「東京就職はやめとけ」なぜ?やめとけの理由・東京で働くメリットとは

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


東京で働くこと、東京での生活に憧れを抱く人は多いと思います。

しかし、「東京就職はやめとけ!」このように言われて不安な気持ちになっている人もいるのでは?

”東京就職”に対して、ネガティブな意見があるのはどうしてなのでしょうか?

この記事では、東京就職はやめとけといわれる理由・東京就職のメリットを詳しく紹介します。
東京で就職することを迷っている人は、是非参考にしてください。

こちらの記事も読まれています
東京に憧れる理由とは?キラキラな理想と厳しい現実…楽しいだけでは生活できない

「東京就職、やめとけ」その理由4つ

東京での就職をやめとけと言われる理由は、以下の4つです。

デメリット

  • 家賃、物価など生活費が高い
  • 通勤ラッシュが大変
  • 知り合いがいない、孤独になりやすい
  • 競争が激しく、プレッシャーを感じやすい

「東京就職、やめとけ」=東京就職のデメリットを理解しておき、今後の働き方の参考にしましょう。

家賃、物価など生活費が高い

東京は、地方と比べると家賃や物価が高く生活費が高くなる傾向にあります。

東京で生活をしていく上で毎月必要となる家賃が高いことは生活を圧迫する可能性があり、東京で就職するデメリットと考えられるでしょう。

総務省統計局の調査によると、都道府県別の地域差指数で東京都は10年連続で物価水準が全国1位。

物価水準が最も低い宮崎県とは1.09倍の差があります。

10大費目 最も高い都道府県 最も低い都道府県
〈総合〉 東京都(104.7) 宮崎県(96.1)
食料 沖縄県(105.3) 長野県(95.5)
住居 東京都(130.7) 香川県(81.6)
光熱・水道 北海道(114.7) 大阪府(90.6)
家具・家事用品 福井県(104.1) 沖縄県(93.3)
被服及び履物 石川県(108.6) 鹿児島県(92.1)
保健医療 福井県(101.8) 宮崎県(96.1)
交通・通信 東京都(102.9) 愛知県(97.6)
教育 和歌山県(124.5) 群馬県(78.6)
教養娯楽 東京都(105.4) 宮崎県(92.1)
諸雑費 神奈川県(105.0) 沖縄県(91.1)

※全国平均=100

参照:総務省統計局『消費者物価地域差指数-小売物価統計調査(構造編)2022年(令和4年)結果- (stat.go.jp)』

10大費目別(※)に物価水準を見ると、東京都は「住居」が極めて高く、「交通・通信」「教育」も高い傾向です。

※食料、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服及び履物、保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽、諸雑費

通勤ラッシュが大変

東京都は日本で最も人口が多く、人口密度も高いため通勤ラッシュ時の混雑をストレスに感じる人も多いでしょう。

JR東日本とJR西日本の「1日平均の乗車人員(駅別)」トップ3を比較したものが下の表になります。

順位 JR東日本 JR西日本
1位 新宿駅(602,558人) 大阪駅(347,078人)
2位 池袋駅(458,791人) 京都駅(149,406人)
3位 東京駅(346,658人) 天王寺駅(127,748人)

参照:JR東日本『各駅の乗車人員 2022年度』

参照:JR西日本『なんでもランキング』

トップ3の比較だけでも一目瞭然!

