> > 20代の再就職、難しくしている理由は自分にあった!?

20代の再就職、難しくしている理由は自分にあった!?

2424 views

新卒で内定をもらった企業に就職して数年、最初は分からないことだらけでついていくのでやっとだったけど、少しずつ仕事にも慣れて来るそんな時に、ふと「これでいいのかな…」なんて考えたり…「本当はやりたい仕事があったのに」とか「この会社や仕事で大丈夫?」とか、理由は人それぞれですが、転職を考える20代は結構います。

20代の再就職
でも20代で再就職は可能でしょうか?また思い切って仕事を辞めたけど、なかなか再就職ができなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

20代も後半になると、再就職なんて無理!とか、三年未満で辞めた人や、転職回数が多い人は再就職が難しくなるとか聞くけど本当?

20代で再就職を考える人には疑問と不安が絶えないと思います。本当に20代で再就職は難しい?本当ならどうして難しいの?疑問に答えつつ、20代の再就職のコツを教えます!

そもそもなぜ再就職を考えるのか

転職活動を決める前に、まずあなたがなぜ再就職を考えることになったのか、理由を明確にしておくべきです。

20代で転職を考える人の理由は、当然ですが人それぞれにあります。一般的にはどんな理由が多いのでしょうか。

厚生労働省では平成28年離職者の離職理由の統計を取っています。

(転職入職者が前職を辞めた理由別割合:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf)

転職入職者が前職を辞めた理由別割合

20代の男女ともに多く見られる理由は

給料等収入が少なかった

労働時間、休日等の労働条件が悪かった

職場の人間関係が好ましくなかった

仕事の内容に興味を持てなかった

といった理由が多いでしょうか。

新卒の就活時に、とりあえず内定をもらえたところに入社を決めたという方も多いでしょう。

そして実際働いてみたら、なんだか思っていたのと違った…と考える方も多いようです。そして中には焦るあまり内定貰えたから、ここでもいいや!と半ば投げやりに入社したら噂のブラック企業だった…なんていう事も残念ながら実際にあることです。

本当にその転職は必要?

転職を考えた理由をしっかりと明確に認識したところで、まずは一度冷静にならなければいけません。その転職は本当に必要でしょうか?

本当にその転職は必要?先程言ったように、うっかりブラック企業に入ってしまって、毎日残業、休日は出勤、サービス残業もザラ。有給もボーナスも貰えずに、パワハラやモラハラが横行。

職場の雰囲気も悪くて、朝仕事に行かなければと思うと死にたくなる…なんていう状況なら、ぜひ転職を決意してほしいですが、職場に問題がなく、転職の理由が自分にあるのなら、一度しっかり考えてみてください。

「もっと給料が高い職場に転職したい!」

転職をすることで収入アップを狙うのは、かなり難しいです。たとえ経験者とは言っても、会社によってそれぞれ社風や運営方法が違います。

今持っているノウハウが、他の会社で通用するとは限りません。「新入社員よりはビジネスマナーや基礎はあるだろうけど、うちのやり方は知らないし教育はしなければならない」というのが人事の認識です。

そんな人材に最初から高額の給料を払っていては割に合いません。よほど突出した即戦力としてのスキルがあるなら別ですが、20代でそれだけのスキルを持っている人は稀なので、簡単に収入アップ転職が実現すると考えるのはリスキーです。

「職場の人間関係が最悪。転職したい!」

仕事とはいえ、やはり一日中顔を合わせなければいけない相手と険悪になっては、ストレスが溜まるのは当然。場合によっては仕事に支障が出るなんてこともありえます。

けれど、転職したところでそこでもまた人間関係を構築しなければいけません。そして、そこに自分と合わない人間がいないという保証はなく、働いてみないと分かりません。そしてそこにまた合わない人がいたら、また転職するの?という話になってしまいます。

この場合、まずは部署異動や席移動などを上司に相談してみるのも一つの手です。転職を考えるのはそれからでも遅くはありません。

「仕事が楽しくない。もっと楽しい仕事がしたい」

この理由も人間関係と一緒で、部署異動などを検討してみてはいかがでしょうか。今の仕事が楽しくないのだとすれば、転職先に選ぶ仕事は未経験の仕事になるでしょう。

新卒なら周りはすべて未経験だらけなので、競争相手のスタートは横並びですが、年齢が上がれば上がるほど人事担当者は経験とスキルを判断材料にします。未経験職種に中途で飛びこむのはかなりの覚悟が要ります。下手をすれば転職活動が長期化します。

