外資系転職でエージェントを使わないと失敗するワケ

外資系転職に外せない転職エージェント5選

キャリアアップや収入アップを目指して外資系企業への転職を考える方も多く、魅力的な多い反面、一方で「失敗すれば地獄」と言われるほどリスクは高いのが現実。

  • 「実力主義の企業風土についていけない」
  • 「事業撤退からの無職」
  • 「英語力の未熟さが露呈」

と、思っていたよりも高いハードルの外資系企業への転職に悩む方も多く、なによりも日本企業との違いから転職失敗する方が多いものです。

背景には外資系企業の情報収集不足とミスマッチがあり、正しい情報を理解しないまま転職してしまうと失敗するリスクが高いでしょう。

外資系企業と日本の企業を比べると、業務内容はもちろん企業風土や文化が異なるため少なからず転職後にギャップが生まれるからです。

転職後のギャップを最小限にするため、外資系企業への転職で失敗したくない方、注意点が知りたい方は外資系企業の転職市場と企業の内部情報に精通している転職エージェントの活用は必要不可欠です。

ここでは、【外資系転職でエージェントを使わないと失敗する理由】と共に、【目的にあわせた外資系特化の転職エージェント】についてご紹介します。

外資系転職でエージェントを使わないとなぜ失敗するのか?

外資系企業への転職失敗パターンをみていきましょう。

業績が安定している優良企業を選ばないといきなり無職に!

外資系企業の大きな問題点といえば事業撤退や方向転換。

事業目標の未達成や本国の判断、決定による業務内容の変更、雇用に影響する可能性があります。
突然のトップ交代もよくある話で、雇用がいつも不安定というリスクを抱えています。

日本からの事業撤退や業務の方向転換により退職せざるを得ないケースも多く、転職後にまた転職活動をスタートさせなければいけない事態も…

そのため、事前に情報収集を十分に行い、企業の将来性や業務内容を理解する必要があるのです。

Point転職エージェントは外資系企業の内部事情に詳しい

外資系企業は社風・企業文化も大切

日本の企業での転職においても、企業理念の相違やキャリアプランの不一致により転職する方が多いのですが、外資系企業ではさらに厳しくなります。

考え方や価値観の違いでその会社に馴染めず転職する人は、外資系企業では多くいます。

また、外資系企業では結果が重要視され成果をあげなければ給与はもちろん、雇用の保障がありません。

中途採用でも即戦力として成果をあげなければいけない重圧感を「地獄の毎日」と感じる方も多いでしょう。

自分の合う社風は事前の自己分析やキャリアの棚卸し大切です。

そして、転職希望する企業が求める人材像やスキルを事前に知ることで、どの程度の結果が求められ評価されるのかを理解することができますので、企業の内部事情に詳しい転職エージェントの情報は不可欠でしょう。

Point転職エージェントから社風や希望企業が求める人材像やスキルを事前に確認

ワークライフバランスのウェイトが大きいことを理解

外資系企業ではワークライフバランス、すなわち仕事とプライベートとのバランスをとり充実させることを重視されています。

業務では成果を出さなければいけない反面、残業は低評価につながるため労働時間のコントロールや業務の進捗が個人に委ねられます。

うまく時間をやりくりできるか、という点についても評価基準のひとつになりキャリアアップするほどに高い成果が求められる傾向です。

そのため、企業ごとに異なるワークライフバランスの体制や勤務時間の柔軟性など、企業の特徴を把握し負担なく働けるような環境かどうかの情報が不可欠です。

転職エージェントを活用し、事前にリサーチすることで自分らしく働ける企業と出会える可能性が高くなるでしょう。

Point転職エージェントから外資系企業の実情に沿ったアドバイスをもらえる

外資系は採用プロセスにスピード感あり

外資系企業では採用プロセスについても日本企業と違いがあり、書類選考では履歴書や職務経歴書、英文でのレジュメを提出、選考期間は10日程度となります。

その後企業面接が実施されますが、早い場合だと書類選考から面接を経て内定までが2週間~1カ月と日本企業と比べてスピード感があります。

このスピーディーなプロセスで外資系企業ならではの選考方法があり、転職エージェントのアドバイスなしに1人で対応できない方が多いものです。

Point企業に合わせた選考対策、スピーディーなサポートが必要

外資系に特化した転職エージェントを使おう

外資系企業への転職に欠かせないものは事前の情報収集や対策。

個人だけでは限界があるため、外資系転職に強みがある転職エージェントの活用が必要不可欠になります。

外資系に特化した転職エージェントを使うと様々なメリットがあります。

外資系に特化した転職エージェントを使うメリット

メリット
  • 外資系企業の情報に精通している
  • 確かな情報に基づき転職の相談にのってもらえる
  • 各外資系企業の風土が自分に合っているかどうかの判断がしやすい
  • 情報収集や企業研究の手間が省け採用率が高い
  • 企業が求める語学力やスキルのレベルも把握
  • 入社後にスキル不足からのミスマッチが少ない
  • 各企業に合わせた対策を事前にできる
  • 外資系企業では転職エージェント経由でしか求人募集していない企業が多数
  • 人気企業や高収入など優良案件の非公開求人を保有

