転職鉄板ガイド > 20代 > 成功する!第二新卒の転職サイトの使い方

成功する!第二新卒の転職サイトの使い方

993 views

成功する!第二新卒の転職サイトの使い方
就職活動を頑張って新卒で入社できた!…のも束の間…企業で働き出すと「合わないかもしれない」と感じ始める方は少なくありません。
一般的に第二新卒では、基本的なビジネスマナーを備えていることや若さが強みになり就職しやすい年代とされています。
でも早期離職してちゃんと就職できるのか?と不安ですよね。
今回は、第二新卒が転職成功するポイントについて、おすすめの転職サイトも合わせてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

第二新卒は2パターンに分かれる

第二新卒 は、“新卒入社後、3年以内に退職し転職活動をしている人”と、一括りに言いますが、実は2パターンに分かれているのをご存知でしょうか?

  • 新卒で入社し、数年在籍し実績やスキルを身につけた人
現状キープの転職活動でOK
  • 新卒で入社するが、1年以内に退職した人・または実績やスキルが不十分な人
心機一転自分自身を見直し、転職活動で再出発する意識を持ち進めなければ成功は難しい

前者は、実績やスキルが強みになりよりよい条件で転職できる可能性は高いですが、後者では、第二新卒の最大の強みである実績やスキルが十分に身についていません。

アピールできるポイントが少ないため、自己を過大評価せず実績やスキルに合った長く働ける会社を探す転職活動をしなければいけません。
前者と後者、2つのパターンによって転職方法が異なるということを理解してください。

自分はどっち?チェックリスト

間違った職探しや転職活動の方法は、転職失敗の大きな原因となります。
まずは第二新卒のパターンチェックリストでご自身の置かれている状況が【現状キープタイプ・心機一転タイプ】どちらのパターンなのか確認してみましょう。

第二新卒のパターンチェックリスト

□キャリアプランなく今の会社に入社してしまった
□今の会社を入社する際、情報収集をあまりしなかった
□給料や福利厚生だけを重視して今の会社を決めた
□なんとなく退職したい(転職理由が定まっていない)
□退職したい理由がネガティブ
□他人のキャリアと比較してばかりいる
□将来のキャリアプランが決まっていない
□キャリアチェンジしたい
□今の会社の在籍年数が1年未満
□すでに今の会社を退職してしまっている

【結果】あなたの転職はどっち?現状キープor心機一転タイプ?

が0~3→【現状キープタイプ】

あなたは現状をキープすれば次の転職活動でも転職成功の確立は高いでしょう。
これまで培った実績やキャリアを活かした自己アピールできれば、企業からの印象も良く第二新卒の強みを発揮することができるでしょう。

が4~10→【心機一転タイプ】

今の会社に不満が多い様子のあなた。新卒入社から今回の転職に至るまでキャリアプランが確立せず転職軸がブレブレ。
退職する理由がはっきりしない方や他人や環境のせいにするなど、今のまま転職活動を進めても転職成功は厳しいでしょう。
まずはキャリアプラン・転職軸を明確にすることからスタートさせることが大切です。

また、【□すでに今の会社を退職してしまっている】にチェックが入っている方は要注意!
今の会社に居続けることが心身的に苦痛な方はすぐに退職すべきですが、そうでない場合、転職先を見つける前に退職してしまうと企業から「計画性のない人」と思われてしまいます。
また、生活費への不安から「転職できればどこでもいい」ととりあえずの転職をしてしまいがち。
退職することは決してマイナスポイントにはなりませんが、退職理由や退職するタイミングでネガティブに捉えられてしまうため気を付けてください。

第二新卒が条件良く転職するには

第二新卒は「採用されやすい」とされていますが、今よりも高い給料・キャリアアップ・福利厚生…など、できることなら条件のいい転職をしたいものですよね。
第二新卒が条件良く転職できるポイントをご紹介します。

第二新卒は引くてあまた

新卒で入社した企業から早期離職してしまった…ということに負い目を感じてしまいがちな第二新卒ですが、企業からの印象は悪くありません。
多くの企業は、優秀な人材を確保したいと第二新卒の採用に前向きなのが現状です。
企業が第二新卒の採用に積極的な理由は以下7つあります。

