> > 「会社を辞める!」退職決断のタイミングと取るべき対策

「会社を辞める!」退職決断のタイミングと取るべき対策

2197 views

会社を辞めたい。

そう考える理由は人それぞれにあると思います。

社内の人間関係、仕事の適性、会社の雇用条件、ハラスメント問題…でも辞めたいと思ってすぐに辞められるものではないのが仕事で、あなたもそれを今痛感しているのではないでしょうか。

辞めてもすぐに転職先が見つかるとも限らないし、今より状況が改善する保証もない。

そもそも退職の意志を会社に言うタイミングが分からなかったり、言う勇気も必要です。
こんな理由で辞めても平気?と決断できない人も多いはずです。

実際に会社を辞める人は、どんな退職理由で辞めているのか。
転職は可能?退職で起こり得るリスクとは。

今退職を決断できない人の疑問を確認し、どう対策をとればいいのか一緒に考えてみましょう。

退職したいと思うのはどんな時?

人気の転職サイト、リクナビNEXTが100人の転職者に行ったアンケート『退職理由の本音』ランキングがあるので見てみましょう。

退職理由の本音 ランキング

  • 1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  • 2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
  • 3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  • 4位:給与が低かった(12%)
  • 5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
  • 6位:社長がワンマンだった(7%)
  • 7位:社風が合わなかった(6%)
  • 8位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
  • 9位:キャリアアップしたかった(6%)
  • 10位:昇進・評価が不満だった(4%)

参照:リクナビNEXT 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

人間関係が理由のものだと「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」あたりになるでしょうか。全体では43%になります。

次に労働条件では「労働時間・環境が不満だった」「給与が低かった」あたりで20%。

会社への不満では「仕事内容が面白くなかった」「社長がワンマンだった」「社風が合わなかった」「キャリアアップがしたかった」「昇進・評価が不満だった」あたりで32%。

残りの6%が業績不振による退職ということになるでしょう。

やはり仕事を辞めたいと思う理由は、人間関係や会社への不満が圧倒的に多いように感じます。

退職を決断する前に。その退職は本当に必要?

人間関係や会社への不満で「もう辞めたい」と思った時、もう会社に居ることすら辛くなってしまうことは大いにあることです。

毎朝仕事に行くのも憂鬱…通勤しながらこのまま反対車線の電車に乗って帰ってしまいたい、なんて気持ちも理解ができます。
そうなった時に、もう気持ちは「退職」にしか向かなくなることでしょう。

でもそんな時こそ一度冷静になって、しっかりと考える時間を取ってほしいです。

退職が決断できずに迷っている、退職のタイミングが分からない、そういう方は多く居ますが、実際会社を辞める事自体は意外と簡単なことです。
上司に仕事を辞めますと断固とした姿勢で宣言をし、引き止められてもこの日までと言い切って辞めてしまうだけで済みます。
でも実際、退職を考えた時に「そんなに簡単じゃないだろう!」と考える方も多いでしょう。

では何にそれほど難しいと感じているかと言うと、退職そのものというよりは、その後の転職活動や見えない将来についてあなたは不安を感じているのではないでしょうか?

もしも現職を辞めても、転職先が決まっている。もしくはやりたいことが明確に決まっているのであれば、あなたはきっと悩まずに退職交渉を始めているはずです。

今あなたが悩んでいる辞めたい理由は、本当に退職することでしか解消しないような理由でしょうか?

  • 気が合わない先輩、同僚、後輩、上司が居る
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 試験に落ちて時間とお金を無駄にした
  • 残業したくない

これらが理由の場合、社内異動で解消できる可能性があります。

一度信頼できる先輩や上司に相談をしてみてはいかがでしょうか?
それでも解消できない。もしくは、やっぱりこの会社ではどう工夫しても解消できそうにない。それが分かってからであれば、もう退職するしかないと決断もできるのではないでしょうか。

会社を辞めたらどんなリスクがある?