今の会社で対処できるのであれば、場合によっては給料据え置きで異動も可能かもしれません。まずはその可能性から考えてみてはいかがでしょうか。

以上のように、理由によっては現在の会社で対処できる場合もあります。転職したからと言って、必ずしも状況が改善するとは限らないというリスクを理解しておくべきです。

それでも会社の規模が小さくて、部署異動では解消できない、会社の上司のやり方そのものについていけないなどのやむを得ない理由があるようなら、リスクを覚悟の上で転職をどの様にするかを考えていきましょう。

20代の再就職の状況は?

男女別に見る20代の平均転職率は?

年齢階級別転職入職率
(年齢階級別転職入職率:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf)

実際に20代で転職している人の割合がどれくらいなのかを見てみましょう。現在は正社員の転職についてなので、女性のパートは省きます。厚生労働省の表では20~24歳の男性は14.9%、女性は12.1%。25~29歳の男性は13.6%、女性は14.7%になっています。

全体の割合から見ると20代の転職率は比較的高めで、歳を重ねるごとにどんどん転職率は下がるのは表を見れば一目瞭然。もし転職を決断するなら20代の今のうちと言えるかもしれませんね。

20代の平均転職回数は?

年代別転職回数

(年代別転職回数:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5883/)

リクナビNEXTが2017年1~6月に登録した会員に行った調査では、20代で転職した経験がある人は24%と、他の年代から見るとかなり低い割合になっています。

転職回数で分けると、1回が16%、2回が6%、3回が2%、4~5回が1%と、やはり回数が増えるごとに割合はどんどん減っていきます。20代のうちではまだ転職に対してハードルが高いという意識がある様子が伺えます。

【20代の転職市場】前半と後半では企業が求めているものが違う?

20代と言っても、前半と後半で企業が求めているものは異なります。

20代前半 20代後半
売り 若さ
第二新卒に該当
職場に馴染むのが早い
即戦力として期待
採用したい人材 仕事に対する熱意や将来性
人柄から受ける魅力&ポテンシャルが重視
ポテンシャルに加えて専門性のあるスキル

数年前の転職活動では、20代後半になると市場価値が下がる傾向にありましたが、売り手市場の現在は、若手の20代を採用したい企業は多いです。

また、年齢を重ねるごとにハードルが高くなるキャリアチェンジですが、20代にはまだまだチャンスがあります。

希望する業界に詳しい人や第三者から客観的な意見を貰い、自分に合う仕事を探していくのも大切です。無駄に職歴だけ増やすことのないように、転職先を選んでいきましょう。

20代で短期離職はOK?

一般的に新卒で入った会社には最低でも3年は働くべき。といった風潮があります。3年働かずに辞めてしまったら、次の転職に絶対響く。というのが理由です。

実際、面接では「なぜこんなに早く辞めてしまったの?」といった質問が来ることは予想して準備しておけば間違いはないですし、人事担当者が年配であればあるほど短期離職は「堪え性がない」「何かあればすぐ辞めるのではないか」「うちの会社でも長続きしないのでは」という理由で警戒される可能性はあります。

ただ、短期離職が必ずしも転職に影響が出るとは限りません。要は質問に対して、しっかりと意味のある返答ができればいいのです。そこで動揺して答えられなかったり、おどおどとした浮ついた返事をしてしまうのはNG!「一度働いてはみたけれど、やっぱりどうしてもこの企業で働きたい!」「この業界への憧れが諦められなかった!」といった強い熱意などを訴えると高感度UPに繋がります。

資格なし、スキルなしでも再就職はできる?

中途採用であれば、やはり何かしら突出したスキルがあれば武器にはなりますが、実はどこの業界・企業でも通用するスキルを持っている人はそんなに多くはありません。

資格についても、専門職で特定の国家資格などを持っていなければいけないといったものでない限り、あまり武器として効果を発揮しません。

新卒の時には、Office系ソフトやTOEICなどの資格が有効!といった情報があったかと思いますが、中途採用となるとそれらの資格はただの飾りみたいなもの…。

中途採用で大事なのは、どんな経験をしたか、それで何を学んだか、その経験をどのように生かしていきたいか、または実際にどの様に活かしたかの実績などが評価されます。

自分にはスキルがないと嘆くのではなくて、今持っているものでどう自分を表現するかが成功への鍵になります。

20代女性の転職・再就職の成功の秘訣は?

