> > 【40代 年収中央値は400~500万!?】転職で年収ダウン防ぐなら平均年収を知ることから!

【40代 年収中央値は400~500万!?】転職で年収ダウン防ぐなら平均年収を知ることから!

11038 views

40代の年収中央値は400~500万という事実

会社内でも中堅からベテランに差し掛かり、年収1,000万円以上ある人も居れば、40代の平均年収にも届かず伸び悩む人もおり周りとの所得格差が出てきやすい40代。

自分の能力の問題だけでは無く勤務先の企業規模や地域によっても所得格差が広がっています。終身雇用制度が崩壊しつつある今、定年まで同じ会社で仕事を続けていけるのかも不安な時代です。

周りとの年収格差が広がる中、このまま現状を維持しながら仕事を続けていくのか、年齢が上がれば上がるほど困難となる転職を40代の今のうちにするのか?

今一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、40代の平均年収や中央値、気になる40代で一番年収が高い業界、転職を進めていく場合の年収別転職エージェントの活用法などを解説していきたいと思います。

40代平均年収・地域別

まずは40代の平均年収を始め、地域別・企業規模ごとに平均年収を知ることは大切です。

平均年収を知ることで転職の際に、年収交渉が上手く行える材料となり「転職して年収が下がった」というマイナス面を防ぐことができます。

40代平均年収

  • 男性(40~44歳):563万円 女性(40~44歳):302万円
  • 男性(45~49歳):633万円 女性(45~49歳):299万円
  • 男女平均(40~44歳):460万円 男女平均(45~49歳):494万円
  • ※「平成29年度民間給与実態統計調査」参照

【地域別】※男女平均

  • 東京都:660.5万円(40~44歳)/751.3万円(45~49歳)
  • 大阪府:572.0万円(40~44歳)/622.7万円(45~49歳)
  • 愛知県:594.5万円(40~44歳)/650.0万円(45~49歳)
  • 福岡県:487.9万円(40~44歳)/522.0万円(45~49歳)
  • 北海道:457.2万円(40~44歳)/492.8万円(45~49歳)
  • 沖縄県:400.2万円(40~44歳)/416.8万円(45~49歳)
  • ※「賃金構造基本統計調査」統計データより算出

6つの都道府県をピックアップしてみると、都道府県別の平均年収ランキング1位である東京都と最下位の沖縄県では約260~330万円といった大きな差があります。

40代に限らず全世代の男女平均年収でも首都圏(1都6県)の平均年収が566.6万円であるのに対し、首都圏以外(40道府県)の平均年収は408.2万円と地域によって平均年収に差が出てきてしまうことが分かります。

【企業規模別の40代平均年収】※賞与は含まず

大企業(従業員1,000人以上)

男性:413.2万円(40~44歳)/474.5万円(45~49歳)
女性:288.8万円(40~44歳)/303.5万円(45~49歳)

中企業(従業員100~999人)

男性:344.2万円(40~44歳)/377.9万円(45~49歳)
女性:258.0万円(40~44歳)/263.0万円(45~49歳)

小企業(従業員10~99人)

男性:316.3万円(40~44歳)/328.4万円(45~49歳)
女性:233.8万円(40~44歳)/232.2万円(45~49歳)
※「平成29年賃金構造基本統計調査」参照

企業規模別の平均年収に関しては賃金ベースのため賞与が含まれていない金額となりますが、男性の平均年収を例にしてみると大企業と中企業で約70~100万円の差があり、小企業とでは約100~150万円の差となります。

これに賞与が加わるとこれ以上に差が大きくなると考えられます。
 

勝ち組・負け組が一目でわかる、40代年収の中央値と分布

40代の平均年収が分かったところで、自分の年収が平均以下であると焦りや不安を感じている人も居るかもしれません。

ここで言う平均年収とは平均値であり、極端に年収の高い人がいる場合平均年収を引き上げてしまうため現実とはかけ離れた金額となることもあります。

より実感に近い金額となるのが中央値と言われており中央値は対象者の平均値では無く、中心に位置する数値を指しています。

【40代の年収分布】

  • 300万円未満:10.9%
  • 300~500万円未満:19.0%
  • 400~500万円未満:20.5%
  • 500~600万円未満:16.3%
  • 600~700万円未満:12.5%
  • 700~800万円未満:7.8%
  • 800~900万円未満:5.1%
  • 900~1000万円未満:2.9%
  • 1000万円以上:5.0%
  • ※転職サイトdoda「平均年収ランキング 最新版【年齢別】」参照
    doda.jp/guide/heikin/age/#anc_age_03

転職サイトdodaに登録している正社員の男女を対象に行っている調査なので、国の調査と比較するとやや高めの年収ではありますが、年収500万円以下の人が48.3%もいることが分かります。

そして、40代年収中央値の目安としては約430万と平均年収よりも低いのです。平均年収と中央値の値が開けば開くほど収入格差が広がっていると考えることも出来ます。

40代で一番年収が高い業界は?平均年収は?

