> > 【30代/転職】年収アップは実現可能!?年収ダウンしないための秘策

【30代/転職】年収アップは実現可能!?年収ダウンしないための秘策

2096 views

30代ともなると「家庭・マイホーム購入のため」「会社・仕事への不平不満」「30代を機にスキルアップ・キャリアアップ・年収アップのため」に転職をする人が多くなってきています。

ですが、30代となると今まで積み上げてきた経験・実績からそれなりの収入をもらっている方も多いはず。「転職すると年収ダウンは必須」と聞きますが、現職の年収は維持したいし、あわよくば転職を機に年収を上げたいですよね。

あなたのスキル・実績で現在の年収は適正なのでしょうか?30代男性の平均年収と比較して高い?低い?

まずは30代の平均年収を知ることで、内定後の雇用条件の際に交渉しやすくなります。ここでは30代の平均年収・年収をアップする方法を紹介していきます。

30代の平均年収はいくら? ※最新

30代の平均年収

  • 30~34歳 男性:461万円 女性:315万円 計:407万円
  • 35~39歳 男性:517万円 女性:313万円 計:442万円
  • ※引用:国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」(https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/000.pdf)

30代前半男性の平均年収は461万円、30代後半男性の平均年収は517万円といった結果となっています。

男性の平均年収に見られる特徴として50~54歳が年収のピークであり、55歳未満までは年齢に比例して平均年収が高くなる傾向にあります。

30代男性の平均月収は?

平均年収にはもちろんボーナスも含まれ、会社の業績や規模によって変動があります。では、もう少し掘り下げていき月々に受け取れる給料である月収についても見ていきたいと思います。

ここでも、国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」を参考に算出していきます。

【平均月収】※賞与額を差し引いた額から算出

  • 30~34歳男性 (平均給料・手当)370万円÷12ヶ月=約30.8万円
  • 35~39歳男性 (平均給与・手当)415万円÷12ヶ月=約34.6万円
  • ※平均給料・手当に対する平均賞与の割合(賞与割合)は 18.7%(男性 19.7%、 女性 16.1%)

平均給料・手当に対する平均賞与の割合19.7%を差し引いた額から12ヶ月分を均等割すると、30~34歳男性の平均月収は約31万円、35~39歳男性の平均月収は約35万円となりました。

平均年収もそうですが、これらはあくまでも総支給額であり、ここから保険や年金、所得税などを引かれた額が手取り月収となるので、“手取り”と考えるともう少し低い金額となるはずです。

30代の平均年収を中央値で見てみると?

ここまで、平均年収・月収を見てきましたが「平均年収よりも上だった」と安心している人も居れば、「全然届かない‥」と悲観している人も居るのではないでしょうか?

どの年代にも所得格差があり、平均年収は同年代であっても高年収の人が居れば自ずと高くなります。平均年収は実際の感覚よりも離れた数値となって現れる場合も多いのです。

そこで、より参考としやすい中央値(全体の中央に位置する値)での年収を見ていきましょう。

30代男性 年収中央値

  • 30~34歳 約428万円(平均年収461万円)
  • 35~39歳 約497万円(平均年収517万円)

いずれにも平均年収よりも年収中央値の方が低い金額となっており、実感値に近い結果なのではないでしょうか?

30代の世帯年収は?

世帯年収とは同一の生計を立てる世帯の合計年収のことを指し、夫(年収500万円)・妻(年収50万円)・子供(年収0万円)のケースは世帯年収550万円となります。

厚生労働省が行った「平成29年 国民生活基礎調査の概況」によると、全世帯の平均所得金額は560.2万円であり、中央値では442万円となっています。

さらに、世帯主の年齢階級別の所得の状況を見ていくと、30~39歳は594.5万円と世帯年収は平均年収以上であることが分かります。

世帯主が30代の家庭は子供が居る場合も多く、子供が小さいうちは妻は専業主婦として収入が0円のこともあります。

「平成29年 国民生活基礎調査の概況」によると末子が4歳になる頃には正規・非正規・その他(自営・内職など)の従業員として約7割の母が仕事をしているため、夫の年収だけでなく共働きとして妻も家計を支えている家庭が多いことを意味しているのではないでしょうか。

30代の世帯年収

  • 全世帯:560.2万円(中央値:442万円)
  • 30代:594.5万円
  • ※引用:厚生労働省が行った「平成29年 国民生活基礎調査の概況」
    (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/dl/02.pdf)
    (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/dl/03.pdf)

30代の貯金額の平均は?

