地方の平均年収は都内より低い=生活が苦しい?年収と満足度は比例する?

都内や都市部に比べて地方の平均年収が低いというのは、一般的に知られた周知の事実です。地方に住んでいる人の中には、都内と地方の格差に悩み、地方民はもう終わってる…などといった意見を持っている人も居るよう?

しかし、本当に都内住みの人に比べて、地方民は終わってるんでしょうか?地域の年収の差は生活の苦楽に比例する?

実際に都内と地方の平均年収と生活の差、貯金額などお金の面と合わせて、全国の満足度の面といった多角的な視点で見直してみませんか?

地方と都内で平均年収はどれくらい差がある?

まず全国の地域によって平均年収にどれくらいの差があるのかを見てみましょう。
データは人材紹介業界でも人気の転職サイト、dodaで統計を取ったものです。

地方 平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
関東 435万円 481万円 368万円
東海 403万円 441万円 326万円
中国・四国 384万円 416万円 313万円
関西 391万円 434万円 326万円
北信越 381万円 411万円 308万円
北海道・東北 377万円 408万円 312万円
九州・沖縄 373万円 408万円 308万円

https://doda.jp/guide/heikin/area/#anc_area_02

一番平均年収が高い地方が関東の435万円、一番低い地方の九州・沖縄が373万円で、その差は62万円にもなります。
更に分かりやすいよう、それぞれの地方の主要都市についても見てみましょう。

都道府県 平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
東京都 448万円 497万円 388万円
愛知県 405万円 444万円 328万円

大阪府 390万円 430万円 329万円
北海道 373万円 404万円 313万円
福岡県 374万円 412万円 309万円
沖縄県 343万円 361万円 306万円

都道府県別に見ると特に年収の差が大きくなります。
東京都と沖縄県では100万円近くの差があり、男女別で見ると更にその差が大きくなっています。

このように平均年収の金額だけで見ると、都内と地方の年収格差が浮き彫りになってしまい、地方の方にとってはモチベーションが下りかねない表だと感じてしまいますね。

平均年収が低い地方は、都内より生活水準が下がる?

都内と地方では出費の金額にも差が出る

年収が違うのですから、地方民にとってはやはり都内が華やかな生活をしているんだろうという想像も逞しくなるというもの…。

けれど実際に生活という面で見ると、実は都内も地方も水準的に大きな違いが出るとは言えないのです。

地方で生まれ育って、今まで数日の旅行くらいでしか他県に出たことがないという人には実感できないかもしれません。

また、地方から都内に上京してきた人に起こりがちなことなのですが、地方と都内で物価の違いにショックを受ける人というのも、決して少なくはありません。

  • 家賃相場が全然違う
  • そもそも物価が違う

まずこの点について認識しておかないと、都内と地方の収支については語れません。
都内で単身用の部屋を借りようと思うと、地方では3~4万円程度で借りれる部屋の相場は7万円~というのも珍しくありません。

外食の相場も、都内ではランチ1000円超えなんてアタリマエ。
交通や生活が便利な分、交際費も自分で気をつけていないとあっという間に出費は嵩んでいきます。

最低賃金の高低は、その地方の物価と比例しているというのが基本なのです。

実際に都内と地方で生活費はどう違う?

以下の表は、総務省統計局で行った、全国の物価地域差指数の物価水準表です。

全国の物価地域差指数の物価水準表

参照:https://www.stat.go.jp/data/kouri/kouzou/pdf/g_2017.pdf

食料、住宅、光熱・水道、雑費や娯楽費など、地域によっての生活水準が割合として表示されています。
+(プラス)であれば物価水準が高く、ー(マイナス)であれば物価水準が低いことを表しています。

全体で物価水準が一番高いのはやはり東京都で、中でも住居が占める割合が特に高いことが表から分かります。

北海道や東北など、寒い地方では光熱費の割合が高くなっていますが、これは暖房費などが嵩む傾向にあるからだと推測できます。
また、都内や都市部では交通の便が良いので車を必要としませんが、地方ではマイカーが必需品という側面もあり、交通に使う費用の用途が違うという点にも注目すべきです。

このように、住む地方によって出費の種類が変わるという点も、単純に収入だけの面で都内の生活水準が高いとは語れない一面でもあるのです。

地方と都内、貯金がしやすいのは?

