> > 20代の再就職・転職で大切なことを徹底解説!

20代の再就職・転職で大切なことを徹底解説!

428 views

仕事を辞めたいと思う20代必見!「20代だから転職を考えるにはまだ若いから無理かな…」と考える方が多いですが、実は20代の転職はチャンスが多くベストタイミング!
初めての転職の場合や未経験の業界や職種への転職の場合、悩みや不安が尽きませんが、20代が転職活動で考えるべきこと、転職の実態をご紹介します。

20代男性の転職

男性は「スキルアップ・キャリアアップできる」「年収アップ」といったことを重要視し、大きくいうと自分自身への評価を高め、チャレンジしたいと考えています。
しかし、転職で最も重要視することは労働時間・休日数(74.2%)と、無理をせずにスキル・キャリアアップしたいと考えている方が多いことが分かります。

男性が考える最も多いキャリアプランの目標は「スキルやキャリアの向上」、次いで「出世して年収アップ」となっています。
今の会社では専門性の向上が期待できない、年収に不満があるといったときに転職を考える方が多くいらっしゃいます。
今のポジションよりも上に上がって出世したいと考えている20代男性は約6割と半数以上となり、日々向上心やキャリアアップを望んでいます。
イマドキの若者はワークライフバランスを重視するイメージが強いですが、どの年代よりも出世欲が高いのが20代。企業のためというよりは自分のキャリアプランを達成させるために出世したいと考える方が多いようです。
「イマドキの若い子は…」と言われがちですが、しっかりと考えをもって仕事に取り組んでいることが分かりますね。

20代女性の転職

女性の転職で重要視する部分は「仕事へのやりがい」「人間関係」ですが、職場環境良く、風通しの良い人間関係の職場で働きたい、そして仕事にもやりがいを持ちイキイキと働きたいと思っている方がたくさんいらっしゃいます。

女性のキャリアプランの目標第1位も「スキルやキャリアの向上」ですが、その次は出世や年収のアップではなく「仕事の幅の拡大」です。
転職することでキャリアアップをして仕事の領域を広げたいと思っている方が多くいらっしゃいます。
女性は男性と異なり、結婚・妊娠・出産…とライフイベントが多くそれに伴い退職される方も少なくありません。
例えば、結婚後居住地が変わるため退職をした場合、新しい居住地での転職となりますが、将来的な妊娠や出産を予測して産休・育休制度が充実している、子育て支援が充実しているといった企業への転職を検討するでしょう。
また妊娠をして一旦退職したけれど再就職を希望するといった方もおられ、子どもが大きくなるまではパートや派遣社員として働き、落ち着いたら正社員を目指そうと希望されている方も多くいらっしゃいます。

男女ともに無理なく良い環境で働きたいといったことが重視されるほか、ブラック企業を避けたいという想いが強いようです。働き方や休み、福利厚生などを重要視し、ワークライフバランスの良い職場への転職を目指しています。
売り手市場ということも納得ですね。
また、会社でも「最近の若い子は飲み会も断る」というくらいプライベートを大事にしたいと思っている方が多くみられます。仕事も頑張りたいけれど、同じくらいプレイベートも大事にして過ごしたいという特徴があります。

20代の転職理由は?

新卒で就職し、入社間もないのに転職を考えるという方も少なくありませんが、転職を考えるキッカケはどのようなものがあるのでしょうか。

やりたい仕事が変わった

学生時代目指していた会社へ入社できたけれど「思っていた会社(仕事)と違っていた」「自分のやりたいことができた」と、仕事内容そのものがきっかけとなるケースです。仕事をして社会経験を積むことで視野が広がり、スキルアップを目指したり将来のキャリアプランが変わったりと、ポジティブな転職であるケースが多いです。

ワークライフバランス

「残業が多い」「残業代が出ない」「仕事が激務過ぎる」「心身ともに疲労困憊」といった理由でワークライフバランスが実現できていないというケース。最近の若い方は特にプライベートを重視したい傾向にありますので、昔のように会社のために身を粉にしてアクセク働くといった働き方は希望していません。
転職活動を成功させ、次こそはホワイト企業で仕事をしたいと強く思っているでしょう。

