手取り20万「すごい」といえるのは何歳まで?生活できる年齢は?

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

手取り20万少ない現在の手取りが20万円。
あなたならこの金額を多いと感じるでしょうか?少ないと感じるでしょうか?

おそらく、少ない・きつい・もっと欲しい…と感じる方が多いかもしれません。
ですが、そもそも手取り20万は本当に少ないのでしょうか?

この記事では、手取り20万で実質生活できる年齢・手取りを増やす方法について、考えてみましょう。

手取り20万を「すごい」といえるのは新卒まで

こちらの表は、dodaが2020年12月に公開した2019年9月~2020年8月の1年間の平均年収データを集計したものです。

年齢別平均年収

年代 全体 男性 女性
20代 348万円 371万円 321万円
30代 444万円 484万円 377万円
40代 510万円 573万円 403万円
50代以上 613万円 661万円 431万円

参照:doda『平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】』

こちらの表は手取りではなく総支給額なので、ここから手取り換算する必要があります。

新卒で手取り20万は多いほう ←ここまで

『厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況』によると、大卒の初任給平均は210,200円。
手取りにすると204,570円となります。

2回目以降の給料は、健康保険や厚生年金も引かれるので手取りは17万円ほどになるでしょう。

このことから、新卒で手取り20万円をもらっているのは多いほうと言えます。

20代なら手取り20万は一般的。30代だと低い

先述の年齢別平均年収の表から計算すると、
20代の平均年収は348万で、月収を12で割ると約29万円。
平均手取り額は概算で24万円ほどとなるため、手取り20万円は一般的な数字といえます。

しかし30代になると、平均年収が444万なので月収が約37万ほど。
手取りの平均が概算で31万ほどになるため、手取り20万円だと10万円ほど少ないでしょう。

40代で手取り20万は非常に少ない

40代の平均年収は510万で、月収を12で割ると43万円。
平均手取り額は概算で35万円となるため、手取り20万円は非常に少ないといえるでしょう。

40代は独身なら生活可能ですが、家族がいる場合は教育費や見落としがちな親の介護費用など、出費は加速していきます。

そもそも手取り20万も『生活』によって大きく違う

手取り20万とひとことでいっても、置かれた環境などによって、それが「少ない」のか「十分」なのかは異なります。

年齢でどうというよりは、あなたの生活に無理があるかないかが一番の問題でしょう。

ここでは、一人暮らしの方と結婚している(予定している)方に分け生活費の平均を解説します。

一人暮らしなら都内でも手取り20万で貯金も可能

こちらの表は独身一人暮らしの生活費平均の統計です。

平均 34歳以下 35~59歳
食費【円】 40,026 41,358 45,378
光熱・水道【円】 11,847 7,715 12,098
家事雑貨【円】 964 996 1,087
家事用消耗品【円】 1,123 771 1,157
被服及び履物【円】 5,312 7,568 6,399
通信【円】 6,911 7,744 9,248
諸雑費【円】 13,705 8,382 15,707
食費(交際費)【円】 4,041 2,486 3,256

参照:総務省統計局『2019年8月、家計調査、家計収支編(二人以上の世帯)』

こちらの表を見ると、全世代平均の独身一人暮らしの方の生活費合計は78,617円となります。

次に家賃です。一番家賃が高い東京都で考えてみましょう。
一人暮らしならワンルームが一般的ではないかと思いますが、例えば港区などの都心部を避ければ6~8万円くらいの家賃になります。
家賃が8万円だとすると、上記の生活費と合わせて158,617円になります。

手取りが20万円であれば、生活費158,617円を引いて約4万円が残ります。
そう考えれば、毎月1~2万円貯金することは不可能ではありません

生活をするという面で見れば、独身一人暮らしであれば贅沢はできないまでも、20万円は決して少ない金額ではないと言えます。

結婚を考えるなら手取り20万は少ない

こちらは、配偶者や子供が居る方の生活費平均になります。

2人 3人
食費【円】 68,961 80,227
光熱・水道【円】 16,029 19,163
家事雑貨【円】 1,776 2,210
家事用消耗品【円】 2,717 3,402
被服及び履物【円】 6,732 9,079
通信【円】 9,383 13,238
諸雑費【円】 24,068 28,008
食費(交際費)【円】 10,219 7,079

