> > 外資系企業の年収が日本より約2倍高い理由。高年収の業界・企業まで徹底解説

外資系企業の年収が日本より約2倍高い理由。高年収の業界・企業まで徹底解説

8140 views

平均年収800万円 外資系企業 なぜ日本の約2倍の年収なのか?

”外資系企業”と聞くと、「世界的なエリート企業」「グローバルに活躍出来る」「給料・年収が高い」など、優れた企業といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

実際に外資系企業の平均年収は、日本企業の平均年収よりも高い傾向にあり、年収アップやキャリアアップのために外資系企業への転職を視野に入れている人も多く見られます。

では、なぜ外資系企業の平均年収が高いのでしょうか?
日本企業との違いとは?

外資系企業の平均年収が高い理由を探っていくとともに、外資系企業の中でも高年収を誇る業界、代表される外資系企業の平均年収、働きがいのある企業をランキング形式で解説していきます。

なぜ、外資系企業は日本企業の年収の2倍なのか?

日本企業の平均年収は約400万円、外資系企業の平均年収は約800万円と言われており、その差はおよそ2倍にもなります。

あくまでも平均年収の話ですが、外資系企業では実績や役職によって年収2,000万~5,000万を受け取ることも決して不可能ではないのが現実です。

ここまで差が出る理由は、外資系ならではの風習が影響しています。

成果主義だから

日系企業では勤続年数や年齢によって役職や給与が上がっていく”年功序列制度”を導入している企業が多くありますが、外資系企業では個人の業績や成果に基づいて昇格や給与を決めていく”成果主義”となっています。

”成果主義”には結果を出せばそれに見合った報酬を得ることが出来ますが、結果を出せなければ解雇となるリスクも伴っています。

また、外資系企業では優秀な社員を集めるために年収を高く設定し、会社の利益上昇に繋げる目的もあります。実力こそが一番の武器となります。

昇給額の交渉が可能

日本企業では昇給額を役員・管理職の方が決定します。

ですが外資系企業の場合、売上・利益に貢献し成果を上げていくことで昇給額を自ら交渉することも可能です。

ただ、これも企業により異なり、基本的に成果を上げていれば上司から昇給額を打診してきます。

外資系には「Up or Out」という考え方があり、簡単にいうと「昇給する人材でないなら、辞めてください」という厳しい世界です。

「年収が高い=成果を上げている人材」であり「年収が低い=成果を上げられない(退職)」となるため、必然と平均年収額は上がっていきます。

日系企業との給与体系の違い

  • 外資系企業‥「基本給」+「インセンティブ給(歩合)」
  • 日系企業‥「基本給」+「ボーナス(固定)」

このように、「基本給」は外資系企業・日系企業共にベースとしてありますが、+αとなる部分に違いがあります。

外資系企業の「インセンティブ給」は、個人の成果や会社の経営状態によって変化し、高いパフォーマンスを出し目標を達成すればするほど金額が高くなる傾向にあるので、日系企業に比べ成果がダイレクトに反映され高年収となるケースが多くあります。

外資系企業は年収が高い分、待遇が充実していない

外資系企業のほとんどは実力次第で高年収が狙えますが、実力主義のため日本企業のように高待遇ではないデメリットもあります。

福利厚生が充実していない

日系企業には家賃・住宅補助や社宅制度など、手厚い福利厚生が魅力となっていることもありますが、外資系企業には福利厚生がない、もしくは内容が薄い場合が殆どです。

一方で、有給休暇が取りやすい・残業が殆どないなど外資系企業は仕事とプライベートとのメリハリがある環境ではあります。

人それぞれに置かれている状況も異なると思うので、給与だけに着目せず理想的な働き方を実現出来る環境を選んでいくことも大切です。

退職金制度がない

日本では一定期間勤務した後に退職をすると”退職金”を支給される退職金制度があると思いますが、外資系企業には退職金制度を導入していない企業が多くあります。

成果主義である外資系企業には終身雇用という概念はなく、キャリアアップのための転職が当たり前の世界です。

いずれ、転職されるかもしれないことを前提に採用することも退職金制度がない理由の一つとなっています。

外資系企業によっては毎月の給与から一定額を積立・運用に回すことが出来る”確定拠出年金制度”を設けているところもあるので、注目してみてはいかがでしょうか?

