50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情

50代転職で内定を勝ち取る!

50代の転職事情、労働環境は男性女性共に厳しい


50代の転職は長期戦を覚悟。企業にとって人件費の大きな負担となるのが50代の社員。多くの企業の社員が50代前半で年収のピークを迎えると言われている一方、よほど優秀な人材以外は子会社や関連企業に出向させたり、業績によってはリストラで早期退職者を募ったり、肩たたきの対象になるのが男性・女性を問わず中高年の現実です。

再就職で50代の正社員を迎える企業側としても、実績と自社の規定に沿った相応の給与を支払うことになるわけで、ある意味大きな賭けと言っても過言ではありません。当然求められるスキルや適性のハードルも高いと覚悟してください。

求人数で考えると、ほとんどの業界・業種で35歳で求人が減りはじめ40歳で激減する傾向にあるので、50代での再就職は相当難しいと言えるでしょう。

50代で絶対に転職してはいけない人とは?

「役職」は転職者を採用する企業側からすると非常にわかりやすい「目安」の一つ。その目安がないという事は、アピール材料に欠けることになります。特に、同じ業界での転職を希望しているなら「役職」は大きな武器になることに。

これは、たとえ未経験・異業種への転職にも言えることで、これまでの経験で一定の評価を得ているという意味で50台での転職では役職はマスト。手ぶらでの転職はかなりの難易度だと考えて間違いありません。

今持っている「役職」を武器に転職するなら、転職先の企業で似たようなポストがあることが大前提。
転職先に必要ない分野の「役職」だと、運よく正社員転職できてもそれを活かせる仕事があるかどうかが問題です。

企業にとってリストラは必要なことでも制度的にもハードルが高いものでもあり、その結果が社内での「飼い殺し」的な待遇です。
名前だけの肩書があっても思うような仕事がない状況では気持ちが転職に傾いても無理がありませんが、今の収入が次の職場で得られるかどうか冷静に見極めましょう。

今のまま定年までいけそうなら無理をして転職活動を始めるのは得策とはいえません。閑職のメリットを生かして数年後の定年退職後の再就職に役立ちそうな資格取得の勉強を始めるという道もあります。

「50台での転職」と「定年退職後の再就職」は、年齢的には大差ありませんが企業が受けるイメージは大きく違うものと心得てください

今の50代の多くはバブル期の入社で採用人数が多く管理職ポストも多いという特徴があります。それに甘んじ技術の習得や自己研さんに励んでこなかった「名ばかり管理職」は、社外では通用しないもの。50代に求められる「即戦力」になれないひとは、転職を成功させるのは至難の業です。

バブル期に大企業に入社し、年功序列で部長などになっている場合は特に危険。専門知識もスキルもない「部長しかできない人」は年収半分でもどの会社も欲しがらない。自分の価値を過信しすぎないように注意。

50代で転職できる人、失敗と成功の分かれ目は?

技術士など難易度の高い国家資格はその有資格者だけを対象とした転職の仲介業者があり、より良い条件での転職が可能です。

技術職や研究職の方で学会誌での論文執筆や研究発表の経験がある方も、業界に名前が知られているので同業他社への転職が有利に運べる可能性が高いです。

50台になると親の介護等で実家へ戻って再就職を考える人が増えています。東京や大阪以外の地方ではそのような事情に配慮がある企業も多く、うまくマッチングすれば家庭と仕事のやりがいが両立できるワークライフバランスが夢ではありません。

20代や30代での家族の事情での転職はまだまだ無理解なところが多いようですが、会社員としてある程度のことを成し遂げた50台なら理解を示す職場は意外と多いようです。

遠くに住んで親を心配するよりも転職して近くに住んで仕事をしたほうが高いパフォーマンスが実現できるというもの。その地域に強いエージェントや転職サイトを利用して情報の取りこぼしが無いようにしましょう。

多くの人が会社員としての年収のピークを迎える50台は、住宅ローン・子供の教育費・自身の老後の備えなど支出もピークを迎えます。

節約でカバーできないならば収入アップを目的とした転職は、前向きな人生の選択肢の一つです。これから先のライフイベントにどれくらいの金額が必要になるかをファイナンシャルプランナーに相談してどのくらいの収入が必要になってくるかを知っておくと待遇交渉にも役に立ちます。

