> 50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情

50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情

7704 views

年収が前職の70%に!? 50代の転職は絶対NG!その理由とは?

今までしっかりと働いてきて、年収が特別低いわけでもない。でも、50歳を過ぎた頃からこれから先の人生を考えたとき、労働環境、社内の人間関係や雰囲気、会社の業績など様々な理由から転職を考えることがあるかと思います。

また、50歳ともなればリストラや、早期退職などでやむを得ず転職を余儀なくされる人も。

年齢的に圧倒的不利と思われる50代ですが、なぜ不利になるのか。その理由の解説と、それでも転職成功したい人のための解決法を紹介します。

50代が採用に不利な理由

ではなぜ50代が不利になるのでしょうか。企業側からの理由を挙げていきます。

教えにくい、気を遣う

年齢相応の給料を支払うため、高くつく

不一致があった時に、年齢的にクビを切りにくい

頭がかたい、融通が利かない

新しい仕事が覚えられない

これだけの理由があれば、ふつうに考えてもう転職はムリだと考えるのが当然でしょう。

それでも50代で転職・再就職に成功している人たちがいるのはナゼでしょうか。

50代のデメリットを生かすべし

上に挙げたような理由がデメリットなら、それに当てはまらないような仕事・会社に応募にすればいいわけですよね。

50代でも不利にならないタイプ別に合わせた転職サイトを紹介します。

50代でも転職成功実績アリの転職エージェント・転職サイト

ビズリーチ(ヘッドハンターからスカウトを待つ)

CMでもお馴染みのビズリーチは、若手に特化した一般的な転職エージェントとは違い、年収・条件重視の転職サービス。年収500万円以上なら必須のサービス。

最大の特徴はヘッドハンターからスカウトが他のサイトと比べ段違いで、ヘッドハンターの数は2500名以上。

登録後はあなたに合ったスカウトを受け取る為に、職務経歴・スキルを詳しく入力しましょう。スカウト数が段違いに変わってきます。現職に専念しながらも仕事探しはヘッドハンターが行い、あなたの登録情報に合った仕事があれば紹介。そもそも50代のあなたに魅力を感じていなければスカウト自体こないわけなので、自分の時間や労力を浪費せずに効率的に転職活動を進めることができます。

特にこういったエグゼクティブ向けのサービスは、対象者が経験豊富な世代だったりするので、そういった意味でも50代でも不利にならずに転職することができます。実際、50代で未経験業界に転職した方の転職成功談がサイト内に掲載されています。

企業からの直接スカウトとヘッドハンターからのスカウト。そもそも他の人とふるいにかけられるような求人スタイルではないので、年齢関係なく転職活動できるのがメリット。スカウトを受けることで自分の市場価値を確認することができ、転職市場において自分の価値を知りたいという場合でも利用することができます。

ミドル・エグゼクティブ向けの求人に強みがあり、管理職、管理職候補、一般職でも高年収向けの求人を豊富に扱います。既に管理・マネジメント経験がある方なら、さらに年収アップも可能。

50代だからこそ、現状まで苦労した証である年収を落とさずに、むしろ更に高みを目指したい人に適したハイクラス向け転職サイトです。

Bizreach詳細

リクルートエージェント(取扱求人数NO.1!最大手の転職エージェント)

幅広い年齢層をカバーするリクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇ります。

その取扱求人数は、公開求人数だけでも3万件以上、全体の80%を占める非公開求人数も合わせると、求人数は20万件以上と業界トップクラス

総合型転職エージェントなので、職種は幅広く網羅し、勤務地についても首都圏や大阪、福岡などの大都市に限らず、全国の求人をしっかりと扱っています。

他社ではやはり需要の多い案件に絞って取り扱っていることも多いため、中高年は断られるところも多々ありますが、リクルートエージェントは求人数が多い分、中高年向けの求人も取り扱うため、登録して損はありません。人材支援業界での歴史が長く、企業からの知名度・信頼度はトップでしょう。

企業の内部事情、過去の転職実績など、企業の情報では他社に比べダントツに優れています。情報収集という意味では使うべきエージェントであるといえます。

ハイクラス向けの求人では敷居が高すぎて…という50代の人は、リクルートエージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

他エージェントでは20代・30代の若手が歓迎され、40代は紹介されない、連絡すら来ない。ということがよくありますが、リクルートエージェントでは、40代・50代の転職実績が多いのも魅力です。

業界でもトップでも長い歴史を持つので、企業からの認知度・信頼も厚いので内定率が高いのが特徴。

リクルートエージェント詳細

JACリクルートメント(丁寧なサポートが売りの中高年向けサービス)

