> > 20代の転職の悩み。難しく感じる理由は自分にあった!?

20代の転職の悩み。難しく感じる理由は自分にあった!?

3661 views

『新卒で入社できたけど、イメージと何か違った…。』
『残業が多い』『人間関係が合わなくて辞めたい』
『この会社・仕事で本当に大丈夫なのかな?』

など、転職を考える20代は結構います。

思い切って仕事を辞める人も多い20代ですが、若い20代というブランド・やる気だけで転職は可能なのでしょうか?

余程の理由があったにしても、3年未満や1年未満の短期離職・20代で転職回数が既に多い人は転職できるのか?

20代で転職を考えている人には、数々の疑問と不安が絶えないと思います。ここでは20代が抱く悩みから転職事情を解説していきます!

20代が転職を考えるきっかけ。転職は慎重に考えるべき!

20代はまだまだ若いため色々なことが新鮮に見え、転職するきっかけも様々です。

下記は、厚生労働省が平成28年に行った「転職理由別の統計」の上位をまとめたものです。

20代の転職理由

給料等収入が少なかった

労働時間、休日等の労働条件が悪かった

職場の人間関係が好ましくなかった

仕事の内容に興味を持てなかった

引用元:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf)

毎日残業・サビ残・休日出勤・場の雰囲気も悪くて、朝仕事に行かなければと思うと死にたくなる…なんていう状況なら、ぜひ転職を決意してほしいです。

ですが、そこまでの職場ではなく、転職の理由が自分にあるのなら、一度慎重に考えてみてください。

上位の転職理由を基に下記で解説していきます。

もっと給料が高い職場に転職したい!

転職をすることで収入アップを狙うのは、会社によって社風・仕事の方法が異なるため、経験を活かした転職でもスキル・実績がないとかなり難しいです。

「新入社員よりはビジネスマナーや基礎はあるだろうけど、うちのやり方は知らないし教育はしなければならない」というのが人事の認識です。

よほど突出した即戦力としてのスキルがあるなら別ですが、20代でそれだけのスキルを持っている人は稀です。

まだ経験が少なく、教育する必要がある20代に最初から高額の給料を払っていては割に合わず、簡単に収入アップ転職が実現すると考えるのはリスキーです。

ただし、自分の力でスキル・実績を積んでいるのに会社が全く評価してくれないという場合は、転職しても良い方向に転ぶ可能性もあります。

Point年収アップを目指すなら、スキル・実績を積んでからがベスト

職場の人間関係が最悪。転職したい!

仕事とはいえ、やはり一日中顔を合わせなければいけない相手と険悪になっては、ストレスが溜まるのは当然。場合によっては仕事に支障が出るなんてこともありえます。

けれど、転職したところでそこでもまた人間関係を構築しなければいけません。

転職先に自分と合わない人間がいないという保証はなく、働いてみないと分かりません。

「次も合わない人がいたら、転職するの?」という話になってしまい人間関係が理由の転職はかなり難しいことが本音です。

この場合、まずは部署異動や席移動などを上司に相談してみるのも一つの手です。転職を考えるのはそれからでも遅くはありません。

ただし、こんな職場にいると精神が病んでしまう!と頭をよぎったら、早急に退職することをおすすめします。

Point退職を伝える前に、異動希望を出すなどまずは上司に相談を!

仕事が楽しくない。もっと楽しい仕事がしたい

この理由も人間関係と一緒で、部署異動などを検討してみてはいかがでしょうか?

今の仕事が楽しくないのだとすれば、転職先に選ぶ仕事は未経験の仕事になるでしょう。

未経験の職種に20代で飛び込むことは選択肢としてはアリですが、かなりの覚悟が要ります。下手をすれば転職活動が長期化します。

今の会社で対処できるのであれば、場合によっては給料据え置きで異動も可能かもしれません。

仕事で結果を出すことができたら、仕事が楽しいと言う思いも自然と出てきます。最大限努力し、やることは最低限やってから転職を考えてみましょう。

Point部署異動の検討や、今の職場で結果を出す努力も!

男女別に見る20代の転職率

実際に20代で転職している人の割合がどれくらいなのかを、下記のグラフから見てみましょう。

年齢階級別転職入職率
(引用元:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf)

正社員の転職についてなので、女性のパートは省きます。

厚生労働省の表では20~24歳の男性は14.9%女性は12.1%25~29歳の男性は13.6%女性は14.7%になっています。

全体の割合から見ると20代の転職率は比較的高めで、歳を重ねるごとにどんどん転職率は下がるのは表を見れば一目瞭然。

もし転職を決断するなら20代の今のうちと言えるかもしれませんね。

20代前半と後半では企業が求めるものが変わる

20代の転職と一括りに言っても、前半と後半で企業が求めているものは異なります。

20代前半20代後半
売り若さ
第二新卒に該当
職場に馴染むのが早い
即戦力として期待
採用したい人材仕事への熱意や将来性
人柄&ポテンシャルが重視
ポテンシャルに加えて専門性のあるスキル

