【40代からの再就職】厳しい現実に絶望しないためには

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

生きていれば環境の変化はつきもの。
40代に差し掛かるタイミングで、再就職を目指している人も少なくないはずです。

同時に思うのは、「やはり、40代からの再就職も厳しいのか」という不安でしょう。

たしかに厳しい部分もありますが、やり方次第で成功の可能性も十分あります。

本記事では、40代からのおすすめの仕事や、再就職における注意点をお伝えします。
それらを参考にして、新しい暮らしを前向きにスタートしてくださいね。

40代からの再就職・転職/現実は厳しいのか

前提として、40代からの再就職や転職は現実的には厳しいといっていいでしょう。

それはつまり、自分が望んだ条件を全て満たした転職をすることは難しいという意味です。

40代の再就職が厳しい理由
  • 40代向けの求人数が20代・30代向けに比べて少ない
  • マネジメントスキルを要求される管理職の求人が多い
  • 年収面で折り合いをつけにくい

対象となる求人数が少なければ、単純に倍率が高くなります。
また、プロジェクトを主導した経験や若手育成のスキルが求められることも多く、それらをクリアしなければ年収の減少は避けられないでしょう。

いずれにしても「40代向け求人の多くは、優秀な人材を想定されている」という側面があることは認識しておきましょう。

40代の再就職成功には【仕事選び】が重要

どうすれば40代の再就職が成功するかは、仕事選び自体が重要になります。

就職は自分の希望と企業側の希望が一致しなければ成立しません。
したがって、自分がどうしたいかもありますが、どういう仕事だったら採用されやすいかを見極めることが再就職には特に重要です。

具体的には、

  • 未経験でも歓迎される業界
  • 40代という年代がまだ若手に入る業界
  • 今までの経験やスキルを別の形で活かせる仕事

このような仕事に狙いを定めて就職活動するのが成功への近道です。

なお、40代からの再就職が厳しい理由を踏まえれば、年収面や雇用形態などに関しても一時的にはこだわりすぎないほうがいいでしょう。

40代再就職におすすめのお仕事 ①介護士

40代で再就職する人におすすめのお仕事のひとつは、介護士です。

介護士のお仕事について
  • 介護士の仕事内容・主な職場
  • 介護士になるメリット
  • 介護士になるには

以下で、介護士についてくわしく説明します。

介護士の仕事内容・主な職場


介護士の仕事内容は、要介護者の日常生活の介助やレクリエーションの企画・運営などです。
物理的な補助を行うためある程度の体力が必要になるとともに、コミュニケーション能力を活かせる仕事でもあります。

主な職場は介護福祉施設で入所者の介助をすることが多いですが、最近では在宅の人の訪問サポートに入る場合も増えてきています。

介護士になるメリット

少子高齢化の日本においては慢性的に人材不足の業界といえるので、未経験から歓迎されてキャリアを再スタートすることができるというメリットがあります。

就職後は介護補助からはじめて、後に介護福祉士や介護支援専門員の資格を取得しキャリアアップを目指すこともできます。

家族の誰かが要介護者になったときには、仕事の経験やスキルをそのまま活かすことができるのも魅力といえるでしょう。

介護士になるには

通常、介護補助などとして勤務し始めるときに必要な資格はありません

介護業界の年齢層は他の業界に比べて高く40代でもまだまだ若い部類に入るので、仕事に必要な体力があることを選考ではアピールしましょう。

また、20代・30代に比べれば要介護者との年齢も近く、ちょうど自分の親世代に当たることも多いので、コミュニケーションが円滑に進めやすいことも武器になりますね。

レバウェル介護


介護士への転職を検討しているなら、介護求人に特化したレバウェル介護の利用がおすすめです。
離職率や人間関係などのネガティブな情報も含めて職場の雰囲気を教えてもらえるので、安心して就職活動ができますよ。

40代再就職におすすめのお仕事 ②タクシードライバー

タクシードライバーというお仕事も、40代で再就職するにはおすすめです。

タクシードライバーというお仕事について
  • タクシードライバーの仕事内容・主な職場
  • タクシードライバーになるメリット
  • タクシードライバーになるには

以下で、タクシードライバーについてくわしく説明します。

タクシードライバーの仕事内容・主な職場

タクシードライバーの仕事内容は、主に乗客を安全に目的地まで自動車を運転して運ぶことです。
それに付随して、運転時の接客や乗客の乗り降りや荷物の積み込みの補助、運転前の車両の点検や清掃が必要となります。