エグゼクティブ層、管理職、スペシャリスト向けの求人を専門に扱うJACリクルートメントはキャリアに自信がある人、専門性の高い人におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントは対応が丁寧と口コミが多く、人に勧めたい転職エージェントにも選ばれた実績があります。

日系企業・外資系企業両面に強く、全職種・全国に対応していますし、コンサルタントは業界・職種に特化したスペシャリストが対応してくれるので、専門的なサポートも可能。

積極的にスピーディーなハイクラス転職を効率よく行いたい人向けの転職エージェントです。

非公開求人も豊富に取り揃えており、質の高い求人に出会いたい人は要チェックです。関西圏ではリクルートエージェントに次ぐ規模の求人数を誇ります。(大阪、京都、神戸に拠点あり)


40才以上の利用者が全体の2分の1を占めており、中高年の転職に高い成功実績を出しています。

JACリクルートメント詳細

 

転職エージェントでは専任の担当者が登録から転職成功までを一貫してサポート

希望条件にマッチした求人の紹介をはじめ、転職先の詳細な情報の提供、面接アドバイス、雇用条件交渉など個人の転職活動では不安に感じること、不十分なことも徹底的にサポートしてくれるので効率よく安心して転職活動を進められます。

>> 50代が転職エージェントを効率的に利用するコツ
 

日本の中高年にもまだまだ新しく活躍できる場があると言うメッセージが込められている求人広告。
経験豊富な50代こそ活躍できる場を転職エージェントを利用して探しましょう。

 

50代の転職活動のポイント、50代でも採用される人が行っていること

自分を知る、ポータブルスキルの把握

自分の得意分野を明確に伝え、どのように貢献できるか的確に伝える技術が必要です。

応募企業の課題を解決してくれる戦力を企業は求めているので、あなたの経験がどの業界や職種で必要とされているのか正しく分析することで、履歴書や職務経歴書で最大限アピールすることができ、おのずと応募企業も絞られます。

また、異業種に転職した際にも役立つ「ポータブルスキル」を把握しておきましょう。「ポータブルスキル」とは異業種でも役立つ汎用性の高いビジネススキルのことを言います。

ハローワークの他、転職サイト、転職エージェントなどを使って求人情報を集める

求められるハードルが高く求人数が少ない「50台の転職」はまさに情報戦。あらゆるツールを使って情報をゲットするようにしましょう。

公的機関が運営する「ハローワーク」も最近は進化してきて、都市部では時間を延長して開庁したり一部情報は自宅のネットからでも閲覧できるようになっています。

担当スタッフが様々な転職活動をサポートしてくれる転職エージェントは基本無料ですが、管理職やエグゼクティブ対象にしたエージェントの中には有料でサービスを提供するところもあります。転職サイトは、大手の転職エージェントが運営しているところも多く、対象年収を設けているサイトも出てきました。

転職エージェントや就職コンサルタントに応募書類添削、面接対策を行ってもらう

転職・再就職への第一歩は、履歴書・業務経歴書などの「書類応募」の関門突破です。多くの転職エージェントでは、「採用される応募書類の書き方」の講座を開いたり、履歴書・業務経歴書を添削指導のサービスがあります。

書類選考後の面接対策も多くのエージェントで実施していて、模擬面接での質疑応答のコツも細かくレクチャーしてくれます。

最近の転職エージェント・転職サイトで人気なのが「スカウト」と呼ばれるサービス。あらかじめ希望の職種・条件などを登録しておくと求人している企業からメールなどで直接連絡が届くシステムになっているものです。

また、ネットでは個人の転職物語を綴った「転職ブログ」を公開している人も多数見受けられます。この手のブログにありがちな多少の盛りは仕方がないにしても、参考になる記事も多数あります。すべてを真に受けるのではなく、厳しい中高年の転職活動をしている仲間の奮戦記として参考にするのもいいかもしれません。

50代で転職したら年収は上がる?下がる?

平均年収

  • 50代前半(50~54歳) 男性:649万円 女性:281万円
  • 50代後半(55~59歳) 男性:629万円 女性:275万円
  • ※平成25年 国税庁「民間給与実態統計調査」参照

50代は子供の教育費や親の介護に関わる費用、老後のための貯えなどお金の掛かる時期でもあります。50代の平均年収は上記にありますが、転職をして年収アップとなるのであれば問題はないのですが、年収ダウンとなった場合は生活にも影響が出てきます。

年収をアップさせている人は”管理職として転職” ”専門的な技術や資格を持っている” ”起業をして成功”など即戦力となるスキルや実績を兼ね備えた人が多くなっています。

50代で再就職したら、年収は400万円って本当?

