【場面緘黙症】『仕事できない人』にならないためのたった2つの方法

場面緘黙症

上司から話しかけられると声がでなくなる。

会議で発言を求められても声が出ない。

雑談に加わることができない。

勇気をだして電話にでたが、話すことができない。

普段は普通に会話できるのに…

上記の例のように、特定の場面や人に対して話せなくなる。不安障害の1つである、『場面緘黙(選択性緘黙)症』の症状です。これらの症状が原因で、『仕事に関する悩み』を抱えている方は多いでしょう。

そこで、場面緘黙の方の『仕事に関する悩み』を解決する方法をご紹介します。下記はその『悩み』の具体例です。

  • 職場にいるのが辛い。
  • 職場で「仕事ができない人」と思われてるのが辛い。
  • 『場面緘黙症の自分』は就職(転職)できるのか。
  • 『場面緘黙症の自分に合った仕事』があるなら、その仕事に就職(転職)したい。

結論、『自分に合った仕事を探すこと』、『仕事の探し方』次第で解決できます。それではさっそく悩みを解消していきましょう。

場面緘黙症の自分に合った仕事に就こう!

『自分に合った仕事』に就く。

これが仕事の悩みを解決する1番の方法です。いま『自分に合った仕事』をしてない方は、まず転職することをオススメします。

場面緘黙症の自分に合った仕事

下記、場面緘黙症の方にオススメできる仕事です。
 
下記の仕事

  • 工場(ピッキング、仕分け、梱包、加工など)
  • 清掃
  • ITエンジニア
  • ライター
  • 動画編集者

医療・福祉関係

①は『人間関係が希薄でも問題ない職業』です。

すべての仕事において他人とのコミュニケーションは必須です。
ただ、①で紹介した仕事に関しては、『最低限のコミュニケーション(仕事の指示、メールでのやり取りなど)』と『あなたの作業』だけで完結する仕事です。

②は『場面緘黙症に対する理解』がある職業です。

実際、医療・福祉関係の職場では『場面緘黙症の方』が多く活躍されています。(筆者は障害者福祉をメインとする法人に勤めています。)

医療や福祉の現場で働く人は、全員『障害に対しての理解』をもっています。そのため、『場面緘黙症の方が、一般雇用で10年以上働いている』という状況はまったく珍しくありません。

場面緘黙症で仕事をしている方の声

今までいろいろ会社に勤めましたが一番長く勤められたのがプラスチック用品の工場でした。
工場だから仕事中は余計なことを話さなくてすみましたが工場が効率性を高くした結果、製品が以前より流れるようになり私は手がついていけず辞めました。そこではおよそ9年働きました。

引用元:https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4833674&id=79265966

治療を始めて半年後、キャラクターショーのスーツアクターのアルバイトに応募した。家で話す練習を重ね、面接もスムーズにできた。

初めてキャラクターショーに出演すると、お客さんがうれしそうに集まってきた。写真や握手に応じると、笑顔で帰っていく。着ぐるみとして接しているが、自分でも目の前の人を幸せにできるかもしれない。
「消えたい」と思っていた自分だったが、初めて「人間の普遍的な幸せを得た」とほづみさんは話す。

引用元:https://withnews.jp/article/f0190530000qq000000000000000W06910801qq000019187A

上記、2名の場面緘黙症の方の声の通り、やはり『人間関係が希薄な仕事』は無理なく続けられるポイントになりそうですね。

『場面緘黙症の自分に合う仕事』がわかったら、まず行動!

『自分に合う仕事』がわかったら、まず行動です。

仕事を探しましょう。

ただ、ここでまず悩むポイントがあります。
「『障害者雇用』で働くか『一般雇用』で働くか」という悩みです。

『障害者雇用』でも『一般雇用』どちらでも大丈夫

就職(転職)活動を行うさい、最初に問題となるのが『障害者雇用か一般雇用』どちらがいいのか。結論、どちらを選択しても大丈夫です。

ただし、下記2つを踏まえたうえで選択してください。

自分の症状

希望する就業先

『一般雇用』『障害者雇用』のどちらで就職(転職)活動を行うにせよ、「必ず事前に伝えるべき2つのポイント」があります。

場面緘黙症の方が、前もって職場に伝えるべき2つのポイント

職場見学や面接のさいに、下記2つを確実に伝えるようにしてください。

自分の症状

配慮してほしいこと(できれば具体的に)

この2つを説明してまったく問題がないのであれば、
その職場は『無理なく働ける職場』である可能性が高いです。

逆に「え?」というような返答がきたら、そこで働くのはやめておきましょう。

もしも、この2つをうまく伝えることができなそうなら、事前にメモしていきましょう。そのメモを読んだり渡すだけでも構いません。
本当に『理解のある職場』であれば、それで難色をしめすようなことはしないはずです。