若いころの頑張りが効かなくなるのが中高年。頑張りすぎて体調を崩してしまうぐらいなら、前向きに転職を視野に入れましょう。

長年働いてきた会社をリストラされることはかなりの精神的ダメージですが、家族を持っている五十代としては落ち込んでいる暇はありません。退職金や有給休暇の100%消化、退職時期等少しでも良い条件で退職できるように粘り強く交渉しましょう。

その間にもハローワーク等で情報収集を怠らないでください。退職までに正社員の仕事が見つからないとしても、会社都合での退職は失業保険の支給が速やかに行われるので、粘り強く次の職場を探しましょう。

50代向けの転職サイト・転職エージェント一覧


サイト名 サービス詳細 公式サイト
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。年収1000万以上の求人を探している人に最適。会員登録後は職務経歴書を充実させてより多くのスカウトを受けよう!
DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!スカウト機能で自分の市場価値を図ることも可能!内定の可能性も調べられます。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!50代の転職成功事例が多いリクルートエージェントは鉄板!
転機
年収800万以上を目指すなら転機
ハイクラス人材を対象とした転職サイト。「社長の右腕」への立候補やスカウトオファーが可能。年収800万円以上の案件を千件以上掲載。50代~シニア層も歓迎。
リクナビネクスト
50代はエージェント+リクナビ
50代は転職エージェントからは敬遠されがち。まずはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトリクナビに登録しましょう。レジュメ登録しておくことで、応募可能な企業から直接オファーが届きます。50代以上の転職にも強い唯一の転職サービス。
JAC Recruitment
管理職や外資系に強い!高年収求人多数
外資系ならJACにお任せ。国内はもちろん海外8ヵ国にも拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。コンサルタントの質も高いので、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。専門職・高年収に圧倒的に強く年収600万以上の50代には必須!

50代の転職で覚悟しておくべきこと(未経験注意)

若年層の転職と違い、数とポストが絞られてくる50台。スーパーエグゼクティブ以外の転職活動は長期化が免れないと思って間違いありません。現職と転職活動の両立を図りながら焦らずじっくり探す必要があります。

50代の転職では大幅な年収ダウンの可能性があります。しかし、たとえ年収ダウンになっても年金開始年齢まで働くことができる職場なら大きなメリットが出てきます。

目先の収入だけでなく「細く長く働ける職場」を視野に入れることも必要です。面接で待遇の話はしにくいものですが、転職エージェントを使えば担当コンサルタントが交渉してくれるところも多くあります。

50代の転職では非正規雇用や補助的業務でしか仕事を見つけられない可能性も高くなります。どうしても「正社員」にこだわるなら、複数の転職エージェントに登録し転職活動の長期化も厭わない覚悟が必要です。

こだわりと妥協点を再チェック!50代の転職活動は、希望以外の職種につかざる得ない場合も多く出てきます。また、正社員になれない可能性もあります。

逆にいうと「こだわり」や「仕事に対する先入観」を捨てれば仕事のチャンスも広がります。これまでの経歴や過去の栄光などを一度リセットすることも、中高年の転職活動には必要です。

50代の転職活動のポイント

求められるハードルが高く求人数が少ない「50台の転職」はまさに情報戦。あらゆるツールを使って情報をゲットするようにしましょう。

公的機関が運営する「ハローワーク」も最近は進化してきて、都市部では時間を延長して開庁したり一部情報は自宅のネットからでも閲覧できるようになっています。

担当スタッフが様々な転職活動をサポートしてくれる転職エージェントは基本無料ですが、管理職やエグゼクティブ対象にしたエージェントの中には有料でサービスを提供するところもあります。転職サイトは、大手の転職エージェントが運営しているところも多く、対象年収を設けているサイトも出てきました。

転職・再就職への第一歩は、履歴書・業務経歴書などの「書類応募」の関門突破です。多くの転職エージェントでは、「採用される応募書類の書き方」の講座を開いたり、履歴書・業務経歴書を添削指導のサービスがあります。

