「管理職の器じゃない」今後どうすればいい?対処法や別の道の探し方

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

管理職は多くの部下を管理する立場であり、役割の重要性から高い給与と待遇を受けられます。

しかし、一般の社員とは求められる仕事、成果も大きく変わることから「自分は管理職には不向きだ」と感じる方も少なくありません。

そこで今回は「管理職の器じゃない」と感じたらどうするべきかを解説します。

キャリアを見直すべきか迷っている方は、進むべき道の見極め方もご紹介しますから、ぜひ参考にして仕事での活躍を目指しましょう。

「管理職の器じゃない」と悩む方に


「管理職には向いてない」それは本当にあなたが原因でしょうか。
今のまま悩んで働くよりも、思い切って環境を変えてみませんか。
あなたの強みを認めてくれる・活かせる職場に出会えるかもしれません。

\ まずは求人をのぞくことから /リクルートエージェント 公式HP

「管理職の器じゃない、不向きだ」と感じた時の道の見極め方

「自分は管理職の器じゃない。もう限界だ。」
そう感じた時、今後進むべき道としてなにがあるのかご紹介します。

「管理職には不向きだ」と感じたら
  • 1.今の会社、仕事が好きなら平社員に戻る
  • 2.転職して新たにキャリア形成を図る

仕事が好きなら平社員に戻る

これまで部下だった人が同僚になることに戸惑いがなければ、平社員に戻してもらう方法もあります。

仕事自体は好きでも、管理職として人を率いて、実績を残すことが苦手な人もいるでしょう。
給与は下がってしまいますが、自分のやりたいことが明確なら、一般の社員でいるほうが実力を発揮できる可能性が高いです。

上司との面談時に相談してみましょう。

転職して新たなキャリアを形成する

今の会社の管理職をやめたいと思ったら、いっそ別の会社に転職してしまうのも手です。

「管理職として自分に合わなかったのは1社だけ」と考え、新しい会社で再びキャリアを積み上げていくほうが気持ちも楽でしょう。

転職したら給料が下がってしまうことを心配する方もいますが、転職は必ずしも給料が下がるわけではありません。

むしろ、管理職として働いている経験値があるので「今より年収が60万円も上がった」なんて方もいます。

まずは、今の会社が嫌なのか、今の会社のまま管理職から退きたいのか、自分の気持ちを整理してみましょう。

「管理職の器じゃない」そう感じたら


「管理職には向いてない」それは本当にあなたが原因でしょうか。
今のまま悩んで働くよりも、思い切って環境を変えてみませんか。
あなたの強みを認めてくれる・活かせる職場に出会えるかもしれません。

\ まずは求人をのぞくことから /リクルートエージェント 公式HP

管理職に向いてない人の特徴

管理職に向いてない人とはどのような特徴があるのか、ピックアップして紹介します。

管理職に向いてない人の特徴
  • マネジメント(コミュニケーション)が苦手な人
  • 部下への指示出し・叱ることが苦手な人
  • マニュアル通りに仕事を進めたい人
  • 人に嫌われたくない気持ちが強い人

マネジメント(コミュニケーション)が苦手な人

管理職はチームが効率的に業務を回すために、コミュニケーションを取りながら、一人ひとりが能力を発揮できるようにマネジメントする能力が求められます。

チームが円滑に業務を遂行するには、管理職が一人ひとりの性格や能力を知っておくことが大切です。

そのためには、自分から積極的にコミュニケーションを取り、マネジメントスキルを高めましょう。
コミュニケーションもマネジメントも、自分の努力次第で身に付けられる能力です。

苦手意識を自覚している場合、自分の苦手を克服するためにも、常に学び続ける姿勢が重要になります。

「うまく指示を出せない」「人を叱るのに抵抗感が強い」と感じている方は、管理職にやや不向きなタイプです。
しかし、指示出しは経験とともにスキルが磨かれるものですから、管理職になって間もない人は諦める必要はありません。

部下への指示出し・叱ることが苦手な人

管理職はチーム内で同じ目標を共有したうえで、部下へ的確な指示を出し、全員で連動して生産性を高める役割があります。
時には部下に指示を出したり、仕事に身が入っていなければ叱ったりすることも必要です。

加えて、管理職は部下の仕事状況や様子を見ながら、必要ならフォローを行う必要があります。
的確に状況を判断し、メンバーの指揮を取れていないとチームの生産性は下がってしまうでしょう。

マニュアル通りに仕事を進めたい人

管理職になると、マニュアル通りの仕事以外も対応する機会が増えます。
マニュアルに従って仕事をしたい方は、予想外の出来事やマニュアルの範囲外の状況に弱いという特性があります。

