> > 40代で未経験の職種に転職できる?

40代で未経験の職種に転職できる?

76252 views

40代未経験40代で別業界や未経験の職種への転職を考える場合、慎重に考え、行動していかないと失敗してしまう可能性が高くなります。というのも、そもそも一般的に40代以上での転職は厳しく無謀とも考えられており、それが未経験ともなればなおさらだからです。

転職サイトでよくある「40代以上歓迎」や「未経験歓迎」という表記は「入社してくれるなら誰でもOK」という意味でもあるのです。つまり離職率の高いブラック企業の可能性が高いということ。

一方、40代以上でもそれほど悲観する必要のないキャリアを持つ人も多いのも事実。これもまた知らないと損してしまいます。40代で転職しても大丈夫な人、転職しないほうがいい人、転職しやすい人とは一体どのような人なのでしょうか?

また、転職が厳しいと言われるような人でも、未経験で転職しやすい仕事もご紹介。これらの仕事への転職が検討可能な場合には、前向きに転職を考えてもみてもいいでしょう。

それでは、1つずつ具体的に見てみましょう。

40代未経験で転職に成功できる人、失敗する人

「40代はそもそも転職するべきではありません!」

あるコンサルタントはこう警鐘を鳴らします。それくらい一般的には40代の転職は厳しいと認識されています。

しかし、全員が転職に失敗するかと言うとそんなことなありません。転職に成功できる人、転職に失敗してしまう可能性の高い人はどのような人なのでしょうか?

40代で転職に成功できる人

40代で転職に成功できる人というのは主に2つのパターンがあります。こういった人は転職サイトや転職エージェントを使って普通に転職活動するだけで、満足の行く結果(年収アップ等)を得られる可能性が高いです。

1つ目は、今所属している企業で管理職として活躍していて、他の企業から「うちの業界の経験はないけど、あの人に入社してほしい」とまで思われている人。業界や職種に関わらず活躍できるマネジメントスキルなどを身に着けている人、とも言えます。要するにデキる人はどこでも重宝されるということです。

2つ目は、高度な専門知識を持っており、個の実力で十分に転職市場で戦え、職種や業界は違えど他企業で即戦力として活躍が見込める人。例えば経理や財務のスペシャリストから金融商品の開発職、またファイナンシャルプランナーに転職するようなケースです。

逆に言うと、もしあなたが上記の2つに当てはまらない場合、簡単に転職活動を始めないほうが賢明と言えます。実際、上記に当てはまる人というのはそれほど多くないはずです。

40代で転職に失敗しやすい人

40代未経験で転職に失敗してしまう人というのは、前項で説明したような2パターンに当てはまらない人材、ということになります。具体的には以下のような方が該当してしまいます。

  • 年功序列で年齢とともに役職や給料が上がってきただけの人
  • 今の企業の中でしか活躍のできないつぶしの効かないスキルだけを持つ人
  • 窓際など、現在の企業の中でも居場所がない人

これらの人材は企業の採用担当者や経営者の立場になって考えてみると、積極的に採用したいとは思えないはずです。しかし、これらの人材こそが真っ先にリストラの対象となるため、そして転職時も同じ待遇を求めているために転職市場において需要と共有のアンバランスが生じてしまいます。

40代の転職活動が長引くというのは、これが主な原因なのです。

次項ではこれらの人でも未経験で転職できる仕事を紹介していきます。未経験でも転職できる仕事を考える場合、資格の有無によって大きく変わってきますので、資格ありの場合、資格なしの場合それぞれについて説明していきます。

資格があれば40代未経験でも転職しやす業界や職種は多い

40代未経験でも転職が可能な仕事はズバリ「常に人手不足の業界、職種」となります。その中でも資格があると有利に転職できる仕事を紹介します。

ドライバー(男性におすすめ)

タクシードライバー、トラックドライバー、バス運転手などは常に人手不足で専門の転職サイトも増えています。

タクシードライバーとして働くには二種免許が、トラックドライバーとして働くには中型自動車免許や大型自動車免許やけん引免許が、バス運転手になるには大型二種免許が必要となります。

これらは会社負担で取得させて貰える場合も多いので、未経験・資格なしからのチャレンジも可能とはなりますが、資格があればすぐに働けます。

待遇面はトラック運転手に関してはそれほど悪くなく、長距離ドライバーであれば月収40万円以上も珍しくありません。タクシーは歩合制なので実力次第、バスに関しては固定給のみの場合が多く、待遇面はそれほど恵まれてはいません。

これらの仕事は男性が非常に多いので、男性におすすめの仕事といえますが、最近は女性ドライバーも増えてきていますので抵抗がなければ女性でもチャレンジしてみる価値はあります。

保育(女性におすすめ)

保育士に関しては現在待遇の改善が国をあげて行われているので、資格を持っているならば積極的に転職を検討してもいいでしょう。

待機児童問題の解消を目指して多くの自治体では保育施設を積極的に増やしているので、求人数は増えていきますし、保育士の大量離職問題を受け、保育士の待遇はかなり改善されてきています。これまでのネガティブなイメージに惑わされないようにしましょう。

保育士さん専門の転職サービスも増えてきているので、まずは登録や相談をしてみると良いでしょう。思いもよらない好条件の求人が見つかるかもしれません。

介護(男女ともにおすすめ)

