> > 大学中退者、その後の人生とは?

大学中退者、その後の人生とは?

1870 views

不安が渦巻く人生の岐路に立つ 大学中退したら、その後の人生って…?!
大学中退した後の自分の人生の想像がつかない…一体どうなってしまうんだろう?もう成功への道は閉ざされてしまったのか…?と悲観的に考えてしまう人も少なくありません。
もしかして、ずっとバイト生活?就職できない?将来はニート?大学を中退したらもう人生は全て終わりだ!そんな事はありません。
大学を中退する理由は人さまざま。同様に人生も人さまざまです。
これからどうしていくべきか、大学中退を考えている人も含め、大学中退後の人生について一緒に考えていきましょう。

大学を中退して後悔しましたか?

大学を中退して良かったと思いましたか?

「大学を中退して良かった」と思っている人の意見は…

  • 勉強以外の事で知らない事を沢山学べた
  • 大学生以上に自由な時間ができた
  • 自分の趣味にあてる時間が増えた
  • 逆境に強くなれた
  • 本当の意味で自立だできた

1年後、3年後、5年後のプランを考える事が大切

自分自身が大学中退についてしっかりと向き合って決断し、将来の夢や希望に向かって進路変更や就職をした場合、後悔は少なくなります。

「大学を中退して後悔した」と思っている人に意見は…

  • 最終学歴が高校になってしまうのでちょっと悔しい
  • 事あるごとに親族に中退の事でグチグチ言われる
  • もっと勉強していればよかった
  • ちゃんと考えていなかった
  • 「無能」というレッテルが貼られやすい

勢いだけで大学中退を決めてしまうと後悔する場合もある

大学に通うと「もっと面白いことがありそう」「友達が大学を中退して起業したから自分も成功したい」「働いてお金を稼ぎたい」と視野も夢も広がります。
大学中退することは後々の就職にも大きな影響を及ぼすため、「今こうしたいから」「ただ何となく」といった明確なプランを考えず決断してしまうのはリスクが高いでしょう。
大学中退後の目的を明確にする事によって、後悔を避けることが出来ます。

大学中退後はフリーターになる人が多い

大学中退後すぐにしたことは?
命を賭けられるほど好きなことを仕事にしたくて定職に就かない人は、自分磨きの合間に働くフリーターとなるケースがほとんど。
アルバイトは単発派遣は朝昼晩と自分の好きな時間に働けるメリットがあります。

たとえば、劇団に所属する役者志望の方は稽古や公演にスケジュールを合わせる必要があり、バンドマンは深夜にがっつり稼いで昼間は練習&夜はライブを行うなど様々なスタイルが実現します。

ただし、それが良しとされるのは本気で夢と向き合っている人だけです。
「自分には夢がある」と言いながら生半可な覚悟でいる人や、努力をしきれていない人が夢を叶えられることは絶対にありません。

「○歳になったら諦めて就職する」とタイムリミットを定めたり、夢が叶わないまま「一生定職に就けなくても後悔しない」と覚悟を決めることは大切です。
とは言え、フリーター生活を選んだ方でも、自分自身の中であらかじめルールを設け、後に腹を括って就職する事が賢明です。

大学を中退して民間企業に就職する

もっともメジャーなケースは民間企業に就職すること。一般的な中小企業では求人の募集条件を「高卒以上」としており、大学中退者の間口も広くなっています。
最近はやっと就職氷河期を脱却してきた傾向にあり、求職者に向けた転職支援イベントも多数行われています。

最終学歴がネックとなるのは大手企業や待遇のいい優良企業を狙う場合。
大卒しか募集していなかったり、高卒と大卒で大きな待遇の差があったりと、何かと壁にぶつかることも多いでしょう。

面接では大学を中退した理由をしつこく問われたり、入社後も大卒の同期・後輩より低い給与などの面で現実の厳しさを突きつけられたりするかもしれません。

それでも、正社員になった人が得られる社会的な保障やボーナス・退職金などは今後の長い人生を考えた時に非常に魅力的です。
定職についていない人は結婚などの幸せも遠ざかるケースが多く、お金も家族もない寂しい老後を迎える可能性も否めません。

大学を中退して就職が不利だと感じるた事はある?

