【マンガ】「転職したいとき」が転職のタイミング

転職 タイミング
転職 時期

【作:ちくまサラさん】

人生を左右するといっても過言ではない転職。
転職成功への鍵は転職するタイミングの見極めです。「転職したいけれどいつ転職すればいいの?」となかなか踏み切れない方、転職のベストタイミングを狙っている方も多いのではないでしょうか。

タイミングによって転職しやすい時期や高案件の求人情報に出会い、自分に合った職場を見つけることができますが、反対にタイミングを誤ると求人が見つからず良い条件での転職ができない可能性もあります。
今回は、転職を考えている方にいつ転職すればいいか?成功につながる転職のタイミングについて詳しくご説明させていただきます。

転職のタイミングが分からず立ち止まっている人が多い!

「こんな会社辞めてやる!」と毎日のように呟いていても、なかなか辞め時が分からないという方がいます。転職は自分1人の問題だけではなく、同じ職場で働く人達や自分の家族、新しい職場に影響する問題なので慎重にならなければいけません。
給料アップやより良い職場環境も重要ですし、キャリアアップを目指すなら自分のキャリアプランが実現できる職場を探すことが大切です。

転職と一言で言っても考えることややらなければいけないことが多く、転職のタイミングを計っている内に逃してしまったという方も少なくありません。転職したい時が転職のタイミング、と言いますができるだけ周りにも配慮し迷惑をかけないタイミングを見極めたいものですね。

ちょっと待った!転職を待った方がいい人は?

転職したい気持ちが強くなって勢いで転職するのは失敗のもとです。まずは自分の状況を把握し、「本当に今転職すべきか?」を考えてみましょう。
転職をちょっと待った方がいい人はこんなタイプです。

「もう辞める」が口癖の口だけタイプ

不満や愚痴をこぼすだけで改善策を講じない人、周りに1人はいるかと思います。
辞める辞める詐欺と影で言われている可能性も高く結局辞めないか、逃げる転職をしてしまいがち。
今の環境から逃げることだけを考えて転職すると、転職先からの印象も良くありません。

とりあえず退職タイプ

目的がなくとりあえず今の会社から退職して考える人は転職軸が明確でないため、いい仕事に就くことができません。転職できたとしても「こんなはずじゃなかったのに」とミスマッチを起こし早期退職するリスクが高くなるでしょう。
転職したい理由やキャリアプランを明確にして転職活動を進めるべきです。

スキルなしタイプ

転職先を同業種にするなら、即戦力をアピールできるスキルを身につけて転職活動を進めてください。キャリアチェンジしない場合はこれまでのスキルのアピールが必要になり即戦力が求められます。
スキルがまだ身についていない人は、キャリアを積みアピールできるスキルを身につけることでより選択肢を広げた転職活動ができるでしょう。

3つのタイプのいずれかに当てはまる方は、勢いで転職活動を進めてもうまくいく可能性が低く転職のベストタイミングとはいえません。
転職軸を定め、転職活動の準備を整えてから進めていきましょう。

こんな人はおすすめ!転職のベストタイミング!

  • 今の会社がブラック企業で負担が大きい
  • 会社に行くことがストレス
  • キャリアビジョンが明確
  • やりたい仕事がある
  • アピールできる即戦力を身につけている

上記にあてはまる人は今すぐ転職活動をスタートさせるタイミングといってもよいでしょう。

特にブラック企業で心身ともに疲れている方やストレス過多な人は、劣悪な環境に身を置き続けることで正しい判断ができなくなっていたり、転職活動の気力がなくなってしまったりとリスクが高いため限界を迎えるまでに早めに検討してください。

また明確なキャリアビジョンが明確や、やりたい仕事がある方はしっかりした転職軸ができています。あとは自分に合う企業選びをするだけなのでスムーズな転職活動を進めることができるでしょう。

転職先にアピールできるスキルを身につけている方も即戦力をアピールできるため、転職市場でも採用に有利。そのため転職活動を始めるベストタイミングといえます。

みんなはどんなタイミングで転職してる?転職おすすめなタイミング7選

転職のタイミングには様々ありますが、多くの方が転職のタイミングとして選んでいる時期についてご説明します。

予定の貯金が溜まったとき

転職活動では交通費や転職活動費としての費用がかかります。そのため生活に支障がなく安心して転職活動を進められる貯金が溜まったタイミングで転職活動をスタートさせる方が多いものです。
とくに在職中に転職活動を進めるのではなく、今の会社を退職してから転職活動をスタートさせる方は当面の生活費プラス転職活動費の貯蓄が必要となるでしょう。退職後も税金を支払わなければいけませんので、金銭的な余裕があれば生活の不安なく転職活動に集中することができますね。

年度明けの求人が多いとき

一般的に新規の求人募集が盛んな時期です。
企業の新規事業スタートや人事異動、退職者の後任募集が行われるため、採用ニーズが高く転職に有利なタイミング。
その反面、転職希望者のライバルも多いため競争は厳しく、アピールできるスキルやキャリアが無い方は有利ではないケースもあるでしょう。

この時期に転職したい方は、人事の入れ替わりが激しく引継ぎも大変なので、企業の都合も配慮して早めに伝えておきましょう。

夏・冬のボーナス、賞与を受け取ってから

転職先で同じ額のボーナスをもらえるわけではないので、これまで企業に貢献してきた証であるボーナス・賞与は貰わないと損!
ボーナス・賞与の受け取り前に退職の意向を伝えた場合、査定が下がる企業もあるため受け取りの在籍日規定やボーナスの日をしっかり確認し、上司へ退職について相談しましょう。

