失敗を回避!コンサル転職成功のチャンスを掴む方法

コンサル転職働き方の多様化やデジタル化によって、コンサルティングを行うコンサルティングファームの需要は右肩上がり。

就職や転職でも人気が高い職種で、キャリア転職だけでなく未経験者からの採用にも門戸を広げ、ポテンシャルの高い人材を採用したい企業が多いことが特徴です。

しかし未経験からコンサルタントになれるの?どうやって目指したらいいの?と、悩んでいる方も多いかと思います。

今回はコンサルタントへの転職に向けて、コンサルティング業界の転職事情や未経験者がコンサル転職を成功させる方法、転職失敗例などをご紹介します。
コンサルに転職したい人や関心のある方は、ぜひ参考にしてください。

コンサル業界の転職事情

ではコンサル業界における転職市場の動向はどうなっているのでしょうか?
多くの企業が事業縮小や倒産に追い込まれた中で、コンサル業界はマイナスから回復傾向にある職種です。

若手の採用に意欲的なコンサル業界でも、コロナ禍の直撃を受けた2020年は採用控えもあり、求人は即戦力と限定されているものが多くみられました。

ところが2021年では、働き方改革やIT化などコンサルティングのニーズが増え、若手人材の採用に積極的な企業が多くなっています。

活発化するコンサル業界の転職事情の背景

コロナ禍で一時期停滞していたコンサルティングファームの採用ですが、現在では採用対象も広がり、採用人数も増加傾向です。

なぜコンサルへのニーズが高まっているのかというと、コロナ禍をきっかけに広がったデジタル化が背景にあります。

テレワークや在宅勤務へのシフトなどデジタルを活用したビジネスが広がり、オンライン化が急速に進んだからです。

注目度の高いコンサルティングファーム

クライアント企業の課題やニーズを解決に導くコンサルティングは、新卒の方や中途採用組の方の中でも注目される業界です。

コンサルティングサービスを行っているコンサルティングファームですが、その業務の内容によって種類があります。

総合系コンサルティングァーム

企業の事業戦略の策定や基幹部分、システムの構築などに強い

戦略系コンサルティングファーム

主なクライアントである外資系企業や大手企業に対して経営戦略などを手がける

シンクタンク系コンサルティングファーム

経済調査やリサーチ、マネジメントコンサルなどを手がける

再生系コンサルティングファーム

企業のトラブルや危機、業績を回復に導く

IT系コンサルティングファーム

システム構築やIT、AIなどに特化

マーケティング系コンサルティングファーム

マーケティング戦略に特化

人材系コンサルティングファーム

人材戦略に特化(採用や人材評価など)

コンサルティングファームへの就職・転職は難しい?

コンサルティングファームはどの種類においても「ハードルが高い」イメージを持たれる方が多いでしょう。

「新卒だから無理なのでは」
「未経験だから採用されないだろう」

と、諦めモードの方も多いかと思います。
しかし、若手人材の育成に力を入れている企業や中途採用を強化している企業もありますので、チャンスはあります。

コンサル転職市場が活発化している今がチャンス!

就職・転職のハードルが高いとされるコンサル業界ですが、就職・転職者は年々増加。
給料が高く、専門知識とスキルで企業をサポートするやりがいに魅力を感じる方が多いからです。

コンサルティング業界の認知度が高まったことや働き方改革やデジタル化への急務な対応、企業のニーズの高まりから採用ニーズも増加しています。

特にIT系コンサルティングファームの人材採用が積極的に行われ、コンサルティングファームでも新しいプロジェクトの立ち上げもみられます。

以前に比べてコンサルティングファームへの就職・転職は採用の幅が広がり、若手人材や未経験者の採用も積極的に行われるようになりました。

コンサル転職でチェックされるポイント

コンサルタントとして働く際に重視されるポイントは、コンサルタントとしての資質です。
未経験の方の場合は、前職での経験やポテンシャルが重視され、これからコンサルタントとして成長するかという見込みがチェックされます。

しかし経験者となると最も重視されるポイントは、プロのコンサルタントとしての知識やスキル、思考など論理的思考力が評価されます。

ファームの面接で取り入れられているケーススタディ(口述試験)では、情報収集や問題解決などに対して論理的思考力ができているかが重要になるでしょう。

Point

経験の有無よりも、これまでのキャリアでの業務や経験についてどのように取り組み対応してきたかが重要になる!

