「40代転職、やめた方がいい」はウソ。ホワイト企業との出会い方を解説

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


「人生100年時代」の働き方として、途中でキャリアチェンジすることは今や一般的になりつつあります。

40代に差し掛かり、自分の将来のために転職を検討されている方も少なくないはずです。

とはいえ、「40代の転職はやめた方がいい」といわれることも。

実際のところは、必ずしも40代の転職が失敗するというわけではありません。

本記事では、40代の転職がやめた方がいいといわれる理由について詳しく解説します。

こちらの記事も読まれています
40代の転職失敗は悲惨です/「死ぬほど後悔」しないためには

「40代転職はやめた方がいい」「ホワイト企業は無理」その理由

たしかに40代で転職しようとする場合、少なからず困難は伴います。

以下では、40代の転職は「やめた方がいい」「厳しい」といわれる理由で代表的なものを紹介します。

やめた方がいいといわれる理由

  • 求人数が少ない
  • 収入を維持できるとは限らない
  • 新しい環境への適応が大変

なぜやめた方がいいのか、注意点を理解したうえで転職活動を行いましょう。

求人数が少ない

40代を対象とした求人数は全体的に少ないことが、「やめた方がいい」といわれる理由の一つです。

40代の求人は基本的に管理職を念頭にしたものが多く、その数も必然的に少なくなってしまいます。
求人数が少ないということは、選考倍率が高くなるということにつながるのです。

企業側のニーズと上手くマッチしたところへ応募しなければ、転職活動は長期化してしまうことになるでしょう。

収入を維持できるとは限らない

40代の転職が「やめた方がいい」といわれる理由としては、現職で得ている収入を転職先でも維持できるとは限らないことも挙げられます。

転職をする場合、異業種・異職種に変わることもしばしば。
身に付けたスキルがストレートに評価されず、今までのような役職や階級が用意されないこともあるのです。

また、違う企業に移れば、その給与体系や労働時間も変わってくるため、望んだ収入額には届かないこともあるでしょう。

一時的にでも収入が下がることで、40代からの転職を踏みとどまる要因になっています。

新しい環境への適応が大変

40代まで一つの企業もしくは一つの業種・職種で働いてきた人にとっては、転職先の新しい環境に慣れることは簡単なことではありません。

同じ仕事を継続してきた弊害として、仕事の手順や考え方について、知らず知らずのうちに自分のやり方に固執してしまう面が生まれてしまうことも。

また、未経験の転職先などでは、「年下上司の指揮命令を受ける」という今までに経験しなかった状況もあり得ます。
謙虚な姿勢で良好な人間関係を築けるか、言葉でいうほど簡単ではありません。

具体的な業務内容や共に働く人との関係性、両方で柔軟に適応しなくてはならないことは初めのうちは大変なことです。

「40代で転職してよかった」と思えるホワイト企業との出会い方

転職にもさまざまな方法、企業の探し方があります。

以下では、「40代で転職してよかった」と思える、ホワイト企業との出会い方について紹介します。

ホワイト企業との出会い方

  • 人脈を使う(ヘッドハンティング含む)
  • ハローワークを使う
  • 40代向けの転職エージェントで相談する

40代転職を成功させるためのおすすめ手段をおさえておきましょう。

人脈を使う(ヘッドハンティング含む)

