20代の再就職・転職で大切なことを徹底解説!

大学を卒業して無事に企業へ就職が決まったけれど、転職を考えるきっかけ…
「思っていた仕事と違うなぁ」
「給料が少ないし休めないのがしんどい」
「職場の人間関係が居心地悪い」
「このままこの会社にいても将来が不安…」

人によって様々なきっかけがあると思いますが、多くの方は20代で転職することに大きな不安を抱えています。一念発起して仕事を辞め、再就職を目指してもなかなか決まらない、空白期間ばかりが長くなっていくと、再就職が決まらない人も少なくありません。
もしかしたら再就職の準備が不十分だった可能性も。
再就職が決まらない人の特徴と決まらない原因、再就職・転職のコツを伝授します。実践してみてください。

再就職・転職したい20代はたくさんいる

20代に多い転職理由

20代前半の方は「もう転職するなんて早すぎやしないか」と悩み、20代後半の方は「今から転職しても同期に後れを取るかもしれない」と二の足を踏む傾向があります。「20代の転職理由」をしっておくことで、次のステップへ進む勇気ときっかけが生れるかもしれません。

まだ右も左も自分の強みもわからない学生のうちから、就職活動を強いられて「とりあえず条件がいい会社」「バイト経験や趣味を活かせそうな会社」といった具合に就職先を決める方がほとんどです。しかし、実際に働いてみると社風が合わなかったり、もっと仕事としてやりたいことが見つかったり、本当の自分が目覚めるパターンがあります。

「希望していた業務とかけ離れている」「同僚や上司と打ち解けられない」など、仕事内容や人間関係が原因で楽しく働けないのはつらいことです。どんな仕事も「楽」なことなどありません。
しかし、生き生きと働けない環境が自分にとって果たしてプラスになるでしょうか? この先何年も同じ会社で働くにあたり、その状況が改善する確率の方が低いといえます。

「残業が多すぎる」「同期についていけない」といった悩みも転職を考える大きな理由。「もう辞めたい」と悩めるうちはまだしも、感覚がマヒして「まだ大丈夫」「みんな頑張っているんだから」などと自分をむりやり肯定するようになったらとても危険です。身体を壊したり、うつ病になってしまう前に転職を決意し、自分に合った仕事や働き方を見つけましょう。

自宅に仕事を持ち帰らないと終わらないほど業務を任されたり、休日出勤が当たり前という会社は決して良い会社だとは言えません。「お金を稼ぐために生きている」のではなく、「人生を楽しむためにお金を稼いでいる」ということを忘れ、プライベートを犠牲にしているパターンです。

自分なりのキャリアビジョンがあるものの、「今の会社にいても夢が叶わない」「スキルが身についていない」と気付いてしまった……「会社選びを間違えた」と自分を責めたりせず前向きに転職活動をはじめましょう。むしろ、キャリアアップの選択肢が豊富な20代のうちに、それがわかって良かったといえます。

単純に「大手企業ではない」という以外にも、同じようなランクの会社で似たような業務を行っているのに、同年代よりも給料が安いことがあります。入社したあとで「不況だからボーナスを出せない」「残業代や交通費を削減したい」と告げられることも……どんな事情があろうと、仕事量に見合った給与を支払わない会社に尽くす必要はありません。

転職市場おいて企業に求められるのは「35歳まで」といわれています。もちろん、20代の若くてフレッシュな人材の方が育てがいもあり、重宝されることは間違いありません。30代以降はスキルなしでの転職はかなり厳しく、応募先の候補も限られてきます。また、体力や精神的な面でも新しいことにチャレンジしにくくなってくるため、「今よりよい会社」を求めて転職する20代が多くいます。

20代の転職回数とその訳について

転職サイトが台頭して昔よりも圧倒的に転職に対するハードルは下がりました。だからといって、「何度も転職をしてもいい」とは言い切れません。

20代の転職回数は1~2回が平均的。転職成功率のデータを見てみると、1回目は100%に近く、2回目は50%、3回目以降は約15%と一気に成功率が低下します。このような背景を知っている20代は「なるべく1回で転職に成功したい」と考えるのも無理はありません。

とはいえ、企業側がきちんと納得してくれる転職理由があるならば、回数にかかわらず採用してもらえます。転職市場で不利にならないためにも、自分の中で転職理由を明確にし、次の就職先を念入りに見極めましょう。