人間関係

「人間関係に疲れたから仕事を辞めたい」という声をよく聞きますが、学生時代と異なり上司や先輩、同僚、取引先との人間関係が良好でないとストレスの原因となり仕事もスムーズに進みません。
特にブラック企業に入社してしまった場合はパワハラのような理不尽なことも多く、周囲への気遣いに心身ともに疲労してしまうなど、人間関係は仕事を続ける上で大切なことです。
転職理由では、給与や企業の職場環境や仕事内容などに次いで5位と上位にランクインされます。

20代で転職するメリット、デメリット

「石の上にも三年」とよく言いますが、20代で転職すると言うと必ず周りに「3年は我慢したほうがいい」「まだ若いんだからもうちょっと頑張ってみたら」と言われることが少なくありません。20代で転職するのは諦めて我慢した方がよいのかどうか、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

若さを武器にできる

20代という若さを武器に、ポテンシャル採用を狙って転職活動しましょう。企業側は20代の若者に高いスキルやキャリアを求めて採用するわけではありません。
人柄や将来性、入社したいという意欲なのです。今後、一緒に働いて会社に貢献してくれる人材を求めている企業がほとんどですので、うまくアピールできるようにしましょう。
ただし、ポテンシャルを重視といっても基本的なビジネスマナーはできるように準備しておくことは大切です。
また、学校を卒業して3年以内の場合、第二新卒枠での求人に応募できますので、中途採用の求人だけでなく選択肢の幅が広がることが期待できますね。

未経験の業界へもチャレンジできる

「学校を卒業してせっかく入社できたにも関わらず仕事が合わなかった」「やりたい仕事ではなかった」「やりたい仕事が見つかった」という方にはメリット。未経験の業界や職種への転職は断然若い方の方が有利でしょう。
未経験者Okという求人案件では企業内で人材育成を大事にしていて社員教育や研修が充実しています。
会社で人材を育てて活躍してもらおうと考えていますので、もしやりたい仕事や転職したい会社が見つかれば、若い内にチャレンジすることをおすすめします。

デメリット

年収アップは厳しい

若さが武器になると前述しましたが、若さがデメリットになることも…それは社会人経験が浅いということ。スキルやキャリアが浅いため、年収の高い企業への転職は難しい可能性が高いでしょう。
ただし、入社すぐは年収が上がらないかもしれませんが、働き続けることでキャリアアップや昇給とステップアップできる可能性もありますので、しっかりと企業研究をして転職を決断してください。

20代の転職で求められる事は?

20代の転職を成功させるには人事が重要視する点を見極め、アピールすることが大切です。転職活動では企業研究を念入りに行い、企業が求めるニーズを洗い出しましょう。

意欲

社会人経験の浅い20代で重要視する点は「入社したい!」という意欲。スキルやキャリアが不足しているのは当たり前ですので、意欲・積極性といった精神面が期待されます。とはいえ、応募書類や面接で「頑張ります!」というだけでは相手には伝わりませんので、具体的な例があれば挙げて入社後に活躍できるポイントなどを添えてアピールすることが大切です。

素直さ

20代で社会人経験の浅い人を採用しようという企業は、入社後に社員教育や研修を行い育てていこうと思っている企業なので、指導しやすい素直な人を採用したいと考えています。人の話や指示を素直に聞き、復習や予習を行い真面目に取り組むことができるかどうか…がチェックされています。
いくら高学歴でポテンシャルが高い人材であっても、プライドが高く反抗的といった人は採用されません。

基本的なビジネスマナー

20代の転職者が新卒と異なる点は、社会人経験があるかどうか。いくら社会人経験が浅くても一度は社会に出て働いたという経験が強みです。企業としても人材育成はすることは前提ですが、基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルは身についているものとしてみなします。
新卒ではゼロから教育しなければいけないところ、20代転職者ではそれをスキップして仕事に関する研修から始めることができます。

転職回数は何回までOK?

