地方の平均年収は都内より低い=生活が苦しい?年収と満足度は比例する?

地方年収

都内や都市部に比べて地方の平均年収が低いというのは、一般的に知られた周知の事実です。地方に住んでいる人の中には、都内と地方の格差に悩み、地方民はもう終わってる…などといった意見を持っている人も居るようです。

しかし、地域の年収の差はそのまま生活の苦楽の差となっているのでしょうか。というのも「地方民は終わっている」という言葉、実はそうとも言い切れない現実があります。

この記事では、実際に都内と地方の平均年収と生活の差、貯金額などお金の面に加え、全国における生活満足度の面といった多角的な視点で都市部と地方の収入格差がそのまま生活格差に繋がっているのかを調査しました。

地方と都内で平均年収はどれくらい差がある?

まず全国の地域によって平均年収にどれくらいの差があるのかを見てみましょう。
データは人材紹介業界でも人気の転職サイト、dodaで統計を取ったものです。

地方 平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
関東 435万円 481万円 368万円
東海 403万円 441万円 326万円
中国・四国 384万円 416万円 313万円
関西 391万円 434万円 326万円
北信越 381万円 411万円 308万円
北海道・東北 377万円 408万円 312万円
九州・沖縄 373万円 408万円 308万円

引用元:平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

一番平均年収が高い地方が関東の435万円、一番低い地方の九州・沖縄が373万円で、その差は62万円にもなります。
更に分かりやすいよう、それぞれの地方の主要都市についても見てみましょう。

都道府県 平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
東京都 448万円 497万円 388万円
愛知県 405万円 444万円 328万円

大阪府 390万円 430万円 329万円
北海道 373万円 404万円 313万円
福岡県 374万円 412万円 309万円
沖縄県 343万円 361万円 306万円

引用元:平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

都道府県別に見ると特に年収の差が大きくなります。
東京都と沖縄県では100万円近くの差があり、男女別で見ると更にその差が大きくなっています。

このように平均年収の金額だけで見ると、都内と地方の年収格差が浮き彫りになってしまい、地方の方にとってはモチベーションが下りかねない表だと感じてしまいますね。

平均年収が低い地方は、都内より生活水準が下がる?

都内は地方より支出の額も増える

これだけ年収が違うと、都内はやはり華やかな生活をしているんだろうとつい想像してしまいます。

特に、地方で生まれ育って、今まで数日の旅行くらいでしか他県に出たことがないという人であればよりそういう想像を膨らせてしまうでしょう。

しかし実際に生活してみると、実は都内と地方で生活水準に大きな差が出るわけではないのです。それどころか都内の物価の高さを考えると、地方の方が高い生活水準を保てることだって起こり得ます。

  • 都内と地方では家賃相場が全然違う
  • そもそも都心部と地方では物価が違う

都内と地方の生活水準の差を語るのであれば、まずこの点をしっかり理解しておく必要があります。

都内と地方の生活水準は思うほど差がない

都内の最低賃金が地方より高いのはそもそもの物価が違うからということに他なりません。ですから収入が多いからと言ってその分貯金が多いとか贅沢な生活をしているとすぐに言い切ることはできません

たとえば、都内で単身用の部屋を借りようと思うと、地方では3~4万円程度で借りれる部屋の相場は7万円~というのも珍しくありません。

外食の相場も、都内ではランチで外食すると1000円を切る店は珍しいのが現状。さらに、交通や生活が便利な分、交際費も自分で気をつけていないとあっという間に出費は嵩んでいきます。

生活のための支出に加え、お金を使う場面や場所も多い都内では、地方より多少収入が多くても必ずしも生活が豊かであるとは限らないのです。

Point

都内と地方では収入はもちろん支出にも差があるので、都内住みの生活水準が必ず高いわけではない

都内と地方、実際の生活費を比較してみた

以下の表は、総務省統計局で行った、全国の物価地域差指数の物価水準表です。

全国の物価地域差指数の物価水準表
引用元:小売物価統計調査(構造編)-2017年(平成29年)結果-

食料、住宅、光熱・水道、雑費や娯楽費など、地域によっての生活水準が割合として表示されています。
+(プラス)であれば物価水準が高く、ー(マイナス)であれば物価水準が低いことを表しています。