東京では1日にこれだけ多くの人が通勤・通学などで移動しているため、地方出身者が想像している以上に東京の通勤ラッシュは過酷です。

知り合いがいない、孤独になりやすい

東京で就職をして地方から上京した場合、東京に知り合いが一人もおらず寂しさや孤独を感じることもあるでしょう。

東京は地方よりも近所付き合いが少なく、人間関係が希薄になりやすいと言われています。

孤独を感じやすい瞬間(一例)

  • 就職するまでずっと地元で暮らしており、東京には気の知れた友人がいない
  • 風邪を引いてつらい時・落ち込むことがあった時など、いざという時に頼れる人がいない
  • 東京では”隣人がどんな人か知らない” ”挨拶すらしない”ということもあり、地元とのギャップに寂しさを感じてしまう
  • 周りはキラキラしているのに、自分だけ取り残された気持ちになる

知り合いといえば職場の人だけ。

仕事が休みの日は一人で過ごすことが当たり前となってしまい、ホームシックを感じる人も少なくはありません。

競争が激しく、プレッシャーを感じやすい

日本の政治、経済、文化の中心である東京は、高いスキルを持った人達が多く集まる場所です。

そのため、社内外での競争が激しく、常にプレッシャーを感じてしまうこともあります。

東京と地方とで感じがちな違い

  • 成果主義の企業も多く、仕事では結果を求められる
  • 仕事そのものが多く、激務になりがち
  • 周りの仕事に取り組む姿に圧倒されてしまう

東京に就職することがゴールではなくスタートラインに立っただけに過ぎません。
就職後も努力を怠らず向上心を持ち続ける覚悟が必要でしょう。

でも、東京は憧れる!東京で働くメリット5つ

「東京就職、やめとけ」と言われても、東京で働くからこそ得られるメリットもあります。

東京で働くメリット

  • 地方よりも給料が高い
  • 求人が多い
  • キャリアの選択肢が広がりやすい
  • 成長しやすい環境
  • プライベートも充実しやすい
こちらの記事も読まれています
東京に憧れる理由とは?キラキラな理想と厳しい現実…楽しいだけでは生活できない

