> > グローバル転職事情まとめ!成功させる方法とは!?

グローバル転職事情まとめ!成功させる方法とは!?

16126 views

ビジネスにおいて、日本の市場規模はこれから少子高齢化に伴う人口減に伴い、少なくとも大幅な拡大をすることは無いと言われています。

そのため、あらゆる日本企業は海外に市場を広げ、ビジネスを拡大しています。

しかし、その一方で日本の市場は一定の人口があるため、日本に進出する外資系企業は多数存在しています。

そして、このような海外向けビジネスにチャレンジしたい、外資系企業で働きたいというグローバル転職を実現させたい方もいらっしゃることでしょう。

では、どうすればグローバル転職を実現できるのかということについて本編では説明いたします。

そもそもグローバル転職とは?

「グローバル転職」は外資系・海外勤務・海外赴任など、簡単に言うと国籍関係なく世界的な規模で活躍する転職のことを言います。

日本企業に留まらず語学を活かして、海外や外資系で活躍したいという方は「グローバル転職」に当てはまります。

なぜグローバル転職を実現したい?転職希望者たちの声

まずは、グローバル転職をしたいという方はなぜそのような転職を実現させたいのかというとおおよそ以下の通りです。

・ 自身の英語力を生かしたい
・ 大きなビジネスをやりたい
・外資系企業の社風が自分に合っている

ではそれぞれ説明をしていきたいと思います。

自身の英語力を生かしたい

大学で語学、留学してまで英語を身に付けた方にとって、やはりビジネスシーンで自らの英語力を生かしたいと考える方が多くいらっしゃいます。

そういった方にとっては海外駐在を含めた海外向けビジネスを行っている会社、商社、または英語を使う機会の多い外資系の転職は非常に魅力を感じるのです。

大きなビジネスをやりたい

日本国内のビジネスより、 海外のビジネスの方が規模が大きいため、海外マーケットで活躍したいという方も多くいらっしゃいます。

また、場所にもよりますが、日本より物価が安いため少ないコストでより良い生活ができる、憧れの場所にすめる、規模の大きい取引に関われるため年収が上がるなどの付加価値があるのも魅力ととらえられています。

外資系企業の社風が自分に合っている

一般的な外資系企業(特に米系)の特徴として、成果に対して日系企業より厳しく、戦力外を言い渡されるケースも少なくないというデメリットがある一方で、成果を出せば自由であったり煩わし人間関係がないのが魅力でもあります。

また、年収は高めに設定されているため、年収アップを目指し、外資系を目指すという方も数多くいらっしゃいます。

グローバル転職に必要なもの!それは英語力

では、グローバル転職にあたって、必ず備えておきたい能力があります。それは、言わずもがな英語力です。

ただし、一口で英語力と言っても大抵以下のような能力分けがされるので、まずそれを認識してください。

ビジネスレベル

読み書きはもちろんのこと、顧客との商談、海外拠点との電話会議(テレフォンカンファレンス、求人票ではテレカンと表記されることもある)などもできる能力のある方

読み書き、英会話レベル

商談やテレフォンカンファレンスは無理だけども、メールでやりとりをすることができる、来日した海外要人のアテンドができる程度の英語力を有するケースがこのレベル感に相当します。

ビジネス経験なし、ポテンシャルあり

ビジネスシーンでは読み書き含め仕事では使ったことがないものの、留学経験があったり、TOEICで700点以上のハイスコアを持っているなど、鍛えれば伸びるという見込みの有る層をここでは指します。

つまり、裏を返せば何の根拠もなくグローバル転職をしたいと言っても採用側は認めてはくれません。

最低限英会話レッスン等に通い、TOEICで相応の点数を取らないと話にならないのです。

どうやって攻略する?グローバル転職の面接

グローバル転職の面接においても一般の面接と大半は変わりません。

転職理由、志望理由、今後の展望、これまで経験した業務、逆質問などが問われるケースが多いです。

ただし、一般的な質問に加え、以下の点が問われることがあります。

英語面接

ビジネスレベルの英語力が問われる場合、英語面接に入るパターンがあります。

ここで注意すべきポイントは英語の質問が急になされたせいで、対応ができなくなった場合です。

普段英語でのコミュニケーションを仕事で行っている方においても、不意打ちで英語面接になるとしどろもどろになり、それを引きずりうまくいかなくなったというケースが意外とよくあります。

そのため、ビジネスレベルの方は英語面接を予め想定しておくことが必要となります。

なぜグローバル転職を目指すのかという質問

会社の志望理由の他、なぜグローバル転職を志望したのかという質問がポテンシャル枠での採用ではなされます。

この時絶対にやってはいけないのが、英語を仕事で使いたいというだけの転職理由に仕立てあげることです。

なぜなら、英語はビジネスを成立させる上でのツールでしかないからです。

事実、翻訳担当となるスタッフは大抵の場合派遣社員や良くて契約社員の採用となり、あまり正社員採用はされないです。

では、どういったことを伝えなければならないのかというと、英語というツールを使って何をしたいのかということです。

英語力を身につけようと思った目的や自身の将来的なビジョンと照らし合わせどう伝えるのかをしっかり考えてみてください。

英文レジュメの作成力

これは外資系の企業で、採用の決裁権を本国、もしくはアジアパシフィック(APACと省略されるケースあり)とよばれるアジアの中心拠点が持っている場合、英文レジュメの作成が求められます。

