言語聴覚士の転職成功を目指す人必見|転職サイト活用術

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

言語聴覚士が転職を成功させるには、転職のノウハウをもった転職サイトの利用がおすすめですが、「どうやって利用すればいいのか?」「効率よく利用するにはどうしたらいいか?」と悩む方も少なくありません。

今回は、言語聴覚士の転職成功に向けて、言語聴覚士の転職の実態や転職サイトを使うときのコツや注意点について詳しく解説します。

あわせて言語聴覚士におすすめの転職サイトも紹介しますので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

リハビリ職の勤続年数は短い

言語聴覚士の離職率や転職に関する公的なデータは公表されていませんが、厚生労働省の『令和4年賃金構造基本統計調査』をみると、平均勤続年数がわかります。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士などリハビリ職全体の勤続年数は、平均7.3年です。

他の職種では、平均勤続年数が10年超えというのも珍しくないため、リハビリ職全体の平均勤続年数は短めといえるでしょう。(*)

*参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)』

リハビリ職の勤続年数の短さは、転職のしやすさが背景にあります。
医療分野はもちろん、介護・児童・障がい分野などでのニーズが高く、活躍の場は多いことがあげられます。

言語聴覚士の転職活動3つのポイント

言語聴覚士の転職活動では、自分自身の希望や条件に合った職場を見つけるために、3つのポイントを押さえることが大切です。

自己分析をする

言語聴覚士が転職する場合、自分自身が求める条件や転職先の求人内容を整理することが必要であり、そのためには、自己分析が不可欠です。

  • どのような仕事内容や職場環境に自分自身が向いているのか
  • どのようなスキルや経験を持っているのか
  • 将来、どんな言語聴覚士でありたいか

などを考えることが重要です。

自分自身を正しく把握することができれば、より適切な転職先を選びやすくなります。

転職理由を明確にする

転職活動では、「なぜ転職したいのか?」と、動機を明確にすることも大切です。

現在の職場での不満やストレス、自分自身のキャリアアップ、新しい分野へのチャレンジ、仕事内容や職場の雰囲気など、様々な理由があるかもしれません。

自分自身が転職をする理由を明確にし、それにあった転職先を選ぶことが重要です。

また、転職理由が明確化されることで、自己PRや応募書類の作成において具体的なアピールにつながります。

さらに転職理由を明確にし、希望に合った転職先を見つけることで、入職後のミスマッチといった転職失敗を避けることができるでしょう。

自分に合った転職先を選ぶ

転職先を選ぶ際には、自己分析や転職理由を明確にしたうえで、自分自身に適した職種や業界を選ぶ必要があります。

自分自身が経験してきたことや、スキルや資格を活かせる仕事を選ぶ方が、よりやりがいをもって仕事をすることができるでしょう。

自分自身が求める条件と、企業や職場の条件がマッチしているかどうかも重要です。

自分自身のライフスタイルや希望する待遇、勤務時間、福利厚生などをきちんと確認したうえで、転職先を選びましょう。

転職サイトでスムーズな転職活動ができる

自己分析や転職理由の明確化、転職先選び…と、転職活動ではやらなければいけないことがたくさんあります。

仕事をしながら転職活動をされている方にとっては、なかなか時間がとれず納得できる求人と出会うのは難しい場合があるでしょう。

そこで、転職ノウハウをもった転職サイトを利用することで、効率よく自分に合った職場と出会うことができます。

また転職サイトでは独占求人や非公開求人も充実しているので、一般には公開されていないホワイト企業へ転職できる可能性も高いでしょう。

言語聴覚士が転職サイトを使うときのコツや注意点

転職サイトは気軽に利用できますが、情報が多いため使い方に迷っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、言語聴覚士が転職サイトを使うときのコツや注意点についてみていきましょう。

転職サイトの種類

現在、多数の転職サイトが存在し、それぞれ強みや特徴が異なります。
例えば、以下のような種類があります。

転職サイトの種類

  • 幅広い業界や業種に対応する「総合型」
  • 特定の職種の転職に強い「特化型」
  • 求人検索や応募だけでなく企業からオファーがくる「スカウト型」
  • 相談からアフターフォローまで対応する「エージェント型」
  • 転職希望者と企業をマッチングする「求人サイト型」

転職サイトの種類によって、利用に適している方が異なります。

利用に適している方
  • 総合型
  • これからも言語聴覚士として働きたい方

  • 特化型
  • 他業界や多職種への転職を考えている方

  • スカウト型
  • 実務経験やスキルが豊富な方

  • エージェント型
  • 初めての転職や仕事選びに迷っている方などサポートしてもらいたい方

  • 求人サイト型
  • 求人情報だけ見たい方、自分のタイミングで転職活動したい方

まずは利用する転職サイトを選び、希望する転職活動を進められるかを確認することが大切です。

自分に合った転職サイトを選ぶことで、転職成功へ近づくことができるでしょう。

求人情報の充実度

転職サイトを使うときは、以下の点に注意しながら求人情報の充実度をチェックしましょう。

更新頻度

求人情報の更新頻度が高いほど、新しい求人が多く、転職の選択肢が広がります。
また、希望する給与や待遇などを選びやすいメリットがあります。

目的に合った求人情報

言語聴覚士が転職する場合、新しい分野への挑戦や自分が希望する治療ができるかどうかなど条件面を確認することが重要です。

関心のある分野や特化した治療内容が掲載されている求人情報など情報量が多い転職サイトを選びましょう。

職場の特徴や勤務条件が詳しく記載されているか確認

求人情報には、職場の特徴や勤務条件が記載されていますが、中には不十分な転職サイトもあります。

「雇用形態」「給与」「勤務時間」「休日制度」など詳細な求人情報を知ることで、入職後のミスマッチを防止することができるでしょう。

サポート体制

転職サイトは転職エージェントと異なり、面談やキャリアカウンセリングなどが実施されていない場合もあります。

「とにかくどんな求人があるか見たい」という方は、サポートがない転職サイトでも問題ありませんが、初めて転職する方や転職に不安を持っている方は、サポートが充実している転職サイトを選びましょう。

