> > 退職代行サービスは本当に退職できる?利用するメリットとデメリット

退職代行サービスは本当に退職できる?利用するメリットとデメリット

45627 views

昨今、ネットやマスメディアで取り上げられ知られるようになってきた『退職代行サービス』。退職や転職に伴うあれやそれは、誰でもストレスを感じてしまう人生の転機の一つです。

退職や転職を考えた時に、上司に伝えるのも気まずい。いざ伝えて希望通りに円満退職できるとも限らない。実際に退職にあたって、会社側と揉めてしまうケースというのも決して少なくはありません。

そこでもし、人に代行してもらってストレスを軽減できたら?揉めて拗れた事情を解消できたら?お金を払ってでも依頼したいと思いますか?実際に退職代行サービスは100%退職できるのでしょうか。また利用するメリットとデメリットとは。まだまだ業界としては新しく、情報が少ない『退職代行サービス』について、探っていきたいと思います。

退職代行サービスとは

退職代行サービスは実際何をしてくれる?

名前そのままなので、退職代行サービスはひと目で退職の面倒なところを代行してくれるサービスなんだろうと想像はつきます。けれど、一度退職を経験すれば分かりますが、働いている会社を退職する際には色々な手順があります。社内でやること、社外でやること様々です。

社内
  • 上司に退職の申告をする
  • 退職届(退職願)を提出する
  • 引き継ぎを行う
  • 社会保険に関する手続き(健康保険証の返納など)
  • 制服、車など貸与品の返却
社外
  • 転職活動
  • 失業保険の手続き
  • 休職期間があれば国民健康保険や国民年金加入の申請など

大まかに見ればこのような感じでしょうか。
退職代行をしてもらいたと考えた時には、さまざまな手段を選ぶことができるのは知っていますか?

民間の退職代行サービスは、その様々な手段の一つに当たります。そして、手段の中で1番単純なサービスと言えるかもしれません。

退職代行サービスにできること、できないこと

民間の退職代行サービスができることは、上記の退職に関わる行程のうち「退職の申告をする」ことに限られています。

実は退職代行を行うことは、とてもナイーブなものです。退職を申告した時、よほど社内で問題行動をしていた社員でなければ引き留められることが多いです。その際に自身の退職の意志が固いのならば、どうしてもいつまでに退職したい。などの交渉を行うことになります。

しかし、この交渉に関しては、本人か弁護士資格を持っている人しか行えないと法律で決まっています。退職代行サービスを行う人が弁護士資格を持っていれば、本人の代わりに退職交渉を行うことはできますが、大抵の民間の退職代行サービスは、弁護士資格を持っていない人が代行を請け負っているので、電話であなたの代わりに退職の意思を伝えるだけのサービスとなります。

そのため、もしも代行サービスの業者が電話をした時点で会社側にごねられた時には、最悪、退職がその場で決定できない可能性もあるということになります。

退職代行サービスは新卒の早期退職希望者でも利用可能?

新卒で入社して1〜2年で辞めたいとなった時、ただでさえ早すぎると言われがちな時期です。そんな新卒の早期退職希望者でも、退職代行サービスは利用可能でしょうか?

結論から言えば、当然利用可能です。退職代行サービスは、利用者に制限を設けているところは見かけません。むしろ、新卒者こそ退職や転職の経験がないビギナーとも言えますから、実際の退職に関わる手続きはハードルが高いと感じてしまうでしょう。そのため、新卒や若い世代こそサービス市場として1番盛り上がっていると言えるでしょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行 EXIT(イグジット)https://www.taishokudaikou.com

運営会社:イグジット株式会社

料金:正社員・契約社員50,000円、アルバイト・パート30,000円

相談方法:面談不要で電話・LINE・サイトのメールフォームなど対応

特徴:相談当日から即時対応可能。休日や深夜でも可能な限り対応。EXIT対応後、上司などの会社との連絡は一切不要。転職後のリピートでは一万円引き。
退職代行業界では大手と言えます。利用者からは、相談後翌日にすぐ対応してくれた。親切でスピーディー。利用してよかったといった意見が多く見られますが、中にはその後の連絡がない。ちゃんとやってくれたのか不安になるといった意見も見られ、担当者によって報告連絡の良し悪しがあるようです。

