【キャリアコンサルタント監修】50代の転職は厳しい?『やってはいけない転職法』

50代転職 やってはいけない転職法と、成功への3ステップ

50代の転職は、転職者と採用担当の双方にとってとても厳しい。年齢が上がっていくにつれて転職すること自体が難しく、若年層に比べると遥かにいばらの道ゆえに、後がないため失敗も恐れてしまう50代・中高年の転職。

採用する側も慎重に人材を見極めなくてはいけないという高いハードルとなってしまっているのが現実です。

世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一時的に求人数は落ち込んでいましたが、経済の回復とともに転職市場も回復しています。

新型コロナウイルスの影響で各企業が求人をストップし、仕事がないのでは?と心配の声もありましたが、前向きに人材確保している企業も多い中、様々な形で転職に成功している50代がいるのも事実です。

ここでは、転職先が決まらない50代がやりがちなNG転職法と、成功のための3ステップを紹介します。

この記事の監修者:川村琢也さん
  • 国家資格キャリアコンサルタント

プロフィール

大手人材会社に15年、研修会社に3年在籍し、現在、HRコンサル会社にて教育プログラム管理、人事評価制度構築、求人コンサルティング、紹介エージェントをしつつ、フリーで研修講師、キャリアコンサルタントとして活動中。

50代がやってはいけない転職法

ハローワークだけを頼ってしまう

再就職・転職を考えたときにハローワーク(公共職業安定所)を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

地域性や世代的にも「仕事探し=ハローワーク」となっている方は多く居ます

退職後は、失業手当の手続き等で必ずハローワークを利用するため、そのままの流れで仕事探しを行うことでしょう。

公的な機関ということもあり信頼のおけるサービス機関であるという認識が強いですが、必ずしも的確にマッチングしてもらえるとは限りません。

ハローワークの求人は企業が無料で求人票を出すことが出来るため、求人が多いのは強みですが優良企業かどうかが問われます。

そして多くの相談員が在籍していますが、かならずしも一定の質を担保できているとは言い切れません。

まずあなたが言われることは、

  • 50代なら条件を下げましょう
  • 仕事は選べません
  • コネがないなら難しいでしょう
  • あなたに紹介できる求人はありません

などが想定されます。

ハローワークを頼るのは悪いことではありませんが、「優良企業ではない求人もある」「相談員の質が担保されているとは言い切れない」といったデメリットがあることを認識しておきましょう。

若手向けの転職サイトを利用してしまう

転職活動方法として今やなくてはならない転職サイト。

ハローワークと違って企業側は求人掲載が有料となりますが、応募に人を介さない分、ハローワークのようなデメリットなく転職活動できるのではないかと一見思います。

それもその通りではありますが、注意点もあります。転職サイトは、20代~30代の若手の転職に強いサイトもあれば、中高年向けのサイトもあります。

そのことを知らずに登録した場合、書類選考が通らない、そもそも連絡すら来ないということも起こり得るのです。

家でもどこでも応募できる転職サイトは、裏を返せば倍率の高い中で、ポテンシャルもあって採用コストが低い若手と比べられることになります。

面接などで実績・キャリア自慢をしてしまう

50代ともなると役職に就いていたり、今までの経験や実績が豊富な方も多くおられると思います。

しかし、企業が50代の皆様に求めるものは経験でしょうか?実績でしょうか?

もちろん、そこを求める企業も少なからず存在します。ただし本質的に50代が求められるものは「人間性」に多くの比率が占められます。

  • 若手管理職ばかりなのでしっかり束ねられる人材が欲しい
  • 世代交代で若社長に継がせたのはいいが古い社員とのしこりがあり、取り持ち役が欲しい

等々、企業もその世代に適合する人材活用を望む傾向にあります。

その中で実績やスキルをアピールしても『扱いにくい人間だ』『実績は社内の人間もう充分に間に合っている』と受け止められてしまいます。せっかくの実績を活かせそうな場面があるのにもったいない。

