> 【5社比較】IT・WEB専門のおすすめ転職エージェント一覧

【5社比較】IT・WEB専門のおすすめ転職エージェント一覧

1478 views

昨今では転職先の業界として人気のIT系。まだまだ発展途上の業界で将来性もあります。

そのため現在では売り手市場の業界とも言われ、人手が不足しているため経験者の転職は重宝されています。盛り上がっている業界だからこそ、多種多様な企業が多くブラック企業も存在するのが現実。

せっかく転職するならより高い年収、より良い条件で働きたいと思うのは当然ですし、ブラック企業なんてもってのほか。そこでおすすめなのが転職エージェント!

でもIT系転職エージェントも現在は多種多様、一体どの転職エージェントがいいんだろうと悩んでしまいますよね。分かりやすく比較して教えてくれるものがあればいいのに…。と考えたことはありませんか?

そこで、おすすめしたいIT系の転職エージェントを5社厳選!その5社を更に徹底的に比較しました。

どこがあなたにとっておすすめの転職エージェントなのかを、ぜひ参考にご覧ください。

IT・WEB系の転職エージェント比較

おすすめのIT転職系エージェントとして、以下の企業が上げられます。

IT・WEB業界の求人を幅広く見たいなら【ワークポート】

ワークポート

サービス評価
IT・WEB系の求人数 約25,000件以上
求人の質 ★★★☆☆
アドバイザーの質 ★★★☆☆
サイトの使いやすさ ★★★★☆
利用者満足度 ★★☆☆☆

おすすめしたい人のタイプ

  • とにかくスピード感を重視したい方
  • たくさんの求人を見て比較検討したい方
  • 未経験からIT・WEB系に転職したい方

おすすめの理由

一応は幅広く業界や職種を取り扱っている転職エージェントではありますが、特にIT・WEB・ゲーム系に強みのある転職エージェントです。

そのためか、その他の業界や職種に対しての評判は良くありません。

ワークポートは未経験者OKの若い世代向けの求人が多い傾向があります。無料エンジニアスクールなどの講習も行っており、未経験からIT・WEB・ゲーム系の業界に転職したい人にはおすすめです

ネックな部分

ネット上の評判を見ると、かなり酷評されているのを見かける転職エージェント…しかし、酷評している口コミを見るとなんとなく傾向が見えてきます。

  • 希望職種ではない職種をやたらめったら紹介される
  • 求人の質が低い、ブラックばっかり
  • むやみやたらに紹介されて、応募を強引にさせられた

こんな具合ですが、ワークポートは元々「求人の条件に5割該当すれば応募ができる。とにかくたくさん応募して、採用を勝ち取ろう」という方針でサポートを行っています。

書類通過の際は電話連絡がくるけど、通過できなかった時には『eコンシェル』というオリジナル管理ツールに『採用不可』と出るのみで理由も通達されないなど、対応が少々機械的な面があるようです。

求人の質が低いとの意見もありますが、逆にハイキャリア転職を狙う人にはあまりおすすめとはいえません。

IT・WEB経験者で高待遇を狙うなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリア

サービス評価
IT・WEB系の求人数 約2,000件以上(非公開求人を含まない)
求人の質 ★★★★☆
アドバイザーの質 ★★★★☆
サイトの使いやすさ ★★★☆☆
利用者満足度 ★★★★☆

おすすめしたい人のタイプ

  • ある程度スキルがある人
  • キャリアアップしたい方
  • 担当者との距離感が近く、徹底したサポートが欲しい方

おすすめの理由

IT・WEB系の特化型転職エージェントの中でも特に評価が高い転職エージェントです。

コンサルタントはIT・WEB業界に知識に精通しているため、サポート・求人の質が高いという点が高評価の秘訣です。

大手転職エージェントよりは認知度が低いですが、その分一人ひとりに合った求人を紹介し、丁寧な対応をするというのがスタンスになっています。

的確なマッチングを行う運営のため、採用までのスピードも早いです。利用者の口コミとしては、コンサルタントと相談者の距離感が近く、全体的に対応がフランクでアットホームな雰囲気があるとの感想も多く見られます。

