フリーターの末路とは。40代フリーター、高卒フリーターなど年代・学歴別に紹介

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


「フリーターはどんな末路を迎えるの?」
「フリーターと正社員の生涯年収の違いはどのくらい?」
「フリーターが正社員になるためのポイントは?」

フリーターとして働いているけれど、将来について不安に感じてしまう…という方は多いのではないでしょうか。
実際に、フリーターと正社員とでは収入面や安定性に大きな差があります。

今回は、フリーターがどんな末路を迎えるのか、脱出法とあわせて解説します。

どうにかしたいと悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

【年代別】フリーターの悲惨な末路とは?

まずは、年代別に予想されるフリーターの末路を紹介します。

  • 30代フリーターの末路
  • 40代フリーターの末路

現在フリーターで働いている人は、高い確率で将来直面する可能性のある問題です。
悲惨な末路を回避するために、どのような問題があるのか確認しておきましょう。

30代フリーターの末路

30代のフリーターは、経済的に自立できない点が大きなデメリットといえるでしょう。

フリーターは時給で働いているケースが多く、正社員と比較すると収入が低くなります。

経済的に安定し難いので、ローンが組めなかったり、結婚がしづらかったりと将来的にデメリットを感じることが多くなると予想できます。

厚生労働省が公表する「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、30~34歳までの正社員の賃金は約28万なのに対して、フリーターを含む正社員以外の賃金は約21万円です。

