法学部女子の視点から考える、おすすめ就職先とアピールポイント

法学部女子の就職先といえば「法曹界」のイメージを持たれる方が多いかと思います。

しかし、法律に関する専門知識だけでなく、論理的思考力、文章力、コミュニケーション能力など多彩なスキルを備えているので、法律業界や民間企業、官公庁など、様々な職場で活躍できる法学部学生。

そんな彼女たちが狙うべき就職先とはどこで、どのようなアピールポイントを持っていると有利になるのでしょうか。

そこで今回は、法学部女子におすすめの就職先や、法学部就活生がアピールすべきポイントをご紹介します。

就職先の選択肢を広げたい方やアピールポイントを活かした就職をしたい法学部就活生は、ぜひ参考にしてください。

法学部女子が輝く!おすすめの就職先8選

法学部女子は、法律に関する知識以外にも多彩なスキルを備えているため、法律関係の仕事以外にも活躍できる職場が多くあります。

そこで、法学部女子におすすめの就職先について紹介します。

法曹界・法律事務所

法学部就活生にとって一般的な就職先となるのが、法曹界・法律事務所です。

法律事務所には訴訟や企業法務、知的財産法など、様々な分野の専門家が所属し、企業の法務や個人の法律問題などを扱います。

弁護士として働くだけでなく、リーガルアシスタントやパラリーガル、あるいは法律事務所の事務スタッフとしてのポジションもあります。

弁護士や法律スタッフと協力して、クライアントに対して法律上の問題解決や助言を提供するため、法律事務所での経験は、将来的に弁護士資格を目指す人にとっても有益なキャリアアップにつながるでしょう。

具体的な仕事内容は、法的調査や文書作成、契約書の作成、訴訟手続きの準備、クライアントとの折衝、裁判所や官公庁などの手続きに関する手配など、多岐にわたる業務を担当することがあります。

また、法律スタッフとしては、契約書の校正や法的調査の補助、クライアントからの問い合わせ対応なども担当することがあります。

法律事務所で働くためには、法律に関する専門的な知識やスキルだけでなく、問題解決能力や論理的思考力が必要とされます。

そしてチームでの業務が多いため、コミュニケーション能力が求められます。

公務員

法学部女子の就職先として、公務員もオススメです。

公務員には国家公務員、地方公務員、特定国立大学法人・公立学校法人などの種類があり、それぞれの職種によって異なる仕事内容や資格・能力が求められます。

職種としては、国家公務員、地方公務員はじめ、裁判官や検察官、教職員、国税専門家、入国審査官など様々です。

法学部出身者が公務員として働く場合、法律に関する知識や判断力が求められる職種が多いため、法学部で身につけた知識やスキルを活かすことができます。

また、公務員は安定した給与や待遇があることも人気が高い理由ですが、公務員試験の競争率は高く、試験勉強には時間と努力が必要です。

公務員は市民サービスを提供するための仕事であるため、社会貢献意識や責任感をもって仕事に取り組める法学部女子に向いています。

さらに、法律を適切に解釈し、適用する能力や細かい規定の把握力、時間管理能力なども重要なスキルとして挙げられるでしょう。

企業法務部門

一般企業の法務部門も法学部女子が活躍できる就職先のひとつです。

企業の法的問題を扱う部署で、企業法務担当者として契約書の作成やレビュー、法的な問題解決、リスクマネジメント、コンプライアンス監査、訴訟対応、法的リスクを回避したビジネス支援など、多岐にわたる業務を担当します。

会社法や労働法などの法的問題を解決するために、内部調査の実施や適切な対応、コンプライアンス体制整備に対して、従業員教育の実施やコンプライアンス監査を行うこともあります。

企業法務部門で働くためには、法律に関する知識とスキルだけでなく、ビジネスや経済に関する知識、コミュニケーション能力、問題解決能力、調査・分析能力などが求められます。