その実績やキャリアは羅列するのではなく、それを転職先でどう活かしていきたいか(活かせるのか)、より具体的に伝えましょう。

そうすることで、自慢話はプレゼンへと変化し、より強力な売り文句となります。

失敗回避!50代の転職成功への3ステップ

50代がやってはいけない転職法

  • ハローワーク頼み
  • 見栄えのする若手向き転職サイトのみで探そうとする
  • 自己PRが過去の自分自慢

3つの『50代がやってはいけない転職法』から見てもわかるように、50代の転職は非常に厳しいことがわかります。

ですが、厳しい中厳しいなりの転職の仕方があります。手順を間違えると、大幅な条件悪化、空白期間の長期化、自信喪失・・・と負のスパイラルに陥ります

ここで、50代転職成功のための3ステップを紹介します。手順と理由を説明しますので、ブックマークをして、失敗しても次のステップにつなげられるよう備えてください

ステップ1.まずは市場価値の確認

50代の転職が厳しいからと言って最初から条件を下げて探す必要はありません。

他の年代にも言えることですが、結局は需要と供給の問題で、マッチングさえすれば価値がつき、そうでなければ低い金額を提示されるのは当然のことです。

まずは市場価値の確認から始めます。
具体的に言うと、ビズリーチのようなスカウト型の転職サイトに登録します。

50代がスカウト型転職サイトで確認すること

  • 需要はあるのか(スカウトは来るのか)
  • どんな条件で提示されるのか
  • 自分が興味を持てる求人はあるのか

経歴はできるだけ細かく、ヘッドハンターの検索で引っかかるよう、言葉や言い回しを変えて色んなワードで入力しておくのがポイント。

ビズリーチhttps://www.bizreach.jp/のスカウトで転職するのが一番条件を落とさず好条件で転職できる可能性が高くなります。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
特徴 スカウト型転職サイト
ターゲット 年収500万以上
地域 全国・海外
求人の特徴 高年収・管理職・条件重視の案件に特化

ただし、ビズリーチに登録してもスカウトが来ない、気に入る求人がない。ということは当然あります。

スカウト型が苦手ならJACリクルートメントもおすすめ

ビズリーチのようなスカウト型の転職サービスでは、ヘッドハンターからのスカウトを待たなくてはなりません。そうではなく、コンサルタントから企業を紹介してもらいたい方には「JACリクルートメント」がおすすめです。

ビズリーチは有料会員のプランも存在しますが、JACリクルートメントは全てのサービスが無料で利用可能です。

中高年をターゲットにした転職エージェントサイトのため、利用者の約半数が40代以上。マネジメント職やスペシャリストの求人が多く、年収アップも期待できます。

公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
特徴 年収600~1500万円がメインのハイクラス転職エージェント
ターゲット 年収500万以上の中高年世代
地域 全国・海外
求人の特徴 ハイクラス求人に特化、人気の高年収・リモートワーク求人多数

業界に精通したキャリアコンサルタントが複数担当に付き、質の高いサポートを提供してくれるのも評判を呼んでいます。

市場価値確認のために登録時にプロフィールを充実させておくことは、スカウト型でなくても重要なので、魅力的なプロフィール作りを心がけましょう。

ここで次のステップに入ります。

ステップ2.人材紹介+スカウト+求人応募で攻める

ビズリーチとJACリクルートメントはどちらかというとハイクラス向け転職サイトであると同時に、管理職やこれといった経験がない50代や、経験はあるけれど年収を多少を落としても精神的・肉体的負担が少ない仕事に転職したい。という人には少し重たいかもしれません。

ここで利用したいのが、転職エージェント(人材紹介)+スカウト機能+転職サイトの機能を兼ね備えたdoda https://doda.jp/です。

3つの機能を兼ね備えるため、あらゆる方面からのアプローチと、未経験から管理職求人まで年収・職種も幅広く扱う為、選択肢が広がります。

求人の特徴求人数トップ・職種問わず幅広い対応力

公式サイト https://doda.jp/
サービスの特徴 転職エージェント+転職サイト兼用
年齢 全世代対応
地域 全国・海外

ビズリーチはある意味条件志向の求人のため、求人の幅としては偏りがあります。
その点求人数業界トップのdodaは職種、ポジション問わず、幅広い求人を取り扱うため選択肢は広がります。

また、スカウト機能は当然のこと、自分で探して応募する転職サイト、バックアップがつく転職エージェント機能を兼ね備えるため、あらゆる方向で網羅することができます。

コロナ禍で仕事がないと感じている50代でも、不況に強い安定の優良企業を豊富に扱っているdodaは大いに試す価値がある転職エージェントです。

ステップ3.50代の転職実績が豊富な場所へ相談

ここまで試してみて、それでも良い反応が出なかった人は、50代の転職に強い転職エージェントを利用しましょう。

書類の添削・面接の傾向・企業の好みなど多方面からのサポートと、エージェントから推薦され、後ろ盾があって初めて『内定をもらえた』という人も多く居ます。

50代が使うべき転職エージェント

  • 50代の転職実績が豊富
  • 企業としての歴史が長い
  • 紹介実績が業界トップクラス
  • 幅広い年代・職種に対応している

後ろ盾にする転職エージェントは、50代の転職実績が多いところを選択するというのは当然ですが、そのエージェント自体の社会的な信用度も重視しましょう。

リクルートエージェントはこれまでに累計54万名以上(※2020年3月期)の転職支援をしてきており、50代の転職支援に於いても豊富な実績があります。

非公開求人も含み20万件以上と他を圧倒するほどの豊富な求人数も魅力の一つであり、経験・実績豊かなキャリアアドバイザーの的確なアドバイス・サポートで求人企業と転職希望者とを高い精度でマッチングさせています。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは質の高さに定評があり、企業からも利用者からの信頼も厚いリクルートエージェントを選ぶのが吉◎