20代転職のメリット・デメリット

  1. ポテンシャルや将来性を評価してもらえる
  2. 20代はスキルが未熟だったり経験や職歴がなくても、やる気や人柄でじゅうぶん企業にアピールすることができます。アピール方法を工夫すれば現在の実力以上の会社に拾ってもらえる可能性大。若い人材を求める企業のほとんどは、秘められたポテンシャルや将来性、フレッシュさに目を付けます。下手に他の会社の社風やスタイルが染みついているよりも、まっさらな状態から育て上げたいと考える企業も多くあります。

     

  3. 第二新卒枠に応募できる
  4. 学校を卒業してから3年以内の場合は「第二新卒」として求人に応募することが可能。企業求人は「新卒」「第二新卒」「中途採用」と分かれていることが多く、第二新卒枠は一番ライバルが少ない枠でもあります。ビジネスマナーなどがすでに身についている状態の第二新卒者は、学生ノリが抜けない新卒者よりも教育コストがかからないなど、企業側にとってのメリットも大きいのです。

     

  5. 未経験の業種・職種にチャレンジできる
  6. 「新卒入社した企業が自分に合っていない」「やりたい仕事を見つけた」「就活ではダメだった大手企業にリベンジしたい」など、今だからこそチャレンジしたい仕事や企業があるはず。未経験OKの求人ならば企業も一から育てることを前提としており、若ければ若いほど有利なのです。

  1. 長続きしないと思われてしまう
  2. 20代前半での転職は第二新卒枠を利用できたりとメリットもあります。しかし、場合によっては「忍耐力がない人間なのかも」「またすぐに転職するのでは?」といった疑惑を持たれてしまう恐れがあります。そうした不安感を払拭するためにも、面接でしっかりと転職活動の理由を説明する必要があります。

     

  3. 年収がアップする保証がない
  4. それなりにスキルと経験がある20代後半はともかく、20代前半での転職は新卒とさほど変わりありません。転職しても前職と同じ程度の年収となることがほとんどでしょう。未経験の業界に転職する場合、同年代よりも低い年収のまま働き続けることもありえます。
    お金よりもやりがいを求めている方や、キャリアアップ以外の理由で転職したい方は、妥協せざるをえない点かもしれません。しかし、長い目で見た時に今よりもいい環境・条件だと思えたら「年収がアップしない」ことがデメリットとは一概に言えません。

20代の再就職は難しいの?

「20代で転職を考えるなんて…まだ入社したばかりで成功しないんじゃないか」と悩む方が多くいらっしゃいますが、実は20代の再就職を希望に溢れています。
20代はまだまだ若手、これから育てていきたいと思う企業が多く、新卒に比べると社会経験が多少なりともありますので戦力になることがメリットとなり、市場価値としては最も高い年代です。
20代の再就職は20代前半と20代後半では再就職の難しさが異なります。

大学を卒業して新卒として入社、働いた後退職するという就職用語的に「第二新卒」という状態。第二新卒のはっきりした定義はありませんが、多くの場合は新卒で入社後、3年未満の求職者・短い期間であっても社会人としての経験を持っている方という意味で使われています。
20代前半の求職者は、新卒と同様に扱われ、スキルや実績よりも人やる気や間性、企業のキャリアプランにあった将来性をもっているかどうかで判断されます。
スキルや実績は社会人としての経験が浅いためさほど重要視はされません。

第二新卒の枠から抜け出し、社会人としての経験も5年以上という場合が多い20代後半。新卒から入社して3年経過後は、中堅、リーダークラスになっている場合もあり、なぜ退職したのかという理由も詳しく聞かれるでしょう。
社会人としてのスキルや実績も、20代前半の求職者よりも重要視されるため、前職で培ったスキルや経験、実績が必要となりますが「キャリアアップ転職」を目指すことができるのがこの年齢のメリット。
前職を退職した理由と、再就職先である企業へ入社した理由を採用担当者に納得させられるだけの志望動機、自己PRも必要です。

20代前半、20代後半とそれぞれ再就職における企業の味方、難しさが異なりますが、スキルや経験があってアピールできる実績があれば20代後半が有利、もし自己PRできるものがなければ若い20代前半が有利。
とはいっても20代は企業からすれば引く手あまた。
「30代の壁」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、30歳を過ぎてしまうと再就職はより難しくなります。
30代に突入すると途端に求人数が減り、希望の仕事内容の仕事やチャレンジしたい未経験の職種があってもなかなか再就職は難しいでしょう。企業としても社内の平均年齢や職場環境を考えると、三十路以上は採用を見送るケースも少なくありません。
もしあなたが20代後半なら、三十路までに再就職を決めましょう。

未経験、異業種への転職は大丈夫?

