> 【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』

【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』

24394 views

年収が前職の70%に!? 50代の転職は絶対NG!その理由とは?

今や転職は若い世代に限ったことではなく、40代・50代のミドルからシニア世代の中高年でも活発に行われています。

ですが、40歳・50歳と年齢が上がっていくにつれて転職すること自体が難しいため、若年層に比べると遥かに厳しい上に、後がないため失敗も恐れてしまう50代・中高年の転職。

そんな厳しい中でも様々な形で転職に成功している50代がいるのも事実です。

ここでは、50代がやりがちなNG転職法と、成功事例を見ていきます。

やってはいけない50代の転職法

ハローワークは使うな

再就職・転職を考えたときにハローワーク(公共職業安定所)を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

地域性や世代的にも「仕事探し=ハローワーク」となっている方は多く居ます。

ハローワークは公的な機関であり信頼のおけるサービスであることには違いないのですが、50代の転職活動で使うべきではありません。

面接まではスムーズに進めても企業側が積極的に採用しようとする意思がない、年齢的に弾かれてしまう‥など。

応募数も多く、若手と比べられるハローワークを50代が利用するのはリスクが高いと言えるでしょう。

転職サイトは若手向け

転職活動方法としてメジャーになりつつある転職サイト。

場所を選ばずパソコンやスマホから気軽に求人検索・応募出来る方法として多くの転職希望者が利用しているサービスですが、50代の転職活動法としては注意が必要です。

転職サイトは求人検索をし自ら応募する流れとなります。20代・30代の若手であれば選べるほどの求人に出会える可能性が高くありますが、50代以降となると応募できる案件が少ないだけでなく、それなりのキャリアがなければ更に選択肢がグッと狭まってしまいます。

情報収集を目的に登録しておくこと自体は良いと思いますが、転職サイトだけを利用して再就職・転職を成功させようと考えていては厳しい現実を目の当たりにしてしまうかもしれません。

実績・キャリア自慢

50代ともなると役職に就いていたり、これまでの豊富な経験・実績に自信を持っている人も多いことでしょう。

でもその実績は、あなただけが持っているものではないのです。

もちろん、仕事上での経験や実績は自身の能力を活かし即戦力として迎え入れられるために重要な意味を持っていますが、実績や経験は50代にとって持ってて当たり前のもの。

アピールはかえって“扱いづらい“と敬遠されてしまう可能性も大いにあります。

これまでのキャリアや実績がどんなに素晴らしいものでも再就職・転職先では“新人”です。謙虚な姿勢で豊かな人間性をアピールすることのほうが数倍印象が良くなります。経験や実績は自ずと付いてくるものです。

退職前にまず市場価値の確認を

マイナビミドルシニアが行った50歳を過ぎ転職をした人の離職期間に関する調査によると、

直前の勤め先を離職してから現在の勤め先に就職するまでの期間

  • 離職期間なし(23.7%)
  • 1ヶ月未満(31.3%)
  • 1ヶ月以上2ヶ月未満(13.1%)
  • 2ヶ月以上4ヶ月未満(10.1%)
  • 4ヶ月以上6ヶ月未満(4.9%)
  • 6ヶ月以上8ヶ月未満(5.0%)
  • 8ヶ月以上10ヶ月未満(1.3%)
  • 10ヶ月以上(6.7%)

※引用:マイナビミドルシニア「【50-54歳向け】転職理由や、決めた理由!データから見る転職事情」
(https://mynavi-ms.jp/magazine/detail/000345.html)

離職期間なし・1ヶ月未満で半数以上を占めていることが分かります。厳しいと言われている50代の転職と考えると意外な結果ではありますが、就職・転職活動の長期化を避けるため在職中から計画的に活動を始めている人が多いからではないかと推測されます。

退職前に自身の市場価値を確認し、適正な条件での転職先を探していくことが一つのポイントとなってきます。

市場価値を確認する方法としては以下の方法が挙げられます。

スカウト型転職サイトで温度感の確認

他の企業から求められる人材であるのかを見極めるために、スカウト型(ヘッドハンティング型)転職サイトに登録をし実際に企業の目に留まりスカウトが届くのかを確認することができます。

