リクルートエージェント「闇」の噂はウソ!闇といわれる真相を調査

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

リクル-トエージェント

「リクルートエージェントはひどい、闇だ」
「リクルートエージェントはブラック求人ばかり」

リクルートエージェントについて、このような噂を聞いたことのある人もいるかと思います。

実際、リクルートエージェントは、求人数・実績ともに優れた転職サービスです。
では、なぜこのような噂が流れているのでしょうか。

そこで、本記事ではリクルートエージェントの本当の評判・特徴を徹底解説します。

リクルートエージェントは闇?ひどい噂や評判の真相に迫る

リクルートエージェントの闇やひどい噂、評判には次のようなものがあります。

  • 噂①ブラックばかり紹介される…ウソ
  • 噂③求人検索システムが使いにくい…ウソ
  • 噂②担当者の連絡がうざい…個人による

それぞれの噂と評判の真相について、詳しく迫っていきましょう。

闇の噂①ブラックばかり紹介される<ウソ>

リクルートエージェントのひどい噂1つ目は、ブラック企業ばかり紹介されるというもの。

確かに、SNS上で「リクルートエージェント ブラック」と検索すると、ブラック求人を紹介された人の意見が見つかります。

リクルートエージェントは業界屈指の大手転職サービスであり、転職成功実績No.1※を掲げています。
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業所のうち無期雇用および4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

これほど有名な転職サービスがブラック企業ばかり紹介するといったことはありません。

また、リクルートでは求職者と必ずヒアリングを行っており、ヒアリング内容を基に求職者に合った求人を紹介しています。

そのなかで、アドバイザーの認識と求職者の希望が噛み合わないことはあるかもしれません。

  • 福利厚生を重視する求職者に希望に合った会社を紹介
    →「良いのは福利厚生だけで給料が低すぎる」と感じる
  • キャリアアップを希望した求職者の内定先の上司が厳しい人だった
    →ブラックな会社だと認識する など
  • このような場合、「ブラックばかりを紹介した」のではなく、結果的にブラックと感じてしまったというのが正しい認識でしょう。

    *参照:X

    闇の噂③求人検索システムが使いにくい<ウソ>

    リクルートエージェントのひどい噂3つ目は、求人検索システムの使いにくさ

    リクルートでは、PCのブラウザ版とスマホアプリ版で異なり、スマホアプリ版では良い評判が多くありました。

    近年はスマホユーザーが増えていることから、スマホ向けにサイトを改善していることがわかります。

    一方ブラウザ版では、いくつか使いにくいとされる点がありました。

    • 都道府県単位でしか検索できない
    • 確認済みの求人が見分けられない
    • 似たような求人が複数表示されてしまう

    ブラウザ版とスマホアプリ版の両方を試してみて、自分が使いやすいものを選ぶといいでしょう。

    *参照:X

    闇の噂②担当者の連絡がうざい<個人による>

    リクルートエージェントのひどい噂2つ目は、担当者の連絡がうざいというもの。

    リクルートエージェントは大手の転職エージェントですから、キャリアアドバイザーの数も非常に多いです。

    アドバイザーによって連絡頻度は異なるため、求職者との相性が合わず「連絡がしつこい・うざい」と感じることはあるかもしれません。

    とはいえ、これはリクルートに限らず大手の転職サービスを使うなら避けられないこと。

    連絡をしつこいと感じるかどうかは求職者の価値観にもよって異なります。
    担当者の連絡がしつこいと感じた場合は、連絡の頻度を減らしてもらえるよう直接担当者に伝えてみましょう。