専任のキャリアアドバイザーが面談やキャリアカウンセリングのほか、履歴書の添削や面接対策などをサポートしてくれるため、効率的な転職活動を進められる可能性があります。

求人情報のこまめなチェック

転職サイトを利用する際は、求人情報をこまめにチェックすることが大切です。

ホワイト企業や好待遇案件は、求人情報が掲載された直後でも募集定員に達している場合があり、また、募集が終了した求人でも追加募集されるケースもあります。

いい求人ほどすぐに募集終了してしまうので、求人情報をこまめにチェックして、希望する案件があれば早めに応募しましょう。

また、自分自身の希望条件やキャリアプランに合う求人に出会うためには、多くの情報をみて目を養うことも重要です。

様々な求人情報に目を通すことで、業界の動向や市場価値を把握することもできるでしょう。

複数の転職サイトに登録

転職サイトは、それぞれ得意分野や求人数などが異なるため、複数登録することをおすすめします。

複数の転職サイトに登録することで、以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 自分に合った求人情報をより多く収集できる
  • 幅広い選択肢から転職先を選ぶことできる
  • それぞれの転職サイトの強みを活かせる

転職サイトによって保有している求人情報や企業が異なるため、複数登録することでそれぞれの転職サイトの強みや弱みをカバーすることができるでしょう。

独占求人や非公開求人などの選択肢も広がるため、ホワイト企業に転職したい方にとっておすすめです。

転職サイトに複数登録することで、それぞれの登録手続きやスケジュール管理をする必要があるので3~4社が管理しやすいでしょう。

言語聴覚士(ST)におすすめの転職サイト

言語聴覚士の転職は、専門的なスキルや知識が必要とされるため、希望に合った求人情報を集めたり、自身のスキルや経験をアピールするためには、リハビリ職に強い転職サイトを利用することがおすすめです。

そこで、今回は言語聴覚士(ST)に特化した、おすすめの転職サイトを2社紹介します。

リアルな情報でマッチング率UP「レバウェルリハビリ」

レバウェルリハビリは、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営する言語聴覚士・理学療法士・作業療法士の求人情報や転職支援に特化した転職サイトです。

PT OT ST 専門のアドバイザーによる、転職相談や求人情報の提供や、給与交渉、勤務時間の相談など手厚いサポートに強みがあります。

病院だけでなく、児童発達支援施設や訪問看護ステーション、通所リハビリテーションなど幅広い施設の求人を取り扱っています。

求人情報には、スタッフ紹介や求める人材像も掲載されているので事前に職場の雰囲気も知ることができます。

また、実務経験や希望を登録すれば、スカウトを受け取ることができるので、自分に合った転職先を選びやすいでしょう。

公式サイト https://levwell.jp/profession/pt/
地域 全国
特徴 直接取材した職場のリアルな情報が充実
実績 医療 介護 ヘルスケア分野での実績豊富
選ばれる理由 転職サービスとスカウトサービスで効率的な転職活動
好条件の求人が充実

理想の職場への転職を成功させたい方は「PTOT人材バンク」

PT、OT、STに特化した転職サイトPTOT人材バンク。

PTOT人材バンクの強みは、求人募集していない事業所や募集が締め切られた求人に対して応募を打診してくれることです。

掲載されている求人だけでなく、希望条件や給与、キャリアアップの実現など求職者の希望に合う事業所を見つけ、アプローチしてくれます。

リハビリ職の転職支援が長いからこそ、企業と信頼関係が強く、柔軟な対応が可能です。

また、転職をサポートするキャリアパートナーは、リハビリ業界の動向や情報に精通しているため専門的なアドバイスを受けることもできるでしょう。

相談から履歴書添削、面接対策、アフターフォローまで充実しているので、はじめての転職の方も安心です。

公式サイト https://www.ptotjinzaibank.com/
地域 全国
特徴 Web上施設見学のリアルな情報
実績 リハ職の数多くが利用中
選ばれる理由 LINEやメールでの連絡も可能
未募集・募集終了した求人に応募できるチャンス

【まとめ】転職サイトを活用し転職活動を有利に進めよう

いかがでしたでしょうか。
言語聴覚士の転職成功に向けて、言語聴覚士の転職の実態や転職サイトを使うときのコツや注意点について解説しました。

転職活動は時間や労力が必要になるので、効率的に情報を集め、計画的に進めることが大切です。

転職サイトを上手く活用することで、様々なサポートやアドバイスをもらえるので、積極的に活用しましょう。

今回紹介した転職サイトも参考にしていただき、将来像や目的に合った転職活動を進めていきましょう。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