外資系企業の給料が高い理由は!?なぜ高いといわれるのか徹底調査!

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

平均年収800万円 外資系企業 なぜ日本の約2倍の年収なのか?

”外資系企業”と聞くと、「世界的なエリート企業」「グローバルに活躍出来る」「給料・年収が高い」など、優れた企業といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

実際に外資系企業は日本企業よりも平均年収が高い傾向にあり、年収アップのために外資系への転職を視野に入れる人も多く見られます。

では、なぜ外資系企業は日本企業より給料が高いのでしょうか?

この記事では、外資系企業の給料が高い理由・高収入が見込める外資系業界について詳しく解説します。

外資系企業の年収はなぜ日本企業の2倍なのか?

日本企業の平均年収は約400万円、外資系企業の平均年収は約800万円と言われており、その差はおよそ2倍にもなります。

あくまでも平均年収の話ですが、外資系企業では実績や役職によって年収2,000万~5,000万を受け取ることも決して不可能ではないのが現実です。

ここまで差が出る理由は、外資系ならではの風習が影響しています。

成果主義だから

日系企業では勤続年数や年齢によって役職や給与が上がっていく”年功序列制度”を導入している企業が多くありますが、外資系企業では個人の業績や成果に基づいて昇格や給与を決めていく”成果主義”となっています。

”成果主義”には結果を出せばそれに見合った報酬を得ることが出来ますが、結果を出せなければ解雇となるリスクも伴っています。

また、外資系企業では優秀な社員を集めるために年収を高く設定し、会社の利益上昇に繋げる目的もあります。実力こそが一番の武器となります。

昇給額の交渉が可能

日本企業では昇給額を役員・管理職の方が決定します。

ですが外資系企業の場合、売上・利益に貢献し成果を上げていくことで昇給額を自ら交渉することも可能です。

ただ、これも企業により異なり、基本的に成果を上げていれば上司から昇給額を打診してきます。

外資系には「Up or Out」という考え方があり、簡単にいうと「昇給する人材でないなら、辞めてください」という厳しい世界です。

「年収が高い=成果を上げている人材」であり「年収が低い=成果を上げられない(退職)」となるため、必然と平均年収額は上がっていきます。

女性も外資系企業で年収アップが可能

日本企業は男女平等を謳っていても、女性の社会進出は遅れており「女性は結婚したら退職する」という考えが未だにあり、女性が出世することが難しいのが現実。

ですが、外資系企業は『個を尊重』『完全成果主義』のため、年齢・性別関係なしに稼ぐことが可能です。

つまり女性も実力・スキルがあり、成果に繋げさえすれば日系企業よりも稼げ、更に年収アップを実現できます。

そのため、日系企業から外資系に行き実力を試したい・年収を上げたいというチャレンジ精神旺盛な女性に外資系企業はおすすめです。

<年代別>外資系企業の平均年収と転職事情

外資系企業は年代で年収額や転職の動向が違ってきます。

20代前半:留学経験・語学力に長けていれば◎

20代前半というと、日本では引く手あまたの第二新卒が挙げられますが、外資系企業においてはスペシャリストと見なされず、求人数はかなり少なくなります。

学生時代に留学経験があり語学力に長けている、あるいは新卒入社した会社が大手企業や外資系競合他社だったなどの特別なアピール材料がないと難しいでしょう。

20代後半:最もニーズが高い世代


20代後半は、外資系/日本企業を問わず転職市場において最も人気がある世代です。

スペシャリスト採用なので、同業種で職務経験5年くらいであれば即戦力として評価され、リーダーやマネジメントの経験があればさらに評価が上がります。

外資系と言えど異業種への転職は厳しくなりますが、同業種への転職であれば最も選択肢が広がる世代といえるでしょう。

平均年収

約400~500万円が平均。
外資系に勤める20代後半は400万~800万と平均年収の幅が広いです。

30代:マネジメントスキルが求められる

30代になると、マネージャーやディレクタークラスの求人割合が高くなります

高収入なことで知られるコンサルティング会社など、人気の企業にはMBA取得者をはじめとするハイレベルな人材が数多く応募してきます。
その中でいかに自分をアピールして内定を勝ち取るかがカギになります。

平均年収

約700~1,200万円が相場

報酬が多い分、結果が出せないとすぐに解雇という場合もあり得ます。
家族がいる人は特に慎重に検討する必要がありそうです。

40代・50代の中高年:ヘッドハンティングによる転職が主

最近では40代・50代で外資系企業へ転職する方が増えています。

日本企業の場合、中高年の転職は厳しくなりますが、外資系企業では年齢がネックになることがないため狙い目です。

中高年の求人は、マネージャーやディレクターを始め、CEOなど幹部クラスのハイクラス求人がメインになります。

40代はもちろん、50代でも外資系でキャリアアップ転職を実現している人が存在します。
ポジションによっては年齢が高い方が望ましい場合もあり、このクラスになるとマネジメント経験だけでなく、生きた人脈を持っていることも大きな武器になり得ます。