50代が再就職した場合年収は400万円が相場といわれています。
特別なスキルや実績を持たない人の場合、再就職ができたとしても前職の約50~70%程度の年収になってしまうことが多いようです。出来ることを挙げるとすれば転職の面接時にしっかりと給与交渉をしてみるとよいでしょう。

日本は会社に勤め続けることで給料が上がる仕組みになっているので、途中参戦の場合は新入社員扱いされてしまうこともあると覚えておきましょう。

一方1つの会社に勤め続けているならば、50代は昇給のピークとなります。50代で転職を考えている人は辞める前に転職エージェントなどの専門家にアドバイスを仰ぎ、「本当に辞めるべきか」慎重に判断してほしいと思います。

自分の適正年収をチェック

転職活動をする前に、年収チェックができるmiidasで自分の市場価値を知るのもおすすめ。

そもそも年齢関係なく、市場価値が高ければ転職できるわけで、転職できないのはニーズ(市場価値)がないから。ということになります。

miidas

miidasでは、同じ世代・スキルを持つ人の転職データを見ることもできるので、『自分と同じような人はどのような仕事をしているのか、転職しているのか』という情報収集にも便利です。

様々な転職サイトがありますが、miidasはたった5分の登録で、あとは書類選考合格済みの面接確約オファーを待つだけです。希望条件に合致済みの企業からしか連絡がこないので効率的。まずは自分の市場価値を正しく把握することが50代転職成功の第一歩です。

miidas詳細

転職成功は年収アップだけじゃない

50代の転職で年収アップが叶い、満足の転職を成功させる人が居ることも確かです。しかし、「転職成功」とは年収アップだけではありません。収入面ではダウンしてしまっても理想とする働き方を手に入れることが出来たとすれば、それは「転職成功」なのです。

転職をしたことで「社内の雰囲気があまり良くない」「いつリストラを宣告されるのか不安」「人間関係が悪い」「通勤に時間がかかる」「残業が多い」「休みが少ない」といった不満や不安から解消され、精神的負担が少なくなることでストレスを感じずに働くことが出来ることはとても大事なことではないでしょうか?

「自分が希望する仕事に就けた」、「周囲から必要とされている」、働き方を変えたことによって「家族や友人との時間を作ることが出来るようになった」、若いころと比べ体力が落ちてきているので「体力的・肉体的負担が軽減された」など収入面だけに強いこだわりを持たず、精神的・肉体的負担を減らし無理なく働き続けられる職場への転職も視野に入れてみましょう。

50代転職、未経験でもIT・WEB・ゲーム業界は可能性あり!

50代の転職で未経験の仕事への挑戦はかなり難しいですが、IT・WEB・ゲーム業界であれば未経験でもOKな人材紹介会社があります。

全国対応のIT未経験転職ならワークポート

ワークポートはIT系に強いほか、最近は事務職や営業職といった求人も扱っているので、IT以外の仕事探しにも利用出来ます。

「どなたでも利用できます」という電車広告からも分かるように、ニート・フリーターからミドルまで積極的に求職者を募集しています。未経験からIT系の仕事にチャレンジしてみたいのでしたら相談してみる価値はあります。

IT系の仕事の特徴として専門性の高い技術が身につくので、年齢に関係なく食べていける可能性が高いということがあります。

また、数年でも実務経験を積んでしまえば、独立したり定年後もフリーランスとして稼いでいくこともできます。パソコンでの仕事に抵抗がないのであれば、安定した将来を考えやすい仕事とも言えます。

 WORKPORT(ワークポート)

50代で転職失敗するのはどんな人?

50代からでも満足の転職ができる人もいれば、よく考えずに気軽な気持ちで転職をしてしまうと後悔する人もいます。50代で転職を失敗しやすい人の特徴を挙げていきたいと思います。

転職に失敗する人

  • 専門知識、技術を持っていない
  • 役職に就いていない(※部長以上が好ましい)
  • 年収アップだけが目的(※年収アップにはそれ相応のキャリア・スキルが必要)
  • 自分の適性に合った仕事を選べていない(※転職先の内情を把握していない)
  • 家族の理解を得ていない(※家族のサポートや理解は必須)
  • 自己分析ができていない(※能力を過大評価をしすぎている)
  • 50代からの転職活動の方法を理解していない(※若い世代と同じ方法では難しい)

まず、自分の強みやスキル・実績などを含めた自己分析や市場価値をしっかりと把握し、転職先の社風や内情といった企業分析を行うことが大切です。

転職前、転職活動中に情報収集をいかに行ったかによって転職成功・失敗の分かれ道となってくるでしょう。現状に不満を持っていても転職しなければ解決しない問題なのかをよく考え慎重に進めていくべきです。

