未経験からエンジニアを目指すのは難しいのか

これからエンジニアを目指そうと考えているあなた。 IT業界の経験・知識はありますか?プログラミングスキルはありますか? 一般的に未経験からエンジニアを目指すことは難しいと言われています。 ‥とは言え、未経験からでもエンジニアとして活躍している人が多いことも事実であり、正しいやり方で進めていけば未経験からエンジニアとして転職を叶えることはできるのです。

これからエンジニアを目指そうと考えているあなた。
IT業界の経験・知識はありますか?プログラミングスキルはありますか?
一般的に未経験からエンジニアを目指すことは難しいと言われています。
‥とは言え、未経験からでもエンジニアとして活躍している人が多いことも事実であり、正しいやり方で進めていけば未経験からエンジニアとして転職を叶えることはできるのです。
ここでは、「エンジニアになるための勉強方法」「エンジニア転職に必要なこと」「エンジニア転職を優位にする方法」を紹介していきます。

転職はキャリア採用、プログラミング未経験は確かに厳しい

エンジニアに限らず転職は経験者採用が当たり前であり、すぐに現場に出せる経験豊富な“即戦力“としてのエンジニアを企業は求めています。
新卒には研修など育成期間がありますが、中途の場合は研修があるわけでもなく育成に時間と人手を掛けられる余裕がない企業が多いのも現実です。
このことだけを考えるとやはり「未経験でエンジニアになるのは難しい」と言われていることにも頷けます。

また、エンジニアと言っても様々な種類があります。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webエンジニア
  • セールスエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア
  • IoTエンジニア

‥etc

まずはそれぞれの仕事内容をよく理解し、自分はどのようなエンジニアとして働きたいのか?未経験からでも採用されやすいエンジニアは?などIT業界の経験は無くとも業界知識だけでも身につけておきましょう。

ちなみに
WEBサイトはシステムエンジニアやプログラマーが開発しています。未経験からの場合はプログラマーとして入社しシステムエンジニアにキャリアアップする方法が一般的です。

業界的に、エンジニアの数が足りていないのも事実

平成28年6月に経済産業省が公表した『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査』では、IT人材の需要が供給を上回り2030年には最大で約79万人のIT人材不足が試算されていました。
下記のグラフは経済産業省が2019年3月に公表したものです。
IT人材需給に関する主な試算結果

※参照:経済産業省「IT人材需給に関する主な試算結果①②③の対比」
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

労働生産性上昇率を「0.7%」として、IT需要の伸びを「低位:1%」「中位:約5~2%」「高位:約9~3%」と条件を変えた場合の人材不足数をそれぞれ試算したグラフです。
IT需要が伸びれば伸びるほどに不足人数が約16万人→約45万人→約79万人と上がっていきます。
実際にIT業界は急成長しているにもかかわらず、エンジニアの人数は業界の成長に見合った人数が足りていない状況が続いているため今後もエンジニアの需要自体は非常に高いものであることが推測されます。

未経験でエンジニアを目指すなら、プログラミングを自分で勉強する必要がある

ここ数年の売り手市場も相まって人材不足であるIT業界は未経験からでも採用されやすい傾向にありました。
しかし、いくら人材不足だからといっても何もできない人をとりあえず採用している訳ではありません。
仮に運良くエンジニアとして採用されたとしても入社後に右も左も分からず困るのはあなた自身です。
入社後すぐに即戦力として働けるエンジニアになるためには、独学なり、プログラミングスクールに通うなりしてプログラミングの基礎から自分で勉強をする必要があります。
では、自力でエンジニアを目指す方法として「独学」「プログラミングスクール」の2つを次で詳しく説明します。

自力でエンジニアを目指す方法

エンジニアになるためにプログラミングの基礎から学習する方法として「独学」と「プログラミングスクール」があります。
それぞれの勉強法のメリット・デメリットを交えながら説明させていただきます。