数年前の転職活動では、20代後半になると市場価値が下がる傾向にありましたが、売り手市場の現在は若手の20代を採用したい企業は多いです。

また、年齢を重ねるごとにハードルが高くなる未経験の仕事へのキャリアチェンジですが、20代にはまだまだチャンスがあります。

希望する業界に詳しい人や第三者から客観的な意見を貰い、自分に合う仕事を探していくのも大切です。無駄に職歴だけ増やすことのないように、転職先を選んでいきましょう。

20代の転職回数はどのくらい?

人によっては、すでに転職回数が多くなってしまい不安を抱えている方もいるのではないでしょうか?

20代転職回数

(年代別転職回数:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5883/)

20代の転職回数は、1回が76%、2回が16%、3回が2%、4~5回が1%と、やはり回数が増えるごとに割合はどんどん減っていきます。

20代のうちではまだ転職に対してハードルが高いという意識がある様子が伺えます。

2回目?3回目?何回転職していると企業は気にする?

20代で転職を繰り返してしまい、転職回数が既に多いという方は「何回目から不利になるんだろう…」「転職回数が多くても大丈夫かな?」と不安を抱いている方が多いはず。

それでは、リクナビネクストが企業人事に取った「転職は何回から気になる?」のアンケート結果を見ていきましょう。

転職回数は何回目から気になる
(転職歴、何回目から気になる?:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5883/)

企業人事は1~2回の転職はほとんど気にならないと回答していますが、3回目になると一気になぜ転職回数が多いのか?ということが気になることが一目でわかります。

ただ、転職回数が多くても「明確な理由がある」「在籍期間が年単位である」「スキルがあれば気にしない」など人事担当者によって異なります。

つまり転職回数が多い=悪い印象を抱いている人事ばかりではないということがわかります。

20代で短期離職があると転職は難しい?

一般的に『入社した会社には最低でも3年は働くべき。』といった風潮があります。そのため、3年働かずに辞めてしまったら、次の転職に絶対響く!というのが本音です。

面接では「なぜこんなに早く辞めてしまったの?」といった質問が来ることは予想して準備しておかなければなりません。

人事・役員が短期離職に抱くイメージは…

「堪え性がない」
「何かあればすぐ辞める」
「うちの会社でも長続きしないのでは」

という理由で警戒される可能性はあります。

ただ、短期離職が必ずしも転職に影響が出るとは限らず、しっかりと意味のある返答ができればマイナスになることはありません。

そこで動揺して答えられなかったり、おどおどとした浮ついた返事をしてしまうのはNG!

「一度働いてはみたけれど、やっぱりどうしてもこの企業で働きたい!」「この業界への憧れが諦められなかった!」といった強い熱意などを訴えると高感度UPに繋がります。

20代で”資格なし” “スキルなし”でも転職はできる?

中途採用であれば、やはり何かしら突出したスキルがあれば武器にはなりますが、実はどこの業界・企業でも通用するスキルを持っている人はそんなに多くはありません。

資格についても、業界・職種に通用する資格・専門職で特定の国家資格などを持っていなければ、あまり武器として効果を発揮しません。

新卒の時には、Office系ソフトやTOEICなどの資格が有効!といった情報があったかと思いますが、中途採用となるとそれらの資格はただの飾りみたいなもの…。

中途採用で大事なのは、どんな経験をしたか、それで何を学んだか、その経験をどのように生かしていきたいか、または実際にどの様に活かしたかの実績などが評価されます。

自分にはスキルがないと嘆くのではなくて、今持っているものでどう自分を表現するかが成功への鍵になります。

20代女性の転職・再就職の成功の秘訣は?

20代女性は仕事もプライベートも充実させたい!そんな風に思っている時期。20代女性が仕事探しで重視させる点として、以下の点があげられます。

  • 長く働きたい
  • 結婚、出産後も仕事を続けたい
  • 女性が働きやす雰囲気の職場

もちろん、この条件に当てはまる職場を探すことも大切です。ですが、その前の段階として、自分自身がその職場で長く必要とされる人材にならなければいけません。

この会社に入ることで利益になると思わせられるような、実績を積んでいきましょう。

そんな転職を実現させるためには、様々な就職支援サービスを利用して、信頼度の高い有益な会社の情報を得て転職活動することが大切です。

女性が利用すべき転職エージェント
様々な悩みが多くハードルが高い女性の転職は転職サイトではなく、転職エージェントの利用が必須。目的・学歴などでおすすめの転職エージェントを紹介。

