリーターの問題がニュースでも大きく取り上げられるようになり、無視できないほどの社会問題と化しています。ニートやフリーターが増えることは国にとっても一大事、それに伴い、官民両方でニートの就職支援サービスが増えてきています。

特に民間のサービスは、もともと就職や転職を事業としている企業が行っていることもあり、ニート・フリーターの正社員就職はお手の物。ニートの就職率80%を超えるような転職エージェントまであります。

次の章では、いくつかあるニート専門の就職支援サービスの中から、就職率80%を達成している2社をご紹介します。

成功のためには、これらニート専門サービスを使って就活に慣れつつ、求人数の多いリクナビネクストで自分の希望に合った会社に応募するというハイブリッド就活がお勧めです。

また、面接の練習のためにリクナビネクストの求人を活用することもできますね。再就職や仕事探しにおいて最も重要なのは面接対策です。

※次に紹介するニート専門の就職サイトは30代、40代以上の方は受け付けてくれません。残念ですが、年齢制限のないリクナビネクストで「未経験OK」や「社会人経験なしでもOK」の求人を探しましょう。

ニートの就職支援サービス おすすめ一覧

外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界の企業は一切紹介していません。

そう断言するJAIC(ジェイック)はニートの就職サポート最大手。ブラック排除の就職支援に定評があります。

就職成功率は80.3%、これまで12,174人を正社員として就職させており、その後の定着率も94.3%となっています。
※就職先はホワイト企業であることが分かりますね。

4年間のニート生活後に正社員で就職!見事ニート脱却!
ジェイックではこんな実績がたくさんあります。

ブラック企業だけは絶対に避けたい!そんな場合はJAICがおすすめです。

JAICのポイント

  • ほぼ毎日、説明会を実施している
  • 無料就職講座で、社会人経験ゼロでも安心
  • 未経験OKのホワイト企業の正社員求人だけを紹介してもらえる
  • 社風や残業時間、一緒に働く上司の性格まで教えてくれる!
  • 女性に特化した「JAIC女子カレッジ」もあり
  • ▶▶ ジェイック(JAIC)

 

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントです。29歳までなら、職歴なしでもOK。

正社員就職成功率も80.4%(2015年10月実績)となっており、これまで40000人以上を支援した実績があります。

1都3県を主なサービス対象としているので、関東在住ならばJAICと一緒に登録しておくと良いでしょう。登録すると担当者が付き、就職や将来の相談、マッチした企業の紹介、面接のアドバイスやセミナーを受けることが出来ます。

【PR】QUOカード500円分プレゼント中!
ハタラクティブの詳細
 
 
求人に関しては一般の求人サイトには出ていない、独自の求人を集めていることも大きな強みです。JAICが営業職に強いのに対して、 ハタラクティブはあらゆる業種・職種の仕事を揃えています。

大学中退者がいきなり月収27万円という例もあり、顔を合わせ辛かった同級生との差を一気に埋めることが出来ますね。

ハタラクティブのポイント

  • 書類通過率91%、内定率80.4%
  • びっくりするほど内定が出る!
  • 未経験OKの企業のみをご紹介
  • 自分に向いている仕事が分かる
  • 5年後、10年後を見据えた仕事探しができる
  • ▶▶ ハタラクティブ


未経験でIT・WEB・ゲーム業界に就職 ニート脱出×年収500万も?

IT・WEB・ゲーム業界で多くの元ニートが正社員として活躍しているのをご存知ですか?