タクシー会社に勤務しますが、当然ですが業務の現場は路上です。
通常は、勤務先の営業所から一定の範囲内での運送に限られます。

タクシードライバーになるメリット


タクシードライバーの勤務体系や給与体系はさまざまなので、自分のペースに合った体系を選べるのがメリットです。

具体的には、昼日勤の他に夜日勤、隔日勤務などがあります。
個々人の朝型や夜型という体質や、家庭の事情に合わせて働くことができます。

また、基本給に加えて歩合制を採用していることも多いので、安定した収入を得ながら努力次第で収入増も狙える仕事でもあります。
モチベーションも失わないという意味で魅力がありますね。

タクシードライバーになるには

タクシードライバーになるには、普通自動車の第一種運転免許に加えて第二種運転免許も必要となります。
特定地域においては地理試験に合格する必要があることも。

タクシードライバーとしての適性を選考にてアピールする場合、運転スキル以外にコミュニケーションスキルを示すことが大切になります。
おもてなしの精神があれば、より良いサービスが提供できる仕事でもあるからです。

タクQ


タクシードライバーへの再就職を検討しているなら、タクQを利用するのが吉。
タクシー業界のことを熟知した転職コンサルタントが、全国にあるタクシー会社から希望に合った会社選びをサポートしてくれます。
入社が決まれば特典として会社によって異なる金額(数十万円)の祝い金が支給されるのもありがたいですよ。

40代再就職におすすめのお仕事 ③清掃業

40代での再就職におすすめのお仕事としては、清掃業も挙げられます。

清掃業というお仕事について
  • 清掃業の仕事内容・主な職場
  • 清掃業者になるメリット
  • 清掃業者になるには

以下で、清掃業についてくわしく説明します。

清掃業の仕事内容・主な職場


清掃業は、約束した時間に指定された場所の清掃を行う仕事です。
一般的には清掃業者に所属して、個人の住宅のほかに、オフィスの入ったビル・ホテル・病院・商業施設などの清掃を行います。

どの現場での業務かによって、何人体制で取り組むかやどの部分を特に気を付けて清掃に当たるかが異なります。

たとえば、個人の住宅であれば比較的少人数で水回りや庭の手入れまで業務に入る場合も。
病院であれば、トイレにかぎらず待合室や廊下の衛生管理に特に注意が必要で、自分の体調管理も気を付けなくてはなりません。

清掃業者になるメリット

人が暮らす場所や過ごす場所は常に汚れていくものなので、機械化が進む現在でもまだ雇用が安定しているのはメリットのひとつ。
未経験からでも挑戦しやすい業界なので、全くの異業種にチャレンジする場合には候補になる仕事だといえます。

勤務もシフト制が多く自分の都合に合わせて働きやすい傾向も。

黙々と作業に当たる性質があるので、顧客とは直接に接することをあまりせずに技術を磨くことに集中できる点もメリットと感じる人は多いでしょう。

清掃業者になるには

清掃業者になるのに特別な資格は必要ではありません

ただし、ハウスクリーニング技能士やビルクリーニング技能士のような資格を取得して、この業界でキャリアアップする道もあります。

リクナビNEXT


清掃業への転職を検討しているなら、リクナビNEXTの利用がぴったりです。
特に年齢制限はないので、40代でも清掃業を含めた幅広い業界の求人からマッチするものを探せます。
気になる企業から逆にオファーをもらえる場合もあるのはうれしいポイントですよ。

40代からの再就職活動/事前に知っておきたい注意点3つ

他の年代と違って、40代の就職活動においては注意しなければならないことがあります。
特に重要な注意点を3つ、事前に知っておきましょう。

40代の就職活動の注意点3つ
  • すぐに採用されなくても焦らないこと
  • 優先する条件を明確にすること
  • アピールは経験・スキルと結び付けること

以下でそれぞれについてくわしく見ていきます。

すぐに採用されなくても焦らないこと


40代の就職活動においては、すぐに採用されなくても焦らないことが肝要です。

現実として40代向けの求人は少ないので、必然的に倍率は高くなります。
また表面上は40代OKとされていても、できれば30代が望ましいと企業側が考えている場合すら残念ながらあります。

採用された人とされなかった人との間で大きな能力の差があることは稀で、タイミングや相性で決まることも多いものです。
ですので、一喜一憂せずに根気強く応募していけば大丈夫です。

優先する条件を明確にすること

応募・選考を受ける際に、自分が優先する条件は明確にしておきましょう。

求人数が少ないだけでなく、未経験からでも歓迎される業界というのはそれだけでも絞られてくるのが現実。
すべてが自分の理想通りの待遇という求人を探して応募するのは不可能に近いです。

