> > 【既卒/就活】なぜ厳しい? おすすめの転職エージェント5社厳選

【既卒/就活】なぜ厳しい? おすすめの転職エージェント5社厳選

761 views

【既卒就活】なぜ厳しい? 就活方法・おすすめのエージェント まとめ

学校を卒業して1~3年の間、社会人経験のない人のことを表す『既卒』。

勉強をした内容も、経験したことだって『新卒』と変わらないのに、新卒入社と時期がズレただけで『既卒』という名前で一括りにされて、途端に就職が難しくなると言われることに疑問を感じている人も多いはず。

どうして既卒の就活は難しいと言われるの?本当に就職は厳しいの?そう言われる理由とは?

実は既卒には既卒に合った就活方法があるのです!既卒の厳しさと就活方法、おすすめのエージェントをまとめました。

既卒=人生終了って本当?

既卒とは、学校を卒業して約3年の期間、一度も就職歴がない人、社会人経験がない人のことをさす言葉です。

既卒は就活業界では「既卒詰んだ」「人生終了」といわれ就活では不利な立場とされています。実際、新卒に比べると求人数も少なく、企業の選択も狭まるというのが現状。

しかし、新卒よりも既卒を採用したい企業も多く、就活のやり方次第では有利に就活を進めることができるというのも事実。

就活は書類作成・面接対策も誰にも頼れず、一人で成功させないといけないという思い込みがございます。

また、自分で一生懸命やっていたとしても不採用連絡は非常に淡白なもので、次第に自分は社会に必要とされていないんじゃないか…と孤独なイメージとなり「人生終了」と言われる理由ではないでしょうか。

結局は「既卒=人生終了」はネットで騒がれていたり、自分自身が思い込んでいるのに過ぎないため、諦めて人生終了にするか・諦めずに進んで既卒でも就職を成功させるかは自分次第です。

ですが、既卒というだけで就活が厳しいのは事実です。ではなぜ企業側は既卒を懸念するのかを見てみましょう。

人事担当者が持つ『既卒』の印象・懸念する理由

あなたにしてみれば、新卒として就活していた自分と、既卒となって就活を始める自分にこれといった違いを感じていないと思います。

実際少し時期が長くなったくらいで、逆に次年度の新卒に比べて就活の経験があるわけですから、自信を持って面接などにも臨めるかもしれません。

ですが、気持ちだけ前向きでも既卒というだけで、企業側は厳しい評価をします。人事担当者は『既卒』にどんな印象を持っているのでしょうか。

人事担当者が持つ【既卒】の懸念理由

  • 新卒で内定をもらえなかった人
  • 就活にやる気や熱意をもって臨めていたんだろうか?
  • 働く意思はある? 自分の軸が定まっていないのでは?
  • 内定をもらえなかったのは、人間性や能力的に何か問題があるのでは?

人事担当者は、新卒に実はそれほどスキルを求めていません。

実際初めて社会に出るのですから、実地の知識や経験がなくて当然。

では何を求めているかといえば、社内の空気を壊さず馴染んでくれる。教育すれば伸びてくれるやる気や熱意や根気。若さによる瞬発力などです。

そんなわけで、新卒で内定をもらえなかったという『既卒』は、まず人間的な一般常識や、対人面でのコミュニケーション能力、ポテンシャル面などに警戒されがちというハンデを持ってしまうことになります。

既卒が就活する上で気をつけるべきこと

既卒になった理由を明確にしておく

なぜ既卒になったのかについては、面接で聞かれることになると思います。

「既卒」が面接で聞かれる内容

  • なぜ既卒になったのか
  • 現在は何をしているのか
  • なぜ今になって就職をしようと思ったのか
  • 既卒になってどのように感じているのか

面接だけでなく、応募書類のPRの欄を埋める際にもこれらの事項をしっかり考えているかいないかで、深みが変わってくることと思います。

・面倒で乗り気になれずにいたら、そのまま就職戦線に乗り遅れた
・留学して戻ってきたら、日本の就活時期と大きくズレていて乗り遅れた

理由なら人それぞれあると思いますが、例えば留学が理由ならある程度箔にはなるかもしれないので、そのまま伝えてもいいでしょう。

嘘をつくことは絶対にNG

就職活動する気がなかったというのはさすがに良い印象は持たれません。でも、そこで適当な嘘をつくのは厳禁です。

多くの学生を見ている人事担当者は、上っ面の嘘を結構見抜くもの。質問を重ねられるたびボロが出てきて、最終的に取り繕えなくなって不採用…なんていう体験談もあるくらいです。

いっそ正直に言ってしまって「その時のことを反省し、自分の至らなかった点をしっかり振り返り、積極的に行動すること、事前準備をしっかりすることを心がけ就職活動に臨んでいます」といったポジティブな方向に話を持っていくのが大事。

卒業後フリーター期間があるのなら、「就職はできなかったけれど、接客の経験を積もうと思った」「業界のノウハウを少しでも学びたいと思った」といったポジティブな返答を心がけるようにしましょう。

