高卒より大卒が就職に有利?

就職に有利なのは高卒より大卒?

どうせ自分は高卒だから…「今時、高卒じゃどこも雇ってくれないよ」という人もいれば、「一流大学を出た人でも就職に苦労する時代」という人もいます。一見、矛盾しているようでどちらも真理に近いといえる言葉です。

どうしても格下に見られてしまう高卒。大卒との違いは初任給やキャリアアップのスピードなど、いたるところに現れます。もっとも理不尽だと感じるのは給料の差。それは生涯賃金に換算すると数千万円もの違いとなってきます……しかし、いくら大卒でも仕事ができなければ話になりません。

転職をすることで学歴格差を縮められる可能性があります。というわけで今回は、高卒者ならではの希望とチャンスを掴むコツをご紹介したいと思います。

学歴・性別・年代別の平均年収

20代男性:約360万円
20代女性:約320万円

30代男性:約490万円
30代女性:約390万円

40代男性:約590万円
40代女性:約430万円

20代男性:約350万円
20代女性:約310万円

30代男性:約420万円
30代女性:約380万円

40代男性:約540万円
40代女性:約420万円

年代や性別、企業の規模によっても異なりますが、大卒全体の平均年収は660万円、高卒全体の平均年収は560万円となっています。同期入社でも初任給から数万円の違いがあり、その差は年々広がりますが。

が、実際には大卒で本当に高年収はごく一部。大卒でも年収が高卒と変わらない、もしくはもっと低い。という方もたくさんいます。

大手や銀行・公務員となると高卒は不利になりますが、中小企業や技術職では『学歴よりもスキル重視』という企業が多く、高年収の高卒者が増えているのも現状です。

高卒で高年収を狙うなら〇〇に転職するべき

一生のうちに稼げる生涯年収を予想しよう

高卒・大卒の年収金額だけを見ると100万円前後の差であることに安心できます。しかし、一生涯でどれくらいお金を稼げるのか……つまり「生涯年収」として考えると、その金額の違いに学歴格差を感じざるをえません。これからの人生プランを明確にして計画的にステップアップするには、自身の生涯年収を予想しておく必要があります。

年収・生涯年収の平均が自分の状況とかけ離れているからといって、落ち込んでいては何も始まりません。給料には基本給に残業代やボーナス・報酬、各種手当などが加算されているため、年代・性別・職種・勤務時間といった要素でひとりひとり異なるのです。

高卒と大卒で生涯年収が約5千万円~1億円とかなり差があることは事実。自分が高卒である事実を受け止めて、より多額の年収をゲットするには「転職をする」「キャリアアップを目指す」「副業をする」といった方法があります。

これらの方法の中で最も確実かつ現実的なのは「転職による年収アップ」です。実際に、大卒で中小企業に就職した人より、高卒で早いうちに実力を発揮して大手企業へ転職した人の方が生涯年収が高いというケースもあります。

理想の人生プランを実現するために稼ぐべき生涯年収、キャリアアップするためのノウハウについてはその道のプロに相談してみるのがベスト。転職エージェントのキャリアカウンセリングを利用すれば、自分の年齢・能力に応じた適正年収と働き方を知ることができますよ。

男女で異なる高卒と大卒の割合

「大学を出ていた方が有利」という世間の声がありますが、最終学歴の割合は「高卒以下が4割、専門・短大・大卒が6割」となっています。これはあくまでも20~30代の統計であり、40代以上になると中卒・高卒の人の方が多くみられます。

男女別でみてみると、大学・大学院卒は男性の方が多く、女性は短大・高等専門学校の出身者が多数。家庭に入ることを見越して進学先を選んでいる女性が多いことが考えられます。

女性の場合、最終学歴にかかわらず男性よりも生涯賃金が低いのが気になるところ。「生涯独身でいたい」「仕事がたのしい」という女性が増えている世の中で、今後改善されるべきポイントだといえるでしょう。

いかがでしょうか? 2人に1人は大学を卒業していないのです。このことから、自分の学歴をネガティブにとらえすぎるのは生きていく上で非効率的だといえます。自信のなさやコンプレックスは雰囲気や言動に表れてしまうもの。転職活動においても不利な点が多くなるので前向きなスタンスを心がけましょう。