公式サイト https://www.r-agent.jp/
特徴 転職成功実績トップ(54万名以上)
地域 全国・海外
ポイント 40代・50代の転職実績が豊富
専門家がアドバイス!
キャリアアドバイザーの見極めも重要です

転職活動はついつい自分を強調しがちになり、自分の見方に偏り、視野が狭くなります。

・自分がいまどういう状態なのか
・どう見られているのか

等をプロの目から客観視して、視野を押し広げてもらう意味で、就職エージェント(コンサルタント)を使うことは有効な手段です。

ただし担当エージェントのレベルだと単なるセールス職である場合が多く、今ある案件にマッチングしない場合は真剣に対応しない可能性が想定されます。可能な限りキャリアコンサルタントの有資格者に持ちかけることをお勧めします。

注意していただきたいのは「キャリア構築理論」「偶発性理論」等の学術知識だけでキャリアを語るコンサルタント。当然理論と現実にはギャップがあります。現場を理解してより客観視できるという意味で、担当してもらうエージェントはセールス兼キャリアコンサルタントであるとベストです。

川村琢也さん
  • キャリアコンサルタント

50代が転職活動で抱えやすい悩みや疑問

50代の転職での悩みや疑問について代表的な7点を記載しています。ご参照、ご活用ください。

50代の後半でも転職はできる?

こちらの表は、厚生労働省の『令和2年雇用動向調査』にある、『年齢階級別転職入職率』の統計です。

50代転職

50代の転職入職率は決して高いとは言えませんが、実際に転職を成功させている方はいます。特に男性に関しては、50代前半よりも50代後半のほうが転職入職率が上がっています。

最初から諦めてしまう前に、まずはポジティブに行動を起こすことが重要です。

50代の転職は無資格だと難しい?

50代の転職で、企業が50代に求めているものは『資格』ではありません。では何を求められているかというと、『経験』です。

前述のように様々な経験の中で培ってきた応用力やマネジメント力が50代の武器。誰もが持っているような資格を取得する時間があるとするなら、企業研究や、よりスキルや知識をアップさせる勉強をするほうが有意義です。

それでも少しでも有利になる資格が欲しいと考えるのであれば、独占業務があるような実用的な国家資格を取得することをおすすめします。

独占業務があるような国家資格であれば、コンサルティングファームへの転身もしやすくなりますし、将来的に起業やフリーランスになるという選択肢も増やすことができます。

宅地建物取引士(宅建士)、マンション管理士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(FP)、社会保険労務士(社労士)、中小企業診断士、社会福祉士、登録販売者、電気工事士、危険物取扱者など

50代の転職は男女で違いはある?

50代ともなれば、お子様も手を離してもよい年齢となる場合が多く、より仕事に専念できるようになる年齢です。

女性のハイキャリアは倦厭される時代もありましたが、昨今では働きたい意志があれば女性でもチャレンジしやすくなってきています。

男女別の平均年収統計を見ると、家事・出産・育児に関わる期間が多い関係で女性の方が低くなる傾向にありますが、キャリアを積んできた層に至っては待遇に差がなくなりつつあります。

自分の頑張り次第で、現在では転職に男女の差はあまり無くなってきています。

50代で異業種に転職はできるのか

例えば営業職や事務職のように、どんな業界でも必ず必要な職種は、業種を跨いでも馴染みやすい土台があるので、転職チャレンジのチャンスは大いにあります。

また、50代ともなればジェネラリストとしてマネジメント力を求められるような役職や、リーダー経験がある人も多いでしょう。

ハイクラスやエグゼクティブ層への転職を考えている方であれば、実績やマネジメントスキルを評価してもらうことで、異業種への転職チャンスは十分にあると思います。

50代でも未経験で転職できる職種はある?

未経験転職で求められるものは、基本的に『ポテンシャル』です。ポテンシャルといえば、どうしても20代に勝つことは難しく、一般的に見ても30代前半まででないと厳しいと言われているため、未経験は歓迎されません。

ただし、『50代未経験でも入りやすい職種』というものもあります。どういうことかというと、現在急成長中の業界で、万年人手不足に悩まされている『売り手市場』では、猫の手も借りたい状態で、熱意さえあれば50代でも採用される可能性が高いのです。

介護や福祉、IT系、建築・不動産といった業界が『売り手市場』に該当します。

また現在「地方活性」をキーワードに、国や地方自治体支援の下で地元商工業社及び組合等が積極的にこの年代を採りに来ています。

理由は労働力減少だけではなく、管理層の高齢化(定年越え)と事業継承がトリガーとなっており、都会よりシビアな問題です。

実家がある、若しくは生まれ育った場所という理由だけでなく、全く縁もゆかりもなかった地方へ目を向けると自分を活かせるチャンスは意外と多く転がっています。

50代でも転職で年収を上げることはできる?