未経験の分野や異業種に転職する際は、転職理由や志望動機をしっかりと練っておかなければなりません。未知の分野に飛び込むには勇気がいること。今後の将来が決まってしまうかもしれない大切な20代に、どうして大きな賭けに出たのかを企業に説明するのです。転職するに至った動機や転職後のキャリアプランを明確にすることで入社後のミスマッチを防げたり、「またすぐに辞めるのでは」という疑念も取り払えます。

また、「未経験歓迎」の求人だからといってロクに調べもせずほいほい飛びつくのは禁物。若手社員が定着しないブラック企業かもしれないし、体力があるうちだけこき使おうとしている会社かもしれません。またすぐに転職活動……なんてことにならないように、応募先企業については徹底的にリサーチしましょう。

20代が再就職・転職するなら転職サイトは必須利用!

JAIC(ジェイック)はニートの就職サポート最大手。ブラック排除の就職支援に定評があります。
外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界などの離職率の高い企業は一切紹介していません。

就職成功率は80.3%で、通常の就職活動の2倍の成功率です。契約企業数50,000社以上で、これまで14,000名以上の就職支援実績があり、その後の定着率も94.3%となっていることから、就職先はホワイト企業であることが分かります。

jaic約束

再就職の決め手はジェイックでした

無料就職講座がすごく良かったです

4回目の再就職でしたが内定もらえました!

ジェイックではこんな実績がたくさんあります。

jaic認定


更に、社内の雰囲気から福利厚生まで企業に直接確認済みなので、信頼性が高い事でも有名です。
ブラック企業だけは絶対に避けたい!そんな場合はJAICがおすすめです。

JAICのポイント

ほぼ毎日、説明会を実施している
無料就職講座で、社会人経験ゼロでも安心
未経験OKのホワイト企業の正社員求人だけを紹介してもらえる
社風や残業時間、一緒に働く上司の性格まで教えてくれる!
女性に特化した「JAIC女子カレッジ」もあり

JAIC

 

経歴や学歴なんて関係ない!!!

社会人経験なし、未経験でもOK!安心して就職活動に取り組める理由があるからこそ今、人気が急上昇中のワークポート

 
面談総合満足度96%!紹介求人数満足度90%!利用者満足度97%
ワークポートは、業界トップクラスの支持率で、信頼性の高いエージェントです。

だから、初めての転職や就職の人でも超安心。「分からないこと」は、ワークポートのサポーターが分かるまで、納得いくまでしっかりレクチャーしてくれます。
ワークポート利用者20代の5人に1人が未経験職種へ転職成功している為、ほとんどが未経験者というのは事実!

非常に信頼性の高い就職サイトです。では、なぜそこまで信頼性が高いのか…

ホワイト企業に転職できました

私の良い所を企業にアピールしてくれた!

ワークポートではこのような声が、この他にもたくさん上げられています。
未経験で不安…そんな人にはワークポートがオススメです。

同じ気持ちや、同じ状況の仲間が沢山いるからこそ、リラックスして就職活動に取り組めるのがワークポートの強みの一つ。
誰でも就職や転職には抵抗があります。不安や恐怖に押し潰されそうになりながら、みんな新し一歩を踏み出しているのです。
だからこそ、ワークポートのサポーターは、1人1人に丁寧で細かいサポートを心がけています。
目指す先やゴールは、利用者もサポーターも同じです。内定に向けてサポーターと二人三脚で走り抜けましょう!

ワークポートのポイント

20代、30代、40代前半が対象
最短2週間のスピード入社も可能!
自分では見つけられなかった求人を紹介してもらえる
書類対策、面接対策、年収交渉などサポートが充実
経歴や学歴に不安のある方でも歓迎!
若者向けなので仲間が沢山いて安心
何でも気軽に相談してOK

ワークポート

 

1人1人に合った企業への紹介を徹底し、就職活動を強力サポート!