一目瞭然?人間性や考え方に違いは出てくるのか

学歴をネックととらえずにキャリアを積んでいる人がいれば、自分のキャリアを問わず尊敬の気持ちを持って接することができます。その一方で、仕事ができなかったり無知を恥じない言動をする人が高卒ならば大卒者は「やっぱり低学歴は……」と見下すことでしょう。

すなわち、高卒から見た大卒のイメージや大卒から見た高卒のイメージ。これらは身の回りにいる人の性格や振る舞いで決まってくるのではないでしょうか。

大学で専攻していた学問・サークル活動・留学経験などのあらゆる面で「大卒者の方が経験値が高い」「視野が広い」と思われがちです。しかし、単位がギリギリでなんとか大学を卒業したような人、4年間コンパや飲み会ばかりしていた人も大卒者にはいるのです。

高卒でも社会の厳しさを知っていたり、理不尽なことに立ち向かえる強さを持っていたり、世の中に必要とされる人はたくさんいます。つまり、人間性や考え方の違いが学歴にそのままあてはまることはないのです。

会社側にカテゴライズされることがあるとすれば、「優秀な大卒と無能な大卒」「優秀な高卒と無能な高卒」といった分けられ方になることでしょう。チャレンジする前から腐ったりせずにその壁を超えていくことで、学歴を感じさせない「優秀な人材」として評価されるのです。

高卒と大卒、生涯賃金の違い

一昔前は中卒で就職することはめずらしくありませんでした。

しかし今や学歴主義となった社会。高校進学までは当たり前です。

「大学までは行かせてやりたい」と願う親が増えた背景に、やはり高卒と大卒の年収差というものがあります。

大卒の生涯賃金
男性:2億8,000万円
女性:2億4,000万円

高卒の生涯賃金
男性:2億4,000万円
女性:1億8,000万円

これらは、転職などをせずに定年まで同一企業に勤めたケースの平均金額となっています。特に女性は学歴による大きな差が見られますね。

残業や副業を行う人や、転職でキャリアアップする人もいるので、もちろん収入の個人差はあります。

数千万円もの生涯賃金の差にショックを受けてしまった方、絶望するのはまだ早いですよ。

この国では、勤続年数による昇給が一般的。スキルや資格に応じた手当を支給する企業も多く見られます。

つまり、大卒でも転職を繰り返していては生涯で得られるはずだった収入に満たないことがあり、反対に大卒よりも稼げる高卒者が出てきます。

また、中小企業や公務員の大卒者よりも、大企業に入った高卒者の方が平均年収が上という説もあるのです。
 

高卒と大卒、出世速度の違い

課長になれるのは50代!?昔は、ほとんどの企業が年功序列システムで成り立っていました。学歴が異なっても同期入社組は同じように昇進し、ある程度の出世が出来たのです。

ところが、大学出身者が高卒者を上回った1998年頃を境に、状況は一変してしまいました。

どんなに仕事が出来ると自負していても、上司に評価されていると思っても、新人の大卒者にあっという間に追い抜かれてしまう……今はそんな時代です。

高卒者は45歳くらいで係長レベルになれれば大出世ですが、大卒者は30歳半ばから40歳までの間に係長以上の役職についています。

大卒でも課長クラスになれるのは45~50歳。学歴重視の企業にいると高卒で部長は夢のまた夢……というのが現実です。

高卒の場合、50歳を過ぎて課長になれれば御の字だと言えるでしょう。

ただし、最近は企業によって昇格基準が全く異なります。出世スピードがスキルに比例する職場ならば、高卒でも高給を狙うことができます。

少しでも早く入社することで昇給スピードも変わるので、じっとしてはいられませんね!
 