もしも実際会社を辞めたとしたら、どんなリスクがあるのか考えてみましょう。今回は間を開けずに転職する場合と、仕事を決めずに退職した場合のパターンを見てみたいと思います。

間を開けずに転職する場合

転職によって状況が改善するとは限らない

  • 人間関係がつらかった
  • 労働環境が不満だった
  • 仕事にやりがいを感じることができなかった

これらの理由で辞めた時、次の職場でも改善するとは限らないことは理解するべきです。

職場の人間関係については実際に働いてみなければ分からないものですし、場合によっては最初は良くても後になって拗れる可能性もあります。

どんなブラック企業でも働いている人はいますが、当事者は働く前にブラック企業だと知って進んで働き始める人なんていないでしょう。仕事へのやりがいも、実際に業務を始めてみてから感じるようになるものです。

これらの理由を転職で解消しようとする場合、転職活動中にしっかりと企業の内情を調べて確認しておく必要があります。

収入が下がる可能性がある

給与に関しては、管理職採用やキャリアアップを狙った転職でない限りは、下がるものと思っていたほうがいいです。

転職先ではあなたが業界経験者であろうと、新人扱いとなります。
実際に会社で働いて、実績を認められて昇給することは十分ありえますが、働く前はあなたの実力を会社は把握できていないため、基本給からの再出発となります。

現職の給料が安いからといって安易に辞めてしまうと、結局下がってしまうか、最悪転職活動が長期化して焦りが出てしまいブラック企業に…という経験談も多くあるので、気をつける必要があります。

今まで築いたものがリセットされる

収入のところでも言っていますが、会社を辞めることで社内で通用していた知識や経験、更に地位なども全てがリセットしてしまう可能性があります。

転職をするということは、転職先では新人同然として扱われます。
例え同業種間であっても、社風や仕事に対する考え方は必ず変わります。
そして当然のことですが、所属する限りはその会社の社風に合わせなければなりません。今まで築いてきた知識や経験が、そのまま通用するとは限りません。

そしてあなたが何かしらの役職、またはチームのリーダーなどである場合、それらもリセットされてまた見習いからのスタートになるでしょう。
プライドが高いタイプは、ここで躓く方も多いようです。

仕事を決めず退職する場合

収入がなくなる

仕事を辞めてしまうわけですから、当然収入がなくなってしまいます。

人間関係や過酷な労働条件で、心身に無理を感じながら働いていた方は、やはり退職を期に少し休養期間を求める方も多いでしょう。
有給消化をしたり、失業保険を利用したり、なかなか使えず貯まっていた貯金を崩したり…。仕事は辞めていて、もう長期的な収入はアテにできません。

お金は使えば目減りするし、無くなるのが数字として分かりやすいものです。
気づいたら思っていた以上に貯金がない!?と焦らないように気をつけないといけません。

クレジットカードが作れない、ローンが組めない

収入がなく、そして将来的にも先行きが見えない状況にあるわけですから、当然クレジットカードやローンの審査には通らなくなります。

貯金はいっぱいあるはずだし、少しだけ休んだらすぐにまた転職しようと考えているんだから、いいじゃん。というのは通じません。

例えばこの機会に海外旅行に行きたいから、その前にクレジットカードを作ろう。またはいい機会だし趣味に打ち込もうとローンを組んで高額商品を買おうと思っても、それらの審査に落ちてしまう可能性があるので、気をつけてください。

仕事をしないブランク期間ができてしまう

転職活動を始めると、履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。
その際に、この休養期間がブランク期間として認識されてしまう可能性があります。

企業の採用担当者は、ブランク期間を気にします。
この空白期間は何をしていたんだろう?仕事に対する熱意がないのでは?と思われてしまう可能性もあります。

また「この期間は何をしていましたか?」とダイレクトに質問される可能性も大いにあるので、ただ無為に過ごしてしまうと、後々転職を考えた時に困ってしまうなんて場合も。
資格を取る、企業研究をする、自分を見つめ直す、などなんでもいいのでスキルアップに役立てる事をおすすめします。

中高年ニートのきっかけは退職が多い?

昨今、ニュースや情報番組などでも取り上げられている中高年ニート。
40代・50代で仕事もせずに家に引きこもっている人たちの、そもそものきっかけが退職の場合が多いことを知っているでしょうか?

