> > 【外資系・海外】グローバル転職を本気で成功させるコツとは!?

【外資系・海外】グローバル転職を本気で成功させるコツとは!?

16193 views

資格を取得する意味「英語力を活かす仕事に就きたい」 「海外で働きたい」 「外資系企業で働きたい」

そんな希望を叶えるために動き出そうとしている人、いつかは‥と今後の目標にしている人、ただ漠然と考えている人。

実現に向けての心の持ち様は人によって様々だとは思いますが、このようにグローバルな働き方を希望している人は具体的にどのように転職活動を進めて行けばいいのでしょうか?

ここでは、あなたにとってグローバル転職が夢ではなく実現できるものとなるように、グローバル転職を成功させるために押さえておきたいポイントや役立つ情報を紹介していきたいと思います。

グローバル転職とは?

  • 外資系企業で働きたい
  • グローバル企業で働きたい
  • 海外勤務がしたい
  • 海外出張がしたい
  • 語学力を活かしたい
  • 海外に住みたい

このような働き方を希望している人の転職をグローバル転職と言います。

“グローバル”には世界的な規模や地球規模などの意味があり、グローバル転職を希望している人には日本のみならず世界で通用できるのかチャレンジしたい、海外志向が強い、キャリアアップ・年収アップを目指している、このような人に当てはまることが多いのではないでしょうか。

そして、グローバル転職を成功させるためには「グローバル人材」であるかも一つのポイントとなってきます。

グローバル人材

世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間。

※引用:文部科学省『グローバル人材の育成について』http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/047/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/02/14/1316067_01.pdf

 
文部科学省によるグローバル人材の定義はこのように記されています。

定義を整理すると「語学力・コミュニケーション能力」「主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感」「異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ」このようになり、もちろん語学力も大切ですが積極的に物事を進めていける“行動力“も大切だということが分かります。

グローバル転職で求められるスキル・資質

グローバル転職を成功させるためにはグローバル人材であることも大切とお話しましたが、具体的に求められるスキルや資質について考えてみましょう。

語学力

ビジネスの現場で使える実践的な語学力は必要となるケースが多くあります。

しかし、語学力に自信がないとグローバル転職は不可能なのか?と言われると一概にそうとは言えません。

外資系企業であっても取引相手が日系企業の場合や事務系職種の部署に配属された場合は英語を使用する機会が少なかったり、同僚が日本人ばかりといったこともあります。

とは言え、語学力はあって損をすることはないため世界の公用語である「英語」と勤務地となり得る現地の言葉を話せることは武器となります。

ビジネスで使える語学力を客観的に測る試験であるTOEICで自身の語学力を確認しておくと良いでしょう。

スコア700~795点‥最低限のビジネス英語を習得
スコア800~895点‥本格的なビジネス英語を活用できる
スコア900~990点‥日常会話からビジネス英語までネイティブスピーカーに近いレベル

一般的に海外就職や外資系企業への転職にはスコア900点以上を目標とすると良いと言われています。

柔軟性がある

グローバル転職に於いて日本国内や日系企業間での転職と大きく異なる部分は働く環境が変わることです。

日本と海外では生活習慣や文化が異なるようにビジネスの現場でも異なることが多く、企業風土や職場環境、仕事環境に柔軟に対応していく能力が求められます。

積極性・コミュニケーション能力が高い

自分の意見をしっかりと主張できる人、積極的にチャレンジする気持ちが見える人、成果を出すため自ら能動的に仕事を進めていける人、周囲にも積極的に働きかけられる人など、自らの力で切り開いていける人が求められます。

また、様々な国籍・考えを持つ人達と円滑に仕事を進めていくための高いコミュニケーション能力も大事なポイントです。

仕事に応じた専門的なスキル

語学力には多少不安はあっても、技術・知識など特定の分野で専門的なスキルが高い人も活躍出来る資質があると言えます。

語学力だけ高くても仕事が出来なければ必要とされることはありません。

自分に足りないと感じるものがあれば、それを補い武器となる何かを見つけておきましょう。

転職市場を知り、効率良く求人を探す

資格を取得する意味語学力が優れている人やグローバル転職に向いた資質を持っている人は、すんなり理想の転職を叶えられるように思うかもしれませんが、スキル・能力的に優れていても“グローバル転職”に関する知識や理解を深めてから転職活動を進めて行くことが大切です。

グローバル転職市場を理解して転職活動を進めている人はどのくらいいるのでしょうか?

