20代の転職に強いエージェントをご紹介!


経験なくてもOK?
20代転職物語
<コマ1>
入社3年目不動産営業の
はじめての転職活動ものがたり

<コマ2>
(語り)僕の名前は内木直人(うちきなおと=ルビ)就活で100社エントリーしてやっと拾ってくれた不動産会社で営業をしている)
「す…すいませーん」
「来月建設予定のマンションの内覧会の…」

<コマ3>
(語り)でも奥手の僕には飛び込み営業は正直しんどい
「いらないわよ!!」(ガチャ)
(お話だけでもっ)

<コマ4>
(語り)本当は人に喜ばれるふれあいのある仕事がしたかったんだ…
(今日も成約0だ…)

<コマ5>
(ドンッ)

<コマ6>
「ごめんなさい!」
「お怪我ないですか」

<コマ7>
「あ…口から血が…」
(語り)すごい美人…

<コマ8>
「私これから大事な会議で急いでいて」
「何かありましたら連絡下さいっ…!!」
(あ…名刺…)

<コマ9>
(語り)へぇ…あの超一流転職エージェントに勤めているんだぁ
(語り)転職かぁ…
(名刺までいい香り)

<コマ10>
(語り)後日ハンカチを返すために○×エージェントに訪問した
「あなた…人生の迷路の中をさまよっていない?」

<コマ11>
「な…なぜわかるんですか?」

<コマ12>
「だって…あの一瞬だけど負のオーラがものすごかったから」
(トボトボ)
(また課長に怒られる…)

<コマ13>
「営業の仕事が正直向いてないと悩んでるんです」
「人とふれあう仕事がしたいけどどうしたものか…」

<コマ14>
「いい?20代の転職は「若さ」と「やる気」と「ポテンシャル」!」
「20代なら未経験の業界にも挑戦できるわ!!」

<コマ15>
「転職エージェントではまずカウンセリングしてあなたの希望と適性にあった仕事を紹介するわ!」
「履歴書の書き方や面接対策など万全なサポートで希望の仕事に就けるようバックアップします!しかも無料よ!」
(ワ…ワタクシの…)
(リラックスリラックス)

<コマ16>
(語り)それから人生初めての転職活動!!彼女にレクチャーされた僕は失いかけた自信を取り戻していった
「御社を志望した理由は」
「人の役に立つ仕事がしたいからです!」

<コマ17>
(語り)転職活動3ケ月で晴れて介護施設の仕事が決まり転職しました
「今日からお世話になります!頑張ります!!」

<コマ18>
(語り)今度セイコさんをお礼にかこつけて食事にさそってみようかなー
(ムフ??)

20代に特におすすめの転職エージェント

転職活動をしていて、「どのエージェントが良いかわからない」と悩んでいる20代の方は必見です。
ここでは20代の方におすすめのエージェントはもちろん、おすすめの転職サイトも併せてご紹介していきます。
数ある転職エージェントの中でも、20代にオススメの転職エージェントをピックアップ。今後のエージェント選びにぜひお役立てください。

【20代転職】活動する前に知っておくべきこと

 

人材業界大手のマイナビが運営する転職エージェントということで、安心感があります。第2新卒・20代~30代の転職支援に定評があり、キャリアカウンセリングをはじめ充実したサービスを無料で利用可能。

取り扱っている案件の8割以上が非公開求人なので、チェックしない手はありません。応募書類の添削だけでなく、企業への推薦状も書いてもらえるのが嬉しいポイント。長期的なアフターフォローを行っており、転職後もキャリアアップについて気軽に相談できますよ。

マイナビエージェントのおすすめポイント

自分の市場価値が分かる
キャリアアドバイザーからアドバイスが受けられる
非公開求人や独占求人を取り扱っている
転職のノウハウを知れる
転職活動を徹底的にサポートしてくれるから安心

マイナビエージェント詳細

 

