【専門家監修】管理栄養士が食品メーカーで働くには?就職先を見つけるコツを紹介!

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

管理栄養士の就職先は、病院や介護施設・保育園など多岐に渡りますが、食品メーカーもそのひとつ。

「自分が開発した商品を消費者に届けたい!」という想いから、食品メーカーで働きたい・商品開発に携わりたい管理栄養士の方も多いのではないでしょうか。

しかし、栄養指導や栄養管理とは異なったスキルが求められるのがメーカーの仕事。

管理栄養士のキャリアは役立つのでしょうか?

今回は、食品メーカーで働く管理栄養士の仕事内容・求められるスキル・年収などについて紹介します。

この記事の監修者:宮﨑 奈津季さん
  • 管理栄養士
  • 離乳食アドバイザー
  • 薬膳コーディネーター

プロフィール

医療系食品メーカーで営業に従事後、独立。レシピ開発、商品企画、記事執筆、栄養価計算や会社の立ち上げを経験。現在はフリーランスの管理栄養士として、特定保健指導・記事執筆・栄養価計算などを中心に活動中。プライベートでは一児の母。

運営サイト・著書

HP:https://www.mnatsuki.com/

note:https://note.com/natsuki_miyazaki/

Twitter:@NatsukiMiyazak1

管理栄養士が大手食品メーカーで働くには?方法2つ

正直なところ、食品メーカーの求人は多くありません

病院や介護施設、保育園などに比べると求人数が少ないうえ、頻繁な入退職もありません。

では、なかなか見つけにくい食品メーカーの求人を見つけるには、どうしたらいいのでしょうか。

大手食品メーカーの求人を効率よく探すには
  • 管理栄養士の転職に特化した転職サービスを使う
  • 企業の公式ホームページをチェック

管理栄養士専門の転職サービスを使う

「食品メーカーの管理栄養士の求人情報を効率よく探したい!」
「メーカーで働きたいけど、自分で転職サイトをチェックする時間がない…」

上記のような方は、管理栄養士の転職に特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

レア求人である食品メーカーの管理栄養士の求人情報をいち早く紹介してくれるので、ライバルよりも早く応募できます。

一般に公開されない非公開求人や独占求人も多いため、高待遇での転職を実現できる可能性も高いでしょう。

また、担当アドバイザーがあなたのキャリアプランやスキルに合った求人を提案してくれるので、メーカー以外の管理栄養士求人と比較したい方にもおすすめです。

企業の公式ホームページをチェック

働きたい就職先が決まっている場合は、企業の公式ホームページから採用情報をチェックするのもひとつの方法です。

例えばある大手食品メーカーのホームページでは、採用情報に詳しい募集要項が掲載されています。

求める人材像や必要なキャリアなども書かれていますので、どんな人材が採用されやすいかを判断することができますね。

ただし、多くのメーカーでは管理栄養士の採用と限定されているものではなく、総合職や専門総合職といった採用になるケースが多いようです。

管理栄養士|食品メーカー転職に人気のエージェント

食品メーカーに管理栄養士として働くなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

特化型の転職エージェントを使うことで、「管理栄養士の求人」を幅広く紹介してくれます。

表には出ていない、食品メーカー求人に出会えることもあるかもしれません。

食品メーカー転職におすすめのエージェント

転職が初めてでも安心【レバウェル栄養士】

転職アドバイザーが丁寧・質が高いと評判なのが、レバウェル栄養士です。

栄養士に特化したサービス展開をしているため、アドバイザーも管理栄養士市場に詳しいプロフェッショナル。

転職が初めての方でも、1から添削や面接対策が受けられるので安心です。

「求人探しだけでなく、相談や悩みも聞いてほしい」
「大手食品メーカーに受かるためのコツを教えてほしい」
そんな方に向いているエージェントでしょう。

公式サイト https://eiyoushi-oshigoto.jp/
対応地域 全国
おすすめポイント 書類添削~入社手続きまで手厚くサポート
\ 転職初心者におすすめ /レバウェル栄養士/公式HP