「転職回数が多いから転職できないんじゃないか…」と悩んでいる方も多くいらっしゃいますが、確かに転職回数が多いと採用に不利な場合が多いことが事実。
転職回数を増やしてはいけないと思いブラック企業で心身ともに疲れ果て耐えている方も少なくありませんが、20代という若い間に転職をして様々な職種や業界を経験することにも様々な業界を知りスキルを身に着けることができる、自分に合った業界や職種を見つけることができるといったメリットがあります。

具体的に転職回数が何回までならOKか?というと、2回~3回が目安。
20代の転職回数は0回という方が最も多く、2回以上は少数派。

転職回数が多くなればなるほど転職の成功率も下がってくるとされていますので、希望の企業へ有利に転職したいという方はできるだけ少ない回数に抑えて転職することをおすすめします。
採用側としても転職回数が多い求職者は「入社してもすぐに辞めてしまうんじゃないか」と懸念し、採用を見送るケースもありますが、転職回数が多くてもデメリットがない業界もあります。
IT業界やWEB業界では、スキルアップやキャリアアップのために転職をする方が多いため、転職回数の多さが不利にならないケースもあり、様々な現場を経験したということが仕事に役立つのであればメリットとなるでしょう。

Uターン転職のメリット・デメリット

Uターン就職とは、地方出身の方が都心部で進学し、就職のために地方に戻ることをいいますが、Uターン転職は、地方出身の方が都心部で進学し、そのまま都心部で就職した後に地方へ戻って転職することをいいます。
Uターン転職のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

地方で生活するメリットとして都心部に比べて物価や家賃の安さ、自然豊かで空気がきれい、人間関係が良好といったことが挙げられます。
もともと生活していた地域ですので、気心しれた友人や近隣住民など社会交流も豊かでしょう。

働く上でのメリットとしては、都心部に比べて自治体が若者の就職やUターン転職の斡旋をしていたり、住居費の助成があったりと、Uターンする方へのサポートが充実しているといったことが挙げられます。
ただし、企業での仕事内容に関しては都心部と地方とで特に差異はないでしょう。

デメリット

都心部に比べて地方は交通手段が発達してないため移動が不便なので自動車免許と自動車が必須。
自動車を持っていないとコンビニへ行くことも困難な場合があるでしょう。
また、気心しれた社会交流がメリットのひとつですが、逆に言うと近所付き合いや自治会などが面倒くさいということが挙げられます。地域のイベントや祭り、清掃活動など若者が率先して参加しなければいけません。

仕事に関してのデメリットは求人案件が少ないことと、無事転職できたとしても給与が安いということ。
また、交通網が不便なため、自動車免許と自動車を持っていないと通勤すら困難というデメリットがあります。
地方から取引先の県外へ行くこともあるため、時間もかかり大変という声をよくききます。
田舎の暮らしは自然豊かで人間関係も温かく憧れ!という方も多いですが、思っている以上に大変なことも多いでしょう。

20代前半の転職難易度レベルと戦略

20代前半の転職者の転職難易度レベル:70%

1回目の転職であれば新卒入社の就職難易度と変わりないくらいですが、2回目以降の転職の場合、転職が不利になる業界と不利にならない業界がありますので、業界によりますが新卒入社と比べ約半数以下に低下してしまいます。
専門性の高い業界や有資格者、高いスキルを必要とする職種の場合はスキルやキャリアが重視され、転職回数はさほど気にされませんが、転職回数の多さを正当に説明できることが必要となります。
企業としては自社で長く活躍してもらいたいと考えています。転職回数が多いと、せっかく採用してもすぐに辞められるのではないかという懸念材料を持ってしまいますので、しっかりと説明し納得してもらえれば問題ないでしょう。

戦略としては20代前半のポテンシャルの強さをアピールして採用担当者の心をぐっと掴むこと、企業研究をしっかりと行い、自身のキャリアプランを確立し希望する企業へ入社したいという意欲を伝えることです。