就職Shopは、登録企業数7692件!!!
書類選考がありません。書類で判断するのではなく、人間性を見て判断をする企業が集まっています。
その為、書類で落とされる心配はなく、学歴や経歴に自信のない方でもすぐに面接が出来ます。
100%直接取材した求人を扱っているので、職場の雰囲気や、給料の面、詳しい仕事内容など、実際に働くイメージがしやすくなっています。
4人に3人は未経験の状態で就職しているので、社会人経験がなくても安心!専任のキャリアサポーターがしっかりとサポートしてくれます!

転職したい!安心して就活に取り組みたい!
そんな人には就職Shopがオススメです。
1分でカンタン登録!最速で登録できるのは就職Shopだけ。迷った時は登録だけでもしておきましょう。

無料登録してみる

 
東京都(銀座駅・新宿駅・立川駅)、埼玉県(大宮駅)、神奈川県(横浜駅)、千葉県(千葉駅)、兵庫県(三ノ宮駅)、大阪府(大阪駅)、京都府(鳥丸駅)に店舗があります。
アクセス情報や詳細はこちら

※他の地域の方は、全国対応のDYMがオススメです。

就職Shopのポイント

背中を押してくれる!
20代の若者対象
面倒な書類選考なしで楽々就活
定着率も重視
書類で判断せず、人間性を見てくれる企業が多数

就職Shop

履歴書・職務経歴書の必勝法

20代で転職するにあたり「文章で自分をアピールするのが苦手」「職務経歴書に書けるようなキャリアがない」とネガティブに考えてしまうのはNG。むしろ、応募書類でがっつりアピールしておかないと、内定どころか面接まで辿り着けません。

WEBエントリーが主流の時代ですが、手書きで応募書類を用意するシーンも多々あります。学生時代のような子どもっぽい字は良い印象を与えません。上手ではなくても丁寧に書くようにしましょう。

待遇など希望を書く欄や資格欄を空白のままにする人が多くいます。希望を書かないことは謙虚でも何でもなく、「何も書いていない=意欲がない」と判断されることもあります。「御社の規定に準じます」「前職の待遇を考慮していただけると幸いです」といったことを書くだけで印象が変わりますよ。

自己PR欄では転職してからやりたいことだけでなく、今の時点で出来ることや経験した仕事もしっかりアピール。20代でも新卒とは違った強みがあることを伝えましょう。サンプルを丸写しなども絶対にNG。自分の言葉で伝えることが大切です。

持っている資格があれば欠かさず記載。自動車免許や英検、簿記などの資格はもちろん、仕事には関係なさそうだと思う一風変わった資格も持っていれば書いておきましょう。意外なところで面接官の興味をひくかもしれません。資格を取得するために勉強していることや個人的な自己啓発活動、社内外の表彰歴など、アピールポイントは自由に記入してOKです。

「編年体形式」という時系列に沿って経歴を書くテクニックを活用しましょう。年表スタイルならば文字が多くてもすっきり見やすく、人事担当者にもアピールしやすくなります。ささいなプロジェクトでも、自分の役割やプロジェクトに携わった人数を記入。業務の規模やの重要性、コミュニケーションスキルを主張できます。

 

転職時の面接の必勝ポイント

20代の転職活動では、経験の浅さやスキル不足を補うような自己アピールが必須。企業が知りたいことは、「基本的なビジネスマナー・スキルが備わっているかどうか」であり、必ずと言っていいほど質問されます。仕事はこれから覚えていけばいいですが、敬語や礼儀、電話やメール対応スキルなど、社会人としての一般常識がない20代は門前払いとなります。

また、自己PRで「がんばります」「やる気があります」といった言葉を使いすぎると幼稚な印象を与えてしまうので要注意。未経験の業種に転職する場合も、「学んでいきたい」という思いだけでなく、「これまでの経験をどのように活かせるか」「なぜこの会社でなければいけないのか」までを語りましょう。新卒のライバルと差をつける絶好のチャンスです。業務における成長率や吸収の早さ、伸びしろを感じさせるエピソードも盛り込むとより◎。

印象を良くするために嘘をついたり、本音を隠す必要はありません。「人間関係のトラブル」「給料が低すぎた」「やりたいことができなかった」といった転職理由は正直に話しておくべきです。その際に、前の会社を中傷して面接官をヨイショするような言い方にならないよう気を付けましょう。