20代女性は仕事もプライベートも充実させたい!そんな風に思っている時期。20代女性が仕事探しで重視させる点として、以下の点があげられます。

  • 長く働きたい
  • 結婚、出産後も仕事を続けたい
  • 女性が働きやす雰囲気の職場

もちろん、この条件に当てはまる職場を探すことも大切です。ですが、その前の段階として、自分自身がその職場で長く必要とされる人材にならなければいけません。

この会社に入ることで利益になると思わせられるような、実績を積んでいきましょう。そんな転職を実現させるためには、様々な就職支援サービスを利用して、信頼度の高い有益な会社の情報を得て転職活動することが大切です。

20代の転職・再就職でおすすめの職種は?

20代はまだまだ異業種、異職種へのキャリアチェンジが可能な年齢です。下記の未経験歓迎職種を選ぶことで、内定率が格段にアップしますよ。

「職種未経験歓迎」の割合が多い職種ランキング

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
  2. 販売・フード・アミューズメント 93.6%
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他 90.3%
  4. 保育・教育・通訳 90.1%
  5. 医療・福祉 84.9%
  6. 管理・事務 83.3%
  7. 公共サービス 83.1%
  8. 企画・経営 81.4%
  9. 医薬・食品・化学・素材  80.1%
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%

※2017年11月マイナビ転職調べ

20代の利用者が多いマイナビ転職の調査によると、1位、2位は接客業が多いことがわかります。3位は工場や配送ドライバー。ドライバーの経験者はもともと少ないので、未経験歓迎となっています。

人気の事務職も実は職種未経験者歓迎の上位に入っているのは驚きです。20代はまだまだ、ポテンシャルを見込んで色々な職種にチャレンジできます。

20代が再就職に失敗する理由を知れば転職活動に活かせる!

20代で再就職を決意したものの、転職活動に苦戦した人・失敗した人の理由を知ることで、自分を見直すことができます。実際、どんな理由があるのか見てみましょう。

辞めた理由を会社のせいにしている

例えば辞めた理由が「社内の人間関係が最悪だった」とか「会社の強引なやり方についていけなかった」とか、「仕事にやりがいを感じなかった」「給料が安かった」という点だったとします。それはそれで別に構わないのですが、納得できずに辞めたのはあなた自身です。

20代が再就職に失敗する理由

面接で「前職を辞めた理由を教えてください」と聞かれるのは、テンプレとも言える質問です。その際に真っ正直に答えてしまうのはNG。人事担当者はネガティブな返答を嫌います。

「やりがいのある仕事でスキルアップがしたいと思った」といったポジティブな返答に変えましょう。

また会社に不満を感じる気持ちを引きずっていると、転職後も何かと比較する癖が付きがちです。そうなってしまうと、結局また次の会社でも良くない点ばかりに目がいって嫌気が差すということにもなりかねないので、人のせいにするといった意識から変えていきましょう。

新卒の就活と同じように考えている

新卒の就活は、企業側がまずシステマチックに学生を迎える準備が整っています。そして学生は従来どおりの就活を行えばよかったのですが、中途採用はそうはいきません。とにかく大事なのは自主性です。

また、新卒では学歴や専攻、成績などで多少色がつくとはいえ、横並びで『新卒』という立場のライバルたちと競っていました。しかし中途となると周りの能力は横並びではありません。あなたよりも経験やスキルに優れたライバルはいくらでもいます。そんな中で自分をどうアピールしていくか、工夫をしていく必要があります。

前職を辞めてから転職活動を始める

一度「この会社辞めたい…」と思ってしまうと、もう会社の全てに嫌気がさして、出社するのも嫌。さっさと辞めたいという感情でいっぱいになり、どうにかなるだろうと再就職先を決めずに辞めてしまう人がいます。けれど、転職ではその流れは極力避けるべきです。

なぜなら、辞めた時点で収入のあてがなくなってしまうから。翌月までは給料が入るので、すぐには実感しづらいかも知れません。一ヶ月もあれば次が決まるだろうと思うかもしれません。