英文を作成する能力はもちろんのこと、日本語の職務経歴書と構成が異なってきますのでそのあたりは認識しておきましょう。

グローバル転職にエージェントは必須!選び方の注意点

では、どうやってグローバル転職を実現すれば良いのかですが、結論からいえば転職エージェントを利用しましょう。

ただ、グローバル転職に際し、どういう観点でエージェント選びをすればよいか、また何を注意すべきかというと以下の通りです。

・原則、外資系、グローバル転職に強い転職エージェントを利用する
・読み書き、英会話レベル、ポテンシャルレベルの方は大手転職エージェントを利用する
・外資系の転職エージェントを利用する際の外国キャリアアドバイザーの強引なやり口に注意する

以下、それぞれ補足していきます。

原則、外資系、グローバル転職に強い転職エージェントを利用する

外資系、グローバル転職に強いエージェントというのは、外資系、グローバル企業の求人を保有していることはもちろんのこと、英文レジュメの書き方、面接の突破口、また全員ができるわけではないですが英語面接対策も実施してくれます。

グローバル転職において欠かせない存在であると言えます。

読み書き、英会話レベル、ポテンシャルレベルの方は大手転職エージェントを利用する

一方で求人数に関しては、外資,グローバルに強い転職エージェントより、大手転職エージェントのほうが多く保有しているという現状があります。

そのため、求人数の担保という観点から読み書き・英会話レベル、ポテンシャルレベルの方は、外資系・グローバルに強い転職エージェントと併用して利用しましょう。

ただし、中には外資系の外国人エージェントでとにかく面接を受けさせる、内定が出たら売り上げのことしか考えず「オールOK」や「ノープロブレム」としか言わない、まともな説明をしないキャリアアドバイザーもいます。

そういった担当に当たった場合は相手にしないということも必要になります。

これだけは注意しておきたい!グローバル転職でありがちなこと

グローバル転職は色々な点で注意すべきことがあります。では、どんな点で注意が必要なのかというと以下の点が挙げられます。

・海外駐在案件はかなりレア
・日本法人採用と現地採用の2種類の採用がある

まず、始めにお伝えしたいこととして、海外駐在する求人案件はそうそうありません。

なぜなら、会社として外部から採用した人と長年自社で活躍してくれた人とどちらかに海外のビジネスを任せたいかというと、後者に任せたいと考えるのが普通です。

海外に駐在させて仕事をさせるというのは、会社としてビッグプロジェクトとなりますので、まずは社内の人材に任せられる人をさがし、それが難しい場合にはじめて外部採用に踏み切るというのが一般的です。

以上の観点から海外駐在案件というのはかなり少数案件になることを覚悟しておきましょう。

また、ここまででは日本法人採用をイメージしてグローバル転職について、ご紹介をしていますが、現地採用という方法もあります。

現地採用については転職エージェントが支援しているケースはあまり多くなく、就労ビザを取得して現地で職探しをするか、アジア圏を中心に現地採用の求人を支援する転職サイトも存在しています。

現地の治安など国によって色々難しい問題がありますが、一番の問題はやはり賃金であると言えます。

アジア・アフリカ圏で現地採用された方の場合、現地の相場で賃金が決まってくるため、親戚や家庭の都合など、また海外の生活に疲れて帰国したいとなった場合にも、帰国後の生活が成立しないケースがでてきます。

実際、現地採用で就労された方は帰国、および帰国後の生活が大変だったという声も多数あります。

以上の点から、経済面については必ず現地の給与相場、物価などを考慮しておくことが必須であると言えます。

【まとめ】グローバル転職は難しい!段階を踏むことが大事

グローバル転職は基本的には経験者が最優先されます。英語をビジネスで使用した方であれは採用における年齢要件も比較的緩めです。

だからこそグローバルな仕事をしたいのにできてないポテンシャル層の方はチャレンジできる案件には果敢にチャレンジしていく必要があります。

また、ポテンシャル層になれてすらいないものの、グローバル転職を実現させたい方は、そのフェイズに行き着くためにまずは英会話教室などに通い、TOEICでハイスコアを出していくことが求められます。

また、雇用や経済面を考えると日本採用を皮切りにグローバルなキャリアを構築していくことが最善であると言えます。

そのため、外資系企業やグローバルカンパニーの転職に強いエージェントに相談をし、かつ大手転職エージェントから豊富に案件を紹介してもらうような形で転職活動を進めていきましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,119views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,282views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