就職活動が不利だと感じた事はありましたか?
大学中退後、就職が不利だと感じたことが「ある」と答えた人の多くは、ハローワークや求人サイトでの就職活動をしていました。
一方、不利だと感じたことが「ない」と答えた人は転職エージェントを利用していました。
正社員としてホワイト企業で働きたいと思った場合は、業界のプロのサポートを受けることが正社員への近道。

大学を中退すると最終学歴は高卒になり、「大卒並みの就職は厳しいのではないか」「高卒じゃどこにも就職なんてできない」と思いがちですが、大学中退者こそ転職エージェントを利用すれば、大卒の人よりも良い所に就職できる!なんて事も。

自分は不利だ、自分の力だけでは就職活動できないと感じている人は転職エージェントを上手く活用してみましょう。
何も知らずにブラック企業へ入社してしまう大卒に比べ、転職エージェントを利用し就職できる高卒は、ホワイト企業・優良企業を紹介してもらえるので、ブラック企業への入社を避ける事ができるのです。

書類選考なしで企業面接へ!DYM就職

学歴や職歴ではなく人柄や将来性といったポテンシャルを重視する企業との出会いが可能に。

優良企業の正社員を目指すならDYM就職は必見。
フリーターなど社会人未経験者の正社員就職を無料でサポートしているので、大学を中退してから就職経験がない方も安心して利用することができます。
非公開求人を含めて2,000社もの取引企業の中には、東証一部上場企業や急成長中のベンチャー企業など期待値大の企業が多数。

誰だって「ブラック企業には当たりたくない」と願うものですが、就職支援サービスの情報網を活かしきれていない人の方が多いのです。DYM就職では厳選した優良企業のみを紹介しているので、あなたの希望とのマッチング性も十分に期待できます。

大学中退者に多い「書類をクリアできない」という悩みも解決。DYM就職は書類選考をせずに面接をセッティング。
まさに、企業との強いパイプ・信頼関係があるからこそできる就職サポートだと言えます。面接に自信がない方も、客観的に面接のシミュレーションを実施してくれるので心配ご無用です。
「自分ひとりでは実現しない就活」を体感してみてください。

DYM就職のポイント

  • 正社員としての就職成功者が約5000人
  • 2000社もの優良企業求人を提供
  • 学歴コンプレックスも気にならない
  • 社会人未経験でも就職率96%
  • 大学中退者の就職支援に強い
  • 登録から最短1週間で内定も可能

ホワイト企業に入社したいならジェイック

ジェイックは本気で就職したいけれど、「社会人経験がない」「大学を中退してしまった」とお悩みの方に最適の就職支援サイト。社会で活躍したいという思いがあるにも関わらず、何から始めるべきかわからずにいる方にぜひチェックしていただきたいサービスなのです。

ジェイックは「20代の就職・転職支援」「女性の就職・転職支援」「ブラック企業を排除する就職支援」に定評があり、無料で就活テクニックや社会人の基礎を学ぶことが可能。プロのコンサルタントが厳選した20社もの優良企業20社に会うことができます。

これまでジェイックを通して約15,000名が就職に成功。就職成功率は80%以上であり、求人サイトやハローワークを閲覧するだけの通常の就活よりも高い成功率となっています。契約企業数は50,000社以上。就職後の定着率も約94%であることからホワイト企業が多いことも伺えます。

jaic認定

ジェイックのポイント

  • 離職率が高い業界は取り扱わない
  • 集団面接会や説明会、無料就職講座を多数実施
  • 書類選考なしで面接OK
  • 未経験者が70%・正社員求人は100%
  • 無料就職講座で、社会人経験ゼロでも安心
  • 厚生労働省委託事業により「職業紹介優良事業者」に認定