人材業界最大手のリクルートエージェントは転職成功実績No.1であり、求人数は他社を抜いてNo.1です。

どの年代の転職活動もバッチリサポートしてくれるため、エージェントを使って転職活動をする場合は登録必須と言われるほどの評判です。

20代に特化しているサービスではないですが、キャリアアドバイザーの対応は早く・親切なため、若手の転職活動にピッタリのエージェントです。

リクルートエージェントのおすすめポイント

自分の強みが分かる
ワンランク上の履歴書、職務経歴書の添削が受けられる
年収、条件、入社日程の交渉が出来る
業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント詳細

 

20代後半におすすめのエージェント

25歳~35歳までの求人に力を入れているため、20代後半の方におすすめのエージェントです。

登録者1人1人に時間をかけた丁寧できめ細やかなサポートが受けられるのも特徴的です。

独占・非公開求人が多く、大手に限らず優良な中小企業の掘り出し求人を所有している部分も強みです。

type転職エージェントのおすすめポイント

自分の適職をカウンセリングしてくれる
全体の約80%が非公開求人
大手企業からベンチャー企業まで取り扱い
年収交渉もできる

type転職エージェント詳細

 

職歴がない方におすすめのエージェント

20代の転職サポートに力を入れている就職支援サービス。29歳までの職歴がない方を始め、第二新卒、既卒の方対象のエージェントです。

履歴書作成や面接対策などの就活テクニックや社会人としての基礎・ビジネスマナーを無料で学べます。

JAICの基準をクリアした……つまり、プロが厳選した「優良企業20社に会える」というのが最大の魅力。企業との集団面接に参加し、転職に成功した人数利用者の8割を超えています。

JAIC(ジェイック)のおすすめポイント

就職成功率80.3%
未経験OKの優良企業を紹介してくれる
無料就職講座で就活を徹底サポートしてくれる
専任の就職アドバイザーが1人1人個別にサポート

JAIC詳細

 

転職エージェントのメリット・デメリット

転職活動の方法は人によって向き・不向きがあります。転職エージェントのメリットとデメリットを知ることで、自分に最適な転職方法が見えてきます。

  • 無料で登録・利用可能
  • 転職について相談相手になってくれる
  • 一般的な求人サイト・転職サイトには公開されない「非公開求人」をメインに取り扱っている
  • 非公開求人には大手企業の案件が多く含まれている
  • 履歴書・職務経歴書を添削・書き方指導
  • 面接シミュレーションで自信がつく
  • 面接日や入社時期のスケジュール調整を行ってくれる
  • 退職手続きの書類作成を任せられる
  • 企業の内部情報や口コミ、職場の雰囲気を知ることができる

転職で手間がかかる書類作成・面接対策・企業情報のサポートを全て行ってくれます。

エージェントによっては、求職者の経験や強みをヒアリングしながら書類を作成してくれるところもあるので時間を有効に活用することができ、面接対策や自分にマッチしているかを事前に聞くことが可能です。

  • コンサルタントと連絡を取り合う手間がある
  • 担当者の判断で手に入る求人情報の幅が決まってしまう
  • 採用率を高めるために年収や役職の希望を下げなければいけないことがある
  • 地方都市をカバーしていない転職エージェントもある
  • サポートを受けられる期間は約3ヶ月

いかがでしょうか?担当者との相性でデメリットが左右されるような気がしますが、担当者と合わないと思った時は迷わずアドバイザーを変えてもらいましょう。

こうして見てみると、デメリットよりもメリットが多く魅力的な転職エージェントですが、マイペースな人にはやや使いづらい面もありますね。

しかし、のんびり転職活動をしようと考えている人は、それだけチャンスを逃すということでもあります。効率の良さと成功率の高さにおいて、やはり転職エージェントを活用するのがベストだと言えるでしょう。

転職エージェントはこんな人にピッタリ!

おすすめ理由

  1. 自分の強みやアピールポイントがわからない
  2. 仕事に対する目標や転職先への希望が定まらない
  3. どんな形で転職を成功させたいのかわからない
  4. 自己分析はしているが現職が忙しい
  5. 選考の通過率が悪い

 
疑問や悩みが多く自己の棚卸ができていない方選考通過率が悪い方は迷わず転職エージェントの力を借りましょう。

「自己の棚卸ができない」のが未熟というわけではないので、決してネガティブにとらえないでくださいね。自己分析や自己PRが苦手な人はたくさんいて、そのサポートをするのが転職エージェントだと考えましょう。

転職エージェントでは、各業界に精通したコンサルタントが個々に対応。丁寧なカウンセリングを通して、あなたにぴったりの企業やキャリアプランを提示してくれます。

自分で求人を探す手間を省けて、第三者からのアドバイスを受けられるのが転職エージェントの大きな魅力なのです。

転職サイトはこんな人向け!