東京で働くデメリットよりもメリットに魅力を感じる人は、前向きに東京就職を考えてみましょう。

地方よりも給料が高い

東京都は、地方で就職するよりも給料が高いことがメリットです。

厚生労働省の調査によると、都道府県別の賃金で東京都が最も高いことが分かっています。

全国平均:311.8万円
最も高い:東京都 375.5万円
最も低い:青森県 247.6万円

参照:厚生労働省『「令和4年賃金構造基本統計調査」 10.pdf (mhlw.go.jp) 』

東京都と青森県との賃金の差は約128万円。

高年収を目指したい人には、東京での就職がおすすめです。

求人が多い

東京は地方よりも求人数が多く、様々な業種・職種から仕事を選ぶことが可能です。

選択肢が豊富なため自分に合った仕事を探しやすいことは東京だからこそ得られるメリットになります。

また、いつかキャリアアップや年収アップを目指した転職をしたいと思った時も、東京の求人数の多さに助けられるでしょう。

地元でやりたい仕事が見つからない、就職したいと思える企業がない…。
このように思っている人は東京でチャンスが待っているのかもしれません。

キャリアの選択肢が広がりやすい

東京はキャリアの選択肢が広がりやすいことも魅力的です。

東京には大手企業の本社や重要な部署を置いている企業も多いため、地方では経験できないキャリアを積んでいける可能性が大いにあります。

  • 社内で着実にキャリアアップを目指す
  • 経験やスキルを活かし、キャリアアップのための転職を実現させる

自分の努力と東京で経験を積むことで、キャリアの可能性を最大限に広げるチャンスがあります。

成長しやすい職場環境

東京に集まるスキルの高い優秀な人材と一緒に仕事をすることで自身が大きく成長できることがあります。

仕事で関わるたくさんの人から、様々な刺激をもらうことができる職場環境があるのは東京で就職するメリットです。

尊敬できる上司や先輩の背中を見て、自分自身のキャリアビジョンを明確にしていけばきっと東京で活躍できるはずです。

プライベートも充実しやすい

東京には数多くの商業施設や娯楽施設、流行のグルメ、イベントなどがあり、プライベートが充実しやすいことも特徴の一つです。

今までテレビやSNSでしか見られなかった話題のスポットにすぐ行けるので、休日を有意義に過ごせるのではないでしょうか。

休みの日に上手くストレス解消をすることで仕事のモチベーションアップに繋がるはずです。

東京に憧れがあり東京就職を目指す人にとっては大きなメリットになります。

東京就職を決める前に!考えるべきこと2つ

東京就職のメリット・デメリットを理解しておくことはもちろん、以下のような自己分析と情報収集を事前に行うことが大切です。

東京就職の前に考えるべきこと

  • 東京で働きたい理由を明確にする
  • 東京の生活費を具体的に調べておく

「東京で就職を目指す!」と決心する前に、一度冷静になって考えてみましょう。

東京で働きたい理由を明確にする

働く場所も大切ですが、自分がどんな仕事をしたいのか、今後どうなりたいのかを明確にすることが重要です。

  • なんとなく東京で働いてみたい
  • 東京に憧れている
  • とにかく地元から出たい

これらも東京で働きたい理由と言えばそうかもしれません。

しかし、漠然とした理由で東京就職を実現しても「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があります。

  • なぜ東京なのか?
  • 地元では実現できないのか?
  • 東京でどのような仕事をしたいのか?
  • 将来的な目標は?

このような内容をよく考えた上で、その先に”東京”がベストな選択であるなら東京就職を目指して頑張ってみましょう。

東京の生活費を具体的に調べておく

就職後に必要となる毎月の生活費がどのくらいなのか具体的に調べておくことが大切です。

東京は物価水準が日本で最も高く、家賃は特に高い傾向にあります。

家賃の他にも、食費・光熱・水道費・交通・通信費・交際費など、東京で生活をしていくための費用は分かっていますか?

全国賃貸管理ビジネス協会が調査している「全国家賃動向」から、1部屋(1K、1DK、1LDK等含む)の平均家賃を見てみましょう。

〈1部屋の平均家賃〉

  • 全国平均…52,015円
  • 東京都…72,802円 ←最も高い
  • 栃木県…39,994円 ←最も低い
  • ※2024年1月調査

    参照:全国賃貸管理ビジネス協会『全国家賃動向』

    東京都の平均家賃は他の都道府県から頭一つ抜けています。

    収支のバランスを考えておかないと苦しい生活になってしまうかもしれません。

    対策としては、しっかりと情報収集をしておき当面の生活費を用意しておくことをおすすめします。

    東京就職を迷っているなら”就職エージェント”で相談してみよう

    東京で就職すべきか?しないべきか?
    自分一人では結論を出すのが難しい人は就職エージェントに相談してみましょう。

    東京就職を迷っている人におすすめの就職エージェント

    東京就職の強い味方となってくれる就職エージェントを紹介します。

    シュトキャリ|新卒のための首都圏特化型エージェント

    シュトキャリは、地方から東京就職を目指したい新卒におすすめの就職エージェントです。

    対応エリアを絞っていることで、求人企業1社ごとの企業理解度が高いことも魅力的です。
    ミスマッチのない東京就職を実現したい新卒は使って損のないエージェントといえるでしょう。

    また、シュトキャリでは応募企業ごとに合わせた選考対策を実施しています。
    内定獲得率が高い実績は、心強いパートナーになるはずです。
    ※2023卒実績

    公式サイト https://hitotume.co.jp/shutocari/lp/
    おすすめポイント オンライン面談OKなので地方在住でも利用しやすい!

    アゲルキャリア|スピード内定!20代までの東京就職をサポート

    なるべく早く東京就職を叶えたい、20代までの若年層におすすめの就職エージェントアゲルキャリアです。

    独自の仕組みで通常の2倍以上のスピードで転職活動を進めることができます。

    さらに、アゲルキャリアではスピード感のある就職だけでなく、マッチングの質にもこだわりがあります!