また、法的観点からアドバイスをすることも多いため、ビジネスの運営や戦略に関する知識が求められるでしょう。

建設業

建設業においても法律の知識が求められるため、法学部女子に人気の高い就職先です。

建設業界では、建築基準法や建設業法、日照権などの法的規制が多く、法律に関する知識が不可欠です。

特に、建設工事の契約書の作成・審査や、施工上のトラブルや訴訟を回避するためのリスクマネジメント、紛争解決においては、法的知識を持った人材が求められます。

さらに、契約書の作成・審査、訴訟や紛争解決の支援、コンプライアンス対応など、幅広い業務を担当します。

また、建設業界ではプロジェクトごとにさまざまな業種や専門家が関わるため、コミュニケーション能力や調整力も必要とされます。

例えば、建築設計者や土木技術者、不動産関係者などと協力して、スムーズなプロジェクト進行を目指すことが求められるでしょう。

建設業

不動産業界
不動産業界は、不動産取引や契約書の作成・審査、紛争解決などに法的知識が必要とされるため、法学部出身者にとって魅力的な就職先と言えます。

具体的には、不動産取引においては、土地の法的性質や権利関係、登記制度、建築基準法などの法的規制に詳しい知識が求められます。

また、契約書の作成・審査においては、法的なリスクを最小限に抑えるための専門的な知識が必要です。

さらに、不動産業界には、不動産仲介業者、不動産開発業者、土地家屋調査士、行政書士など、様々な職種が存在します。

そのため、コミュニケーション能力や交渉力、プロジェクトマネジメント能力なども求められます。

また、不動産業の仕事を行うためには、「宅地建物取引士」の国家資格が必要です。

この資格は就職時の強みとなるため、不動産業界を目指している方は資格取得を検討することをおすすめします。

情報・通信業界

情報・通信業界では、個人情報保護法や特定商取引法、著作権法などの法的規制が存在し、これらを遵守するためには法的知識が必要です。

また、新しい技術やサービスの開発においては、特許法や知的財産法などの法律知識が求められることもあります。

さらに、情報・通信業界では、顧客との契約や紛争解決、企業間取引などのビジネスにおいて法的知識を活かすことができます。

法学部就活生は、契約書の作成・審査や法的リスク管理などに関する専門的な知識を持っているため、特にこの分野での活躍が期待されます。

急速な技術革新が進んでいる情報・通信業界では、新しいサービスや製品の開発、デジタルマーケティングなど、創造性やアイデアを活かすことができる職場です。

法的知識を活かしつつ、クリエイティブな発想やビジネススキルを発揮したい法学部女子にはおすすめの就職先です。

金融業界

金融業界では、金融商品取引法や銀行法、証券取引法などの法的規制が存在し、これらを遵守するためには法的知識が必要です。

また、不正行為やマネーロンダリング対策などの法的問題や金融商品の販売や契約書の作成・審査、紛争解決、法的リスク管理などに関する専門的な知識を持つことが求められます。

そのため、法学部出身の就活生は重宝されるでしょう。

金融業界は常に変化しているため、柔軟性と迅速な判断力が必要とされます。

法的な知識を活かしながら、ビジネスにつながる戦略的なアプローチが求められます。

法学部出身の女子が金融業界で活躍するためには、経済や金融に関する知識を習得し、ビジネスセンスを磨くことが必要です。

また、金融業界における資格取得も重要です。具体的には、証券アナリストやファイナンシャルプランナーなどの資格があります。

行政書士・司法書士・弁理士など

法学部女子が活躍できる職種には、法律に関する資格を持った専門職である「行政書士」「司法書士」「弁理士」などもあります。

法律に関する専門的な知識と技術を持ち、法律手続きや契約書の作成、申請書の作成などを行う法律家で、それぞれの資格や役割は異なりますが、法律の専門家として社会に貢献する職種です。

行政書士

行政手続きの代理や支援を行い、企業や個人が適切な手続きを行うことをサポートします。法学部出身者は、行政法や民法などの法律知識を持っているため、行政手続きの適法性や法的な手続きが必要な場合にも対応できます。

司法書士

裁判所などでの書類作成や手続きの代理、訴訟手続きのサポートなどを行います。法学部出身者は、民法や刑法、訴訟法などの法律知識を有しており、裁判所の手続きに関する法的な知識を生かして活躍できます。

弁理士

特許や商標などの知的財産権に関する取得や管理、侵害に対する対応などを行います。法学部出身者は、特許法や商標法などの知的財産権に関する法的知識を持っているため、特許や商標の取得や侵害対応などの業務において、法律的な観点から的確なアドバイスを行うことができます。