ネックな部分

レバテックキャリアは、ビジネスライクな関係性を望む相談者からは、フランクすぎる部分がネックとなっております。

従って下記にあてはまる方は利用に向いていません。

  • ビジネスライクに対応して欲しい人。馴れ馴れしい雰囲気が苦手な人
  • スキルがない。未経験からの転職希望者
  • 関東圏、関西圏、福岡以外の地方に転勤希望の人

レバテックキャリアでは未経験OKの求人をほとんど扱っておらず、スキルがない人だと紹介できる求人がないという事で断られる場合があります。

また、求人は関東圏、関西圏、福岡に偏っているため、地方の転勤希望者には向いていないようです。

20代~30代で自社内に携わりたいなら【マイナビエージェントIT】

マイナビエージェントIT

サービス評価
IT・WEB系の求人数 約10,000件以上
求人の質 ★★★★☆
アドバイザーの質 ★★★★★
サイトの使いやすさ ★★★☆☆
利用者満足度 ★★★★★

おすすめしたい人のタイプ

  • スキルアップがしたい人
  • 残業時間・休日を増やしたい
  • 社内SE・大手Slerなど上流工程に携わりたい方
  • 20代~30代でIT・web系の優良企業で勤務したい方

おすすめの理由

マイナビエージェントITは、通常のマイナビエージェントよりもIT・WEB系に特化した転職エージェントです。

マイナビエ―ジェントITでは、元エンジニアなど業界経験者のコンサルタントも多数在籍し、更にコンサルタント自身が業界の研究や勉強会なども実施して、最新の業界事情を維持しています。

多数の非公開求人には大手・上場企業や優良ベンチャー企業の案件が多数あり、転職サイト・他社エージェントにはない自社内・大手Slerなど独占案件も多いので、キャリアアップ転職を狙う人におすすめです。

IT・WEB業界は、ブラックな環境の企業が多く仕事が好きでも業界から離脱してしまう方も多くいらっしゃいますが、マイナビエージェントITは社内環境を整えている自社求人がメインとなるため「残業時間を今より減らしたい」「休日を増やしたい」と考えている方は必須です。

ネックな部分

マイナビエージェントITが取り扱う求人は自社内が多いため、環境を改善したい・キャリアアップを目指したい方には必須ですが、そのぶん高度なスキル・経験が求められるため以下のような方にはオススメしません。

  • 全く知識・経験がない異業界からIT・WEB業界に転職を考えている方
  • 関東・関西・福岡など首都圏以外で求人を探したい方
  • 常駐型で様々なスキル・経験を積みたい方

未経験者OKの求人も多数抱えていますが、こちらはどちらかというと第二新卒などの20代といった若い世代向けの求人が多くなりますので、30代以降の業界未経験からの転職に向いているとはいえません。

全くの未経験からIT・WEB業界に転職したい方は、マルチ系のマイナビエージェントもしくはワークポートで全くの未経験からでも入社できる求人を紹介してもらいましょう。

全国の求人を取り扱ってはいますが、特に首都圏や関西圏の求人を得意としていて、地方の求人はあまりなかったといった口コミも見られます。

地方のIT・WEB系にいくなら【doda】

doda

サービス評価
IT・WEB系の求人数 約12,000件(非公開求人を含まない)
求人の質 ★★★★☆
アドバイザーの質 ★★★★☆
サイトの使いやすさ ★★★☆☆
利用者満足度 ★★★★☆

おすすめしたい人のタイプ

  • とにかく求人情報がたくさんほしい
  • 地方の企業に転職希望の方

おすすめの理由

転職業界ではリクルートに次いで大手のdodaが運営する、業界の中でも求人数と質に関してはNO.1といって良いという意見もあるほど評価の高い転職エージェントです。

コンサルタントの質に関しても評価が高く、その理由の1つが『担当2人体制』という点です。

  • キャリアアドバイザー:キャリアカウンセリング、応募用書類や面接などの転職活動アドバイス担当
  • 採用プロジェクト担当:求人情報の紹介、企業情報の提供、企業の人事担当者的目線からのアドバイス担当

このように担当制になることで、企業側との連携も取りやすくなります。また相談者との連絡のやり取りもスムーズになるため、よりスピーディーで的確な転職活動をサポートできるというわけです。