栄養士求人を幅広く用意【栄養士ワーカー】


栄養士ワーカーの魅力は、なんといっても豊富な求人数。

無料登録するだけで、他社にはないレアな非公開求人も紹介してもらえます。

また栄養士ワーカーのキャリアアドバイザーは、業界に精通したプロばかり。
求人票だけでは分からない、職場の雰囲気や残業時間・有給紹介率などの情報も教えてくれるでしょう。

「まずは幅広く栄養士求人を見てみたい」
「給料や福利厚生、勤務地などしっかり吟味して自分に合うところを探したい」

上記のような方は、栄養士ワーカーに登録しておくのが手っ取り早いでしょう。

公式サイト https://eiyoushi-worker.com/
対応地域 全国
おすすめポイント 全国に豊富な求人◎レア求人有

希望条件が決まっている方は【栄養士転職ナビ】

栄養士転職ナビでは、食品メーカーや病院・福祉施設やホテル…など、栄養士として働ける求人を幅広く用意します。

なかでも栄養士転職ナビの魅力は、「求職者と求人のマッチ度」。

アドバイザーの親身な対応が好評で、数ある求人の中からあなたが理想とする働き先を吟味して紹介します。

「今より年収が下がってしまうのは絶対NG!」
「条件は手取り〇万以上。ボーナス年2回は必須」

”食品メーカー”のこだわり以外にも希望の条件が定まっている方は、栄養士転職ナビに登録しましょう。

公式サイト https://eiyoushi-tensyoku.com/
対応地域 全国
おすすめポイント 幅広く求人を用意◎全国に対応

なぜ食品メーカーで管理栄養士が求められているのか?

近年、なぜ食品メーカーで管理栄養士が求められるようになったのでしょうか?

それは、消費者の中で健康意識が高まっているからです。

たとえばコンビニのお弁当などで「管理栄養士開発」と書かれた商品を見たことがありませんか?

身近なコンビニにも管理栄養士が関わる商品が置かれるのは、それほどその商品が売れるからです。

また某食品メーカーでは、栄養・健康ケア食品が数多く開発、販売されています。

こういった商品を開発するのに、栄養のプロである管理栄養士の視点は欠かせないのです。

食品メーカーで働く管理栄養士の仕事内容

食品メーカーで働く管理栄養士の仕事は、商品開発だけではありません。

管理栄養士の仕事内容

  • 企画
  • 消費者が求めているものをマーケティング調査し、新しい商品の企画・立案を行います。

  • 商品開発
  • 企画から提案された内容をもとに、商品の新開発やリニューアルなど商品設計を行います。
    手順や行程を決め、安定した生産作業の調整、栄養素の分析や衛生チェックなども行います。
    営業担当と同行し、お客様を訪問して、栄養学からの説明を行ったり、実際の声を聞いたりします。

  • 営業・広報
  • 商品を置いてくれる店舗を訪問し、営業や宣伝活動などを行います。ネット広告やSNSの発信も行うことがあります。

中小企業などでは企画から開発・広報まで一貫して担当するケースも少なくありません。

一方で、「開発がしたい!」と希望を出しても、広報や営業・製造現場から入社するケースもあります。

取り扱う商品も、原材料から離乳食・サプリメント・ドリンク・オリジナル製品まで多種多様です。

専門家がアドバイス!
一人ではなく、チームで仕事をする

管理栄養士は一人職場であることが多い職種ですが、食品メーカーの場合は社員の一員として入るため、一人だけで業務を淡々とこなすといったことはあまりありません。一つのプロジェクトに対して複数人でチームを組み、協力して業務を進めていくことが多いです。

そのため、社外だけではなく社内でのコミュニケーション能力が非常に重要です。縦のつながりはもちろん、横のつながりも強い傾向にあるので、困ったときは相談し合えるような雰囲気の会社を選ぶのも一つのポイントだと思います。

宮﨑奈津季さん
  • 管理栄養士

食品メーカーで働く管理栄養士の給料事情

やりたい仕事や入社したい企業への就職を目標にするにも大切ですが、やっぱり気になるのは「お給料っていくらくらいなの?」ということではないでしょうか。

ここでは、食品メーカーで働く管理栄養士の給料についてみていきましょう。

メーカー管理栄養士の給料事情
  • 食品メーカーで働く管理栄養士の年収
  • (例)管理栄養士の求人票

食品メーカーの管理栄養士の年収は高め

経験や勤務先によって給与は大きく変わりますが、管理栄養士はキャリアを積むほど高待遇が期待できます。

特に食品メーカーは企業の規模や役職によるものの、病院や介護施設・保育園などに比べると年収が高い
傾向。

昇給制度や福利厚生も充実しているようです。

中小企業よりも大手企業の方が高待遇である職場が多く、キャリアアップにより収入増も期待できるでしょう。

求人情報から見る!食品メーカーの給料は?

