> > 【海外勤務が多い企業ランキング】チャンスがあるのは日系・外資系どっち?

【海外勤務が多い企業ランキング】チャンスがあるのは日系・外資系どっち?

2005 views

海外勤務が多い企業ランキング 外資系企業・日系企業、海外勤務ができるチャンスが多いのはどっち?

グローバルに働くなら、海外勤務は欠かせない。

でも、海外勤務ができる企業・業界がわからない…そもそも日系企業・外資系企業のどちらが良いのか…疑問に思い、このサイトに行き付いた方もいるのではないでしょうか?

そんな方に日本企業で海外勤務が可能な企業をランキングで紹介していきます。

また、日系企業・外資系企業どちらに海外勤務が多いのかをわかりやすく解説していきます。

海外勤務が多い企業ランキング

海外で働きたいと考えるなら海外に支社などがあり、海外勤務の枠がある企業に入社する必要があります。

海外勤務の枠が多ければ多いほど、海外勤務のチャンスも高くなります。そしてそんなチャンスが多い企業はどこでしょうか。

『就職四季報2019年版』の『海外勤務者が多い会社ランキング』を見てみましょう。

東洋経済 海外勤務が目指せる企業ランキング

海外勤務者数が上位の企業は、トヨタ自動車、ソニー、キャノン、三菱電機などメーカーを始め、三菱商事、三井物産、住友商事など商社も同様に多いことがわかります。

海外勤務者数が多い企業が狙い所と思いがちですが、社内の海外勤務者比率も重要な判断要素と言えます。

人数だけで判断して、いざ入社したら企業の規模の割に海外勤務枠が少なく激戦枠だったという事にもなりかねません。

このように考えると、おのずとどの企業を狙うべきなのかが見えてきます。

東洋経済オンラインでは、海外勤務者が多い会社200位までのランキングが掲載されています。より詳細が知りたい方はチェックしてみるといいでしょう。
■引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/206216

海外勤務者比率 企業ランキング

海外勤務者数が多い企業だけでなく、海外勤務者比率も考慮して海外勤務が多い企業を多方面から判断しましょう。

下記は上記のランキング表を基に比率を計算し作成したものです。

  1. 日本貿易振興機構(JETRO)  【39.6%】
  2. 国際協力機構(JICA)    【22.1%】
  3. 豊田通商          【21.9%】
  4. 住友商事          【21.3%】
  5. 日揮            【20.9%】
  6. 三菱商事          【20.6%】
  7. 丸紅            【20.3%】
  8. 三井住友          【20.2%】
  9. 双日            【16.6%】
  10. 伊藤忠商事        【14.9%】

このように海外勤務者比率をランキングにすると、順位が大きく入れ替わるだけでなく、どの企業が海外勤務者が多いのか明確になります。

海外勤務者数ベスト3だったトヨタ自動車・ソニー・デンソーは、比率にすると20位以下になっており、海外勤務のチャンスを掴み取ることが難しいことがわかります。

海外勤務のチャンスが多い業界は?

海外勤務のチャンスが多い業界は【大手メーカー】や【総合商社】です。

前述の東京経済の表でも分かる通り、上位は大手メーカーや商社が多いことがよくわかります。

メーカーに関しては、トヨタ自動車・いすゞ自動車、スズキなどの大手自動車メーカーの他、自動車部品や電子部品メーカー、電機メーカーなども多く見られます。

商社に関しても50位以内に7社入っており、海外勤務が多い業界であることが読み取れます。 

他にも【海運・空運】といった海外と貿易取引のある業界を始め、海外進出が多く見られる【建設業界】。他には【プラント】や【金融業界】などもあります。

海外勤務となると、やはり業態がグローバルである必要があるため、大手企業に入社するのが一番の近道と言えます。

外資系企業で海外勤務を目指すことは可能?

一般的に外資系企業は、海外の企業が別の国で会社を設立した企業のことをいいます。

日本にある外資系企業は、基本的にはアジア圏や日本でのビジネスチャンスを広げるために拠点を置いているため、入社しても海外勤務を言い渡されることはほぼないです。

というのも外資系は本社が海外にあり、現地の社員が日本や別の国に派遣されるため、日本国内では重宝される語学力も武器にならない場合がほとんどです。

ですが、外資系企業が海外で日本人向けサービスを新しく始めたいと考えた時などには、海外勤務の可能性もあるかもしれませんが、そういった特殊な状況でのチャンスはかなり低いと言わざるを得ません。

日系企業で海外勤務は可能?

日系企業とは、日本国内で起業した会社のことをいいます。そのため、当然ながら社風は日本人特有の業態になりがちです。

ですが日系企業は、現地でのスタッフ確保も行っていますが、プロジェクト上層部・実績と経験が豊富な社員を対象に、国内から海外に人材を派遣する場合が多いです。

国内から海外に派遣されるため、ビジネスレベルの英語力があれば武器になりますが、会社によっては通訳がつく場合もあります。

海外派遣となるため、海外勤務期間が企業によって決まっており、その期間を過ぎれば帰国。業態によってはまた別の国などに再派遣となる場合もあります。

期限無しで海外勤務を希望するのであれば、現地スタッフとして入社するという手もあります。

その場合は、現地の給料相場や福利厚生制度が適用されるため、国内入社の際よりも給与が低くなる場合もあります。

海外派遣の場合は特別手当が支給される企業も多く、給与面などの条件については注意が必要です。

外資系企業と日系企業の海外勤務の違い

海外勤務を目指す方法として外資系企業への転職を考えるだけでなく、日系企業で働き現地採用や駐在員として働く方法もあります。

外資系企業と日系企業とでは海外勤務に関してどのような違いがあるのでしょうか?