PCが得意でITリテラシーの高い若者はこの業界から期待されています。実際に即戦力となれる場合もあり、スキル次第では29歳で年収500万円スタートという例も。

ニートが就職していきなり年収500万円なんてある訳ないだろ!しかし、いくら素晴らしい可能性を持っていても、未経験で正社員になれるチャンスは少ないのが若者の就職環境の実情。

社会経験の少ない未経験者はアルバイトや契約社員といった不安定な立場での雇用が多いです。

そんな中、未経験OKの正社員求人に強いIT・WEB・ゲーム業界特化型の支援サービスも2社あります。自分がどんな企業にどのくらいの年収で就職できそうか相談してみるのも良いですね。

担当者との相性もありますので面談の雰囲気や親切さなど、どちらが自分に合っているか比べてみることをおすすめします。

IT企業での経験を積んで技術を身につければ、フリーランスとして独立起業して働くことも可能です。フリーランス(自営業)としての働き方にはメリット・デメリットがありますが、まずはビジネスマナーや基本的な業務内容や仕事内容を身につけるためにも一般企業への就職がおすすめです。

ワークポートは20代のIT・WEB・インターネット・ゲーム業界の転職実績が豊富で、未経験でもチャレンジできる求人を数多く扱っている転職エージェントです。

求人数は13,719件!(2016.6.30時点)で全国対応。

担当者は業界経験・知識が豊富なので、気軽な相談も突っ込んだ相談も出来ます。

担当者が企業の内情を良く知っているので、事前に残業時間や教育体制などを確認できブラック企業を避けられます。

▶▶ WORKPORT(ワークポート)

ITやWEB系はブラック企業ばかり?IT系やWEB系の仕事は過酷な労働環境のブラック企業が多いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

・・・実際のところ、
かなり、というか超絶ブラックが多いのです。

特に大規模プロジェクトの納期前は終電どころか、午前様、何日も徹夜で泊まり込みも普通です。もちろんすべてサービス残業。

3日で辞めたとか7か月休みがないなんて話は珍しくもなんともない業界です。

しかし、それは武器を持たないで就活した場合の話。転職エージェントという武器を持てば、いとも簡単にブラックを避けることが出来ます。

可愛そうなことに、このことをみんな知らなすぎるのです・・・
転職エージェントを使えば、ブラックなんて見つける方が大変なのに・・・

 
IT求人はハローワークに多数寄せられますが、無料で利用できるハローワークに求人を出す企業と、ワークポートにお金を払って採用活動をする企業、ブラックの可能性が高いのはどっちだと思いますか?

採用にお金を掛けられる = 人を大事にする企業
これはほぼ間違いありません。

さらに言えば儲かっているから残業代もボーナスも出る。新人を教育する余裕もある。

人材を紹介してもすぐに辞められてしまっては、人材会社の評判も悪くなりますし、報酬を返却しなければならない事もあります。

そんなリスクばかりのブラック企業の紹介を転職エージェントが避けるのは、ある意味当たり前と言えます。

▶▶ WORKPORT(ワークポート)



就活・転職市場における年収や実力を調べてみる!

就職するにしても、自分がどのくらいのお給料で正社員になれるのかが気になりますよね。就活をはじめる前に、知っておきたい所です。

インテリジェンスが提供する「MIIDAS(ミーダス)」は、あなたの上限平均年収を診断してくれるテスト。

ゲーム感覚で質問に答えていくだけなので、転職サイトに登録するようなわずらわしさもありません。

業種ごとに上限年収が分かるので、どの業界を目指すか決めかねているなら、判断材料の1つにするのも良いですね。

▶▶ MIIDAS(ミーダス)

転職サイトでは、リクナビネクストがおすすめです。リクナビネクストは、求人の分野では老舗でもあるリクルートが運営する日本最大級の転職求人サイトです。

ニートの就職に特化しているサービスではありませんが、他の追随を許さない求人数があり、様々な条件(社会人未経験可など)の求人を検索できることが魅力です。

転職サイトを使うなら、まずはリクナビNEXTから始めましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタント(担当者)のように人とコミュニケーションを取るのが苦痛ならば、まずはネット上だけで求人を探せるリクナビがおススメです。応募するしないは別として、自分の経歴や希望年収に合った企業を検索するだけでも、モチベーションUPにつながります。

また、無料で受けられる「グッドポイント診断テスト」では、あなたの強みを診断してもらうことが出来ます。面接や履歴書の自己PR欄でアピールできる強みが分からない場合には、こちらで強みを把握しておくと良いでしょう。

「あなたの強みを教えてください」

面接では必須の質問です。
あなたは自分の強みをすぐに答えられますか?

