公務員からの転職は安定を捨てることになるのか!?

安定している職業のイメージが強い公務員から民間企業への転職を考えている人はいませんか?

いくら「安定している」と言われている公務員でも仕事は仕事。仕事に対して不満や不安を感じることがあるはずです。

それならば、思い切って転職を!と考えるのが自然な流れですが、公務員から民間企業へ転職をして後悔する人がいることも確かです。
また、転職が頭をよぎっても公務員を辞めることに不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

ここでは、公務員を辞め転職をするべきか悩んでいる人に向け様々な視点から「公務員の転職」について、実際に公務員からの転職を成功させた筆者が解説していきたいと思います。

公務員の離職率は低い

はじめに、総務省のデータから公務員の離職率について見ていきたいと思います。

総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果」

※参照:総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果」
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/pdf/h29_kyuyo_1_01.pdf

総務省「平成29年度 地方公務員の退職状況等調査」

※参照:総務省「平成29年度 地方公務員の退職状況等調査」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000591345.pdf

平成29年の調査結果ですが、地方公務員の一般行政職の人数は845,532人。
そして、地方公務員一般行政職の普通退職者数(※在職期間の通算を伴う退職等は除く)は7,123人。

この結果を元に離職率を割り出してみると、約0.8%となります。
民間企業の1年間の離職率は9%程と言われているので、公務員の離職率がかなり低いことが分かると思います。

公務員の離職率の低さはやはり「安定」が影響しているのでしょうか?

安定していると言われる理由

  • 毎月安定した額の給与(年功序列で昇給)
  • 賞与が必ずある
  • 退職金の金額が多い
  • リストラの可能性が少ない

「安定」ということを第一に考えると確かに公務員はそれに値する職業であり、離職率が低い理由にも頷けます。

公務員が抱える不満とは?

では、公務員を辞め民間企業への転職を考える人はどのようなことに不満を感じているのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

人間関係のストレス

公務員であっても民間企業であっても人間関係によるストレスを感じる人は多いのですが、人事異動の多い公務員は職場環境の変化も多い分、人間関係によるストレスを感じやすい傾向にあります。

激務である

公務員と言っても様々な種類があり仕事内容はそれぞれですが、定時で帰れる人ばかりではなく残業が多い、休日出勤が多いなど周りが思っているよりも激務をこなしている人が多い職場です。
また、公務員の定数削減が行われたことも激務に影響しています。

給与に不満

長い目で見れば安定した金額の給与をもらうことが出来ますが、自治体ごと、部署ごと、年齢により給与が大きく異なります。

若いうちでは月給20万円にも届かず、民間企業の方が給与が高いケースも珍しくはありません。

責任の重圧、ストレス

直接市民と関わる機会の多い市役所窓口などで働いていると、様々な相談・クレームが毎日のようにあり責任と重圧、ストレスに押し潰されてしまう。

やりがいを感じられない

年功序列による昇給をどう捉えるのか?頑張った分だけ給料が上がるわけではない、毎日同じことの繰り返し、仕事が楽しくない‥などただ仕事をこなしていくだけでやりがいを感じることがない。

このように、公務員だからこそ感じてしまう不満や民間企業で働く人と同じように感じる不満に加え、「公務員は安定している」「公務員は楽そう」「税金で給料もらっているのだからしっかり働け!」などと勝手なイメージ・理不尽なバッシングを受けることもあり辞めたい、転職したいと考えてしまう公務員がいるようです。

私が公務員から転職した理由

では、公務員から転職した人は、どのような理由から転職を決意したのでしょうか。
ここからは、実際に公務員から転職した人の体験談を紹介します。

男性 20代(地方公務員)

公務員から転職したのは、専門的なスキルや経験を身に付けたかったからです。

私は、地方公務員として市役所の総務課で働いていました。日々の業務は事務作業などの単純なルーティンワークが中心で、仕事に対するストレスは少なく、残業もほとんど無い部署でした。

一方で、専門的なスキルや経験が得られる業務が少なく、仮に公務員の身分を失った時に今のままでは生きていけないのではないか、と不安を感じる部分もあったのです。

事務作業が多い公務員の仕事は、将来的にAIが取って代わるという話を聞いたことがあります。現状で公務員が安定なのは確かですが、将来的にいつ安定が失われるかは分かりません。

公務員を辞めることに迷いはありましたが、最終的に「民間企業で働きながら将来的に自分で生きていけるような知識・スキルを身に付けたい」という思いから転職を決意しました。

男性 30代(消防士)