【目的別】外資系転職におすすめのエージェント

外資系企業への転職を成功させるには転職エージェントの活用が必要不可欠ですが、数多くあるエージェントの中でどこを選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントにはそれぞれ特徴や強みがあり、選び方によって転職活動の進め方や成功率に大きく影響するため、自分のキャリアプランやスキルに合ったエージェントを選ばなくてはいけません。

外資系転職におすすめのエージェントについて特徴や強みなどをご紹介します。

スカウトから外資系ハイクラス転職のチャンスを掴む【ビズリーチ】

クオリティが高い外資系企業の求人が豊富なビズリーチ

ヘッドハンティング型の転職サイトで年収アップ・キャリアアップを実現します。

外資系企業の情報や転職市場に精通したヘッドハンターや登録企業からスキルにマッチした優良案件のスカウトが届くため、内定率と満足度が高いことが特徴。

選ばれる理由

  • 自身の市場価値を把握し転職活動ができる
  • ヘッドハンティング型なので内定率が高い
  • 好待遇・ハイクオリティの求人が多数

登録されている4,600人のヘッドハンターは、スカウトのモチベーションが高く、自身で選ぶことも可能。

現在の年収が500万円以上のハイクラスに向けたサポートを展開するビズリーチは、さらに高いゴールを目指す最適なサービスです。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
実績 年収600万円以上の方に支持される転職サービス【NO.1】
特徴 ・求人の約3分の1が外資系企業
・海外勤務の求人案件あり
求人数 公開求人数:92,000件(2020年9月6日現在)

未経験・スキルなしから外資系へキャリアチェンジ【doda】

転職者満足度No.1のdodaは、業界トップクラスの10万件をこえる求人案件から自分に合った企業とのマッチングが可能。

利用者の年齢は20~50代までと年齢問わず幅広く利用できます。

公開求人だけでも外資系求人が1,500件以上で、定着率95%以上の人気グローバル求人も豊富

外資系企業の情報や転職市場に精通したキャリアアドバイザーのキャリアカウンセリングや英文レジュメや英語での面接など外資系企業の採用プロセスに合った対策に定評があります。

選ばれる理由

  • 希望や適性に合わせた幅広い求人の紹介、多様なニーズに対応
  • 「自分で求人を探す」×「スカウト」と、両軸で転職活動を進められる
  • 電話やオンラインカウンセリングに対応

未経験・スキルなしから外資系企業を目指す方へ、親身なサポートで満足度の高い転職を実現します。

公式サイト https://doda.jp/consultant/
実績 利用者満足度【NO.1】
特徴 ・職種未経験歓迎の外資系求人が豊富
・スカウト機能が充実(面接確約・書類選考免除などの特典付き求人あり)
求人数 公開求人数:58,387件(2020年9月6日現在)

グローバルな専門職・管理職の転職に特化【JAC Recruitment】

外資系企業転職で29年以上の実績をもつJAC Recruitmentは、世界9カ国に展開する質の高い求人が豊富。

専門職・管理職のグローバル求人に強みがあり、実績に基づいたコンサルタントの提案力に定評があります。

アドバイザーが1人で企業と求職者を担当する両面型サポートで、24時間以内のスピーディーな対応やマッチング率の高さが人気の理由。

選ばれる理由

  • 外資系企業に精通したコンサルタントの質が高い
  • ネイティブのコンサルタントによる英文レジュメ添削・英語面接指導
  • 大手の外資系金融業の求人豊富

アフターフォローが充実しているので初めての外資系企業への転職も安心。

スキル・キャリアが豊富な40代以降の転職実績も高く、ハイクラスのキャリアアップ転職におすすめです。

公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
実績 転職活動の支援実績約43万人・知人・友人にJACを勧めたい方94.5%
特徴 ・40・50代ミドル層向け求人、ハイクラス求人が充実
・質の高い「外資系」×「大手企業」の求人が豊富
求人数 公開求人数:4,305件・非公開求人60%(2020年9月6日現在)

