危険物乙4『難しすぎ』の声は本当?合格率と難易度の関係

危険物乙4、正式名称『乙種第4類危険物取扱者』は、国家資格の中でも人気がある資格の一つです。この資格を取ることで仕事の幅を広げることもでき、手に職もできてメリットが多い資格です。

しかし、危険物取扱者資格の中でも難しいと話題の資格でもあります。それは本当?難易度で言うとどれくらいなの?と気になっているあなた。受験者数と合格率、そして難易度の関係で世間のイメージに踊らされている可能性があるかもしれません。

危険物乙4はなぜ、どのように、何が難しいのか、しっかりと内情を把握し、正しい勉強法についても考えみませんか?

危険物乙4はどんな資格?

危険物取扱者資格の種類

『危険物乙4』と注目されている資格ですが、この資格は『一般財団法人 消防試験研究センター』が行う、『危険物取扱者試験』のいくつも種類がある資格の中の一つになります。危険物取扱者資格はまず、甲種・乙種・丙種の3種に分かれます。

資格の種類 取扱うことができる危険物
甲種 全種類の危険物
乙種 第1類〜第6類まであり、それぞれ特定の危険物(詳細は後述)
丙種 ガソリン・灯油・軽油・重油など

丙種→乙種→甲種の順に資格のランクが上がるイメージになります。
『危険物乙4』は、この乙種の第4類に当たる資格です。乙種のそれぞれの違いは下記のようになります。

種類 危険物の内容
第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類 機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物
第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体

危険物乙4の試験概要

試験概要については、受験資格や受験手数料、また受験日など種別によって違いがあります。今回は危険物乙4についての概要のみ上げさせていただきますが、他種別についても気になる方は個別にご確認ください。

危険物取扱者試験HP:https://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

危険物乙4、試験概要

  • 試験日程:前期(4月〜9月)・後期(10月〜3月)に分かれており、各都道府県支部別による
  • 願書入手:受験申請:各都道府県支部の規定による
  • 受験資格:規定なし
  • 試験科目:
  • 危険物に関する法令/15問
    基礎的な物理学及び基礎的な化学/10問
    危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法/10問
    (一定の条件で免除制度あり)

  • 受験方法:マークシート5択式、2時間
  • 受験手数料:4,600円(非課税)
  • 合格基準:各科目の成績が、すべて60%以上の正解率を達成していること

危険物乙4は人気資格

危険物乙4は、他の種別に比べて一番人気のある資格です。なぜかというと、取扱う危険物の内容が一番日常に近いものであるからです。該当する引火性液体を扱う場、例えばガソリンスタンド、タンクローリー、石油貯蔵タンク、一定量以上の貯蔵・取り扱いがある化学工場などの施設では、この資格を持っている人を置かなければいけないと法律で定められています。

そのため、この資格をもっていることで該当の業界では重宝されますし、また資格を持っていることで、資格手当や職能給などの給料アップも見込めるのです。また資格を持っていることで『手に職』として、生涯仕事に活かせることは間違いありません。

取扱う危険物の内容が、他の乙種資格に比べて比較的に身近に接する機会が多いものであるだけに、その分、就職先の幅が広がるのも人気の理由の一つとなっています。

危険物乙4が難しいと言われる理由

合格率で錯覚を起こしがち?

しかし、人気資格と言いながら、危険物乙4は「難しい」と言われている資格です。なぜでしょうか?それは危険物乙4の合格率にあります。

下記の表は、消防試験研究センターが公開している、令和元年度と2年度の試験実施状況です。

危険物乙4合格率
合格率の欄を見ると、他の乙種資格は全体的に70%に近い合格率を出しているのに、4類だけが上位資格の甲種の合格率よりも、更に低い値を出しています。この合格率だけ見てしまうと、比較して「そんなに難しいの!?」と尻込みしてしまう気持ちも分かります。