では、実際に求人情報から食品メーカーで働く管理栄養士の給料をみてみましょう。

デリバリー・福祉事業を手掛ける企業
  • 業務内容:製品開発(食品メニュー開発・中食・外食)、オペレーションへの標準化など
  • 給与:月給24.5万円~50.0万円
  • 予定年収:450万円~650万円
高齢者向け食品メーカー
  • 業務内容:給食運営の見直しや、コスト管理、人員計画など
  • 給与:年収373万円~471万円
健康食品メーカー
  • 業務内容:健康食品に関する問合せ対応業務
  • 給与:年収350万円~450万円
医薬・食品の老舗企業
  • 業務内容:健康食品ゼリーの開発やブランディング担当
  • 給与:年収300万円~450万円
大手食品会社
  • 業務内容:大手食品会社での栄養士チームの管理者業務
  • 給与:月給20万円~25万円
宅配食メインの食品メーカー
  • 業務内容:健康食の製造・宅配サービスにおける栄養価計算・食品表示業務・写真撮影補助・食材の納品受け入れ業務等
  • 給与:年収400万円~600万円

生活をしていくためには、年収を考慮して職場を選ぶことは重要です。

ただし、入職した後に「思っていた職場ではなかった」とミスマッチがないよう、勤務時間や待遇・福利厚生など視野を広げて就職先を選びましょう。

専門家がアドバイス!
残業や福利厚生は会社によってさまざま

給与が高くみえがちな食品メーカーですが、給与の中にあらかじめ残業代が含まれているケースがあります。また、土日祝日がお休みでも、業務上、休日出勤が多い会社も存在しています。そのような点については事前にきちんと確認しておくと良いでしょう。

また、福利厚生は会社によってさまざまです。家賃補助や資格手当、ユニークなものだと、自社商品のプレゼントや割引があったり、特殊な休暇があるところも。会社の雰囲気が分かるポイントでもあるので、ぜひチェックしてみてください。

宮﨑奈津季さん
  • 管理栄養士

食品メーカーで働く管理栄養士に求めるスキルとは?

食品メーカーで働きたい管理栄養士には、どんなスキルや知識が必要なのでしょうか。

管理栄養士に求められるスキル
  • 管理栄養士関連の知識・スキル
  • ビジネススキル
  • コミュニケーションスキル
  • その他スキル

管理栄養士関連の知識・スキル

食品メーカーで働く管理栄養士には、以下の知識やスキルが求められます。

  • 食品学や栄養学
  • 食品の栄養成分や味や香りなどから調理、加工による成分の変化など、食品の専門知識である食品学も必須スキルです。

  • 食品衛生学
  • 食品メーカーは、安全な食品を提供することが重要であり開発に関わる管理栄養士は、食品を通じて健康の維持・増進を守る役割をもっています。
    そのため食中毒・食品の変質・添加物など食に関する安全性に関する知識も求められます。

  • 生化学(生物学)
  • 管理栄養士の基礎科目として学ぶ学科のひとつですが、消費者に“食”を提供する食品メーカーでは、必須スキルといっても過言ではありません。
    食品や食生活の面から人々の健康を支える管理栄養士として、食物の成分が体内に入り、合成や生産、化学反応があり健康を保持するのかを理解しておく必要があるでしょう。