入社したあとに「話が違う」といった事態は、企業側も転職希望者も避けたいもの。「お互いに面接している」という気持ちで、希望や不安な点を確認し合うべきだといえます。

 

内定をもらった時におさえておきたい3つのポイント

  1. 内定通知への返事は早めに行おう
  2. 内定のお知らせが届いたら迅速に入社諾否の連絡をしましょう。基本的に、内定通知に対する返事は2~3日以内に行うべきです。もし複数の企業に応募して、すべての結果を知ってから転職先を決めたい場合は正直にその旨を伝えます。

    「○日までにお返事します」と丁寧にお願いすれば、大抵の企業は入社諾否を急かしたりしません。待ってもらえる期間は最長で1週間と考え、なるべく早く対応できるよう心がけましょう。

     

  3. 内定辞退の連絡もスピーディーに
  4. 中途採用試験では一日でも早く人員を増やしたい企業の方が多いので、たとえ内定を辞退する場合でも素早く返事をするのが社会人としてのマナーです。最終選考と結果通知のスケジュールをしっかりと管理しておけば、複数企業の対応に大幅なずれが生じることはありません。

    最悪の場合、内定辞退の意思を伝え忘れることで、企業が他の応募者を不採用にしてしまうこともあります。求人募集には費用もお金もかかるため、また新たに募集を行うことになれば企業に訴えられても文句は言えないのです。

     

  5. SNSで内定の報告するのはNG
  6. 近年、内定ゲットの喜びをツイッターやfacebookなどのSNSに投稿する人が増えています。エゴサーチを行っている企業もあるので、「個人のSNSが企業に見られているわけがない」という思いこみはしないようにしましょう。もし、「社内でのトラブルや新規プロジェクトをネット上で発信するような人物」だと判断されたら、内定取り消しとなる可能性も否めません。

 

円満退社する為の3つの秘訣

  1. 退職意思は口頭で伝えること
  2. 退職する時期は直属の上司に伝えるのがベスト。メールや手紙ではなく口頭でしっかりと報告しましょう。業務が立て込んでいる時や他の社員がいる場ではなく、上司と1対1で話す機会を設けてもらいます。会社に迷惑がかからないように退職日は上司と相談。「退職を引き留められる」というケースもありますが、退職日の2週間前までに「退職願い」を提出していれば法律的に問題ありません。

     

  3. 業務の引き継ぎ・取引先への挨拶
  4. 自分が辞めたあとに業務を引継いでくれる人とスケジュールを立て、業務の手順や内容を明確に伝えます。取引先への挨拶は退社の1週間前が目安。早すぎても微妙ですし、挨拶をせずに去るのはマナー違反です。自分が使用していたデスクの掃除や会社の備品や制服を返却することもお忘れなく。

     

  5. 転職先の入社日変更も検討する
  6. どうしても引継ぎ業務が終わらない場合、転職先の企業に入社する日を変更してもらえるか確認します。あと何日ほど必要なのかをしっかりと伝えて、トラブルや内定取り消しに発展しないよう気を付けましょう。「入社日の変更は不可」ということもありえるので、余裕を持って転職活動を行うことが何よりも大切です。

 

転職先初出勤で気を付けたいこと

「始業時間の10分前に会社に着けばいい」など、今までと同じように考えていると初日から失敗しかねないので要注意。「始業の30分~1時間前には全員が揃う」「始業時間の前に朝礼や会議がある」「始業時間前はオフィスに入れない」など、適切な出社時間は会社によってさまざまです。出社時間については採用担当者に確認。出社初日だけの時間なのか、毎日の出社時間なのかもきちんとチェックしておきましょう。

「出社初日=あなたの第一印象が決まる日」です。自己紹介ではオフィス中の注目を浴びます。服装のみだれや清潔感には細心の注意を払いましょう。

チェックポイントは「髪型やにおいに清潔感があるか」「スーツやシャツにシワがないか」「靴・カバンなどが汚れていないか」「ボタンのほつれやネクタイのゆるみはないか」など。私服OKの会社でも初日はビジネス向けの服装で行くことをオススメします。

自己紹介で前職の実績や将来のキャリアビジョンを事細かに語りだすのはNG。「空気が読めない自慢屋」というイメージを持たれないように、質問されない限りは前職の業界やポジションの説明と趣味・特技程度の自己紹介に留めましょう。