自己の棚卸ができている人、つまり自己分析がしっかりと出来ている人にオススメなのは転職サイトです。

転職サイトは自ら求人情報を検索するスタイル。営業担当やコンサルタントが介入しないため、自分のペースでガツガツ転職活動をしていけます。

「担当者からの連絡を待つのがイヤ」
「気になった求人には片っ端からエントリーしたい」

このように自分の性格や仕事に求める条件を理解していて、これから何がやりたいのか&どんな働き方をしたいのかが分かっていれば安心。前職の経験を活かせる転職をしたい方も必見です。

20代におすすめの転職サイト

人材業界最大手のリクルートホールディングスが運営する「リクナビNEXT」は、求人サーチ以外の機能も魅力的。

オンライン上のレジュメに履歴書を提出し、経験した仕事、資格などを詳しく書いておくと、企業のニーズとマッチする部分が1カ所でもあれば、企業からスカウトメールが届くシステムです。

20代におすすめの理由としてはリクナビネクストは求人数が転職サイトでNO.1のため、「業界・職種未経験歓迎」「第二新卒」の求人が一番豊富です。

もう1つのおすすめポイントとしては【グッドポイント診断】という、自分の強みを詳細に診断してくれるツールがございます。

自己分析に役立つだけでなく、診断結果を応募時に企業に送ることも出来るので書類では伝わらない長所をアピールすることもできます。

リクナビネクスト詳細

 

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトは転職活動には欠かさないツールですが、転職エージェントとは違うメリット・デメリットがございます。

  • 登録・利用料金は無料
  • 採用担当者と直接やりとりができる
  • 自分の経験に興味を持った企業からスカウトメールが届く/li>
  • 自己分析が簡単にできる診断ツールがある
  • 条件を指定して希望通りの企業を探せる
  • 募集要項のコンテンツで会社の雰囲気をつかめる
  • 選考のハードルが低い
  • 何社でも応募可能

 
転職エージェントと違い、企業の採用担当者と直接やり取りができることに加えて、求人票のコンテンツで社内の雰囲気がイメージしやすい点は魅力的です。

自分が行きたいと思った企業に何社でも応募できる点も強みです。また、企業は求職者の経験を見てスカウトメールを送るので求人の幅も広がりやすく、知らなかった業種や会社に出会うチャンスもあります。。

  • 選考のスケジュール調整を、自分で行わなければならない
  • 企業情報がサイトに掲載している内容と会社HPのみ
  • 多数の求人から応募企業を選ぶのに時間がかかる
  • 選考の対策は全て1人でやる必要がある
  • 不採用になった理由等のフィードバックがない
  • 入社後のミスマッチが多い

 

転職エージェントに登録すればサポートを受けらえる、面接対策や企業情報は応募者が調べた範囲だけになってしまうため情報が不足しがちで、エージェント登録者よりも選考の通過率が低くなります。

選考に落ちた時も不採用理由のフィードバックがないため、次の選考に向けての改善点を見つけることが困難です。

基本的に転職活動の全てを自分で行っていくため、自分のペースでやっていきたい自己管理能力に自信がある方には向いています。ですが、転職が始めての20代、書類作成や面接が苦手な方にはエージェントに登録している人に比べると苦しい転職活動になります。

転職活動をサイトで行っていて、進展がない方はエージェントの登録をおすすめします。

書類を通過させるには?

転職活動において最初の壁となる書類選考ですが、書類選考すら通らないなんてことありませんか?自分で転職活動を行っている場合は、書類のどこに不備があるのか見つけられないことがほとんどですよね。

ここでは書類選考の通過率、ポイントをご説明します。

書類選考の通過率ってどれくらい?