IT・WEB業界の外資系で年収アップを目指すなら【type転職エージェント】

ITエンジニア、WEB業界に特化した外資系求人が豊富なtype転職エージェント

外資系企業の情報に精通したコンサルタントによるキャリアカウンセリングが充実し、マンツーマンで転職をサポートします。

業界トップクラスの提案力と交渉力で希望条件での外資系企業転職を実現。

選ばれる理由

  • ITエンジニア、WEB業界での独占外資系求人が豊富
  • 利用者の71%が年収アップに成功

地域密着型のエージェントで関東圏の外資系企業に強みがあり、効率良くスピーディーな転職を進めたい方におすすめです。

女性・未経験・第二新卒など幅広い層に対応し、豊富な転職ノウハウを活かしたサポートに定評があります。

公式サイト https://www.type.jp/
実績 転職サイトアクセス者数NO1・利用者の71%が年収アップ
特徴 ・AIを駆使した求人のマッチング
・企業とのつながりが強く独自取材を重ねた情報量が豊富
求人数 公開求人数:2,050件(2020年9月6日現在)

スピード重視の大手外資系企業への転職なら【リクルートエージェント】

求人数20万件以上と業界トップクラスのリクルートエージェントは、外資系企業・日系グローバル企業の大手企業が豊富。

45万名以上の転職支援実績を活かした転職ノウハウと、外資系企業に精通したキャリアアドバイザーのサポートが人気の理由です。

質の高い非公開・独占求人が多く、いち早く希望にマッチした求人を紹介できることからスピーディーな転職を希望している人にもおすすめです。

選ばれる理由

  • 英文レジュメ、面接対策などのサポート充実
  • 求人数が多いため自分に合った職場と出会える可能性が高い

外資系企業・日系グローバル企業の「大手」×「キャリアアップ」転職を目指すマッチングを実現します。

公式サイト https://www.r-agent.jp/
実績 転職支援実績No.1・親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービスNo.1
特徴 ・外資系企業・日系グローバル企業が充実
・外資系・グローバルキャリア転職のコンテンツが豊富
求人数 公開求人96,935件 / 非公開求人102,735件(2020年9月6日現在)

外資系、日系グローバル企業のキャリア転職なら【エンワールド・ジャパン】

5,000社以上、1万人以上の紹介実績をもつエンワールド、年収800万円以上のエグゼクティブ求人数は業界トップクラス。

国内主要都市だけでなくアジア太平洋地域5カ国に拠点を構え、グローバル企業と人材のマッチングをサポートします。

担当につくコンサルタントが実際に企業を訪問した得た情報をリアルに求職者に伝えることができ、マッチング度が高いことがメリットです。

選ばれる理由

  • 応募書類や面接対策で語学スキルの高いコンサルタントのサポートが充実
  • 各企業に対応したコミュニケーションやプレゼンテーションのアドバイスがもらえる

転職希望者へのキャリアカウンセリングから、入社後1年間の定着に向けた長期的なキャリア構築を目指します。

公開求人数は少なめですが、スキルやキャリアにマッチした満足度の高い転職が可能。

公式サイト https://www.enworld.com/
実績 インターブランド社の「Best Global Brands 2017」トップ100社のうち、93社において採用支援の実績
特徴 ・外資系・グローバルキャリア転職に特化
・キャリアパスやワークスタイルに合わせた求人を提案
求人数 公開求人1,050 件(2020年9月6日現在)

外資系を目指すなら転職サイトより転職エージェント

転職支援サービスには誰でも利用出来るものとして、転職サイトや転職エージェントがあります。

  • 転職サイト‥転職サイトに掲載されている求人に自ら応募し転職活動を進めていく
  • 転職エージェント‥専任のキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めていく

転職サイトと転職エージェントとの違いを簡単に説明するとこのようになります。

自分の都合に合わせて転職活動を進めていきたい人には転職サイトが向いています。

ですが、外資系企業への転職を考えている人には、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けながら活動する方が有利に進めていくことが出来ます。

転職エージェントが有利に働く5つの理由

転職エージェントが有利に働く理由
  • 外資系に必須の語学による書類作成・面接対策を行ってくれる
  • 外資系企業の優良案件は一部の転職エージェントに集中している
  • 客観的な視点からあなたの強みや特性を明らかにしてくれる
  • 企業の内情を事前に知ることが出来る
  • 年収やポジションなどの条件交渉をキャリアアドバイザーが代行してくれる

転職サイトは豊富な求人の中から自分の希望に合った求人に自分のペースで応募できることなどメリットはあります。

ですが、応募から入社条件交渉までを全て自分一人で行うこととなります。

キャリアやスキルに自信があり、転職活動に不安がないのであれば転職サイトも一つの方法ですが、一部の転職エージェントにのみ求人募集を依頼していない外資系企業も多くあります。