内閣府では、平成30年12月に全国の市区町村に居住する、40歳〜64歳の方5000人を対象にひきこもり調査を行っています。その中でひきこもりに該当する方の、ひきこもりになった理由の表も公開されました。

ひきこもりの状態になったきっかけは何ですか

  • 1位:退職したこと
  • 2位:人間関係がうまくいかなかったこと
  • 2位:病気
  • 3位:職場になじめなかったこと
  • 4位:その他
  • 5位:就職活動がうまくいかなかったこと

参照:内閣府 生活状況に関する調査(平成30年度)

表を見れば「退職したこと」を理由に上げている人が一番多く、更に「職場になじめなかったこと」「就職活動がうまくいかなかったこと」についても、退職に関わる理由と言って差し支えないように感じます。

このように、退職によってその後の変化に対応できずにニートになってしまうというケースも現実としてあることが、内閣府の調査によって明らかになっているのです。

退職を決断したら準備しておくべきこと

それでもやっぱり退職したい。退職を決断したなら、在職中に準備しておくべきことをいくつか紹介します。退職してからでは遅いこともあるので、確認しておきましょう。

在職中にすること

有給休暇の申請

有給休暇が余っていれば、退職が決まったタイミングで有給休暇の申請をしましょう。

有給休暇は社員の権利であり、労働基準法により会社は断ることができません。
有給休暇を利用することで、その間に休養期間を作ったり、転職活動を行ったり、スキルアップの勉強をしたりと給料をもらった上で時間を有効に使うことができます。

クレジットカードの申請・ローンの申請・引っ越し

これらの申請は、仕事をして安定した収入を得ている事が前提です。
もし安定した収入がないと判断されれば、申請が通らない場合があります。
もしも退職後に利用の予定があるようでしたら、在職中に手続きをするようにしましょう。

在職中に転職活動

転職活動は、在職中に行うようにしてください。

転職活動は平均して1か月〜3か月かかると言われています。
平均の期間がこれなので、場合によっては半年、下手すれば1年かかることもありえます。

有給休暇も失業保険も利用期間には限りがあり、その間に転職活動が終了する保証はありません。
そうなると収入は一切無くなることになり、貯金に頼らざるを得なくなります。

目に見えて貯金額が減っていくのを目の当たりにすると、どうしても焦りが出てくるため転職活動も段々妥協が多くなり、最終的には雇ってくれるならどこでもいいとブラック企業に飛びつく羽目にもなりかねません。
転職活動には余裕が大事なので、在職中に行うことをおすすめします。

在職中に転職活動を行うのは、時間的にも心身の余裕的にも難しいと感じる方もいるでしょう。

そんな時には、転職エージェントという転職のプロを頼るのも一つの手です。
利用が完全無料のところも多く、仕事をするあなたの代わりに仕事探しをして紹介してくれ、更にサポートも行ってくれるので、忙しい方にはぜひおすすめです。

退職後にすること

失業保険の申請

もしも退職後にしばらくブランク期間があるようでしたら、失業保険の申請を行うようにしてください。

失業保険の手続きはハローワークで受け付けています。
失業保険はすぐに受け取れるものではありませんし、また自己都合の退職では3か月と受給制限もあります。個人の退職の状況によっても違いがあったりするので、詳細はハローワークのホームページか、窓口で直接確認してください。

健康保険や年金の切り替え

こちらもブランク期間があるようなら、各自治体の方に申請が必要です。

正社員であれば健康保険も年金も会社の方で手続きを行ってくれますが、退職すると全て自分で手続を行い支払いをしなければなりません。
国民健康保険と国民年金への加入手続きを行うよう、気をつけてください。

退職の決断を後悔しないために

退職は決して安易に決めていい問題ではありません。

もしも会社を辞めたいと思った時には、一度冷静になる時間を設けてください。

その退職は本当に必要なのか、もしかしたら退職をしなくても異動などで解決するのではないか?

もちろん社内ハラスメントや過酷な労働条件を、無理に我慢する必要はありません。どうしても退職以外には状況を改善する方法がないと判断したなら、その時は思い切って辞めても構わないと思います。

ただし、退職を決断したなら、しっかりと退職に向けた準備もするようにしてください。なんとかなるという軽い気持ちで準備不足のまま辞めてしまうと、後々の転職でどん詰まりになり、後悔するという結果になりかねないからです。

退職の決断を後悔しないためにタイミングをしっかり見極め、対策をとった上で辞めるようにしましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,125views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,285views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