    本人に伝えるのが気が引ける…という場合は、お問い合わせから担当者を変更してもらうこともできます。

    アドバイザーの数が多い分、あなたの希望に合う担当者は必ずいるはず。
    ガマンせず変えてもらうのがおすすめです。

    *参照:X

    リクルートエージェントの特徴3つ

    ここからは、リクルートエージェントの特徴を3つ紹介します。

    • 求人数が非常に多い
    • サポートや研修内容が充実している
    • 上場企業やホワイト求人が豊富

    転職エージェント選びの参考にしてください。

    特徴①総合型で求人数が非常に多い

    リクルートエージェントの特徴は、総合型エージェントで求人数が非常に多いことです。

    そして、リクルートエージェントは総合型エージェントの中でも、公開求人・非公開求人ともに非常に豊富な案件数を誇っています。

    業種・業界の幅広い総合型エージェントですから、登録すれば転職活動における視野が大きく広がるでしょう。

    自分のこれまでのキャリアを別の企業で活かしたり、新しいキャリアを積みあげたりするなど、キャリアデザインがしやすい点もリクルートエージェントの魅力です。

    転職者の多くは総合型と特化型をそれぞれ利用するのが一般的ですから、総合型でリクルートエージェントを選ぶのは賢明といえます。

    補足
    • 総合型エージェント…業種や業界を問わず、様々な求人を取り扱っている転職エージェントのこと。
    • 特化型エージェント…総合型とは逆に特定の業種・業界の求人を中心に取り扱っている転職エージェントのこと。

    特徴②サポートや研修内容が充実している

    リクルートエージェントでは、サポートや研修内容が充実しているのも特徴のひとつ。

    リクルートエージェントの転職活動支援では、次のサポートが利用できます。

    • 専用アプリの配信
    • 履歴書・職務経歴書の作成支援
    • 面接の日程調整やサポート
    • 各業界向けのスキル習得支援
    • 年俸・給与交渉

    例えば、IT業界を希望する方が研修を利用したい場合、基本的なIT知識やプログラミング研修などに申し込みが可能です。

    専属の担当者もつくことから、転職活動やキャリアデザインの相談・企業情報の詳細も教えてもらえます。

    既に転職希望の業界・業種を決めている人はもちろん、色々な求人をチェックしたい方や自分の市場価値を把握したい方にもおすすめです。

    特徴③上場企業やホワイト求人が豊富

    リクルートエージェントの特徴として、上場企業やホワイト求人が豊富なことも挙げられます。

    豊富な求人数を持つリクルートエージェントですから、大手企業から中小企業まで様々な企業が求人票を掲載しています。

    自分の希望条件を明確化していれば、希望通りのホワイト企業も紹介してもらえるでしょう。

    キャリアアップを目指して上場企業への転職を狙うことも、自由な働き方を求めて中小企業やホワイト企業への転職を狙うことも、どちらにも対応できます。

    様々な企業を選択肢に入れ、自分の夢を叶えやすい企業を探すなら、リクルートエージェントがおすすめです。

    リクルートエージェントに向いているのはこんな人!

    リクルートエージェントの利用が向いている人は、次のような人です。

    • 初めての転職活動をする人
    • たくさんの求人から仕事を探したい人
    • 充実したサポートがほしい人
    • 不安な時に相談に乗ってくれるアドバイザーがほしい人

    まず、転職活動を1人で行うのは大きな不安と負担が伴いますが、リクルートエージェントならアドバイザーが多く、転職活動のイロハを丁寧に教えてくれます。

    リクルートエージェントは求人数が非常に多いことから、色々な求人から転職先を検討しながら、スキルを磨くことも可能です。

    また、不安なことがあっても、アドバイザーに相談すれば解決の糸口を見つけやすい点も特徴です。

    各業界に特化したアドバイザーが担当するため、転職からキャリアデザインまで広く相談できます。

    リクルートエージェントに関するよくある質問

    最後に、リクルートエージェントに関するよくある質問についてまとめました。

    • Q. リクルートエージェントは無料で担当変更できる?
    • Q. リクルートエージェントで有料のコンテンツはある?
    • Q. 間違って応募してしまった!取り消すことは可能?
    • Q. 面接辞退したいときはどうすればいい?
    • Q. 退会方法を教えてほしい

    上記質問の内容について詳しく解説します。

    Q.リクルートエージェントは無料で担当変更できる?

    A.アドバイザーと相性が悪い場合、変更したい意思を伝えれば無料で担当変更できます。

    利用者とアドバイザーの相性が合わないケースは一定数あるため、担当変更は無料で申請できます。

    ただし、「なぜ担当者を変更したいのか」という理由と、次の担当者への要望も明確に伝えましょう。

    理由と要望を伝えることで、自分に合ったアドバイザーに担当してもらいやすくなります。

    Qリクルートエージェントで有料のコンテンツはある?