また、35~39歳の正社員と正社員以外を比較しても、約10万円ほど賃金に違いがあることが分かります。

正社員 正社員以外
30~34歳 28万8,400円 21万5,500円
35~39歳 32万3,500円 21万3,300円

参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査』

この結果から、30代のフリーターは経済的に安定しづらく生活に影響が出やすいといえるでしょう。

30代フリーターにおすすめの仕事

30代フリーターの方におすすめの仕事は以下のとおりです。

  • 接客業
  • 営業職
  • 介護職
  • 工場作業員

接客業と営業職は、「未経験歓迎」としている求人が多く、30代フリーターの方でも挑戦しやすい職種です。

人と接する仕事になるため、コンビニや居酒屋などでのアルバイト経験があると、就職にプラスになる可能性もあるでしょう。

介護職は、働きながら資格を取得できるため、30代で働きやすい職種といえます。
介護職は人手不足が深刻で、未経験歓迎としている求人が多くあります。

工場作業員も、経験や学歴を問わない求人が多い職種です。

工業では、同じく未経験で就職した方も多く、教育体制がしっかりとしています。

30代フリーターでも、働きやすい環境といえるでしょう。

30代フリーターの脱出方法

30代フリーターを脱出するには、未経験でも挑戦しやすい求人をみつけることが大切です。

職歴がない人でも挑戦できる求人に応募して正社員として採用されると、フリーターから脱出できるでしょう。


未経験でも挑戦しやすい求人をみつけたい方は、「Green」に登録しましょう。

Greenは、未経験でも採用されやすいIT業界の求人が豊富なエージェント。

応募先の企業情報も写真付きで詳しく載っているので、入社後のギャップを感じることも少ないです。

IT業界以外の求人も取り扱うので、30代から正社員を目指すなら登録しておきましょう。

公式サイト https://www.green-japan.com/
おすすめポイント 年齢不問&未経験OKのIT求人が多い

40代フリーターの末路

40代のフリーターは、正社員として働いている人との収入差がますます大きくなり、老後の不安を抱えやすいことがあります。

40代となると、若い頃よりも衰えを感じ、将来の老後資金についても考える機会も多くなるでしょう。

老後の貯蓄に回すお金の余裕はないため、老後の不安を感じるようになることが予想されます。

これまでは両親にサポートしてもらっていた方などは特に、両親が高齢になるにつれ不安を感じてしまうでしょう。

厚生労働省が公表する「令和4年賃金構造基本統計調査」で、40代の正社員と正社員以外の人との賃金を比較すると、以下のような結果となりました。

正社員 正社員以外
40~44歳 34万7,500円 21万7,600円
45~49歳 36万6,300円 21万2,800円

参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査』

フリーターなど正社員以外の人の賃金は年齢とともに下がる傾向にあるため、正社員の方との収入差が大きくなります。

40代のフリーターは、自分の老後資金を貯めるためにも環境を見直す必要があるでしょう。

40代フリーターにおすすめの仕事

40代のフリーターにおすすめの仕事は以下のとおりです。

  • 介護職
  • 配送業
  • タクシー業界
  • 警備員
  • 清掃員

企業はできるだけ長く会社で働いて欲しいと考えているため、40代が応募できる求人は限られると考えておきましょう。

介護職配送業など、人手不足が深刻な業界では、職歴がない40代のフリーターでも採用される可能性があります。

採用されてから業務に必要な知識やスキルを学べる企業も多いため、未経験でもチャレンジしやすいです。

これまで経験したことがない職種でも挑戦しやすい点がメリットといえるでしょう。

40代フリーターの脱出方法

40代がフリーターを脱出するには、すぐに求職活動を始めて、さまざまな求人を扱っている転職サイトを利用することが大切です。

40代が応募できる求人は限られているため、多くの求人がある転職サイトを利用した方が、早く仕事がみつかるでしょう。


40代フリーターの方が転職サイトを利用するときには、掲載求人数が豊富な「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTは、豊富な求人数を取り揃えている求人サイトです。

幅広い職種や業種の求人が掲載されており、自分にぴったりな求人をAIがおすすめしてくれるという機能があります。

「40代でも働きやすい仕事が分からない」「正社員として始めやすい職種を知りたい」
このような考えを持っている方は、リクナビNEXTのAIや診断機能を利用することで、効率よく自分にぴったりな職種を見つけられます。

自分に合った求人をみつけたいという方におすすめの転職サイトです。

公式サイト https://next.rikunabi.com/
対応地域 全国
おすすめポイント 独自のAIを活用し、理想の求人をみつけやすい

【学歴別】フリーターの悲惨な末路とは

次に、学歴別のフリーターの末路を紹介します。

  • 高卒フリーターの末路
  • 大卒フリーターの末路

高卒・大卒にわけて、フリーターが将来的に迎える可能性がある悲惨な末路をみていきましょう。

高卒フリーターの末路

高卒のフリーターのなかには、「いずれは就職しよう」と考えている方もいるでしょう。

しかし、高卒フリーターが正社員として就職できる求人は少ないと考えられます。

また、20代を過ぎる頃には周りの友人が正社員として就職をし、収入の格差を感じるようになります。

結婚や出産の話をよく聞くようになり、フリーターの自分と比較して肩身の狭さを感じ、友人と疎遠になるケースも多くあります。

厚生労働省が公表しているデータを参考にした高卒が正社員として就職できる割合は以下のとおりです。

最終学歴 若年労働者を100としたときの正社員の割合
高校卒 56.3%
高専・短大卒 66.2%
大学卒 80.9%

参照:厚生労働省『平成30年若年者雇用実態調査の概況』

高卒で正社員として働ける人の割合は、高専・短大卒や大学卒と比べると低いことが分かります。

大学卒の方と比べると、正社員になるのは難易度が高いようにも思えます。
その分、転職エージェントを活用しながら自分に向いている仕事をしっかり見極めることが大切です。