また、転職を希望していても再就職先が決まらない間は家族にも迷惑をかけてしまうことになるので、転職に関して家族の理解を得ていることも大切です。

50代の武器は?企業が求めるもの

転職するなら資格を取るべき。といったような意見をよく見かけますが、50代ともなると資格は確かにアクセントにはなりますが、それが決め手になることはほとんどありません。資格が効果を発するのは、精々第二新卒まで。

では企業が50代に求めるもの、50代にとっての武器になるものは何かというと、それは20代~40代にないもの…経験や知識に裏打ちされたマネジメント能力、社会人として揉まれてきたコミュニケーション能力、そして長年の経験で身につけた技術力…要するに『即戦力』ということになります。

50代ともなれば、新しく仕事を覚えて慣れた頃には60代も間近となっては、企業側としては使えない人材となってしまいます。

どの企業に行っても使えるスキル『ポータブルスキル』がないと、50代の転職は難しい。けれどこれがあればどこでも通用するというわけです。

定年まで待つか、転職するか

50代で転職をするのか、60歳の定年まで待つべきなのか?転職を考えたときにこんな事が頭をよぎるのではないでしょうか?60歳で定年を迎えても再雇用制度があるため65歳までは働き続けることができます。

しかし、60歳で一度退職の形をとりその後は正社員としてではなく契約社員やパートといった雇用形態になることがほとんどです。出勤日も少なくなるのでもちろん給料は減り、年収のピークである50代前半と比較すると半分に満たない年収となることが予想されます。

転職を決断する前に定年もしくは65歳までの収入見込み(給料、退職金など)と住宅ローンや子供の教育費などの支出を把握しておくことが大切です。転職成功となればいいのですが、転職失敗や再就職先が見つからない場合など支出のリスクが高くなることも考え、無理な行動は控えたほうが無難な場合もあります。

また、定年退職後に今までの経験・技術を活かし第二の人生として起業する人も増えています。起業は定年退職後でなくても何歳からでも可能です。「定年まで待つ」「今すぐ転職をする」どちらにしても50代の転職では今後の人生プランをしっかりと考えた上で行動に移すことが理想です。

50代の女性の再就職は難しい?

50代の女性の再就職は難しい?50代になって新しい仕事を見つけるのはなかなか難しいと思っていませんか。特に女性の場合、男性に比べてライフイベントのたびに転職せざるを得ず、一貫したキャリアが築けていない人もいます。しかし50代女性の再就職が絶望的かといえば、そんなことはありません。

まず50代女性は子育てがひと段落していると見られるメリットがあります。子育てをしながら働く20代~40代の女性は増えていますが、やはり子供の病気やイベントなどで急な休みが多くなりがち。そのため子育て中の女性は転職先が見つけにくく、見つけた後も続けにくいという問題がります。

その点50代女性ならば、子供も成長して手のかからない年齢になっていることでしょう。休まず仕事をしてくれる50代女性は会社側にとって貴重な存在。正社員で雇用してもらえることだってありえます。

次に50代女性は結婚、出産、介護など様々な経験をしているという強みがあります。そのため教育業や介護サービスといった分野では経験を生かして仕事をすることができるでしょう。

さらに一般的に年齢を重ねた女性は若い人や男性に比べてコミュニケーション能力が高く、話しやすい雰囲気を持っているものです。特に女性をターゲットにした接客業や営業などでは中年女性のアピールが有効であることが多々あります。
このように50代女性が持つ魅力を認識することで再就職がしやすくなります。

仕事の形態としては正社員にこだわらないほうが良いかもしれません。非正規で働いている女性の数は、正社員に比べてかなりの数に上っています。つまり非正規雇用の場合同年代の女性がたくさんいる職場を見つけるのは割と簡単なのです。採用側も50代女性を雇うことに慣れていますし、現場には50代女性仲間がたくさんいるので馴染みやすいというメリットがあります。

50代女性におすすめの職種5選

1.営業職

営業は女性が活躍できる仕事の1つとされています。また未経験での募集が非常に多いので、「とくにアピールできるキャリアがない」と考えている50代女性にも挑戦しやすい職種といえるでしょう。

営業職はコミュニケーション能力の高さを生かすことができる仕事です。ママ友、サークルの友人など人脈が豊富な人なら営業活動もスムーズにスタートできるかもしれませんね。

 とらばーゆ 公式サイト→

2.販売職

化粧品売り場やミセス向けのファッションショップ、コンビニやスーパーでも50代女性は大活躍しています。女性ならではの物腰の柔らかさがお客さんに好印象を与えるポイントです。年を重ねると不測の事態でも臨機応変に対応できるようになるので、販売職にはもってこいなのです。

3.介護職

介護職は人間を相手にする仕事ですから、細やかな気配りが求められます。ときには老人のわがままに付き合ってあげるなど、寛容な心で接しなければならないこともあるでしょう。

