> > 勝ち組になるか負け組になるか?一発逆転するFラン就職の分かれ道

勝ち組になるか負け組になるか?一発逆転するFラン就職の分かれ道

1077 views

Fラン就活勝ち組
「どうせFランだしいい会社に入れない」
「Fラン大卒、人生終わった」
「高卒で就職した方が良かった?」

と、悩むFランの大学生も少なくありません。Fラン就活生は就職活動への不安や将来の行く末を心配することも多いでしょう。

実力主義が主流になる今、Fラン大卒は不利という話は過去の話になりつつあり諦めなければ一発逆転、大企業への就職は可能です!Fラン大卒の企業選びや就活のやり方を極めれば悲惨な就活を歩む心配はありません

Fランの就職活動で勝ち組になるポイントは「諦めない・向上心・サポート」の3つです。
詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Fラン大学は負け組?Fラン大学の就職事情の真実

就職活動の成功や失敗はいつ決まるのでしょうか?Fラン大学という時点で本当に負け組なのでしょうか?

実は「Fラン大学だから」は就職活動の成功にはほとんど関係ないのです。就職活動は成功した、失敗したというのが判明するのは5年後、10年後の人生が充実しているかどうかで決まるからです。

就職活動は難しいといわれるゆえんは「いい大学を出ていい企業に入社できた」「誰もが知る大企業に入社した」からといって成功したとは言えないからでしょう。

Fラン大学では就職の幅が狭まり、内定率が下がるのは事実。
それは企業での「学歴フィルター」があり、学歴において不利だからです。

学歴フィルターで評価する企業では、集団面接でFラン大学生を無視したり、説明会でも質が悪く浅い話で終わってしまったと露骨な学歴差別が行われるケースがあります。

特に、外資系コンサル、総合商社などが挙げられます。反対に学歴だけではなく人間力を評価する企業もあるため、Fラン大学生は自分を正しく評価してくれる企業を見つけるということが就活成功の第一歩となるでしょう。

Fラン就活生が不利な理由は?

同じ人間なのにどうしてFランは就職活動に不利といわれるのでしょうか?
主な理由を3つご紹介します。

学歴フィルター

学歴はひとつの能力の評価になり、いい学歴を持っている人は勉強ができる以外に、頑張り続ける力や意欲、向上心といったことを表しています。

勉強を頑張っていい大学に入ったという努力の結果が学歴フィルターでの有利に繋がり、学歴がFランの大学生は企業選びの選択肢が狭まってしまいます。

学歴フィルターが存在するのは仕方のないことですが、学歴がいいからといってビジネススキルが高いかどうかはまた別の話です。

採用試験で不利

就活では入社するために筆記試験や性格検査が行われる企業があります。基礎的な学力やマッチングをチェックするのが目的ですが、志望者多数の場合足切りを目的として実施する企業もあります。

筆記試験では中学校から高校卒業程度の国語や数学を中心にした問題が出題されますので、学歴に自信のないFラン大学生にとっては大きな障害となるでしょう。

基礎学力のある大学生にとっては問題ありませんが、Fラン大学生の方が筆記試験を通過するには事前にしっかりと勉強し、準備が必要になります。

企業情報が乏しい

高学歴大学に比べてFラン大学の学生は就活への意識が低い人が多く、企業の就活情報などが乏しいことも不利な理由の一つです。

就活は情報戦線といっても過言ではなく、学生同士やOBとの情報共有が就活成功のひとつの鍵となります。しかし、就活に意欲的に取り組んでいない学生が多い場合、情報共有が難しくOBからのアドバイスも期待できません。

大学の就職課においてもデータが乏しいケースもあり、大学のサポートも充実しないため就活をスムーズに進められないといったことも考えられます。

就活や企業情報を得るには、自ら積極的に行動し情報収集する必要があります。

Fラン就活生が企業情報に詳しくなるためには?
就活生を支えるキャリアコンサルタントの質が高い就職支援サービスを利用しよう!

Fラン大学卒より高卒で就職の方が有利?

