【仕事の悩み】グレーゾーンの方の「仕事の辛さ」を最速で解決する方法

発達障害の症状があるにも関わらず、診断名がでない。いわゆる『発達障害グレーゾーン』。グレーゾーンであることが原因で、仕事の悩みを抱えてる方は多いでしょう。

そこで、今回は発達障害グレーゾーンの方の、こんな悩みにお答えします。

  • 勇気を出して病院に行ったのに、診断名がでなかった。こんなに辛い思いしてるのに…。
  • いわゆる『グレーゾーン』の私は、「仕事ができない人」ってレッテル貼られながら仕事するしかないのかな…。
  • 転職したいんだけど、グレーゾーンと言えばどんな職がオススメ?

こんなお悩みを解決するため、今回は『グレーゾーンの辛さを、最速で解決する方法』を紹介します。

どうすれば『最速』で辛さを解消できるのか?それは『転職』することです。

たしかに、『症状と付き合う方法』や『対処する方法』もあります。
それなら、いまの職場を辞める必要はありません。
ただし、その場合、どうしても長期間「辛さ」と戦うことになります。

そこで『転職』という方法をとることで、すぐに辛い思いから解放されます。さらに、仕事の選び方次第では、『発達障害の弱み』を『強み』に変えることができるのです。

さあ、あなたも仕事仲間からの、「あの人、仕事遅いんだよな…」「要領が悪すぎる!!」などの声を一変させてみませんか?

あなたはどのタイプのグレーゾーン?

一言で『グレーゾーン』といっても、人それぞれ特徴があります。
まずは、その特徴を知りましょう。

グレーゾーンの特徴を知る手順

①紙とペンを用意してください。

②仕事中を思い返して、下記を紙に書き出してください。

  • 仕事で得意なこと
  • 仕事で苦手なこと
  • 仕事で『困難』と感じること(ex.「同僚と上手く話せない」など)
  • やりがちなこと(マイナス面)

③下記と照らし合わせることで、「どのタイプのグレーゾーンなのか?」を知ることができます。

【ASD(自閉スペクトラム症)】
  • あいまいな指示が理解できない
  • 手順通りの仕事が得意
  • 急な予定変更でパニックになる
  • チームでの業務が苦手
  • コミュニケーションが苦手
【ADHD(注意欠陥・多動性障害)】
  • 作業に集中することができない
  • ケアレスミスが多い
  • 忘れ物が多い
  • 好きなことには没頭できるが、周りが見えなくなる
  • 整理整頓ができない
  • 衝動的に発言したり行動してしまう
【LD(学習障害)】
  • 「文章」を読むことが苦手(「れ」と「わ」の違いがわからない、読み間違えが多い、など)
  • ケアレスミスが多い
  • 「書く」ことが苦手(鏡文字を書いてしまう、漢字が苦手、誤字脱字が多いなど)
  • 「計算」が苦手(カンタンな計算ができない、数字が読めない、数字の『大小』がわからないなど)

自分の特徴がわかったら、その特徴に合った仕事を知りましょう。

【グレーゾーンの特徴別】あなたに向いてる仕事は?

自分のグレーゾーンの特徴に向いてる仕事を知りましょう。

あなたに向いてる仕事をするダケで、いままで『弱み』だったことが『強み』に変わります。
つまり、発達障害グレーゾーンでない人より、「仕事ができる人」になれます。

ASD(自閉スペクトラム症)傾向の人に向いてる仕事

ASD傾向の方に向いてる仕事は「主にひとりで集中してできる仕事」、「ルール・マニュアル通りにできる仕事」です。

  • プログラマー
  • ライター
  • 工場のライン作業員
  • 清掃業(ホテルの掃除など) など

ADHD(注意欠陥・多動性障害)傾向の人に向いてる仕事

ADHD傾向の方に向いてる仕事は、前提として「興味のある仕事」。そして「行動力の高さが強みになる仕事」、「クリエイティビティの高さを活かせる仕事」です。

  • 営業・企画職
  • デザイナー
  • エンジニア
  • イラストレーター など

LD(学習障害)傾向の人に向いてる仕事

LD傾向の方に向いてる仕事は、「苦手なこと(読み・書き・計算)以外の仕事で興味のある仕事」、「『視覚・聴覚で全体を把握できる能力』の高さを活かせる仕事」です。

  • 広告業界
  • CADオペレーター
  • カメラマン
  • 調理師 など

発達障害グレーゾーンの、すべての方に共通することがあります。
それは、『興味があり、かつ自分の苦手なことをしなくて良い仕事』をすることで、発達障害でない人よりも「仕事ができる人」になれるということです。

【グレーゾーンの方向け】無料であなたに最適な仕事を探せる方法

では、自分に向いてる仕事の探し方を紹介します。
ここで紹介する仕事の探し方は、『無料かつ失敗しない方法』です。

「有料でもいいから、支援を受けながら仕事探しがしたい!!」

という方は、『就労移行移行支援』を受けるとよいでしょう。
『就労移行支援』については、下記の記事を参考にしてください。

(『就労移行支援事業所について』の記事内部リンク)

ハローワークと転職エージェントを活用しよう!!

では、さっそく『無料かつ失敗しない仕事の探し方』を紹介します。

『ハローワークと転職エージェント』に登録し、仕事探しをしましょう。

なぜ『ハローワークと転職エージェント』で仕事探しをするといいの?