書類選考後の面接対策も多くのエージェントで実施していて、模擬面接での質疑応答のコツも細かくレクチャーしてくれます。

最近の転職エージェント・転職サイトで人気なのが「スカウト」と呼ばれるサービス。あらかじめ希望の職種・条件などを登録しておくと求人している企業からメールなどで直接連絡が届くシステムになっているものです。

また、ネットでは個人の転職物語を綴った「転職ブログ」を公開している人も多数見受けられます。この手のブログにありがちな多少の盛りは仕方がないにしても、参考になる記事も多数あります。すべてを真に受けるのではなく、転職活動をしている仲間の奮戦記として参考にするのもいいかもしれません。

決まるまで会社を辞めない50代の転職活動で絶対してはいけないことは「次が決まる前に今の仕事を辞めること」です。転職活動とは、「終りの見えない旅」の様なもので時間がどれだけかかるかわかりません。

収入源があるかないかでは精神的なゆとりが全く違うし、焦って仕事を探すと面接で普段の自分が出せなかったり冷静な判断ができなくなることもあります。
終わりなのない就職活動の中で「今の仕事」への見方が変わってくることもあり得ることで、あらゆることを想定してみても「現職をこなしつつ次の仕事を探す」のが一番です。

それを可能にするのが家でも仕事探しができる転職エージェント・転職サイトへの登録。有給休暇もフル利用して、乗り切ってください。

50代の転職は一般的に長期戦。企業の面接を勝ち抜くと同時に自分の意志との戦いでもあります。
なかなか取れない内定に意気消沈することもあるかもしれませんが、落ちた原因を冷静に見極めフィードバックすることで次への糧にしていきましょう。絶対にあきらめない意志こそ、50台転職戦線必勝の秘訣です。

50代転職、未経験でもIT・WEB・ゲーム業界は可能性あり!

50代の転職で未経験の仕事への挑戦はかなり難しいですが、IT・WEB・ゲーム業界であれば未経験でもOKな人材紹介会社があります。

ワークポートはIT系に強いほか、最近は事務職や営業職といった求人も扱っているので、IT以外の仕事探しにも利用出来ます。

「どなたでも利用できます」という電車広告からも分かるように、ニート・フリーターからミドルまで積極的に求職者を募集しています。未経験からIT系の仕事にチャレンジしてみたいのでしたら相談してみる価値はあります。

IT系の仕事の特徴として専門性の高い技術が身につくので、年齢に関係なく食べていける可能性が高いということがあります。

また、数年でも実務経験を積んでしまえば、独立したり定年後もフリーランスとして稼いでいくこともできます。パソコンでの仕事に抵抗がないのであれば、安定した将来を考えやすい仕事とも言えます。

?? WORKPORT(ワークポート)

まとめ


50代で転職は決して甘いものではありません。しかし、転職エージェント・転職サイトなど色々なツールを駆使することで仕事をつづけながらの転職活動が可能な時代になってきました。

あきらめず自分の理想の職場を得るため必要な情報を取捨選択して、次の活躍のステージを手にしましょう。

50代向けの転職サイト・転職エージェント一覧


サイト名 サービス詳細 公式サイト
DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!スカウト機能で自分の市場価値を図ることも可能!内定の可能性も調べられます。
JAC Recruitment
管理職や外資系に強い!高年収求人多数
外資系ならJACにお任せ。国内はもちろん海外8ヵ国にも拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。コンサルタントの質も高いので、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。専門職・高年収に圧倒的に強く年収600万以上の50代には必須!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!50代の転職成功事例が多いリクルートエージェントは鉄板!
転機
年収800万以上を目指すなら転機
ハイクラス人材を対象とした転職サイト。「社長の右腕」への立候補やスカウトオファーが可能。年収800万円以上の案件を千件以上掲載。50代~シニア層も歓迎。
リクナビネクスト
50代はエージェント+リクナビ
50代は転職エージェントからは敬遠されがち。まずはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトリクナビに登録しましょう。レジュメ登録しておくことで、応募可能な企業から直接オファーが届きます。50代以上の転職にも強い唯一の転職サービス。

50代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

50代転職 鉄板ガイド

50代転職 鉄板ガイド
働き方にこだわる?経験を活かす?
仕事への着目点を変える
一番コワいのは情報の取りこぼし
転職サイトやエージェントに登録

このページの先頭へ