場面緘黙症の方向けの仕事の探し方

では、実際に仕事を探しましょう。

『すぐに働きたい方向けの手順』と『支援を受けてから働きたい方向けの手順』、2つの手順を用意しました。

まずは、各手順のなかで紹介する①~⑤のサービスについてカンタンに解説します。

場面緘黙症の方向けの仕事を探すさいに利用できるサービス

ハローワーク

国によって運営される職業安定所です。
一般雇用の求人はもちろん、障害者雇用の求人もあります。

ハローワークでは、職業紹介の他に、下記2つの支援を行っています。

ⅰ.障害者トライアル雇用事業

あなたが働きたい会社に、トライアル期間(原則3ヵ月)として雇用してもらうサービスです。問題なければそのまま継続雇用に移行できます。
このサービスを利用することで、「ほんとにこの会社で問題なく働けるか。」ということを確認することができますね。

そして、『障害者トライアル雇用事業』のなかには『障害者短時間トライアル』というコースもあります。
「初めは週の労働時間を週10時間~20時間までとし、トライアル期間中に労働時間週20時間以上を目指す。」というものです。
要するに、「徐々に働く時間を延ばしていく」というコースです。

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000029f49-att/2r98520000029f8e.pdf

ⅱ.『精神障害者雇用トータルサポーター』からの支援

『精神障害者雇用トータルサポーター』とは、精神障害の専門家のことです。
あなたに対し、下記の支援を行います。

  • カウンセリング
  • 就職準備プログラムの実施
  • 職場実習の実施
  • 就職後のフォローアップ

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000029f49-att/2r98520000029f8e.pdf

dodaチャレンジ

障害をお持ちの方専門の転職・就職支援サービスです
専任のキャリアアドバイザーが付き、下記のような、就職(転職)成功のためのサービスを提供します。

  • キャリアカウンセリング
  • サイトには掲載されていない「非公開の求人情報」の紹介
  • 応募書類や面接のアドバイス など

「なぜ『dodaチャレンジ』なのか?」というと、
「下記3つの特徴を持っている障害者専門のエージェントは『dodaチャレンジ』だけ」だからです。

  1. 利用料が完全無料
  2. 『パーソルグループ』が運営=安心・信頼性が高い
  3. 求人数が多い

下記は『dodaチャレンジ』に求人を出している企業の一例です。

PAY PAY株式会社、富士通株式会社、日立製作所、リクルートホールディングス、花王株式会社、YKK株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社マイナビ、野村不動産パートナーズ株式会社、ヤフー株式会社、パナソニックITS株式会社、雪印メグミルク株式会社、全日空空輸株式会社(ANA)、アコム株式会社、株式会社カプコン、など

つまり、無料でたくさんの信頼できる企業の求人を紹介してくれるエージェントということです。

就労移行支援

一般企業に就職することを目的とし、全般的なサポートをおこなうサービスです。
対象者は「65歳未満の、一般企業への就職を目指している障害をお持ちの方」です。
障害者手帳がなくても利用することができます。※1
利用料※2が発生する点には注意してください。

就労継続支援の支援内容は下記の通りです。

  • 求人のマッチング
  • 仕事や就職に必要な知識の定着、スキルの向上。
  • 就職(転職)活動のサポート。
  • 就職(転職)後の就労定着のためのサポート(就労定着支援)。

※1 『障害福祉サービス受給者証』が必要。
『障害福祉サービス受給者証』は、医師の診断書(意見書)などの書類を近くの行政窓口に提出することで申請できます。
※2 

場面 緘黙 仕事 参考画像1

※3 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象。
※4 収入が、おおむね600万以下の世帯が対象。
※5 入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」。

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/3b.pdf

精神保健福祉センター

心の問題や病気の相談をうけたり、助言、援助を行っています。
利用料は無料であり、各都道府県に設置されています。

具体的には、下記7つの支援を行っています。

  1. 精神保健福祉相談
  2. 心の問題や病気で困っている本人・ご家族・関係者からの相談を受け付けています。
    精神医学的問題に対して専門の相談員が相談に応じます。