退職代行サービス「SARABA」(サラバ)https://taisyokudaikou.com

運営会社:株式会社ワン(退職代行実行:退職代行SARABAユニオン)
料金:29,800円

相談方法:電話・LINE・サイトのメールフォームなど対応

特徴:相談回数無制限で追加料金無し。即日退職可能。万一退職できなかった場合は返金対応。
前項で退職代行サービスは弁護士資格を持っている社員が居ない限りは交渉不可と書きましたが、SARABAの特徴は自社で労働組合『退職代行SARABAユニオン』を立ち上げ、交渉可能にしている点にあります。

労働組合は法的に交渉権を持ちますので、利用の際には一時的にこちらに加入し、会社側が交渉しようとしたら本人でなくても対応することが可能なシステムを整えています。

退職代行ニコイチ https://www.g-j.jp/lp04/

運営会社:株式会社ニコイチ

料金:28,000円

相談方法:電話・LINE・サイトのメールフォームなど対応

特徴:即日退職可能。追加料金一切無し。万一退職できなかった場合は返金対応。転職サポートあり。

転職会社との提携があり、そこで転職先を決められた場合には、退職代行の料金を全額返金という独自の制度を取っているのが特徴です。

ニコイチを利用した人の口コミというのが少なく、利用者からの比較がしづらい面がありますが、少なくとも悪い口コミは見られません。すぐに対応してくれて、あっという間に退職できた。といった内容の口コミが数件見られます。

退職代行サービス 辞めるんです

運営会社:イノベーションネクスト株式会社

料金:50,000円→30,000円(期間限定キャンペーン中)

相談方法:電話・LINE・サイトのメールフォームなど対応

特徴:即日退職可能。24時間対応可能。万一退職できなかった場合は返金対応。
顧問弁護士がいる退職代行サービスです。弁護士自身が対応してくれるわけではないため、交渉についてはやはり対応できませんが、法律を遵守した上で適切な対応ができるような体制が整っています。

まだまだ業界のサービスとして発展途上であるため、辞めるんですの口コミも公式のサイト以外では見られません。サイトに上がっている利用者の声としては、丁寧に素早く対応してくれたという意見が見られます。

退職代行コンシェルジュ

運営会社:合同会社SAC

料金:正社員・契約社員・派遣社員49,800円、アルバイト・パート39,800円

相談方法:LINE・サイトのメールフォームなど対応

特徴:即日退職可能。LINEなら24時間無料で相談対応OK。無料転職支援。

退職代行コンシェルジュも、顧問弁護士がいる退職代行サービスなので、非弁行為(弁護士資格を持たないものが、弁護士資格が必要な行為を行うこと)に抵触しない範囲を守りつつ対応してくれます。

退職後の転職活動サポートも無料で行ってくれて、職種によっては提携している人材紹介会社を紹介してくれるサービスがあります。

退職代行サービスでトラブルが起こる可能性は?

しかし、退職の手続きは自分で行うもの。といった常識がまだまだ日本では意識が強く、年配であればあるほどそういった意識を持っている人は多いでしょう。

そして、会社でいわゆる『上司』と呼ばれている世代は大きい企業であればあるほど年配の人であることが多いと思われます。

そこで自分でではなく、業者に行ってもらうことでトラブルになることはないのでしょうか?実際に退職代行サービスを利用して起こり得るトラブルを挙げてみたいと思います。

退職できない

やはり可能性として1番考えられるトラブルにあたると思います。SARABAのように、労働組合を立ち上げ交渉権を得ているサービスであれば、比較的退職できないというリスクは減らせるかもしれません。最近では退職代行サービスの存在も知られるようになってきました。

そのため、会社側も何か対応策を考えているところもあるかもしれません。弁護士資格を持っていないと、交渉代行まではできないことも知っている可能性もあります。

上司や会社の人が家に来る可能性がある

退職代行サービスから「退職が受領されました」と報告を受けた後で、上司や同僚、社員が総出で家に直接押しかけてきた。という実話がEXITやSARABAでも過去の例として報告されています。