若さがある

市場では若手人材不足が懸念されているため、多くの企業は若い人材を確保したいと考えています。そのため、新卒とほとんど変わらない年齢の第二新卒は若さが強みとなり、企業が採用したいと思える人材です。

社会人経験がありビジネススキルが身についている

短い期間しか働いていない、とはいっても一度社会に出てビジネスパーソンとして揉まれた実績がある第二新卒。
社会人経験から基礎的なビジネススキルやマナーが身についているため、一から教える必要がないというメリットは大きいでしょう。

新しい職場に馴染みやすい

第二新卒は社会人経験が浅いため、前職の企業や特定の業界のカラーに染まりきっていません。そのため、新しい環境や仕事にも慣れやすく、育てやすいといったメリットがあります。

柔軟性がある

大学を卒業して3年以内なら25歳前後。バイタリティ溢れる年代で新しい環境への適応力や仕事の吸収が早いといった柔軟性が評価されます。
チャレンジ精神も企業にとっては若い人材を採用したい理由のひとつ。

コスパがいい

企業にとって最も嬉しいのは採用コストがかからないということでしょう。
新卒入社では、マナー研修はじめ様々なビジネス研修をしなくてはいけませんが第二新卒では必要ありません。
企業からすると新卒を採用するよりも第二新卒を採用した方がコストパフォーマンス良く、手間もかかりません。

即戦力として活躍してもらえる

前職と同じ業界や職種への転職の場合、経験を活かした活躍が期待できます。
例え、経験年数は少なくても業界や仕事の知識は身についているため転職先でも仕事のスタートが早く即戦力となる人材と考えられています。

長く働いてくれる人材として期待できる

第二新卒は前職での挫折や失敗を活かして、自己分析や企業研究を熱心に行い、転職活動をしている方が多いため、入社後のミスマッチが少ないことが特徴。
そのため、自分の適性やキャリアプランに合った転職先を選んでいるため入社後にギャップが少なく「思っていた仕事と違っていた」とミスマッチ退職する人は多くありません。
企業としても長く働いてくれる人材を確保できる、という期待は大きいでしょう。

Point

  • 企業は第二新卒の採用に積極的!
  • 社会人経験のある第二新卒は重宝されている!
  • 企業にとって第二新卒の採用にデメリットはほとんどない!
  • 求人数も多いため条件アップの転職も夢じゃない!

条件アップで転職するならマイナビ

20代の若手人材の転職につよいマイナビ。転職サイトの中でも知名度が高く、求人数は業界トップクラス。豊富な独占求人・非公開求人から強みや適性を導き出し、あなたに最適な企業をマッチングしてくれるため転職を繰り返したくない第二新卒にぴったり。
非公開求人には大手企業や優良企業などの好条件求人となるため、給料アップ&条件アップで転職したい方やライバルを少なくしたい方は非公開求人が多いマイナビを活用しましょう。

Point

  • 履歴書の書き方や面接対策など第二新卒の転職ノウハウをもっている
  • 転職後のアフターフォローもばっちり

たくさん求人を見たいならdoda

全国に対応し若手世代の求人に強みをもつdoda
非公開求人を含めて10万件以上という業界トップクラスの求人数が特徴で、様々な業界、職種から自分に合った仕事を見つけることができます。
キャリアアドバイザーの質も高く、転職者の希望やキャリアカウンセリングした上でマッチングする企業の提案をしてくれるので入社後のミスマッチが少ないことにも定評があります。
また、dodaではスカウト機能も充実しているため前職の強みやスキルを活かした転職がしたい第二新卒におすすめ。

Point

  • 大手企業、地元優良企業の求人が多い
  • 転職サイト、エージェントの両軸で使える

第二新卒に求められるもの

新卒ほどのフレッシュ感はなく、中途採用の転職者ほどの実績もない第二新卒。社会人になって1年~3年ではビジネスパーソンとしてもまだまだ発展途上、というのは企業も理解しています。

しかし、あえて第二新卒を採用する企業の狙いとして“第二新卒ならではの強みを求めている”という理由があります。
第二新卒に求められているものは以下の通りです。

【企業が第二新卒に求める10の評価ポイント】

覚えのよさ

実績やスキルが十分ではないですが、若いからこそ新しい仕事の覚えもスピーディー。
入社後、できるだけ早く即戦力として活躍してもらいたいと思っているからこそ、年齢的に吸収力が高い第二新卒の活躍に期待します。