今ある人脈を使って転職先を探すことは、あなたにとって良かったと思えるホワイト企業と出会う可能性を高める方法です。

40代まで仕事を続けていれば、取引先や私生活で知り合った人、学生時代の友人などの中に、仕事観が合う人もいるはず。

その人と一定の信頼関係が築けていれば、自分からその人の所属先へ就職できるように売り込むことも可能な場合もあるでしょう。

逆に、意気投合した相手から「一緒に働いてはくれないか」とヘッドハンティングを受けることもあるかもしれません。

いずれにしても、自分が元から信頼している人の働く企業であれば、現実的な待遇や環境も聞くことができます。

一から探すよりも効率よくホワイト企業に出会えるはずです。

ハローワークを使う

国(厚生労働省)が運営するハローワーク(公共職業安定所)を使ってみることも、ホワイト企業に出会う方法の一つです。

地元企業の求人が豊富なため、地元に残りたい人にとってはお目当ての求人が多数見つかるでしょう。

自治体内の各所に施設が存在しているので、対面で相談できることも長所。

まずは気軽に近くのハローワークに立ち寄ってみるのもアリです。

40代向けの転職エージェントで相談する

よかったと思えるホワイト企業に出会いたいなら、民間企業が運営する40代向けの転職エージェントで相談するのも手です。

転職エージェントでは、下記のようなサービスが無料で利用できます。

  • 市場価値を相談・評価
  • 非公開求人を紹介
  • スカウト、ヘッドハンティング
  • 提出書類の添削、面接対策
  • 面接日程の調整、年収交渉

40代まで働いてきた方も、特定の業務におけるスキルは積み上げられていても、転職活動を効率的に進めるスキルはない方が多いでしょう。

また、転職市場は日々進化しているため、自分1人で最新の情報を入手するのは至難の業です。

転職エージェントを上手く利用したほうが、多忙な生活の中での転職活動でもホワイト企業とマッチできるはずです。

40代転職成功のカギ「無料転職エージェント」厳選

近年、転職エージェントが増えてきていますが、各エージェントにはそれぞれ強みや特徴があります。

以下では、40代が利用すべき転職エージェントを厳選して紹介します。

転職エージェントおすすめ厳選
  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ

全て無料で利用できる転職エージェントは、登録しない手はありません。
特に初めて転職する方は、情報収集もかねてまずは1~2社登録しておくのがおすすめです。

リクルートエージェント|幅広く転職の可能性を知りたい人

リクル-トエージェントリクルートエージェントに登録すれば、レアな非公開求人も含めて求人を確認できます。

大手ならではの豊富な求人数の中から、転職のプロがあなたの希望やスキルに合った企業を紹介。
さらに、面倒に感じやすい企業との日程調整や年収交渉までプロにお任せOK。

「既に希望の業種はあるが、他の可能性も知りたい」
「転職活動が初めてなので、情報収集もかねてサポートしてほしい」

思いもよらない転職の選択肢が見つかって、その後の人生が豊かなものになるかもしれません。

公式サイト https://www.r-agent.com/
おすすめポイント 転職成功実績No.1。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

非公開求人件数の多さも魅力。

ビズリーチ|ハイクラス転職でさらに高収入を狙う人

ビズリーチ現在よりも更に高収入を狙う方には、ハイクラス層に特化したビズリーチがおすすめです。

「管理職のため多忙で他の選択肢を探る時間がない」
そんな方でもビズリーチに登録すれば、優秀なヘッドハンターからのスカウトを受け、優良企業に転職できる可能性が高いです。

職務経歴書を見た企業やヘッドハンターから、あなたが思いもよらなかった高待遇のホワイト企業求人と巡り合えます。

ハイクラス転職の選択肢を見極めて、さらなる収入アップを実現させてください。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
おすすめポイント 高収入求人を掲載。
登録して職務経歴書を書けばスカウトが届く。

40代の転職成功はやり方次第。40代ならではのアピールポイント3つ

やり方によっては40代でも転職に成功できる可能性は十分あります。
希望の企業に採用されるかは、企業が何を求めているかを認識することがカギです。

以下では、40代ならではのアピールすべきポイントを3つ紹介しましょう。

40代のアピールポイント3つ
  • 即戦力であること
  • マネジメント経験があること
  • 若年者とも連携してきたこと

以下では、40代ならではのアピールすべきポイントを3つ紹介しましょう。

即戦力であること

40代転職を成功させるなら、即戦力として働けるということを企業にアピールするのが大切です。

企業側が育成期間・教育期間を加味して採用するのは、一般的に30代中盤まで。
40代からは転職後すぐに現場でスキルを発揮することを期待されます。

逆にいうと、40代までに身に付けたスキルを活かせる職場に注目して探すほうが採用されやすいということになります。
未経験の中でも、例えば同業種もしくは同職種の仕事などが狙い目でしょう。

そのような仕事であれば、今までのスキルを応用して即戦力になれることをアピールできるはずです。

マネジメント経験があること

マネジメント経験があることを企業が期待している場合が多いので、40代での転職の場合はその経験をぜひアピールしていきましょう。

20代や30代と同じように体力があることや流行に敏感なことは、40代に求められてはいません。
40代に企業が求めているのは、豊富な経験から冷静な判断でチームを正しい方向へ導ける能力、つまりマネジメント能力です。

40代であれば実際に何らかのマネジメント経験があることも多いはずなので、その経験を根拠にマネジメント能力を伝えましょう。

若年者とも連携してきたこと

40代の転職では、若年者とも連携できることはアピールすべきポイントです。

当然ながら、転職すればさまざまな年代の人とチームで業務に取り組むことになります。
自分より若い20代30代とも一緒に仕事をすることでしょう。

40代ともなると、しばしばこれまでの経験から固まった思考になり、若い年代とうまく連携できないことが問題になります。
企業としては採用時にこのリスクがあるかを見極めたいはず。

自分には採用後のそのようなリスクがないことを、企業に理解してもらわなくてはなりません。

今まで問題なくキャリアを積んできたなら、自分より若い世代とも一緒に働いてきたはず。

謙虚かつ敬意を持って他のメンバーと接することができることを大いにアピールしましょう。

「40代転職、やめた方がいいのか」不安な方によくある質問

現在40代で転職を考えているが、不安を抱えている方も多いでしょう。

その方が少しでも安心できるように、よくある質問にいくつか回答します。

40代転職でよくある質問
  • Q.未経験の仕事への転職は難しい?
  • Q.現実として、女性も望んだような転職はできる?
  • Q.転職先の環境に上手く馴染めるものでしょうか?
  • Q.転職活動は現職と並行して行う方が良い?