上司との人間関係に悩みがあり、転職を決めました。私は消防士として働いていたのですが、消防士は体育会系の風潮があり、さらに男性職員がほとんどであるため上下関係が強い傾向があります。

業務中は出動に備えるために、同じ班の職員と行動を共にすることが日常的です。そのため、寝泊まりや食事も一緒のことが多く、常に上司に気を遣わなければいけませんでした。

私の上司は、部下が少しでも気に入らない言動をすると、強い口調で攻め立ててくる人でした。

日に日に言動はエスカレートし、私はメンタル面での負担が大きくなり、ついに体調を崩してしまったのです。人事とも話し合った結果、自分のペースでできる仕事をするために、転職を決意しました。

消防士だけでなく、警察官や自衛隊などの公安系公務員は、特に上下関係が強い傾向があります。そのため、人間関係にストレスを感じる場面は多いかもしれません。

女性 20代 (市役所職員)

私は、給与が低かったことを理由に、転職を決めました。高給のイメージがある公務員ですが、経験年数を重ねて一定の年齢・役職になるまでは給与水準が低いのが実情です。

また、公務員の昇給は基本的に年功序列であるため、どれほど頑張って仕事をしても給料が上がる訳ではありません。副業の制限も強いため、特に若いうちは、時間外勤務を増やさない限り収入を増やすことは難しいのです。

たしかに、将来的な収入が安定しており、賞与が年2回きっちり支給される点は公務員の魅力です。住居手当や扶養手当などの福利厚生も充実しています。

しかし、いくら頑張っても給料が低いまま変わらず、高収入は目指せません。若いうちから高収入を目指していた私は、次第に仕事へのモチベーションを無くし、転職を決意しました。

公務員からの転職を成功させるには?

公務員から民間企業への転職に限った話ではありませんが、転職前の事前準備が転職を成功へ導く重要なポイントとなります。

身体的・精神的に疲れてしまい「辞めたい」という気持ちが大きくなってきているときは冷静な判断が出来なくなり、衝動的に転職を決断してしまうと後々後悔してしまうことも少なくはありません。

公務員が民間企業へ転職をしたときに後悔や失敗したと感じる事例を挙げていきます。

転職失敗・後悔した理由

後悔しやすい理由

  • 給与が安定しない(年収ダウン、業績次第で賞与カット など)
  • 福利厚生面(公務員ほど手厚い福利厚生ではない)
  • 職場に馴染めない(仕事のやり方、職場の雰囲気が大きく異なり戸惑う)
  • 公務員の経験やスキルを活かしづらい、仕事についていけない(公務員はつぶしが利かないと言われやすく応用が利きづらい)
  • 同僚から敬遠されてしまう(民間企業との感覚の違いから扱いにくいと思われがち)
  • ワークスタイルの違い(定時で上がれない、週休2日制ではない など)

転職をすることで職場環境がガラッと変わることを頭に入れつつ、「なぜ公務員を辞めたいのか?」を明確にしておきましょう。

辞めたい理由は転職をしないと変えることが出来ないことなのか?上司に相談することや人事異動で解決できないのか?‥など、はじめに転職以外の解決方法を考えてみる。
それでも転職への気持ちが変わらないのであれば、転職先に望む条件(給与、勤務地、仕事内容、やりがい、職場環境など)を挙げていくとともに優先順位を付け、希望にマッチした転職先を探していきましょう。

そして、つぶしが利かないと言われる公務員であってもこれまでのキャリアを振り返り自分自身の強み・弱みを客観的に知っておくこと、アピールポイントを見つけておくこと、転職先で実現したいことを明確にしておくことが大切です。

自分自身を客観的に分析することが出来たら、次に転職先に関する情報収集をしましょう。

求人を探すことからはじめ、気になる企業のHPや口コミ、実際に働く人などありとあらゆる視点からの企業研究、気になる業界の動向をチェックするなど事前の入念な情報収集がカギとなります。
これらの事前準備は在職中に計画的に進めていくことが大切です。

Point

  • 公務員を辞めたい理由を明確に!
  • 転職以外の選択肢はないのか?
  • しっかり自己分析をしておき自分の能力を把握する!
  • 入念な情報収集!

