> > 大企業から中小・ベンチャーへの転職!「成功」or「後悔」!?

大企業から中小・ベンチャーへの転職!「成功」or「後悔」!?

2135 views

大企業で働いている人は順風満帆の人生を送っていると思いがちですが、大企業に入社することがゴールではなく大切なのはその先です。

大企業で働いているからこそ感じる不安や不満を抱えている人も実は多くおり、大企業を退職し転職を考える人も少なくはありません。

中小企業で働いている人からすると「大企業を退職するなんて勿体ない」と思うかもしれませんが、大企業出身者だからこそ転職が有利になるケースも多くあります。

ここでは、なぜ大企業からの転職は有利なのか?大企業から中小・ベンチャー企業への転職で注意しなければいけないこと、大企業からの転職でステップアップは可能なのか?など、様々な切り口から大企業からの転職に関して解説していきたいと思います。

大企業からの転職はなぜ有利?

大企業出身者の転職は有利になるケースが多いと言われています。有利になる理由として考えられることを以下に挙げていきます。

大企業の看板

面接だけでその人の能力を見極めることは難しいが、○○で働いていたのであれば‥と能力の高さへの期待値が上がり採用されやすい

基礎的な能力が高い

倍率の高い大企業の採用試験を突破し入社できるほどの高学歴で他より優れた基礎的な能力がある、職務遂行能力が高い

大企業の組織・働き方を身につけている

大企業との取引を目指す企業では大企業特有の文化、内部事情を理解している優秀な人物を求めている。高度なスキルやノウハウを身につけている人材である

中途採用の現場では即戦力となる人材を求めているため、大企業出身者は基礎能力の高さ・大企業で身につけたノウハウや+αのビジネススキルがプラス要素となり”即戦力”に当てはまりやすいことや、名の知れた大企業出身者であれば”ハズレの人材”となってしまうリスクを回避しやすいことなどから転職が有利になりやすい傾向にあります。

大企業を辞めるべき理由

では、はじめにお話した”大企業で働いているからこそ感じる不安や不満”とはどのようなことがあるのでしょうか?不安や不満から大企業を辞めるべき理由が見えてきます。

チャンスが巡ってこない

社員数が多い大企業では同期も多く出世競争が激しい、派閥の力も大きい

仕事を選べない

やりたい仕事に就けない、関わる仕事が限定的なことしかできない、やりがいを感じられない

制度に縛られている

大企業には稟議があり、仕事が動き出すまでに時間が掛かる。社内の決定スピードが遅い。無駄なルールが多いなど

給料が変わりにくい

基本的な給料は良いが成果を上げても給料に反映されない

スキルが身につきづらい

限定的な仕事しかできない事や、数年おきに職種を変えられることもあり他で通用できるスキルを身につけづらい

転勤が多い

大企業は支店も多く、サービスエリアが広いため転勤を言い渡される可能性が高い

大企業は社会的な信頼もあり、給料が良く福利厚生もしっかりしている‥など将来的にも安定し条件的には申し分ないのですが、社員の多い大企業だからこそ組織力や規律を守って働かざる得ない環境に個々がやりがいを感じられなかったり、裁量を与えられないこと、正当な評価をしてもらいにくいことなどが転職を考えるきっかけとなっているケースが多く見られます。

大企業に向いていない人の特徴

大企業には中小企業やベンチャー企業にはない特有の文化や雰囲気があるため、大企業向きの人・向いていない人に分かれます。
せっかく大企業に入社したのだから会社や仕事に違和感を感じてはいるけれど‥辞めてしまうのは勿体なのでは?と思う人も居ると思いますが、根本的なこととして大企業に向いていない場合はどこかで見切りを付け転職を考えることの方が将来的には正しい決断となるはずです。

個性を活かしたい

大企業では個性よりも組織での協調性が大事です。上司の指示は意見せず黙って聞き入れるなど個性は必要ありません。

人に媚びるのが苦手

出世のためには上司から気に入られている人、愛想がいい人など仕事以外にも世渡り上手な人が大企業には向いています。

地位は関係ない

大企業というネームバリューがあることで社会的な信用・ステータスが高くなります。ステータス目当てで大企業に就職したわけではなく、そんなことはどうでもいいと思っている人は他でも活躍出来る可能性があります。

安定性よりも向上心

もちろん向上心を持って仕事をすることは大切ですが、年功序列や派閥争いのある大企業では向上心や上昇志向が空回りしてしまうことも。トップを目指すくらいの向上心があるのなら中小企業やベンチャー企業に向いています。

大企業特有の文化が苦手

人に媚びるのが苦手な人と同じように、派閥争いや社内政治など大企業特有の文化に嫌気がさしている人や馬鹿馬鹿しいと感じている人は向いていません。

仕事に対して変化を求めている人や自分の力で変えていきたい人は大企業向きではありません。
逆に、仕事に変化はなくとも大企業という名の下将来的に安定して働き続けられればいい、人付き合いが上手く世渡り上手な人は大企業向きと言えるでしょう。

大手企業と中小企業の違い

大企業と中小企業との違いは規模の大きさ(※)だけでなく、それぞれ働き方にも違いがあります。
これらのことを良く理解せずに「大企業出身者は転職に有利だから」と安易に転職をしてしまうと転職後に後悔してしまうことにもなりかねません。
(※)中小企業:資本金5,000万円~3億円、または従業員数50~300人※業種ごとに異なる
   大企業:中小企業よりも規模の大きい企業