▶▶ リクナビネクスト


ニート・フリーターの就職活動、成功方法とは?

ニートの就活、具体的な方法と流れ

脱ニートへの最短ルート 4ステップとは?脱ニートは年齢との戦い、そして時間との戦いです。いち早い就職をすることで、ニート生活から受けるダメージを減らすことができます。

しかし、ニート状態からの就職活動は過酷・・・とりわけニート歴が長いとなると尚更です。そんな絶望的な状況から抜け出すのにオススメな4ステップ必勝法を伝授します。

これは特別な必殺技とか、裏ワザではなく、脱ニートへの最短の道筋を4つステップにまとめてご紹介するものです。「ニートを抜け出したいけど、何から手をつけていいかわからない!」そんな時に参考にしてみてください。

職探し・再就職のプロ、ハローワーク(公共職業安定所)に相談する

ステップ1は、何はともあれハローワーク(公共職業安定所)に行くことです。大切なのは、人からアドバイスを受けることで、具体的な行動目標を作ることができます。

特にハローワークに求人を出している企業は、採用に関して積極的な姿勢な会社が多く、ハローワークの職員も企業の情報を持っており求職者と企業のマッチングも考えてくれます。上手に活用しない手はありません。

年齢やスキルなどの条件面が求人票とあわなくても、電話で交渉してくれますから意外と心強いのです。

実はハローワークにはホワイト企業の高待遇求人が少数ながら存在します。転職サイトやエージェント等の利用に疎い昔ながらの老舗優良企業などです。また学校法人の事務職も月給32万円スタートなど穴場です。

そういったお宝求人を探す楽しみも持ちつつ、ハローワークに定期的に通う癖を付けるのもオススメです。定期的に何かの活動をする癖は、就業に向けて規則正しい生活リズムを作る礎にもなります。

職業訓練を受けて手に職を付け、仕事探しを有利に

ハローワークを利用して、職業訓練を受けようさらに、ハローワークまで来ることができれば、そこで活用できるものとして、公的な職業訓練(求職者支援訓練も含む)を受けることができます。

職業訓練の受講には様々な条件がありますが、場合によっては補助金の支給も受けながら技術を身につけることもできます。これがステップ2です。

前職の経験や資格などに自信がもてなかったり、経済状態に不安があったりする場合、このような制度を上手に利用して、少しでも有利に進めていきましょう。

訓練に参加することは、ある意味社会人として就業することに近いものがあります。というのも、同じ時間に投稿して、ほぼフルタイム労働と同じくらいの時間の授業を受けるからです。周りの受講生もあなたと同様で就職を目指しており、互いに刺激を受けながら切磋琢磨して勉強できるからです。

また、友達も出来ますので一緒に勉強したり、就職活動の相談したり、と学校に行くのが楽しくなるとともに、心強い仲間ができることでしょう。

さらに、職業訓練を受けるとハローワークの担当者と2人3脚で計画的に就職活動を行っていくことになります。半強制的に計画的に就職活動することで、就職活動することが身に付いていきます。この期間はひょっとすると人によっては辛いかもしれませんが、ここを乗り越えれば80%成功したも同然。もうひと頑張りです!

学校でも訓練生を積極的に採用する企業の紹介がありますので、こちらもチェックしておきましょう。訓練生を積極的に採用しているということは、これまでのバックボーンはほぼ関係ないということです。ニート歴が不利にならない就活が出来るということです。

公共・民間の就職支援サービスを活用する

さて、職業訓練で履歴書に書ける技能・スキルも身につけたところでステップ3、様々な公的就職支援サービスを活用してみましょう。今は公的な就職支援サービスも画一的なものではなく、様々な視点や角度からサービスが提供されるようになっています。