20代前半男性に人気の職種

ITエンジニア

インターネット化が進む現代において、ITエンジニアは引く手あまた。ITエンジニア未経験の方の求人も多く、入社後の研修で人材育成を行う企業が多いため、20代前半の方におすすめ。働きながらスキルを身に着けたいという方にもメリットです。

営業職

社会人経験の浅い20代前半の方はスキルもキャリアもありません。しかし、コミュニケーションスキルを強みとして働くことができる営業職はぴったり。未経験であっても意欲や積極性といったポテンシャルが重要視され、人と交流することが好きという方におすすめの職種です。

20代前半女性に人気の職種

事務職

企業の縁の下の力持ちの事務職は女性に大人気の職種。受付事務や電話・来客対応、データ入力など業務は多岐に渡ります。他社や取引先との交流も多く、コミュニケーションスキルやビジネスマナーに自信がある方にぴったりです。無資格、未経験でも歓迎という求人案件が多いことも特徴ですが、簿記や秘書検定があれば優遇されるでしょう。

営業職

男性にもおすすめの職種ですが、営業職としての経験を重ねることで他の職種でも活かすことができるビジネススキルやコミュニケーションスキルを向上させることができます。
有効求人倍率も約1.3倍と就職しやすい点もメリットですね。

20代前半の高卒女性の転職必勝法

最近では「就職が売り手市場」とされていますが、高卒者の求人案件も以前に比べ増加傾向となり、求人数、求人倍率も上昇しています。
学歴不問としている求人案件も約6割を超え、企業が人材不足に悩み学歴やスキル、キャリアを問わずに人材募集していることがうかがえます。
高卒者にとっては今が転職のチャンス!
とはいっても何もしないで転職成功できるわけではありません。キャリアビジョンをしっかりと計画し、企業研究を重ね転職活動することが大切です。求人数が多いので数を打てば当たることもありますが、ブラック企業を避け職場環境や条件の良いホワイト企業への転職を目指すならベース作りは必須。
自己分析を十分に行い、自己PRや志望動機を熟考し、必要であれば資格取得を目指すといった、しっかりとベースを整え積極的な転職活動で「一緒に働きたい」と思わせることが高卒女性の転職必勝法です。

20代前半にオススメの転職エージェント

DYM就職

東証一部上場企業、大手企業、ベンチャー企業などホワイト企業2000社と契約し、ポテンシャル採用の企業が多いため20代前半で社会人経験が浅いため転職活動に不安のある方も安心。
エージェントと企業とのパイプが強く書類選考なしで企業面接まで進むことができるので職歴が浅く履歴書や職務経歴書に悩む方にもぴったり。
またキャリア相談が充実し、求職者の自己分析のサポートや転職アドバイスはもちろん企業とのキャリアプランを考えたマッチング率が高いことも人気のひとつ。
正社員への転職成功率96%と高く、業界未経験の方の転職も成功率が高いでしょう。
一人での転職活動が不安な方はエージェントの「寄り添う就活」で就職までしっかりとサポートしてくれます。

20代後半の転職難易度レベルと戦略

20代後半の転職者の転職難易度レベル:60%

20代前半の転職者に比べるとポテンシャル採用が通用しにくい分、スキルやキャリアといった実績が必要となりますが、20代という若さや意欲、柔軟性を求めている企業も多数存在するため難易度的にはさほど変わりはありません。
転職市場ではニーズも高く、社会人経験と若さの両者と兼ね備えた20代後半は転職適齢期といえるでしょう。

ただし20代後半ともなると職場でもリーダー的ポジションとなっているため、退職しないでほしいと引き止められたり、仕事をしながらの転職活動が難しかったりする分転職活動の難易度は20代前半に比べ高くなる可能性もあります。

20代後半男性に人気の職種

ITエンジニア

20代後半から未経験職種への転職を目指すならITエンジニアがおすすめ。慢性的な人材不足のため、パソコンスキルとセンスがあれば未経験からでも即戦力として期待されます。スキルとキャリアのある方は前職からのキャリアアップ転職を狙うのもあり。