介護職も昔から人手不足業界の典型例であり、今も変わらないどころか、人手不足はより深刻になっています。介護職員による利用者への暴力事件などが頻発していることからも、人材不足に悩まされている実情が見て取れます。

そんな介護職ですが、就職自体は資格なしでも比較的簡単です。しかし夜勤をたくさんこなさない限りは待遇面はかなり低くなってしまいますので、最後の砦として残しておくのが良いです。

介護の仕事をしていた経験があるなどの理由で資格がある場合には、高待遇での転職可能性も十分にあります。特に施設長など、管理職として転職することができれば年収600万円以上などの高待遇が現実的になります。

介護業界に関してはかなり多くの転職サイトや転職エージェントがありますし、地域に特化したサービスも多いので求人を見て待遇面を確認してみると良いでしょう。

それでは次に、資格がなくても40代未経験でチャレンジしやすい仕事を紹介します。

40代未経験資格なしでも正社員採用が現実的な職種、業界とは?

40代未経験で資格がなくても正社員としてチャレンジしやすい仕事をご紹介します。

これらの仕事の中には世間体などを気にする場合は抵抗がある仕事あるかもしれません。資格があるならば前項の仕事の中から探したほうが高待遇も受けやすいです。

営業

営業職は常に求人が出ている典型的な仕事です。年齢に関係なく「売ることができる人」が出世して、高い給与を得られる仕事なので、40代以上でも活躍可能です。

待遇面はまさにピンきりで、老舗企業のルート営業で20万円スタートと言うところもあれば、体育会系企業の新規飛び込み営業でいきなり年収1000万も可能というところもあります。前者は比較的働きやすい企業、後者は離職率高めのブラックな職場環境というケースが多いです。

しかし、40代で20万のお給料では家族を養うことも難しいのが現実。これまでの経験やスキルをアピールしてなるべく即戦力として認識してもらい、少しでもスタート時のお給料を増やしてもらう努力が必要となります。

営業職に関しては向いている人や結果を出せる人であれば、他の職種よりも圧倒的に稼げますので、抵抗がないならば一度はチャレンジしてみてください。待遇面に納得がいかなくても、実際に結果を残せる人であれば、数年勤務してより待遇の良い会社に転職することも可能です。

工場

工場勤務は募集要項でも40代が常に対象になる程、年齢には寛容な仕事となります。待遇面も夜勤がある場合などは30万円以上と比較的高待遇となっています。

仕事内容に関しては単純作業が多く、10代から50代以上の従業員と一緒に黙々と立ち作業をするようなイメージを持っておけば間違いありません。オフィスでみんなでおしゃべりしながら楽しく仕事をしていたような方は、ギャップに驚くかもしれません。

逆に、人とのしゃべるのが苦手な人や作業に集中して時間になったらすぐ帰りたいというタイプの人には向いている仕事と言えます。

飲食、アパレル、サービス業

これらの仕事は昔から多くの求人があり、「選ばなければ職につける」典型的な仕事でした。低賃金で労働時間は長く、仕事はきついという代表例だったのです。

最近では最低賃金の上昇などもあり、待遇の改善をしないと人が集まらないという状況も起きてきているので、高待遇の職場を見つけることも可能になってきています。

飲食、アパレル、それぞれに専門の転職サイト、転職エージェントがありますので、検討の余地があるならば求人だけでも見てみると良いでしょう。

自分が転職できるかを知ってから動き出そう

ここまで40代でも未経験転職できる人や仕事に関してお伝えしてきましたが、気になるのはやはり「結局のところ、自分は転職できるの?年収いくらで?どんな仕事に?」ということでしょう。

最後に40代で未経験の仕事への転職を考えている方が、現実的に、リスクなく転職活動を始めるためのコツをお伝えします。

それは、自分がどんな会社から必要とされ、転職したらどのくらいの年収が見込め、どのような職種の仕事に就ける可能性があるのか?を知ってから動き出す、ということです。

そのためには転職エージェントの活用が必須となります。転職エージェントは転職のプロ、あなたのこれまでの経験を面談で伝えることで、あなたが転職できる可能性の高い求人を紹介してくれます。

役に立たないと思っていた今までの経験が、思いもよらない企業で必要とされ、高待遇の転職ができる可能性だってあります。しかし、1人で考えて悩んでいては到底無理な話。餅は餅屋にというように、転職のことは転職のプロに任せるのがセオリーです。

自分で転職サイトを見てウーンとうなってっている時間があるなら、転職エージェントに相談して受かりそうな求人だけをピックアップしてもらって、履歴書添削や面接対策などの転職支援を受けながら二人三脚で進めていったほうが圧倒的に効率も成功率も上がります。

また、受かる可能性の極端に低い求人に応募して時間と労力をムダにしてしまうリスクも減ります。成果報酬の転職エージェントならば、受かりそうもない求人を紹介してくることはまずありません。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
246,834views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,021views
40代で未経験の職種に転職できる?
3
40代で未経験の職種に転職できる?
76,252views
【マンガ】だらだら残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】だらだら残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,038views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,276views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
6
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,701views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
7
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,359views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
8
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
67,881views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
9
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
66,973views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
61,927views
ページのトップへ