40代の平均年収は475万円
男性は603万円、女性は436万円です。

平均年収の推移を見てみると、平成25年度では前年と比べて男性は15万円増、女性は6万円増と年収が高くなってきました。

全世代での平均給与は正規雇用では1.2%の増加になっており、緩やかに雇用情勢は良くなってきているのが読み取れます。

40代平均年収 業界ランキング ※2019/3 更新

  1. IT/通信         620 万円
  2. 金融           594 万円
  3. 総合商社         579 万円
  4. メディカル        570 万円
  5. メーカー         562 万円
  6. インターネット/広告   531 万円
  7. 専門商社         526 万円
  8. 建設/不動産       509 万円
  9. 小売/外食        470 万円
  10. サービス         464 万円
  11. 出典元 doda平均年収ランキング/業種別 平均年収40代
    https://doda.jp/guide/heikin/age/#anc_age_03

1位はIT/通信業界。
20代~30代でも平均年収は上位。40代では唯一平均年収が600万円を超えています。

2位は金融の594万円、3位は医療/メディカル570万円が上位となっています。

40代からの業界別求人動向

IT/通信

SE・PGの採用ニーズは今後減少傾向にあります。特に汎用系のエンジニアは厳しい状況です。ネットワーク系・セキュリティ関連。Java・Perl・PHPのスキルのあるモバイル系エンジニアの求人は堅調です。

金融

アクチュアリ・審査・融資など、専門分野のスペシャリストのニーズが多少あります。営業職ではFP・法務・財務など、金融商品以外の知識を持った中堅社員のニーズが高い傾向にあります。

医療・メディカル系

看護師・介護ヘルパーなど介護分野の採用ニーズは今後一層高まる傾向にあります。真面目で相手の立場が理解できる人材が求められます。また、MRおよび医療機器のメンテナンスができるエンジニアの求人も堅調です。

メーカー

海外に生産拠点を移す傾向が顕著なため、国内の求人ニーズは急激に冷え込んでいます。しかし品質管理・生産管理に関しては同業者での経験者、または応用力、効率改善知識がある人であれば需要があります。金型職人であれば60歳以上でも応募が可能です。

インターネット/広告

インターネットやスマホが急速に普及を背景に急速に拡大してきたインターネット・広告業界。web広告による宣伝、消費者のECサイトの需要が増加し求人も豊富です。デザイン・コーディング・ECサイト運営は経験を求められますが、マーケティング・営業・コンサルは未経験からチャレンジ可能です。

建築/不動産

東日本大震災の影響で、施工管理中心の技術職の求人が増えています。また、戸建住宅の需要高で一部のハウスメーカーでは営業の求人も増えています。営業職に関しては、宅建・インテリアコーディネーター・カラーコーディネーターなどの有資格者で提案力のある人材が求められています。

小売/外食

ネットでの購入が増えている中、百貨店や専門店での売上の減少と比例して求人ニーズも減少傾向にあります。しかし、地域密着型のスーパーや量販店での販売員の採用は顕著で、商品企画の求人ニースはあります。メニュー開発・店長候補・店舗開発などの正社員ポストの求人は堅調です。ただ、業界経験者が求められます。

40代の転職には転職エージェントを活用しよう!

