【てんかん発作】てんかん持ちの方が”失敗しない”仕事の探し方

この記事は、てんかん発作をお持ちの方の

  • 就職したいが、失敗したくない。
  • 転職したいが、失敗したくない。
  • 就職(転職)先で、問題なく仕事ができるのか不安。
  • 職場に”てんかん持ちであること”を話すべきか。

という悩みが解決できる内容の記事です。

”てんかん持ち”ということで、
仕事や転職に対する不安がある方は多いでしょう。

ただ、てんかん持ちの方の多くは、実際に働いているという事実があります。

そこで、この記事では、てんかん持ちの方でも

・無理なく仕事を継続する方法
・仕事選び(転職含む)に失敗しない方法

をご紹介します。

てんかんの具体的症状を説明できるようにしよう!

あなたは、「自分のてんかんの症状を具体的に説明すること」ができますか?

これはとても重要なことです。
仕事(転職先)探しでも、仕事を行う上でも必須といえるでしょう。(理由は次以降の章で説明します)

そのため、ここではてんかんの具体的症状を説明します。
すでに自分の症状を説明できるかたは飛ばしてください。

てんかん発作は、症状によって大きく2つに分けられます。

①部分発作(焦点発作)
②全般発作

①部分発作(焦点発作)

ⅰ.単純部分発作

手や顔の一部が
痙攣する、勝手に動く、ひきつる、つっぱる、ねじれる。

目がチカチカする。

耳が聴こえなくなる、音が響く。
といった症状があります。意識ははっきりしています。

ⅱ.複雑部分発作

無意識に
服をいじる、口をもぐもぐする、手をたたく、顔がボーっとする、身体の動きが止まる。

といった症状があります。このさい、本人は意識・記憶障害を起こします。
つまり、このときの記憶はない状態です。

ⅲ.二次性全般化発作

単純部分発作、複雑部分発作から全身の痙攣につながることです。
このさい、本人に意識はありません。

②全般発作

「ⅳ.ミオクロニー発作」以外は、本人の意識はありません。

ⅰ.強直間大発作

突然、意識を失います。
叫び声・うめき声をあげる、手足を伸ばし固くなる、手足をガクガクさせる、呼吸が止まる。
といった症状があります。発作は数分で治まり、徐々に意識が回復していきます。
発作後に眠ることもあります。

ⅱ.脱力発作

突然、身体が脱力して崩れるように倒れます。
発作は数秒で治まります。

ⅲ.欠伸発作

突然、数十秒間意識を失います。
周りからすると、
突然動きが止まる、反応がなくなる
といったように見える症状です。

ⅳ.ミオクロニー発作

突然、全身や身体の一部が「ビクッ」と痙攣する症状です。
単発で起こったり、継続して起こったりします。

障害者雇用のほうがいい?一般雇用でも大丈夫?

仕事探しをする上で問題になるのが「障害者雇用か一般雇用か」です。
これに関しては、

「頻繁にてんかん発作が起きる方」は障害者雇用で働くことをおすすめします。

しかし、一概に「てんかん持ち=障害者雇用」ということはありません。

たしかに、「てんかん持ち」ということをオープンにして、障害者雇用で仕事探しをすれば、
就職したあとに、さまざまな配慮を受けやすいでしょう。

ただ、てんかん発作が比較的落ち着いているならば、「てんかん持ち」ということを事前に話しておくことで、一般雇用は十分可能です。
そして、障害者雇用で働くためには「障害者手帳」が必要です。
「障害者手帳」は、発作が比較的落ち着いている場合、取得できない場合も多いです。
つまり、取得できない場合は、必然的に一般雇用で仕事探しをする必要があります。

てんかん持ちの方が、仕事を探すさいに意識すること

次に、「”失敗しないため”に、仕事探しで意識すること」を4つご紹介します。

①”向かない仕事”をしない。

・運転業務
・高所での作業(とび職、建設作業員、解体作業員など)

つまり、「仕事中にてんかん発作が起きたら、命に関わる仕事」です。
このような仕事は絶対に避けてください。

②向いている仕事をする。

自分のペースで動きやすい仕事をおすすめします。

具体的には、

・フリーランスエンジニア
・Webライター
・デザイナー

などです。

自分のペースで動けるならば、「てんかん発作」による影響も少ないでしょう。

③一般雇用でも「てんかん持ち」ということを伝える。

てんかんの症状が落ち着いていて、一般雇用で仕事探しをする場合でも、
「てんかんを持っている」ということを伝えるようにしましょう。

たしかに、「てんかん持ち」ということで、採用されにくくなる可能性はおおいにあり得ます。

しかし、「今後、てんかん発作は起こらない」とは言い切れませんよね。
定期的な通院はどうします?
体調が不安定で発作が続いて休むさい、職場の理解を得られますか?
職場に「てんかん発作をもっている」ことが知られたさい、「隠していた。」と思われませんか?

