上京しない方がいい人の特徴|上京で「人生変わった」人の体験談とは

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。



「東京での暮らしが合わない人の特徴は?」
「上京して人生が変わった人の体験談が聞きたい」
「上京する前にしておく準備は?」

上京を考えている方のなかには、上記のような不安や疑問を抱えている人もいるでしょう。

上京を検討するときには、自分が上京に向いているかを確認することが大切です。

そこで今回は、上京しない方がいい人・した方がいい人の特徴を紹介します。

実際に上京した人の体験談も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

上京しない方がいい人・東京が合わない人の特徴4つ

ここでは、上京に向いていない・東京が合わない可能性がある人の特徴を4つ紹介します。

  • お金の管理ができない人
  • 1人が苦手な人
  • 人混みが苦手な人
  • 新しい環境に馴染めない人

一度上京して就職すると、「合わない」という理由ですぐに東京を離れることは難しいでしょう。

そのため、上京を検討する際に自分が東京での暮らしが合っているかを確認することが大切です。

上京を決める前に、自分に当てはまる項目がないか確認してみましょう。

お金の管理ができない人

お金を自分で管理できる自信がない人は、上京をおすすめできません。

東京は地方と比較すると、家賃や物価が高額です。
同じ間取りでも、地方と比べると2倍以上の家賃を払う…なんてこともあります。

また、東京にはおいしそうな飲食店やおしゃれな雑貨店などがあり、誘惑も多いでしょう。

自分でお金を管理できないと、支出が増え、東京で暮らしていくことが困難になる可能性があります。

お金管理が苦手な人は、東京の暮らしに向いていないでしょう。

1人が苦手な人

1人で過ごすことに寂しいと感じたり苦手意識があったりする場合は、上京は避けた方がよいでしょう。

就職で上京するとなると、地元で暮らしている友人や家族と離れることになります。

1人で過ごすことが苦手な方は、上京して友人や家族がそばにいないと、話し相手がおらず孤独を感じる可能性が高いです。

寂しいと感じても、帰省するのに往復数万円の交通費かかるケースも多いため、頻繁に地元に帰るのは難しいでしょう。

「1人でもやっていける、新しい環境で頑張りたい」という強い気持ちがないと難しいかもしれません。

人混みが苦手な人

東京は地方よりも人口密度が高いため、人混みが苦手な人は上京したことを後悔する可能性があります。

とくに、新宿や渋谷などの主要駅付近は常に人が多く、歩きづらさを感じるでしょう。
飲食店などに入りたくても、混んでいて入れないことがよくあります。

また、平日の通勤時間帯はどの駅も混雑しており、満員電車での通勤が苦痛に感じるという人は少なくありません。

人混みが苦手な人は、東京でも生活にストレスを感じる可能性が高いでしょう。

新しい環境に馴染めない人

新しい環境に馴染むのが苦手な人は、上京しないことをおすすめします。

地元から東京に引っ越すとなると、まったく新しい環境での生活が始まります。

電車の乗り換え方法や物価の違い・周囲の人間関係など、上京後の新しい環境に慣れるには時間がかかるでしょう。

時間がかかっても新しい環境に馴染む努力ができる人でないと、東京での暮らしは難しいといえます。

上京した方がいい人・東京が向いている人の特徴3つ

ここでは上京した方がいい人・東京での暮らしが向いている人の特徴を3つ紹介します。

  • 明確な目的や目標がある人
  • 環境の変化についていける人
  • 何事にもチャレンジできる人

上京すると環境がガラリと変わってしまうため、東京での生活に苦労することも多くなります。

上京が向いている人の特徴をおさえて、準備を進めましょう。

明確な目的や目標がある人

上京して叶えたい明確な目的や目標がある人は、上京した方がよいでしょう。

目的や目標があるのに、上京するのを諦めると後悔が残ります。

また、明確な目的や目標がある人は、目的・目標達成に向かって新しい環境でも努力し続けられるでしょう

「東京でこの職種に就きたい」「専門分野で有名になりたい」などの具体的な目的・目標がある人は、上京して挑戦してみることをおすすめします。

環境の変化についていける人

東京での暮らしに向いているのは、環境の変化に適応しやすい人です。

東京での暮らしが始まると、今まで住んでいた環境や人間関係がガラリと変化します。
話し相手がおらず寂しい思いをしたり、物価が高く生活費が苦しくなったりと大変な思いをすることもあるでしょう。