    あなたの適性に合う「ミスマッチのない職場」「入社後に活躍できる職場」を紹介してもらうことで、満足度の高い就職へ導いてくれるでしょう。

    公式サイト https://ageru-career.com/
    実績おすすめポイント 未経験からのキャリアチェンジも応援

    リクルートエージェント|圧倒的な求人数と実績でチャンスを引き寄せる

    東京への就職・転職が諦めきれない様々な年代に支持されるエージェントリクルートエージェントです。

    リクルートエージェントの特徴は、圧倒的な求人数と長きに渡り積み重ねてきた豊富な実績!

    東京の求人だけでも驚愕するほどの保有数です。

    リクルートエージェントなら、あなたが理想の東京就職を叶えられるでしょう。

    公式サイト https://www.r-agent.com/
    特徴 業種・業界を問わず求人数が豊富
    おすすめポイント 独自の面接対策にも定評あり

    「東京就職 やめとけ」に関するよくある質問

    ここからは、「東京就職 やめとけ」によくある疑問についてお答えします。

  • Q.就職先を決めてから上京するべき?
  • Q.東京就職に向いていない人の特徴は?
  • 些細な疑問でも後回しにしないことが失敗しない秘訣です。

    Q.就職先を決めてから上京するべき?

    A. 就職先を決めてから上京する方が良いでしょう。

    上京をしてから就職活動を始めると、収入がないのに生活費だけがかかるため次第に焦りが出てきます。

    焦った状態で就職活動を進めていくと「早く内定がもらえる会社に就職しよう」と冷静な判断ができなくなり、ブラック企業に入社してしまう可能性も。

    オンラインを有効活用しながら、上京前に就職先を決めておくことが理想です。

    Q.東京就職に向いていない人の特徴は?

    A. このような特徴がある人は、東京就職に向いていない可能性があります。

    • 人が多いところが苦手な人
      東京はとにかく人が多く、朝夕の通勤ラッシュは過酷です。
      暮らしているだけで疲れてしまうかもしれません。
    • 家族や友人と離れるのがつらい人
      慣れ親しんだ環境から離れること、大切な家族や友人と離れることがつらい人は地元で就職しましょう。
    • 消極的な人
      向上心を持ち、何事にも意欲的に取り組む姿勢がなければ、競争が激しい東京で活躍することは難しいかもしれません。
    • 新しい環境に適応するのが苦手な人
      ただでさえ、地方から東京に来てカルチャーショックを受ける人が多くいます。
      「人が多い」「高いビルだらけ」「満員電車」「みんなせわしない」などなど。

    大きな住環境の変化、新しい仕事、知り合いがいない状況などが一気に押し寄せてきてストレスを抱え込んでしまうかもしれません。

    まとめ|「東京就職はやめとけ」は本人次第

    この記事では、「東京就職 やめとけ」と言われる理由、東京で就職するメリットなどを紹介しました。

    結局のところは、東京就職を成功させるのも失敗だったと感じてしまうのも”本人次第” なのです。

    東京で就職したい明確な理由がある

    上京する前にしっかりと準備をしている

    この2点は東京就職を成功させるポイントになります。

    どうしたらいいのか分からない人は、就職エージェントに相談をして適切なアドバイスを受けてみましょう。


    東京で転職したい人におすすめ関連記事

    【不安な上京転職】おすすめの上京就職支援サービスは?
    上京転職に失敗したくない人へ。おすすめの上京就職支援サービスまとめ
    【東京に住みたい!】地方からの転職は難しくない。成功のポイントは?
    地方から東京への転職を成功させる方法を解説
    東京に憧れる理由とは?キラキラな理想と厳しい現実…楽しいだけでは生活できない
    なぜみんな東京に憧れるの?東京に行きたい人にはどんな願望がある?

    参考サイト
    厚生労働省
    内閣府
    ハローワーク
    職業情報提供サイト
    日本経済連合会
    転職コンサルタント
    中谷 充宏
    梅田 幸子
    伊藤 真哉
    上田 晶美
    ケニー・奥谷