行政書士、司法書士、弁理士はいずれも国家資格であり、受験資格や試験内容は異なりますが、合格することで資格を取得することができます。

これらの業界で働く場合は、法律に関する知識やコミュニケーション能力、調査・分析能力、文書作成能力、プレゼンテーションスキル、クライアントとの信頼関係の構築能力などが求められます。

法律分野に特化したキャリアを築くことができるため、法学部女子にとっては魅力的な就職先と言えるでしょう。

法学部就活生の強みとは?就活で活かせるアピールポイント

法学部で学ぶことは、法律に関する専門知識だけにとどまらず、論理的思考力やコミュニケーション能力など多彩なスキルを身につけることができます。

このような強みを持つ法学部の就活生は、法律関連の職場に限らず、幅広い分野で活躍することができます。

では、法学部の就活生が持つアピールポイントについて詳しく解説します。

これらの強みを自己PRや職務経歴書などで明確にアピールすることで、他の応募者と差別化できるでしょう。

法的思考力|法律に関する知識や思考力

法学部の就活生は、法律に関する知識や思考力を磨くための教育を受けているため、法律を理解し、法的な問題を解決するための思考力が身についています。

このスキルは、ビジネスや社会の様々な分野で重要であり、特に法律関連の職業においては必須の能力となります。

論理的思考力|知識を論理的に整理できる

法学部では、膨大な量の法律知識を習得するだけでなく、その知識を論理的に整理する論理的思考力や問題解決能力を養うことも求められます。

これらの学びから、法学部の就活生は、複雑な問題を分析し、論理的かつ緻密な思考を行うことができます。

このスキルは、ビジネスや政府機関、国際機関などの様々な分野で必要とされており、高い評価を受けることがあります。

また、法律業界以外でも、プロジェクトマネジメントやコンサルティングなど、論理的思考力が重要視される職種でも活躍することができるでしょう。

調査・分析能力|データを効率的に分析

法学部の授業や研究には、法律文書の解釈や法令の調査・分析が含まれます。

そのため、法学部の学生は膨大な情報を効率的に収集し、必要な情報を厳選し、それを論理的に調査・分析する能力を身につけています。

また、法律に関する知識が豊富なため、問題を多面的に分析し、問題点を明確に把握し、適切な解決策を導き出すことができます。

これらのスキルは、企業や行政機関など、様々な職種で活躍するために必要なスキルとなるため、法学部の学生の強みといえるでしょう。

コミュニケーションスキル|寄り添う心と対話力

法学部では、ディスカッションやプレゼンテーションなど、コミュニケーションスキルを高める機会が多くあります。

そのため、自分の意見を的確に伝えたり、相手の意見を理解したりする能力が高い学生が多いことが特徴です。

弁護士や法律関連の職業においては、クライアントとのコミュニケーションが求められるため、コミュニケーションスキルが重要なアピールポイントとなります。

また、法律問題についての説明や提言を行うことが多いため、説得力のあるコミュニケーションスキルが求められるでしょう。

語学力|グローバルに活躍できる

法学部では、外国法や国際法についても学ぶため、外国語教育に力を入れている場合が多く、英語力や他の語学力を身につけることができます。

国際法律事務所などの国際的な職業においては特に重要となるスキルであり、グローバル展開する企業でも重宝されるスキルの一つです。

法学部の学生は外国語を習得する機会が多いため、語学力に強みを持つ学生が多く、就活では高い語学力が武器になるでしょう。

【まとめ】アピールポイントを活かした就職先選びをしよう

法学部では、法律に関する知識やスキルを学ぶだけでなく、論理的思考力やコミュニケーション能力、社会的使命感や公正な判断力を身につけることができます。

これらのスキルは法律業界だけでなく、幅広い職業で活かすことができるため、企業が抱える法的な問題を解決する法務部門や公務員として活躍する方も多く、多岐にわたる就職先があります。

就職先を選ぶ際には、自身のスキルや志向性を踏まえた上で、業界や企業の特性や風土、将来性などを慎重に考慮し、自分に合った職場を選ぶことが大切です。

また、就職活動では、自分の強みを明確にし、それを上手くアピールすることで、自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