受け身の転職活動とはなりますが、スカウトの回数・スカウト内容(ポジション・年収例など)から自身の市場価値を客観的に知ることが出来るツールとして活用できます。

転職エージェントで客観的意見を聞く

転職のプロにサポートをしてもらいながら転職活動を進めていける転職エージェントでも市場価値を確認することができます。

転職エージェントによっては市場価値を導き出す独自のサービスを提供しているところもありますが、転職エージェントでは何万、何十万人もの転職希望者の転職支援をしてきたノウハウがあることやキャリアアドバイザーと一緒にキャリアの棚卸しをしていくことで、自分では気付かなかったあなたの価値を見いだしてもらう、第三者からの客観的な意見・アドバイスをしてもらいながら市場価値を知ることが可能です。

目的から見る50代の転職法

自身の市場価値を知り効率の良い転職活動として行くためには、スカウト型転職サイトや転職エージェントに登録をして進めていくことが理想です。

そして、数多くの転職支援サービスがありますが、どのサービスでもいい訳ではなく転職の目的に合わせたサービスを利用することが転職成功への近道となります。

条件重視で転職する

Pointスカウト型転職サイト

キャリアに自信がありポジションや年収にこだわった転職を叶えたいのであれば、スカウト型転職サイトである「ビズリーチ」が有効です。

ビズリーチは管理職や経営幹部など高年収求人を多数掲載しているハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流ヘッドハンターからのスカウトにより転職活動を進めて行くことが出来ます。

公開求人数:109,000件、採用企業数(累計):10,100社、登録ヘッドハンター数:3,000人と国内最大級のスカウト型転職サイトであるビズリーチでは、他には出回らないようなクオリティーの高い求人を豊富に取り揃えているので条件を重視した転職を希望している50代に最適です。

ビスリーチは転職状況に合わせ有料プラン・無料プランから利用プランを選べるため、転職活動の幅を広げ積極的に進めて行きたい人は月額2,980円~の有料プランをおすすめします。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 高年収・管理職・条件重視の案件に特化

とにかく求人数を集める

Point転職サイト+転職エージェント

dodaは非公開求人を含め13万件以上の求人数を誇る業界トップクラスの転職支援サービスです。

若い世代と比べ求人数自体が少ない50代だからこそ、出来るだけ数多くの求人を集めたい50代

その中からじっくり選んでいきたい人におすすめなのが転職サイト+転職エージェントを兼ね備えたdodaです。

転職サイトとして求人を検索するだけでなく、求人紹介や転職サポートが受けられる“エージェントサービス”とあなたの経験やスキルに興味を持った企業からオファーが届く“スカウトサービス”も併せて利用出来るため、転職の幅・可能性を広げたい50代にも使い勝手の良いサービスです。

dodaには「年収査定」や「キャリアタイプ診断」「合格診断」など市場価値・自己分析を可能とする便利なツールが用意されているので、在職中からの転職活動に活用しやすいことも特徴の一つです。

公式サイト https://doda.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 圧倒的な求人数,転職サイト+転職エージェント

50代の転職実績の多さで探す

Point中高年の転職実績トップ

キャリアや実績にそれほどの自信がなく、転職への不安が大きい人は、40代・50代の転職支援実績が豊富なリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントはこれまでに累計45万名以上(※2018年3月期)の転職支援をしてきており、50代の転職支援に於いても豊富な実績があります。

非公開求人も含み20万件以上と他を圧倒するほどの豊富な求人数も魅力の一つであり、経験・実績豊かなキャリアアドバイザーの的確なアドバイス・サポートで求人企業と転職希望者とを高い精度でマッチングさせています。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは質の高さに定評があるため、転職エージェント選びに迷ったらリクルートエージェントに登録をして損はありません。

公式サイト https://www.r-agent.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 業界トップの求人数,資格なしでも登録可

【失敗】50代の就活NG例

転職エージェントに相談をしてアドバイスをもらいながら転職活動を進めて行けば、よほどのことがない限りNG行動をすることはないと思いますが‥やってしまいがちな50代の就活NG例を以下に挙げていきます。書類選考・面接時には注意しましょう!

実績をアピール

『やってはいけない50代の転職法』でも話したように「私はこんなに凄いんだ」と経歴や実績をアピールし過ぎるのはNG!プライドが高く扱いづらい人だと思われてしまっては本末転倒です。

特定の業種や職種にとらわれたスキルをアピールするだけでなく、真面目さや責任感、積極性など人間性や人柄を表すポータブルスキルで勝負しましょう。

年収、条件の要求

50代の転職でネックとなることの一つとして“高年収”であることが挙げられます。只でさえ容易ではない転職であるのに高年収・高待遇な条件を提示するのはNG!