業界でも最大手レベルの求人数を持っているため、首都圏や関西だけでなく、地方の求人も多く、質が高い点でも評価が高いので、地方の企業に転職希望の人にもおすすめです。

また経験者はもちろん、未経験者OKの求人も多数あるため、第二新卒などの若い20代・30代以降の他業界から転職したいと考えている人でも利用できます。

ネックな部分

けれど、中には以下のようなネックな部分もあるので、注意が必要です。

  • 求人情報メールが多すぎてうっとおしい
  • 担当者のサポート能力にバラつきがある
  • 興味のない企業の求人に強引に応募させられそうになった

情報整理が苦手な人には、多すぎる求人情報が逆に邪魔と感じる人も多いようです。また、大手だからこそと言えるかもしれませんが、担当者の質にバラつきがある点にも不満を感じる人もいるようです。

全くの未経験・低スキルからIT・WEB業界に就くなら【スタッフサービスエンジニアリング】

スタッフサービスエンジニアリング

サービス評価
IT・WEB系の求人数 約8,000件(非公開求人を含まない)
求人の質 ★★★☆☆
サイトの使いやすさ ★★☆☆☆
利用者満足度 ★★☆☆☆

おすすめしたい人のタイプ

  • 未経験からIT・WEB業界を狙いたい方
  • 低スキルからスキルアップを狙いたい方

おすすめの理由

こちらは転職エージェントではなく、常用型派遣を利用した派遣雇用のサービスになります。常用型派遣とは、派遣会社に雇用される形で各企業に派遣される働き方のことをいいます。

雇用状況としては派遣という形にはなりますが、月収は保証され残業代などの給与もしっかりと受給できます。また福利厚生も受けることができます。

こちらのメリットは、働きながら社内の研修制度を利用しスキルアップができるという点です。

社内で研修制度を利用することは推奨されていますし、また資格取得もバックアップしてくれるので、他業界からIT・WEB業界に転職したいと考える人には向いている働き方ではないでしょうか。

ネックな部分

元々IT・WEB業界で働いていて同業種に転職したいと考えている人、キャリアアップを考えている人には向いていないと思いますので、別の転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。

IT系の転職エージェントを使うメリットとは

一般的な転職エージェントではなく、あえてIT系の転職エージェントを使うメリットとはどんなものがあるでしょうか。

  • IT・WEB系の求人数が多い
  • 特化型のため、アドバイザーも専門的なサービスを行っている
  • 求人の内容もIT・WEB系に特化しているため、質の高い求人も多い
  • 以上の理由から、転職活動をスムーズに行いやすい

転職エージェントは、色々な業界や職種を総合的に扱う『総合型転職エージェント』と、特定の業界に特化した『業界特化型転職エージェント』があります。

総合型転職エージェントだと、コンサルタントも全ての業界や職種に対応しなければならず、実は専門的な知識については薄い場合が多いのです。

でも、業界特化型の転職エージェントであれば、コンサルタントが取り扱う求人はIT系やWEB系に偏り、業界に対して専門的な知識を得ているため、専門的な相談に首を傾げられるような事がなくスムーズに要望が通りやすくなります。

もちろん求人はIT・WEB系のものばかりになるので、専門的な職種にも対応していて、求人数も豊富です。

その分求人の質が上がり、求職者側も求人を比較でき選べる余裕も出てくるでしょう。そうなれば、転職活動もスムーズに進みやすくなるというメリットがあります。

IT業界の転職エージェントの選び方


WEB検索をすれば数えきれないくらいの転職エージェントがヒットする中から、IT業界に強い転職エージェントをどう選べばいいのでしょうか。

いちいち調べて時間を使うだけではもったいない…できれば早めに分かる方法は…?ということで、まずは下記の点をチェックしてみてください。

IT・WEB業界の求人数が多い、希望職種に強いところを探す

転職エージェントは大体のところが「こんな求人を抱えていますよ」と分かりやすいようにトップに求人検索を置いています。

そこからIT・WEB業界の検索数をチェックしてみてください。その次は自分が希望する職種の求人数もチェックしましょう。その時点でもし分かりづらくなっているようでしたら、透明性に不安があるので次に行きましょう。