厚生労働省が行った統計で、『令和2年雇用動向調査』の中の『転職入植者の賃金変動状況』から抜粋したものをグラフにしました。

50代転職

(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/dl/gaikyou.pdf)

転職したことで収入はどう変わったかを表したものです。50代前半も後半も『変わらない』と答えた人が30%ほどで、50代前半では一番多いです。しかし、次点では『1割以上減少』しています。50代後半では1割以上減少している人が一番多く、40%に届くほどになっています。

50代での転職で、年収を上げたいと希望する方は多いですが、残念ながら「絶対に上げる」というこだわりの元で転職活動をすると、長期化する可能性が高くなりがちと言われています。

転職で一気に年収アップを狙うのではなく、転職直後は低くても、入職後に実績を作って年収を上げていくのを目指すことをお勧めします。

50代の転職活動期間を知りたい

「50代の転職では長期化しやすい」などという話はよく聞きますが、実際にどれくらいの期間でみんなは転職を決めているのか、自分の転職活動の指針にするために一般的な転職活動期間を知っておくと安心できますよね。

こちらは厚生労働省の『令和2年転職者実態調査』の『転職について』の統計から、年齢別離職期間の50代の部分を抜粋して表にしたものです。

50代転職

(https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/6-18c-r02.html)

離職期間なしで転職したという人は、50代前半でも後半でも25%に届いていません。その他は退職後に転職活動を行っていることになります。長くなればなるほど生活を圧迫するようになるため、転職活動にどれだけ時間がかかろうと、まずは『仕事を辞めない』事が重要になります。

転職を考え実行に移すという事は、少なからず現職への不満を抱いていることと思います。「辞めよう」と決めたら、できるだけすぐに辞めてしまいたいと思ってしまうのも分かりますが、転職はいくら一般的な例を確認したところで人それぞれ。やってみないと分かりません。

後でやめてしまったことを後悔しないよう、転職活動は、現職を辞めずに働きながら行うのが、焦りを呼ばずにマイペースを保ってできる秘訣になります。

まとめ 50歳から転職成功のために

50代が再就職・転職を成功させるためには、在職中から「市場価値を知る」「自己分析をする」この2つは絶対にしておくべき大切なポイントとなります。

この2つに加え、なるべく多くの求人情報に触れ希望条件にマッチした求人を探しておくことや離職期間を短くするために計画的に応募し内定をもらっておくことが出来れば理想的です。

これら全ての流れを効率良く行えるのが転職エージェントをはじめとした転職支援サービスです。はじめての転職の人はもちろんのこと、転職回数が少ない人でも安心して転職活動を進めていけるはずです。

厳しいと言われている50代転職でも転職エージェントを最大限活用し有意義な転職としていきましょう。

専門家がアドバイス!
本当に転職すべきか?じっくり考えてから決断を

「今ちょっと仕事がマンネリ化してるし、上司/部下ともなんか距離を感じる」
「入社した当初より給与が上がらない」
「最近この業界はいい話が聞かれない」
等の悩みや不満が増える。これが50代という年代です。

転職はどうしても「現状に不満がある」前提で話が進みますが、むしろ「現職に特段不満はなく、ある程度高評価。その部分をさらに高めたい」といった状態でのする方が成功確率は高くなります。そうでないのであれば、「現職の中で様々な仕事に挑戦して、できる仕事を増やすこと。そして何らかの成果を上げること」に邁進していただくことをお勧めします。

今の日本は空前の転職ブームと言っても過言ではありません。「転職なんてこらえ性のな人間のやることだ!」といった風潮があった時代の方々にとってこの異常なくらいの転職ブームには抵抗感を感じる方も多いと思われます。流行りに身を任せるのではなく、「その転職は今本当に必要なのか」を自己分析することがまずもって必要ではないでしょうか。

川村琢也さん
  • キャリアコンサルタント

50代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法


50代におすすめ関連記事

50代の転職で『やってはいけない転職法』
後がないため失敗を恐れてしまう50代・中高年の転職でやりがちなNG転職法とは?目的別、中高年・50代のための転職エージェントもご紹介。
50歳から始める仕事の探し方
様々な成功例を基に50歳から始める上手な仕事の探し方・選び方を伝授。
50代でリストラその後。再就職できた人は何してる?
50代の再就職は「人生の総まとめとして、どう生きるか」問われるもの。50代でリストラされた人へ、再就職のアイディアをまとめました。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