若年の求職者のための就業支援期間といえば、ジョブカフェ、若者サポートステーション(サポステ)、ヤングハローワーク、育て上げネット、パーソナルサポートセンターなどが挙げられます。しかしそれぞれ個性や得意分野があるので使い分けが重要です。

例えばNPO法人「育て上げネット」は求職者本人はもとより、ニートを抱える家庭の視点での支援を行っていますし、「パーソナルサポートセンター」は、ニートや引きこもりの自立支援に限らず、DVの被害者や障害者なども含めた支援機関です。

いずれの若者向け支援機関も前職経験の乏しい若年求職者を対象としている施設のため、若い人の求職者にとっては敷居が低くく、使いやすいようです。自治体によっては用意のない機関もありますので、利用する前にネット等で調べておくといいでしょう。

【自治体による支援制度例】
東京都:脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業
東京都世田谷区:世田谷で働こう!若年者就職応援プログラム
東京都世田谷区・神奈川県川崎市:川崎市・世田谷区若者就業支援事業

ハッキリ言ってこれらだけでは不十分。求人のほとんどは民間の人材紹介会社に集まります。最後のステップとして、民間の就職支援サービスでニートでもOKな就職サイトをご紹介します。

ニート向けの就職支援サービスを活用しましょう公的な支援機関を上手に利用して、必要な技術や情報を手に入れたとしても、ニート生活は周囲には自堕落なものに見えてしまい、経験の乏しさも相まって就職活動にとっては大きな不利となってしまいます。

就業支援機関を頼りつつ、積極的に求職サイトや転職エージェントを活用していきましょう。しかし、ただ闇雲に就職サイトを覗いてみても、なかなか上手くはいきません。ニートにはニート向けのサービスを利用することがニート脱却成功への近道です。

まず、リクナビネクストだけは必ず登録しておきましょう。リクナビNEXTはニート専用の転職サイトではありません。しかし、あらゆる人向けの膨大な求人があるので、ニートでもOKな求人をたくさん見つけることが出来ます。もちろん電話などは掛かってこないので、求人を見るだけでもOK。また、自分の強み診断も無料で出来るので、面接対策にも有効です。

リクナビネクストで自分だけで活動するのは厳しい場合には、ニートの就業に積極的な企業を網羅しているニート支援に力を入れているサービスを利用しましょう。実際、ニートに力を入れている就職エージェントというのは数えるほどしかありません。


転職エージェント、求人サイト、ニートが正社員になる方法は多い

一度ニートや引きこもりに陥ってしまうとどうすればいいのかわからなくなってしまう人が多いのが事実。

4ステップを参考にして、まずは「動くこと」が大切です。人生における時間は有限です。時間が経てば経つほど、自らの首を絞めてしまうことになります。将来の不安を希望に転換すべく、一歩を踏み出しましょう。

ニート脱出に利用できる数多くのサービス・・・。無料で利用できるわけですから、「ニートのままじゃ嫌だ!」という気持ちが1ミリでもあるなら、有効活用しましょう。

一歩踏み出す努力と、人と触れ合う勇気。ニートを脱する道筋は、あなたの足元に広がっているのです。しかし道があっても、踏み出し、歩みを進めるのは自分自身なのです。

さいなまれている危機感を捨て去り、将来への希望を見出して生きていくために、上手にサポートを受けつつ、ニートや引きこもり生活を脱していく努力をしていきましょう。

ちょっと裏技になってしまいますが、ニートから正社員になる方法にはこんなものもあります。20代を過ぎ、30代や30代手前にもなると焦るものです。ニートで結婚というのも現実的ではないですし、何としても正社員になり年収400万円くらいの給料は稼げるようになることを考えましょう。

・友達や両親、親戚などのコネをつかう
・意地やプライドを捨てて仕事を選ばずに、小さい会社を狙う
・まずはアルバイトから始めてみる
・派遣社員として働いて紹介予定派遣で正社員を目指してみる(派遣会社への登録が必要)