また、キャリアアップに欠かせない条件交渉をキャリアアドバイザーが代行してくれるなど、転職エージェントでは転職サポートが充実しています。

ワンランク上の外資系転職を成功させたいと思うのであれば転職エージェントの利用は必須です。

外資系に強い転職エージェントの上手な使い方

外資系に転職するなら、転職エージェントを上手く使うこと!と言われますが、上手う使うとはどのようなことか解説していきます。

複数登録をする

それぞれの転職エージェントで異なる独占求人を取り扱っていることがあります。

そのため、転職の選択肢を広げる意味でも複数(最低でも2~3社)の転職エージェントに登録をする。

または、転職成功には担当者との相性・質も重要となるので複数の転職エージェントで信頼出来る担当者を見極めることや求人の質を比較検討することも大切。

転職意欲を高く持つ

より良い案件を紹介してもらうためにも「転職意欲が高い」「やる気がある」「小まめに連絡を取る」など自らを積極的に売り込みキャリアアドバイザーに印象付けることを意識する。

多くの情報を共有する

外資系への転職に於いて不安なことがある場合は特に…

  • 積極的にアドバイスをもらう
  • 客観的評価をしてもらう
  • 転職成功事例からキャリアの方向性を見極める
  • 転職希望先企業の詳細情報の提供を受ける
  • 企業ごとに合わせた対策法を聞く

など、個人での転職活動では知り得ない情報を知ることや第三者から見た評価をしてもらうことで転職の可能性を広げる。

担当者と信頼関係を築く

転職成功には担当者(キャリアアドバイザー)との信頼関係が必要です。意思疎通が出来ていなければ理想的な転職を叶えることはできません。

外資系に強い転職エージェントを利用する際の注意点

外資系向けの転職エージェントだけでなく、全ての転職エージェントにも共通する注意点を解説していきます。

  • 経歴に噓をつかない
  • 噓がバレてしまうと紹介を受けられなくなることも

  • 全てを丸投げしない
  • アドバイスを聞きながらも最終判断は自分で行うことが大事。自らも積極的に行動する。

  • 複数登録していることを隠さない
  • 複数登録をしていることが前提としているため隠す必要がない。むしろ正直に話しておいた方がスムーズに進む

  • 同じ案件に他のエージェントから応募しない
  • 複数応募は企業側が必ず気付くことであり印象が悪くなる

外資系企業への転職で必要な2つのスキル

外資系企業への転職を成功させるためには、企業だからこそ求められるスキルを身につけ、アピールすることが重要です。

語学力

外資系企業では「社内の公用語は英語、英語が話せないと仕事ができない」というイメージが強いのではないでしょうか。

確かに外資系企業では語学力、英語スキルは必要不可欠ですが、どの程度のスキルが求められるか把握することが大切です。

企業で働く社員は外国人が多く、職場内で日常的に英語が使われる場合

高い英会話力とコミュニケーションスキルが必要

海外拠点の外資系企業

日常会話はもちろん、ビジネスレベルの語学力が必要

外資系企業の専門職

スムーズな日常会話と、専門用語を含めたビジネスに対応できる高い語学力が必要

Point

外資系企業では部署による違いはあるものの、最低限の日常会話レベル・電話やメールなどビジネスシーンでの対応ができる語学力
英語での訪問者や顧客への対応など業務に支障が出ない程度の英語スキルが求められる

コミュニケーションスキル

外資系企業の大きな特徴は、働く社員が多国籍な場合が多く年功序列ではないということ。

そのため、様々な年齢やタイプの社員とともに協働する必要があり円滑な業務を進めるためのコミュニケーションは必要不可欠となります。

ストレートに自分の意見を述べチームを引っ張る力、積極的に意思疎通を図るということが高評価の対象となり、社員間での交流もスムーズでしょう。

Point

相手を尊重しリーダーシップがとれる人材が求められている

採用担当者の心を掴む!外資系転職成功に欠かせないことは?