生活水準を上げるためには、そもそも懐にどれくらい余裕があるかにかかっていると思います。その点で言えば、どれだけ貯金ができるかという面で考えると分かりやすいのではないでしょうか。

家賃相場が高く、物価が高いと分かった東京ですが、それでも結局のところ収入も高い分だけ東京の方が貯金しやすいとも言われます。

こちらは総務省統計局で公開されている、都内暮らし単身者の生活費平均額の表です。

  平均 34歳以下 35~59歳
食費(円) 40,026 41,358 45,378
光熱・水道(円) 11,847 7,715 12,098
家事雑貨(円) 964 996 1,087
家事用消耗品(円) 1,123 771 1,157
被服及び履物(円) 5,312 7,568 6,399
通信(円) 6,911 7,744 9,248
諸雑費(円) 13,705 8,382 15,707
食料・交際費(円) 4,041 2,486 3,256

(『総務省統計局』2019年8月、家計調査、家計収支編(単身世帯)https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0002190004)

合計で83,929円になりますが、家賃が入っていないため仮に都内で一般的なワンルームを借りていると想定してプラス7万円とすると、月の出費は15万5千円ほどになります。

この金額に抑えさえすれば、手取り20万円もあれば月々最低でも1~2万円の貯金はできそうですね。
ただし、あくまでこれは平均であり、交際費に当てる金額も改めて見ると4千円、被服費も5千円、通信費については特にスマホやPCなどに使う費用を考えると、少々きつめな金額と感じる方も多いのではないでしょうか?

地方で住んでいる方の中には実家で家賃がかからないという方もいるでしょう。
結局、貯金額に関しては都内であろうと、地方であろうと、上手く節約できる人が上手く貯金ができるということだと思います。

満足度は住んでいる地方や年収に比例する?

地方による満足度はあまり変わらない

地方によって大きく平均年収に差が出ることは分かりました。

都内より年収が少ない地方では生活が苦しくなるとするならば、全国の満足度的には地方の平均年収額に比例して上がり下がりしていると感がえられます。果たしてそうなるでしょうか?
内閣府の調査で、実際に全国地域ごとの満足度を公表しています。

内閣府調査 地域ブロック別の総合主観満足度

(https://www5.cao.go.jp/keizai2/manzoku/pdf/report01.pdf#search=%27全国+満足度+統計%27)

この表を見る限り、平均年収の地域差の割に、満足度についてはほぼ横並びという印象で、大きな差は見られません。

むしろ順位を見る限り、1位が東海、2位が近畿、3位が九州・沖縄となっているので、比例しているとも言えないでしょう。

年収による満足度には差が出る

対して、年収による満足度を見れば、そこにはやはり差が見て取れます。

地域差で出る程度の年収差では、やはり生活水準的にはあまり差が生まれるとは思えません。
しかし、100万円、200万円単位で年収が変われば当然生活水準は変わってきます。

結局の所、収入の面で言えば年収を上げれば生活に余裕も生まれ、満足度はその分高くなると言えるのだと思います。

地方で高収入が狙える業界・職種

dodaの平均年収ランキング(https://doda.jp/guide/heikin/area/#anc_area_02)では地方によって業界・職種についての年収の調査も公開されています。

高収入が狙える業界

地方によって多少の違いはありますが、だいたい共通して

  • メーカー
  • メディカル
  • IT/通信
  • 金融

以上の業界はどの地方でも高収入が狙えるようです。

地方は土地がある分、メーカーやメディカル系などの工場も多く、地方に工場を持つ企業も大手企業が多いため、安定して高収入を狙えるでしょう。

金融は大手銀行の視点の他にも地元密着型の都市銀や信金などもあるため、そちらも狙い目です。IT/通信系については、高収入を狙うのであれば都市部がおすすめ。
上記のどの業界も、大手企業の支社が全国展開されていることが分かりやすい業界です。

また、やはり都内で高収入を狙いたいと考えるのであれば、総合商社が高収入を狙える業界のようですね。

高収入が狙える職種

dodaの表を見てみたところ、どの地方でも

  • 専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
  • 企画/管理系
  • 技術系(電気・電子・機械)

の順でトップ3に来ています。
やはり特殊技能や管理系のスキルは、全国どこでも重宝されるようです。

高収入を狙いたいと考えるのであれば、手に職をつける。特殊技能の資格を取る。キャリアアップのためのキャリアプランを考えて就職・転職するなどの手立てを考えるのが得策と言えるでしょう。

また、今現在何も特別なスキルも資格も持っていないというのであれば、営業職もおすすめです。
上記トップ3の次点が営業である地方も多く、また新卒でも狙える職種ですので、一番手軽に高収入への一歩を踏み出せる職種だと思います。

地方で年収を上げるのであれば、業界を選ぶのがおすすめ

都内でも地方でも、平均の年収の差はあれど生活水準にさほど差はないということが分かりました。
それなら地方でも十分やっていける。そう考えらるのですが、残念ながら都内に比べて地方は年収を上げづらいという一面もあると思います。

内閣府調査 世帯年収別の総合主観満足度

都内は経済の中心地であるだけに、多くの大手企業が競合しています。
キャリアップがしやすく、社内昇進だけでなく、キャリアアップ転職という選択肢も取りやすい状況が整っていると言えます。

しかし、地方では企業の数がまず少ない。大手企業も本社ではなく支社が多い。企業が少なければ有効求人数の割合も必然的に少なくなってしまい、キャリアアップ転職もしづらいという現実もあるのです。

というわけで、地方で高年収を狙うのであれば、高年収を狙える業界でスキルを磨くのが一番です。
年収について考えるのであれば、まずはスキルアップについて考えてみてはいかがでしょうか。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

ページのトップへ