転職活動の方法として、求人誌や転職サイトを利用して求人情報を探す場合や企業のHPに掲載されている募集要項を見て直接応募する方法などがありますが、希望通りもしくは希望以上の条件で転職先を探す方法として転職エージェントを利用し転職活動を進めていく方法があります。

40代が転職エージェントを利用するメリット
  • 非公開求人も含め希望条件にマッチした求人の紹介が受けられる
  • 書類作成・面接対策のサポートを受けられる
  • 転職エージェントによっては面接同行がある
  • 年収などの条件を交渉して貰える

転職エージェントには様々な会社があり、どこでも良いと言うわけではありません。現在貰っている年収によって上手に使い分けていくことでより転職成功への道が開きやすくなります。そこで、年収別に転職エージェントの活用法を解説させていただきます。

年収500万円以上の人が使うべき転職エージェント

年収500万円以上の人は転職をすることで更に年収アップが見込めるキャリアやスキルを可能性が高いので、高年収向けの転職エージェントの利用をおすすめします。

高年収向けの転職エージェントとしておすすめなのが以下の2社です。

ヘッドハンティング型の転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは高年収・管理職・外資系などエグゼクティブ層向けのヘッドハンティング型の転職サイトです。

登録時に職務経歴書を詳しく入力することで、国内外7,700社以上の優良企業や2,000名以上の一流ヘッドハンターからのスカウトを受けられたり、秘匿性の高い求人に応募することが可能となります。

ビズリーチは質の高いハイクラス求人を豊富に取り扱い40代以上が多く利用しているため、年収500万円以上の40代、更なるキャリアアップを目指す人におすすめです。

企業やヘッドハンターからスカウトを受けるスタイルのため、自分の市場価値や相応しいポジションを見つけ、尚且つ内定獲得率が高い点が最大の特徴です。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 高年収・外資系・管理職の案件に特化

利用者の約50%が40歳以上【JAC Recruitment】


JACリクルートメントはミドルからハイクラス、高年収向けの求人に特化し転職者の約半数が40歳以上と40代の転職にぴったりな転職エージェントです。

ロンドン発祥の日系転職エージェントであるため国内大手企業はもとより、外資系企業、海外進出企業への転職サポートに強みを持っており、業界・職種に精通したプロのコンサルタントがしっかりとサポートするので安心です。

また、JAC Recruitmentが保有する求人情報の約60%は非公開求人となっており、高年収・好条件の求人やJAC Recruitmentだけの独占求人などは非公開求人の中にあるので、「年収アップを目指したい」「今よりも良い条件で働きたい」と思っている人は登録を考えてみてもよいのではないでしょうか。

公式サイト https://www.jac.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 利用者満足度93%

年収400万円の人は自分の市場価値を知った上での転職を

40代の平均年収以下ともなりうる年収400万円台の人はJAC Recruitmentやビスリーチのようなハイクラス向け・高年収向けの転職エージェントを利用しても、「求人紹介を受けられない」「スカウトが来ない」「登録すら出来ない」と言ったような事態に陥る可能性があります。

年収400万円台の人でも利用しやすい転職エージェントを紹介します。

大手から中小企業まで質の高い求人が豊富【doda】


dodaは非公開求人も含めると10万件以上の求人情報を保有する業界でもトップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

dodaでは「現在の年収がキャリアに見合っているのか?」「自分の市場価値を知りたい」と思っている人のために豊富なデータから算出された年収査定を行うことが出来ます。

自分の年収に不満・疑問を抱えている40代の人は一度査定してみてはいかがでしょうか?

査定結果をもとに求人を探すことも可能なので、キャリアの可能性を広げるチャンスとなるかもしれません。

dodaにはキャリアアドバイザーの転職サポートを受けられる”エージェントサービス”と企業からオファーが届く”スカウトサービス”がありサポートも万全です。

公式サイト https://www.doda.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 転職エージェント・転職サイト両方の利用が可能

転職支援実績No.1【リクルートエージェント】


リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇り、非公開求人も併せ約17万件以上の求人を保有しています。

40代で自分のスキルに自信が無い人でも各業界に精通したキャリアアドバイザーが今までのスキルや経験を客観的に分析し、自分でも気づかなかった価値を見いだし転職へと繋げるサポートをしています。

リクルートエージェントが保有する求人の約90%は非公開求人なので転職の可能性を広げるためにも会員登録をおすすめします。

公式サイト https://www.r-agent.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 転職支援実績No.1/業界トップの求人数

年収300万円でも諦めず根気よく求人を探す

40代で年収300万円台の人の転職は難しいものとなることが予想されます。

企業へ応募した際「年収300万円」と記載すれば能力が足りない人だったのかと思われ、年収の低い企業に応募したとしても企業としては40代を雇うのであれば20代・30代の若手を採用したいと思われるのが現実です。