調理経験がメインだった方は、改めて知識を身に着けておくことが大切です。

ビジネススキル

オフィスワークで必須のExcelやWordなどのパソコンスキル・業務で必要な専門知識などは必須スキルです。

商品開発のために市場調査も行いますので、マーケティングスキルも求められるケースが多いでしょう。

コミュニケーションスキル

商品の研究や開発に関わる仕事を行う際にも、様々な部門や専門職とのコミュニケーションが欠かせません。

また営業や広報を担当する際には、相手に商品のメリットを的確に伝えるための能力や信頼関係構築、スムーズな業務遂行のためにも必要なスキルです。

その他スキル

上記でお伝えしたスキル以外には、食品表示の知識やISO*の管理・コスト判断ができる管理栄養士のニーズが高いとされています。

*ISO…国際標準化機構の規格のこと。

クライアントや消費者のニーズを反映した商品の提案や開発だけではなく、企業にとっては「コスト」も大切です。

例えば、砂糖ひとつとっても種類によって味や含まれる栄養素も異なりますし、加工方法やコストも異なります。

一般企業ですから、いい商品を販売するだけではなく、売り上げに繋げなければいけません。

そのため美味しさや栄養を損なわないような原材料の判断をするためにも、原価や値段設定などコスト意識も求められるでしょう。

専門家がアドバイス!
幅広いスキルが身につく

食品メーカーは、社内にさまざまな部署が存在していることが多く、部署異動によりいろいろな仕事を経験することができます。これにより、幅広いスキルが身につくのはもちろん、自分の向き不向きを知ることもできるため転職やキャリアアップもしやすいと考えられます。

管理栄養士の資格というよりも、知識を活かすお仕事が多いイメージですが、それ以外にもよりマーケティングビジネススキルなどを身に着けることができるのもポイントです。これらのスキルは意外にも病院や施設では自分から勉強しない限りあまり身に着けることができません。

宮﨑奈津季さん
  • 管理栄養士

【まとめ】プラスアルファのスキルを身につけてメーカー就職を目指そう

この記事では、食品メーカーで働く管理栄養士の仕事内容や求められるスキル・求人の探し方などについて紹介しました。

食品メーカーで働く管理栄養士の年収は高めに設定されていることが多く、その分非常に人気の職種です。

ライバルに負けずに内定を勝ち取るには、転職エージェントの活用がおすすめです。

食品メーカー転職におすすめのエージェント

栄養士業界に精通しているプロのキャリアアドバイザーが、きっとあなたの希望を叶えてくれるでしょう。


栄養士 / 管理栄養士におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
レバウェル栄養士
レバウェル栄養士
「初めての転職活動」が初めての方に
レバウェル栄養士では、転職が初めての方でも安心のサポートを無料で受けられます。「職務経歴書、どう書けばアピールできる?」「面接ではどんなことを聞かれるの?」あなた専属の担当者が、1からすべて教えてくれますよ。
栄養士ワーカー
栄養士ワーカー
「とにかく沢山求人を見たい」方に
栄養士ワーカーでは、メーカーや病院、保健所など幅広く求人を取り扱っています。全国に対応しており、一般には出回らない会員限定のレア求人も扱うので、ライバルと差をつけて理想の職場に転職するチャンス!
栄養士転職ナビ
栄養士転職ナビ
「今より収入を上げたい」方に
栄養士転職ナビは、アドバイザーの対応が評判のサービスです。専属のアドバイザーが「希望の年収・職場環境・エリア」などを詳しくヒアリングし、あなたにマッチした求人を提案します。転職を成功させたい方、まずは無料登録しておきましょう。


おすすめ関連記事

栄養士向け転職エージェント|厳選4社比較
栄養士の転職におすすめのエージェントを4社厳選紹介。自分に合った転職エージェントを使うことが「転職成功」のカギ。まずはどんなエージェントがあるのか、各社の特徴を比べてみましょう。
管理栄養士の<ホワイト求人>見つけ方
就職・転職を考えているけど、ブラックな職場は絶対に避けたい…。そんな管理栄養士の方に、【ホワイト職場・ブラック職場の見分け方】をわかりやすく紹介!理想の職場に出会うためのコツも解説します。
管理栄養士が大手食品メーカーで働くには?
管理栄養士の就職先として人気の"食品メーカー"。実際にどういった仕事をするの?どうやったら働けるの?という疑問に徹底解説します。大手食品メーカーを狙う方、必読です!

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