【思わず共感】 「営業あるある」言ってみた!

営業あるある
営業あるある

【作:えりたさん】

営業職というと「ノルマがある」「大変そう」「キツそう」などネガティブなイメージを持つ人が多いのではないですか?

確かに営業職は他職種に比べ離職率が高いとも言われていますが、種類や業界によって離職率にも差があるのです。

一般的な営業職のイメージにある個人を相手としたテレアポや新規開拓のための飛び込み営業、厳しいノルマ‥など精神的にも体力的にもキツい営業職で頑張っている人もたくさんいます。

ここでは、思わず共感してしまう「営業あるある」を紹介していくとともに、営業職の大変さ・辛さだけでなく営業職のやりがい、営業職として自分に合った働き方なども紹介していきたいと思います。

「営業あるある」ネタが豊富なのは働く人が多いから!

はじめに、営業職として働いている人はどのくらいいると思いますか?

総務省統計局の労働力調査によると、営業職(販売従事者)は平成30年の調査で864万人いると言われており全体の13%!
職業別では4番目に多い人数です。

営業人数

※参照:総務省統計局「労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)平均(速報)結果」
https://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/nen/ft/pdf/2018.pdf

職業別就業者数では事務従事者が1,311万人と最も多い結果となっているため事務職として働く人のあるあるネタも豊富にありそうですが、営業職も負けず劣らず864万人が働いているので「営業あるある」ネタが豊富にあります。

思わず共感!営業あるある

ここからは思わず共感してしまう「営業あるある」を集めてみました。

あなたもどっぷり営業職に浸かっていますか?

数字に追われ顧客の気持ちを考えられなくなる

ノルマに追われ、上司からプレッシャーをかけられ、ノルマ達成のための責任感を感じ‥顧客の気持ちを全く考えられなくなり暴走しがち。

一方的なマシンガントーク。自分の都合でドンドン進めてしまう。‥結果的に成績ではなくクレームに繋がってしまう。

仕事中のサボりは当たり前

アポまでの時間、アポの間など疲れた体を休める休憩ポイントを多数知っている。サボっているのではなくあくまでも心と体を休めている。

喫茶店、カフェ、ファミレス、営業車、マンガ喫茶、カラオケだけにとどまらずパチンコ、映画、デート、自宅に一度帰る‥など強者も。

また、サボり先で上司に遭遇してしまうことや他社の営業マンと顔見知りになることもある。

若い女性営業に嫉妬する

女性に嫉妬

営業先の担当者が男性であることも多く、「女性」「若い」というだけで有利になることも。

自分の方が営業スキルはあるはずなのに‥と、どうすることもできないことにモヤモヤすることがある。

また、男性よりも女性の方が飛び込み営業で警戒されにくい傾向にあるため有利は有利!?

会社の携帯が鳴るとビクッとする

外回り中(サボり中)に上司からの電話に恐怖を感じる。悪いことをしていなくてもソワソワする。

酷いときは時間外、休日、有給休暇でも関係なく顧客や社内から電話が掛かってくる。できることなら出たくない。

成績の良い営業マンはモテる

トップ営業マンはトーク力、洞察力、人間性などを兼ね備えており、特別イケメンでなくても社内の女性からモテモテということも。

営業ウーマンの場合はトーク力を活かし彼氏GETやコンパのお誘いもあるとか。

噓も方便

自社の商品を良く見せるため、良く感じて貰うために小さな噓をついてしまうことがある。これも全ては会社のため!自分のため!

また、上司に対しても営業成績を小出しにして毎月の営業成績を操作することもある。戦略の一つ。

次のアポまでの時間のやり繰りに苦労する

時間のやり繰り

思ったよりも商談が早く終わってしまったときに、会社に帰るには時間が掛かりすぎる。

ゆっくりできそうなカフェなどちょうど良い場所が周囲にない。

そんな時は電車に乗り続け時間を潰すか、やっと見つけた公園のベンチで佇むしかない。

無駄な時間を過ごすのが地味に辛い。

モチベーションを上げる方法を1つは持っている

この仕事が終わったらお気に入りのカフェに行こう!欲しかった洋服を買おう!旅行に行こう、お酒を飲みに行こう‥など、モチベーションを上げるための目的や目標がある。

1人の時間や1人で何かをすることが苦ではない

一人

営業職として働くまでは一人ランチ・ディナーに抵抗があったが、営業職は基本的に一人で飲食することが多いためランチだけでなく、一人焼き肉・一人カラオケ・一人旅行も全く苦ではない。