全体で物価水準が一番高いのはやはり東京都で、中でも住居が占める割合が特に高いことが表から分かります。

北海道や東北など、寒い地方では光熱費の割合が高くなっていますが、これは暖房費などが嵩む傾向にあるからだと推測できます。
また、都内や都市部では交通の便が良いので車を必要としませんが、地方ではマイカーが必需品という側面もあり、交通に使う費用の用途が違うという点にも注目すべきです。

このように、住む地方によって出費の種類が変わるという点も、単純に収入だけの面で都内の生活水準が高いとは語れない一面でもあるのです

地方でも都内でも貯金出来る人は出来る

生活水準の面でもうひとつ分かりやすい例として、どれだけ貯金ができるかという点も挙げられます。

家賃相場も物価も高い東京ですが、それでも結局のところ地方より収入が多い分、東京の方が貯金しやすいと言われることもあります。では、実際のところはどうなのでしょうか。

こちらは総務省統計局で公開されている、都内暮らし単身者の生活費平均額の表です。

  平均 34歳以下 35~59歳
食費(円) 40,026 41,358 45,378
光熱・水道(円) 11,847 7,715 12,098
家事雑貨(円) 964 996 1,087
家事用消耗品(円) 1,123 771 1,157
被服及び履物(円) 5,312 7,568 6,399
通信(円) 6,911 7,744 9,248
諸雑費(円) 13,705 8,382 15,707
食料・交際費(円) 4,041 2,486 3,256
合計(円) 83,929 77,020 91,074

引用元:『統計で見る日本』家計調査 家計収支編(単身世帯 )

ご覧の通り、単身世帯の生活費は合計で平均83,929円になりますが、この中に家賃は含まれていません。仮に都内で一般的なワンルームを借りていると想定すると、この額に7万円前後をプラスした額がトータルの生活費となります。

表を見ると、手取りが少ないと言われている若年層は様々な節約をしていることがわかります。もし都内で手取り20万円で生活する場合でも、若年層並の水準で生活できるのであれば月々最低2~3万円の貯金はできそうですね。

ただしこの表の生活費では交際費や被服費がかなり厳しめに設定してあり、都内に住んでいてこの金額では暮らせないと思う人も少なくないでしょう。

ただ、地方暮らしだからお金を使わない生活ができるというわけではありません。今はどこにいてもネット通販で色々なものが手に入ります。

そのため節約できるかどうかは個人の資質によるところが大きく、住む地域はそれほど大きな問題ではなくなっているのです。

貯金のしやすさの結論

住む場所が都内か地方かに関係なく、上手く節約できる人は貯めるのも上手い

満足度は住んでいる地方や年収に比例する?

地方住みだから生活の満足度が低いわけではない

地方によって大きく平均年収に差が出ることは分かりました。

都内より年収が少ない地方では生活が苦しくなるとするならば、全国の満足度的には地方の平均年収額に比例して上がり下がりしていると感がえられます。果たしてそうなるでしょうか?
内閣府の調査で、実際に全国地域ごとの満足度を公表しています。

内閣府調査 世帯年収別の総合主観満足度
引用元:内閣府 「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書

この表を見る限り、生活する上での主観的な満足度についてはほぼ横並びという印象で、地域による大きな差は見られません。

むしろ順位を見る限り、1位が東海、2位が近畿、3位が九州・沖縄となっているので、満足度が年収に比例しているとも言えないでしょう。

満足度は地方か都内かではなく収入と支出のバランスによる

内閣府調査 世帯年収別の総合主観満足度
引用元:内閣府 「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書

対して、年収による満足度を見れば、そこにはやはり差が見て取れます。

地域差で出る程度の年収差では、やはり生活水準的にはあまり差が生まれるとは思えません。しかし、年収の差が100万や200万も出てくると、やはり生活にゆとりが生まれたり、生活の質が上がってくるのです。

