作業療法士(OT)におすすめの転職サイト!使い方のコツと注意点まで解説

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

作業療法士はさまざまな現場で患者さまのリハビリを行い、社会復帰を促している重要な仕事です。

しかし、キャリアアップや待遇改善、ライフスタイルなど、さまざまな理由で転職を考えている作業療法士も多いです。

今回は転職を検討中の作業療法士の方のために、おすすめの転職サイトをご紹介します。転職サイト利用時のコツ、注意点なども解説しますから、ぜひ転職活動の参考にお読みください。

作業療法士におすすめの転職サイト

作業療法士におすすめの転職サイトを2つご紹介します。

PTOT人材バンク|介護施設や訪問リハビリに強い

PTOT人材バンクは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのリハビリ職の転職に特化したサービスです。

情報登録から志望企業との面接までの段取りが早く、転職活動を短期集中で進めたい方におすすめです。Web施設見学では遠隔地から職場見学ができ、全国どこでもサービスが利用できます。

リハビリ職の求人に精通したアドバイザーからサポートがあるため、転職に関するあらゆる悩みを相談できます。介護施設や訪問リハビリへの転職に強みがあるため、介護施設への転職ならPTOT人材バンクがおすすめです。

公式サイト https://www.ptotjinzaibank.com/
対応地域 全国
おすすめポイント リハビリ職の求人数は大手転職エージェントに匹敵し、介護分野への転職に強みがある

レバウェルリハビリ|求人検索とスカウトサービスで転職活動がスピーディ

レバウェルリハビリは、旧名「リハのお仕事」で転職支援を行っていたサービスです。

レバウェルは医療職の転職に特化したサービスで、ほかにも看護や介護、医師、栄養士などの職種も取り扱っています。

レバウェルリハビリは医療・介護分野での実績が豊富で、バラエティー豊かな求人が期待できます。アドバイザーは医療と介護の両方に精通しており、どちらの情報も提供してくれる点が特徴です。

スカウトサービスも用意されているため、優良企業から声がかかって転職するケースもあります。長い実績と信頼できるサポートを受けながら転職したい方は、レバウェルリハビリの利用をおすすめします。

公式サイト https://levwell.jp/profession/pt/
対応地域 全国
おすすめポイント サービス運営実績が長く、アドバイザーが独自の病院・施設情報を持っている

作業療法士向け転職サイトの使い方のコツ

作業療法士が転職サイトを利用する際、使い方次第で転職活動の成否は大きく変わります。転職サイトを利用するときのコツを詳しくご紹介します。

2~3社のサービスに登録する

作業療法士が転職サイトを利用する際は、1社に絞るのではなく、複数社のサービスを利用しましょう。あまり多く登録しすぎても混乱してしまうため、3社程度にするのが理想です。

複数の転職サイトを利用することで、転職サイトの独占求人や非公開求人を網羅できるため、求める条件に合った職場が見つかりやすくなります。

また、複数のサービスでアドバイザーと話すことで、親身になってくれているかどうかがわかります。アドバイザーによって転職活動の視点やアドバイスも違うため、さまざまな意見に触れることが大切です。

サイト型とエージェント型両方に登録する

転職サイトには、求人サイトと転職エージェントの2種類があります。求人サイトは求人情報を掲載しているサービスで、求人数は多いですが、転職活動は自分で進めなければなりません。

一方、転職エージェントは転職希望者に担当アドバイザーがつき、求人紹介や相談、転職のサポートが受けられます。エージェント型は転職市場に精通したプロのアドバイスがもらえるため、効率的な活動を進められるでしょう。

サイト型とエージェント型にはそれぞれ一長一短あるため、両方に登録することで理想の職場をみつけやすくなります。

優先順位の高い条件を3~5つ伝える

転職サイトを利用する際、アドバイザーから求人紹介を受けるためにも、優先順位の高い条件を3~5つ決めておくとよいでしょう。

求める条件に優先順位をつけておくことで、転職活動の軸が定まり、求人検索でも職場を探しやすくなります。

また、アドバイザーに優先順位を伝えれば、闇雲に紹介を受けるのではなく、条件にマッチした求人が紹介されます。転職活動の期間を短縮する効果も期待できますから、条件の順位付けは早めに行いましょう。

