> > 転職=人生のチャンス!迷う時間を無駄にせず転職成功するなら?

転職=人生のチャンス!迷う時間を無駄にせず転職成功するなら?

220 views

転職したい気持ちは強いものの一歩前に踏み出せない…
と、転職に迷っている方も多いのではないでしょうか。

今の職場に不満を感じている方、よりやりがいのある仕事をしたいと思っている方、転職したい理由は様々です。

転職したい気持ちが先走って勢いだけで転職してしまうのはちょっと待って!

転職すれば全てがうまくいく…という答えはNOです。
「こんなはずじゃなかった」と後悔が残り転職失敗する可能性もあります。

今回は転職した方がいいのか、思い留まった方がいいのかの見極め方、転職に迷う方が転職成功に近づくポイントについて解説させていただきます。

転職は怖い・不安なもの

転職を考える年代によっても異なりますが、転職=不安というのは当たり前のことです。

会社の倒産や劣悪なブラック企業という理由なら迷うことなく転職を決意できるかもしれませんが、「職場環境や給与もそこまで悪くない」という理由なら話は別。

転職することで今よりもっと悪い環境になったらどうしよう…となかなか踏み切れない方が多いでしょう。

今の職場に自分の居場所ができある程度の仕事を任せられるポジションの場合、それを全て手放しゼロからのスタートになってしまいます。

努力で手に入れた人脈や仕事のスキルも失ってしまうということです。

今のポジションを捨て新しい一歩を踏み出すのか、少しの不満を抱きながら今の職場で頑張るのか…

考えれば考えるほど迷いが大きくなるのは当然のことです。

転職への決意を確かなものにするためには、まず「迷い」の原因や理由について見極めていきましょう。

転職を迷う原因や理由

転職を迷う原因や理由には以下のようなことが考えられます。

  • こんな理由で転職していいの?
  • キャリアアップに影響があるかも
  • 今の仕事を辞めて新しい職場で通用するの?
  • 次の仕事が見つかるの?
  • 転職しても状況が改善されないのでは…
  • 転職して収入が減ったらどうしよう
  • 家族に迷惑がかかるのでは…

転職へ踏み出せない理由には転職後の仕事への自信のなさ、収入面での不安、失敗することへの恐れやためらいが挙げられます。

特に家族がいる場合では、責任が大きく家族の生活への影響を考え転職を躊躇してしまうのでしょう。

自分の人生の岐路であるとともに家族の人生も左右してしまう転職。

ですが、転職のリスクばかりを考えていてはいつまでたっても新しい人生を切り開くことはできません。

転職に迷うときは転職しない方がいいって本当?

ショッピングで“気になる2着で迷う”、こんな経験ありませんか?

「どちらも買う人」「どちらも買わない人」「時間をかけてじっくり決断する人」と人によって様々です。

迷ったら買わない等と自分ルールを作っている方も多いかと思います。

家に帰って「あのとき買っていたら良かった」と後悔したり、次にお店に行った時には売り切れでどちらも買えなかったと残念な結果に終わった方もいらっしゃるでしょう。

迷うくらいなら転職しない方がいいかも…と考える方もいらっしゃいます。

ですが、タイミングを逃すとせっかくのチャンスを逃してしまったと、後悔してしまうことも少なくありません。

実は迷っているときは、自分の中で「転職したい」とすでに答えは出ているものです。

転職をせずに不満を持ちながらダラダラと今の職場で働いていても、いずれ転職しなかったことを悔やむ日がくるでしょう。

転職を迷う方は“納得できる答え”と“背中を押してもらいたい”というのが本音なのではないでしょうか。

転職するかしないか…迷う人がすべきこと

転職に迷うとき・転職への迷いを払拭したいときは、自分自身を見つめなおし納得できる答えを見つけてみましょう。

おすすめは就活で経験された方がある自己分析です。

自己分析は自分を客観的に評価することですが、自己分析によって転職軸を作れば、自分らしい働き方や人生の在り方、満足度の高い仕事を見つけることができるかもしれません。

Pointできること・したいこと・やるべきことに着目する!