入社初日はこれから一緒に働く方々への挨拶や自己紹介、社内の見学、デスク周り・備品・制服などの支給、パソコンの設定などで終了することがほとんどです。しかし、初日からがっつり業務に就かせる職場もあるので「就業規則」や「社内のルール」はしっかりと把握しておきましょう。企業HPで「会社の組織図」「主要取引先の名前や事業内容」などを確認しておくと好印象を与えられます。

話しかけられるのを待っていたり、わからないことがあるのに質問しなかったり、初日からコミュニケーションを怠ってしまうと新しい職場に馴染むのに時間を要します。和気あいあいとした職場なのか、静かで真面目な雰囲気なのか、会社の社風を自分なりに見極められると次の日からもスムーズに対応できます。

 

失敗しやすい20代の転職方法

20代の転職失敗例で最も多いのは、「今の会社を辞めたい」「早く転職しないと30代になってしまう」と焦ってしまうパターン。準備不足のまま転職してしまうと、「やっぱりこれも自分に向いていない仕事だった」「キャリアアップができそうもない会社だった」といった後悔につながります。

20代で転職をしたあとの30代、40代、そして定年退職……といった将来のビジョンが見えていますか? 学生時代よりも社会の仕組みや不自由さなどを知り、多かれ少なかれ酸いも甘いも経験している20代。自分がこれまで以上に成長できる職場なのか、もしもまた転職が必要な時に武器となるスキルが身につく業界なのか……そういった中期~長期にわたるキャリアプランを実現できそうな転職先を見つけましょう。それを怠っては真の転職成功にはなりません。

転職先の候補である業界・業種、企業について調べるのは当然のこと。表面的な部分だけでなく、業界全体の動向や今後の発展についても想像して、先を見据えて動くべきです。企業については「成長企業だから」「好きな商品を作っているから」といった直感を信じるのも悪くはありません。しかし、実際に働いてみないとわからないことはたくさんあるので、給料や休暇日数、残業時間、通勤時間なども妥協せず、慎重に選んでいきましょう。

転職エージェントなどの転職支援サービスを利用せずに、自力で情報収集するには限界があります。自分で調べようにもネット上にあるうわべだけの企業情報しかゲットできず、運が悪いとブラック企業にあたってしまうリスクも高いのです。

転職サイトは求人情報に加えて、各業界・企業の内情を網羅しています。社内の雰囲気や働いている人の年齢層・人間関係、平均的な残業時間、有給休暇や育休・産休の取得実績など、入社前に知っておきたい情報も教えてもらえるので利用は必須だと言えるでしょう。

 

成功しやすい20代の転職方法

「退職してからすぐに転職先が見つかるか心配」「収入ゼロの期間が生まれたらどうしよう」といった不安から、転職をするか踏みとどまっている方に朗報です。地獄の就活を経験したことがある人なら、不安に思うのも無理はありません。しかし、今の仕事を辞めなくても転職活動は可能。転職活動は何かと時間がかかるものですが、20代で転職に成功した方のほとんどは退職前に転職先を決めています。

たとえば、通勤時間や仕事の休憩時間、終業後に転職情報サイトをチェック&エントリー。コンサルタントに面接日の調整を頼んで、1日に複数社と面接を行う。このように計画的に行動すれば、仕事を続けながら転職することができるのです。

転職サイトの使い方がわからず求人サイトだけを閲覧している人や、キャリアコンサルタントとのやりとりにハードルの高さを感じている人は少なくありません。でもそれは、20代の転職においてとてももったいないこと。

「転職エージェント」と呼ばれる転職支援サイトでは、求人探しや応募書類の添削、面接シミュレーションなど、あらゆる面で転職活動をサポートしてくれます。しかも、ほとんどの転職エージェントは無料で利用可能。自分では気付けなかった強みや仕事の適性、キャリアプランに関するカウンセリングなど、ためになるアドバイスももらえます。

いざ企業と面接を行うときに、今後のキャリアプランをしっかりと伝えられた人が転職に成功しています。前職を辞めた理由からこれからの自分に必要なスキル、チャレンジしたい仕事、将来的に目指している人物像……自分の人生プランを語るつもりで、明確に熱意をアピールしましょう。

「自分のキャリアプランが正しいのかわからない……」という方は、先ほど紹介した転職エージェントを活用すればOK。あなたのサポーターとなるキャリアコンサルタントはさまざまな業界・企業に精通しており、いわば「転職活動のプロフェッショナル」です。転職エージェントによっては、面接に同行して企業との間に立ち、条件交渉をしてくれるサービスもあります。

転職スキルを身に着けるならどうすればいいの?