上記の内容をまとめると、外資系企業は「組織」よりも「個人」を重んじる傾向にあるため上昇志向が強く実力で勝負していきたい人に向いています。

インセンティブ給がカギ!外資系で高年収の業界は?

外資系企業と言ってもAppleやGoogleなどのIT系、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなどの金融系など様々な業界・業種があり、年収にも違いがあります。

ここでは、外資系企業の中でも高年収業界を一部紹介していきます。

金融業界

外資系の中でも、最も平均年収が高いと言われているのが金融業界です。

金融業界には「投資銀行部門」「マーケティング部門」「リサーチ部門」「アセットマネジメント部門」の4部門があり、その中でも「投資銀行部門」の給与水準が高いとされています。

理由としては、ベースとなる基本給が高いことだけでなくインセンティブ給の高さにもあります。基本給の30~100%をインセンティブ給として設定しているため高年収となるケースが多いのです。

  • ゴールドマン・サックス証券‥平均年収:1,200万円~4,000万円
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー‥平均年収:984万円~2,600万円

コンサルティング業界

コンサルティング業界も平均年収が高めの業界です。

激務であることで知られる職種であり金融業界に比べると初めは基本給が低く設定されていますが、役職が上がっていくにつれ基本給が急激に高くなることが特徴です。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー‥平均年収:1,800万円
  • ボストンコンサルティンググループ‥平均年収:1,860万円

IT業界

IT業界には幅広い業種があるため、業種や職種によって年収に差が出やすい傾向にあります。

しかし、インセンティブ給が基本給の30~40%と高い水準にあるため、業績や成果次第で高年収を狙える業界でもあります。

  • Google‥平均年収:650万円~2,500万円
  • 日本マイクロソフト‥平均年収:940万円

メーカー業界

金融業界やコンサルティング業界のように1,000万円を超えるような年収を受け取れるわけではありませんが、日系メーカーに比べ外資系メーカーは高年収の業界となっています。

長く勤め昇格していていけば30代で年収1,000万円も可能です。

  • P&G Japan‥平均年収:850万円
  • 日本ロレアル‥平均年収:800万円~900万円

外資系企業は徹底された成果主義であるためシビアな環境ではありますが、実力次第ではインセンティブ給や基本給の昇給により高年収を手に入れることも可能です。

自分の経験やスキルに自信がある人は高年収業界にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

働きがいのある外資系企業ランキング【BEST5】

働き先を選ぶ決めては報酬の高さだけではありません。
やはり自分の能力を発揮できる「働きがいのある企業」であるのが前提でしょう。

就職・転職のための企業リサーチサイトである「Vorkers」では、毎年働きがいのある企業を投稿された評価点を元にランキングで発表しています。

【働きがいのある企業ランキング2019】

  • 1位 Google合同会社(外資系)
  • 2位 株式会社セールスフォース・ドットコム(外資系)
  • 3位 三井不動産株式会社
  • 4位 株式会社ボストンコンサルティンググループ(外資系)
  • 5位 株式会社リンクアンドモチベーション

※参照:「働きがいのある企業ランキング2019」

トップ5には外資系企業が3社もランクインしており、待遇面の満足度や風通しの良さ、成長性に於いて高い評価を受けていることが特徴的です。

外資系企業は日系企業よりも平均年収が高い傾向にあることも魅力の一つとなっていますが、”働きがい”といった点でも満足度が高いことが窺い知れるランキングとなっています。