    A.リクルートエージェントの利用者はすべてのサービスを無料で利用できます。

    「転職が決まったら費用が発生するのでは?」と不安に思われるかもしれませんが、心配はいりません。

    リクルートエージェントは採用者が決まった際、企業側から報酬を受け取る仕組みだからです。

    費用は気にせず積極的に利用し、転職活動を成功させましょう。

    Q.間違って応募してしまった!取り消すことは可能?

    A.間違えて求人に応募してしまっても、取り消すことは可能です。

    ただし、間違いに気づいたら、早いうちにアドバイザーへと連絡して取り消してください。

    応募してから時間が経ってしまうと、相手企業の面接日程が予定され、迷惑がかかってしまいます。

    もし応募ミスに気づいても、慌てずにアドバイザーへ連絡し、面接もキャンセルしてもらいましょう。

    Q.面接辞退したいときはどうすればいい?

    A.面接を辞退したいときは、早めにアドバイザーに連絡し、辞退する理由を伝えましょう。

    面接の予定が組まれてからでは、アドバイザーにも相手企業にも迷惑がかかるからです。

    面接前日や当日であっても辞退は可能ですが、必ずアドバイザーを通して理由とともに辞退の意思を伝えましょう。

    ただし、何度も面接辞退を繰り返してしまうと、リクルートエージェントからは「本当に転職したいのかな?」と疑問を持たれてしまいます。

    辞退してしまうと求人紹介の優先度も下がりやすいですから、面接辞退はどうしても必要なときだけにすることを意識してください。

    Q.退会方法について教えてほしい

    A.リクルートエージェントの退会方法は3つあります。

  • 公式サイトの退会フォームから申し込む
  • 担当アドバイザー経由で申し込む
  • お問い合わせフォームから申し込む
  • 基本的な退会方法は、リクルートエージェントの退会フォームから退会する方法です。
    アドバイザーに直接伝えるのが不安な場合におすすめの方法です。

    次にアドバイザーへと連絡し、退会の意思を伝える方法もあります。

    求人紹介だけを断りたい場合にも同じ方法が使えますから、退会するか休止するか迷っている人にはおすすめです。

    最後に個人情報自体を削除して退会したい場合は、リクルートエージェントのお問い合わせフォームから申請する方法もあります。

    個人情報を削除しても5年以内なら同じ情報を引き継ぎ、再度登録が可能です。

    【1分で分かる】大手転職エージェント一覧比較表

    大手転職エージェントの重要ポイントを一覧でまとめました。

    リクルートエージェント マイナビエージェント doda ビズリーチ
    費用 無料 無料 無料 無料
    対象エリア 全国/海外 全国/海外 全国/海外 全国/海外
    対象年代 全年代 20~30代 全年代 30~40代
    おすすめ 求人をたくさん見たい方 初めて転職活動をする方 自分でも求人を探したい方 今のキャリアのまま転職したい方
    公式HP リクルートエージェント マイナビエージェント doda ビズリーチ

    サービスのメリット・デメリットを比較し、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

    まとめ|「闇」はウソ!噂で決めず自分に合うエージェントを選ぼう

    今回は、リクルートエージェントの噂や評判について解説しました。

    ネット上ではリクルートエージェントの悪い噂やひどい評判を目にすることもあり、利用を躊躇している人もいるかもしれません。

    しかし、リクルートは業界屈指の大手転職サービスであり、多くの転職成功者を出してきた実績があります。

    良い評判のほうが多いサービスですから、噂に振り回されず、自分に合っているかどうかで選ぶことが大切です。

    実際に使ってみて「やっぱり自分には合わない」と思えば、別のサービスと併用する方法もあります。

    豊富な求人と充実したサポートのリクルートエージェントを利用し、転職活動を成功させましょう。


    おすすめ関連記事

    知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
    転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
    女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
    女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
    履歴書でも使える特技ストック10選
    履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
    あなたのそばにもいる?無能な上司
    無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
    40代の転職失敗は地獄。なぜ?
    残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

    参考サイト
    厚生労働省
    内閣府
    ハローワーク
    職業情報提供サイト
    日本経済連合会
    転職コンサルタント
    中谷 充宏
    梅田 幸子
    伊藤 真哉
    上田 晶美
    ケニー・奥谷