元気さ

中途採用からのハードワークをやりがいに変えるような“元気さ”も求められています。ポジティブな考え方やはきはきとした挨拶など、自信のある姿に魅力を感じるでしょう。

前向き、行動的

自分の将来の姿を描き、それに向かって前向きに努力する姿は客観的に見ていても気持ちのよいものです。
経験やスキルがなくても“とりあえずやってみる”という行動力の高さや勢いも重視されます。

コミュニケーションスキル

第二新卒は一度社会に出ているからこそ、新卒以上のコミュニケーションスキルが求められます。企業は新しい人材が、職場に馴染み他の社員との円滑な業務を期待しています。
企業には様々な年代や職種が働いていますが、仕事環境を良くするためにも必須スキルです。

一般常識

転職の採用選考では、一般常識問題で学力や知力が評価されることも少なくありません。
企業が求めるレベルに達した応募者だけが面接に進めるため、時事問題を含めた社会人としての一般常識を身につけることはマスト。
また、挨拶・身だしなみ・言葉遣いといった社会人としての一般常識も重要です。

ビジネスマナー

電話対応や名刺交換、といった基本的なビジネスマナーが身についている第二新卒は企業の教育コストを省くことができます。
社会人経験がありポテンシャルが高い第二新卒といっても即戦力としては物足りませんが、ビジネスパーソンとしての基礎があればすぐに業務の指導ができる点も高評価。

将来性

新卒で入社して3年以内で辞めた第二新卒は、実績をアピールするには不十分ですが、貪欲に学ぶ意欲や成長意欲があるかといった将来性を感じさせる素養が求められます。

柔軟性

「こうあるべき」と固執せず、転職先の風土や仕事内容に馴染める柔軟性も求められます。

バイタリティ

前職を辞め、新しい目標に向かって進むバイタリティも重要です。
転職先で困難な状況になっても、目標達成に向かって努力できる要素が求められています。

責任感

一度入社した会社を退職した第二新卒を採用する際、「また退職しないだろうか」と企業は懸念しています。しかし次こそは腰を据えて働きたい、自分のキャリアに真剣に向き合い転職を決めたはず。
企業は、仕事への意欲的な姿勢や最後まで仕事をやり遂げる責任感を求めています。

“転職したい”意思の強い第二新卒の採用に対して、多くの企業では採用意欲が高く実績や経験よりも上記で説明した項目を求める傾向です。
スキルはそこまで求めないが、若さや新卒にないビジネススキルやポテンシャリティーが欲しいというのが企業の本音。
ここで挙げた項目で自信がない項目を放置して就活してしまうと、入社後期待に応えられない・ミスマッチが起こり結局退職というパターンに陥ってしまいます。
そんな人は高望みせず自己分析からやり直し、心機一転再出発という形で次の職場を探しましょう。

次は長く働きたい第二新卒の転職法

新卒で入社した会社で失敗しているからこそ、第二新卒の転職では長く働けるように気を付けなければいけません。
早期離職を何度も繰り返してしまうと、“人間性に問題がある人”と悪いイメージがつき、採用される確率は低くなるばかり。
長く働くためには何に気を付ければいいのか?失敗しない転職法をしっかりと身につけましょう。

自分が退職した理由と、仕事に求めるものを整理しよう

第二新卒の転職では、“転職を繰り返さない”ことが重要です。
そのため、前職での経験をもとに自分が退職した理由と仕事に求めるものを整理して転職活動を進めていくべきでしょう。

ネガティブな内容でも構いませんので、前職を転職した理由を思いつく限り書き出してみましょう。そして書き出した内容に対して「なぜ?」と疑問を問いかけてください。
例えば「人間関係がしんどかったから」という退職理由の場合、「なぜ?」と深く分析すると「上司との関係がギスギスしていた」「職場内で悪口や陰口が多かった」と出てくるかと思います。
このなぜ嫌だったかという退職理由が明確になれば次の転職先に求める条件が自然に出てくるでしょう。
人間関係のしんどさに悩み退職した方なら、次こそは風通しがよく人間関係がいい職場を探したいと思います。

