> > 転職活動にストレスは必須!?対処する方法を解説!

転職活動にストレスは必須!?対処する方法を解説!

27119 views

転職活動にはストレスがかかります。

そのストレスに悩み、早くストレスから解放されたいとお考えの方も多いことでしょう。

では、そのストレスからどのようにしたら解放されるのでしょうか。

本編では転職活動におけるストレスの原因とその対処法に関して言及していきたいと思います。

いつ感じる?転職活動におけるストレスを感じるタイミング

まずは転職活動において、どんなタイミングでどんなストレスを感じるのかをそれぞれ列挙し、説明を加えていきます。

転職活動スタート時

これは20代に見られる傾向ですが転職をするにあたり、どんな業種や職種に転職していいのか、分からなくて袋小路に入ってしまいます。

また、履歴書、職務経歴書の作成の際に何を書けばいいのか分からない場合も同様にストレスを感じやすくなります。

応募から転職面接まで

このプロセスにおいて、ストレスとなるのは、書類選考の通過状況と面接のスケジュールがうまく組めないことへのストレスがあります。

転職面接、面接合格後

面接においては、面接に通らないストレスがもっとも大きく、転職希望者がもっともぶちあたる壁であると言えます。

また、退職交渉にかかるストレスも非常に大きく、なかなか転職を切り出せない、なかなか辞めさせてくれないという点でストレスを感じられる方が多くいらっしゃいます。

転職成功後

転職できたからストレスはなくなるわけでもありません。転職成功後も早々に結果を出さなければならない、新しい環境に慣れないといけないというストレスも出てきます。

では、以降でどのようにストレスと向き合えば良いのかを説明をしていきます。

転職活動スタート時のストレス

転職活動スタート時にどんなターゲットで、どのような職務経歴書を作成すれば良いのか分からないというストレスを抱えていらっしゃる方は転職エージェントに行きカウンセリングを受けましょう。

この時に大事なのは、一旦悩み、自分なりの答えを持ってカウンセリングに臨むことです。

では、どんな答えを持っておけば良いのかというと、以下の問いの答えを準備しておいてください。

・やりたくないこと
・漠然としたやりたいこととその理由
・得意なこと
・見よう見まねで作った履歴書・職務経歴書の作成

転職エージェントのキャリアアドバイザーに自身の相談をする際、限られた時間の中で的確なアドバイスをもらう必要がありますが、それにはいくつかの材料が必要になります。

以上のような材料にを持っておくと、キャリアアドバイザーは良い提案をしやすくなります。

また、履歴書・職務経歴書に関しても何もないところから作るより、既存のものをアドバイスをもらいアップデートしていくのがより良い形で仕上がっていきます。

しっかり悩みキャリアカウンセリングを受ける準備をするというのが重要になってくるのです。

応募から転職面接までにかかるストレス

書類選考の通過状況が悪いこと、面接のスケジュールがうまく組めないことへのストレスがあります。

このストレスに対してどう対処していくのかというとそれぞれ以下の通りです。

書類選考通過率が悪い

とにかく書類選考通過率が悪い理由を見つけ出しましょう。

転職エージェントを利用しているとそのあたりの詳細まで教えてくれますので、そういった観点でも転職エージェントを利用するというのは重要なことです。

そして、変えられるものは変える、変えられないことには目をつぶり、変えられることをどう変えていくかだけを考えていくのが重要です。

よくある話として人事職になりたくて未経験OKの人事職求人に応募してもなかなか書類選考を通過しないという状況があります。

しかし、なかなか書類選考を通過しない、書類選考見おくり理由が「他の候補者の経験と比較して」、「経験が求めるレベルに達しない」というものならそもそも今チャレンジすることこそが時期尚早ということになります。

何故こうなるのかというと、未経験人事は人気案件です。そのため人気が集中することから求人票に書かれた応募要件より、書類選考基準が上がることも珍しくないのです。

それなら、応募が少なくなる年収低めの案件にチャレンジするか、採用数の多い人材系の営業にターゲットを帰る、もしくは今は応募せず、社会保険労務士資格を取得する等の方向転換が求められます。

書類選考のことでイライラしたりストレスをためこむよりも今できる選択を確実にしていくことが大事です。

面接スケジュールがなかなか組めない

基本的には有給の有効活用が重要になります。1日に面接を可能な限り詰め込み、そのスケジュールに合い、かつ内定をくれた会社に行くくらいの思いきりが必要です。

ただ、どうしても受けたい会社があるという場合はその会社のみ選考をすすめ、結果が出てから次をどうするのか、早々に転職活動を進めるのか二者択一で考えるか予め決めておくというのも大事です。