転職スキルが必要といわれても、新卒で就職して間もないから「どうしたらいいか分からない」という方は転職エージェントを活用しましょう。
転職エージェントは、専任のコンサルタントがあなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。
一般的な転職活動は孤独との戦い!
1人で悩み落ち込み、求人を探す日々…こんな転職活動をしている内に希望も夢もなくなってしまい、「入社できたらいいや」とブラック企業に入社してしまうリスクも…。
転職エージェントによって提供されるサービスは多少異なりますが、一部ご紹介します。

◆転職エージェントでできること
〇キャリア相談、キャリアプランの提案
〇自己分析のサポート
〇履歴書、職務経歴書のアドバイスや添削
〇模擬面接など面接対策
〇転職セミナーの開催
〇資格取得支援
〇求人情報の紹介(非公開求人多数)
〇企業との交渉(面接~入社後まで)

転職活動のサポートを無料で受けることができ、自分自身を見つめなおすきっかけを作ってくれる転職エージェント、転職スキルがゼロの20代の求職者に対して転職スキルを提供し、身に着けることをサポートしてくれるのはありがたいですね。
転職活動のいろはをイチから教えて、一緒に活動してくれるので心強い存在となるでしょう。

20代で身につけておくと役立つスキル

20代のメリットである若さをアピールできるポテンシャルは必須。
人材不足である今、企業は若い人材を採用し自社で育てたいと強く思っていますので、少々不器用でも若さとポテンシャルをアピールすることが大事です。

転職活動の一歩は企業への応募書類。履歴書や職務経歴書といったいわゆるあなたの顔を魅力的に記入し、企業に「ぜひ一緒に働きたい」と思わせるものが必要です。
特に志望動機や自己PRはあなたの想いが伝わるよう工夫しましょう。

社会人としてのビジネスマナーはもちろん、挨拶や言葉遣い、礼儀といった基本的マナーも最低限身についていないといけません。電話対応、名刺交換の方法などもスムーズに行えるように再確認しましょう。
マナー研修への参加や書籍などでの学習がおすすめです。

面接時はもちろん、採用が決まり顧客と取引する際はもちろん、社内のスタッフと人間関係を構築する際にもコミュニケーション能力が必要です。相手を思いやる気持ちや寄り添う気持ちがあるかどうか、相手を不快にさせない話し方かといったスキルが求められます。
「ぜひ一緒に働きたい!」と思わせることが大切です。

営業や経理、IT企業と様々な業種がありますが、どの業種でも必要とされるのは情報収集能力と提案力です。サービスを提供するためには、自社や自社商品の研究、顧客ニーズ、関連企業の情報収集能力といったスキルが必要です。
また、情報収集のレポートと顧客ニーズをマッチングさせる提案力は企業にとって重宝される人材と認められるでしょう。

グローバル社会が進み、公用語が英語である企業、海外との取引先があり英語を使う機会が増えている今、語学力のアピールは再就職に有利となるでしょう。
また、TOEICが高得点の人材はポテンシャルが高く、キャリアアップの意識が強いという印象を持ちます。

金融業界や不動産業を目指す方はファイナンシャルプランナー(FP)の資格を所持していることで即戦力として採用率がグンと上がるでしょう。

IT力のアピールができるITパスポート、企業のマーケティングや経営戦略も学ぶことができますので、IT業界だけでなく営業系や事務系といった様々な業種・職種で役立ちます。

20代男性に人気な転職先職種

地方公務員・国家公務員を問わず、20代で公務員を目指す男性は少なくありません。一般企業からの転職も多数。やはり雇用や給料の安定性や福利厚生、年金・退職金など老後の金銭面で公務員を魅力に感じるようです。職種によっては29歳までしか受けられない公務員試験もあるので、目指すからには一日でも早く動き出すことが大切です。

小さいころからゲームが好きな男性の憧れということで、人気職種ランキングでも常に上位にあるゲームクリエイター。ゲームの企画や内容を考える人から実際に制作する人まで様々な仕事があるため、自分のやりたいことによって磨くべきスキルが異なります。