アドバイザーが専門知識を持っているかを確認する

総合型転職エージェントは色々な職種を広く扱っていて、全てをサポートする必要もあり、専門職に対する知識が薄い傾向にあります。

ここから専門職への転職を希望する人は、相談時に不満を覚える人が多いです。たとえ人気の大手転職エージェントだとしても、メインで使うには向いていないかもしれません。

メインツールとしては上項で紹介したような特化型転職エージェントを利用して、サブツールとして人気の総合型転職エージェントを利用するのも手です。

紹介可能案件の企業にIT系がどれだけあるか

大抵の転職エージェントでは、やはりトップページに紹介可能企業一覧を掲載しています。

だいたいが有名上場企業が名を連ねていますが、こちらもIT・WEB・ゲーム系などの名前が豊富にのっているところであれば、そちらの業界に太いパイプがあると考えられます。

IT系特化型の転職エージェントでブラック企業を回避

転職エージェントを利用すると、ブラック企業回避の可能性が上がるというのはよく聞く話です。なぜ転職エージェントを利用することでブラック企業が回避できるかの理由はこちら。

転職エージェントでブラック企業が回避できる理由

  • 企業側は採用時、多額な金額を支払うため、人材を大事にしないブラック企業は利用しない
  • 内情を入念に調査して企業を選り分けている
  • 入社後のアフターフォローを実施し、採用後の不備もチェックしているため
  • 年収・条件の交渉策

更に業界特化型転職エージェントとともなると、コンサルタントが紹介時により詳細な情報を提供できるよう、勉強会を行っていたり、転職市場調査を行っているところも多くなります。

そうなると、業界に対してより深く関わるようになり、業界内でしかわからない事情にも精通するスペシャリストも多くなります。

元業界人というコンサルタントも多く、より業界のブラックなところも目につくようになっていています。

もしも、ブラック企業に紹介したと噂になってしまえば、転職エージェントとしての信用問題になってくるため、自然と取り扱う求人の質は上がるようになってくるのです。

IT系転職エージェントを利用する際は注意点がある

ここまで、IT系特化型転職エージェントを使うメリットを紹介してきましたが、利用する上で注意すべき点というのも幾つかあるので紹介します。

転職エージェントは一社集中ではなく、平均2、3社ほどで複数登録する

まず転職エージェントに登録する際には、一社だけに集中して行うのではなく、複数社に登録するのがおすすめです。

転職エージェントにはどうしても得意分野の偏りが出てきますし、また会社によってそこでしか取り扱っていない独占求人というものがあります。

また、コンサルタントによっても情報に偏りが生じやすいので、色々な転職エージェントに登録することによって意見や意識の偏りを防ぐこともでき、視野を広く持つことができるからです。

同じ求人案件に複数のエージェントから申し込まないように気をつける

ただし、複数の転職エージェントに登録することで注意すべきなのが、応募のダブルブッキング。

独占求人でない限り、求人は色々なエージェントで取り扱っていることがあります。AのエージェントとBのエージェントで同じ求人でも条件が違っているということもよくある話。

間違って両方から同じ求人に申し込んでしまうと、あなた自身の信用を落とす可能性もあり、その後の紹介を断られてしまうこともあるので、気をつけてください。

人気のところよりも自分に合った転職エージェントに登録することを優先する

どの転職エージェントに登録しようと悩んだ時、やはり気になるのは口コミなどで評価が高いところ。

いざ登録して失敗、嫌な気持ちになるのは避けたいとだれでも思うものですが、転職エージェントも人間同士のコミュニケーションになります。友人同士の付き合いでも分かるように、結局は相性が物をいいます。

  • 毎日マメに連絡をしてくる
  • こちらの都合のいい時に連絡すると対応してくれる
  • 量より質で少ないけど自分に合った求人を紹介してくれる
  • たくさんの求人を紹介して比較し、こちらの好みを確認してくれる

これらの対応はどちらが良いとも悪いとも言えるものではなく、人それぞれの好みです。

どんな紹介法を取っているのかを口コミなどでチェックし、もし合わない担当だと思ったら担当の変更も遠慮なく言って構いません。

アドバイザーに流されないように、自分の希望をしっかりと伝えて譲らない

こちらは上の自分に合った所を選ぶというのにも少し繋がりますが、中にはあなたが希望する職種とは違う求人を持ってきて、「あなたの適正ではこちらのほうが合っている!」といった対応をされるケースもよくあることです。

