> > 20代転職 2019年の現状からみた転職成功のポイント

20代転職 2019年の現状からみた転職成功のポイント

1493 views

「仕事が嫌ですぐ辞めてしまった」
「短期離職すると再就職が難しいらしい」
「やりたいことがあるけど異業種にチャレンジできるのか」

など20代の転職で不安になる部分は意外と多いものです。
しかしながら、近年は20代の若年層を求める企業も多く、
就職活動そのものの基礎を見つめ直すことが転職成功のポイントになります。

20代転職は未経験でもOK?

20代の転職では、入社したものの思っていた仕事と違っていた・やっぱり〇〇の仕事をしたかった!と実際の仕事と理想の仕事とのミスマッチ転職が多く、業界未経験へのチャレンジも少なくありません。

業界未経験への転職は、スキルやキャリアが浅いため不利であるというイメージが強いですが、実は20代の転職では若さと将来性が武器となります。

最近ではスキルやキャリアなどの経験値が高く即戦力となる人材よりも社会人経験の浅い20代を求める企業も増えています。
20代という若さや意欲、人柄、将来性といったポテンシャルを重要視する企業が増えており、入社してから社員教育やセミナーを充実させ、若手を育てていこうという人材育成に積極的なのです。
そのため業界未経験であっても歓迎としている企業も多く、必ずしも20代だからといって不利にはならず、企業によっては若さ溢れる20代だからこそ有利でしょう。

しかし未経験者歓迎!という企業でも若いからといって20代が全て有利というわけではなく、ベースを整えることが大切です。
例えば、社会人としての基本的なスキルやマナー、将来のキャリアプラン、企業研究といったことです。特にビジネススキルやマナー、コミュニケーションスキルはどの業界を目指すにしても必要で強みにもなりますので、しっかりと習得しましょう。

20代が転職活動を成功させるためには、強い意志と入社したいという熱意をもち行動すること、「この会社じゃないとダメだ」と頑固にならず、柔軟性のある転職活動を心がけましょう。
実に60%以上の企業が採用時の重要視するポイントとして「一緒に働きたいと思うか」ということを挙げています。希望する企業が「一緒に働きたい」と思えるような対応で臨めば転職成功も遠くありません。

20代転職市場を知る

20代は転職市場で最も価値があり、どの企業も欲しがる年代です。
売り手市場にもなり、採用確率も高く、転職活動はしやすくなっています。

しかし、業種によっては厳しいものもあるので甘く見てはいけません。
新卒とは違い、転職の場合実績や経歴が必要です。
20代で転職する人のほとんどは経歴もないのでそこが悩みになっていきます。

例えば入りたい企業が見つかって応募条件を見ると、経験年数3年以上や、○○の実務経験経験ありなど書いてあり、応募すらすることができないことがあります。
3年は働いた方がいいというのは転職の際に弊害にならない年数だからよく言われているのでしょう。

1初めての転職であれば新卒入社の就職難易度と変わりないくらいですが、応募する人が多いわけではないことがほとんどなので、倍率は学生の頃の就活より厳しくないです。

2回目以降の転職の場合、転職が不利になる業界と不利にならない業界があります。
例えば接客業など専門性を問わない業種に関してはあまり不利になる事は無いですが、専門職種の場合は経験者を優先してしまうので不利になりやすいでしょう。

転職が当たり前の時代になり、転職回数はさほど気にされませんが、転職理由を説明できることや企業が求めているニーズを理解することが大切です。

企業としては自社で長く活躍してもらいたいと考えています。
せっかく採用してもすぐに辞められるのではないかという懸念材料を持ってしまいますので、しっかりと説明し納得してもらえれば問題ないでしょう。

退職~転職までの計画

退職を決めてから転職までは短くても約3ヶ月はかかります。
スムーズに進むように計画を立てず、行き当たりばったりで転職活動を行うと入社日の調整ができなくなる場合もあります。
では、どのようなスケジュールになっていくのでしょうか?

① 退職準備

退職する事は、企業にとってとても大変です。
引き継ぎや後任の準備などが必要なので、退職できるまで少し期間が必要になります。
退職することを伝えたら、上司にどのようなスケジュールで引き継ぎを行い、後任の人を手配してもらうよう会社に伝えて下さい。
後任の手配が出来ず退職時期を先延ばしにされるケースもあります。
相談し、必ず退職日を確定させて下さい。

② 求人探し

退職日が決まったらそれまでの期間に転職活動をし、できれば内定までとりましょう。
求人サイトの種類は今かなり増えてきており、サイトによって乗っている求人も違います。
また、何かの業種に特化した求人サイトもあるので、様々な求人サイトに登録し情報収集して下さい。

③ 企業についてよく調べる

何社か候補が決まったら、その企業のことをしっかり調べていきます。
入社後の勤務内容、事業内容、条件など不一致を無くし、転職失敗を防ぐ為です。
募集要項はもちろん企業のHPや社名を入れて会社評判を検索することもおすすめです。