転職希望日は2~3カ月以内を目安に伝える

一般的な転職活動の期間は3カ月、長くても6カ月程度とされています。

そのため、アドバイザーに転職希望日を尋ねられた際も、2~3カ月以内を目安にしつつ、最短でいつ頃までに転職したいか伝えましょう。

悪い例として、転職活動の目途を1年に設定し、活動期間が長引いて気持ちが萎えてしまうケースがあります。

また、アドバイザーの立場から見たとき、希望日の目安が長い方は意思が固まっていないとみなされる可能性が高いです。

転職サイトは本気で転職を目指している方を優先するため、期間の目安は3カ月以内で設定するのが理想です。

相性の悪いアドバイザーは交代してもらう

転職サイトを利用すると、運悪く相性の悪いアドバイザーにあたることがあります。

自分の伝えた条件を理解していない、親身になってくれない、返信が遅いなどの不満を抱える利用者も時々みかけます。

その場合、アドバイザーへの不満を伝えたうえで、担当者を交代してもらいましょう。相性の悪いアドバイザーでは転職活動が進まず、転職後のミスマッチを起こすリスクがあります。

アドバイザーが交代することで解決できる問題であれば、「自分と合わないから別の人に交代してほしい」と伝えてかまいません。

ただし、交代したアドバイザーとも相性が悪い場合は、別のサービスに変更することも考えましょう。

転職活動が進んだら1つのサービスに絞る

転職活動の初期は複数のサービスに登録し、多くの求人をチェックするのが有効です。しかし、転職活動がある程度進んだら、利用するサービスは1つに絞りましょう。

転職サイトを利用する場合、アドバイザーとの相性が非常に重要です。相性の良いアドバイザーが見つかったら、1つのサービスだけにするのもおすすめです。

複数のサービスを利用していると、どのサービスから連絡があったのかわかりにくくなり、別のサービスから誤って同じ求人に応募してしまう危険もあります。

効率的な転職活動を進めるためにも、転職活動に慣れたら気に入ったサービスだけを利用しましょう。

【要注意】作業療法士の転職サイト利用でやってはいけないこと

作業療法士の転職サイトを利用する際、やってはいけないことと注意点をご紹介します。

経歴・学歴で嘘をつく

転職サイトを利用する際、見栄を張って経歴を偽ってはいけません。経歴に嘘をついて転職活動を行うと経歴詐称という犯罪になります。

経歴はもちろん、保有資格や学歴も正直に書きましょう。逆に経歴を実際よりも低く偽ることも詐称になるため、ありのままを書くことが大事です。

転職サイトで経歴詐称がバレた場合、強制的に退会になりますから注意しましょう。

多忙を理由に連絡をサボる

転職サイトのアドバイザーは定期的に連絡を行い、転職活動の状況を確認してくれます。

その際、「仕事で忙しいから出ない」「面倒だから無視」といった行動を続けていると、転職サイトでの優先順位が下がるおそれがあります。

転職サイトは転職が成功した際、企業からマージンを受け取っており、転職活動に消極的な方は後回しにされるからです。

転職サイトに自ら登録した以上、明確な理由もなく対応しないのは自分の首を絞める行為です。

忙しくて対応できなかったとしても、後で自分から連絡を行いましょう。

転職活動をすべてアドバイザー任せにする

転職活動の主体は転職希望者ですが、転職アドバイザーに転職活動をお任せしようとする方もいます。特に転職先に関する条件がなく、転職目的が明確になっていない方に多いパターンです。

転職サイトはあくまで利用者の転職をサポートするサービスですから、自分が働きたいと思える職場を選ぶことが重要です。アドバイザーに丸投げするのではなく、自分なりに活動方針を計画しましょう。

アドバイザーの紹介した求人を鵜呑みにする

転職サイトのアドバイザーは、条件に合いそうな求人を積極的に紹介してくれます。

しかし、紹介される求人には、「自分とは合わなそう」「しっくりこない」と感じる内容も多々あります。

その場合、紹介内容をそのまま受け入れるのではなく、どこが気になるのか、求める条件とどこが違うのかを指摘したうえで断る勇気を持ちましょう。

アドバイザーに条件や気持ちを伝えることで、紹介される求人がより自分に合ったものになる可能性が高いです。

アドバイザーからの紹介をすぐに受け入れるのではなく、一晩じっくり考えて答えを出しましょう。

作業療法士の転職でハローワークはおすすめか?