Fラン大学を卒業するなら高卒の学歴で就職した方が有利なのではないか?という意見を耳にします。大学時代の4年間をFラン大学で無駄にするくらいなら早く就職して稼いだ方がいいという方もいらっしゃいますが、違いはどこにあるのでしょうか。

学歴

やはりここでも学歴フィルターが…
大学卒業という学歴を得ることが大きな違いです。
大卒者を採用条件にしている企業もあるため企業の選択の幅が異なり、大卒と高卒との収入の差、生涯賃金の差があることは否めません。

生涯賃金の差では、なんと4,600万円とされ高卒よりもFランでも大卒という学歴を得るのはメリットといえます。

人間力

「Fラン大学で4年間遊んでいた」という学生も多いかと思います。しかし、サークルや部活、アルバイト、仲間と過ごした4年間はかけがえのない時間です。

高卒に比べ経験値が多い分、人間力の差が生まれてくるのです。

例えば、コミュニケーションスキル。
大学には様々な年齢や価値観を持つ方がいますが、その中で遊んだり意見を交換した経験はこれからの人間力に活かされます。多くの人と出会い、遊びの中から学んだ知識も経験のひとつとなるでしょう。

Fラン大学卒に求められるスキルは危機感と逆境魂

不利な条件が多いFラン大学生ですが、Fラン大学生には高学歴大学生にないスキルを持っています。それは危機感と逆境魂です。

いくらいい大学を卒業してもそれに胡坐をかいているような学生は、仕事でミスをするとすぐに挫折してしまう可能性が高いのですが、危機感を持ち就活を進め、学歴コンプレックスに打ち勝ったFラン大学生はミスから学びビジネスに活かすスキルを持っています。

Fラン大学生は学歴コンプレックスに悩み就活がなかなかうまくいかないと悩む学生が多いですが、それを乗り越えモチベーションに変わったとき就活成功はもう目前でしょう。

Fラン就活生が外資系企業へ入社する裏技

外資系企業に憧れるFラン就活生も多くいらっしゃいますが、外資系業界は学歴フィルターがあるケースが多く入社は厳しいといえるでしょう。

外資系企業では、学歴のほか面接スキルやコミュニケーションスキル、英語力など高いハードルが待ち構えていますが、武器を持たないFラン大学生は絶対に入社できないのでしょうか?答えはNOです。

実は裏技として、「経歴」を積み重ねていくという方法があります。
新卒での就活では外資系を一度諦め、日系企業の入社を目指し経歴を作っていくという方法です。学歴は今さら変えることはできませんが、経歴はこれから作り上げることができます。

日系企業で積み重ねた経歴を武器に外資系企業へチャレンジするのが就職成功のベストな道といえるでしょう。

目指せ大手企業!Fラン就活生は中小企業以上を目指せる!?

Fラン就活生は中小企業以上を目指せる「いい学歴=大手企業へ入社できる」という方程式は過去の話です。ビジネススキルは学歴だけでは評価できず、勉強ができる人が、仕事ができるわけではありません。

もちろん学歴フィルターを設けている大手企業もありますが、最近ではポテンシャル採用が主流となっているのはご存知でしょうか?

ビジネスの世界では難関国立大卒でもFラン卒でも“人間性”を見て採用判断をします。
これまで生きてきた人生観や人柄、仕事への意欲、将来性など総合的に判断し「使える人材」と評価されれば難関国立大卒でもFラン卒でも採用されるのです。

特に大手企業では、自主的に行動できる人材を求める傾向があり、目標に向かって努力し成長できる人材が好まれます。

また、入社後に周囲と良好な人間関係を築けるコミュニケーションスキルや「一緒に働いてみたい」と期待できる人材であることも重要なポイントです。

学歴に自信がないFラン就活生でも、サークル活動やアルバイトで得た経験があれば、それをアピールし魅力的な人間であることを理解してもらうことで採用されやすくなるでしょう。

長い人生においてFラン卒というのはただの途中経過で、参考のひとつになりますが人間性を評価することにおいては絶対値とはなりません。

ただし、自分という人間を相手に理解してもらうためには適切な自己アピールが必要ということを理解しておいてください。

Fラン卒でも公務員になれる!

