> > どうしたらいい?ベンチャー企業への就職に関する基礎知識

どうしたらいい?ベンチャー企業への就職に関する基礎知識

16205 views

就活をしていると、大手企業から中小企業まであらゆる会社との接点を持つ機会が得られることでしょう。

そして、大半の方は大手企業に魅力を感じられることでしょう。その一方、評価が二分するのがベンチャー企業です。

では、ベンチャー企業に新卒から入社することは良いのでしょうか。本編ではベンチャー企業に就職することのメリット、デメリットなど知っておきたい基礎知識や就活における考え方をご紹介いたします。

ベンチャー企業へ就職するメリットは?

まずは、ベンチャー企業に就職するメリットについてお話をしたいと思います。

具体的には以下の通りです。

・成長曲線が急になる
・経営に自分の声が伝わりやすい
・会社が成長すれば、自らも高い地位と給与が得られる
・会社の成長が自らの実感に繋がり、やりがいに繋がる

ベンチャー企業は、1人頭でかかえる仕事が多くなるか、ゼロベースで仕事を取りに行かなければならないなど、大手企業にはない苦労か多くあります。

しかし、こういった経験は、大手企業ではあまりなく、大手にいる人材と比較して成長曲線を急上昇させることが可能となります。

また、経営との距離が近いですので自らの声が伝わり易くなり、実績を出せばさらに声が伝わり易くなるというのも特徴と言えます。

加えて、社員数が少なく、実績をしっかり経営側にみてもらいやすく、抜擢なども充分可能性があり、会社の成長とともに自らの成長も感じられます。

大変ではありますが、それなりのメリットもまたあるのです。

ベンチャー企業へ就職するデメリット、リスクは?

次にベンチャー企業へ新卒で就職するうえでのデメリット、リスクについておつたえいたします。

具体的には以下の通りです。

・教育制度が整っていない
・年収が頭打ちになりやすい
・業務がハード
・会社の倒産リスクが上がる

仕事は基本的に進め方、セオリーというものがあります。世の中のビジネスマン、特に有能な人材ほどセオリーを大事にしています。

大手企業であれば多くの成功体験を持っていますので、そのセオリーや必要法令などを体系的に説明するための教育プログラムを有しているのですが、ベンチャー企業にはそれがないケースが多いです。

また、収益モデルが出来上がっていないため、年収が頭打ちになりますし、不安定でもあります。

加えて、大手企業と比較して人材不足で1人頭の業務量は増える傾向にあります。覚えることも多くなるのでその状況に対してパンクしてしまう可能性も否定できません。

何より、会社の財務状態が大手企業と比較しても脆弱なので、成果を出せないなら会社をクビになったり、倒産のリスクも高くなります。

仕事が大変、安定性があまりないというのがデメリットで、ゆっくり確実に成長していきたいという方が入社するとそのスピード感に圧倒され、そして自らの就労ニーズに合わず後悔してしまうことになり得ます。

初任給が高いのはなぜ?メガベンチャーに入ったら

ベンチャー企業、特にメガベンチャーにおいつは、初任給で30万円以上といった破格の初任給を提示するケースがあります。

では、 なぜこのような高年収を設定しているのかというと以下の通りです。

・少数精鋭型で優秀な人材を採用するため、先行投資で優秀な人材を獲得するため
・ある程度収入基盤があり、高年収を設定しても足りる
・初任給を高く設定し、自社をアピールするため

そもそも、メガベンチャーとは何かということですが、明確な定義はないものの、ベンチャー企業ではあるものの、実質的には大企業のことを差します。

楽天、DeNA、サイバーエージェントなどが代表格であり、その多くはIT業界の企業となっています。

すなわち、大半のメガベンチャーはITを通じて新しい価値を生み出し、かつそれが市場に認められ高い存在感を得ている会社であればメガベンチャーであり、初年度から高い年収を得られやすいということです。

ちなみに、就労年数が増えれば成果にもよりますがさらに年収は増えます。事実、各社の有価証券報告書を見ると、楽天の平均年収は700万円程度、DeNAだと750万円程度と老舗大手企業と遜色はありません。

以上の観点から、メガベンチャーは初任給の高い大手企業と捉えてもらって差し支えないと言えます。

ただ、上述のように老舗の大手企業とは異なり、仕事のスピード感は全く異なりますので一般的なベンチャー企業の要素は備わっていますのでそのあたりの認識は必要なことです。

メガベンチャーで採用数が最も多い!新卒エンジニアがベンチャーに入ったら

前提としてメガベンチャー企業に新卒のエンジニアとして入社するには、エンジニアリングの技術が身に付いていることが求められます。

とはいえ、先輩社員は実務者として何歩も先にいるので、そこに追い付けるように仕事の進め方、プログラミングの技術を身につけていくことになります。

しかし、それだけでは、メガベンチャーのエンジニアとして通用はしません。自らの意思を正しく伝える、やりたいことを明確にしていくということも主体的に仕事を進めていくという観点で求められます。