このようなリスクをなくすためにも、「てんかんを持っている」ということを事前に伝えておきましょう。

④自分のスキルが活かせる仕事をする。

一般雇用でも障害者雇用でも、自分のスキルが活かせる仕事を探しましょう。

前述の通り、特に一般雇用で仕事を探す場合は「てんかんを持っている」という理由で採用されにくいことが多いです。
しかし、
「こんなスキルをもっているので、〇〇ができます!」
と言うことができれば、採用されやすいでしょう。

てんかん持ちの方におすすめする、仕事中の工夫

仕事をするときに「工夫」することで、より自分が働きやすくなります。
その「工夫」を3つご紹介します。

①同僚や先輩に、”自分から”てんかんの症状を説明する。

職場の同僚・上司に”自分から”「てんかんを持っていること、症状」を説明しましょう。
事前に会社側からその情報が知らされていたとしても、自分から「話す」と「話さない」では、印象も理解度も大きく変わります。

コミュニケーションをはかるきっかけにもなりますし、説明される側からすると、
「自分から言ってくれた。」
ということで、変に気を遣われすぎるといったこともなくなります。

②働き始めや転職の場合、最初は「時短勤務」や「勤務日数」を減らす。

てんかん発作は、環境の変化により発生する可能性が高くなります。
そのため、働き始めや転職の場合、慣れるまでは

・3~4時間の「時短勤務」
・週3日勤務

のように働く時間を少なくすると、てんかん発作が起きにくく、無理なく働き続けることができます。
そのために、事前に面接などで自分の症状を説明し、理解を得ておく必要があります。

③定期的に受診を継続する。

てんかん発作を持っている方は、定期的な受診をし、薬でてんかん発作を抑制します。
一部の方ではありますが、実際に働くと、忙しさや疲れなどの理由から、
「発作も落ち着いているし。」
という理由で定期的な受診に行かなくなる方がいます。

「定期受診に行かない」なんてことは絶対にしないでください。

いま、てんかん発作が落ち着いていたとしても、いつでも「再発」する可能性があります。
それに“働く”となると、薬の処方してもらうためだけでなく、より主治医との連携が不可欠になります。
定期受診のたびに、近況報告やこまめな相談は欠かさないようにしてください。

てんかん持ちの方が「失敗しない」仕事の探し方

次は、実際に「仕事探し」をしましょう。
そこで、てんかん持ちの方が「失敗しない」仕事の探し方を7個ご紹介します。

①職業安定所(ハローワーク)
②就労移行支援事業所
③就労定着支援
④障害者職業センター
⑤障害者就業・生活支援センター
⑥就労継続支援
⑦障害をお持ちの方専門の求人サイト(エージェント)

てんかんの症状が落ち着いている方、障害者手帳を取得できない方は
①~⑥、
てんかんの症状が頻繁にある、もしくは障害者手帳をお持ちで「障害者雇用」を検討している方は
①②、④~⑦の方法が当てはまります。

①職業案内所(通称ハローワーク)

「仕事探し」といえば、まずハローワークを連想する方は多いでしょう。
一般雇用枠はもちろん、障害者雇用枠の求人も多く扱っています。
てんかんの症状が落ち着いているならば、ここで相談して「てんかん持ちでも、一般雇用枠で就業可能な職場」を紹介してもらえるでしょう。

そして、ハローワークでは「障害者トライアル雇用事業」という支援を行っています。
てんかん持ちの方はぜひ利用したほうがよい支援です。

「障害者トライアル雇用事業」とは、障害をお持ちの方を一定期間(原則3ヵ月)試行雇用し、継続雇用の移行を目的としたサービスです。
これで、実際に働いてみて「自分に合う職場なのか。」を見極めることが可能になりますね。

さらに、”障害者短時間トライアルコース”というものがあります。
これは「雇い入れ時の週の労働時間は週10時間~20時間まで」。トライアル期間中に「労働時間週20時間以上を目指す。」という内容です。
このコースは、特にてんかん持ちの方におすすめできるサービスです。
前述した、「てんかん発作は、環境の変化により発生する可能性が高くなる。」という特徴をカバーできます。
つまり、徐々に「身体を環境の変化に慣れさせていく」ことが可能になります。

②就労移行支援事業所

ここでは、「就職準備(必要な知識やスキル向上に向けた取組み)」のサポートを、個別で行っています。
「就職準備」が完了したら、ハローワークなどと連携し、就職先を探します。

対象者は「一般企業への就職を目指している65歳未満の障害をお持ちの方」です。
事業所数が全国に3300ヶ所(平成27年度時点)設置と多いため、通いやすいというメリットがあります。
ただ、利用料※1が発生するで注意してください。

③就労定着支援

就労移行支援事業所など(就労継続支援、生活介護、自主訓練)のサービスを経て、「一般就労」をした人向けに行っているサービスです。
つまり、就労定着支援は単体で利用することはできません。かならず上記を満たしている必要があります。

支援内容としては、一般就労後に発生した「悩み・問題」を解決するためのサポートを行っています。
以下、具体的な流れです。

利用者と担当者が面談を行い、課題を明確にする。

その課題をもとに、
アドバイス、医療機関・福祉機関との連携、職場訪問
によって課題解決へ導く。

事業は「就労移行支援事業所、就労継続支援事業所、生活介護事業所、自主訓練事業所」内で行っているところもあります。
サービスを受けようと考えている方は、事前に事業所や自治体に問い合わせてください。
ただ、ここも利用料※1が発生するため注意してください。