Q.未経験の仕事への転職は難しい?

A.たしかに難しいです。
但し、「未経験者歓迎」の求人や「同業種(同職種)」の仕事に絞れば可能性はあります。

全体としては未経験の仕事への転職は難しいでしょう。
それは、企業が40代には即戦力を求めているからです。

裏を返せば、未経験でも戦力になれる、今までのスキルを応用できる仕事であれば転職の成功の可能性は十分あります。

例えば、IT業界や介護業界など未経験者を歓迎してくれる業界か、今までと同業種ではある仕事もしくは同職種ではある仕事に絞ればうまくいくはずです。

Q.現実として、女性も望んだような転職はできる?

A.育児などで女性はキャリアが分断されやすいですが、正しい取り組み方をすれば転職(復職)できるでしょう。

子育てが落ち着いたので復帰を望んでいる場合や、両親の介護などで短時間労働に変えたい場合などケースはさまざまでしょう。

ですが、前職で得た経験を応用できることを丁寧にアピールできれば、採用してくれる企業はあるはずです。

また、未経験者歓迎の業界で一から正社員を目指すことも一つの方法といえます。

介護職など、入った当初は非正規でも、現場での経験を積んで資格を取得すれば正社員登用が期待できるものもあります。

Q.転職先の環境に上手く馴染めるものでしょうか?

A.基本的にはどこの職場も同じです。
業務で成果を出せるように注力しながら、年齢に関係なく謙虚かつフランクに接するように心がけましょう。

転職先だからといって現職と特別に変わることはありません。

前提として、職場は友達の集まりではなく、同じプロジェクトに向かうキャリアパートナーです。
まずは成果を上げて、同僚から必要とされる人材を目指しましょう。

転職先では、自分より若い先輩・上司がいることも多いと思います。
不必要なプライドは置いて、謙虚かつフランクに接してみましょう。

そうして職場に馴染むよう努力する姿勢を見せれば、周りがあなたのことを認めてくれるはずです。

Q.転職活動は現職と並行して行う方が良い?

A.基本的には並行して行ったほうが良いとされます。
但し、精神を病みそうなど緊急性がある場合は辞めて転職活動に集中してもOKです。

更なるキャリアアップを目指したいという場合や、我慢できるくらいの不満の場合は、働きながら転職活動を行った方が良いでしょう。

経済的な焦りを感じずに余裕を持って転職の機会をうかがえるので、望んだ企業が見つかる可能性が高くなります。

もっとも、現職によって既に疲弊して精神を病みそうなときはまず退職もアリです。
転職活動するにはそもそもモチベーションがあってこそですが、その根本を失ってしまっては元も子もありません。

自分の状況を見極めて判断してくださいね。

まとめ|「40代転職、やめた方がいい」鵜呑みにせずホワイト企業と出会おう

本記事では、なぜ40代で転職するのはやめた方がいいといわれるのかを解説しました。

20代30代と違って、未経験者歓迎の仕事や同業種もしくは同職種に絞って活動しないと難しいのはたしかです。

もっとも、即戦力であること、マネジメント経験があること、環境に馴染めることを転職エージェントを使って上手く利用してアピールすれば転職は可能です。

現在の状況に不満があって新天地を目指すわけなので、一時的な収入減などには目をつぶって、長期的なキャリアを描いてみてください。

前向きにしっかり取り組めば、40代以降のあなたの人生を豊かにする転職が実現するでしょう。


40代におすすめ関連記事

40代の転職事情・おすすめエージェント
40代の転職は無謀?成功させるには何が必要なの?ミドル世代の転職で抑えたいポイント、使うべき転職エージェントをわかりやすく解説!
40代の年収ってどのくらい?
40代の平均年収は?転職で狙うべき年収が高い業界は?年収アップのための必勝法をたっぷり伝授。
40代で転職失敗する理由は?
ミドル世代の転職失敗は絶望的。転職成功者の割合、崖っぷち体験談、失敗しないためのほうほうを解説。
40代が転職で未経験職種は難しい?
40代、今から未経験職種に転職できる?転職しやすい業界は?"未経験転職は厳しい"といわれる理由までじっくり解説。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