20代の未経験の転職でおすすめの職種ランキング

20代はまだまだ異業種、異職種へのキャリアチェンジが可能な年齢です。下記の未経験歓迎職種を選ぶことで、内定率が格段にアップしますよ。

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
  2. 販売・フード・アミューズメント 93.6%
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他 90.3%
  4. 保育・教育・通訳 90.1%
  5. 医療・福祉 84.9%
  6. 管理・事務 83.3%
  7. 公共サービス 83.1%
  8. 企画・経営 81.4%
  9. 医薬・食品・化学・素材  80.1%
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%

※2017年11月マイナビ転職調べ

20代の利用者が多いマイナビ転職の調査によると、1位、2位は接客業が多いことがわかります。

3位は工場や配送ドライバー。ドライバーの経験者はもともと少ないので、未経験歓迎となっています。

人気の事務職も実は職種未経験者歓迎の上位に入っているのは驚きです。20代はまだまだ、ポテンシャルを見込んで色々な職種にチャレンジできます。

【要注意!】20代の転職は人のせいにすると失敗する理由!

20代で転職を決意したものの、転職活動に苦戦した人・失敗した人の理由を知ることで、自分を見直すことができます。実際、どんな理由があるのか見てみましょう。

辞めた理由を会社のせいにしている

「社内の人間関係が最悪だった」「仕事にやりがいを感じなかった」「給料が安かった」が退職のきっかけだった場合、それはそれで別に構わないのですが、納得できずに辞めたのはあなた自身です。

20代が転職に失敗する理由

面接で「前職を辞めた理由を教えてください」と聞かれるのは、テンプレとも言える質問です。

その際に真っ正直に答えてしまうのはNG。人事担当者はネガティブな返答を嫌います。

「やりがいのある仕事でスキルアップがしたいと思った」といったポジティブな返答に変えましょう。

会社に不満を感じる気持ちを引きずっていると、結局また次の会社でも良くない点ばかりに目がいって嫌気が差して辞めるということにもなりかねないので、人のせいにするといった意識から変えていきましょう

新卒の就活と同じように考えている

新卒の就活は、企業側がまずシステマチックに学生を迎える準備が整っています。

そして学生は従来どおりの就活を行えばよかったのですが、中途採用はそうはいきません。とにかく大事なのは自主性です。

また、新卒では学歴や専攻、成績などで多少色がつくとはいえ、横並びで『新卒』という立場のライバルたちと競っていました。

しかし中途となると周りの能力は横並びではありません。あなたよりも経験やスキルに優れたライバルはいくらでもいます。

そんな中で自分をどうアピールしていくか、工夫をしていく必要があります。

前職を辞めてから転職活動を始める

一度「この会社辞めたい…」と思ってしまうと、もう会社の全てに嫌気がさして、さっさと辞めたいという感情でいっぱいになり転職先を決めずに辞めてしまう人がいます。

離職して転職活動ですが、精神が病んでしまう事態を除いて、離職してから再就職活動する事は避けましょう。その理由を解説していきます。

  • 辞めたことで収入のあてがなくなる
  • 離職期間が長くなり印象が悪くなる
  • 貯金額が減っていく
  • 次を決める焦りから判断力が失われ、ブラック企業にはまる

離職期間が長くなればなるほど、就職・転職できる確率が下がっていきます。

辞めたいと思っている会社に居続けるのは大変ですが、そこはぐっと堪えて、ひとまず生活の安定を維持しつつ再就職先を決めるべきです。

キャリアプランをイメージできていない

キャリアプランとは、将来的にどうありたいかを計画することです。将来的にどんな仕事がしたいか、将来の夢のイメージが固まっていない状態では、転職活動も浮ついてしまいます。

キャリアプランさえしっかりイメージできていれば、まずはどんな業界のどんな会社に転職をして、そこでスキルを磨いて昇進、またはキャリアップ。

どんな道筋をたどれば夢を叶えられるかもイメージしやすく、転職活動も行いやすくなります。

何をやりたいか、自分がどうなりたいかがはっきり分かっていなければ、求人情報を見ていてもしっくりこないと思います。

そうして結局また「思ってたのと違った」と転職を繰り返す結果になりかねません。転職を考えるのであれば、まずはキャリアプランをしっかりとイメージしておきましょう。

転職に悩んだら、第三者に相談することがベスト!