年収の次に気になる“お金”と言えば、30代の貯金額なのでは?

40代・50代になると子供の教育費や両親の介護などによる出費や老後のための蓄えなど‥まとまったお金が必要となることもあるので30代のうちから貯蓄をしておいて損をすることは全くありません。

金融広報中央委員会が行っている「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)」を参考に30代の貯金額を見ていきたいと思います。

【種類別金融商品保有額(金融資産保有世帯)】

  • ・全国‥預貯金:1,035万円
  • ・30歳代‥預貯金:450万円

【種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)】

  • ・全国‥預貯金:784万円
  • ・30歳代‥預貯金:367万円
  • ※引用:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)」
    (https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/futari/2018/18bunruif001.html)

金融資産とは、生命保険や株式・投資信託・財形貯蓄などを指しており、金融資産を保有している世帯ほど預貯金額が多くなっていることが分かります。

このことから、30代の平均貯金額は400万円前後と推測されますが、年収と同様に“平均”と“中央値”では異なり、30代の貯金中央値は150万円前後とも言われています。

そんな中、30代で貯金ゼロの人も珍しくはなく、近い将来のためにも少しずつ貯金をしていけるといいのではないでしょうか。また、年収が高い人ほど貯金額も比例して多い傾向にあるため、年収と貯金額は密接な関係であることが窺えます。

適性年収を知ることは転職する上で非常に大事

ここまで色々なデータを見てきた中で、現在の年収が見合っているのかは何となく分かったような気がするかもしれませんが、それはあくまで世間一般での“平均”であったり“中央値”のデータでしかありません。

本来はあなた自身の経歴やスキル・実績に応じた適性年収を知っておくことが転職の際には大切です。

というのもあなたのスキルを過少評価している企業に今は属している可能性もありますし、適正年収を知っておくことで現在のスキル・実績での評価基準がわかり転職の際に自信をもってアピールできるためです。

転職したいけど、まずは今の実績・スキルでどのくらいの年収をもらいべきなのかを、手間なく知ることができる「年収査定ツール」を下記にて紹介いたします。

手間なく適正年収を査定できるツール

miidas

miidasは、同じ30代・スキル・実績を持つ人のオファー実績と、選考条件を合致した企業の数をベースに、あなたの市場価値や適性年収を算出します。

他30代の転職データを見ることもできるので、『自分と同じような人はどのような仕事をしているのか、転職しているのか』という情報収集にも便利なツールです。

miidasはたった5分の登録で市場価値・適正年収を把握できるため、時間を効率良く使うことができます。

また、ミーダスは自ら応募することも可能ですが、企業からスカウトを待つスタイルがメインとなっており、書類選考合格済みの面接確約オファーを待つだけです。

希望条件に合致済みの企業からしか連絡がこないので効率的。まずは自分の市場価値を正しく把握することができる30代転職成功の第一歩のためのツールと言えます。

公式サイト https://miidas.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 年収査定が可能/5分の簡単登録/

プロに相談してみるのもあり


適性年収を知るために出来ることとして一つ挙げられるのが、転職支援サービスを利用することです。

転職を決意したわけでもないのに転職支援サービス?と思うかもしれませんが、客観的に自分の適性年収や市場価値を知っておくことは、いつか転職をするかもしれない時にとても役に立ちます。

現在よりも年収ダウンとなってしまっては元も子もないのですが‥、適性年収の方が高かったらどう思いますか?自分自身の能力を適性に評価してくれる会社で働いてみたいとは思いませんか?