外資系企業で海外勤務
  • 海外勤務の難易度が高い
  • 英語レベル:ビジネスレベル◎(話せて当たり前)
  • 日本人は少ない
  • 仕事とプライベートがしっかり分かれている(定時で帰れる、家族との時間が過ごせるなど)
  • 待遇は良いが結果を残せなければ解雇となるリスクが高い
日系企業で海外勤務
  • 海外勤務の難易度は低め
  • 英語レベル:ビジネスレベル〇(英語力が武器になる)
  • 日本人が多い
  • 日本の風土が残る(残業あり、仕事後の付き合いなど)
  • 現地採用と駐在員では待遇が違う(駐在員の方が待遇が良い)

上記を見ても海外勤務の難易度・英語レベル・環境・待遇が大きく違うことが窺えます。

あなたの希望や今までの経験・スキルに合わせて、同じ海外勤務でも外資系企業か日系企業どちらに進むのかを考えましょう。

【結論】海外勤務を目指すなら日系企業がベスト!

日系企業と外資系企業との比較を見て分かる通り、海外勤務を希望するのであれば、チャンスが多い日系企業を目指すのがベストな選択だといえます。

例えば語学力を武器に仕事がしたい、海外勤務・国内勤務には拘らないというのであれば、外資系企業はとてもおすすめの選択と言えますが、海外勤務に目標が定まっているのであれば、日系企業のグローバル化を図る大手企業がおすすめです。

自分で海外勤務ができる企業を探すのは難しい

海外で勤務したいと思っても、海外勤務ができる企業を自分で探すことは簡単ではありません。

というのも海外勤務は誰もが望む条件でないぶん、転職サイトなどでは意外と応募要項にも書いていない場合が多いです。

分かりやすく明記している企業の求人は、海外勤務をあなた同様に狙っているライバルが殺到します。そのため、個人で求人を探すのはなかなか難しいと感じるでしょう。

大手有名企業であれば、ネットで検索すれば簡単に求人が探せるため、海外勤務の枠があり、求人にも海外勤務の旨が記載されている場合も多いです。

ですが、得てしてこれらの大手企業は応募が殺到するもので競争も激化します。

ただでさえ、人気の企業ですから求人倍率は高いのに、更にその中の海外勤務の枠となれば、尚のことかなりのスキルを必要とします。

海外勤務が可能な企業を探す方法

前述で、一人で海外勤務が可能な企業の求人を探すことは難しいとお伝えしました。

では、どうやって海外勤務が可能な企業の求人を探せば良いのでしょうか?

それは転職支援サービスを利用することです。

その理由を下記にまとめました。

  • 企業人事と直接面談、連絡を取っているため海外勤務の有無など内部事情に詳しい
  • 海外勤務のある企業をピックアップして、内定を得やすい求人を紹介してくれる
  • 効果的な応募書類の書き方や、面接対策をマンツーマンで行ってくれる

転職エージェントに登録すると、求人が格段に探しやすくなるだけでなく、選考の対策も行ってくれるためスムーズに活動する事が可能です。

海外勤務を目指す方に必須の転職サービス

転職支援サービスが必須と言っても、どれにでも登録して良い訳ではありません。

海外勤務に強みを持たない転職エージェントに登録しても、満足がいくサポートを受けられずに時間だけ浪費してしまいます。

それを未然に防ぐため、ここでは海外勤務の求人を豊富に扱う転職サービスを紹介します。

“現在”年収500万以上の方は必須【ビズリーチ】

TVCMでもお馴染みのハイクラス・即戦力向けの転職サイト【ビズリーチ】

取り扱う求人は年収600万以上を始め、海外勤務や外資系企業、管理職の求人が豊富なため、キャリアに自信がある方は必須。

bizreachの特色としては、自ら求人を検索するのではなく、基本的に企業やヘッドハンターからスカウトを待つヘッドハンティング型なので、忙しい合間に転職活動を行う方には助かるシステムです。

そのため、登録時に個人情報・職務経歴書を充実させることでスカウト数が段違いに変わります。

無料会員・有料会員でサービスが異なりますが、登録後1ヶ月前後は有料サービスを無料で使用できるため、登録して自らの市場を計ってみるのも手です。

公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
求人数135,000件
特徴➀好条件の海外勤務ありの求人が豊富
特徴➁駐在員採用・現地採用の2つの採用形態が選べる

海外勤務の求人は業界トップクラス【Spring転職エージェント】

人材派遣業でお馴染みのアデコが運営し、世界60ヵ国に拠点がある【Spring転職エージェント】

本社がスイスにあり、Spring転職エージェント自体が外資系企業のため、紹介する求人も国内企業で海外勤務がある求人から、海外駐在員の求人まで海外勤務が可能な企業の求人が豊富