退職した理由を言いかえると、次の転職先で求める第一条件ということです。転職で求めるものは1つではないですよね。

給料や福利厚生、仕事へのやりがいなど仕事で求めるものは何か?も書き出し、将来のキャリアプランや実現したい目標を明確にしましょう。この転職軸が明確になると、転職活動がスムーズになり入社後のモチベーション維持にも役立ちます。

また、企業が懸念する第二新卒の早期離職ですが、転職軸が明確であれば説得力ある志望動機を伝えることができ、採用への不安を払拭させることができます。

定着率91.3%のジェイック

第二新卒の転職に強い若者向けエージェントのジェイク
前職の就職に失敗したからこそ、十分な準備をして次の転職を成功させたい方は『就職カレッジ』で転職ノウハウと基礎的なビジネススキルを学べるジェイックがおすすめ。就職成功率81.1%と高い理由は、書類選考無しで優良企業20社との面談に進み直接アピールできるから。
学歴や職歴を重視しない、第二新卒の採用に積極的な企業があなたの応募を待っています。

Point

  • 専任の就職アドバイザーのサポートは転職後も継続
  • 最短2週間で内定を実現

サポート重視のUZUZ

社会人経験が浅く転職活動に自信のない第二新卒におすすめなのは、就職内定率86%・入社後定着率95%・就職支援実績3.5万人以上と業界トップクラスのUZUZ.
キャリアカウンセラーの質の高さに定評があり、他社の10倍以上時間をかけた就活サポートで、高いマッチング率を可能にしています。
実践的な無料研修ウズウズカレッジでは、基礎的なビジネスマナーから業種に合わせたビジネススキルを身につけ即戦力となる人材を目指します。

Point

  • ブラック企業を徹底排除!優良企業への入社を実現
  • 合同面接会への参加で書類選考なしで面接へ

内定率80.4%のハタラクティブ

確実な転職を目指したいなら「書類審査通過率91.4%」「内定率80.4%」と高い実績を誇るハタラクティブ
業界や企業の情報に精通した専任のアドバイザーのサポート力に定評があり、キャリアプランや転職軸からマッチングする企業を提案してもらえます。
第二新卒の採用に力を入れているポテンシャル重視の求人も豊富、あなたの強みや特性を生かした転職が可能。
ビジネスマナーから受かる面接ノウハウまで徹底サポートを受けて転職準備に臨みたい第二新卒は登録必須。

Point

  • アドバイザーとはチャットツールで気軽に連絡できる
  • 登録から内定まで最短1週間とスピーディー

【まとめ】転職成功の行方は“自分に合った転職エージェント選び”

いかがでしたでしょうか?
第二新卒が転職成功するポイントや、おすすめの転職サイトについてご紹介させていただきました。

第二新卒は基礎的なビジネススキルと年齢の若さ、将来性の高さといって点が強みになるため企業の採用ニーズは高く転職活動も比較的スムーズです。

チェックリストでどちらのタイプか把握し、自分に合った転職エージェントを活用することで優良企業への転職を成功させる第一歩となるでしょう。
若いフットワークと果敢な行動力で第二新卒の強みを活かし、転職成功の実現を目指しましょう。


20代におすすめ関連記事

20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
【タイプ別】20代向け転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
派遣から正社員になる時に気を付けたいこと
派遣から正社員になる時の注意点や、就職活動など詳しく解説します。派遣から正社員へ転職して、有意義な時間を過ごしましょう!

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
534,040views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
120,762views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
3
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
86,290views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
84,480views
40代が転職で未経験職種は難しい?有利・稼げる資格とは?
5
40代が転職で未経験職種は難しい?有利・稼げる資格とは?
79,828views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
75,254views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
7
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
74,784views
「就職できなかった」‥けど、人生終わりじゃなくチャンスはある
8
「就職できなかった」‥けど、人生終わりじゃなくチャンスはある
71,368views
魅せる履歴書・職務経歴書の書き方 〜発達障害特性をどう伝えるか?〜
9
魅せる履歴書・職務経歴書の書き方 〜発達障害特性をどう伝えるか?〜
70,394views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
10
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
70,346views
ページのトップへ