独学で頑張る

独学でプログラミングを学習するためには本やインターネットを活用してプログラミングの基礎を勉強していくことが一般的です。

メリット

  • 費用が比較的安く済む
  • 問題解決能力が身につく
  • マイペースに学習できる

デメリット

  • プログラミング習得まで時間が掛かる
  • エラーなどを自分で調べ解決する必要がある
  • 分からない箇所を気軽に質問できる環境がない

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールで講師に教えてもらいながらプログラミングの学習を進めていく方法。
プログラミングスクールには自宅に居ながら学習できる「オンラインスクール」と通学型の「オフラインスクール」があり、中には就職・転職支援まで行っているスクールもあります。

メリット

  • 分からない箇所を講師に質問できる
  • 効率良く学習できる
  • プログラミング習得までが早い

デメリット

  • 費用は独学より高額となる
  • 自己解決能力が身につきにくいことも

「独学」と「プログラミングスクール」それぞれにメリット・デメリットがあります。
簡単にまとめると、
・独学はマイペースに学習でき費用を安く済ませられるが、プログラミング習得までの時間が掛かること、学習の壁にぶつかり途中で挫折しやすい傾向にある。
・プログラミングスクールは費用が高額となるが講師のサポートで効率良く学べ挫折する可能性が低い。
学習形態ごとのプログラマー習得までに必要な時間

※引用:侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/features/?cid=lp_lp_top_tofeature

プログラミングスクール「侍エンジニア塾」によるとプログラミング習得までに必要な時間はこのようになっています。
もちろん個人差もあり、スクールが一番優れているということでもなく独学が向いている人は自分なりに効率良く学習を進めていけます。
それぞれの特徴を理解したうえで自分に合った勉強法でプログラミング習得を目指しましょう。

ポートフォリオを作ろう

エンジニアとして転職をするときに、「IT業界の知識を持つ」「プログラミングを学習する」
ことが必要であるとお話してきましたが、あともう一つ必要な事があります。
エンジニアとしてのポートフォリオ(成果物)を準備することです。
ポートフォリオはアプリやWebサイト等のオリジナル作品を作成し、エンジニアとして自分が戦力になることを証明するためと仕事に対する“やる気” “熱意”を伝えるために有効であるからです。
同じエンジニア未経験者がライバルにいた場合、ポートフォリオのある・なしで採用可否が分かれる可能性が高くあります。
就職・転職活動を少しでも有利に進めていくためにポートフォリオを作成しましょう!
独学ならこれまでに学習したことから自分なりに作ってみる。
プログラミングスクールの場合は、学習プログラム内でポートフォリオの作成までをサポートしてくれる場合も少なくないのでスクール選びの際にはプログラム内容の確認もしっかりしておきましょう。

資格もあると転職しやすい

フリーランスとしてエンジニアを目指す場合は資格がなくてもいいですが、転職をして企業所属のエンジニアになりたい場合は資格があることでスキルの証明となり評価が高くなります。
また、資格を取得したことで未経験からであっても仕事への意欲をアピールすることができプラスの印象を持たれるので、特に未経験者の場合は資格取得が有効と考えて間違いないです。

エンジニアに有利となるIT関連の資格は様々なものがあるのでどの資格を取得するべきか?と悩む人も多いでしょう。
IT関連資格は大きく分けて“国家資格”と“ベンダー資格”があります。
これから国家資格、ベンダー資格の特徴と併せ、オススメ国家資格・ベンダー資格を紹介するのでそれらを参考にどの資格を取得するべきか検討してみましょう。

オススメ国家資格

国家資格は一定の学力・スキル水準が必要なため取得するのが難しいですが、社会的な信用・信頼度が高い資格であるため転職やキャリアアップに優位に働くことがあります。

オススメ国家資格:ITパスポート試験

ITパスポート試験はIT系国家資格の代表格であり、ITに関する基礎的な知識を証明できる初心者向けの資格です。
IT系国家資格の中では比較的合格しやすいレベルの試験であるため幅広い層から人気があります。IT系入門資格といった位置づけであるため独学でも十分合格を目指せます。
◆受験資格:特になし
◆受験料:5,700円
◆合格率:65.2%(令和2年4月度~8月度累計)