  3. 技術援助
  4. 精神保健福祉に関わる関係諸機関に対して、助言・技術的な援助・協力を行っています。

  5. 組織づくりの支援
  6. 精神保健福祉関係の組織づくりに関して、情報や運営上の助言をしています。

  7. 広報普及
  8. こころの病気、メンタルヘルス、社会資源や福祉に関する情報の提供を行っています。

  9. 調査研究
  10. 地域精神保健福祉に関する実践的な調査研究を行っています。

  11. デイケア
  12. 通所型の社会復帰施設を運営しています。少人数の医療デイケアを行っています。

  13. 教育研修
  14. 精神保健福祉にたずさわる施設や機関の職員に対し、専門的研修や施設実習を行っています。

    参考:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/sitaya/jigyo.htm

就労継続支援

障害が原因で一般企業に雇用されることが難しい方に対し、就労機会を提供する事業です。

ここでは『就労に関する知識』と『能力の向上』を図り、一般企業に就職することを主な目的にしています。

就労継続支援は、下記の2つに分かれます。

就労継続支援A型

就労継続支援B型

A型とB型の主な違いは、「雇用関係の有無」です。
A型は雇用契約に基づいて働き、(=最低賃金が保証)、
B型は雇用契約を結ばずに働きます(≠最低賃金)。

つまり、B型のほうが賃金が安い分、雇用契約がないので自由がききやすいです。
詳しくは、別記事(下記ページ)を参照してください。

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/3b.pdf

『すぐに働きたい、場面緘黙症の方向け』の仕事を探す手順


では、仕事の探し方を説明します。まずは『すぐに働きたい方向け』の手順です。

場面 緘黙 仕事 画像1
まずは『①ハローワーク』と『②dodaチャレンジ

※1

』に登録しましょう。

なぜ『ハローワーク』だけではダメなのか。
それは、職業選択の幅を広げるためです。

例えば、あなたが『欲しい商品』を探すとき、1つのお店だけに絞ってその商品を探すなんてことはしないですよね?
仕事探しも同じです。品揃え(求人)が多いところでも探してみましょう。

※1精神障害者保健福祉手帳(通称、障害者手帳)をお持ちの場合。

『仕事探しの前に支援を受けたい方向け』の仕事を探す手順


「いきなり仕事を探して就職(転職)するのは恐い…。しっかり準備してから仕事探しをしたい。」
こんな方は、下記の手順で仕事を探してみましょう。

場面 緘黙 仕事 画像2
この章の冒頭で説明したサービスを利用して、『場面緘黙症による仕事に対する不安』を解消しましょう。

そして、そのサービスを受けた先で仕事探しをします。

ただ、どこでサービスを受けたとしても、基本的に『①ハローワーク』に登録されている求人から探すことになります。
つまり、『②dodaチャレンジ』に登録することで、職業選択の幅が広がります。

【まとめ】場面緘黙症が原因の仕事の悩みは、『仕事選び・仕事の探し方』で解決できます

今回の内容をまとめます。

大人の場面緘黙症(選択性緘黙)の方が持つ『仕事の悩み』

①場面緘黙症の自分に合った仕事を探す
②仕事の探し方

で解決できる。

①場面緘黙症の自分に合った仕事

人間関係が希薄でも問題ない職業

  • 工場(ピッキング、仕分け、梱包、加工など)
  • 清掃
  • ITエンジニア
  • ライター
  • 動画編集者 など

場面緘黙症に対する理解がある職場

  • 医療機関
  • 福祉機関 など

『一般雇用』と『障害者雇用』どちらでも問題なし。

②仕事の探し方

すぐに働きたい方

  • 『ハローワーク』と『dodaチャレンジ』で仕事を探す。
エントリーする。

事前に準備したい方

  • 『ハローワーク』や『就労移行支援』、『精神保健福祉センター』、『就労継続支援』をして支援を受ける。
『支援を受けた機関』+『dodaチャレンジ』で仕事探しをする。
エントリーする。

現在の日本では、大人の場面緘黙症への理解がまだまだ浸透していません。つまり、場面緘黙症は職場からの理解が得にくい病気です。

そのため、自分から理解を得られる職場を探す必要があります。

実際、場面緘黙症の方の多くが『複数の転職』を経験されています。転職が多くなることは仕方ありません。

ここで紹介した方法が参考になり、あなたにとって最良の職場に巡り合えることを心から願っております。


障がい者におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
dodaチャレンジ
dodaチャレンジ
95%が満足!障害別に転職を徹底サポート
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス。大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人から、自分の適性に合った仕事を探すことができます。障がいの種類ごとに専任のアドバイザーが在籍しているので安心。大手エージェントでありながらも、求職者に寄り添った親身な対応が評判です。
ラルゴ高田馬場
ラルゴ高田馬場
600社の非公開求人の中から転職を支援
ラルゴ高田馬場は、1都3県に強みを持ってる障がい者に特化した就職・転職支援サービスで、業界実績は20年以上!扱っている求人の7割が30年以上続いている安定企業です。選考から就労後のアフターフォローまで徹底した支援により、就労後1年間の定着率は94%と高い実績を誇ります。
ココルポート
ココルポート
イチから就職を目指す!就労移行支援サービス
ココルポートは障がい者が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行うサービスです。就職の経験がない人、ブランクがある人も就職した実績多数あり。首都圏と福岡に事業所を展開しています。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