上京して成功するためには、新しい環境を乗り越えられるような適応力が必要といえます。

何事にもチャレンジできる人

新しいことにチャレンジできる人は、上京に向いているでしょう。

繰り返しになりますが、上京すると今までの環境から一変します。
新しい環境に慣れるためには、自身で考えて何事にも挑戦していく必要があります。

たとえば、1人が寂しいと感じたときには、交流会やイベントに参加すれば友人を作ることができます。
前向きにチャレンジできる人であれば、交流会やイベントにも積極的に参加できるでしょう。

また東京にはさまざまな職種の求人があり、意欲があれば自分のやりたい仕事にチャレンジしやすい環境です。

東京でさまざまなことにチャレンジしたいと考えている方は、上京を検討してみてください。

地方から東京の上京就職で「人生変わった」人の体験談

ここでは、実際に上京して就職した人の体験談を紹介します。

  • 視野が広がった
  • 精神面が鍛えられた
  • 「自分が何者か」が言えるスキルが身に付いた

上京するかどうかで迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

視野が広がった

地元は、帰ってきたいならいつでも帰れる・・都会は、チャンスを逃すと行きにくくなると思います。
ちなみに私は、地元を出たことで視野が広がりました。
色々なことに、チャレンジできます・知り合いも増えます。
勉強のつもりで、1回出てみては?
*参照:『Yahoo!知恵袋』

地元を出たことで、さまざまなことにチャレンジでき、視野が広がったという口コミです。

チャンスを逃すと、上京するのは難しいとも語られています。

視野が広がり知り合いも増えるので、勉強のつもりで一度、上京してみることをおすすめしています。(*)

精神面が鍛えられた

上京してがむしゃらに努力したおかげで、精神面が鍛えられ成長できたという口コミです。

精神面が鍛えられたことで、今の自分が好きで、人生が充実していると語られています。

「自分が何者か」が言えるスキルが身に付いた

上京して都会に揉まれることで、人生が変わったという口コミです。

20代で上京・複数回の転職を繰り返したことで、「自分が何者か」と言えるスキルが身に付き、どこでも生きられるという自信が付いたようです。

上京就職or地方就職。”就職のプロ”に相談してみよう

ここからは、上京就職するか地方就職するか迷ったときに相談できる就職エージェントを3つ紹介します。

上京相談ができる無料就職エージェント3社

上京に不安を感じている方は、一度就職のプロに相談してみることをおすすめします。

シュトキャリ│首都圏への就職を目指す新卒の方に

上京を考えている新卒の方には、シュトキャリの利用がおすすめです。

シュトキャリは、首都圏の新卒就活のサポートに力を入れています。

新卒は初めての就職活動なので、「何から始めたらいいか分からない」「応募書類の作成がうまくできない」など不安を抱えている方も多いでしょう。

シュトキャリでは、新卒の就活支援を3年以上経験しているキャリアアドバイザーからのサポートが受けられます。

さまざまな思いを持った新卒生に対応してきた実績があるため、地方就職か上京就職で迷っているときでも、アドバイスがもらえるでしょう。

経験豊富なアドバイザーから意見を聞きたいと考えている新卒の方に、おすすめの就職エージェントです。

公式サイト https://hitotume.co.jp/shutocari/lp/
対象年齢 新卒者
おすすめポイント 経験豊富なキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる

アゲルキャリア│レスポンスが早くスムーズな就活が可能

しっかりとしたサポートを受けて、短時間で内定が欲しい18~29歳の若手の求職者には、アゲルキャリアがおすすめです。

アゲルキャリアは、独自の仕組みによってスムーズな就職活動ができるようなサポートを行っています。

地方就職か上京就職か早く決めたいと考えている人は「求人を早く紹介して欲しい」「担当者からのレスポンスの遅さにストレスを感じたくない」などの要望を持っている人もいるでしょう。

アゲルキャリアでは、担当者からのレスポンスが早く、ストレスを感じにくいのがメリットです。
面接対策や書類添削も、素早いサポートが受けられるので、スピード感のある就活が実現するでしょう。

就職を急いでいる人でも満足できる就職エージェントです。

公式サイト https://hitotume.co.jp/shutocari/lp/
対象年齢 18~29歳の若手
おすすめポイント 独自の仕組みによってスムーズな就職活動を実現

