> > 【マンガ】上司からのパワハラ・いじめ・嫌がらせ‥ 一番の解決策は○○!?

【マンガ】上司からのパワハラ・いじめ・嫌がらせ‥ 一番の解決策は○○!?

6706 views

上司 いじめ①

上司 いじめ②

【作:ひがにしんさん】

上司からいじめ・嫌がらせを受けていると感じている人はいませんか?
いわゆる”職場のパワーハラスメント”です。

パワハラは厚生労働省が定めた定義で『同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為』とされています。

そして、厚生労働省では「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を行っており、平成28年度では過去3年間にパワーハラスメントを受けた経験があると回答した人が32.5%(およそ3人に1人)という結果になり、平成24年度よりも増加傾向にあります。

ここでは、職場で上司からいじめ・パワハラに遭いやすい人の特徴や実際に起こっているいじめ・パワハラ例を交えながら、上司からのいじめ・パワハラへの対処法を紹介していきたいと思います。

上司からターゲットになりやすい人とは?

上司からのパワハラは新人社員や若手男性社員がターゲットとなりやすい傾向にありますが、全ての新人・若手社員がいじめ・嫌がらせをされているわけではなく、ターゲットになりやすい人となりにくい人が居ることは確かです。

ターゲットになりやすい人の特徴

  • 頼まれ事を断れない人
  • 相手に都合良く使われてしまう

  • 自分の意思、意見を伝えられない人
  • 他人の意見に流されてしまいがち、萎縮してしまう

  • 真面目な人
  • 理不尽なことも我慢してしまう、自分が悪いと思い込んでしまう

  • 仕事が出来すぎてしまう人
  • 嫉妬、脅威と感じられている

  • 理屈っぽい人
  • 相手をイライラさせてしまう、面倒な人だと思われやすい

  • あまり深く考えず行動してしまう人
  • 間違った対応に気づけない、軽率な態度が目立つ、仕事にミスが多い

  • 色々なことを気にしすぎてしまう人
  • 要求以上のことをしようとして結局上手くいかない、余計なことを考えすぎている

パワハラをする上司の特徴として、

  • 完璧主義者(自分の思い通りにならないと気にくわない)
  • 自分が一番・正しい(他者を見下している)
  • 実は心が弱い(自分の支配下に置かないと心配)
  • 自己防衛本能が強い(追い詰められている事への反動)

などが挙げられます。

ただ単に自己満足のため、ストレスのはけ口、自分の権力・威厳を保つため、自分自身を守るため‥様々な心理的要素からパワハラにより部下に対し精神的な苦痛を与えてしまいます。

ターゲットになりやすい人の特徴に当てはまっていたとしても、上司の性格・本質次第で状況は全く違ってきます。

上司からのいじめ・パワハラ例

では、実際に上司からのいじめ・パワハラにはどのようなものがあるのでしょうか?
厚生労働省が定義しているパワハラの6類型に分け、具体的な例を挙げて見ていきたいと思います。

身体的な攻撃
  • 叩く、殴る、蹴るなどの暴行
  • 物を投げられる
  • 胸ぐらをつかまれる、髪を引っ張られる
精神的な攻撃
  • みんながいる前で大声で叱責される
  • 「馬鹿」「アホ」「デブ」「無能」「役立たず」「給料泥棒」「何しに来ている?」などと言われる
  • 繰り返し執拗に叱る
人間関係からの切り離し
  • 無視される、仲間はずれにされる、別室で仕事をさせられる
  • 陰口や悪い噂を流される
  • 送別会などに呼ばれない
過大な要求
  • 一人では出来ない量の仕事を押しつけられる、徹夜仕事を強要
  • 能力や経験を超える無理な指示がある、達成不可能なノルマを課せられる
  • 上司のミスでも始末書を書かされる
過小な要求
  • 仕事を与えられない
  • 本来の業務以外の仕事(掃除、草むしり、倉庫整理など)を強要される
  • 業務のない部署への異動
個の侵害
  • 行動を監視されている
  • 家族や恋人のことをしつこく聞かれる、スマホや机、ロッカーなどを覗かれる
  • プライベートの予定をしつこく聞かれる