福利厚生や社会的信用は大きい大企業

<仕事の範囲>業務が細分化されているため、仕事内容が狭くなりがち

<教育制度>外部研修も多く、資格取得支援があるなど充実している

<裁量>小さい(※直属の上司以外にも何名か許可を取らなければいけない)

<給料>賞与などの制度も整っており年収が高い傾向

<福利厚生>充実している

<出世>社員・同僚が多いため激しい出世競争がある

幅広い仕事に携われる良さがある中小企業

<仕事の範囲>幅広く様々な業務に携われる機会が多い

<教育制度>研修制度自体がなく働きながら覚えていくことが多い

<裁量>大きい(※チームで仕事を進めていくことが多いため)

<給料>賞与がない企業もある。大企業よりは年収が低くなる傾向

<福利厚生>充実しているところもあるが、整っていない企業も多い

<出世>大企業と比べると出世のチャンスが多い

全ての企業に当てはまるわけではありませんが、大企業と中小企業との違いを大まかにまとめるとこのようなケースが多く見られます。

大企業・中小企業ともにメリット・デメリットとなることがあり、給料や福利厚生など制度がしっかりと整っている大企業は安定性がありメリットも多いのですが、出世争い・裁量権が少ない・業務の幅が狭いと言ったことはデメリットになります。

逆に中小企業は、若いうちから幅広い業務に携われスキルを磨きやすいことや裁量権も大きい、大企業と比べ出世のチャンスが多いことがメリットですが、年収が低い、福利厚生など制度が整っていない、大企業と比べると安定していないことがデメリットです。

大手企業出身者は使えない!?大企業から中小企業への転職で後悔すること

仮に大企業から中小企業へ転職した場合「大企業出身者は使えない」と言われることがあり、転職が有利どころか逆に敬遠されてしまうこともあります。

大企業で働いていた人は元々の学歴が高くもちろん能力の高い人が多いのですが、”大企業のネームバリュー”や”組織力”があったからこそ今まで順調に仕事が出来ていただけの場合があるからです。そして、大企業というネームバリューが邪魔をして個人として評価されづらいといった側面もあります。

大企業のデメリットにも挙げられる業務の幅が狭く限定的であることが、幅広い業務をする必要がある中小企業では使い物にならないと思われることや、大企業で働いていたプライドが鼻につくと思われたりと自分を過大評価し過ぎてしまっている人も中には居ます。

また、大企業から中小企業へ転職をしたときに後悔してしまうこととしては、

・待遇が悪くなる(給料・福利厚生・労働環境など)
・大企業のネームバリューがなくなる(仕事がしにくくなった、社会的信用度が低くなった)
・一緒に働く人のレベルが下がった
・仕事の規模が小さくなる

今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、自分がいかに恵まれた環境で仕事が出来ていたということを実感し転職を後悔する人も少なくはありません。

まずは、なぜ転職をしたいと思ったのか?の理由を明確にしておき、転職先の条件に優先順位をつけておくことから始めるべきです。一番譲れない条件は「給料」なのか「仕事へのやりがい」なのか「新しいことへのチャレンジ」なのか‥。
転職後に後悔しないためにも事前にしっかりと準備をしてから行動に移しましょう。

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職でステップアップ

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職は後悔する人がいるようにレベルダウンと考えがちですが、一概にそうとは言い切れません。中小企業・ベンチャー企業への転職でステップアップ・キャリアアップを叶えることも可能です!

中小企業のメリットで挙げたように、幅広い業務に携われることでスキルアップを目指せることや大企業よりも個人としての頑張りを適性に評価してもらいやすい環境にあるため年収アップが叶いやすい、出世のチャンスが多くあることなどがあります。

中小企業に限らず大企業からベンチャー企業への転職でも昇格スピードや昇給スピードが早いので、大企業で働いていた時以上のポジションや給料を手にすることに加え、ゼロから作り上げていくように仕事への大きなやりがいを感じることもできるかもしれません。向上心・上昇志向の高い人には向いています。

ここに挙げたことは一例ではありますが、中小企業やベンチャー企業への転職が大成功と感じている人も居れば後悔をしている人が居ることも確かなので、転職や転職先選びは慎重に行いましょう。

転職に於いて大事なポイントは「自己分析」と「情報収集」です。自分の適正評価を知っておくこと、企業研究や転職市場の調査をしておくことは必ずやっておきましょう。
自分一人では不安な場合や客観的な評価を知りたいと思っている人は転職エージェントに相談をしながら転職活動を進めていくこともおすすめです。

何となく働いているのは勿体ない

ここまで大企業からの転職にスポットを当て様々な視点からお話してきましたが、転職をした方がいい・しない方がいいを含め何が正しいのかはあなた自身が決めることです。会社の規模は関係なく自分が活躍出来る場所で働けることが一番です。

「このままでいいのか?」と考えることがあるのなら、転職する・しないは後回しにしてまずは自分の市場価値や適性評価を転職エージェントで確認してみるのも一つの方法です。
転職エージェントに相談をしてみることで「今の会社で頑張ってみよう!」と思うのか、「新しい環境で成功したい」と思うのか自らの意思確認ができれば新たな気持ちでどんな環境でもステップアップできるのではないでしょうか?

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,460views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,112views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,401views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,599views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