よっぽど価値のある人材でない限り、若手と比べられ不利になってしまうでしょう。現状維持、もしくは年収ダウンも覚悟しておく必要があります。

転職エージェントではあなたに代わりキャリアアドバイザーが雇用条件の交渉をしてくれるので、サービスを上手に利用していくことも一つの方法です。

適切ではない履歴書

面接前の壁として立ちはだかる書類選考。履歴書や職務経歴書など応募書類の内容次第では書類選考に落ち続け門前払いとなることも。

履歴書に空欄や「特になし」と書いてしまうことはもちろんのこと、50代にもなって部活、得意教科など書いても全く意味がありません

応募書類で上手にアピールをし「会って話がしてみたい」と思わせるような魅力的な内容となるように心掛けましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方が不安な時は転職エージェントで応募書類作成サポートを受けることも可能です。

まとめ 50代転職成功のために

50代が再就職・転職を成功させるためには、在職中から「市場価値を知る」「自己分析をする」この2つは絶対にしておくべき大切なポイントとなります。

この2つに加え、なるべく多くの求人情報に触れ希望条件にマッチした求人を探しておくことや離職期間を短くするために計画的に応募し内定をもらっておくことが出来れば理想的です。

これら全ての流れを効率良く行えるのが転職エージェントをはじめとした転職支援サービスです。はじめての転職の人はもちろんのこと、転職回数が少ない人でも安心して転職活動を進めていけるはずです。

厳しいと言われている50代転職でも転職エージェントを最大限活用し有意義な転職としていきましょう。


50代におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
ビズリーチ
ビズリーチ
年収2000万以上のハイクラス求人あり
エクゼクティブ向け求人に特化したビズリーチにはハイクラス求人を多数保有。中には年収2000万を超えるものもあります。現在の年収のまま、定年退職を迎えるのに躊躇のある実力派の50台にお勧めの転職サービスです。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
幅広い求人情報に当たりたい50代の味方
できるだけたくさんの企業の求人情報に当たりたい50代にとって、非公開求人を10万件以上保有するリクルートエージェントは登録しておきたい転職サービスの一つ。複数企業との交渉を平行する際便利なPersonal Desktopなど独自の機能も魅力的。
doda
doda
圧倒的な求人数で50代以上の転職も支援
若いほど有利といわれる転職市場ですが、100000件以上の求人数を誇るdodaならば50代、60代の求人案件も見つかりやすいです。スカウト機能も付いているので、アピールできるキャリアがある50代なら企業から応募を促される可能性も。
リクナビネクスト
リクナビネクスト
転職に踏み出す第一歩。50代求人の現状が分かる
リクナビNEXTは転職の入り口となる転職サイト。求人情報が公開されているので、50代で転職できる職場にはどんなところか眺めて大まかな現状をつかむのに最適。また各種転職エージェントと提携し求人情報の一部を公開しているので、転職エージェントの比較に利用する手も有り。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
最後の転職を満足いく結果で終えたいならお勧めのエージェント

JACリクルートメントの特徴は一人のコンサルタントが企業と転職者両方を担当する就職支援のあり方。担当コンサルタントが企業の情報に精通しているから転職前の情報をあらかじめ知ることができ、後々後悔しない転職を実現できます。最後の転職を満足した結果で終わりたいなら登録してみましょう。

50代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法


50代におすすめ関連記事

50代の転職は絶対NG!再就職できない転職事情
50代での転職は、年収ダウン、離職期間の長期化などデメリットばかり。転職は絶対に無理と思っている人に、実際の転職成功法を伝授。
50代からの転職OKな仕事10選
50代向けの仕事探しはポイントをおさえれば経歴に不安がある人でも再就職が可能です。未経験、資格なしの50代でも就きやすい仕事10選を大公開。
50代でリストラその後。再就職できた人は何してる?
50代の再就職は「人生の総まとめとして、どう生きるか」問われるもの。50代でリストラされた人へ、再就職のアイディアをまとめました。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
104,318views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
43,693views
50歳から始める仕事の探し方
3
50歳から始める仕事の探し方
24,715views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
24,394views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,027views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,650views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
21,006views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
17,335views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
16,935views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
10
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,741views
ページのトップへ