『年代別』外資系企業の平均年収と転職事情

外資系企業は年代で年収額や転職の動向が違ってきます。

20代前半 留学経験・語学力に長けていれば◎

20代前半というと、日本では引く手あまたの第二新卒が挙げられますが、外資系企業においてはスペシャリストと見なされず、求人数はかなり少なくなります。

学生時代に留学経験があり語学力に長けている、あるいは新卒入社した会社が大手企業や外資系競合他社だったなどの特別なアピール材料がないと難しいでしょう。

20代後半 最もニーズが高い世代

20代後半は、外資系/日本企業を問わず転職市場において最も人気がある世代です。

スペシャリスト採用なので、同業種で職務経験5年くらいであれば即戦力として評価され、リーダーやマネジメントの経験があればさらに評価が上がります。

外資系と言えど異業種への転職は厳しくなりますが、同業種への転職であれば最も選択肢が広がる世代といえるでしょう。

平均年収

約400~500万円が平均。
外資系に勤める20代後半は400万~800万と平均年収の幅が広いです。

30代 プレイヤーよりマネジメントが求められる

30代になると、マネージャーやディレクタークラスの求人割合が高くなります

高収入なことで知られるコンサルティング会社など、人気の企業にはMBA取得者をはじめとするハイレベルな人材が数多く応募してきます。
その中でいかに自分をアピールして内定を勝ち取るかがカギになります。

平均年収

約700~1,200万円が相場

報酬が多い分、結果が出せないとすぐに解雇という場合もあり得ます。
家族がいる人は特に慎重に検討する必要がありそうです。

40代・50代の中高年 ヘッドハンティングによる転職が主

最近では40代・50代で外資系企業へ転職する方が増えています。

日本企業の場合、中高年の転職は厳しくなりますが、外資系企業では年齢がネックになることがないため狙い目です。

中高年の求人は、マネージャーやディレクターを始め、CEOなど幹部クラスのハイクラス求人がメインになります。

40代はもちろん、50代でも外資系でキャリアアップ転職を実現している人が存在します。
ポジションによっては年齢が高い方が望ましい場合もあり、このクラスになるとマネジメント経験だけでなく、生きた人脈を持っていることも大きな武器になり得ます。

平均年収

約800~1,700万円が相場
最大約2,000万円

ただしこのクラスのポストの求人は表に出ることはなく、もっぱらヘッドハンティングです。それ以外の方法を探るのならば、転職エージェントに相談しましょう。
非公開求人の中からよいものが見つかるかもしれません。

女性も外資系企業で年収アップが可能

日本企業は男女平等を謳っていても、女性の社会進出は遅れており「女性は結婚したら退職する」という考えが未だにあり、女性が出世することが難しいのが現実。

ですが、外資系企業は『個を尊重』『完全成果主義』のため、年齢・性別関係なしに稼ぐことが可能です。

つまり女性も実力・スキルがあり、成果に繋げさえすれば日系企業よりも稼げ、更に年収アップを実現できます。

そのため、日系企業から外資系に行き実力を試したい・年収を上げたいというチャレンジ精神旺盛な女性に外資系企業はおすすめです。

外資系企業で年収アップを目指す方法

年収アップやキャリアアップを目指し、外資系企業への転職を叶えるにはどうしたらいいのでしょうか?

もちろん興味のある外資系企業のHPなどから求人情報をチェックしておくことも一つの方法ですが、仮に初めての外資系企業への転職ともなると「自分の実力で通用するのだろうか?」「社内の雰囲気は?」「面接はどのように進められるのか?」など不安も多いのではないでしょうか?