転職サイトなど、個人で転職活動をしている場合の書類選考の通過率は10%~20%、10社応募して1~2社通れば良い方と言われていますが、受ける企業の応募者の数によっても左右されます。

また、書類の完成度が高い方やエージェントを利用している方の書類通過率の平均は30%、10社応募して3社通る計算です。この1社の壁は大きいと思います。

登録するエージェントにより異なりますが書類選考がない書類通過率が30%以上のエージェントもございます。

客観的なアドバイスも含み、書類の完成度を高めて面接に進みたい方はエージェントの登録は必須です。

書類を通過させるポイント

若手でも重視される点は、求人表に記載されている「求める経験・スキル」に合てはまるかどうかです。

採用担当者は、業務に必要なスキルが足りてるかなどを書類でチェックしています。そのため、この部分を履歴書・職務経歴書でしっかりアピールできているかを確認しましょう。

経験を活かした転職の場合は、この部分の記載がなく熱意だけだと書類選考の時点で省かれてしまいます。

業務経験が一切ないだけでなく、入社後1年以内に離職してしまった方も未経験に入ります。
未経験で重視されるポイントは仕事で活かせるスキルの有無と、やる気や人柄が重視されます。

企業によりますが、未経験OKとしている求人のほとんどは高卒以上や30歳前半までの方を対象としているため、スキルを問わないところも多く応募がしやすいです。

活かせるスキルがある場合は経験・スキルも書類に記載し、志望動機や自己PRで人柄や、なぜその仕事がしたのかなどの熱意をアピールしましょう。その仕事をするために勉強していることがあればアピールポイントになります。

熱意や意欲が書類でうまくアピールできなければ書類で不採用になってしまいます。

自分なりに書類が作成できていても、人事担当者に響かなくては面接に進むことはできません。

書類選考で不採用が多い方は、ポイントをおさえアピールできていないことがほとんどです。その場合はエージェントに登録しサポートしてもらった方が通過率は上がります。

面接を通過するには?

会社の規模によりますが、転職時の面接の回数は1回~3回が多いです。書類が通ると、いよいよ面接となるわけですが、面接で苦戦している方も多いのではないでしょうか?

面接の通過率ってどれくらい?

これも企業規模や募集人数により変動するのでなんとも言えませんが、面接通過率の平均は下記になります。

《通過率》
■一次面接⇒約20%
■二次面接⇒約30%
■最終面接⇒約20%

一見、低そうに見えますが面接も書類選考同様に、企業が求めるポイントがアピールできれば通過率は格段に上がります。そのためには情報収集が必要不可欠で、情報をどれだけ集めて自分の経験や熱意に繋げられるかです。

転職サイトを活用すると企業情報やHPを見ることが出来ますが、内部環境や選考内容を伝えてくれるエージェントよりは情報量は不足しがちなので面接通過率も下がります。

面接を通過するポイント

一次面接では、採用担当者や若手社員が行うことが多いです。選考フローが2回の場合や、大手企業の場合はここでかなりの人数を選別します。

ですが、一次面接は企業とのマッチ度が高いほど通過する可能性も高いです。未経験者や若手の場合は人柄を見て、会社の雰囲気に合うか等で合否を決めている場合もあります。

通過率を気にするだけでなく面接官の質問を的確に答え、熱意や意欲など自分の考えをアピールすることが重要です。

二次面接は現場責任者である部長や課長クラスといった管理職クラスの社員が行います。
ここでは、一次面接で答えた内容や仕事内容の理解度を深く確認されます。

一次面接で質問された内容を再度質問し、そこから深く聞かれる場合もございますので、一次面接で答えた内容とブレがないように気をつけましょう。一次面接で聞いた質問を、言葉を変えて聞いてくることもあるので面接官の質問に耳を傾けることも重要です。

最終面接は役員や社長が行います。
ここでは顔合わせの場合と、最終面接でもきっちり選考を行う場合のどちらかです。

顔合わせの場合は、入社意思や雇用条件の確認がほとんどなので問題はありません。

最終面接でも選考を行う企業の場合は、将来のキャリアプランや入社に対する熱意を聞かれることが多いので、選考を受ける会社のキャリアプランと、この会社を強く志望する理由を準備しましょう。

面接を通過するためのポイントをお伝えしましたが、面接では企業の情報をどれだけ収集し、自分の想いを織り交ぜてアピールすることが重要になります。

そのためには情報収集が必要不可欠で、情報が足りない、面接に慣れておらずアピールがうまくできない場合は不採用になることが多いです。

不採用が続いている方はエージェントに登録し、キャリアコンサルタントから情報提供や面接対策を行ってもらい客観的な視点からアドバイスをもらうことが一番の近道です。

合否の連絡が遅い場合は?