さらには入所者の家族と信頼関係を築くのも仕事の一環。経験豊富な50代女性なら、介護される方もそのご家族も安心感があるのではないでしょうか。人手不足の業界だから就職もしやすいです。

 スタッフサービス・メディカル 公式サイト→

4.清掃業

会社だけでなく、大学、病院、駅のトイレなど様々なところで活躍するのが「清掃のおばちゃん」。汚いものを触る地味な作業ですから、若い人は敬遠しがちで競争率は低め。自宅の掃除はお手の物という50代女性の方にはお勧めの業種といえるでしょう。

5.飲食業

こちらも若い人が集まらず、人手不足が続いている職種です。いつも家族の料理を作っているという50代女性なら、ウェイターだけでなく裏方の調理担当もこなせるので歓迎される存在になれるでしょう。長時間営業している店ならば、夜間はお給料が高くなってお得ですよ。

50代の再就職に有利な資格は?

1.介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護業界は人手不足なため、介護職員は転職しやすい職種です。さらに介護の資格を取っておくことで未経験でも採用される確率はぐっと高くなります。介護職員初任者研修は3か月程度で取得が可能です。条件を満たせば、ハローワークの職業訓練を利用して受講料無料で取得することもできるかなりお得な資格です。

2.保育士

保育業界もかなりの人手不足です。50代ならば子育て経験も現場で生かすことができるはず。保育士の資格は養成施設を卒業することで取得することができます。ただし養成施設での資格取得には2~4年の時間がかかります。

そこでお勧めしたいのがもう1つの資格取得の道、国家試験合格です。現在保育士の国家試験は年2回開催されています。合格率は低めですが、短期間&低予算で保育士を目指すなら一度チャレンジしてみましょう。なお学歴や勤務履歴によって受験資格が規定されていますので、試験を受ける際はチェックが必要です。

3.登録販売者

登録販売者は一般用医薬品販売の国家資格です。ドラッグストアやコンビニなどでは登録販売者が勤務していなければ薬を売ることができません。そのため登録販売者の資格を持っている人は薬を売りたいお店にとって貴重な人材となるのです。

国家資格ですが学歴も実務経験も不問で、薬剤師よりも取得は容易です。活躍できる職場の種類が幅広く、全国どこに行っても通用するので、転職には非常に有利な資格といえるでしょう。

4.日商簿記2級・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

事務の仕事は年齢問わず激戦区ですが、50代ならば立ち仕事より座り仕事を求める人も多いでしょう。事務の仕事を目指すなら。最低でも欲しいのが簿記の資格です。簿記3級は簡単であまり目立ちませんから、合格率が低い簿記2級を取得し、ライバルと差をつけましょう。

また50代はパソコンが苦手というイメージを覆すため、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得しておくのも手。やはりオフィスソフトが使いこなせるというと、事務仕事での評価がぐっと上がります。

50代の転職は、無理なく続けられることも重要

50代が離職する原因は様々です。よくあるのは会社都合で退職になった場合ですが、会社都合での離職は退職金や失業手当の面で優遇されているため、すぐに生活に困るということは少ないでしょう。

しかし難しいのは家族の介護あるいはご自身の病気によるものである場合、つまり自己都合での退職です。ご自身に事情があって仕事を辞めた場合、転職先に以前と同じ勤務時間や待遇の会社を選べばまた無理をしなくてはならず、再び離職の危機に遭遇することは想像できます。事情があって仕事を辞めた50代の人は年収だけにこだわらず、勤務時間の短い職場を選ぶなど長く続けていける仕事を選ぶことが大切です。

50代向けの転職サイト・転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。年収1000万以上の求人を探している人に最適。スカウト式のため経歴・スキルを多く入力するだけでスカウト数が段違いにUP!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!50代の転職成功事例が多いリクルートエージェントは鉄板!

リクナビネクスト
50代はエージェント+リクナビ
50代は転職エージェントからは敬遠されがち。まずはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトリクナビに登録しましょう。レジュメ登録しておくことで、応募可能な企業から直接オファーが届きます。50代以上の転職にも強い唯一の転職サービス。

JAC Recruitment
管理職や外資系に強い!高年収求人多数
外資系ならJACにお任せ。国内はもちろん海外8ヵ国にも拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。コンサルタントの質も高いので、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。専門職・高年収に圧倒的に強く年収600万以上の50代には必須!

DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!スカウト機能で自分の市場価値を図ることも可能!内定の可能性も調べられます。

50代の転職で覚悟しておくべきこと(未経験注意)

転職活動の長期化(1年以上)

若年層の転職と違い、数とポストが絞られてくる50台。スーパーエグゼクティブ以外の転職活動は長期化が免れないと思って間違いありません。現職と転職活動の両立を図りながら焦らずじっくり探す必要があります。

待遇の大幅なダウン(年収半分は当たり前。)

50代の転職では大幅な年収ダウンの可能性があります。しかし、たとえ年収ダウンになっても年金開始年齢まで働くことができる職場なら大きなメリットが出てきます。

目先の収入だけでなく「細く長く働ける職場」を視野に入れることも必要です。面接で待遇の話はしにくいものですが、転職エージェントを使えば担当コンサルタントが交渉してくれるところも多くあります。

非正規雇用でしか就職できない可能性も高い

50代の転職では非正規雇用や補助的業務でしか仕事を見つけられない可能性も高くなります。どうしても「正社員」にこだわるなら、複数の転職エージェントに登録し転職活動の長期化も厭わない覚悟が必要です。

やりたくないと思っていた仕事に就かざるを得ない可能性も高い

50代の転職活動は、希望以外の職種につかざる得ない場合も多く出てきます。また、正社員になれない可能性もあります。

逆にいうと「こだわり」や「仕事に対する先入観」を捨てれば仕事のチャンスも広がります。これまでの経歴や過去の栄光などを一度リセットすることも、中高年の転職活動には必要です。

 

50代前半での転職

50代前半転職の特徴

50代前半での転職50代に入りキャリアもあるこの時期の転職には次のような特徴が見られます。

■年収UPを検討している
■現在の役職、仕事内容に不満がある 
■他社の同業種と比較しキャリアUPを狙う

50代に入った途端、それまで懸命に仕事に打ち込んできた自分への評価や周囲との比較に目が行く人も多いようです。この時点で現状の自分の年収、ポジションなどに満足している人は50代での転職は考えないでしょう。

50代前半ならまだ間に合うと考えることは、年収UPだけではないようです。自分はもっと評価され、見合った役職に就きたい。知識もあるそれまでの業種で他社でも自分を試してみたい。など30代、40代をがむしゃらに過ごしてきた人が、50代に入り自分を見つめ直す余裕と時間ができることにより、転職を考えるようです。

50代前半の転職先は?

50代前半の転職に見られる転職先の特徴をご紹介しましょう。

■企業が求めるもの
企業が50代前半の転職に求めるものは、ズバリ「豊富な経験」、「専門性のある高度な能力」です。特に50代では管理職経験者は転職で大きな武器となります。

30代後半から40代と役職に関係なく、数名の部下、人材を統括した経験が重要視されます。転職先でも年齢からすると部下の上に立ち、統括、指示を出す役割を任される可能が高いからです。

■職種の特徴
50代前半の転職に見られる職種の特徴としては、やはりそれまでの経験を活かし同業種への転職を希望する人が多く見られることです。その反面、50代でも未経験からはじめられる職種が増えているの事実。

これは深刻な人手不足からきています。近い将来、高齢化と少子化により更なる人手不足が懸念されています。そこで、50代からでもはじめられる福祉関連、運送関連などの職種に求人があります。

50代前半が未経験転職する為の要素

50代前半でそれまで経験したことがない職種への転職を検討する人もいます。一見するととても無謀なことのように見えますが、近年の中高年転職に見られる特徴でもあります。

極端な話しとしてサラリーマンを辞め、自分で起業するケース。会社を起業する人やそれまで漠然とした夢であった、自分の店を持つことなどがあります。身体が動くうちにと老後を見据えてご夫婦でパン屋やカフェなどを企業するケースもあります。

サラリーマンとしての未経験転職には深刻な人手不足に陥っている業種は、50代でも未経験者の求人が多くあります。・タクシー運転、・福祉介護関連。・運送業、・サービス業などです。

近年、40代、50代の転職が増える傾向にあるなか、注目されているのが異業種、異業界への転職でもアピールポイントとされるのが、「ポータブルスキル」と呼ばれるものです。これは業種や業界が異なっても共通して役立てられるスキルのことです。

例えば販売している商品は全くことなる業界であっても、買い手(ターゲット)は共通している場合、その商品の販売戦略やニーズなどを読み取る経験は活かせるわけです。

50代後半での転職

50代後半の転職・再就職の問題点

50代後半での転職50代での転職や再就職が難しいといわれるのはなぜでしょうか?問題点に注目して転職成功へのヒントにしてみて下さい。

■年収が高額になるから
50代での転職はそれまでの年収を下回ることは少ない傾向にあるため、どうしても1人採用すると年収が高額になっていますことが懸念されます。

■柔軟性が期待できないから
人間関係に置いても、仕事の面でも50代になると、それまでの自分自身のやり方を崩そうとしない人が多いようです。そのため、新しい人材を迎え入れる企業側にとっては非常にやりにくく、扱いにくいというのが本音のようです。