採用に有利?前職での経験

コンサルティング業界へ未経験転職をする方は不安を抱えている方も多いですが、様々な業種・職種から転職される方が多いのです。

ニーズやトラブルも多種多様化する中でコンサルティングも事業領域を拡大し、様々な案件に対応できる人材確保が進んでいます。

コンサルティングファームの種類に合わせて採用する人材のポテンシャルやキャリアを重視しています。

例えばIT系コンサルティングファームでは、もちろんITスキルがある人やSE経験者などが有利ですし、人材系コンサルティングファームでは、人事経験者など。
また、戦略系コンサルティングファームでは経験者・未経験者に捉われず、ポテンシャル採用が重視される傾向です。

コンサルティングファームの種類は多いので、これまでのキャリアやスキルを活かしてコンサルタントへのキャリアアップを目指すことができるでしょう。

未経験者でもコンサルへキャリアチェンジできる?

採用の幅は広がり未経験者の採用も積極的ですが、コンサルタントとして求められる資質やスキルなど、ハードルは決して低いものではありません。

しかし業界未経験者の転職は8割といわれ、研修制度やサポートの充実によって未経験者が活躍できる場は広がっています。

未経験者が転職しやすいタイミング

どんな企業への転職も年齢を重ねるごとに厳しくなっていきますが、コンサル業界への転職には年齢はさほど関係がないとされています。

ただし未経験転職では一般企業と同様に、ポテンシャルが重視される20代~30代前半の若手人材が有利となるでしょう。

30代後半からでは、コンサルティングファームのニーズにあったキャリアやスキルが重視される傾向なので経験者の方が有利である場合が多いです。

40代以降になると未経験転職のハードルはさらに高くなり、そのコンサルティングファームで必要とされるキャリアやスキルがなければ難しいでしょう。
一方でキャリアとスキルが十分な人材であれば、バックグラウンドの価値も含め、30代後半~40代以降の方でも内定率は高い傾向です。

Point

しっかりとしたキャリアやスキルがあれば年齢は気にしなくても◎

転職失敗⁉未経験者が陥りやすい転職の罠

せっかく憧れのコンサルタントに転職できたのに…
いざ入社してみると、もしかして失敗かも⁉とミスマッチを感じる方は少なくありません。

その理由は以下の2つ。

思ったより激務で地味!

華々しいイメージを想像していたのに…と、コンサルタント業務のギャップを感じる方がいらっしゃいますが、いくら経験者で転職したとしても、入社後すぐにハイレベルな案件は任されません。
やはり地道な業務からキャリアアップを目指すのが一般的です。
イメージ通りの働き方ができず「転職に失敗した」と思ってしまいます。

実力重視、成果主義

コンサル業界の評価はシビアです。
実力がない、評価が低いと判断されると仕事ができないため、いつも成果を上げられるよう努力しなければいけません。

一部のコンサルティングファームでは「Up or Out(昇進できなければ去れ)」と、厳しい制度をとっているところもあります。

実際にはOutを告げる企業は少ないものの、評価や昇進次第で自ら退職を選択する方は多いようです。

未経験者がコンサル転職を成功させる方法

「コンサルティング業界の経験はない、でも転職したい!」という方は、どうすれば転職のハードルを乗り越えることができるのでしょうか。

コンサル就職・転職に悩んでいる方や迷っている方は、コンサルティング業界への転職に特化した転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

なぜ転職エージェントに相談するのがいいかというと、まず方向性やキャリアプランの見極めが的確であり、コンサル企業への就職・転職対策が万全だからです。

例えば、面接対策。
コンサルティングファームでは、一般企業でもあるような志望動機だけでなく論理的思考力をみるためのケーススタディが行われます。

また、質問に対する反応や柔軟な対応力が評価されるため、回答プロセスを学び適切に対応できるよう対策することが必須なのです。

転職エージェントでは、模擬面接や面接対策をしていますので本番に向けて実践力をつけることができるでしょう。

コンサル転職で使うべきエージェント

コンサルティング業界への転職に特化した転職エージェントの活用が、転職成功のコツだと先述しました。

コンサル転職の成功は、内定を獲得することでしょうか?
本当の成功は、内定獲得をスタートラインに中長期的なキャリア形成にあります。

目先の内定だけでなく転職者のキャリアビジョンを見据え、コンサル業界での活躍を目指すことです。

大手から小規模まで転職エージェントはたくさんありますが、だからこそコンサル業界に特化した転職エージェントを選ぶ必要があるのです。

そこで「中長期的な視野を持ってキャリア形成を支援する」ことを重視するアサインが注目されています。

目指すのは内定獲得ではない!キャリア形成を目指す「アサイン」

アサイン『アサイン(https://assign-inc.com/)』は2016年に創業し、コンサルティングファームを中心とした転職に実績がある転職エージェントです。