転職エージェントに登録をしたからと言って、転職を強制されるわけでもなく、転職をしない選択をするのは個人の自由です。

まずは適正年収について相談して、自分自身の“価値“を知っておくために転職エージェントのサービスを利用してみることをおすすめします。

診断ツール・プロへの年収・転職の相談は【doda】


転職サイト・転職支援サービスの両方を利用できるdoda

求人紹介・サポートの他にも「年収査定」「キャリアタイプ診断」「合格診断」などの充実した診断ツールが利用できることも評判。

その中でも、186万人の転職者ビッグデータから機械学習によって高度に算出される「年収査定」は、適性年収やキャリアの可能性を広げてくれると評判です。

「年収査定」を利用するにはdodaへの会員登録が必要となりますが、査定時間わずか3分で結果が出るので、適性年収が気になる人は査定してみてはいかがでしょうか?

公式サイト https://doda.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 診断ツールが充実・転職サポートも受けられる

【まとめ】平均年収など情報収集はムダにはならない

ただ、何となく働いて給料をもらって、自分自身がその生活に満足しているのであればそれ以上は何も言いませんが、少しでも給料や貯金に不安や不満を感じるのであれば行動を起こしてみませんか?

年収を上げたいけど「年収が上がらないなら転職しない」「年収査定するのも面倒」「今は何だかんだ忙しいから時間がない」と言い訳ばかりしていたら、いつの間にか時間だけが過ぎてチャンスを逃してしまうことに繋がってしまいます。

30代の平均年収はいくらだろう?貯蓄額はいくらだろう?情報収集をしてから最終的に判断することも一つの選択です。

転職を決めた場合は、これに自己分析をプラスしていくことで、これからどうしていくべきなのかが見えてくるのではないでしょうか?

30代の年収や給料などお金に関するお話をしてきましたが、今後の働き方や生き方の参考にして頂けたら幸いです。

30代におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
type転職エージェント
type転職エージェント
利用者満足度87%の優良エージェント
type転職エージェントは1994年から転職サービスを行っている古株の会社。利用者の87%が満足しているという結果が示す通り、人材を重視したサポートが人気です。メインターゲットである20代~30代の求人多数。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
30代を対象にした非公開求人多数
一般に公開されている求人の多くが20代を対象にしているのに比べ、非公開求人には30代が狙いたい部長、責任者クラスの求人が多く含まれています。マイナビエージェントでは保有求人の80%が非公開求人。30代にマッチした求人を探しやすいです。
ビズリーチ
ビズリーチ
エクゼクティブ求人に特化した転職サービス
年収アップの転職に乗り出すなら、30代前半が一番良い時期。管理職・専門職に特化したエクゼクティブ向け求人が多数そろっているビズリーチは年収の大幅アップに貢献してくれる転職サービスです。
doda
DODA
利用者の3割以上が30代の転職サービス
dodaの利用者は35%以上が30代。30代に対する転職支援に慣れている転職サービスといえるでしょう。またキャリアチェンジの可能性がある30代に試してほしいのがdodaが提供するキャリアタイプ診断。あなたに向いている仕事のスタイルや、企業風土などを知ることができます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
豊富な求人案内で短期の転職成功を狙う
リクルートエージェントは就職支援実績ナンバーワンの大手転職サイト。求人内容は質がよく種類も豊富で、転職のチャンスも多い30代ならかなり選択肢の幅が広がるはず。支援期間は基本的に3か月で、短期集中で転職活動をしたい人にお勧めのエージェント。

30代におすすめ関連記事

30代は転職サイト絶対NG!
若手20代とベテラン40代にはさまれた30代。そんな30代が転職サイトを使ってはいけない理由とは?
30代の転職【成功5カ条】
30代の転職は年齢・性別など自分に合った対策が必要!30代前半・後半、女性、異業種・未経験転職、4パターンで成功法を伝授。
転職したら年収は下がる?上がる?
転職のネックとなる年収。転職して年収50万ダウン!なんて珍しい話ではありません。転職で年収が上がる人・下がる人の差は?
30代おすすめの転職サイト10選
30代が使うべき転職サイト、転職サイトを理由付きで説明します。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
104,295views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
43,687views
50歳から始める仕事の探し方
3
50歳から始める仕事の探し方
24,713views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
24,391views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,027views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,649views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
21,005views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
17,329views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
16,931views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
10
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,739views
ページのトップへ