将来の安定性を求めて公務員になりたいという人はFラン就活生も含めて多いでしょう。しかし、公務員では採用試験が必須。

学歴に自信のないFラン就活生では勉強面に関しては不利といえます。しかし、公務員のメリットは学歴フィルターがないということです。難関大卒であろうがFラン卒であろうが立つスタートラインは同じ。
公務員試験は、試験対策と勉強と努力あるのみです。

大学受験の勉強をほとんどしなかった方は勉強することに苦を感じるかもしれません。
公務員を目指そうと思うFラン大学の方は早めに試験対策に取り組んだり、予備校に通ったり危機感を持って挑みましょう。

Fラン就活生の企業選びのポイント5つ

Fラン就活生が企業を選ぶ際は5つのポイントに注意しましょう。

学歴フィルターのない企業

学歴フィルターはエントリーシートを出した時点から決まりますので、エントリーシートをチェックすることが企業選びのポイントのひとつです。

学歴フィルターのある企業は、学歴とともにありきたりな質問しか書かれていません。理由として数多くのエントリーシートをチェックする手間を省き、学歴で足切りするためです。

学歴フィルターのない企業は、他の企業にない就活生の人間性や将来性を見るための独自の質問をされているケースが多くみられます。

学歴フィルターの有り無しのチェックをするにはエントリーシート以外に口コミサイトなどもチェックしてみましょう。

学歴不問が多いIT業界

学歴を見ずにポテンシャルで勝負!という企業の多くは実力主義の企業が多いです。IT業界では知識とスキルを重視し、学歴不問である企業が数多くあります。

学生時代の早い段階でITスキルを磨き武器を身につけ、他の就活生に差をつけることで採用率は高くなるでしょう。

個性重視のベンチャー企業

ベンチャー企業では新しい提案力やコミュニケーションスキルを持った人材のニーズが高く、学歴に関係なく採用されるケースが多いとされています。大手企業に比べ社員数が少ないため、ポテンシャルの高い人材が求められ個の力が重視されるため、「これだけは誰にも負けない」というスキルやアピールがあればより高い評価となるでしょう。

また、少数精鋭のベンチャー企業では社員同士のコミュニケーションも重要なので、サークル活動や部活、アルバイトなどで培ったコミュニケーションスキルを活かすチャンスです。職場の人間関係や環境にマッチングする人材であれば学歴は問題ありません。

大手企業の子会社狙い

大手企業ではやはり学歴フィルターが存在し、高学歴者層が大半。大手企業から内定を貰うのが難しい場合は無理な高望みせずに、その子会社企業を狙ってみましょう。

学歴フィルターが少なく、職場環境や待遇、年収といった面は大手企業に匹敵します。

自分に合った企業

最も重要なポイントは自分に合った企業かどうかということです。
自己分析、企業研究をしっかり行い自身のキャリアビジョンと照らし合わせてみてください。その企業に入社して5年後、10年後に働いている姿がイメージできますか?

企業の方針や理念、キャリアプランに共感できるかどうか、職場環境や人間関係を把握することも大切です。

内定ゲット!Fラン学生が就職で勝ち組になる方法

インターンに参加

インターンに参加することが直接内定に繋がるわけではありませんが、自分に合う企業なのかどうか見極めるために参加することは望ましいといえます。
企業情報や学生同士の就活情報の共有が乏しいFラン就活生では、他の学生との情報共有ができたり入社への意欲を高めるためにインターンは有効です。

就活の成功はいい企業を目指すのではなく、自分に合った企業を選ぶということです。
インターンに参加することで実際の業務内容や人職場環境を知ることができるので勝ち組を目指すなら、ぜひ参加しておきましょう。

資格取得を目指す

学歴をカバーするには何をしたらいいのでしょうか?それは資格取得です。
誰にでも取得できるような資格は評価の対象になりませんが、業務に役立つ資格であれば「採用したい」と思わせる理由に繋がります。

仕事に活かせる資格の代表としてIT資格とTOEICが挙げられ、IT企業を目指したい方は特に取得しておいた方がいいのがIT資格です。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)はもちろん、ITパスポートや情報セキュリティスペシャリストなども保有しているとアピールに有利となります。

ITの知識と技術を持った人材のニーズが高まっていますのでITスキルは重宝されるでしょう。
最近ではIT以外に企業全体で英語力を重視する傾向があります。外資系企業を目指す方だけでなく、エントリーシートにTOEICのスコアを記載することも。

Fラン就活生と自分に自分でレッテルを貼る前に、資格取得や英語力を高める努力をして就活での武器を身につけることが大切です。

とにかく就活を諦めない!