オススメ国家資格:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験も初心者向け資格であり、ITエンジニアとしての基礎的な知識・スキルを証明することができるITエンジニアの登竜門的資格です。
合格率は約25%と低めですが、ITパスポート試験や基本情報技術者試験の更に上級資格である応用情報技術者等に繋がる資格試験であり、基本情報技術者資格を取得しておくことでITエンジニアとしてステップアップを目指せ将来的には年収アップにも繋げられるでしょう。
◆受験資格:特になし
◆受験料:5,700円
◆合格率:25.7%(令和元年)

オススメベンダー資格

ベンダー資格は企業(ソフトウェアメーカーなど)が認定している民間資格であり、各企業の自社製品に関する知識やスキルが測れる資格です。
実務スキルが測れるため、転職先企業が使う製品のベンダー資格を取得していれば即戦力として評価される可能性も高くあります。

オススメベンダー資格:マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)

マイクロソフト認定資格は、マイクロソフト製品の実践的スキル・知識を証明することができる全世界に通用するITエンジニア向けの資格です。
マイクロソフト認定資格はグレードと難易度が分かれており、易しいレベルから「MAT」「MCSA」「MCSD」「MCSE」があります。
未経験者の取得を想定した資格は「MAT」で、対象製品の基本的な技術を身に着けていることを認定したものが「MCSA」です。
マイクロソフト製品を利用して開発している企業なら活かせる場面が多い資格なので、利用しているサーバー・製品など自分に合ったグレードの資格を選んで受験しましょう。
◆受験資格:「MAT」「MCSA」は特になし
◆受験料:試験ごとに異なる(※目安:「MTA」14,040円)
◆合格ライン:70%程度

オススメベンダー資格:オラクルマスター

オラクルマスターは、日本オラクル社が公式に運営する「Oracle Database」シリーズを扱うための技術力を認定する資格です。
データベース系言語(SQLなど)はWebサイトやアプリ開発などに必要となるため、これらの開発に携わりたい人はオラクルマスター資格がオススメです。
試験レベルはブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの4レベルに分かれており、ブロンズから順に受験することとなります。
オラクル認定試験にはJava資格などもあるので、エンジニアを目指す人は併せて検討してみてもいいでしょう。
◆受験資格:特になし(※ブロンズから順番に取得していく必要がある)
◆受験料:会場試験 28,728円/オンライン試験 14,688円
◆合格ライン:試験によって異なるが60%~

エンジニアとして活躍するために

未経験や異業種からエンジニアに就職・転職することは可能ですが、今までの実績(ポートフォリオ)が必要な転職の場合は未経験では難しいこともあります。
独学やプログラミングスクールを活用してプログラミングを習得すること、何かしらの方法でポートフォリオを作り転職活動を行うことが望ましいです。
そして、プラスαのアピール材料としてIT関連資格を取得することでエンジニアとして転職しやすいだけでなく将来的にキャリアアップに繋がるので頑張ってみましょう!
これからエンジニアを目指す人の参考にしていただけたら幸いです。

既卒におすすめ関連記事

既卒が使うべきエージェント一覧
既卒の就職活動は、個人プレイで間違って行っていると泥沼にはまってしまいます。既卒になったら就職のプロに就職をサポートしてもらうことが内定への近道です。
就職浪人or就職留年はどちらが有利?
新卒で就職できなかった場合、「就職浪人」「就職留年」の道を選べますが、はたしてどちらが有利なのでしょうか?人事担当者が抱く就職浪人のイメージとは!?
既卒者が公務員にならない方がいい理由とは?
公務員を目指す既卒者は少なくありません。公務員は安定だとよく言われますが、本当にそうでしょうか…?公務員について詳しくご説明します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