しかし、そこで冷静になって他の欄も確認してみてください。令和元年度の乙種、4類を除いた他の資格の受験者数は8千人〜9千人くらい。甲種でも13,000人ほど。対して乙種第4類だけで15万人ほどが受験しています。

令和2年度も、4類を除いた資格では5,500人〜7千人程度、甲種は11,000人ほどですが、乙種4類では、単独で12万人と桁違いに受験者数が多くなっています。そして、受験者数が桁違いに多い分、乙種4類以外の申請者と実際に受験した人の誤差は数百人〜千人程度であるのに対し、乙種4類は申請したのに受験していない人が10万人を超えます。

それだけでも合格率に大きく響くことは間違いありません。更に学生や社会人には、「学校や会社から言われてひとまず受験だけしてみる」「授業に組み込まれているので受験せざるを得ない」という人も多いのが危険物乙4の特徴です。となれば、落ちる人が多いのも納得という気がしませんか?

理系と文系の認識の差も影響している?

危険物乙4の試験内容は、理系にとっての基礎問題が多いらしく、そこで理系と文系の認識の違いも起こっているようです。試験科目の『基礎的な物理学及び基礎的な化学』が名前の通り、物理と化学の基礎的な分野についての問題が出されています。

ここで理系の学校に在学中の方や、卒業した方なら当然のように知っている内容が、文系の方にはまずその思考がないといったような問題が多いようなのです。他の科目であれば、文系でも理系でもテキストを読み込み、過去問を解くことで暗記ができても、『基礎的な物理学及び基礎的な化学』で、文系はまず躓いてしまいかねません。

危険物乙4の合格ラインは「全科目でそれぞれ60%以上の正解」を出さなければならないため、他の科目で苦手な科目を補うということができません。突出して苦手な科目があると、それが確実に足を引っ張ってしまう結果になるというわけです。

危険物乙4を一発で受かる勉強のコツはある?

危険物乙4のネックというのは、何よりも上記で言ったように「3つすべての科目でそれぞれ60%以上の正解率」を出さなければならない点です。そのためには、まず自分が3つの科目全てにおいて、どの科目が得意で、どの科目が不得意なのかをしっかりと認識しておく必要があります。

危険物乙4は「独学でも十分」という声は多く見られます。しかし、これもまた難しいことに、危険物取扱者試験を行う『消防試験研究センター』では、公式のテキストは発行されていませんし、講習なども行っていません。自身で得手不得手を認識し、その上で自分に合ったテキストを準備しなければならないのです。

幸いな事に、過去問は一部ではありますが『消防試験研究センター』のHPで公開されています。

https://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/exercise.html

こちらを解いてみて、しっかりと理解でき、自信があれば、独学でも侮らずに適切な勉強ができれば問題ないでしょう。

しかし、何か不安な点がある。文系出身で確かに『基礎的な物理学及び基礎的な化学』の言ってることが分からない。逆に理系なのでその他の科目の暗記に不安がある。そんな方は、通信教育やハローワークなどの自治体が行う講習などを利用するほうが得策です。

難易度の評判に惑わされずに、手堅く自分に合った勉強で合格できる!

危険物乙4は人気資格であるが故に、合格率が下がって難易度が高くなっているように見えます。国家資格ですから、たしかに難易度としては民間資格と比べれば高いものです。しっかりとそれに見合った勉強をする必要があります。

しかし、合格率だけ見て尻込みしてしまい萎縮する必要はありません。自分の得手不得手をしっかりと認識し、苦手分野を重点的に勉強しながら、すべての教科で同じくらいのレベルで結果を出せる勉強法を見つけてください。

危険物乙4の問題は、基本的に暗記ものが多いとも言われます。過去問も繰り返し研究し、出題のイメージを掴んでおくのも対策として良いのではないでしょうか。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗率は86%。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代の86%もの人が失敗し後悔しています。なぜ彼らは失敗したのか、そしてたった14%の人が成功したのでしょうか?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