求人の見方にも注意

今、求人詐欺というものがあり、入社したら求人内容と違う条件を言われることがあります。
給料がやたらと高額な場合、見込み残業が含まれていたり、年間休日が少ないこともあります。
求人だけを信じないよう、評判などを参考にした方がいいです。

④ 履歴書・職務経歴書

履歴書と職務経歴書の準備が一番大変だと思います。
ただ、この二つは企業をしっかり調べた上で書かないと、求めている人物と違ってしまうので先に作成しない方がいいでしょう。
履歴書を書く上で大切なのは企業のニーズに合わせて書く事です。
職務経歴書では、小さな実績でも細かく書き、会社に貢献できる人と思わせられるようにしていきましょう。
では、履歴書や職務経歴書の書き方でも悩みやすいポイントをピックアップ。

自己PRの書き方

主に自己PRで書いた方が採用率が上がりやすい内容は、キャリアプランです。

今までどんなことをしてきたか

どんなことができる

今後どうなりたいか

考えているキャリアプランが企業の求める人材で企業に合っているかを見ています。
ここでやる気や人柄などをアピールしていきましょう。

自己PR 例文

私は前職のアパレルショップにて店舗リーダーとして従業をまとめ、店長のサポートなどを行って参りました。売上アップのために接客方法を見直し、アドバイスなども行ってスタッフの管理を行っていました。勤務態度があまり良くないスタッフへは注意もしなければいけないので、しっかり改善できるよう、スタッフを管理する難しさを学びました。また店長だけに仕事が集中しないようサポートをし、チームワークを大切にして仕事をして参りました。前職で学んだ事を活かし、新しい職場でもスタッフの育成やチームワークで動く際は陰で支えていける人材になりたいと考えております。

長所・短所の書き方

長所は、自分にどんな力があるかアピールしていきます。
しかし、アピールするだけでなく、その長所が仕事にどのように活かせるか書かないと、企業の人はあまり仕事している姿が想像できず、不採用になりやすいです。

短所は、苦手なこと、嫌いなことなどです。
苦手なことに対しても、どのように克服しようとしているか、仕事で苦手なことがあってもしっかり取り組んでくれるかなどを見ているので、その方法や取り組み方なども書く必要があります。

長所例

  • リーダーシップ
  • コミュニケーション力
  • 協調性
  • 調整力
  • 行動力
  • 積極性
  • 忍耐力
  • 努力家
  • 責任感
  • ポジティブ
  • 計画性
  • 几帳面

など

短所例

  • 我が強い
  • 世話焼き
  • 流されやすい
  • 優柔不断
  • 仕切りたがり
  • 計画性がない
  • 自己主張が強い
  • 独断的
  • あきらめが悪い
  • 没頭しやすい
  • 抱え込みやすい
  • 楽観的/のんき
  • 心配性
  • 神経質

など

職務経歴書の書き方

職務経歴書は履歴書より書き方に困る人が多いでしょう。
20代での転職の場合、勤続年数も少ないため、経歴が少ないことなど当たり前です。
しかし、前職での役割やどのような仕事をし、どれくらい成果を上げたかの努力を知る為にしっかり書かなければなりません。
入社した時から退職まで時系列で記入し、詳しく業務内容を書くことがポイントです。

⑤ 面接

20代の転職を成功させるには人事が重要視する点を見極め、アピールすることが大切です。
転職活動では企業研究を念入りに行い、企業が求めるニーズと自分の将来像を合わせて面接していきましょう。

そして面接でよく見られているところもいくつかあります。

意欲

社会人経験の浅い20代で重要視する点は「入社したい!」という意欲。スキルやキャリアが不足しているのは当たり前ですので、意欲・積極性といった精神面が期待されます。とはいえ、応募書類や面接で「頑張ります!」というだけでは相手には伝わりませんので、具体的な例があれば挙げて入社後に活躍できるポイントなどを添えてアピールすることが大切です。

素直さ

20代で社会人経験の浅い人を採用しようという企業は、入社後に社員教育や研修を行い育てていこうと思っている企業なので、指導しやすい素直な人を採用したいと考えています。人の話や指示を素直に聞き、復習や予習を行い真面目に取り組むことができるかどうか…がチェックされています。
いくら高学歴でポテンシャルが高い人材であっても、プライドが高く反抗的といった人は採用されません。

基本的なビジネスマナー

20代の転職者が新卒と異なる点は、社会人経験があるかどうか。いくら社会人経験が浅くても一度は社会に出て働いたという経験が強みです。企業としても人材育成はすることは前提ですが、基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルは身についているものとしてみなします。
新卒ではゼロから教育しなければいけないところ、20代転職者ではそれをスキップして仕事に関する研修から始めることができます。