けれど、転職活動中の一ヶ月はあっという間です。転職活動にかかる平均期間は3ヶ月~半年と言われています。仕事を辞めてから転職活動を始めては、前職分の給料どころか貯金まで切り崩してしまうことになりかねない期間です。日に日に貯金が減ってしまえば、どうしても焦ります。

転職活動で焦りは禁物。なぜなら、焦ることで冷静な判断は失われ、採用してくれるところならどこでもいいと捨て身になって、挙げ句ブラック企業に捕まりかねないからです。

辞めたいと思っている会社に居続けるのは大変ですが、そこはぐっと堪えて、ひとまず生活の安定を維持しつつ、再就職先を決めるべきです。

キャリアプランをイメージできていない

キャリアプランとは、将来的にどうありたいかを計画することです。将来的にどんな仕事がしたいか、将来の夢のイメージが固まっていない状態では、転職活動も浮ついてしまいます。

キャリアプランさえしっかりイメージできていれば、まずはどんな業界のどんな会社に転職をして、そこでスキルを磨いて昇進、またはキャリアップ。どんな道筋をたどれば夢を叶えられるかもイメージしやすく、転職活動も行いやすくなります。

何をやりたいか、自分がどうなりたいかがはっきり分かっていなければ、求人情報を見ていてもしっくりこないと思います。そうして結局また「思ってたのと違った」と転職を繰り返す結果になりかねません。転職を考えるのであれば、まずはキャリアプランをしっかりとイメージしておきましょう。

転職活動に悩んだら、転職のプロに相談するのもアリ

「転職エージェント」と呼ばれる転職支援サイトでは、求人探しや応募書類の添削、面接シミュレーションなど、あらゆる面で転職活動をサポートしてくれます。また、自分では気付けなかった強みや仕事の適性、キャリアプランに関するカウンセリングなど、ためになるアドバイスも貰うことができます。

社内の雰囲気や働いている人の年齢層・人間関係、平均的な残業時間、有給休暇や育休・産休の取得実績など、入社前に知っておきたい情報も教えてもらえます。自分の適性や希望に合った職場で長く働きたいと思っている方は「転職のプロ」に相談してみましょう。

優良企業のみ紹介、入社後定着率94.3%「ジェイック」

ジェイックは、第二新卒・既卒・フリーターなどの社会人未経験者や、社会人経験3年以内の若い世代向け転職エージェントです。

ジェイックを利用するメリットを下記に上げます。

  • カレッジ制度でビジネスマナーから職業訓練的なものまで学べる
  • 合同面接会で優良企業20社を書類選考なしで紹介してもらえる
  • ジェイック独自のカリキュラムで最短2週間で再就職ができる

ジェイックはスタッフが直接企業に足を運んで選定した優良企業のみを紹介案件として取り扱っているため、未経験者OKの求人でも安心です。

また、ジェイックの口コミを見るとどこでも「営業カレッジの飛び込み営業がヤバい」というものがたくさん上がっています。

しかし現在ではカレッジの内容も変化して、営業のみに特化しているわけではありませんし、訪問実習もチームを組んでアンケートを作成し、アンケート調査という目的で企業訪問する仕様に変わっています。

入社前に実際の企業と接する機会というのはなかなかあるものではなく、自然とビジネスマナーや度胸と自信が身につくようなカリキュラムになっています。

高卒、既卒、フリーター、未経験OK「第二新卒エージェントneo」

名前の通り、第二新卒向けに特化した転職エージェントです。

こちらのエージェントもスタッフが直接企業に足を運んでいるため、取り扱う求人はどれも優良企業ばかりとなっていて、未経験者OKの求人がほとんどになりますが求人の質がいいと評判です。

また、アドバイザーも親切でしっかり話を聞いてくれると、丁寧さについて利用者からは高評価を得ています。前職の対応が悪かったから再就職したいけど、いまいち自分にどんな仕事が合っているのか分からない、やりたい事が分からない、自分に合った仕事を見つけて再就職したいという人は、積極的にアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

アドバイザーは数多くの第二新卒などの若い世代の求職者と接しています。仕事の紹介をする上では適正などの見極めも重要になるため、相談しているうちに有益になるアドバイスを貰えるのではないでしょうか。

職種や条件にこだわりたい人は求人数トップクラスの「doda」

dodaは求人数がリクルートに並び、業界トップクラスの転職エージェントです。また、求人とアドバイザーの質も評価が高く、転職を考える人には登録をおすすめしたいエージェントでもあります。