外資系企業への転職を考えているのであれば、外資系企業に強みを持つ転職支援サービスの利用は必須です。外資系に特化した転職支援サービスを利用するメリットを解説します。

  • 給与の交渉(基本給・インセンティブ給の比率交渉)
  • 転職サイトに掲載されない非公開求人の紹介
  • 外資系企業に合わせたレジュメ作成・面接対策

上記をはじめとして様々サポートを受けることが可能です。

外資系企業で年収アップに最適な転職サービス

現在の年収は低いけど、外資系企業で「自分の実力がどこまで通用するのか」「とにかく年収を上げたい」という方に必須の転職サイトをご紹介いたします。

外資系への転職支援・年収アップ実績が豊富【Spring転職エージェント】

Spring転職エージェントは、世界60ヵ国と5,100以上の地域に拠点を持つアデコグループの転職エージェント。

必ず面談を行い相談に乗ってくれる点と転職サポートが定評で、母国語が英語のコンサルタントによる英文レジュメ(英語の履歴書)の添削や英語での模擬面接を行ってくれます

アデコ本体が外資系企業であるため、外資系企業とのパイプも強く求人も豊富に扱っているだけでなく、転職成功実績や年収アップの実績が豊富。(※下記画像参照)

『外資系企業で年収アップしたい』
『外資系で自分の実力を試したい』

など、外資系企業でキャリアップを目指す方にSpring転職エージェントは必須です。

公式サイト https://www.spring-agent.jp/
求人数 約20,000件(非公開求人80%)
特徴➀ 外資系求人が豊富/マッチ度を求める方に◎
特徴➁ 転職成功実績・年収アップ実績が豊富

ITエンジニア×外資系企業に特化【type転職エージェント】

1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)を中心とした転職サポートを提供するtype転職エージェント

対応地域は限られてしまいますが、関東の1都3県には外資系企業が集中しているため、首都圏の転職サポートに強みがあるtypeでは効率良く外資系企業の求人を探すことが可能です。

また、type転職エージェントの最大の特徴は利用者の71%が年収アップを実現していること。そのため、今の年収に不安があり外資系企業に転職して確実に年収アップを目指す方には必須です。

中でもIT・WEB・通信系の業界・職種に強みを持っているため、関東に拠点を持つ外資系企業でITエンジニアやweb業界で働くことを希望している方から評判。

公式サイト https://www.type-agent.jp/
求人数 約12,000件(非公開求人:約6,500件)
特徴① 関東の外資系に特化/IT・WEB・通信の求人が豊富
特徴② 利用者の71%が年収アップを実現

“現在”年収500万以上で外資系で更に年収アップを目指すなら必須の2社

外資系求人に限らず、希少で価値が高い求人は一般的な転職サイトでは公開されていません。なぜならば、希少な求人は秘匿性が高く重要なポジションが多いため、公に出すと応募者が殺到するからです。

企業にとってはハイキャリア型の転職サービスで募集をかけることで、優秀な人材に絞りこんだ採用ができるメリットがあります。

“現在”年収500万以上で、外資系企業に転職して更に年収アップを目指せる転職サービスをご紹介します。

高年収の外資系企業を狙うなら【ビズリーチ(bizreach)】

【ビズリーチ】は日本企業に留まらず、ハイキャリア・高年収の外資系求人が豊富なヘッドハンティング型の転職サイトです。

ビスリーチが保有する求人の3分の1以上は外資系企業の案件で、年収1,000万円以上の求人が多数掲載されています。

そのため、日本企業から外資系企業に転職し、且つキャリアアップ・年収アップを目指す方には必須です。

利用者の年齢層もポテンシャルを秘めた若者よりも、経験・スキル・実績が豊富な30代後半・40代・50代が多いため年齢がネックになることはありません。

職務経歴書(レジュメ)を詳しく入力することで、あなたの経験・スキルに興味を持った企業やヘッドハンターから面接確約のスカウトが届くため内定率も高めです。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
求人数 109,000件
特徴➀ 3分の1が外資系求人
特徴➁ 年収800万~年収2,000万の高年収求人が豊富

外資系の金融業界で高年収を目指す【JAC Recruitment】

JAC Recruitmentはイギリス発祥の転職エージェントで英国、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどアジア9カ国に拠点がある、言わずと知れた外資系・グローバル転職の実績が豊富な転職支援サービスです。

様々な業界・職種の外資系求人を扱っていますが、その中でも群を向いて豊富なのが最も年収額が高い金融業界です。

【銀行/証券/保険/コンサルティングファーム/リース・ノンバンク/M&A・ファンド/アセットマネジメント/不動産金融】と、外資系の金融業界を網羅しています。

外資系の金融業界で年収アップを狙う方を始め、元々金融業界経験者で年収アップを目指す方は必須です。

公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
求人数 約15,000件(非公開求人60%)
特徴➀ 外資系の金融業界に強い
特徴➁ 年収600万~2,000万円の求人が豊富

【まとめ】外資系の年収が高い理由は”成果主義”だから!