※参照:厚生労働省 パワハラ裁判事例、他社の取組などパワハラ対策についての総合情報サイト「あかるい職場応援団」
https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/pawahara-six-types/

法に触れるパワハラ発言・行動例

上司は自分がパワハラをしていることに気付いていないことも多く、中には上司の発言や行動が法に触れているケースもあります。パワハラにおける裁判例を見ていきましょう。

ケース1

上司Aは部下Bに
「やる気、意欲が無いのなら会社を辞めるべきだと思います。当部署にとっても会社にとっても損失そのものです。」
との電子メールを、部下Bと職場の従業員10数名に送信。
Bはメール送信が不法行為だとして損害賠償を求め訴えを起こした。

メール送信内容(退職勧告、会社にとって不必要)が侮辱的言辞。

指導・叱咤激励の表現として許容される限度を逸脱している。不法行為を構成するとして賠償金額5万円が認められる。

ケース2

社員Bは詐欺商法的な会社の営業方法に疑問を呈したことで、会社の専務や上司らから罵倒・のけ者、降格ないし配転命令、退職強要などの報復的嫌がらせがあり、腰痛及びうつ状態に陥った。社員Bはこれらが不法行為にあたるとして慰謝料請求を求めた。

裁判所は人格を否定するような罵倒・のけ者などのいじめがあったことを認定し、これらの行為が不法行為と判断され慰謝料請求が認められる。
ケース3

退職勧奨を拒否した社員Bに対する嫌がらせ目的として、営業部課長職からの倉庫への配置転換・降格命令、及びこれに伴う賃金の減額が無効として社員Bは未払賃金等の支払、賞与の残金等の支払等を求めた。

退職勧奨を拒否した労働者に対する配置転換・降格命令が退職に追い込むための報復、合理性に乏しい大幅な賃金の減額を正当化するためのものが不法行為にあたるとして、賃金差額等及び慰謝料の支払を被告会社に命じる。

※参照:厚生労働省 パワハラ裁判事例、他社の取組などパワハラ対策についての総合情報サイト「あかるい職場応援団」
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/judicail-precedent/index

パワハラ・いじめ被害相談窓口の紹介

上司からのパワハラやいじめ・嫌がらせを受けている場合、それが原因で心身に支障をきたしてしまうことや最悪の場合自殺を考えてしまう・してしまうことなどもあります。

心身への影響として「仕事への意欲の減退」「怒り、不安を感じる」「眠れない」「通院や服薬」「入院」などが考えられます。
精神的なダメージが大きくなる前にパワハラ・いじめ被害を取り扱う窓口へ相談しましょう。

相談窓口
  • 社内相談窓口(会社、労働組合など)
  • 会社が設置している社外相談窓口

従業員向けの相談窓口を設置している企業は企業規模が大きくなるほど多くなり、平成24年度と比べても増加傾向にあります。

しかし、会社に相談窓口がない、相談しても取り合ってくれない、会社の相談窓口には相談しづらい‥といった場合は外部の相談窓口に相談しましょう。

外部相談窓口

※国家公務員(人事院の相談窓口又は所属府省の人事担当部局等)
・地方公務員(各都道府県・市区町村の人事担当課等)
・公立学校の教員(服務監督権限を有する都道府県又は市町村の教育委員会)

パワハラ・いじめが続いたらどうする?

パワハラやいじめ・嫌がらせが続いてしまうとき、時間が解決してくれるとグッと耐えて我慢することだけはやめましょう。
時間が解決してくれる前にあなたの心身が壊れてしまいます。

パワハラ・いじめ対処法

  1. 「これはパワハラだ」と上司に直接伝える
  2. 本人は自覚が無い場合もあるため

  3. パワハラ上司の上司に相談する
  4. 上司よりも立場が高い人に相談

上記2つが効果的な場合もありますが、より陰湿なパワハラ・いじめに発展する可能性も否定出来ないため以下の2つをおすすめします。

  1. 相談窓口に相談する
  2. 証拠を集めて報告する

  3. 転職をする
  4. 上司から一刻も早く離れ、より良い環境で働けるチャンス

心身に支障をきたす可能性がある、自分の能力を発揮できない環境に我慢して留まっていてもマイナスにしかなりません。

相談窓口などに相談をしても状況が変わらないようであれば「転職」が一番の対処法であり、新しい会社でイキイキと働く姿こそが上司への効果的な仕返しとなるはずです。

間違っても、自分の評価を下げてしまうような上司に対するつまらない仕返し(無視、暴力、会社や同僚にも迷惑が掛かること)をしないようにしましょう。

パワハラが改善されないなら「転職」も

上司からのパワハラやいじめ・嫌がらせで悩んでいる人は1人、2人ではありません。職場でのパワハラ防止対策が年々進んできているとはいえ、パワハラやいじめが全くなくなる訳でもありません。