公務員からの転職【20代・30代・40代 年代別ポイント】

20代

転職のポイント

・転職理由を明確に
・熱意が伝われば、どの業界でも比較的転職しやすい世代

新卒で公務員になって、初めての転職という方がほとんどでしょう。20代の転職では、その人の実績や経歴よりも「ポテンシャル」と「今後の仕事に対するスタンス」が重要視される傾向にあります。

面接では必ずといっていいほど、「この仕事に就いてどんな自分になりたいか」といった具合に【将来の展望】を尋ねられます。

そのため仕事を通じて自分がどう成長したいか、将来像を明確にしておく必要があります。学生時代の就活の際に行なった自己分析を思い出し、自分軸に合った求人を探すことも大切です。

また「なぜ転職したいか」の理由も大切です。20代で、さらに難関を潜り抜けて得た公務員からの転職となると、採用担当者は「またすぐ辞めてしまうのではないか」と不安に感じてしまいます。

【ポジティブな転職理由】と、採用担当者を納得させる【熱意】が転職成功のカギとも言えます。将来への期待値が高い20代は、公務員時代と全く違う仕事内容だったとしても採用のチャンスはあるでしょう。

30代

転職のポイント

・転職後、即戦力となれるか
・採用担当者を納得させる熱意と意思があるか

30代となると後輩や部下ができ、ある程度の経験が積み重なっています。30代の転職では、これまでの経歴が転職先でどう活かされるかが重要です。

これまで培ってきたスキルはあるか、転職先で即戦力となるかを明確に伝えられれば、大きなアピールポイントとなります。

またどの業界においても、通用する資格は持っていれば有利となります。加えて30代はチームをまとめるリーダー役として期待されることが多い年代なので、役職についていた経験の有無に限らず、マネジメント経験があれば積極的にアピールしましょう。

もともと公務員の仕事は社会貢献を目的としているため、民間企業で働くにはこれまで以上の熱意が必要です。転職市場では、年齢が上がるとともに採用のチャンスは低くなります。

「新たなことにチャレンジしたい」「自分で成果を出したい」といった想いを、しっかりと採用担当者へ伝えることを忘れずに。

40代

転職のポイント

・20代30代の転職とは全く違うことを認識する
・採用条件を熟考する必要がある

40代での公務員からの転職は20代30代の転職と違って非常に難しく、かなりの覚悟が必要です。まず長年務めてきたことから、公務員の仕事のやり方や民間企業と異なる環境に慣れてしまっているという点は、自覚しなければなりません。少なからず企業側も、そういった点を不安要素として考えている可能性が高いです。

民間企業の仕事は利益・成果重視であり、そういった競争の中で仕事を行なうことはこれまでとは畑がまったく違います。

会社によって独自のルールも多く存在しており、これまで自分が常識だと思っていたことが通用しないことも多々あります。例え転職先が同じ分野で「経験●年以上」といった経歴があったとしても、同じようには働くことができないと考えておきましょう。

特別な資格を持っている場合は、それを最大限に活かす仕事探しを。また公務員は給与面で安定していることがメリットですが、民間企業となると業績が給与へ影響することもあり、年収が下がる可能性も考慮しておかなければなりません。

家族を養っている場合は、家庭内での話し合いが必要不可欠です。後悔のないよう転職活動に挑みましょう。

公務員からの転職でおすすめの業界・職種

公務員から民間企業に転職することは本当に可能なのか、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に公務員から民間企業へ転職している人はたくさんいます。

自身の経歴を棚卸して、これまで培ったスキルが活かせる業界・職種を探してみましょう。

窓口業務等で市民対応をしていた人・・・営業やカウンセラー

窓口業務等で市民対応をしていた人は、相手の悩みをうまく引き出しつつ、問題に応じた的確なアドバイスができます。それらのコミュニケーション能力を活かせる仕事を、転職先として検討すると良いでしょう。

たとえば、営業職やカウンセラーなどがあげられます。営業職では相手のニーズに応じたサービスの紹介、カウンセラーであれば悩みや問題を解決するための援助が必要なので、市民対応での経験を活かせるでしょう。

営業職の求人は多く、専門知識を必要としない場合が多いため、選択肢が豊富で転職しやすいことも特徴的です

市役所等で税務を担当していた人・・・企業の経理や財務担当

税務を担当していた人は、知識や経験を活かして、企業の経理や財務担当として勤務することがおすすめです。

市役所等で税務を担当していたことで、お金や税金に関する網羅的・専門的な知識が身に着いています。そのため、広い視点でポイントを押さえた業務が可能となり、企業にとって貴重な人材となり得るでしょう。

労働基準監督署で働いていた人・・・企業の労務や法務担当

労働基準監督署で働いていた人は、企業の労務や法務担当がおすすめです。

近年は、働き方改革などによりワークライフバランスが一層重視され、各企業による労働環境の整備が求められています。そのため、労務や法務に関する専門的な知識を所有していることは、企業にとって大きな魅力です。