そのため、管理職はマニュアルを基準に仕事をしつつ、状況に応じて対応を変化させられる柔軟性が必要です。
マニュアル外のことへの対応が苦手な方は、あらかじめどんな出来事が発生するかシミュレーションし、自分なりの対応まで考えておくのが良いでしょう。

また、過去にあった事例を調べ、色々な場面を想定しておくとマニュアル外の出来事への対応力も身に付きます。

「人に嫌われたくない」という気持ちが強い人

管理職は必要と感じれば、率先して人が嫌がることも行い、部下に命令をすることもあります。
時には嫌われるのを覚悟で上司や部下に意見する必要もあり、嫌われることに抵抗感がある人にはやや不向きと言えるでしょう。

部下に大変な仕事を任せたり、叱責したりすることが合った場合、後でフォローを入れておくことが大切です。
嫌われる上司は口だけで責任を持たない人や、自分からは動かない人です。

嫌われたくないと考えている人は、部下以上に自分が頑張る姿勢を見せていれば嫌われる心配はありません。

管理職に向いている人の特徴

ここでは、どんな人が管理職に向いているのかを紹介します。

管理職に向いている人の特徴
  • リーダーシップがある人
  • ロジカルシンキングが得意な人
  • 人への関心が高い人
  • 時代に合わせて適応する力のある人

リーダーシップがある人

管理職は部下を率いる責任がある役職です。
そのため、管理職は人を引っ張っていけるリーダーシップがあり、チームに明確な目標を共有し、部下に適切な仕事を配分できる人が向いています。

また、リーダーシップのある人は部下とのコミュニケーションも積極的に行い、信頼関係を作ることにも余念がありません。
部下も上司を信頼し、チームの一員として働くモチベーションが高まるため、チーム全体のパフォーマンス向上につながります。

ロジカルシンキングが得意な人

ロジカルシンキングは物事の筋道を立て、論理的にゴールや結論を導き出す能力です。
管理職はチームの目標を設定する役割があり、ゴールへ至るために必要な過程をロジカルシンキングで考えられる人に向いています。

業務やマネジメントにおいても、ロジカルシンキングは欠かせない能力です。
学習と経験を通して高めやすい能力でもあるため、管理職を目指す人はロジカルシンキングを高めるのがよいでしょう。

人への関心が高い人

管理職は自分の仕事に集中できる一般の社員とは違い、部下の業務も管理しなければなりません。
日頃から人への関心が高く、人間観察できている人は管理職に向いています。

人間には個性があるため、適材適所の業務分担や配置をするには人間への関心が必要だからです。

仲間のわずかな変化にも敏感に気付ける人は、管理職に向いたタイプと言えます。

時代に合わせて適応する力のある人

管理職の多くは経験を積んだベテランであり、30代・40代以上の方がほとんどです。
多くの経験をしており、実務能力の高い人が管理職になるからです。

しかし、上司に向いているのは実務能力だけでなく、時代に合わせて柔軟な思考力と多様性を受け入れる適応力も求められます。
IoTやDXの普及により働き方も大きく変化しており、管理職も昔からのやり方が通用しなくなっているからです。

時代の変化に適応し、新しいことを学ぶ意欲のある人は管理職向きです。

まとめ:「管理職の器じゃない」と悩むなら、キャリアプランを見直してみよう

会社員にとって、昇進して管理職になるのは一つの目標です。

しかし、管理職になることが仕事のすべてではなく、実際にやってみたら自分に合わないと感じることもあるでしょう。

管理職を続ける中でも学ぶ姿勢を失わず、成長していくことで自然と身に付くこともあります。
それでも管理職に向いてないと感じるようなら、キャリアプランを見直すことをおすすめします。

マネジメントを磨くのか、スペシャリストになるか、転職して新しい業界に挑戦するのかなど選択できる道は様々です。
迷った時はキャリアプランを振り返り、自分の人生設計を前向きに変更しましょう。

「管理職の器じゃない」そう感じたら


「管理職には向いてない」それは本当にあなたが原因でしょうか。
今のまま悩んで働くよりも、思い切って環境を変えてみませんか。
あなたの強みを認めてくれる・活かせる職場に出会えるかもしれません。

\ まずは求人をのぞくことから /リクルートエージェント 公式HP


高年収での転職におすすめ関連記事

いまが狙い目!高収入業界4選
転職で高収入を目指す人必見。"いまが狙い目の"高収入業界とは?!年収を上げるためのポイントとあわせて紹介!

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