結局の所、都内か地方かは関係なく、年収を上げれば生活に余裕も生まれ、満足度はその分高くなると言えるでしょう。

むしろ、何かと支出の多い都内で収入アップを狙うより、地方で平均的な収入を目指した方が生活水準は高くなることも考えられます。

「地方住みは終わってる」というのは単純に地方と都内で収入の面だけを比較したときの発想で、生活の満足度において「地方住みは終わっていない」ということがご理解いただけたのではないでしょうか。

Point

地方住みでも年収UPを狙えば都内住みより生活の質や満足度が上がる可能性大

勝ち組!地方で高収入が狙える業界・職種

前述したdodaの平均年収ランキングでは地方によって業界・職種についての年収の調査も公開されています。

地方住みでも年収400万円以上の高収入が狙える業界

地方によって多少の違いはありますが、だいたい共通して

  • メーカー
  • メディカル
  • IT・通信
  • 金融

以上の業界はどの地方でも高収入が狙えるようです。
上記の業種は大手企業の支社が全国展開されている業界でもあるため、地方の中小企業よりも高収入を狙いやすいという特徴があります。

①メーカー・メディカル

地方は都内と比べると広い土地を確保しやすいためメーカーやメディカル系などの工場も多いのが特徴です。
地方に工場を持つ企業も大手企業が多いため、メーカーやメディカル系への就職や転職は安定して高収入を狙えるでしょう。

②金融

金融は大手銀行の支店だけでなく、地方銀行や地元密着型の信金などもあります。昔ほど高収入というわけではないかもしれませんが、出世と共に給与アップが見込める業界なので狙い目です。

③IT・通信

IT・通信系についてはまだ都市部の方が求人も多く、さらに収入の面でも地方と差があることもあります。

とはいえやはり他の業種よりも収入が良い場合も多く、さらに最近では地方に拠点を置くIT系も増えてきたので、求人があれば狙い目です。

年収500万円以上の高収入が狙える職種

前述のdodaの表を見てみたところ、どの地方でも

  • 専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)
  • 企画/管理系
  • 技術系(電気・電子・機械)

の順で稼げるTOP3となっています。
特殊技能や管理系のスキルは全国どこでも重宝される上、地方でそうした特殊技能やスキルを持っている人は少ないため高収入を狙いやすくなります。

そのため、もし地方住みで高収入を狙うのであれば、他の人があまり持っていない資格やスキルを取得するという手段があります。

Point

キャリアアップのためのキャリアプランを考え、きちんと下準備をしてから転職や就職を考えるのが高収入を得るためには得策

「スキルや資格がなく今後も取るつもりがない」という人には営業職もおすすめです。

上記の高収入な職業で次点に入っているのが営業職という地方も多い上、新卒でも努力次第で結果を出しやすい職種です。向き不向きはありますが、最も手軽に高収入が狙える職種と言ってもいいでしょう。

地方で年収を上げるのであれば、働く業界を選ぶのがおすすめ

都内と地方では収入の差があるのは事実ですが、その分支出の差もあるため生活水準や生活の満足度はさほど変わらないことがわかりました。

一方で、都内に比べて地方は年収を上げづらいという特徴もあり、地方住みは年齢の割に生活水準が上がらない場合があるのも事実です。

理由として、都内には多くの大手企業が競合しているためキャリアップがしやすいということが挙げられます。

キャリアップのための転職もしやすい上、勢いのあるITやベンチャー企業も都心に集中しているため、規模が小さな会社でも自分のキャリアとスキル次第で大幅な収入アップが望めます。

地方は都心と比べると企業数が少ないためそもそもキャリアアップの転職がしづらいという特徴があり、収入を大幅にアップさせることはなかなか難しいのです。

もしこれから地方住みで高収入を狙うのであれば、入りたい業種や職種に合わせた資格やスキルを獲得するのが一番の近道です。

収入アップを狙うためにどの業界を狙うのか、そしてそのためにはどんな技術や能力が必要なのかについて、これを機にしっかり向き合って考えてみてはいかがでしょうか。

地方に住んでいるからこそできる仕事もあります。自分の適正に合ったより良いキャリアアップをぜひ目指してください。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