転職市場を知っておくことは、中途採用ニーズを捉えることができ求人探し・転職先選びの参考になります。

グローバル転職に限ることではありませんが、転職活動を始めようと思っている人は転職市場をチェックしてみましょう。

グローバル転職求人倍率

グローバル転職求人倍率

(表)

※引用:https://hrclub.daijob.com/limited_report/4548/

※グローバル転職求人倍率:2カ国語以上の言語において、ビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人と、そのスキルを持つ求職者の需給バランスを算出したもの <転職求人倍率=求人数÷求職者数>

ヒューマングローバルタレント株式会社が集計した、2019年8月のグローバル転職求人倍率は0.95倍とやや買い手市場であることが分かります。

しかし、業種別に見ていくと
1位 農林水産・鉱業 6.50倍
2位 電気・ガス・熱供給・水道業 6.00倍
3位 製造業 2.38倍

このように売り手市場となっている業種があり、上記の表を見てもらうと月によって業種別でも求人倍率が刻々と変化していることが分かると思います。

少しでも有利に転職活動を進めて行きたい人やグローバル転職に不安がある人は良いタイミングを見計らって行動に移すと道が開けやすいかもしれません。

ちなみに、2019年9月のグローバル転職求人倍率は2.75倍となっています。

グローバル転職の流れ

実際にグローバル転職に向けて転職活動を進めていくための簡単に流れを説明します。

グローバル転職の流れ
  1. 準備(転職市場チェック、求人探し、自己分析、企業分析)
  2. 応募書類作成(履歴書・職務経歴書・英文履歴書・カバーレター)
  3. 面接(面接対策)
  4. 内定(入社準備、VISAの取得など)

転職活動に充てる時間をしっかり確保するため現在の職場を退職してから転職活動を始める人もいますが、在職中から計画的に転職活動を始め内定を貰ってから退職をすることが理想的です。

退職後すぐに転職先が決めれば御の字ですが、そうなる保証はどこにもありません。

なかなか転職先が決まらず焦りを感じはじめては上手くいくものもいかなくなってしまうので、在職中から少しずつ始めていきましょう。
 
ここでグローバル転職の流れの一つ一つを詳しく説明していくことも出来ますが、読んで理解するよりも誰かに直接聞いて一緒に進めてくことの方がより理解が深まると私は思います。

ここではグローバル転職がどのようなものなのか?自分でもグローバル転職を目指せるのか?をさわり程度にでも確認してもらい参考にしてもらえたらOKだと思っています。

効率良くグローバル転職を叶える方法として、最後にこちらを紹介します。

グローバル転職には転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントとは転職支援サービスのことであり、「転職成功」という目標に向かい転職のプロであるキャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動を進めていけるサービスです。
 

転職エージェントのサポート

  • キャリアカウンセリング(転職相談、キャリアの棚卸し、自己分析など)
  • 求人紹介(希望にマッチした求人を複数紹介)
  • 応募書類作成サポート(魅力的な応募書類に)
  • 面接対策(企業ごとに合わせた対策、英語面接対策)
  • 面接日程調整
  • 雇用条件交渉(年収などの雇用条件をあなたに代わり交渉)
  • 入社準備、退職アドバイスなど

このように転職エージェントでは、採用が決まり入社までの転職活動を一貫してサポートしてくれます。

仮にグローバル転職に関する知識が無い人でもキャリアコンサルタントと一緒に順を追って丁寧に進めていくことが可能であり、転職市場も知れるため安心です。

また、漠然とグローバル転職を希望している人であっても、初めに行うキャリアカウンセリングを元にあなたに合った企業を紹介してもらえたり、グローバルな働き方のヒントを得ることが出来るはずなので、グローバル転職への道が一気に近づいてくるのではないでしょうか?

「リクルートエージェント」 「JACリクルートメント」 「doda」 「キャリアカーバー」 「ロバートウォルターズ」 「ビズリーチ」といった転職エージェントは海外就職・外資系企業・グローバル企業の転職サポートに強みがあるので、最低でも2~3社の転職エージェントへの登録を検討してみてはいかがでしょうか?

グローバル転職への適性は?

いかがでしたでしょうか?

あなたには“グローバル人材“となり得るスキルや資質がありましたか?

自分ではそこまでのものがないと思っていても、第三者から客観的に見てもらうことで思わぬ発見ができることもあります。

このような「気づき」やスムーズに進めていくためのアドバイスをしてもらえる転職エージェントはグローバル転職のみならず転職活動には心強い味方となってくれます。

転職エージェントは無料で登録・利用出来るので(※一部有料のエージェントもあり)、まずは気軽に相談から始めてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,067views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,319views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,365views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