⑥ 内定

内定をもらったらお礼のメールをし入社手続きを行って下さい。
転職の際には離職票、非保険証番号、源泉徴収など前職の会社からもらわないといけないものもありますので、必ず準備して下さい。

20代 転職・再就職しやすい職種

ITエンジニア

インターネット化が進む現代において、ITエンジニアは引く手あまた。ITエンジニア未経験の方の求人も多く、入社後の研修で人材育成を行う企業が多いため、20代前半の方におすすめ。働きながらスキルを身に着けたいという方にもメリットです。

営業職

社会人経験の浅い20代前半の方はスキルもキャリアもありません。しかし、コミュニケーションスキルを強みとして働くことができる営業職はぴったり。未経験であっても意欲や積極性といったポテンシャルが重要視され、人と交流することが好きという方におすすめの職種です。

事務職

企業の縁の下の力持ちの事務職は女性に大人気の職種。受付事務や電話・来客対応、データ入力など業務は多岐に渡ります。他社や取引先との交流も多く、コミュニケーションスキルやビジネスマナーに自信がある方にぴったりです。無資格、未経験でも歓迎という求人案件が多いことも特徴ですが、簿記や秘書検定があれば優遇されるでしょう。

営業職

男性にもおすすめの職種ですが、営業職としての経験を重ねることで他の職種でも活かすことができるビジネススキルやコミュニケーションスキルを向上させることができます。
有効求人倍率も約1.3倍と就職しやすい点もメリットですね。

20代 オススメの転職エージェント

転職関係のことをサポートしてくれる転職エージェントのサイトを紹介。

DYM就職

東証一部上場企業、大手企業、ベンチャー企業などホワイト企業2000社と契約し、ポテンシャル採用の企業が多いため20代前半で社会人経験が浅いため転職活動に不安のある方も安心。
エージェントと企業とのパイプが強く書類選考なしで企業面接まで進むことができるので職歴が浅く履歴書や職務経歴書に悩む方にもぴったり。
またキャリア相談が充実し、求職者の自己分析のサポートや転職アドバイスはもちろん企業とのキャリアプランを考えたマッチング率が高いことも人気のひとつ。
正社員への転職成功率96%と高く、業界未経験の方の転職も成功率が高いでしょう。
一人での転職活動が不安な方はエージェントの「寄り添う就活」で就職までしっかりとサポートしてくれます。

doda

国内最大手人材紹介会社パーソルキャリア株式会社が運営し、全国をカバーした常時10万件以上を超える求人数が多く、年間1万8千人を超える転職サポートの実績も高い。
転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートで転職成功へ。一般の求人には出回らないプレミアム非公開求人も多数。
エージェントサービスのほかに企業からオファーが届くスカウトサービスも充実し、面接確約オファーが魅力的。自分では気づくことができなかった魅力や強みにマッチングする企業との出会えることも。
非公開求人のオフアーでは新規事業立ち上げ・エグゼクティブ・極秘プロジェクト求人など特別なオファーもあり、スキルとキャリアを活かすことができます。

就職Shop

利用者数10万人を超える就職Shopは20代後半の転職におすすめ。
キャリアコーディネーターとのマンツーマンのキャリア相談、面接対策によって正社員への転職を目指すことができます。
求職者の魅力や強みを引き出し、幅広い選択肢の中からキャリアプランにマッチングする企業との出会いを可能に。
企業とのパイプの強さが特徴で、登録企業は全て訪問済みでブラック企業が排除され、ポテンシャルを重要視する企業が大手企業からベンチャー企業まで多数と未経験への業界への転職や職歴に自信のない方の転職にもぴったり。
書類選考なしで企業面接まで進むことができ、登録から採用までスピーディーでもう後がない20代後半で早く転職成功させたい方は利用する価値あり。

まとめ

20代の転職活動では、ブランク期間を作らないということが大切。

転職活動がうまくいかずにブランク期間が長くなってしまうと今後の転職活動に影響を与え、大きなデメリットとなってしまい、働く意欲が低いと思われてしまう可能性もあり、なるべく仕事をしながら転職活動を行いブランキ期間は作らないようにしましょう。

スムーズな転職活動をすすめるには、転職エージェントを利用し自分自身の市場価値を知り見つめ直すとともに、長く働き続けることができる企業と出会うことがポイント。
20代では社会人経験がまだ浅いため、応募書類の添削や面接対策、キャリア相談が充実している転職エージェントがおすすめ。

効率良く転職活動を進め、成功させましょう。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
92,721views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
38,176views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,934views
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
4
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
22,251views
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
5
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
22,196views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,576views
高卒に人気の就職先ランキング!就活に役立つ情報
7
高卒に人気の就職先ランキング!就活に役立つ情報
19,194views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
8
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,571views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
9
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
15,401views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
15,199views
ページのトップへ