女性の場合は女性一人では入りにくいとされるラーメン屋・牛丼屋・街の定食屋にも平気で入れるようになる。

休みの日の運転も急ぎがち

営業職は時間厳守が当たり前!移動手段として普段から営業車を利用している人であれば、やむを得ず急がなくてはいけないときもあります。

その普段からの癖でプライベートでも急ぐ必要がないのに急いで運転してしまうことも。

仕事中もプライベートでも安全運転を心掛けましょう。

プライベートな電話にも社名と名前を言ってしまう

普段から仕事中の電話を受けるときに社名と名前を名乗っている癖が抜けず、プライベートでも社名+名前を名乗ってしまい笑われる。

 
この他にも「営業あるある」はたくさんあると思いますが、ここに挙げた中にも「あるある~」「わかる~」と共感できるネタはありましたか?

営業職のメリット・デメリット

営業職だけではなくどんな仕事にもメリット・デメリットと感じることがあると思いますが、特にネガティブなイメージを持つ人が多い営業職にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

まずは、デメリット(大変なこと、辛いこと)から見ていきましょう。

デメリット(大変なこと、辛いこと)

  • ノルマや成績に追われてしまうことがある
  • 成果や結果が出ないときにプレッシャーを感じる
  • 仕事とプライベートとの区別がつきにくい(時間外や休日でも仕事の電話が入るときがある)
  • 営業成績が悪い月の給料が低くなることも
  • 理不尽な態度を取られたり、クレームを受けることがある(テレアポや飛び込み営業など)

次に、メリット(やりがい)はこのようなことが挙げられます。

メリット(やりがい)

  • 達成感を得られる(ノルマを達成したとき、契約を取ったときなど)
  • 人脈が広がる(社外の人脈が広がり、転職や今後の人生のプラスになることがある)
  • 顧客から感謝されたとき(「ありがとう」の言葉を直接聞ける)
  • 実力さえ身につければ収入アップ・キャリアアップが可能
  • 社会人としてのマナーや仕事の基礎を身につけられる(営業職をしていく中で自然と身につく)
  • 人と接することに自信がつく(対人関係に強くなる)

営業職はもちろん大変な仕事ですが、企業の顔として大事な役割があり必要とされている職種です。

大変なこと、辛いことがある分、他の職種よりもやりがいを大きく感じられる仕事でもあります。

あなたに合った営業職は?

はじめにお話したように、営業職は他職種に比べ離職率が高いと言われていますが種類や業界によって業務内容が異なり離職率にも違いが見られます。

営業職に興味がある人、これから営業職として働きたいと思っている人は営業職と一括りにするのではなく、それぞれの違いを理解した上で営業職として自分に合った働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?

種類
  • 法人営業
  • 企業に対する営業。BtoB営業とも言う。個人営業よりも大きな契約に繋がる。

  • 個人営業
  • 個人消費者に対する営業。BtoC営業とも言う。

  • 新規営業
  • 新規の顧客を開拓する営業。テレアポ、飛び込み営業などが該当する。

  • 既存営業
  • 取引をしている企業や個人に更なる営業をかけ次の契約に繋げる。ルート営業とも言う。

  • 内勤営業
  • 広告やダイレクトメールの内容に関する問合せを受けたときに行う営業。反響営業とも言う。

業界
  • 不動産業界
  • 個人営業が多く、家やマンションなど高価な商品を扱っているため契約は難しいが年収が高い。

  • メーカー系
  • 法人営業が中心であり、既存営業もしくは新規営業が多い。海外営業を行っているメーカーもある。離職率は低め。

  • 金融業界
  • 個人顧客の新規営業が多い。金融業界の中でも証券会社が大変と言われている。離職率は高めだが年収が高い。

  • IT業界
  • 顧客は企業や法人、官公庁などが多い。IT全般のスキルが必要な専門性の高い営業。

  • 広告業界
  • 法人営業が中心であるためシビアであり働き方がハードになることもあるが大きな仕事に携われるためやりがいも大きい。

簡単にですが営業の種類と業界を紹介しました。

一般的に営業職のイメージとして思い浮かぶことの多い「ノルマがある」「飛び込み営業」「テレアポ」などのある不動産業界や金融業界などは離職率が特に高いと言われていますが、マイナビ転職が発表した『職種別モデル年収平均ランキング』では上位にランクインしています。