仕事待ち人間は新たな仕事や価値を産み出すことはできないととらえられてしまいます。

主体性というのもメガベンチャーで働くうえでの重要なキーワードと言えるのです。

どんな人が採用される?向いている?ベンチャー企業の面接に通過する人物像とは

では、新卒でベンチャー企業に採用される人物とはどんな人物像なのかということに迫ってみたいと思います。

結論からいえば以下の通りです。
・やりたいことが明確
・安定よりも革新を求める
・論理的志向性が高い
・成長意欲、達成意欲が高い
・ストレス耐性

ベンチャー企業で求められるのは安定ではありません。常に革新と成長です。そのため、安定を求める学生を採用したいとはかんがえません。

どんなに厳しいシチュエーションであっても、常に成果と成長を求め、前を向き続けるような志向性が必要となってきます。

しかし、ただ漠然と成長や達成を求めるだけでは採用をされません。

その会社で具体的には何をやりたいのか、また、何を実現させたいのか、世の中にどのような価値を提供したいのかという明確な目標があるかどうかも判断されます。

そして、同時に、そのやりたいことを実現できる能力、すなわち論理的指向性、もっといえばしっかり考えられるだけの力も求めらています。

さらにいえば、仕事は率直に言えば辛いことも多くあるのでストレス耐性も求められます。

結局どちらがいい?新卒で入るならベンチャーか大手企業か

ここまで色々ベンチャー企業への就職についてお話をさせていただきました。では、結局新卒で入社するにおいて、ベンチャー企業がいいのか、大手企業がいいのかという点について述べていきたいと思います。

結論としては、どちらでもいい、より自らにあった環境を求めるべきであるといえます。

就活を行う際には、自己分析を行うのが一般的ではありますので、そのあたりの自らの適性については考えていただきたいと思います。

ただ、ベンチャー企業で働くのと大企業で働くのを迷うのであれば、大企業を選ぶことをお勧めいたします。

なぜかというと、以下の理由があります。

・大手企業は新卒でないとなかなか入社できないが、ベンチャーは能力さえあればメガベンチャー含め採用をされる
・ベンチャーはハードな環境で高い主体性が求められるので生半可で働く環境ではない

やはり、大手だからずっと安定しているというわけではありませんが、大手企業の新入社員というのはかなり恵まれています。

仕事量を調整してもらい、研修の時間もじっくり取ってもらうことができるというのは大手企業の特権です。

何より、大手企業はほとんど新卒採用で採用を行い、中途採用をする際はかなり特殊な技能を求められます。

加えて、転職回数や場合によっては学歴しばりまで出てくるケースもでて来ます。

逆にベンチャーであれば、メガベンチャーの場合だと採用ハードルは上がるものの、転職採用には非常に積極的ですし、一般的なベンチャー企業であればさらに採用に積極的になっています。

すなわち、新卒でないと、大手企業にはなかなかなか入れないのです。そういった観点からも迷うなら大手企業に入社したほうが良いということが言えるのです。

本当の成功は目先の就職ではない!就職した後何を成し遂げたか

ベンチャー企業への就職が良いか、大手企業への就職が良いかと悩んでいる方も多いかとは思いますが、実はあまり本質的な議論ではありません。

大事なことは、今何を成し遂げたいのか、そのためにどんな会社にいけば良いのかということです。

例えば、日本の技術を伝えたいと考えるのであれば、メーカーに就職し、英語力を鍛えて海外とやりとりをする、そういう就職をすることになります。

逆に、新しい仕組みなどを作りたい、それが厳しい環境出会っても構わないのならばベンチャー企業に就職をするのが最適です。

そして、ビジネスの世界において、大切なことは何か価値を提供し、お金をもらうことです。

つまり、お金を出してでも得たい価値、裏を返せば相手がお金を出させるための苦労をしてもやりたいことというのが本当のやりたいことと言えます。

もし、それが分かっていないならばそこから見つけていきましょう。

そのうえで、大企業で働き、社会人として、また業界を見ていきたいのか、ベンチャーでとにかく走り回っていくのか、中小企業からキャリアアップを目指していくのか自ら決めましょう。

その決断は例え、就職後に誤ったと考えたとしても成功を導く失敗になります。

つまり、最終的に何かを成し遂げたいか、また成し遂げるかが大事なのです。何を成し遂げるのか、就活はその仮説を立てていく場となります。

しっかり悩み考えて就活を進めていきましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,503views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,404views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,016views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,116views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,403views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,936views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,600views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,237views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