■年齢から健康状態への不安
中高年に多く見られる生活習慣病などが、より深刻になってくるのも50代です。高額な年収を支払い雇用しても、すぐに病気になられ入院でもされたら企業側にとっては損失とともにさまざまなデメリットが予想されます。

■仕事覚えが遅そう
年齢的にも部下の上に立って業務を行うことが想定される50代後半ですが、とはいえ新たな職場に行けば覚えなくてはいけないことも出てきます。その際、若い年代を比較すれば覚えるのに時間がかかるのは仕方のないことです。しかし、周りの人間も自分の仕事をこなさなければいけませんので、あまり覚えが遅いのは周囲の人間にも迷惑となります。

50代後半の転職は年収大幅ダウン

転職を検討する際に年収は大きな目安になります。50代後半のようにキャリア転職となれば尚更です。しかし、前職の年収を上回る年収での転職に成功する人は僅かなのが現状です。

それまでのキャリアが高く評価されるものであったり、専門性を持ったスキルなど限られた人の転職に限るようです。50代後半はスキルなどがない人の場合には、再就職できるだけでも大変ことです。

50代後半にきてスキルがないケースは年収UPだけにこだわらずに、転職先を探すのも転職成功への近道といえます。50代での転職後の平均年収は400万円以下というデータもありますので、専門家が在籍する転職エージェントなどで現実の数値を知り、相談するのが良いでしょう。

定年後の仕事や生活をイメージ

近年では晩婚、高齢出産などが増え、50代後半でも子供が成人していないケースも増えています。また、退職年齢にもバラつきが見られ、早期退職を提案する企業もあれば、年金支給年齢引き上げにともない、退職年齢を引き上げる企業もあります。

自分は何歳まで働き、退職後も年金と貯蓄で暮らしていくにはどれくらいのお金があればよいのか、大まかでも把握しておくのが大切です。家のローンがある場合や子供が学校を卒業するまでの年数など、書き出してみると現実的な数字が見えてきます。

定年までを過ごすことになる会社を50代後半で再検討するのは勇気のいることです。それまで長年勤めた会社で定年を迎えるのか?やりがいや年収などを理由に新たな職場を探すのか?この年齢での転職は家族と話し合い、理解を得ることも大切です。
 

【50歳からの仕事探し】再就職成功事例・体験談、50代で転職成功した理由

・面接で募集職種で求められている業務以外に貢献できることをアピールし内定をもらえた。

・転職エージェントに登録。キャリアコンサルタントから技術力ではなく、コミュニケーション能力をアピールすることを勧められて志望動機に盛り込んだ。それまで書類通過率5%だったところ無事書類通過。

・応募企業での営業戦略を具体的に盛り込んだ職務経歴書を作成。履歴書と職務経歴書は応募企業ごとに修正し手間を惜しまなかった。

・非公開求人の中から自分の経験やスキルに合った求人をエージェントから紹介してもらえたことで、前職と同じマネジメント業務の仕事に就くことができた。

・知人、縁故関係の紹介を通じて応募。潜在的な求人が多く他の応募者がいないこともあり、面接まで進み合格を貰えた。

・転職エージェントから、持っている資格を軸に求人を探していくことを勧められて、優良求人に巡り合えた。

・書類選考で不合格が続き、選択肢を広げるために転職エージェント利用。キャリアコンサルタントから書類選考を通過しない理由を指摘されて、アピールの仕方を変更。キャリアコンサルタントとのやり取りを通じて転職ノウハウや一人での転職活動ではわからないことに気づくことができた。

・50代でも英語力を活かせる仕事を探していたが、なかなか見つけられず困っていたところ、外資系に強い転職エージェントを口コミサイトを通じて知り、自分では探すことのできなかった求人を見つけることができた。また、模擬面接やレジュメ添削サービスを利用。徹底した支援のおかげで内定を得ることができた。

・雇用形態にとらわれず求人情報を入手。アルバイトでも面接で真剣に企業研究してきたことが評価されて難関企業から内定をもらい、3ヶ月限定の事務アルバイトの予定が仕事ぶりを評価されて契約社員に。

50代が転職エージェントを上手く使うコツは?