リクルートエージェント│豊富な求人数と実績で就活をサポート

リクル-トエージェントさまざまな求人から自分に適した職場をみつけたい方には、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは、求人数が多く、就活サポートの実績も多いのが特徴です。

上京するか悩んでいる方は、「東京で自分に合った求人をみつけたい」「地方でもどのような求人があるのか見比べたい」などの思いを抱えている方もいるでしょう。

リクルートエージェントでは、全国の豊富な求人のなかから、自分に合った求人を選ぶことができます。
これまでの就活サポートの豊富な実績を活かしたアドバイスももらえるでしょう。

求人選びの選択肢の幅を広げたい方におすすめの就職エージェントです。

公式サイト https://www.r-agent.com/
対象年齢 全年代
おすすめポイント 豊富な求人から自分に合った求人をみつけられる

東京就職を後悔しない!上京までにしておく準備3つ

ここでは、東京での就職を決めた人向けに、上京までにした方がよい準備を3つ紹介します。

  • 貯金をする
  • 賃貸を探す
  • 書類関係を準備する

東京に行って後悔しないためには、しっかり事前準備をしておくことが大切です。

上京が決まった方は、ぜひ参考にしてみてください。

貯金をする

上京が決まったら、まずは東京で暮らすための資金を準備しなければなりません。

上京する際には、引っ越し費用や家具・家電の購入費、交通費・当面の生活費などのまとまった資金が必要です。

家賃や実家の場所によって異なりますが、家賃約6万円の賃貸を借りる場合は、最低でも60万円は用意した方がよいとされています。
上京に必要な資金の内訳は以下のとおりです。

引っ越し業者の費用と東京までの交通費 約5~10万円
家具・家電の購入費 約10~20万円
1ヵ月の生活費 約5~15万円
賃貸物件の初期費用 家賃の4.5~5ヵ月分

お金があまりない状態で東京に引っ越すと、生活が苦しくなり上京したことを後悔する可能性があります。

東京で頑張っていきたいと考えている方は、上京するのにどのくらいの資金が必要か計算し、余裕を持った金額を貯金しておきましょう。

賃貸を探す

東京に向かう日までに、賃貸を決めておく必要があります。

就職先が決まっていれば、ある程度住みたいエリアを絞ることができます。
また、物件選びの優先順位を決めておくと、物件の候補が絞りやすくなるでしょう。

物件選びの優先順位を決める際には、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 家賃の限度額を決める
  • 希望の間取りを考える
  • 築年数をチェックする
  • エアコンやオートロックなど希望する設備を考える
  • 駅やスーパーなど利便性を確認する

賃貸の場所や優先順位が絞れたら、不動産会社に問い合わせして条件に合う賃貸を探してもらいます。
最近ではオンラインで内見できる不動産会社もあるので、地元からでも賃貸を探しやすいでしょう。

書類関係の準備をする

就職のために上京する場合には、入社や引っ越しに必要な書類を地元で準備しておくことがポイントです。

たとえば入社誓約書や身元保証書などは、親に書いてもらう必要があります。
上京してからだと郵送でのやりとりする必要があり、入社日に間に合わない可能性があるので注意しましょう。

ほかにも、不動産関係の書類や住所変更に必要な書類など、上京前に揃えておく書類は数多くあります。

準備が必要な書類をリスト化して、上京前に揃えるようにしましょう。

まとめ|上京した方がいい人は目標がある・努力できる

東京は地方と比較すると家賃や物価が高く、お金の管理ができない人は、上京しない方がいいでしょう。
また、人混みが苦手な人も東京での暮らしにストレスを感じやすいため、上京はおすすめできません。

上京した方がいい人の特徴は、明確な目的や目標があり何事にもチャレンジできることです。

東京に行きたい目的や目標がはっきり決まっていれば、新しい環境でも努力し続けることができるでしょう。

上京または地方就職で迷っている場合には、就活のプロである就職エージェントの活用をおすすめします。

この記事を参考に、自分にあった就職エージェントを探してみてください。


東京で転職したい人におすすめ関連記事

【不安な上京転職】おすすめの上京就職支援サービスは?
上京転職に失敗したくない人へ。おすすめの上京就職支援サービスまとめ
【東京に住みたい!】地方からの転職は難しくない。成功のポイントは?
地方から東京への転職を成功させる方法を解説
東京に憧れる理由とは?キラキラな理想と厳しい現実…楽しいだけでは生活できない
なぜみんな東京に憧れるの?東京に行きたい人にはどんな願望がある?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