もちろん失敗例として既に対策は取っているでしょうが、それでも人間相手のサービスであるため、100%無いとは言い切れません。

退職失敗の上、会社側から損害賠償を請求される

例えば即日退職ができたとサービス側から報告を受けて、引き継ぎなしに翌日から会社に行かなかったことで、何かしらの損害を会社に与えたとして損害賠償を請求される可能性も、決して無いとは言い切れません。
即日退職をする場合には、それなりのリスクを考慮すべきです。

退職代行サービス詐欺に遭う

退職代行サービスも、最近注目され始めた業界です。新しい業者が次々立ち上がり、ネットでいくらでも情報比較をすることができます。料金設定もピンキリで、安いところだと10,000円を切るところも。

しかし、安いからとすぐに飛びついて、あとから追加料金を請求されたり、むしろサービス自体を行っておらず料金を振り込んだらそのまま連絡が取れなくなる詐欺サイトだったなんていう被害情報もあります。

今見ているサイトがしっかりと代行を行ってくれる正規のサイトであることを確認してください。

退職代行サービスを利用するメリットとデメリット

以上の情報を踏まえて、退職代行サービスを利用するメリットとデメリットをそれぞれ纏めてみましょう。

メリット

  • 「退職を言い出せる空気じゃない」「退職の申告はどうすればいいのか分からない」「心身の健康を損ねてしまい、自分で退職を申告できる状況にない」「自分で申告しているのにまったく受け入れてもらえない」これらの退職ストレスを軽減できる
  • 即時対応で退職届、社会保険関連の書類、制服などの貸与品など郵送で対応してくれるため、上司などに会わなくて済む
  • 退職後の有給申請を対応してくれるサービスもある

デメリット

  • 退職できなかった場合、その後の業務で気まずくなる可能性がある
  • 退職後に上司からの連絡や家への押しかけ、損害賠償請求される可能性も

安全に退職代行を利用したいのであれば、弁護士に依頼する事も視野に入れるべき

何度も言いますが、退職代行に交渉が伴った場合には、弁護士資格を持っていないと『非弁行為』という違法行為になります。そのため、基本的には民間の退職代行サービスができるのは会社に電話をし、あなたの退職の意思を伝えるだけになります。

最近ではネット上でも、企業向けの退職代行サービスについてのサイトがあり、「退職代行サービスから連絡が来たら」といった内容の記事が書かれているくらいに、利用者だけになく会社側にも広く知られるようになってきました。

退職代行サービスがどこまでできるのかといった情報を会社側が得て、対策を整えていれば、現在代行成功率100%と謳うところも、どこまで実行できるか不安に思うところ…。

その点、弁護士に依頼すれば、会社側がどんなにゴネろうとも交渉が可能です。もしもあなたがセクハラ・パワハラ・モラハラなど、ハラスメント被害に遭っていたり、業態がブラックで心身に影響が出ていたりなどといった状況であれば、なおさら弁護士に頼ったほうがうまくいく場合があります。

費用面でどうしても弁護士に依頼すると、必然的に高くはなってしまいますが、もしも安全性と確実性を求めるのであれば、弁護士が最適と言えるでしょう。

また、その他にも転職エージェントでも退職トラブルに対応してくれるところがあります。転職のついでに退職のトラブルも解消してくれるというメリットもありますので、こちらもおすすめです。

退職代行サービスを使わなければいけないかをまず考えてみよう

上司に退職の意思を伝えるのは、タイミングもどう伝えるのかも、また伝えた後にどうなるかについても難しく、誰でもストレスを感じてしまうものです。できることなら自分でやりたくないと考える気持ちも分かります。

ただ、伝えられる方としては、あなたではない他人から申告されるというのは非常に心象がよくありません。そのため、呼ばなくていいトラブルを自分から呼び込んでしまう可能性もあることは、認識しておかなければいけません。

その上で、これはもう自分では手に負えない。お金を払ってでも代行してもらいたいと思う状況であれば、正しく確実に代行を行ってくれる退職代行サービスを利用するようにしてください。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,484views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,113views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,402views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,600views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