業界総合型で大手の転職エージェントは、経歴の低い若手求職者向けではないところも多く、登録を断られたという人や、紹介してもらえずにそのままフェードアウトしたという口コミを見かけますが、dodaは幅広い求職者を受け入れています。ただ未経験者OKの案件よりは、ある程度職歴や経験がある人向けの求人が特に多いように感じます。

求人数が多いため、希望する条件に合致する求人を見つけやすいメリットがあります。求人検索には詳細条件を設定できる項目があり、

  • 土日祝日休み
  • 原則定時退社
  • 研修制度充実
  • 第二新卒歓迎
  • 定着率95%以上
  • フレックス勤務

上記のような少し変わった条件設定もまだまだ数多くあるので、条件にこだわりたい人にはおすすめです。

大手優良企業に転職したいなら「マイナビエージェント」

基盤のしっかりしている大手企業で長く働きたいと思っているならマイナビエージェントの利用が一番の近道です。

マイナビエージェントは20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、実績を着実に積み重ねてきました。また、マイナビブランドの豊富な情報とネットワークから、他社では保有していない求人案件を多数所有しています。

企業がエージェントを利用する理由として、応募の殺到を避ける為の場合もあります。新卒ではなく、中途採用がメインの人気大手企業は、転職エージェントを利用して、採用活動を賢く行っている会社も多いです。20代向けの求人が豊富なマイナビエージェントで効率良く転職活動を行いましょう。

【20代に強い】ジャンル・目的別で探す転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!

20代の再就職は可能?答えはあなた次第!

最初にも言った通り、20代の再就職は十分可能です。ただし、それは当たり前の話ではありますがあなた次第。成功のカギは転職方法にあります。自分でネガティブに考えているようでは無理でしょうし、ポジティブに自主的に動けば動いただけ成功に近づきます。

もしやり方が分からないのであれば、転職エージェントなどの転職業界のプロに頼ってみるのも戦略です。転職エージェントでは、応募書類添削や面接対策などのサポートが充実しています。

しかもそれが無料なら、ダメ元でも損にはなりません。どうしても再就職を決めたい!と決意したら、あとはポジティブにがんばりましょう。


20代におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
DYM就職
DYM就職
20代に特化した転職エージェント
書類選考をスキップしてダイレクトに面接へ。20代若者の就職に特化した一部上場企業、トップベンチャーなど未経験歓迎・入社後研修が充実した求人情報を多数保有。親身なキャリア相談によってマッチング率が高い。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
求人9000件以上の業界最大手転職エージェント
応募書類のアドバイスや面接対策の評判が良く、メールでキャリア相談でき若者におすすめ。全国の求人に対応し、非公開求人も多いことが特徴で、企業説明会や転職フェアなどに参加して企業との距離を縮めるチャンス!
doda
doda
20代の転職をサポートする総合転職エージェント
20代に人気が高く、履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接対策など寄り添った就職支援が充実。プレミアム非公開求人が多く、転職のプロが応募から内定までサポート。面接確約のスカウトサービスで新しい可能性を発見!
type転職エージェント
type転職エージェント
転職者の71%が年収アップの老舗転職エージェント
IT系、営業系に特化し、マンツーマンでサポート。コンサルタントとの充実した企業研究と面接対策で面接通過率をアップ。密なサポートで企業との条件交渉をしてくれますので年収アップを目指す20代におすすめ。
ワークポート
ワークポート
ITベンチャーに強い転職エージェント
IT業界とゲーム業界に特化し、転職者のキャリアプランと条件に合う求人案件の紹介が多く、気軽に登録してスピーディーに転職活動を進めたい方にぴったり。転職ノウハウセミナーで20代転職未経験者をサポート。


20代におすすめ関連記事

20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
【タイプ別】20代向け転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
派遣から正社員になる時に気を付けたいこと
派遣から正社員になる時の注意点や、就職活動など詳しく解説します。派遣から正社員へ転職して、有意義な時間を過ごしましょう!

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
128,054views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
47,771views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
3
50歳から始める仕事の探し方・選び方
28,912views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
28,145views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,167views
高卒でも稼げる!おすすめ職種ランキング
6
高卒でも稼げる!おすすめ職種ランキング
22,786views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
7
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
22,410views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
21,234views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
19,422views
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
10
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
16,211views
ページのトップへ