想定していないことがあるからストレスになるのです。ですから、あらゆることを想定しておき、決めた通りに行動するというのが望ましいということが言えます。

転職面接、面接合格後に関するストレス

転職活動中で最もストレスを感じるのが面接を受けている中で、面接に受からないということではないでしょうか。

この場合も書類選考に受からない時と同様で、面接に落ち続けた場合も何故落ちたかを明確にしたうえで、自分が対応できる問題とどうにもならない問題に切り分けましょう。

そして、自分がどうにかできる問題へどう対処するかを考えて行動することです。

例えば、面接に落ち続けた原因が元気がない、だらだら話をしすぎて何が言いたいかわからないという点で先行見送りとなった場合であれば、少なくともはっきり面接官の目を見て端的なコミュニケーションができるよいにトレーニングをすることで解決に向かいます。

一方で、評価は悪くないものの、他の候補の方の経験がより良いと感じたという内容で見送りとなったならば、自身の経験や他者の能力を変えることはできないため、これはしょうがないと諦めれば良いです。

課題を見つけて改善を繰り返していく、1社良い会社から内定をもらえたらそれで良いという気持ちで諦めないことが重要になります。

しかし、内定が出たら転職活動は終わりという訳ではありません。もう1つ転職活動でストレスががかるのは退職交渉です。

では、なぜ退職交渉においてストレスがかかるのかというと、退職をさせてくれない、退職日を引き伸ばされて内定通知書に記載された入社日に間に合わないという状況に陥るからです。

これに対して、どう対処すればいいのかというと、以下の通りです。

・毅然たる退職意思を示す
・退職日を引き伸ばされる理由を打ち消す

まず、大前提として、退職するしないを決められるのは自分自身です。

会社側は感情論に持ち込むか、年収を上げたりと条件を良くするか、恐怖にものを言わせるかでしか退職を防げません。

そのため、退職届を提出し、退職は確定だという意思をはっきり伝えることが大事です。

また、退職に対して会社側は代替要員を探すため、引き継ぎ等の理由で退職日を引き伸ばす傾向にあります。

それに対して、会社側から提示されたスケジュールは不要だと証明するか、引き継ぎの準備を退職交渉前からしておくと良いです。

退職交渉は文字通り「交渉」です。そして、法律上有利なのは退職をする労働者のほうです。

会社側が打ってくる手を事前に読んでおき、それに対してどう対処するかを考える、適正な手を打つというのがストレスを無くすにあたって必要なことなのです。

転職成功後のストレスは1ヶ月後がピーク

転職に成功したからストレスがなくなるのかと言えば必ずしもそうとは言えません。

なぜなら、新しい環境に慣れるのは非常に大変です。加えて、早く成果を上げようと自分にプレッシャーをかけてしまう方もいらっしゃいます。

結果、ストレスを感じ、なかには、うつ状態や不安状態、 攻撃的な行動などの症状が現われる適応障害になってしまうケースもあります。

これに対して、大事なことはまずは環境が変わることを認識し、まずは新しい会社に慣れることから始めることが大事です。

なぜなら、新しい会社に入社すると、やらなければならないことが多くなります。

加えて、良いも悪いもやる気がみなぎっているような状況になるため、何でも100%もしくはそれ以上の力でやってしまおうとしてしまう傾向になり、結果それでストレスを感じてしまうのです。

それであれば、とにかく長く新しい会社に定着を図るべく会社に慣れる、新しい環境になれることだけに注力をすることです。

言葉は悪いですが、そこそこの活躍をするくらいのイメージで良いのです。

継続は力なりという言葉があります。キャリアにおいても短期的なダッシュより長期的な継続こそが重要となります。

以上のことから、新しい会社に転職をしたら無理をしない、マイペースで進めることが大事なのです。

転職のストレスは原因を解消することが大事!

転職のストレスの大半はストレスの要因を潰していくことと、いい意味での諦めるということが肝心です。

一つ一つ要因を見つけ、確実に解消していく、無理なことは諦めるという意思決定をすることでかなりストレスを軽減させることが可能になります。

ストレス解消というと、スポーツをしたりお酒を飲んで騒いだりするという解消を考える方が多い傾向にあります。

もちろん目の前のストレス解消をはかることは悪いことではないですし、むしろすっきりした気持ちで転職活動に臨めるため必要なことではあります。

ただ、過剰なストレスにおいては、根本的な解決をしなければまた同じストレスで苦しんでしまうことになります。

そうならないようにするため、転職のストレスはしっかり自己解決する、解決方法が分からないようであれば、転職エージェントなど、人の力を借りて解決するということをしていきましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,124views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,284views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