参照:総務省統計局『2019年8月、家計調査、家計収支編(二人以上の世帯)』

配偶者と2人暮らしになると、合計は139,885円。
子供ひとり加わると、合計は162,406円。

上記の金額に家賃がプラスされますが、人数が増える分ワンルームでは手狭に感じてしまうでしょう。
1DK、2DKなど広いところへの引っ越しを考えれば家賃は更に上がります。

学費も計算には入ってないので、貯金があることを前提の上で更に支出は上乗せされていくのです。

そう考えれば、給料が高い所に転職をするか・共働きが前提でないと厳しいでしょう。

手取り20万はやっぱり不満!手取りをもっと増やしたいなら

「将来的には結婚もしたいし、節約しながら生活するのもストレス溜まる。」
「貰えるなら手取りをもっと増やしたい!」

手取りを確実に上げていこうと思うのであれば、思い切って転職をするのも手です。

ただし、転職すれば収入が上がると認識している人も多いのですが、実は大きな間違い。

学歴やスキルに自信がない20代や、面接でのアピールが苦手な方だと「内定はもらえたけど、前より給料が低い…」という人も多いのです。

年収アップのために転職活動を行うなら、自分に合った転職エージェントでプロの力を借りるのをおすすめします。

エージェントを使うと、自己アピール方法のアドバイスや履歴書の添削・あなたの代わりに給料の交渉まで行ってくれますよ。

手取り20万円からの脱出には”転職エージェント”

ここでは、「今後を見据えて給料を上げたい」と考える方におすすめのエージェントを紹介します。

おすすめエージェント 特徴
第二新卒エージェントneo ・アドバイザーと一緒にキャリアプランを考えられる
・第二新卒向けの求人が豊富
・全スタッフが第二新卒
リクルートエージェント ・高収入を狙いやすい”IT求人”が豊富
・キャリアアドバイザーの質の高さに定評

20代の味方!サポートの手厚さに定評【第二新卒エージェントneo】

第二新卒エージェントneoは、高卒や第二新卒・フリーターなど、学歴や経歴に自信がない18~28歳に特化した転職エージェントです。

アドバイザーのサポートが手厚く、1人1人の転職成功に向けて真摯に向き合ってくれるのが好評です。

初回の面談はなんと最長2時間ほどかけて、これまでの学生生活・部活動の経験などをもとに、あなたに合ったキャリアを考えてくれるほど!

履歴書の添削もしてくれるので、転職活動に慣れていない人・初めての人でも安心して利用できます。

Point

「第二新卒」というサービス名ですが、大卒じゃなくてもOK。
フリーターや高卒など、20代ならだれでも登録可能です◎

公式サイト https://www.daini-agent.jp/
年齢 18~28歳
特徴 ・アドバイザーと一緒にキャリアプランを考えられる
・全スタッフが第二新卒

未経験OK!高収入のIT求人が豊富【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、大手総合型転職支援サービスです。

リクルートは未経験からでも転職しやすいIT系職種の求人が豊富

IT業界は比較的給料が高い傾向にあるので、学歴問わず高収入を狙いたい方におすすめです。

公式サイト https://www.r-agent.com/
年齢 全年代対象
特徴 ・高収入を狙いやすい”IT求人”が豊富
・キャリアアドバイザーの質の高さに定評

手取り20万は独身なら少なくはない。それでも不満を感じるなら30代までに手を打とう

独身を貫くならば、余程の贅沢をしなければ生活可能な手取り20万。

ですが、家庭をもつとなると途端に少ないと感じるようになるでしょう。
貯金があるならどうにかできる猶予はあるでしょうが、貯金もないということなら、少ないと気づいてから動き出したのでは遅いです。

もしも転職を考えるのであれば、できる限り早いほうがいいです。
「今はどうにかなってるし、後でいいか……」そう思っていると手遅れになります。

もしも手取り20万を不満に思っているようであれば、決断するチャンスを逃さないようにしてください。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