高卒フリーターにおすすめの仕事

高卒フリーターにおすすめの仕事は、以下のとおりです。

  • IT業界
  • 製造業
  • 建設業
  • 不動産業

配送業製造業は、大学で学べる知識やスキルをほとんど活かすことができない専門職です。

そのため、大学を出ていない高卒でも、活躍できるチャンスがあります。

建設業は、人手不足の企業が多く、体力のある若手の採用を積極的に行っています。

建設業と聞くと現場で力仕事をするイメージですが、経験を積んだ後は現場の管理を行ったり、設計を担当したりとさまざまな仕事にチャレンジできるでしょう。

不動産業は、学歴問わず出世のチャンスがある業界です。

大卒よりも稼ぎたい!実績で給料を上げたい!という野心を持った方にもおすすめの就職先です。

高卒フリーターの脱出方法

高卒フリーターを脱出するには、学歴関係なく活躍できる職場に正社員として就職する必要があります。

学歴を気にしない企業は、正社員として就職すれば将来的にキャリアアップできる可能性があります。

大卒フリーターの末路

大卒フリーターは有名大学を卒業したとしても、フリーターとして扱われます。

そのため、せっかく努力して大学を卒業しても、フリーターをしていた期間が長いほど就職活動に学歴が優位に働くことはないでしょう。

大卒フリーターのなかには今までの学歴を捨てられず、一流企業にこだわった就職活動を行い、フリーターの期間が長くなっている人もいます。

大学まで卒業したのにフリーターという肩書きに肩身の狭さを感じ、そのまま引きこもりになってしまう人も。

周りの目を気にしすぎず、自分に出来ることから探し始めなければ、ますます社会復帰することが難しくなるといえます。

大卒フリーターにおすすめの仕事

大卒フリーターにおすすめの仕事は以下のとおりです。

  • 営業職
  • 事務職
  • 公務員

営業職は、接客業などのアルバイト経験があるフリーターにおすすめの仕事です。

スキルや経歴よりも、適正やポテンシャル重視での採用が多く、大卒フリーターでも就職できる可能性が高いといえるでしょう。

営業職は、未経験でも始めやすく、幅広い求人がある職種です。

事務に関連した資格を取得すると、給料アップも望めるため、コツコツ仕事ができる方におすすめの仕事です。

公務員は、経歴に関係なく公務員試験に受かれば採用されるため、大卒フリーターにも挑戦しやすいでしょう。

ワークバランスのとれた働き方ができるので、安定した職場をみつけたい方におすすめの仕事です。

大卒フリーターの脱出方法

大卒フリーターから脱出するためには、若いうちに働く目的や目標をみつけることが大切です。

働く目的や目標を叶えるために、どのような企業に就職すればよいか考えてから就職活動を始めましょう。


自分に合った就職先をみつけたい大卒フリーターには、「キャリアスタート」の利用をおすすめします。

キャリアスタートは、就活経験のない既卒やフリーターの方の就職支援に特化した転職エージェントです。

1人の求職者につき、経験豊富なキャリアアドバイザーが1名つき、マンツーマンで手厚いサポートが受けられます。

初めての就活で「そもそも就職活動の仕方が分からない、面倒くさい」という方でも、経験豊富なアドバイザーに任せてOK。

応募書類の添削や面接対策までも幅広くサポートを受けられるので、就活に不安のある方の強い味方となるでしょう。

公式サイト https://www.career-start.jp/
対応地域 北海道・関東近郊・大阪県・愛知県・福岡県
おすすめポイント/th>

未経験OKの求人多数。フリーターでも正社員に挑戦できる

フリーター・働かない人の末路に関するよくある質問

ここからは、フリーター・働かない人の末路に関するよくある質問を3つ紹介します。

  • Q. 「中途採用」とは?フリーターからでも応募できる?
  • Q. 実際、フリーターは何歳まで許される?
  • Q. 派遣社員の末路も悲惨?

Q. 「中途採用」とは?フリーターからでも応募できる?

A.スキルや経験を求められない求人であれば応募できます。

中途採用とは、一般的にすでに就業経験のある人材を採用することを指します。

しかし、中途採用の求人によっては、専門的なスキルや知識を必要としない求人もあります。

企業によっては、職種未経験のフレッシュな人材を探している可能性もあり、「未経験可」の求人であれば、フリーターでも応募しやすいでしょう。

Q. 実際、フリーターは何歳まで許される?

A.一般的には20代までとされています。

30代になると「未経験可」の求人数が減り、就職するのが難しくなります。

多くの企業では、長く会社で働いてもらえる20代の若手を採用したいと考えているでしょう。

そのため、30代で応募できる求人は減り、正社員として就職するのが難しくなると考えられます。

Q. 派遣社員の末路も悲惨?

A.派遣社員も非正規雇用なので、フリーターと同様に安定性がありません。

アルバイトで生計を立てているフリーターの中には、派遣社員になることを検討している人もいるのではないでしょうか。

派遣社員も非正規雇用のため、業績悪化などで人員を削減する場合は派遣社員から解雇される可能性が高く、安定性がないといえます。

また、時給制の派遣社員は収入も安定しないため、フリーターから派遣社員へ就職するのはおすすめできません。

【まとめ】自分に合った仕事を見つけて正社員への就職を目指しましょう

フリーターは、正社員と比べて収入面が不安定なことが大きな特徴です。
フリーターの多くは時給制の仕事をしており、仕事を休むと収入が減るため、ワークライフバランスを保ちにくくなるでしょう。

また、正社員と比べて収入面が不安定なので社会的信用が低く、結婚につながりにくいというデメリットもあります。

年代や学歴に関係なく、人手不足で未経験歓迎の職種であれば、フリーターでも正社員として就職できる可能性があるといえるでしょう。

年代や学歴がネックとなり長らく正社員としての就職を諦めている方でも、自分に合った職種を見つけることで、正社員への就職を目指すことができます。

これまで社会人経験がなく就職活動に不安を感じる方は、無料の就職エージェントを利用を検討しましょう。


フリーターにおすすめ関連記事

フリーターが『使ってはいけない』転職エージェント
フリーター生活に終止符を打ち、そろそろ正社員に。ただし、エージェント選びを間違えると大変。フリーターが絶対に使ってはいけない転職エージェントを集めました。
【専門家監修】自由最高!正社員よりフリーター!
正社員は拘束時間が長いし嫌だ!フリーターの方が自由だし楽しい!現在は正社員で、退職してフリーターになる事を考えている方は必見です!
フリーターはいつまで続けて平気?
フリーターには悲惨な末路が待ち受けている?その人のタイプによって異なる、その理由について解説しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