作業療法士の転職でハローワークを利用する方法もあります。実際にハローワークを利用した転職はおすすめできるのか、詳しい情報をご紹介します。

作業療法士・理学療法士の求人数は1万件以上

日本全国の自治体にあるハローワークでは、地域密着型の求人を多数紹介しています。

ハローワークインターネットサービスで「理学療法士、作業療法士」と検索すると、2023年7月30日時点で全国に1万2,881件がヒットします。

作業療法士限定ではありませんが、全国で1万件以上の求人があるため、ハローワークを利用するのもよいでしょう。ただし、ハローワークは在職中に利用しにくいデメリットもあるため、デメリットまで理解したうえで利用すべきです。

在職中にハローワークが利用しにくい理由は3つ

在職中にハローワークが利用しにくい理由として、次の3つがあげられます。

在職中にハローワークが利用しにくい理由

  • 紹介状発行に勤務先の離職票が必要になる
  • 平日日中しか利用できない
  • 転職活動は自分で積極的に行う必要がある

ハローワークの利用自体は在職中でも可能ですが、志望先に履歴書を送付するにあたってハローワークの紹介状が必要です。

そして、紹介状発行には勤務先の離職票が必要になるため、転職活動をしていることが職場に知られます。

また、ハローワークは平日の8時30分~17時15分まで営業しており、平日に仕事のある方は利用しにくいでしょう。転職活動自体も自分から積極的に行動する必要があり、仕事で忙しい方には使いにくい点がデメリットです。

3つの理由を理解したうえで、ハローワークを上手く利用しましょう。

転職サイトとの併用がおすすめ

作業療法士がハローワークを利用する場合、ハローワークだけ利用するのではなく、転職サイトとの併用がおすすめです。ハローワークは地域密着型の求人を扱っており、地元で仕事を探すのに向いています。

転職サイトは全国の求人を取り扱っており、地元以外の求人もチェックできます。それぞれ強みが違うため、ハローワークと転職サイトは併用するのが効果的です。

そして、どちらも非公開求人や独占求人があるため、お互いのメリットを生かしつつ、デメリットをカバーできます。

作業療法士向け転職サイトの利用に向いている人

作業療法士向けの転職サイトは、利用に向いている人とそうでない人がいます。利用に向いている人とはどのような人かご紹介します。

転職活動の時間を作りにくい人

転職サイトは利用者が活動できない時間帯でも、企業情報の収集や志望企業との面接日程を調整し、給与交渉などを行ってくれます。

本来は転職希望者が行う作業を代行してくれるため、時間の余裕がない人に向いています。

ただし、転職先の決定や細かい日程調整は自分で行う必要があるため、すべておまかせにはできません。時間がなくてもきちんと対応できる人なら、転職サイトの利用がおすすめです。

履歴書作成や面接が苦手な人

転職サイトのアドバイザーは、履歴書・職務経歴書の添削、面接練習などのサポートも行っています。

応募先に評価されやすいポイント、面接でのテクニックなどを教えてもらえるため、履歴書作成や面接に苦手意識がある人にはおすすめです。

また、自己分析に基づいた履歴書の作成ポイントを指導してもらえるため、自分のアピールポイントもわかりやすくなります。転職活動をサポートしてくれる存在が必要な人は、転職サイトを利用しましょう。

転職の目的や条件が明確な人

自分がなぜ転職したいのか、転職先に求める条件が何かはっきりしている人は、転職サイトの利用に向いています。

アドバイザーに条件を伝えやすく、条件にマッチした求人が紹介されやすいからです。

紹介された求人についても、自分の求める内容と合っているか判断がつきやすく、転職後のミスマッチもしにくくなります。

条件を絞って自分に合う求人を探したい方も、転職サイトの利用に向いています。

最短で転職を成功させたい人

転職サイトの多くは、最短で1~2週間のうちに転職先が決定します。アドバイザーの支援もあり、転職活動が短期間で終了しやすいからです。

「期間を決めて転職活動を進めたい」「退職が決まっているので早めに次の職場を決めたい」とお考えの方は、転職サイトを利用しましょう。

転職活動は長引くほど不利になりますから、早期に次の職場を決めることが大切です。

まとめ:作業療法士は転職サイトを積極的に利用しよう

作業療法士が転職するなら、転職サイトを積極的に活用することが成功への鍵です。

作業療法士は幅広い施設で需要がある職種として、全国の医療、介護、福祉分野の求人が出ています。

複数の転職サイトに登録しつつ、ハローワークでも求人を検索し、効率的な転職活動を進めましょう。

転職活動を短期間で終わらせるためにも、転職サイトのサポートを積極的に利用しましょう。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