では、実際に自己分析で評価する内容をみてみましょう。

自己分析で評価する内容

  • 転職したいきっかけ(理由・原因)
  • 目指すキャリア像(どんな自分になりたいか)
  • 得意こと/苦手なこと
  • 挑戦したいこと/避けたいこと
  • 長所/短所
  • キャリア(成功体験/失敗体験)
  • スキル
  • 性格/強み
  • 興味・関心をもっていること
  • 転職先に求めるもの(仕事へのやりがい)

仕事や転職と関係ないように思える興味や関心のあることも書き出すことで、新しい自分の強みの発見や、キャリアチェンジの参考にもなるでしょう。

キャリアやスキルについては具体的なエピソードがあれば自己PRの参考にもなりますのでぜひ書き出してみてください。

自己分析で「やっぱり転職したい」と決めた方は強い意志を持って転職活動を進め、転職しないと結論が出たならしない理由を明確にすることも大切ですよ。

転職に不安やリスクはつきものですが、転職しない道を選んだ後悔の方が強いとイメージするなら少しでも可能性がある転職を選ぶべきでしょう。

迷うときは転職活動を始めてみる

転職に迷っている場合、転職するかしないかを決断する前にとりあえず転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか?

転職活動を始めてみると、より具体的なキャリアプランが想像できるため転職の迷いを払拭できたり、今の職場の方がいいと決断できるかもしれません。

頭で考えて悩むよりも動き出してみて転職活動の実情を知れば、どちらに決断すべきか自ずと答えが見えてくるはずです。

もし、転職活動を進めてみて「やっぱり転職やめよう」と感じたら今の職場で働けばいいだけなので、「転職活動=退職」と重く考えなくても大丈夫です。

例えば、転職サイトやハローワークで求人情報をチェックしたり、転職エージェントに登録したりもひとつの方法。

転職エージェントでは、転職の不安や悩みについても気軽に相談できるので、転職を迷う気持ちをアドバイザーに聞いてもらうだけでも心が軽くなるでしょう。

優先順位をつけて転職成功に近づく

転職活動を成功させたい!という方は希望条件の何を重視するかを考えてみましょう。

希望条件例

  • 人間関係
  • 年収アップ
  • 仕事の評価
  • 企業理念/社風
  • 通勤時間
  • 残業時間/休日
  • 福利厚生
  • プライベートとの両立

希望条件に優先順位をつけ「絶対に譲れない条件」「できれば譲りたくない条件」「どちらでもいい条件」を明確にすることができます。この優先順位を明確にすることが、転職成功に近づくポイントになります。

優先順位をつけるメリットには2つあります。

希望の企業を絞りやすい

転職サイトや求人広告、ハローワークではたくさんの求人情報が掲載され、目移りしてしまうことも少なくありません。

転職エージェントでもいくつかの企業の提案をされますが、「これだけは譲れない」という優先順位が明確になっていればある程度検討する企業を絞りこむことができます。

複数の企業で迷ったときに選びやすい

転職活動を進め複数の企業から内定を貰った場合、「本当に転職してもよいのか」「どの企業にすればいいのか」と迷いが生じることも。

A会社は収入に魅力的だし、B会社は労働環境がいい…
「どっちに転職すればいいの?」

こんなとき転職の原点である優先順位に振り返れば、自分がどの企業が進むべきかのヒントになります。

転職活動では、転職するかどうかの迷いも生じますが転職すべき会社かどうかの迷いも生じるものです。

自分が求めていることはなにか、将来どんな自分になりたいかを軸に転職活動を進めることで迷いや後悔を防ぐことができるでしょう。

転職エージェントを利用して迷いが生じた場合は、気軽にアドバイザーに相談してみましょう。
アドバイザーは転職のプロとして、求人情報に掲載されない企業情報や内部の情報に精通し転職ノウハウを持っています。