建築・不動産業界

2020年に開催される東京オリンピックに向けて建築・不動産業界のニーズが高まり、魚介自体が中途採用に積極的なので転職しやすいということがメリット。建築・不動産業界未経験の方は、技術職ではなく、営業や管理なども目指すことができます。

20代後半女性に人気の職種

介護業界

医療介護系業界は転職しやすいということが有名ですが、介護は特に高齢社会の中で担う人材不足が顕著。シフト勤務なので仕事とプライベートの両立ができ、中途採用にも積極的。未経験資格なしでもニーズがあり、実務経験を重ねることで国家資格である介護福祉士、上位資格のケアマネージャーへのキャリアップも可能です。

サービス業界

医療介護とともに人材不足の業界、求人案件は多数。特に必要なスキルやキャリアがありませんので、未経験であっても問題なく、経験者であればスキルとキャリアを活かして活躍することができ採用にも有利。

20代後半の強みとは?

20代後半は転職適齢期!新卒と比べ社会人経験があるため、基本的なビジネスマナーやスキルを教える必要がなく、すぐに仕事内容の指導に入ることが出来るので即戦力として期待できます。
また成長性や将来性を期待できる、上司との年齢バランスも良い、若さを活かしたチャレンジ精神などが評価されるポイントとなり、有利に転職活動をすすめることができるでしょう。

「若さ」と「経験」を兼ね備えた20代後半は、未経験業界への転職でも、前職で培った社会人経験やスキルを活かすこと、伸びしろに期待できるといった点が強みとなるでしょう。

20代後半にオススメの転職エージェント

DODA

国内最大手人材紹介会社パーソルキャリア株式会社が運営し、全国をカバーした常時10万件以上を超える求人数が多く、年間1万8千人を超える転職サポートの実績も高い。
転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートで転職成功へ。一般の求人には出回らないプレミアム非公開求人も多数。
エージェントサービスのほかに企業からオファーが届くスカウトサービスも充実し、面接確約オファーが魅力的。自分では気づくことができなかった魅力や強みにマッチングする企業との出会えることも。
非公開求人のオフアーでは新規事業立ち上げ・エグゼクティブ・極秘プロジェクト求人など特別なオファーもあり、スキルとキャリアを活かすことができます。

就職Shop

利用者数10万人を超える就職Shopは20代後半の転職におすすめ。
キャリアコーディネーターとのマンツーマンのキャリア相談、面接対策によって正社員への転職を目指すことができます。
求職者の魅力や強みを引き出し、幅広い選択肢の中からキャリアプランにマッチングする企業との出会いを可能に。
企業とのパイプの強さが特徴で、登録企業は全て訪問済みでブラック企業が排除され、ポテンシャルを重要視する企業が大手企業からベンチャー企業まで多数と未経験への業界への転職や職歴に自信のない方の転職にもぴったり。
書類選考なしで企業面接まで進むことができ、登録から採用までスピーディーでもう後がない20代後半で早く転職成功させたい方は利用する価値あり。

リストラになった20代の再就職は難しい?

最近では大手企業に就職したからといって定年までずっと安泰というわけではありません。リストラも他人事ではなく、大手企業=一生安定という方程式はもう過去のものでしょう。
万が一、リストラになった20代は再就職不可能なのでしょうか。
リストラで退職になってしまった場合は会社都合での退職になるということを知っておいてください。

会社都合で退職の場合、失業保険の支給開始日や支給金額が大幅に変わってきますので、会社都合なのに自己都合であるとして失業保険の申請を行った場合、転職活動が不利になってしまいますので注意し、離職票に「会社都合」と書かれているかチェックしましょう。
万が一、リストラで退職したにも関わらず「自己都合」と記載されている場合は企業へ連絡し訂正を依頼しますが、応じてもらえない場合はハローワークで相談してください。

一生懸命働いていた会社から「リストラ」を告げられるとどうしてもネガティブな気持ちになり「自分はこれから働けないんじゃないか…」と落ち込んでしまいますが、気持ちを切り替えて次の会社で一生懸命働けるように転職活動を頑張りましょう。

リストラされた会社から「惜しい人材を失ってしまった」と後悔させるくらい活躍できるように、前向きに転職活動に取り組んでください。

20代主婦の再就職はやっぱり厳しいの?