実際に働いてみたら確かに合ってたと納得する場合もなくはないですが、こう言った対応を不満に思って登録を辞めたという口コミも多いですよね。

もしも希望する職種以外の情報は欲しくないというのであれば、当然その旨を正直に告げても問題はありません。転職という大事な場面では遠慮なんてしている場合ではありません。

曖昧な態度を取ると、コンサルタントの方もこれでいいのかな?と判断して、また持ってくる可能性は大です。まずはあなたの意志をしっかりと伝えてください。

【まとめ】転職エージェントを選ぶポイントは『自分に合っているか』

おすすめのIT系転職エージェントの比較と、IT系転職エージェントを選ぶポイントを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

IT・WEB・ゲーム系の業界は専門性が高く、総合型転職エージェントよりも業界特化型転職エージェントを選ぶことがおすすです。

でも、転職エージェントを利用する上で一番大事なのは、その転職エージェントが自分に合っているか。

もちろん全体的な評価が高いところは信用できますが、更に社風やコンサルタントの傾向もチェックしてみてください。

IT系におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
ワークポート
ワークポート
IT未経験でもOK。無料のエンジニアスクールを開催
ワークポートは紹介する約半数の求人がIT・プログラマー・ゲームなどの技術職関係。IT系未経験の人でも技術をつけて転職できるよう、無料のエンジニアスクール「みんスク」の運営も行っています。転職決定人数No.1という実績も頼もしいです。
レバテックキャリア
レバテックキャリア
年3000回の企業訪問でリアルな情報を転職者にお届け
レバテックキャリアはIT・WEBクリエイター・エンジニア専門の転職エージェント。強みは業界最大級の求人数と年3000回の企業訪問で手に入れたリアルな情報。企業研究がばっちりできるので、面接・書類対策も万全。内定率も非常に高くなっています。
doda
doda
30,000件以上のIT・WEB業界の求人を保有。
dodaは様々な業界・職種の求人を扱う転職エージェントですが、IT・WEB業界の案件が多くその数30,000件以上。研修制度が充実・ワークライフバランス重視・年収アップなど、高待遇・好条件の求人が多いのも大手のdodaならでは。
スタッフサービスエンジニアリング
スタッフサービスエンジニアリング
エンジニア特化型の総合人材サービス
スタッフサービスエンジニアリングは約1800社の企業と取引実績を持つ、エンジニアに特化した総合人材サービス。キャリアを持ったエンジニアはもちろん、未経験・キャリアチェンジでエンジニアを目指す転職者にも使える教育制度を提供。転職を後押ししてくれます。
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
IT専門の就職支援チームが転職をサポート

Spring転職エージェントでは職種専門部門が存在し、チームを組んで転職サービスを展開しているのが特徴。その中にIT&エンジニアリング部門も存在します。専門性に精通したコンサルタントが就職支援に当たってくれるので、トレンドが重要なIT業界での転職も安心。

IT系におすすめ関連記事

ITエンジニアおすすめの転職サイト一覧
IT・WEB業界特化の転職サイト・転職エージェントをまとめました。
IT業界の職種にはどんなものがあるの?
【IT業界の職種】といっても様々なものがあります。ここではITの職種名と業種、それぞれに必要とされるスキルを詳しく紹介しています。
IT未経験でもホワイト企業に転職する方法は?
ブラックが多いIT業界。でもSE、プログラマーなど手に職を付ける仕事は魅力的。そんなIT業界に未経験でもホワイト企業に入社する方法はあるのか
未経験からwebデザイナーになる方法
未経験から憧れのWeb業界で活躍するために必要なスキルや勉強方法を伝えます。WEBデザイナーに転職するためのポイントは、実はとても簡単?

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
104,314views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
43,692views
50歳から始める仕事の探し方
3
50歳から始める仕事の探し方
24,715views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
24,393views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,027views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,650views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
21,006views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
17,335views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
16,935views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
10
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,740views
ページのトップへ