大学を中退して公務員として就職する

さらに手堅く安定した生活を手に入れるため、大学を中退してから公務員を目指す人もいます。

公務員試験の応募用紙には履歴書や職務経歴書などの学歴を書く欄があります。大学中退=高卒となるわけですが、最終学歴による月給の差があまり目立たないのは公務員のメリットです。

公務員は手取りこそ少ないものの退職金や年金ががっつり入るため、民間企業に勤める大学中退者との生涯年収の差が大きくなります。昇給率も年齢で変化していきます。独学や予備校での猛勉強は必須ですが、努力が報われればリストラ率も低く、将来安泰と言える選択でしょう。

最終学歴が高卒でも受けられる公務員試験といえば、警察官をはじめ自衛隊や消防士などの防衛職が有名。職業訓練学校を卒業する必要がありますが、世間に誇れる仕事に就くことで大学を中退した後ろめたさを払拭することができます。

そのほか、訓練学校を出なくてもいい建築・土木関係の公務員職も多数あります。体力に自信のない人には行政機関や学校で働く事務職が人気ですよ。

公務員試験の注意ポイント

  • 公務員試験は職種によって年齢制限があり、その多くが29歳・最高齢で39歳まで
  • 試験が行われる時期も職種毎に異なる
  • 最終学歴が高卒以下の職種にしかチャレンジできない

大学を辞めてから公務員試験を受ける際は事前に必須条件を調べておきましょう。

大学を中退してニートになる

大学を中退してでもやりたいことがあった場合、自由に使える時間が増えて有意義な活動ができるようになります。しかし、勉強が嫌になったり単位をとれず面倒くさくなったり、学費面の問題によって大学を中退した場合はどうでしょうか。

「自分は大学をリタイアしたクズだ」
「しばらく何もしたくない……」

こうした虚無感や敗北感、脱力感に襲われる可能性は否めないでしょう。夢や希望を持たないまま大学を中退して、ニートや引きこもりになってしまうケースは少なくないのです。

だらだらしたいわけではなく、ちゃんと仕事を探していても就職するまでの期間は間違いなくニートです。
それでも帰る家があったり、親が食事を用意してくれる環境にいると居心地の良さすら感じることでしょう。

とはいえ、ニート期間に対する世間の目は甘くありません。
1~2ヶ月程度なら問題ないと思っていても、面接などで「この期間は何をしていたんですか?」と質問されることになります。
その時に人事担当者に納得してもらえる理由をきちんと話せるでしょうか?

「このままじゃダメだ!」と思い立って就職活動を始めても、「ニート」という空白の時間は多かれ少なかれネックになります。
未来の自分のためにも「ニートにならない心構え」や「ニートを脱出する勇気」を持つようにしましょう。

大学を中退して専門学校へ編入

「大学の選び方を間違えた」「もっと他に学びたいことを見つけた」「家庭の事情で今の大学に通うことが難しい」など、大学を中退した人は皆それぞれ理由があります。

今の大学では出来ない勉強をしたかったり、引っ越しせざるをえなかった方は、新たに見つけた大学で学び直すことでしょう。他の大学に入学し直すことを「編入」と言いますが、短大や専門学校を卒業してから大学に入る場合も編入扱いとなります。

編入試験のライバルは中途退学者だけではなく社会人もいるので、大学によっては倍率が高く、激戦も覚悟しなければなりません。とはいえ、大学は条件さえ揃っていれば編入が可能。自分が該当しているか条件を確認してみましょう。

大学に編入する際の条件

  • 学科に応じた科目や小論文、面接の内容で合否が決まる
  • 前大学で64単位前後を修得していること
  • 2年生まで進級していること

自身が所持している単位数は前に通っていた大学に問い合わせれば教えてもらうことができます。編入に必要な単位数やその他の条件は大学により違うこともあるので、ホームページや学校資料で確認しましょう。

編入時に提出する書類もチェック

  • 中退をしたことを示す退学証明書
  • 単位数を証明する成績証明書
  • 編入に至った経緯を綴る志望理由書

編入が本当にベストな選択?