とにかく海外勤務がある求人を幅広く見たい方には必須の転職エージェントです。

また、サポートの手厚さ・求人のマッチング度に定評があります。

その秘訣は、アドバイザーが企業担当と求職者担当を一貫して行っており、求人紹介のミスマッチが起こりにくく、レスポンスも早くスムーズに内定を得やすいためです。

公式サイトhttps://www.spring-japan.com
求人数約20,000件(非公開求人80%)
特徴①海外勤務ありの企業の求人が豊富
特長②世界60ヵ国の拠点を持ち、現地採用の求人も豊富

国内の大手企業で海外勤務を目指す【JAC Recruitment】

海外勤務のある大手企業と強いパイプを持ち、国内のグローバルポジションの求人数はNO.1の【JAC Recruitment】

企業と長年培ってきた太いパイプがあることから、メーカー、IT、金融、流通、サービスなど、ほぼ全業界の求人を網羅しています。

その中には一部上場のグローバル企業の案件も豊富なため、大手・上場企業で海外勤務を目指したい方には必須の転職サービスです。

転職エージェントのためサポートも充実しており、英文レジュメの無料添削を始め、英語面接対策のレベルチェックなど、面接本番前に万全に準備することが可能です。

公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
求人数約15,000件(非公開求人60%)
特徴➀海外勤務が可能な大手・有名企業の案件が豊富
特徴➁メーカー・金融・医療系の海外案件に強い

【まとめ】海外勤務を目指すなら、日系企業のメーカーや商社が◎

海外勤務を目指すなら、当然のことですが企業の業態をしっかりと見極めて応募する必要があります。

一番の狙い目は大手メーカーや総合商社。

海外勤務ならやっぱり外資系企業が有利だろうなと考えるのは浅はかで、実際は日系企業を狙うべきです。

大手企業となるとどうしても応募者が殺到し、人が多い分あなたよりもハイキャリア・ハイスキルの人は溢れています。

その競争に勝ち残るには、転職エージェントといった業界のプロに任せるのも一つの手です。夢を実現するため、しっかりとプランを練って勝負に挑みましょう!

外資系におすすめの転職サービス一覧

サイト名サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
グローバルネットワークを最大限活用

世界No.1総合人財サービス企業であるアデコグループが手掛ける転職エージェント。世界に広がるグローバルネットワークを活かし国内有数大手企業はもちろんのこと、外資、グローバル企業の求人案件を豊富に保有!
ビズリーチ
ビズリーチ
スペシャリスト・グローバル人材求人に特化
採用企業数8,400社。登録ヘッドハンター数2,600名。国内外の優良企業・一流ヘッドハンターからのスカウトで転職の可能性を広げる!管理職、スペシャリスト、グローバル向けハイクラス求人ならビズリーチへ。
type転職エージェント
type転職エージェント
非公開求人約80%!外資・海外案件豊富

業界・職種ごとに担当が分けられた経験豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポートが魅力!国内大手企業はもちろんのこと外資・海外案件も多数保有。今後のキャリアの可能性を広げる求人に出会えるチャンス。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
グローバル・ハイクラス転職に強い!

ロンドン発祥の日系転職エージェントとして日本国内で30年の転職支援実績を誇るJACリクルートメント。国内大手・外資系企業・海外進出企業などグローバル転職に強み!業界・職種に精通した650名以上のプロのコンサルタントが徹底サポート!
doda
doda
大手転職エージェント!業界トップクラスの求人数
転職者満足度No.1!求人紹介・選考対策が手厚いと評判。国内に限らず、海外駐在のチャンス・転職後の初任地が海外の求人も豊富に扱っているのも大手のdodaならでは。

外資系におすすめ関連記事

外資系に強い 転職エージェント厳選5社
外資系企業に強い転職エージェント5社を厳選。外資系企業の転職で転職エージェントは必要な理由とは!?
【外資系年収】なぜ日本の約2倍の年収なのか?
外資系企業はなぜ高収入なのか?外資系の平均年収は800万円以上で日本全体の平均年収と比較すると約2倍です。なぜそんなに高収入なのでしょうか?
【外資系転職】英語ができなくてもOKな企業がある?!
外資系企業といえば英語は必須。でも企業によっては英語が話せなくても大丈夫な職場が存在します。まったく英語ができなくても憧れの外資系企業に転職するには?
【海外勤務が多い企業ランキング】外資系?日系?どっちにチャンスがある?
海外で働くなら海外勤務が多い企業に入ることも近道。海外勤務が多い企業をランキングで紹介。外資系・日系企業はどちらに海外勤務のチャンスが多いのか解説していきます。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
186,613views
40代で未経験の職種に転職できる?
2
40代で未経験の職種に転職できる?
75,569views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
58,687views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
4
50歳から始める仕事の探し方・選び方
38,645views
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
5
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
38,025views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
6
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
37,392views
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
7
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
30,484views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
30,093views
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
9
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
28,396views
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
10
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
26,960views
ページのトップへ