したがって、優先する条件、言い換えると譲歩できない条件はしっかり決めて、他の条件についてはある程度譲歩する必要があります。
具体的には、給与・雇用形態・勤務日程・勤務場所など、どれをどの程度譲れるかを整理しておくと、応募や選考過程がスムーズになりますよ。

アピールは経験・スキルと結び付けること


企業へのアピールは、今までの経験やスキルと結び付けてするように注意してください。

たとえば、力仕事をしていたわけでもないのに無闇に体力をアピールしても、それは自分より若い年代の人には選考で負けてしまいますよね。

具体的にアピールとして望ましいものを挙げると、管理はしていなくてもチームとして協調性を持ってプロジェクトを成し遂げた経験や実績など。
また、別業種であっても顧客とやり取りする場面で仕事ができていたなら、それは違う形でコミュニケーション能力を発揮できると結び付けられるはずです。

「未経験の業界で今の経験と能力をどのように活かすか」をイメージできている人を企業は採用したいはずです。
経験やスキルと結び付けることでイメージできていることを示しましょう。

「40代からの再就職」を目指す人によくある質問

40代で再就職するとなると、特有の疑問や不安も浮かんできますよね。
そこで、そういう場合によくある質問について回答します。

40代再就職に関してよくある質問

  • Q.40代で初めての転職活動なので上手くいくのか怖いです。どうすれば上手くいきますか?
  • Q.40代で初の転職活動です。応募に年齢制限がある求人は多いでしょうか?
  • Q.40代からの転職で正社員を狙うのは厳しいのでしょうか?
  • Q.40代から始める仕事との向き合い方は、どのように考えればいいですか?

それではそれぞれについて見ていきましょう。

Q.40代で初めての転職活動なので上手くいくのか怖いです。どうすれば上手くいきますか?


A.採用されやすい仕事に絞って、焦らず複数応募し続けましょう。

採用されやすいのは、今までの経験やスキルが活かしやすい仕事、未経験歓迎の仕事です。
ただでさえ求人も少なく倍率も高いので、不採用でも気落ちしなくて大丈夫です。
長期戦を覚悟して、落ち着いて転職活動を続ければ上手くいきますよ。

Q.40代で初の転職活動です。応募に年齢制限がある求人は多いでしょうか?

A.年齢制限が多いのは事実ですが、選択肢は十分あります。

20代・30代と比べると、求人数が一気に減少することは否定できません。

でも、考え方を変えれば、あなたが実際に転職する仕事はひとつあればいいはずです。
内定を多く獲得する競争ではないので、求人数が少なければその分応募をたくさんして、あなたという人材を最も求めている会社と巡り合ってください。

年齢制限はたしかにありますが、絶望することはありません。

Q.40代からの転職で正社員を狙うのは厳しいのでしょうか?


A.未経験でも需要がある業界なら、正社員も狙えます。

高い専門性や管理職としての経験が求められる業界でなければ、未経験からでもやる気や今あるスキルの示し方次第で正社員としての採用も可能性はあります。

ただし、正社員だけにこだわりすぎると再就職までいたずらに時間がかかってしまうこともあります。
入社後の正社員登用のコースも想定に入れて、現実的な戦略を実践してくださいね。

Q.40代から始める仕事との向き合い方は、どのように考えればいいですか?

A.業界によっては年代的にまだキャリアアップできる道も。中長期的になりたい自分から逆算して仕事に取り組みましょう。

40代だからといってキャリアアップすることを諦める必要はありません。
生活においてどこまで仕事を重視するかにもよりますが、経済的に豊かになりたかったり、仕事にやりがいをみつけたいなら、選んだ仕事に注力しましょう。

40代からでも望まれて就職した業界であるならば、その分野で資格をとったり実際に成果を上げれば自己実現はできるはずです。
無理をしすぎてはいけないですが、あなたができる最大限を費やせばなりたい自分に近づけるでしょう。

まとめ|おすすめの仕事に狙いを絞って再就職を成功させましょう


本記事では、40代からの再就職の現実・おすすめの仕事を紹介しました。

たしかに、40代は管理職を念頭に置いた求人が多くなってくるため、順調にキャリアアップを進めていなければ再就職は簡単ではありません。

しかし、未経験からでも歓迎してくれる業界を理解すれば、そこで再スタートする道はいくらだってあります。

悲観的にならず前向きに取り組めば、あなたにマッチした仕事が見つかって充実した日々を送れるようになりますよ。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