50代で転職をするのであれば、転職エージェントを使えというのはよく聞くけれど、でも転職エージェントはたくさんありすぎてよく分からない。また、ネットで調べると転職エージェントを使っても意味がない、という意見も多く見る。賛否両論でどの意見を信じればいいのか分からない。

調べれば調べるほど、そんな気持ちになってくる人も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、転職エージェントは上手く使えばこんなに力強い味方はいません。自分がより効果的に活用しようと使う事が大事なのです。
しかし効果的に使うとは?要点をまとめます。

自分の転職ペースや将来の展望に合った転職エージェントを複数登録する

まず自分がどんな職種のどんな企業の採用を目指すか、そしてどんなペースで転職活動を行いたいかを自分でしっかり決めて動き出すことが大事です。
年収は多少下がっても良いから、できるだけスピーディーに決めたい。と思うのであれば、

リクルートエージェントのような求人数を多く持っている大手を選んで登録。
逆に年収は下げずに、企業も大手狙い。多少時間がかかってもいいというのであれば、ビズリーチやJACリクルートメントなどといった具合です。
また、IT系に強い転職エージェントや、介護系などの職業訓練を兼ねた就職支援サービスなどもあります。

転職エージェントは「登録だけして放置」はせずに自主性を見せる

中にはろくに紹介してくれずにそのままフェードアウトしたと不満をこぼすコメントも見かけますが、転職エージェントはボランティアではなくビジネスです。

転職にやる気を見せる人に優先的に求人の紹介を行うのは当然です。登録だけして後は連絡をただ待つのではなく、こちらから催促するくらいの自主性を見せるべきです。

自分の意見をしっかりはっきりできるだけ細かく伝える

自分が希望した仕事と全然違う仕事ばかり紹介された。と憤る意見もよく見られます。転職エージェントは、大抵の場合、最初にカウンセリングが行われ、その際に聞き取りした希望と、本人の適性を見て、担当は求人を選び紹介を行っています。

その際に、できるだけ自分の希望を詳細に伝えましょう。遠慮は禁物です。担当者もより詳しく言ってもらうほうがイメージしやすいので、少々わがままかな…と思うくらいでも構いません。

スキルの棚卸しを手伝ってもらう

転職の際に必ずやっておくべきなのは、自身のスキルなどの棚卸しですが、一人でやっているとどうしても主観的になってしまうため、偏ってしまったり、正当に評価できなかったりするものです。そこで転職エージェントの担当者にも見てもらうことで、第三者的視点が入り、正当な評価になる上に自分を客観的に見れるようになります。正当な市場価値を一緒に出してもらってください。

できるだけ大手の転職エージェントを使う。

使うなら評判のいい転職エージェント使おうという気持ちは分かりますが、50代ともなると「案件がない」と断られてしまうケースも出てきます。

ハイクラス転職エージェントであればターゲットとして十分射程内ですが、実際利用できるレベルにある人はある程度限られてきます。ハイクラス求人は手が届かない人であれば、できるだけ大手の、求人数が多い転職エージェントを選んでください。そうすればマッチングのチャンスもあがります。

キャリアチェンジも視野に入れてみよう


50代の転職は一筋縄ではいかないものですが、しっかりと考え準備をしてから行動に移しましょう。

仕事に行き詰まってしまっている場合は、仕事に対するモチベーションを改善する意味でもキャリアチェンジを視野に入れて転職活動を進めていく方法もあります。転職エージェントを利用し相談をしながらの転職であれば不安も軽減されるはずです。

50代向けの転職サイト・転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。年収1000万以上の求人を探している人に最適。スカウト式のため経歴・スキルを多く入力するだけでスカウト数が段違いにUP!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!50代の転職成功事例が多いリクルートエージェントは鉄板!

リクナビネクスト
50代はエージェント+リクナビ
50代は転職エージェントからは敬遠されがち。まずはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトリクナビに登録しましょう。レジュメ登録しておくことで、応募可能な企業から直接オファーが届きます。50代以上の転職にも強い唯一の転職サービス。

JAC Recruitment
管理職や外資系に強い!高年収求人多数
外資系ならJACにお任せ。国内はもちろん海外8ヵ国にも拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。コンサルタントの質も高いので、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。専門職・高年収に圧倒的に強く年収600万以上の50代には必須!

DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!スカウト機能で自分の市場価値を図ることも可能!内定の可能性も調べられます。

転機
年収800万以上を目指すなら転機
ハイクラス人材を対象とした転職サイト。「社長の右腕」への立候補やスカウトオファーが可能。年収800万円以上の案件を千件以上掲載。50代~シニア層も歓迎。

50代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

50代転職 鉄板ガイド

50代転職 鉄板ガイド
働き方にこだわる?経験を活かす?
仕事への着目点を変える
 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
22,613views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
2
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
7,704views
マンガでわかる! 転職物語
3
マンガでわかる! 転職物語
7,562views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
4
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7,265views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
5
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
6,146views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6,136views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
5,911views
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
8
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
5,177views
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
9
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
4,218views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
4,033views
ページのトップへ