20代~30代のハイエンド層のマッチングに強みがあり、様々なコンサルティングファームの職種を取り扱っています。

転職業界での評価も高く、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」ではBizreach 2019年度 コンサル部門 MVPを受賞。

さらに「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」では「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞しました。

面談満足度や決定数などのヘッドハンタースコアから、日本一のヘッドハンターであるとお墨付きです。

アサインが選ばれる理由

  • 実力を重視した長期キャリアを見据えた支援
  • 各領域に精通したエージェント
  • 高い内定獲得率
  • アフターフォローが充実

アサインがコンサル転職を目指す方に選ばれる理由は、上記の4つ。
では、それぞれみていきましょう。

実力を重視した長期キャリアを見据えた支援

アサインが他の転職エージェントと大きく異なる点は、目の前の転職だけでなくキャリアビジョンを見据えた転職支援です。

1人ひとりに向き合った伴走型のサポート

求職者はそれぞれキャリアやスキルが異なるため、画一的なサポートではNG
徹底的な過去問の分析から、1人ひとりに合わせたオーダーメイドのサポートを提供するのが、アサインです。

各領域に精通した経験豊富なエージェント

エージェントの多くがコンサルティングファーム出身なので業界に精通した実践的なサポートが可能。
面接対策でも、本番に近いケーススタディやディスカッションの練習ができることがメリットのひとつです。

エージェントの経験に基づいたキャリア相談やアドバイスを受けることができるので入社後のキャリア形成をイメージしながら転職活動を進めることができます。

高い内定獲得率

大手エージェントの10倍とされるアサインの内定率ですが、その高さはマッチングの実現にあります。
各エージェントが人事担当者と直接繋がっているため、採用ニーズや動向などを把握できマッチングに活用。

さらに、オーダーメイドのサポートだからこそ、求職者に合ったファームの見極めへの応募が可能なのです。

アフターフォローが充実

信頼できるエージェントと二人三脚で内定を獲得し、その後のキャリア形成もサポート。
また、入社後も中長期的な支援は継続し、実務やキャリアで迷うことがあれば、気軽に相談できるので心強いですね。

Point

アサインは、質の高い転職支援で人生の転機となる転職をサポート!

総合コンサルティングファームは近年拡大しており、なかなかその業界の実態や動向が掴みにくいものです。

しかしファーム出身で経験豊富なエージェントが在籍するアサインでは、業界や業務の情報が精通しているので的確なキャリアアドバイスが可能。
サポートも充実しているので、未経験からのキャリアチェンジも安心ですね。

目指すべき方向に迷ったら…

働き方の多様化が広がり転職を考えているものの「自分に合った仕事が分からない」「どんな道を目指せばいいか分からない」と悩んでいる方がいます。

そこで、アサインはキャリアシミュレーションアプリ「VIEW」を開発。
経歴と価値観を登録することで市場価値やスキルマッチを軸としながら、あなたに合った仕事を分析。

1,000以上の業界×職種の組み合わせからランキング形式で診断してくれる、AIキャリアシミュレーションアプリです。

アサインが重視する中長期的なキャリアを見極めるキャリア診断ができるので、これからの方向性とマッチングするポジションが明確に。
転職を考える若手人材は、ぜひアプリを活用しアサインで転職成功を実現させましょう。

【まとめ】中長期的なキャリア形成を視野に転職をしよう

いかがでしたでしょうか?
コンサルタントへの転職に向けて、コンサルティング業界の転職事情や未経験者がコンサル転職を成功させる方法、転職失敗例、活用すべき転職エージェントについてお伝えしました。

コンサル転職のハードルは高いイメージですが、なぜ目指すのか・今後のキャリアプランを明確にすることで成功がぐっと近づきます。
そのためにはコンサル業界の動向やニーズを把握し、自分に合ったファームを目指すことが大切です。

コンサルティングファームで働くと、様々な業界で活躍できるキャリアとスキルを身に着けることができます。
今後の中長期的なキャリア形成にも、目指すべき道を明確にしてコンサル転職を成功させましょう。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