仕事の繁盛期が過ぎてから

転職すると会社に負担をかけるのは仕方がないことですが、「立つ鳥跡を濁さず」で、会社に迷惑をかけないように退職するほうがスマート。繁盛期は避け、仕事が落ち着いた頃が転職のタイミングです。
「毎日過重ノルマで仕事が落ち着くことはない」という方は少しずつ自分の持ち分となる仕事量を減らしたり、身近な人に引継ぎをしたりと仕事の負担を少なくしましょう。

資格取得したとき

将来的な転職を考えて在職中にスキルアップ、資格取得する方も多くいます。無事、資格取得できたら転職を考える時期ではないでしょうか。
資格があることでスキルや向上心のアピールができ転職活動でも非常に有利となります。
退職後に資格取得をする方もいらっしゃいますが、空白期間は不利になりがちで系税面での不安もあります。
仕事をしながらの資格取得は大変ですが、キャリアビジョンの実現の第一歩です。
資格が必要な企業へ転職するなら、在職中の資格取得を目指しましょう。

会社での評価が上がったとき

評価されたのに転職?と思われがちですが、評価が高い今こそ転職のベストタイミング!
中途採用では即戦力が求められているため、スキルやキャリアのある人材は引く手あまた。

年収アップやキャリアアップ転職を目指すなら、キャリアを積み実績が認められたタイミングが転職にぴったりの時期です。
キャリアと高い評価を武器に転職活動を進めていきましょう。

適正な評価がされなかったとき

転職したい方に多い理由として適正な評価がされない、仕事量と給料が見合っていない、ということが挙げられます。努力や実績が評価に反映されなかったらモチベーションも下がり、今の会社で仕事を続ける理由も見失ってしまいます。
正当な評価がされる会社へ転職したいと思うのは当然ですね。
給料や待遇に不満があるなら、新しい環境で自分自身の力を試してリスタートさせましょう。

転職のタイミングに向けて!やるべき事前準備

転職のタイミングはその人の状況やモチベーションによって様々なことを説明しましたが、大切なことは事前準備を怠らないということ。勢いで転職活動をスタートしてしまうと準備不足で失敗する可能性も高くなってしまいます。

自己分析

転職活動のタイミングを考えたとき、まずやるべき準備は自己分析です。自分自身の強みやスキル、キャリアの棚卸しと目指すキャリアビジョンのすり合わせをして転職軸を作っていきましょう。

情報収集

転職軸が明確になったらマッチングする企業を探していきます。「どんな企業がどんな条件で募集しているのか?」と軽い程度でも構いません。
転職サイトや求人情報をチェックして、給料の相場や転職市場での自分の市場価値を見極めましょう。

退職理由

なぜ今の会社を辞めたいのか?を明確にすることで転職のタイミングが適切か把握することができ、転職先にも説得力のある退職理由を答えることができるでしょう。
情報収集をした結果も踏まえ、今の会社で頑張る方がいいのか、新しい環境にチャレンジした方がいいのかも知ることができますね。
もし、様々な企業と比べて今の会社の方がいいと思ったなら転職のタイミングではなかったということになるでしょう。

転職したいと思ったら十分な転職準備を!

いかがでしょうか。
転職のタイミングについてご説明させていただきました。

「仕事を辞めたい」と思い始めたらモチベーションが下がり、転職しか考えられないという方もいらっしゃいます。気持ちが入らないまま仕事をし続けていてもいい結果が残せず実績にもつながりません。
そのため転職したいと思ったときが転職のタイミングとなりますが、急な退職は他の社員や企業に迷惑をかけることになります。「辞めたいと思った!だから辞めます」ではなく、転職したいときに入念な事前準備をして退職を迎えるのが転職のベストタイミングといえるでしょう。

「賢い人は多くを語らない」と言いますが、転職活動をスムーズに進められる人は多くを語らず、引継ぎもしっかり済ませ転職先も決めるなど人知れず転職準備を進めているものです。
スマートな退職の準備は、これからの転職活動をスムーズに進める準備につながりますので、円満退職、円満転職をして新しい職場で気持ちよく働けるような一歩を進んで生きましょう。

ちくまサラさん

関連記事:転職に関するマンガ

【転職マンガ】ブラック企業あるあるまとめ
「あれ、もしかして自分の職場ってブラック企業じゃね?」。これを見れば、自分の仕事先をブラック判定可能!逆に当事者は思わず納得。会社という社会に潜む地獄絵図な体験の数々をまとめてみた。
【転職マンガ】新入社員あるある
新入社員あるあると、昨今はドラマなどでもとりあげられ話題の、モンスター新人ついても紹介していきます。
【転職マンガ】仕事ができる人は体調管理もばっちり
体調管理は、社会人のマナーとして当然! 多少具合が悪くても無理して出社…それって、正しいの??
【転職マンガ】SEあるある!謎だらけなSEの生態とは?
知的でかっこいいイメージのあるSEの苦労とは?思わず頷いてしまうSEあるあるを紹介します。
【転職漫画作品一覧】どのくらい当てはまる?転職・仕事あるある
ここでは転職・仕事に関する悩みをクスっと笑える「転職・仕事あるある漫画」でご紹介。
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