【2020年版 職種別モデル年収平均ランキング】

職種別モデル年収平均ランキング

※参照:マイナビ転職「2020年版 職種別モデル年収平均ランキング」
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01

  • 6位 不動産営業‥952万円
  • 8位 金融営業(個人)・リテール・FP‥918万円

どんな仕事もラクして稼げるわけではなく、大変なこと苦労があるからこそ高収入に繋がり大きなやりがいもあるのでしょう。

営業職は未経験からでも採用されやすい

営業未経験

営業職として働く人は多く、企業の顔としてなくてはならない職種の一つです。

求人情報を見てみると、営業職は経験者だけでなく“未経験歓迎”の募集が多く未経験からでも採用されやすいことが特徴です。

学歴・職歴・年齢に不安がある人でも、営業職への意欲や熱意さえあれば転職することができ年収アップも夢ではありません。

具体的に自分に合った働き方や業界が分からないと感じているのであれば転職エージェントを活用してみるのもおすすめです。

転職エージェントのサポート

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類作成サポート
  • 面接日程調整、面接対策
  • 雇用条件交渉  など

転職エージェントでは転職に関する相談から転職成功までを一貫してサポートしてくれます。

営業職に興味があるけれど自分に向いているのか分からない、どの業界を選んだら良いのか分からない、転職活動に不安がある、ブラック企業には絶対に転職したくない‥など、転職への悩み・不安・疑問がある人は転職エージェントに相談してみましょう。

全てのサービスが無料で利用出来ます。

営業職への実績豊富!ジェイック

ジェイックは39才までを対象とした転職サポートを行う転職エージェント。特にフリーター・第二新卒などの未経験者層に特化しています。

就職後「このまま長く働きたい」と思う人が多数いる為、入社後定着率は91.3%です。

ジェイックはビジネスマナーや面接対策、履歴書の書き方まで学ぶことができる無料就活講座を行っています。社会経験の少ない人も就職活動のノウハウを習得できるのも魅力です。

講座後は書類選考なしで20社以上と面接会が行われます。

公式サイト https://www.jaic-college.jp/
年齢 19~39歳対応
実績 就職支援の実績2万名以上、就職成功率は81.1%
特徴 入社後定着率は91.3%と定着率の良さが特徴

業界トップクラスの求人数!doda

1つのサイトで求人検索とエージェントのサービスが受けらるdoda

他サイトより求人数の豊富さが魅力で、常時11,000件以上の営業職の求人を取り扱っています。求人が多いため、希望の業界、職種も選べるのはうれしいポイント◎

コロナ禍の今こそ、条件のいい仕事に転職して長く安定して働きましょう。

公式サイト https://doda.jp/consultant/
年齢 全年齢対応
実績 転職者満足度No.1
特徴 大手・優良企業の求人が豊富

あるあるネタは職種の裏側が覗き見える

職種の裏側

「営業あるある」どうでしたか?

自分と重ねて思わずクスッとしてしまうことはありましたか?

営業職の大変なところや、それぞれの息抜き法、仕事中にこんなことがあった‥など、同じ営業職だからこそ共感でき盛り上がるネタってありますよね。

現在営業職として働いている人は「みんな同じなんだな」と明日からまた仕事を頑張るモチベーションに。

営業職に興味のある人はこのような「あるあるネタ」から表面的には分からない営業職の裏側を覗き見て、今後の転職活動に繋げてみてはいかがですか。

えりたさん


関連記事:転職に関するマンガ

【転職マンガ】ブラック企業あるあるまとめ
「あれ、もしかして自分の職場ってブラック企業じゃね?」。これを見れば、自分の仕事先をブラック判定可能!逆に当事者は思わず納得。会社という社会に潜む地獄絵図な体験の数々をまとめてみた。
【転職マンガ】新入社員あるある
新入社員あるあると、昨今はドラマなどでもとりあげられ話題の、モンスター新人ついても紹介していきます。
【転職マンガ】仕事ができる人は体調管理もばっちり
体調管理は、社会人のマナーとして当然! 多少具合が悪くても無理して出社…それって、正しいの??
【転職マンガ】SEあるある!謎だらけなSEの生態とは?
知的でかっこいいイメージのあるSEの苦労とは?思わず頷いてしまうSEあるあるを紹介します。
【転職漫画作品一覧】どのくらい当てはまる?転職・仕事あるある
ここでは転職・仕事に関する悩みをクスっと笑える「転職・仕事あるある漫画」でご紹介。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