キャリアカウンセリングを通じてプロのアドバイスを受ければ、キャリアプラン実現に向けての企業と出会えるでしょう。

年齢によっても迷う理由は色々?年代別転職ノウハウ

20代「思っていた会社じゃなかった」

20代の転職では、入社前に抱いていたイメージと違うことが転職の理由となりますが、「せっかく頑張ったのに辞めるのはもったいない」という気持ちから転職に一歩踏み出せません。

はじめての転職で不安という方も多いですが、若手20代の転職はチャンスが多く企業からのニーズも高いため転職には有利といわれています。

スキルやキャリアよりもモチベーションやポテンシャルが重視されるケースが多く、経験年数に自信がない方やキャリアチェンジしたい方も比較的スムーズに転職できる傾向です。

Point

20代は就活のやり方・自己分析・企業研究を見直す

今の会社がイメージと違っていた、やりたかった仕事ではなかった場合、自己分析や企業研究をした就活が失敗した可能性があります。

ミスマッチの要因を把握し、転職活動に活かしていきましょう。

30代「責任と新しい環境への不安」

30代の転職は20代と異なりさらなる勇気が必要となります。

若さやチャンスだけで転職できる年齢ではなく、家族の生活を支えなければいけない方も多いでしょう。

全ての地位を捨て新しい環境へチャレンジする不安や家族を養う責任から転職を諦め、不満を抱えながらも現職でやり過ごしている方も少なくありません。

しかし、転職の決断をせずに年齢を重ねてしまうと40代になったとき「あのとき転職していれば…」と後悔してしまうかもしれません。

「35歳限界説」がささやかれているように転職に迷っている方はできるだけ早く転職活動を始め、迷いを払拭する決断をするべきでしょう。

Point

30代は即戦力をアピールする

30代の方は実務経験も積み、そこそこのポジションを任せられている方も多いかと思いますので、転職活動ではこれまで培ったスキルやキャリアをアピールし即戦力として貢献できることを伝えましょう。

40代「年齢が転職へのハードル」

40代の方が転職を迷う理由はやはり年齢の問題が大きいでしょう。

「この年だから無理だろう」「今さら転職なんて」という固定概念が転職への迷いを生じさせています。

やりたかった仕事、年収アップ、キャリアアップを望むなら最後のチャンスとなるかもしれません。

転職を考えたなら早く転職活動をスタートすることが成功のカギです。

年齢を重ねるごとに難航する転職活動、40代の転職では即戦力・リーダーとして活躍できる人材が求められるため、キャリアやスキルが浅い場合は納得できる転職とならない可能性も。

転職を成功させるには自己分析をしっかり行う必要があります。

これまでのキャリアやスキルはもちろん、専門性の高さや人材育成能力、人脈、マネジメント能力についても評価の対象となるでしょう。

Point

40代は過去の経歴にこだわらない

40代でスキル、キャリアが豊富な方は過去の経験やプライドが邪魔をして転職がうまくいかないケースもあります。

転職すればゼロからスタートする気持ちになり、謙虚な姿勢で臨むことが大切です。

転職は人生の転機!チャンスをどう活かすか?

いかがでしたでしょうか?
転職は人生の分岐点であり、迷うのは当然です。

しかし、いつまでも迷うだけでは時間だけが過ぎ年々転職成功は難しくなるばかり。

気づいたときには後悔が残る人生になっているかもしれません。

転職したいという気持ちを持ち、迷う時間を過ごすなら早急に転職活動をはじめ、様々な可能性を検討してみる方が有意義に過ごせるのではないでしょうか。

転職活動をはじめて「やっぱり転職しない」と決断してもいいのです。とりあえずスタートして後からやり直しがききますから。

転職を考えたときこそ人生を変えるチャンスです。
限られたチャンスを逃さないように、ぜひ勇気ある決断をしましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,074views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,319views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,365views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