外資系企業の平均年収が日系企業の約2倍であり、高い傾向にあることは事実です。

しかし、ただ単に年収が高いわけではなく日本に古くからある”年功序列制度”と海外では当たり前となっている”成果主義”との違いです。

「組織」を重んじる日系企業と「個人」を重んじる外資系企業との違いが根本にあることが分かっていただけたのではないでしょうか?

年収アップだけを目的に外資系企業への転職を考えているのであれば一度冷静になって考えてみてください。
成果を出せなければ解雇になるリスク、福利厚生、退職金がない‥など日系企業との違いをよく理解しておく必要があります。

あなたが求める働き方は外資系企業、日系企業のどちらにあるのでしょうか?
とは言え、実力次第で高年収を目指せる外資系企業には夢が広がっていることにも違いありません。あなたなりのベストな選択をし進んでいきましょう。

外資系におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
グローバルネットワークを最大限活用

世界No.1総合人財サービス企業であるアデコグループが手掛ける転職エージェント。世界に広がるグローバルネットワークを活かし国内有数大手企業はもちろんのこと、外資、グローバル企業の求人案件を豊富に保有!
ビズリーチ
ビズリーチ
スペシャリスト・グローバル人材求人に特化
採用企業数8,400社。登録ヘッドハンター数2,600名。国内外の優良企業・一流ヘッドハンターからのスカウトで転職の可能性を広げる!管理職、スペシャリスト、グローバル向けハイクラス求人ならビズリーチへ。
type転職エージェント
type転職エージェント
非公開求人約80%!外資・海外案件豊富

業界・職種ごとに担当が分けられた経験豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポートが魅力!国内大手企業はもちろんのこと外資・海外案件も多数保有。今後のキャリアの可能性を広げる求人に出会えるチャンス。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
グローバル・ハイクラス転職に強い!

ロンドン発祥の日系転職エージェントとして日本国内で30年の転職支援実績を誇るJACリクルートメント。国内大手・外資系企業・海外進出企業などグローバル転職に強み!業界・職種に精通した650名以上のプロのコンサルタントが徹底サポート!
doda
doda
大手転職エージェント!業界トップクラスの求人数
転職者満足度No.1!求人紹介・選考対策が手厚いと評判。国内に限らず、海外駐在のチャンス・転職後の初任地が海外の求人も豊富に扱っているのも大手のdodaならでは。

外資系におすすめ関連記事

外資系に強い 転職エージェント厳選5社
外資系企業に強い転職エージェント5社を厳選。外資系企業の転職で転職エージェントは必要な理由とは!?
【外資系年収】なぜ日本の約2倍の年収なのか?
外資系企業はなぜ高収入なのか?外資系の平均年収は800万円以上で日本全体の平均年収と比較すると約2倍です。なぜそんなに高収入なのでしょうか?
【外資系転職】英語ができなくてもOKな企業がある?!
外資系企業といえば英語は必須。でも企業によっては英語が話せなくても大丈夫な職場が存在します。まったく英語ができなくても憧れの外資系企業に転職するには?
【海外勤務が多い企業ランキング】外資系?日系?どっちにチャンスがある?
海外で働くなら海外勤務が多い企業に入ることも近道。海外勤務が多い企業をランキングで紹介。外資系・日系企業はどちらに海外勤務のチャンスが多いのか解説していきます。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,460views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,112views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,401views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,599views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