年収300万円台の人は自力での転職はとても困難なので、複数の転職エージェントを利用し求人の紹介案件を待ちながら根気よく転職活動を進めていきましょう。

事務職や管理職部門にも強い【Spring転職エージェント(アデコ株式会社)】


世界No.1総合人財サービス企業アデコグループの転職サービスであるSpring転職エージェント

他の人材紹介サービスで断られた人や求人紹介をされなかった人、スキルに不安がある人でも「面談を断らない」ことが特徴の一つです。

年収300万円台で転職エージェントの利用を考えたときに、面談を受けてもらえる可能性の高いSpring転職エージェントの登録は押さえておきたいサービスです。

Spring転職エージェントは転職サポートの面でも実績がしっかりとあり、産業・職種別の専門分野に精通したコンサルタントが求職者の価値を正確に把握し、企業とのマッチングを実現させています。

公式サイト https://www.adecco.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 面談に定評あり/40代で事務・管理部門を目指せる

40代で未経験・資格なし【リクナビネクスト】

年代問わず転職者の約8割が登録する転職サイトリクナビネクスト

転職サイトのため、自ら求人を探す必要がありますが「希望年収」「待遇・条件」などを選択して自分のペースで探せる点が強みです。

「40代 職種・業界未経験」で求人検索をすると1,002件表示されました。(※2019/3/15調べ)

スカウト機能も充実しているため、あなたの経歴に興味を持った企業・転職エージェントからスカウトが届くため、スカウト機能を上手く利用することで内定へ近づくことが出来ます。

公式サイト https://www.rikunabi.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 未経験・資格なしOK/スカウト充実

【まとめ】所得格差に嘆く前にまずは行動を

所得格差が広がりやすい40代。周りとの格差に嘆いている時間があるのであれば行動に移してみましょう。


自分の市場価値をしっかりと見極め、キャリアに見合った年収を得るための転職も視野に入れていく必要があるのかもしれません。

年齢が上がれば上がるほど行動に移しづらくなるのが現実です。この先のキャリアを見つめ直す良いきっかけになるのでは?

40代転職 関連コラム

中高年の転職必勝法 転職コンサルタント 中谷充宏


40代におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
ビズリーチ
ビズリーチ
即戦力となる実力を持った40代必見
ビズリーチは専門職・管理職経験者の40代なら一度は登録しておきたい転職サイト。なんと年収1000万クラスの求人を30000件以上も保有しています。40代で初の転職を目指す人にもきめ細やかなサポートを提供。
doda
doda
こだわりの条件で求人検索が可能
dodaは全国で100,000件以上の求人情報を保有している超大手転職サービス。また求人検索画面では年収や勤務地だけでなくキーワードを細かく指定できるので、妥協できない40代の転職条件にもマッチした求人情報をみつけることができます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
積極的な就職支援で厳しい40代の転職を支える
リクルートエージェントの高い内定率を支えるのは、キャリアアドバイザーの親身な対応。転職が厳しくなる40代でも客観的な強みを見つけてくれ、時には直接企業に売り込んでくれるから、一人で行う転職活動よりもずっとスムーズに内定を獲得できます。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
利用者の約半数が40歳以上の転職エージェント

JACリクルートメントは利用者の約半数が40歳以上というキャリアを持った中高年をメインターゲットにした転職エージェント。管理職やスペシャリストなどハイクラス求人に強いため、年収アップを目指したい40代には特におすすめです。
リクナビネクスト
リクナビネクスト
レジュメスカウト機能で企業からのアプローチを待つのもアリ
リクルートエージェント運営の転職サイト。自分のペースで転職活動を進めていけるから、「すぐに転職したいわけではないけれど、情報だけは集めたい」という人にもおおすすめ。スキルのある40代ならレジュメを登録しておけば、企業からオファーが届く可能性も高いです。


40代におすすめ関連記事

40代が使ってはいけない転職エージェント
40代ではまだハローワークや新聞広告という人もいますが、中高年の転職エージェント利用者も増加傾向です。40代が転職エージェントを使うことは、果たして正解なのでしょうか?
40代の年収平均値は?あなたは負け組勝ち組?
40代で年収500万円以下の人は48.3%!所得格差が広がりやすい40代の地域別・企業規模別の平均年収と、年収別の対処法を伝授いたします。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
104,319views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
43,693views
50歳から始める仕事の探し方
3
50歳から始める仕事の探し方
24,715views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
24,394views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,027views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,650views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
21,006views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
17,335views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
16,935views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
10
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,741views
ページのトップへ