障害者の利用者負担※1

てんかん 仕事

引用:厚生労働省「障害者の利用者負担」
URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html

※1 利用料は世帯収入によって変わります。
※2 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象。
※3 収入が、おおむね600万以下の世帯が対象。
※4 入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」。

④障害者職業センター

障害をお持ちの方に対して、下記の支援を行っています。

・職業評価
・職業準備支援
・障害職業カウンセラーや相談支援専門員、ジョブコーチなどの配置
⇒職業リハビリテーションの実施・助言・援助(職業知識の取得や、労働する習慣づけ、職場でのコミュニケーションの練習など)。

・リワーク支援

利用料は無料です。
ただ、事業所が全国52ヵ所と少ないため、単体での利用は不便に感じられるでしょう。

⑤障害者就業・生活支援センター

障害をお持ちの方に対して、就業面・生活面の一体的な相談と支援を行っています。
具体的には、「就労支援員」と「生活支援員」が設置されており、下記の支援を行っています。

<就業面>
・就業に関する相談支援
⇒就職準備(訓練、実習)
・就職活動の支援
・職場定着に向けた支援
・関係機関との連絡、調整
<生活面>
・日常生活、地域生活に関する助言
⇒生活習慣、健康管理、金銭管理、住居などに関する助言
・関係機関との連絡、調整

利用料は無料です。
全国に334センター設置(平成30年4月時点)されているので、通いやすいというメリットもあります。

⑥就労継続支援

障害をお持ちで一般企業に雇用されることが難しい方に対して、就労の機会を提供する支援です。
仕事を通じ、知識と本人の能力向上を図ります。

就労継続支援は、下記のように分かれます。

・就労継続支援A型
・就労継続支援B型

A型とB型の大きな違いは、「雇用関係の有無」です。
賃金も違います(雇用契約がある=最低賃金が保証されているため)。

そして、就労継続支援を利用する大きな目的は「一般雇用への移行」です。
つまり、就業に不安な方は
「就労継続支援で知識と能力向上を図り、問題がなけければ一般雇用先を探して就職する」
という流れを目指すことが大きな目的です。

詳しくは、別記事をご覧ください。

【障害者雇用】就労継続支援A型を知り、就職の幅を広げよう!
【障害者雇用】一般就労への第1歩!就労継続支援B型で活躍しよう!

⑦障害をお持ちの方専門の求人サイト(エージェント)

①~⑥は基本、職先探しに関して「①のハローワーク」メインで探します。
ただ、この「障害をお持ちの方専門の求人サイト(エージェント)」では、ハローワークで紹介されていないような企業・業種からの求人が多数あります。
つまり、職業選択の幅が大きく広がります。
そして、「エージェント」であるため、担当者もついてくれます。
そのため、自分に1番あった、良い職場を見つけることができるでしょう。

ただ、検索エンジンで「障害をお持ちの方専門の求人サイト(エージェント)」を検索すると、数多くのサイトがでてくると思います。
「どのサイトがよいのか。」と、必ず迷うことでしょう。

そこで、障害者支援施設に勤務している筆者の目線から、
「ここならまず間違いない」というサイトをご紹介します。

それは、「dodaチャレンジ」です。
ここは、「転職ならデューダ!」というCMでお馴染みの
『パーソルグループ』が運営しています。

筆者がおすすめする理由は、他のサイトと比べて下記の点が優れているためです。

  • 実績、信頼性(2002年から『パーソルグループ』が運営)
  • 求人数、非公開求人の多さ
  • 利用料無料

やはり、「利用料が一切かからないこと」と「パーソルグループが運営している」という安心性が大きいですね。

【まとめ】自分に合った仕事探しと仕事のやり方で”失敗”は避けれます!

今回の内容をカンタンにまとめます。

Point

・自分の「てんかんの症状」を説明できるようにしておこう。

・頻繁にてんかん発作が起きる方は、「障害者雇用枠」で職探ししよう。

・てんかん発作が落ち着いている方は「一般雇用枠」でも問題なし。

・「発作が起きることで命に関わる仕事(高所作業、運転業務など)」は絶対に避けよう。

・「自分のペースで動きやすい仕事」、「スキルが活かせる仕事」がおすすめ。

・職場には、必ず自分から「てんかん持ち」ということを伝えよう。

・「働き始めの期間」は時短勤務や、勤務日数を減らそう。

・定期受診は絶対にいこう。

・さまざまな支援を活用し、「失敗しない職場探し」をしよう。

・職業選択の幅を広げたいなら、「dodaチャレンジ」を活用しよう。

今回説明した中で特に重要な点は、
「てんかん発作を持っていることを、自分から話すこと」です。

繰り返しになりますが、
必ず、自分から「てんかん持ち」であることを話すようにしましょう。
それが、あなたが仕事に関して”失敗しない鍵”になります。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