選考を受けたら早く合否の連絡がほしいものですが、合否連絡が遅れるのには理由があります。

■予想よりも応募者が多い
採用枠が1~2名の枠に応募者が倍以上の時、または優秀な応募者が多く選考通過者が多い時は、合否の判断に迷っていることがほとんどです。

その場合、他の応募者の選考が全て終わってから合否を出すため、結果の連絡に時間がかかります。

■企業内の事情によるもの
採用担当者が通常業務をこなしながら選考や手続きを進めているため、小規模の会社や通常業務で忙しい企業は合否の連絡が後回しになりがちです。

また規模が大きい会社だと、会議にかけ採用者を審議するため、選考通過や内定の連絡に時間を要します。

「合否は1週間以内に…」と言われたのにも関わらず、連絡が来ないという応募者の不安の声は多いです。企業が選考に時間をかけている場合もあるので、指定された期日よりも3日前後は待つようにしましょう。

それでも連絡がない場合は、採用担当者に電話で問い合わせましょう。その際は催促がましくないように気をつけましょう。

催促の連絡は評価が下がることも考えられますので、指定の合否連絡を迎えるまでに合否の連絡を確認する電話は避けることが望ましいです。

エージェントに登録している方は、担当アドバイザーに相談するのがベストです。

まとめ

諦めずにがんばりましょう!20代におすすめのエージェントと転職サイトをご紹介しました。エージェント選びに迷っている方は、まず20代を対象としたエージェントに登録してみましょう。

自分のペースで転職活動を行っていて、進展がない方は転職活動のプロであるエージェントに登録して活動することが一番の近道で成功率もアップです。

好条件で転職に成功した20代のほとんどは転職エージェントを利用
しています。20代の若手は、今や引くてあまたで転職もしやすいですが、失敗を重ねて経歴を傷つけないためにもエージェントを利用しましょう。

20代におすすめエージェントはいくつかありますが、それぞれの特徴やキャリアアドバイザーとの相性を比較するためにも2社以上の転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

転職するか悩んでいる20代の方は、下記の《【20代転職】活動する前に知っておくべきこと》も参考にしてくださいね。
【20代転職】活動する前に知っておくべきこと

サイト名 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。第二新卒等の若年層のサポートに注力しており、20代の転職におすすめの転職エージェント。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえに首都圏の求人に強く求人数も豊富です。特に25歳~35歳前後の求人に力を入れてます。
DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!今の職場を辞める前にスカウト機能で自分の市場価値を図るのに利用するのも手。
就職Shop
登録企業数7692社
利用者の9割が20代の完全若者向け就職支援。100%直接企業へ取材に行っている求人なので安心。又、書類で判断するのではなく、人間の可能性で判断する企業の求人ばかりなので、書類選考なし!丁寧なサポートでスピード入社も可能!面談から求人紹介、内定まで全てが無料で利用できます。
ジェイック(JAIC)
20代特化 就職成功率80.3%
20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援。未経験者に理解のあるホワイト企業に厳選し、様々な業界の20社(すべて正社員雇用)を紹介してくれます。事前に社風や職場環境を教えてくれて、入社後もフォローがあるので心強い。就職後の定着率も94.3%
ハタラクティブ
20代向けの転職支援
就職に悩んでいる20代の既卒・フリーターなら、ハタラクティブ。20代なら社会人経験がなくてもOK! 登録後に、担当者から必ず連絡があります。面談場所は渋谷になります。
JAC Recruitment
年収700万~も多数!管理系・外資系に強い
管理部門、専門職、外資系の転職ならJAC!年収700万円以上など高年収求人が多く、ハイキャリアを目指す20代にもオススメ!海外転職もバックアップ可能です。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。

このページの先頭へ