平均年収

約800~1,700万円が相場
約2,000万円もあり

ただしこのクラスのポストの求人は表に出ることはなく、もっぱらヘッドハンティングです。それ以外の方法を探るのならば、転職エージェントに相談しましょう。
非公開求人の中からよいものが見つかるかもしれません。

外資系で年収アップを狙う方に最適な転職サービス3選

外資系で「自分の実力がどこまで通用するのか」「とにかく年収を上げたい!」という方に、外資系企業に強い転職サイトを厳選して紹介します。

おすすめエージェント 特徴
LHH転職エージェント ・LHH利用者の3人に2人が年収アップ!※

※2023年4月自社調べ

・本社がスイスの会社。外資系企業求人に強い

ビズリーチ ・年収1,000万以上のハイクラス求人が豊富
doda ・若年層OK!未経験でもOKのグローバル求人もアリ
・職務経歴書や履歴書の添削なども手厚くサポート
Pointこの中からどれに登録すればいいかわからない…という方は、まずは複数登録してみるのもおすすめします。
それぞれ保有している求人が異なる・相性の良いアドバイザーと出会える可能性が高くなるなどのメリットがたくさんです。
退会はいつでも無料なので、自分に合う転職サービスが見つかってから、1つに絞って進めるのも手でしょう。

3人に2人が年収アップ*!外資系に強い|LHH転職エージェント

LHH転職エージェント(アデコ株式会社)は、世界60ヵ国と5,000以上の地域に拠点を持つアデコグループの転職エージェント。

WEB面談を行い相談に乗ってくれる点と転職サポートが定評で、母国語が英語のコンサルタントによる英文レジュメ(英語の履歴書)の添削や英語での模擬面接を行ってくれます

アデコ本体が外資系企業であるため、外資系企業とのパイプも強く求人も豊富に扱っているだけでなく、転職成功実績や年収アップの実績が豊富。グローバルネットワークによる豊富な求人はLHH転職エージェントならではの強みです。

公式サイト https://www.spring-agent.jp/
特徴 外資系求人が豊富

ハイクラス外資系求人を扱う|ビズリーチ

【ビズリーチ】は日本企業に留まらず、ハイキャリア・高年収の外資系求人が豊富なヘッドハンティング型の転職サイトです。

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上(※2021年1月現在)とされています。

現在の年収が500万円以上であれば誰でも登録できるため、外資系企業に転職して年収アップを目指す方は必見です。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
特徴 年収800万~年収2,000万の高年収求人が豊富

若年層OK!未経験から外資系を目指す|doda

100%外国資本の外資系企業、外国資本と日本資本の合弁企業、日本資本のグローバル企業などの求人を豊富に扱っているdoda

年収500万円以上が狙える求人も豊富なので、年収アップも実現可能。

『外資系企業で年収アップしたい』
『外資系で自分の実力を試してみたい』

など、外資系企業でキャリアップを目指す方におすすめです。

公式サイト https://doda.jp/consultant/
特徴 未経験外資系求人が豊富/マッチ度を求める方に◎

まとめ|外資系の年収が高い理由は”成果主義”だから

外資系企業の平均年収が日系企業の約2倍であり、高い傾向にあることは事実です。

しかし、ただ単に年収が高いわけではなく日本に古くからある”年功序列制度”と海外では当たり前となっている”成果主義”との違いです。

「組織」を重んじる日系企業と「個人」を重んじる外資系企業との違いが根本にあることが分かっていただけたのではないでしょうか?

年収アップだけを目的に外資系企業への転職を考えているのであれば一度冷静になって考えてみてください。
成果を出せなければ解雇になるリスク、福利厚生、退職金がない‥など日系企業との違いをよく理解しておく必要があります。

あなたが求める働き方は外資系企業、日系企業のどちらにあるのでしょうか?
とは言え、実力次第で高年収を目指せる外資系企業には夢が広がっていることにも違いありません。あなたなりのベストな選択をし進んでいきましょう。

外資系におすすめ関連記事

【海外勤務が多い企業ランキング】外資系?日系?チャンスがあるのは?
海外で働くなら、"海外勤務が多い企業に入る"ことも近道です。海外勤務が多い企業をランキングで紹介。外資系・日系企業はどちらに海外勤務のチャンスが多いのか解説していきます。
【外資系年収】なぜ日本の約2倍の年収なのか?
外資系企業の給料はなぜ高い?!外資系の平均年収は800万円以上で日本全体の平均年収と比較すると約2倍です。なぜそんなに高収入なのでしょうか?
英語ができなても入れる外資系企業がある?!
外資系だと英語は必須と思われがちですが、企業によっては"英語が話せなくても大丈夫"な職場が存在します。まったく英語ができなくても憧れの外資系企業に転職するには?

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