高卒と大卒、仕事内容の違い

企業が人材に求めていることは、高卒・大卒でそれぞれ違います。

大学を出た者には高い学力や発言力などが期待されますが、高卒者に求められるのは協調性や柔軟性です。

大卒者(特に高学歴)の中には変なプライドを持っていて、企業にとって扱いづらい人がよくいます。

その反面、高卒者は素直に「人に教わること」が出来るため、若手をじっくり育てたい職種・企業に向いているのです。

「大企業は高卒を雇わない」といったイメージがありますが、大手メーカーの製造現場や技術職に就いているのは高卒者が多数。

建設会社の現場社員や一流企業の工場勤務など、体を動かして働くブルーカラーのお仕事は高卒可の求人が充実しています。

ネット社会となった今では学歴にとらわれない仕事選びができます。IT・WEB業界の間口は広く、未経験の高卒者も歓迎されています。

女性に多いのはやはり事務職です。資格を取って経理事務や医療事務職を目指す方もいます。

営業職や飲食業、レジャー・アミューズメント施設など、学歴よりもコミュニケーション力が必要な仕事でも、男女の高卒者が活躍しています。

専門的な業界を除くと、大卒者の多くはホワイトカラーの仕事を選んでいます。ホワイトカラーの方が賃金が高い印象があり、肉体労働でもないからです。

ホワイトカラーとは「白い襟」のこと。ブルーカラーの作業服ではなく、白いワイシャツを着て働く人のこと指します。

同じ企業に大卒者と高卒者が入った場合、早い段階で仕事内容に差が出ることがあります。

「自分より後輩の大卒に大きなプロジェクトが任さるようになった」というエピソードもあるため、苦い思いをすることもあるかもしれません。

そのためにも、学歴がハンデにならない企業選びが重要となります。
 

どんなイメージ?大卒から見た高卒

自分の学歴コンプレックスを感じている高卒者は少なくありませんが、実際のところ大卒者は高卒者をどんな風に見ているのでしょうか。コメント一覧を見てみると、プラスなイメージもあれば、マイナスなイメージもあることがわかります。

大卒から見た高卒のコメント一覧
◆高卒の人とは話が合わない。世間のニュースや話題ひとつをとっても価値観が違うと感じることが多く会話すると疲れることがある。

◆お金さえあれば大学まで行ける時代なのに高卒という人は、学生の本分である勉学から逃げた印象がある。給料や出世スピードにも差が出るのに「どうして大学に行かないんだろう」と思ってしまう。

◆遊ぶために大学に入る人も多いから大卒がすべてではない。勉強する時間は多いかもしれないが、大卒でも常識がない人は多い。社会に出れば仕事ができるかできないかの二択でしかない。

◆中学・高校時代の友達と今でもよく会うし、その後に進学したか就職したかは気にならない。友達でも恋人でも気が合う相手ならいい。

◆学歴で遊ぶ友達や付き合う相手を選ぶことはないが、結婚相手は大卒がいいと思う。給料や出世の待遇が違うイメージがあるので、出産・育児のことを考えると高卒は不安。

高卒の既婚者は少ない?結婚の重要ポイント

高卒は結婚も一苦労…?最終学歴は収入以外の面においても影響を及ぼします。結婚して家庭を持ちたいとお考えの方は、学歴による既婚率が気になるところでしょう。

国勢調査によるデータ上では「高卒よりも大卒の方が結婚している人が多い」とされています。やはり、今後の人生を左右する結婚において互いの年収は無視できないポイント。

近年は共働きの家庭が増えていますが、残念なことにまだまだ家事・育児における負担は女性の方が大きいという現実があります。そのため、高学歴・高収入の女性は自分よりも年収の低い男性と結婚するメリットがありません。

そのため、「収入が低い男性」の未婚率は特に高く、男女ともに金銭面の不安から結婚できないカップルは数多くいます。好きなだけでは結婚できない……それは当然のこと。しかし、結婚を決める理由は人それぞれであり、「この人と一緒にいられれば幸せ」と思える人は相手の学歴なんてまったく気になりません。

素敵な出会いと幸せな結婚生活を夢見るならば、学歴以上の魅力を感じてもらえる自分を目指すことが何よりも大切だといえます。

高卒就職 鉄板ガイド
おすすめはココ!高卒の就職
高卒で公務員は勝ち組です!
大卒者に負けない!転職の方向性
厳選!高卒者向けの就職サイト

このページの先頭へ