「あきらめたらそこで試合終了…」かの有名な漫画の某監督の名言ですが、就活はこれまでの学歴コンプレックスを逆転できるチャンス!

「Fランだから」「学歴がないから」といって就活を諦めない気持ちが基本です。
学歴を重視する時代は過去の話、と割り切って実力勝負で就活を乗り切る姿勢で挑みましょう。

就活からドロップアウト!Fラン就活生の悲惨な末路

就活を早くに諦めてしまった方、就活の準備を全くしなかった方に待っているのは悲惨な末路しかありません。
低い年収の企業にしか内定を貰えなかったり、1社からも内定を貰えずにフリーターやニート生活に突入してしまったり…就活の失敗は人生ハードモードのはじまりです。

Fラン就活生からフリーター・ニートと肩書が変わると学歴フィルターはさらに狭まり、企業からの印象も良くありません。

就活を進めるのを苦痛に感じドロップアウトしてしまう方も多いでしょう。

フリーターやニート生活が長くなればなるほど社会復帰できず、正社員への就職は遠くなるばかり…そんなハードモードの人生にならないように就活を諦めず早め準備しておくことが重要です。

就活成功への近道はプロへ相談!

Fラン就活生がスムーズに就活を進めるにはプロの力を借りるのがBEST!

就活意欲の低い学生が多いFランでは就活の情報戦線に打ち勝つことが厳しいですが、プロに相談することで的確な情報を得ることができます。

おすすめの就活サービスは株式会社リアステージが運営する「ジョブコミット」。
ジョブコミットの利用をおすすめする理由は4つあります。

Point50%が当日内定!就活イベントが多い

ジョブコミットの就活セミナーは内定直結が特徴。企業の経営者や人事担当が参加するのでアピール次第では参加したその日に内定がもらえる可能性が高いのです。

就活イベントは1年で100回以上も開催され、実際の採用選考と同じようなグループワーク、自己PRなどをもとに当日採用選考を行う企業もあります。

また、就活の進め方や一般常識、身だしなみといった基礎知識や面接のノウハウのアドバイスがあり、これから就活を進めるFラン就活生にはぴったりの内容です。

Point個別面談10回以上!就活サポートの充実

就活生を支えるキャリアコンサルタントの質が高いことも定評のひとつで、就職相談を行う個別面談の回数が他の就職サービスと比べ群を抜いて多いことも特徴のひとつ。

通常、2~3回ほどのところ、10回以上の個別面談があるため就活生の悩みに本気で取り組み、就活生に合った企業を紹介してくれるといったサポート力がメリットです。

また、キャリアコンサルタントとのやり取りはLINEなので電話連絡が手間という方にも向いています。

Point大手企業からベンチャー企業まで!幅広い企業から選択できる

ジョブコミットに登録されている企業は大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで多種多様。業界業種も幅広いので、Fラン就活生に合った企業と出会える可能性が高く、偏りのない就活を進めることができます。

Point情報交換の場!就活生同士のイベントも多い

Fラン就活生にとって他の学生と情報共有できないのはデメリットですが、ジョブコミットを利用することで就活生イベントに参加することができます。

ジョブコミットでは、就活生、キャリアコンサルタントとの距離を縮め信頼関係を築くことを目的としたバーベキューなどのイベントが開催されています。

孤独な戦いとなる就活を信頼できる仲間とともに進めれば、不安感も軽減しモチベーションを高め合う刺激にもなるでしょう。

公式サイト https://job-commit.com/shinsotsu/
実績 内定取得率95%
特徴 内定後の職場の満足度90%以上!

【まとめ】将来をイメージした就活を!Fラン就活生は勝ち組になれる!

Fラン就活生は不利という現実は確かにありますが、逆転するチャンスも多いにあるということをご理解いただけましたでしょうか?

「諦めない・向上心・サポート」の3つを揃えれば、内定を貰える日も遠くないでしょう。
人生の中で新卒就職はたった1度しかありません。就活の方法や正しい努力の仕方を知ることで、負け組認定Fラン就活生から人生勝ち組へと生まれ変わることができます。

「将来どうなりたいか」と気持ちに向き合い、ポイントを押さえて就活を進めていきましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,469views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,112views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,401views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,599views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