20代の転職は、様々な不安や悩みがつきものです。

「そもそも転職すべきなのか…」「転職活動の進め方がわからない」「選考が失敗続きでうまくいかない」と悩んでいると誰かに相談したいですよね。

そんな方のために、気軽に相談できる無料の転職サービスを紹介します。

ハローワーク

行ったその日にマンツーマンで転職の相談ができます。

ハローワークそれに加えて、書類指導・面接練習を行ってくれるだけでなく、地域によってはセミナーを紹介してくれるため、転職活動のやり方を知るきっかけとして利用してみる価値はあります。

Point

  • 各都道府県に複数設置されており、気軽に相談が可能!
  • 地元企業の求人が豊富
  • 相談の予約が取りやすい
  • 相談から書類作成・面接練習までをサポート!
  • パソコンで気軽に求人検索が可能

一時期、悪評が多かったですが現在は改善されてきており、熱心に相談・サポートをしてくれる担当者もいます。
マンツーマンで指導はしてもらえるものの、担当が変わる場合もあるので注意が必要です。

気軽に相談したい方は、最寄りのハローワークを検索していってみましょう。

転職エージェント

転職エージェント広告やTVCMで宣伝を強化し、今では「転職するなら転職エージェント」となってきており、周り友人などにも利用経験がある人もいるのではないでしょうか?

転職エージェントは相談・書類作成・面接対策を行ってくれるだけでなく、入社後のアフターフォローも手厚い点が特徴です。

Point

  • 相談…無料かつ時間をかけて悩み・職歴にヒアリングをしてくれます。
  • 求人紹介…スキル・人柄・希望に沿った求人を紹介してくれます
  • 書類作成…作成方法をイチから丁寧に教えてくれます
  • 面接…過去・直近の質問内容から面接対策をしてくれます
  • 入社後…アフターフォローが手厚い

転職エージェントの良い所はアドバイザーが変わらないため、求職者のことを一貫して担当してくれます。

初回の相談時間も多く取ってくれるだけでなく、将来の方向性ややりたいことも一緒に探してくれるため、プロに相談しながらキャリアプランを立てることができます。

アドバイザーが複数の求職者を担当するため、アドバイザーによっては手厚いサポートをしてくれない場合もありますが、その場合は担当者を変更する事も可能です。

【20代に強い】ジャンル・目的別で探す転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!

【まとめ】20代の転職はあなたの選択次第で成功する!

20代の転職は経歴問わず十分可能です。ただし、それは当たり前の話ではありますがあなた次第。成功のカギは転職方法にあります。

20代の転職は自分次第自分でネガティブに考えているようでは無理でしょうし、ポジティブに自主的に動けば動いただけ成功に近づきます。

もしやり方が分からないのであれば、転職エージェントなどの転職業界のプロに頼ってみるのも戦略です。

転職エージェントでは、応募書類添削や面接対策などのサポートが充実しています。しかもそれが無料なら、ダメ元でも損にはなりません。

どうしても転職先を決めたい!と決意したら、あとはポジティブに頑張りましょう。

20代におすすめの転職サービス一覧

サイト名サービス詳細
マイナビエージェント
マイナビエージェント
求人9,000件以上の業界最大手転職エージェント
応募書類のアドバイスや面接対策の評判が良く、メールでキャリア相談でき若者におすすめ。全国の求人に対応し、非公開求人も多いことが特徴で、企業説明会や転職フェアなどに参加して企業との距離を縮めるチャンス!
ジェイック
JAIC(ジェイック)
フリーター・ニート・高卒・大学中退者に特化
社会的に不利とされている方の就職・転職に特化した支援サービス。無料の就職カレッジでは、ビジネスマナー・面接対策を学ぶことが出来ます。書類選考なしで20社と一度に面接できるため、スピーディに就職・転職することが可能です。
doda
doda
20代の転職をサポートする総合転職エージェント
20代に人気が高く、履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接対策など寄り添った就職支援が充実。プレミアム非公開求人が多く、転職のプロが応募から内定までサポート。面接確約のスカウトサービスで新しい可能性を発見!
type転職エージェント
type転職エージェント
転職者の71%が年収アップの老舗転職エージェント
IT系、営業系に特化し、マンツーマンでサポート。コンサルタントとの充実した企業研究と面接対策で面接通過率をアップ。密なサポートで企業との条件交渉をしてくれますので年収アップを目指す20代におすすめ。
ワークポート
ワークポート
ITベンチャーに強い転職エージェント
IT業界とゲーム業界に特化し、転職者のキャリアプランと条件に合う求人案件の紹介が多く、気軽に登録してスピーディーに転職活動を進めたい方にぴったり。転職ノウハウセミナーで20代転職未経験者をサポート。

20代におすすめ関連記事

20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
【タイプ別】20代向け転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
派遣から正社員になる時に気を付けたいこと
派遣から正社員になる時の注意点や、就職活動など詳しく解説します。派遣から正社員へ転職して、有意義な時間を過ごしましょう!

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
186,593views
40代で未経験の職種に転職できる?
2
40代で未経験の職種に転職できる?
75,568views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
58,686views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
4
50歳から始める仕事の探し方・選び方
38,640views
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
5
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
38,025views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
6
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
37,388views
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
7
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
30,482views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
30,084views
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
9
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
28,395views
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
10
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
26,960views
ページのトップへ