学校を卒業して働き、結婚、妊娠、出産を経て退職された女性も多いですよね。ライフイベントが多い女性ですが、子どもがいる場合再就職は難しい場合があります。
20代子持ち女性の子どもはまだ小さい子ですが、小さい間は熱を出すことも多く保育園に預けていても急にお休みしなければいけなかったり、そもそも保育園に空きがない待機児童になってしまうかもしれません。

子持ち女性の積極的な採用を行っていない企業も多く、再就職が難しいかもしれませんが、最近では女性が働くサポートや子育てサポートを充実させている企業が増えています。
以前に比べると女性が働きやすい環境になり、残業が少ない、シフトの都合がつきやすい、託児所付きなど子育て女性の柔軟な働き方をサポートされています。
20代子持ち女性が再就職を考えたとき、このような手厚いサポートがある企業を目指すか、子どもが小さいうちはパートや派遣で働き、将来的に正社員を目指すということを検討してみるのもおすすめです。

20代の転職は未経験でもOK?

20代の転職では、入社したものの思っていた仕事と違っていた・やっぱり〇〇の仕事をしたかった!と実際の仕事と理想の仕事とのミスマッチ転職が多く、業界未経験へのチャレンジも少なくありません。
業界未経験への転職は、スキルやキャリアが浅いため不利であるというイメージが強いですが、実は20代の転職では若さと将来性が武器となります。
最近ではスキルやキャリアなどの経験値が高く即戦力となる人材よりも社会人経験の浅い20代を求める企業も増えています。
20代という若さや意欲、人柄、将来性といったポテンシャルを重要視する企業が増えており、入社してから社員教育やセミナーを充実させ、若手を育てていこうという人材育成に積極的なのです。
そのため業界未経験であっても歓迎としている企業も多く、必ずしも20代だからといって不利にはならず、企業によっては若さ溢れる20代だからこそ有利でしょう。

しかし未経験者歓迎!という企業でも若いからといって20代が全て有利というわけではなく、ベースを整えることが大切です。
例えば、社会人としての基本的なスキルやマナー、将来のキャリアプラン、企業研究といったことです。特にビジネススキルやマナー、コミュニケーションスキルはどの業界を目指すにしても必要で強みにもなりますので、しっかりと習得しましょう。

20代が転職活動を成功させるためには、強い意志と入社したいという熱意をもち行動すること、「この会社じゃないとダメだ」と頑固にならず、柔軟性のある転職活動を心がけましょう。
実に60%以上の企業が採用時の重要視するポイントとして「一緒に働きたいと思うか」ということを挙げています。希望する企業が「一緒に働きたい」と思えるような対応で臨めば転職成功も遠くありません。

まとめ

20代の転職活動では、ブランク期間を作らないということが大切。
転職活動がうまくいかずにブランク期間が長くなってしまうと今後の転職活動に影響を与え、大きなデメリットとなってしまい、働く意欲が低いと思われてしまう可能性もあり、なるべく仕事をしながら転職活動を行いブランキ期間は作らないようにしましょう。
スムーズな転職活動をすすめるには、転職エージェントを利用し自分自身の市場価値を知り見つめ直すとともに、長く働き続けることができる企業と出会うことがポイント。
20代では社会人経験がまだ浅いため、応募書類の添削や面接対策、キャリア相談が充実している転職エージェントがおすすめ。
効率良く転職活動を進め、成功させましょう。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
32,846views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
2
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,474views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
3
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,219views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
4
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
10,598views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
5
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
10,357views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
9,851views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
7
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8,580views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
8
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
8,537views
マンガでわかる! 転職物語
9
マンガでわかる! 転職物語
7,699views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7,611views
ページのトップへ