時代の流れを捉えながら従業員の働きやすい環境を整備するためには、労働基準監督署で働いていた知識や経験が大きな武器となるでしょう。

教師をしていた人・・・教育関係の会社

教師をしていた人は、教育関係の会社で働くことがおすすめです。(塾、教材制作会社、スクールのコーチ等)

子どもの特徴・成長に応じた適切な指導や支援は、実際に子どもと関わってこなければ得られない能力です。教育関係の会社であれば、教師としての経験を子どもの成長のために存分に活かせるでしょう。

また、専門的な知識やスキルを活かし、塾や教材制作会社、またはスクールのコーチとして勤務することもおすすめです。

警察官をしていた人・・・警備会社、自動車学校の教官

警察官をしていた人は、業務内容が似ており、スキルや経験をそのまま活かせる警備会社がおすすめです。

元警察官であれば、即戦力として活躍できるうえに選考でも有利となるでしょう

また、自動車学校の教官もおすすめの転職先です。道路交通法などの専門的な知識を有していることで、法律に基づいた正確かつ説得力のある教育が可能となります。

警察官は仕事上パトカーなどの自動車に乗ることが多いため、自動車学校の仕事に慣れるのも早いでしょう。

自衛官をしていた人・・・インストラクター、ジムトレーナー

自衛官は、日々のハードな訓練の中で培った、体力や身体能力を活かせる仕事が向いています。

具体的に、インストラクターやジムトレーナーがおすすめです。

これらの仕事は業務内容そのものが体力を使うものが多く、かつお客様にとって目標となるような肉体であることが理想です。自衛官として身に付けた体力や鍛え抜かれた肉体を存分に活かせるでしょう。

消防士をしていた人・・・ドライバー、ジムトレーナー、事務職

消防士は夜勤があるため、長時間勤務や夜間帯の労働に慣れています。そのため、労働時間が似ているドライバーがおすすめです。自衛隊と同じように、日々の業務で培った体力を活かせるジムトレーナーも向いています。

また、消防士からの転職を考えている人の中には、怪我や病気などによる身体的理由、または人間関係が理由の人もいるでしょう。

そのような人には事務職がおすすめです。事務職であれば、ルーティンワークが多く、自分のペースで仕事を進められるため、心身への負担が少なくなります。

など、様々な業界への転職が考えられます。他にも、営業職やエンジニア職など未経験OKの職種は公務員からも転職しやすいです。

業界でいうとIT業界など人材不足といわれる業界も、未経験OKの企業は多く転職しやすいといえるでしょう。

公務員からの転職をしたいと思ったら まず最初にすべき行動

公務員からの転職をしたい、と思ったらまず行なうこと。それは気持ちの再確認です。その転職は今すぐ必要か?本当にしたいのか?公務員を辞める前に、今一度整理してみませんか。

最初の行動におすすめ
  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 履歴書と職務経歴書を作成する

どれも在職中に無料で行なうことができます。特に転職エージェントに登録するとアドバイザーと面談できるので、他人に相談することで気持ちの整理ができますよ。

さらに現在のスキルを見て、あなたがどんな職種に向いているかをアドバイスしてもらうこともできます。転職したいと思ったら、まずは客観的に自分を見つめ直すことから始めましょう。

また、新たな資格を取得するのもおすすめです。興味のある専門資格がなければ、仕事全般に役立つ資格を選びぶと良いです。例えば最近では、どの職業においてもパソコンスキルがあれば重宝されますよ。

転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録するなら、「doda」がおすすめです。

約10万件の求人情報を誇る完全無料の転職支援サービスで、「どんな仕事が向いているか分からない」という人でも適正やニーズに応じたぴったりの求人を紹介してくれます。転職サイトとしての機能もあります。