外資系企業ではこれまでの実績が評価され、採用の可否に影響します。採用担当者が「採用したい!」と思えるようなアピールを工夫しましょう。

綿密な企業研究

自己分析とともに重要なのは情報収集です。ホームページや求人情報のチェックはもちろん、業界の動向や応募先企業の業務内容や事業計画などを含めた企業研究、関連企業の企業研究も把握する必要があります。

企業研究によって求める人材像や企業の将来性といったことが理解でき、面接がスムーズに進めば情報収集スキルや課題分析スキルのアピールに繋がります。

また、外資系企業と国内企業の働き方や文化の差に悩む方も少なくありません。

入社前にしっかりと企業研究しておけば入社後のミスマッチを少なくでき、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔するリスクも減らすことができます。

転職成功は“情報収取から”といっても過言ではないでしょう。

自己分析の徹底

成果主義が多い外資系企業の中途採用で求められる人材像の特徴は“即戦力となる人材”のため、面接の際に、納得できるアピールを伝える必要があります。

これまでのキャリアでの成果、今後会社に貢献できる内容をアピールしなければいけません。過程や実績について根拠となる数字や具体的なエピソード、プロジェクトの成果などがあれば、より伝わりやすいでしょう。

これらをアピールするためにはキャリアとスキルの棚卸しが必要となるので、新卒で行った以上に掘り下げた自己分析を徹底しましょう。

ロジカルシンキング

外資系企業では「物事を論理的に考え、相手に分かりやすく伝える能力が必要不可欠です。

日本の企業では、結果も大事ですがそれまでのプロセスも評価されますが、外資系企業ではプロセスは重要視されにくく、効率性を重視したスピーディーな結果が求められます。

入社後はもちろん、面接でも効果的ですので身につけておくと採用に有利となるでしょう。

外資系企業に向いている人・向いていない人

日系企業・外資系企業に関係なく、どこでも通用する程の高い能力を持っている人でも、外資系企業独特の環境に馴染めず辞めてしまう人がいることも事実です。

外資系企業への転職を考えているのであれば、外資系企業の特徴をよく理解した上で、自分は外資系企業に向いているのかを事前に見極めておくことも大切です。

外資系企業の向いている人

  • 上昇志向な人
  • 成果主義である外資系企業では常にスキルアップを目指す気持ちが大事

  • 受動的ではなく能動的な人
  • 誰かの指示で動くのではなく、自らの意志で動き他の人にも働きかけられる

  • 柔軟性がある人
  • 失敗を恐れるのではなく、仮に失敗しても取り戻せる力がある。切り替えが出来る

  • 自分の意見をアピール出来る人
  • 意見をしっかり持ち主張しつつも、周囲と円滑なコミュニケーションが取れる

  • 役職序列に素直に従える
  • 日系以上に年齢に関係なく上司の指示には忠実に従う文化であるため

外資系企業に向いていない人

  • 保守的・受動的な人
  • (競争がなく)安定した環境で働きたいと考えている人
  • アピールが苦手・消極的
  • 年下の上司から指示されたくない

能力やスキル以前に基本的な考え方がマッチしていない時は外資系企業への転職は考え直した方が良いかもしれません。

【まとめ】外資系転職の成功のカギは「情報」にある

外資系転職で成功を勝ち取るためには転職エージェントが必須、ということをご理解していただけましたでしょうか?

今回ご紹介した転職エージェントは実績から培った情報と幅広い求人から、転職希望者と企業とのマッチングをしてくれるエージェントです。

  • 社風・企業文化
  • 企業の将来性
  • 必要スキル
  • 業務内容

この外資系企業を選ぶ際に重要になるポイント4点をしっかり把握し、コンサルタントのアドバイスのもと転職活動に臨みましょう。

外資系企業への転職では、自身のスキルやキャリアを振り返りキャリアプランを明確にするとともに、企業情報を熟知することが成功のカギ。

なかなか実情が掴めないケースが多く、一人の転職活動では“リサーチ不足からのミスマッチ”に陥る可能性も高く失敗するリスクがあります。

外資系企業や転職市場に精通しているエージェントに適切なアドバイスをもらい、スキルを発揮し、キャリアプランのゴールを目指せる職場との出会いを実現させましょう。

外資系におすすめ関連記事

外資系に強い 転職エージェント厳選5社
外資系企業に強い転職エージェント5社を厳選。外資系企業の転職で転職エージェントは必要な理由とは!?
【外資系年収】なぜ日本の約2倍の年収なのか?
外資系企業はなぜ高収入なのか?外資系の平均年収は800万円以上で日本全体の平均年収と比較すると約2倍です。なぜそんなに高収入なのでしょうか?
【外資系転職】英語ができなくてもOKな企業がある?!
外資系企業といえば英語は必須。でも企業によっては英語が話せなくても大丈夫な職場が存在します。まったく英語ができなくても憧れの外資系企業に転職するには?
【海外勤務が多い企業ランキング】外資系?日系?どっちにチャンスがある?
海外で働くなら海外勤務が多い企業に入ることも近道。海外勤務が多い企業をランキングで紹介。外資系・日系企業はどちらに海外勤務のチャンスが多いのか解説していきます。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