単純に大学で勉強する意味を見いだせなくなったり、遊びすぎて単位を落としたり、自分の怠慢でドロップアウトした場合。学歴コンプレックスや大学を辞めたという罪悪感は、おそらく一生つきまとうことでしょう。

就職活動中やフリーター・ニート生活の中で「大学をちゃんと卒業したい」と強く願うようになった時にも「大学編入」という選択肢が生まれます。しかし、仕事によっては学歴をつけるよりも研修に参加したり働きながらスキルを習得する方がいいケースがあります。

学歴コンプレックスなどから大学編入を考えている人は、自分がするべき選択が「編入」「就職」かをしっかりと見極めるべきです。転職エージェントではそうした相談も受け付けているのでアドバイスを得るのもいいですね。

大学を中退する理由とは?

最近では大学を中退する方が増え、年間で約8万人の大学中退者がいると文部科学省の調査でわかっています。約10人に1人の割合ということになります。

大学を中退する理由は?

大学を中退する人の理由としては…
〇経済的事情
大学の費用を支払うことが困難になった場合
〇進路変更
別の大学や専門学校への夢ができた場合や就職を決めた場合、留学する場合
〇学業不振
大学での学業が振るわず単位が取得できず進級できなかった場合
〇身体的理由
大学在学中に病気や怪我で在学困難になった場合
〇大学生活の問題
大学生活に馴染めない、人間関係の構築が難しいといった不適応が理由の場合

大学中退した女性は企業に歓迎される?

大学を中退したら絶対的に就職が不利になるというわけではありません。女性が大学中退後に就活をしてみると、意外にも需要があることがわかります。なんとなく、高卒の女性が正社員になれる仕事というと「販売・サービス業界」「医療・福祉業界」というイメージがありますが、それらの他にも選択肢はたくさんあります。

たとえば、人気職の一つであるオフィスワーク。事務や経理、秘書、エンジニアなどさまざまな職種があります。大学を中退したということは年齢が若いということ。一部の企業では「女性は結婚や出産で退職する可能性が高い」と懸念されており、人材を長期的に育てたい中小企業などは、20代後半から30代前半の女性を採用することを恐れる傾向もあります。

だからといって、一切女性を採用しないということも出来ません。そのため、大学中退だとしても「若くて意欲のある女性」は歓迎されやすいのです。もし、大学中退のデメリットしか見えずに就職活動に消極的な方がいたら、「若さが武器になる」ということを知ってください。

大学中退しても良い職場、仕事に巡り合えましたか?

大学中退しても良い職場m仕事に巡り合えましたか?

大学中退者に「良い職場、仕事に巡り合えましたか?」という質問をしたところ、46%の人が「巡り合えた」と答えています。
「大学を中退したら人生終わりだ」という風潮により、自信を失ってはいませんか?
中退することを決めたのが自分ならば、今後の人生を決めるのも自分しかいません。
他人の心ない言葉や突き放すだけの言葉に傷ついて、塞ぎ込んでいる時間はないのです。

社会人としてキャリアを積んでいくことは、「自分の人生は終わっていない」と主張する手段の一つ。
「就職活動が一筋縄ではいかない」「世間から好意的に見られない」というのは紛れもない事実ですが、企業が大学中退の理由を警戒するのは当たり前のことです。

その事実がある上で重要なのは、人材としての将来性を感じてもらうこと。10人に1人が大学を辞めている中で、本当にすべての中退者に未来がないわけがないのです。

就職活動の勝率を上げるためにも、応募書類を魅力的にすることや面接対策を念入りにすることが大切です。自分ひとりで何とかしようとせずに、就職活動をサポートしてくれるサービスを活用するのがオススメ。

ほとんどの転職エージェントは社会人経験がなくても利用できるため、積極的にプロのアドバイスをきくようにしましょう。将来のことや仕事選びに悩んでいる段階でも相談が可能です。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
31,976views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
2
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,458views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
3
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,199views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
4
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
10,401views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
5
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
10,169views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
9,552views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
7
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8,398views
マンガでわかる! 転職物語
8
マンガでわかる! 転職物語
7,691views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7,513views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
10
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
7,447views
ページのトップへ