条件を入力するだけで、応募せずともスカウトメールがくることもあります。どんな求人があるか気になる人は、まずは登録だけでもしてみましょう。

さらに専門スタッフが書類作成・面接をサポートしてくれたり、書類の提出や面接の日程調整まで代行してくれる無料サービスが利用できます。

公務員から民間企業への転職成功事例を交えながら転職希望者一人一人に合った的確なアドバイスをしてくれるので安心して転職活動を進めていけるでしょう。

公式サイト https://doda.jp/
年齢 全年代対象
実績 転職者満足度No.1!
特徴 転職サイト、転職エージェントどちらも利用可

公務員からの転職 ~履歴書・職務経歴書の書き方~

転職の際には、履歴書と職務経歴書の用意が必須です。よくどちらかだけしか用意しない方も見受けられますが、違いを理解し、必ず両方用意するようにしましょう。

履歴書

・基本的なプロフィール
・学歴
・職歴(今まで所属していた企業の入退社の事実)
・志望理由のサマリー
・自己PRのサマリー

職務経歴書

・職歴について具体的な仕事内容や成果
・自己PR
・志望理由
・資格・スキル

履歴書で簡潔に記入した事実を職務経歴書で具体的に説明するイメージです。また自己PRと志望理由は、履歴書か職務経歴書のどちらかに必ず記載します。

履歴書のフォーマットによっては項目がない場合もありますので、その際は、職務経歴書に記載しましょう。

転職成功への第一歩は「伝わる職務経歴書を作成すること」です。採用担当者に「面接してみたい」と思わせる職務経歴書のポイントをご紹介します。

志望理由

・なぜその会社を志望するのか
・なぜその仕事内容を志望するのか
・自分はどのように会社に貢献できるか(会社へのメリットは)

もちろん自分がどんな仕事をしたいかも大切ですが、求人票の募集要項を見て会社がどのような人物を求めているかを見極める必要があります。

「私が御社で働くことによってこんな貢献をすることができる」といったアピールをすることで採用につながります。

熱意も大事ですが、長すぎると最後まで読んでもらえない場合もあります。200字程度に収めると良いでしょう。

自己PR

志望内容と同じく、自分のアピールできるポイントで、かつ会社にとってメリットとなるものを記入します。20代ならポジティブな精神面、30代ならリーダーシップ、40代なら経歴から培った能力など、こちらも200字程度に収めておくのが無難です。

資格・スキル

・持っている資格やスキル
・これまでの経歴から活かせる知識や経験

志望する職種に関連する内容のみを記入します。関連しない内容や資格は逆効果となりますので不要です。

見せ方のポイント

・読みやすい構成 (例)見出しをつける、A4サイズ2枚程度に収めるなど
・できるところは箇条書き、長文の羅列はNG
・できるだけ数字を使う (例)来客対応数、書類作成数など

公務員からの転職体験談

最後に、公務員からの転職を実現させた筆者の体験談をお話ししておきます。

私は、地方公務員(行政職)として人事労務などの管理業務を担当していました。給料は決して高くはありませんでしたが、地方で暮らすには十分。人間関係や労働環境も良く、はたからしたら転職する理由がないような職場だったと思います。

しかし私は、毎日のルーティンワークに物足りなさややりがいの無さを感じていました。

そして、入職から3年目を迎えて20代半ばに差し掛かった年、「本当にやりたいことは何だろうか」「自分のキャリアはこのままで良いのだろうか」と深く考えるようになりました。考えるにつれて、以前より興味を抱いていた福祉の分野で仕事がしたい気持ちが強くなり、民間企業への転職を決意したのです。

転職にあたっては、自分が関心のある業界や企業について調べ、同時に転職エージェントを利用し、求人情報や転職のポイントについて情報を得るようにしました。

転職エージェントに協力してもらいながら自分のやりたい仕事ができる会社を3社見つけ、選考の結果、3社から内定をいただきました。最終的には、その中で最も私を必要としてくれた会社に入社し、今もやりがいを持って楽しく勤務しています。

公務員からの転職について調べていると「公務員から民間企業への転職は成功しない」という意見をたまに見かけますが、私はそうは思いません。実際に私は、選考を受けた3社から内定をいただけました。

また、転職活動中に転職エージェントに「公務員から民間企業に転職する人はどのくらいいるのか」と質問すると、「公務員の方で転職する人も多いですよ。皆さん転職を成功させて、企業で活躍されています。」と仰っていました。

大切なのは、将来の自分をしっかりイメージすることではないでしょうか。キャリアビジョンやなりたい自分、転職に求めるものを明確にしたうえで転職活動にのぞめば、転職はかならず成功すると思います。

なりたい自分がイメージできますか?

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容は公務員からの転職を勧めるわけでも、公務員を辞めない方が良いと言っているわけでもなく最終的にどうするのか決めるのはあなた自身です。

公務員から民間企業への転職で後悔しやすい理由は挙げましたが、ネガティブな面だけではなく「公務員の時よりも年収アップ」「やりがい(頑張り次第で評価される)」「キャリアの選択肢が増える」「将来の可能性がある」といったポジティブな面ももちろんあります。

自分自身を成長させたい、可能性を探ってみたいといった気持ちがあるのなら転職も選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
そして、もしも転職をするのであれば年齢が高くなればなるほど難しくなるので早めの行動をおすすめします。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
今こそ利用すべき!女性におすすめの転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