数あるエンジニア職の中でもIT・WEB関連の仕事は人気があります。若いうちは初心者・未経験でも大歓迎という企業も多く、まったく異なる業種からエンジニアやプログラマーとしてデビューするケースもあります。経験とスキル次第でキャリアアップが可能な点も専門職の強みだといえます。

「どんな仕事をしているの?」と質問された時に「商社に勤めてるよ」と答えられたらかっこいいですよね。大手企業で働く商社マンの年収は一般的なサラリーマンの平均年収よりもかなり高く、給料が不満で転職を決めた方は狙い目です。

 

20代女性に人気な転職先職種

パソコンの基本的な操作ができれば未経験でもチャレンジしやすく、体力的にも長く続けられるのがオフィスワークです。残業が少なく定時で上がりやすいなど、ライフワークバランスを取りやすい点も魅力。ただし、一般事務は正社員求人が少ないというデメリットがあるので注意が必要です。

アパレルショップの店員をはじめ、華やかなイメージのアパレル・ファッション業界の仕事は多くの女性の憧れです。アパレルの人気職種は、販売員・広報・プレス・デザイナー・営業・バイヤーなどさまざま。ほとんどの職種がアパレル販売員の経験なしには勤まらないので、理想のポジションがある方は早めにスタートをきることをオススメします。

人員不足の業界なので未経験OKの求人が多く、給料も安定している職種です。やりがいも大きく、「人の役に立ちたい」と考えている方にとっては天職です。いったことではないでしょうか。超高齢化社会に向かっていく中で、今後もますます需要が高まることでしょう。

ネイリストやエステティシャンといった美容系職種は、「手に職を付けられる」「美容に関する知識が増える」などメリットが満載です。スキルと経験があれば、結婚・出産後の復帰もしやすく、将来的に独立することも可能。応募する時点で特別なスキルが必要に感じますが、未経験者を歓迎している職場が多数あります。入社後に研修を受けて、堂々とデビューを果たせます。

まとめ

20代ならではの悩みや不安を抱えながら、転職を考えている方はすぐにでも行動に移すべきです。30代以降は求められるスキルや経験が異なり、新しいことにチャレンジする機会も減っていきます。転職市場は吸収力バツグンの20代を歓迎しているので、新卒時には諦めた大手企業も狙えるかもしれません。

転職に成功する秘訣は、「今の職場で働きながら転職サイトを活用すること」。転職エージェントでは、転職活動のプロが徹底的にあなたをサポートしてくれます。仕事に追われていると「今は転職なんて無理だ」と感じてしまいがちですが、退職しなくても転職活動をすることは可能なのです。

 

20代の転職エージェント活用法はこちら

 

20代向けの転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。第二新卒等の若年層のサポートに注力しており、20代の転職におすすめの転職エージェント。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえに首都圏の求人に強く求人数も豊富です。特に25歳~35歳前後の求人に力を入れてます。
DYM

就職成功率 驚異の96%!!これまで5,000人を正社員として就職させており、優良企業求人数は2,000社となっています。書類選考なしで最短1週間でスピード入社も可能!エージェントが二人三脚で就職しっかりサポート!!
ジェイック(JAIC)
20代特化 就職成功率80.3%
20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援。未経験者に理解のあるホワイト企業に厳選し、様々な業界の20社(すべて正社員雇用)を紹介してくれます。事前に社風や職場環境を教えてくれて、入社後もフォローがあるので心強い。就職後の定着率も94.3%
リクルートエージェント
転職成功実績No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの非公開求人数。全国対応しており業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート。第二新卒等の若年層可の求人もかなり多く、20代の転職でも外せない転職エージェント。
ハタラクティブ
20代向けの転職支援
就職に悩んでいる20代の既卒・フリーターなら、ハタラクティブ。20代なら社会人経験がなくてもOK! 登録後に、担当者から必ず連絡があります。面談場所は渋谷になります。
JAC Recruitment
年収700万~も多数!管理系・外資系に強い
管理部門、専門職、外資系の転職ならJAC!年収700万円以上など高年収求人が多く、ハイキャリアを目指す20代にもオススメ!海外転職もバックアップ可能です。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。

 

20代転職 関連コラム

 

20代転職 鉄板ガイド

20代転職 鉄板ガイド

フリーターから正社員になる3つの方法
派遣社員から正社員になる3つの方法
第二新卒から正社員になる3つの方法
既卒の就活で正社員になるには?

20代転職エージェント

このページの先頭へ