仕事探しに『ハローワークと転職エージェント』の併用をオススメする理由は、選択肢を増やしたうえで、『選択の迷い』をなくすためです。

ハローワークには、多くの求人があります。その中から、『グレーゾーンへの理解があり、自分の特性にピッタリ合った職場選ぶこと』は一苦労でしょう。
一応、窓口の方に相談することができますが、正直親身になってくれる人は少ないです(1日に何十何百人の求職者の相手をしているため)。

そこで、併せて転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、ハローワークに載っていない、大企業やニッチな業界の会社の求人を多く取り扱っています。
そして、『あなた専属のアドバイザー』が付き、グレーゾーンへの理解がある、あなたにピッタリな職業紹介をしてくれます。

ただし、転職エージェントは基本、成果報酬型。
『転職成功後、翌年の年収の30%を報酬として支払う』というような契約になっているエージェントが多いんです。
つまり、基本的に『完全無料』ではありません。

「頑張って働いても、その年の収入の数十%が引かれる。」って、嫌じゃないですか?

例えば、『転職後の年収が600万円』の場合、『成功報酬が年収の20%』=『120万円支払う』ってことです。

ですが、なかには『転職成功後も無料』の転職エージェントがあります。

完全無料の転職エージェント

『完全無料』の転職エージェントとは、「doda」です。
「転職ならデューダ!!」の広告でもお馴染みですね。

『完全無料』にも関わらず、しっかり専任のアドバイザーが付き、成功報酬型の転職エージェントと同じように仕事を紹介してくれます。

「利用者からの報酬がないなんて本当?大丈夫なの?」と不安に思う方も多いでしょう。

ですが、まったく心配はいりません。
なぜなら、『doda』は国内最大級の転職エージェントであり、信用が高いからです。『企業側が支払う料金』だけで十分やっていけるんです。

つまり、dodaは『信用が売り』ということ。
たとえば、企業が出してる求人にまったく合わない人を紹介してしまい、その人がすぐ辞めてしまうと、dodaの信用が傷つきます。

だから、あなたにピッタリ合った仕事を紹介してくれるんです。

【まとめ】発達障害グレーゾーンの悩みは、効率よく早く解決しよう!

今回の内容をまとめます。

【グレーゾーンの悩みを最速で解決する方法】

自分の特性に合った職場に転職する

発達障害グレーゾーンの『弱み』を『強み』に変えることができる。

以下、その手順。

①『どの障害の特徴が強いグレーゾーンなのか』を知る。

紙に下記のことを書き出す。
  • 仕事で得意なこと
  • 事で苦手なこと
  • 仕事に関連して『困難』に感じること(ex.「同僚と上手く話せない」など)
  • 仕事でやりがちなこと(マイナス面)
3タイプの『グレーゾーンの特徴』と照らし合わせ、「自分がどのタイプなのか」を知る。
  • ASD(自閉スペクトラム症)
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  • LD(学習障害)

②自分の特徴にあった仕事を知る。

  • ASD(自閉スペクトラム症)
  • 「主にひとりで集中してできる仕事」、「ルール・マニュアル通りにできる仕事」

  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  • 前提として「興味のある仕事」。
    そして「行動力の高さが強みになる仕事」、「クリエイティビティの高さを活かせる仕事」。

  • LD(学習障害)
  • 苦手なこと(読み・書き・計算)以外の仕事で興味のある仕事」、「『視覚・聴覚で全体を把握できる能力』の高さを活かせる仕事」

③『無料かつ、仕事選びに失敗しない方法』で仕事を探す。

  • ハローワークとdodaの両方に登録する
選択肢と「選択の迷い」がなくなる。

医師からの診断がでない、いわゆる発達障害『グレーゾーン』。
グレーゾーンであることが原因で、仕事で苦労してる方は「なんとか対策しないと。」と思いがちです。

しかし、実際は『いまの仕事のまま対策する』より『向いてる仕事に転職』のほうが、ストレスなく早く解決できます。

かつては「石の上にも三年」ということわざがありました。
しかし、わざわざ3年間辛さを我慢することに、はたして意味はあるのでしょうか?

『転職』=『逃げ』ではありません。

『転職』という手段は、『自分の行動力だけで解決できる』手段なのです。


障がい者におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
dodaチャレンジ
dodaチャレンジ
95%が満足!障害別に転職を徹底サポート
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス。大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人から、自分の適性に合った仕事を探すことができます。障がいの種類ごとに専任のアドバイザーが在籍しているので安心。大手エージェントでありながらも、求職者に寄り添った親身な対応が評判です。
ラルゴ高田馬場
ラルゴ高田馬場
600社の非公開求人の中から転職を支援
ラルゴ高田馬場は、1都3県に強みを持ってる障がい者に特化した就職・転職支援サービスで、業界実績は20年以上!扱っている求人の7割が30年以上続いている安定企業です。選考から就労後のアフターフォローまで徹底した支援により、就労後1年間の定着率は94%と高い実績を誇ります。
ココルポート
ココルポート
イチから就職を目指す!就労移行支援サービス
ココルポートは障がい者が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行うサービスです。就職の経験がない人、ブランクがある人も就職した実績多数あり。首都圏と福岡に事業所を展開しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