> > 嫁ブロックは愛情の裏返し?転職の壁「嫁ブロック」を突破する方法

嫁ブロックは愛情の裏返し?転職の壁「嫁ブロック」を突破する方法

1544 views

転職の大きな壁となる『嫁ブロック』をご存知でしょうか?

どうやって切り出したらいいか分からない、転職に反対されてなすすべもない…
あなたの転職したい!という気持ちを阻む嫁ブロックですが、ブロックされて実は当たり前です。

今回は、嫁ブロックの発動を阻止して転職する方法をご紹介しますのでぜひご参考にしてください。

夫を救うのか?嫁ブロックとは

『嫁ブロック』という言葉、以前は転職業界の専門用語でしたが2016年頃に転職ブームとともに認知度が高まってきた言葉です。

意味は「転職したいという夫が妻に反対されて転職辞退をせざるを得なくなってしまった」「妻からのブロックにより転職や企業を諦める」ことです。

無視できない!嫁ブロックが発動するのはどうして?5つの発動するケース

嫁ブロックを受けた既婚男性は4人に1人といわれ、中でも40代・50代のミドル世代に多い傾向です。
なぜ嫁ブロックは発動されてしまうのでしょう?嫁ブロックの理由は5つ挙げられます。

年収が下がる

最も多い理由は年収問題でしょう。
転職後すぐでは、一時的に年収が下がることはよくあることですが、家計を預かる妻の身としては嫁ブロックを発動するひとつの要素となります。

労働環境の悪化

今働いている会社に比べて有給取得率が低い、残業が多いなど労働環境が悪化する懸念から嫁ブロックが発動されています。

勤務地が遠い

転職のために引っ越ししなければいけないケースや夫が単身赴任しなければいけないケースがあります。
最近では共働き世帯が一般的になっているため、夫の転職のため妻自身の仕事を辞めなくてはいけなくなるなどの理由があれば転職に反対されてしまいます。

生活の安定

嫁ブロックを発動する理由でも多いのが生活の安定です。
独身時代なら転職に反対されなかったかもしれませんが、結婚して子供もいる身になると生活の基盤を整え安定させることを考えなくてはいけません。

もし、転職先が今よりもよい条件であったとしても転職をするとなると環境が変わることで一時的に不安定になるもの。
嫁ブロックを発動する妻は何よりも生活が不安定になることに不安を感じています。

転職の理由が分からない

例えば夫が年収や労働環境などに不満ない一流企業に勤めている場合、妻は夫の転職したい、という気持ちが理解できません。

「なぜ今のポジションを捨ててまで転職したいの?」
嫁ブロックを発動する妻は、夫の転職チャレンジの理由が納得できません。

嫁ブロックを発動しやすい嫁のタイプとは?

夫の転職に関して、嫁ブロックを発動する人と発動しない人がいますが、その違いはいったいどういったものなのでしょうか?

妻のタイプ別にご紹介したいと思います。

「今の生活を捨てたくない」安定希望タイプ

専業主婦や夫の扶養内パートタイマーに多いタイプがこちら。
夫の収入をメインに生活している専業主婦や扶養内のパートタイマーは今の生活に不満がなく、このままの生活を維持したいと思っているからです。

もし転職に失敗して年収が下がったら…無職にでもなったら…こんな不安な頭を巡り安定を求めるため嫁ブロック発動となるのでしょう。

「私はどうなるの?」受動的、消極的タイプ

転職にチャレンジするということはこれまでの安定した生活を一時的に捨てるということです。受動的、消極的タイプの妻は、そんな生活を目前にして私はどうしたらいいのかと不安になってしまいます。

プロポーズで「君を絶対に幸せにするよ」と言ってしまった旦那様は要注意!
嫁ブロック発動では「私を幸せにするって言ったでしょ!私はどうしたらいいの⁉」というセリフが待ち構えているかもしれません。

「私は私、夫は夫」独立心高すぎタイプ

正社員でバリバリ働いている妻は嫁ブロックを行うケースは少なく転職を前向きに応援するタイプが多いとされています。理由としては、自分自身も働き収入があるので、万が一転職に失敗しても生活の心配がないからです。

しかし、お互いの人生に干渉しない夫婦に多いのですが、独立心が高すぎる妻の場合は要注意!「もし転職に失敗したらご勝手に」という妻、一度は転職に嫁ブロックを発動したのではないでしょうか?
それでも妻の反対を押し切って転職して失敗してしまったら…孤独な人生が待ち受けているのかもしれません。

「絶対失敗する!」ネガティブタイプ

ネガティブタイプの妻は転職だけでなく「チャレンジする」こと全てに反対するタイプでしょう。大きな変化を嫌い安定した生活を最も好むネガティブタイプは、転職のマイナス面だけに目を向け、嫁ブロックを発動します。