コミュ障(コミュニケーション障害)だったり、人と関わらない仕事がしたかったりという場合には、まずは規則正しい生活をすることから始めてみましょう。ネットゲームで時間を使っていてはいけません。

早寝早起きを心掛ける、食事をしっかりとる、外を散歩してみる。こんなことからでも良いのです。それから就職活動を始めても遅くはありません。

1.規則正しい生活で、一般的な生活の感覚を取り戻す
2.ニートが正社員になるためのポイントを押さえつつ就職活動を行う
3.応募した求人から採用内定をもらったら、晴れて正社員

就活では様々な段階があり、それぞれに重要なポイントがあります。

1.転職エージェント、求人サイト、転職サイトを選ぶ
2.応募できる求人を探す
3.求人に応募する
4.履歴書、職務経歴書を用意する
5.面接日程を調整して、面接に臨む(長所や短所を聞かれます)
6.採用内定をもらえるまで1~5を繰り返す

ニートの就活においては学歴ははっきり言って関係ありません。中卒、高卒、大卒、大学院卒、高専卒、専門卒、どの学歴だとしても企業からは「ニート」として見られてしまうのが事実です。学歴がものをいう新卒採用とは違うのです。どちらかといえば、経歴が重視される中途採用に近いといえるでしょう。

ですから、学歴は気にせず、面接では自分自身の魅力をアピールしましょう。


【番外編】ニート・フリーター大歓迎の介護業界

IT、WEB系の他にニート・フリーター(※)を歓迎している業界として「介護業界」があります。
※第二新卒者や既卒者も含む。

介護の仕事は賃金面などブラックなイメージを持たれがちですが、実態は意外とホワイトな面も多かったりします

ニートの介護

介護の意外な特徴

  • 残業が少ない(50%が残業なし、90%が月10時間未満)
  • 求人に対して応募が少ないので、受ければ内定が出る状態
  • 転勤がないので、じっくり取り組める
  • 日勤のみ、シフト制など多様な働き方を選べる
  • 優しい心を持つ元ニート介護士は評判も良い
  • 需要が伸びる仕事なので、失業リスクが少ない
  • 30代の若い管理職・経営者も多く年収600万円も狙える

介護は他の業界よりも密接に人と触れ合う仕事なので、好き嫌いは分かれるところです。判断基準として、自分のおじいちゃん、おばあちゃんと話をするのが苦でなければ適性はあると言えるでしょう。

また、求人に対して応募社数が追い付いていない状態ですので、正社員になるハードルが最も低い業界でもあります。

介護業界専門の転職サイトでニート(未経験者、無資格者含む)が利用できるサイトにはどのようなものがあるのでしょうか?

全くの未経験から介護職を目指すならスタッフサービス・メディカルがおすすめです。

実務経験を積みながら、3年間で初任者研修・実務者研修・介護福祉士(国家資格)全額会社負担で取得できます。

大手人材会社スタッフサービスの社員としての勤務も希望することができ、待遇面もしっかりしています。

対応地域は全国OK。もちろん残業代、交通費は全額支給
※とはいえ、介護の仕事は残業は少ないです。

▶▶ スタッフサービス・メディカル

かいご畑も資格取得のサポート体制が充実しており、無料で資格取得が出来ます。

未経験からのチャレンジの他、その後のキャリアアップも出来るので長期的に利用できます。

また、あえて派遣社員として勤務することで、最初から高待遇(高時給)で働くことが出来ます。高待遇の派遣で経験を積んでから正社員を目指すのもアリですね。
※未経験の正社員はお給料がとても低いことが多い。

お給料の週払いが選べるのもポイント。

対応地域は関東、関西、東海、中国、九州となっているので、これらの地域在住ならば登録しておきましょう。

▶▶ かいご畑

 

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの就活の流れを徹底解説
ニート→正社員になる方法
ニートの社会復帰、その方法は?
ニートのハロワ活用術
ニートに向いている仕事とは一体?
リスクだらけのニートの収入源
職業訓練の活用方法とは?

このページの先頭へ