パワハラをする上司がいるような職場で働いている時間、悩んでいる時間、ストレスを抱えてしまう環境にいること自体が勿体なく思えませんか?

20代・30代の若手社員であるなら尚更のこと、あなたを必要としてくれる会社は他にいくらでもあります。正当な評価をしてくれる会社で本来の能力を発揮できる職場に転職をしてみてはいかがでしょうか。

まずは自分一人で悩みを抱えず、家族や友人、相談窓口、外部機関などに相談をしてより良い道に進めるよう行動を起こしてみてください。

漫画作者 ひがにしんさん


関連記事:転職に関するマンガ

【転職マンガ】ブラック企業あるあるまとめ
「あれ、もしかして自分の職場ってブラック企業じゃね?」。これを見れば、自分の仕事先をブラック判定可能!逆に当事者は思わず納得。。会社という社会に潜む地獄絵図な体験の数々をまとめてみた。
【転職マンガ】転職して良かった?転職に対する期待と不安
転職して、やりたい仕事に就くことができ、悩んでいた睡眠不足も解消されると思いきや…??
【転職マンガ】SEあるある!謎だらけなSEの生態とは?
知的でかっこいいイメージのあるSEの苦労とは?思わず頷いてしまうSEあるあるを紹介します。
【転職マンガ】自分に合う仕事がわからない人の天職の見つけ方・出会い方
自分に合う仕事がいまいちわからない・・という人必見!自分の強みを知って、自分に合った仕事が見つかる方法を伝授します。
【転職マンガ】あなたも社畜?社畜あるあると抜け出す方法
「定時退社は悪」「休日の過ごし方がわからない」・・・そんな思考であればあなたは立派な社畜の仲間入りです。
【転職マンガ】給料13万円でも一人暮らしはできる!理想の家賃・生活費とは?
親の呪縛から逃れるために一人暮らしをするならば、給料に見合った家賃相場をチェックしておきましょう。
【転職マンガ】会社の飲み会は強制参加?スマートな断り方とは
会社の飲み会は義務?参加したくない飲み会を早く切り上げる方法やスマートに参加を断る方法を伝授します
【転職マンガ】圧迫面接の実例や対処法まとめ
圧迫面接での対処法や、ただの圧迫面接じゃないブラック企業の見分け方について実例を交えて解説します!
【転職マンガ】「給料上がらない」効率良く年収アップする方法とは?
給料上がらないのは自分だけ?効率良く年収アップを叶える方法をご紹介!
【転職マンガ】ホワイト企業あるある!ブラック企業とどう違う?
どうせ働くならホワイト企業に入社したい!入社前にホワイト企業を見極める方法をこっそり教えます。
【転職マンガ】「ルート営業、楽すぎ」ってホント?一般営業との違いはどこ?
「ルート営業って本当に楽?」一般営業との違いを比べてみました。
【転職マンガ】つらい?きつい?介護の仕事の「やりがい」とは
介護職はきつくてつらいだけ? 介護の仕事をしている人たちは、どんなところにやりがいを感じている?
【転職マンガ】上司からのパワハラ・いじめ・嫌がらせ‥ 一番の解決策は○○!?
仕事丸投げ、八つ当たり、自分のミスは部下のせい、退社間際に振られる明日締め切りの仕事・・・。パワハラが続いたらどうすればいい?

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
213,576views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
82,558views
40代で未経験の職種に転職できる?
3
40代で未経験の職種に転職できる?
75,864views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
4
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,206views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
5
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
67,693views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
61,862views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
7
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
61,662views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
8
50歳から始める仕事の探し方・選び方
42,074views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
9
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
40,906views
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
10
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
39,152views
ページのトップへ