転職は100%成功が決まっているものではありません。
慣れない仕事、環境の変化からストレスが伴い苦労も多いでしょう。年収も一時的に下がる可能性もあるし人間関係の構築で悩むこともあるかもしれません。
ネガティブタイプ妻は「転職=マイナス」としか捉えることができません。

「ママ友の目が気になる」マウンティングタイプ

子供が幼稚園に通っている、近所に同年代のママ友がいる妻はママ友とも交友関係や評価を気にするタイプ。
見栄っ張りな方に多いタイプですが、このマウンティングタイプの妻は「子供のため」という大義名分で嫁ブロックを発動します。

ママ友のマウンティングでは夫の会社も大きな評価要素のひとつ。
一流企業、大企業に勤める夫を持つママは交友関係でも上のポジションにたつことができます。
夫からすれば些細な事のように感じますが、ママ友との交友関係をこじらせてしまうと子供の交友関係や妻の心身にも影響を与える場合があるので侮ってはいけません。

嫁ブロックを事前に阻止する対策方法とは?

嫁ブロックは発動されてからでは少しやっかいなもの。発動される前に阻止しましょう。

妻の不安をなくす

意外と簡単なことですが、これができていない夫が嫁ブロックに屈して転職を諦めてしまうケースが多くみられます。

転職について難しく語ってはいませんか?
また、自分の気持ちだけを熱く語ってはいませんか?
妻は夫の転職に大きな不安感を抱いていますので、不安感が解消されるように分かりやすく伝えるということが大切です。

妻の話を聴く

あなたが転職の話をしたとき、妻は耳が痛くなるようなことや転職の不安要素となるようなことを話すかもしれません。そんなとき「もういい!」と頑固になるのは逆効果。
妻が話している内容をしっかりと聴き、妻が感じている不安要素と向き合い解決していきましょう。

コミュニケーションで信頼関係構築

嫁ブロック発動は日ごろの信頼関係が大きく関わっています。
お金の心配や毎日の生活に不満を持っている妻は、どんなに説明しても嫁ブロックをするでしょう。なぜなら夫を信頼していないからです。

一方、妻が夫を信頼していれば転職への不安だけで嫁ブロックは発動しないでしょう。
信頼関係は毎日のコミュニケーションの積み重ねです。
「転職をきっかけに話をする」のではなく日ごろから仕事の話や趣味の話など、家庭内でのコミュニケーションをとりましょう。

実際嫁ブロックを受けたらどうする?転職をあきらめた方がいい?

実際、嫁ブロックを受けた場合、妻へプレゼンテーションすることをご提案します。
嫁ブロック発動は転職の理解が十分に得られていないことや、これからの見通しが不明瞭であることが理由で挙げられます。

家庭は小さな会社のようなものです。
会社で新しい提案をするとき、相手の同意を得るためにしっかりとプレゼンテーションしますよね。妻にプレゼンテーションって変な感じがしますが、相手へ気持ちを伝え納得してもらえる方法ではないでしょうか。

プレゼンテーションの流れとしては

  • 今働いている会社を退職したい気持ち
  • 退職や転職活動の日程や計画
  • 転職希望条件(業種・職種・勤務地など)
  • 候補があれば転職先の説明(年収・休日・勤務時間など)
  • 妻からの意見、質問タイム

プレゼンテーションで転職への意図や転職プランをしっかり伝え、妻が理解することができれば、嫁ブロック発動を阻止できるでしょう。

嫁ブロックを受けて諦めてしまった方、転職への気持ちはそれまでだったのでしょう。
しかし、やっぱり諦めず転職したい!という方は転職を諦める前にプロのアドバイスを求めてみるのもひとつの方法です。

どうしても嫁ブロックを突破できそうにないという方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?転職のプロであるキャリアアドバイザーから良いアドバイスを受けることができるはずです。
せっかく訪れた転職のチャンスを諦める前に、一度転職エージェントに登録をしてみてください。

転職業界の専門用語だった嫁ブロックは珍しい話ではありません。転職エージェントでは一般の求人情報には掲載されていない企業の具体的な情報を持っています。
また、応募書類の添削や面接対策も充実しているのであなた自身の転職への不安も解消されるといったメリットもあります。

嫁ブロックを阻止できない、妻に説明し理解を得られないという事態は自身のプレゼンテーションスキル不足も否めません。
具体的な転職プランを妻にプレゼンテーションし、転職の成功が期待できるような内容であれば転職への理解も深まるでしょう。

日々のコミュニケーションで嫁ブロックを突破しよう!

いかがでしたでしょうか?
嫁ブロック発動の対処法についてご説明してきました。

同じ家に住んでいても深く話し合ったことがないという夫婦は少なくありません。嫁ブロックをネガティブに捉えるのではなく、夫婦の仲を深めるチャンスだと思ってください。

夫婦は、これからの人生を長く共にするパートナー同士です。
2人で素敵な未来を作れるようにお互いに話し合い理解を深めていきましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,083views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,321views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,366views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