とにかく熱意とやる気と明るさを心がけ、自主的な行動を心がける

新卒に対しては『既卒』というハンデを抱えているし、卒業後1~3年間という同じ期間を過ごしている『第二新卒』に対しては社会人経験の有無というスキルで負けてしまう。

だからといって、既卒というだけで就職は無理なのかというと、もちろんそんな事はありません。

マイナビ調べの2018年度の既卒内定率は45%と確かに決して高いとは言えませんが、逆に言えば少なくとも45%の人は内定を貰っているのです。

こちらは同じくマイナビが調査を行った、企業が既卒採用をどのように考えているかの統計になります。

マイナビ調査結果

積極的に既卒を採用したいかとの質問に「いいえ」と答えたのは、わずか6.2%のみ。

「どちらともいえない」については44.7%ですが、これは要するに「いい人材が居るなら考える」ということにも繋がるのではないでしょうか。

若い人材は、まだ経験がなくて当然。仕事に対する姿勢と人間性を買って採用を行おうと考えている人事担当者は多く、とにかく新卒や既卒の枠を超えたポテンシャルを持つことで、45%の内定を勝ち取ることに繋がります。

将来のビジョンを明確にし、企業研究と自身の棚卸しを詳細に行うこと

まあなんとかなるでしょ。といった軽い考えでどうにかできるほど、就活は甘くありません。

特に既卒は散々前述してあるとおり、ハンデを抱えています。長く時間がかかった分だけ、自分の考えや理想が固まっているはず。得ている情報も多いはず。というのが大前提です。

そこでふわっとした自己PRや志望動機などしか面接で示せないとなると、人事担当者には「この人今まで何やってたの?」とガッカリされてしまうことは間違いありません。

  • 自分がこの業界、この会社、この職種で何がやりたいか。またどうなりたいか。
  • 採用されたらどのような働きができると考えているか
  • この業界、この企業をなぜ選んだのか。どこに魅力を感じたのか
  • この企業が求めている人材とはどのようなものであると考えているのか
  • この企業が目指す姿とは?またその理想に対して自分がどのように貢献できるか
  • 業態に対して、自分のどのような経験や能力が活かせると思うか

こう言った質問は面接でほぼ確実に出てくると思いますし、また自己PRを求められた時、これらの事を考えて答えを出していないと、説得力は生まれません。

事前に必ず将来のビジョンを明確にし、企業研究と自身の棚卸しをできるだけ詳細にしておきましょう。

既卒の就職方法はどれが最適?成功した既卒者が行っていた方法

学生のうちであれば、就職課や学生課などの学校からのバックアップがあったりもしますが、既卒となるとそうはいきません。

まず求人を探すところからすべて自分でしなければ、何も始まらない。でも就活はどこを頼りにして動けばいいの?と悩んでしまう人も多いはずです。

既卒でも就職できた方が使っていた媒体に加え、メリットとデメリットを解説します。

ハローワーク

各自治体が運営するハローワーク。無料で職業紹介を行ってくれるので、利用したことがある人も居るのではないでしょうか。

メリット

  • 無料で利用できる
  • 窓口で対面して相談できるので、希望を伝えて紹介が受けられる
  • 自分でも求人を検索、ピックアップし、説明を受けたり、相談ができる

デメリット

  • 地元以外の求人が手薄になりがち
  • 募集を出す企業側も無料のため、空求人やブラック企業が混じっている場合がある
  • 窓口の順番待ちなどで時間を取られてしまう

無料で直接相談ができるのはかなりありがたいですが、待ち時間が発生してしまうと非効率的と感じてしまう場合も。

また、求人だけ出して実質募集を行っていない空求人や、人の出入りが早くずっと求人を出しているようなブラック企業も混じっているので、長期間出しっぱなし、大量募集といった求人には注意が必要です。

タウン誌・求人募集誌

書店やコンビニなどで無料で配布されているものや、販売されているものなど種類は豊富。

メリット

  • 手軽に手に取りやすく、どこでもチェックができる
  • 地元の中小企業の情報などが特に豊富

デメリット

  • 無料のものは地元以外の求人が手薄
  • 大手企業の求人はあまり多くない
  • 企業の実態は見えないので、自分で調べる必要がある

地元の中小企業を希望するなら、手に取りやすくチェックしやすい媒体と言えます。

でも紙面で限られたスペースしかないため、企業の実態はまったく見えず、ブラック企業に当たる可能性も…。応募の際には下調べ必須です。

企業HP

企業ホームページには大体『RECRUIT』『採用情報』といった募集要項をまとめた求人ページがあります。

メリット

  • 希望する企業が明確に決まっているなら、直接連絡して余計な手間を省ける
  • 直接やりとりすることで、企業の様子を肌で知りやすい

デメリット

  • 全ての調整を自分で行わなければならない
  • やり取りにはビジネスマナーを求められ、最初の電話連絡から人事担当にチェックされるので、慣れていないと難しい

もし就職したいと思っている企業が明確に決まっているのであれば、企業のHPにある『採用情報』などからダイレクトに応募することも可能です。

でもその場合は最初のメールや電話連絡からビジネスマナーが必須となり、あなたの一般常識がチェックされることになるので、慣れていない人には難しいと感じるでしょう。

就活サイト

昨今では一番就活に使われているのが就活サイトです。ネットさえ繋がれば、どこでも全国の求人がチェック可能。自分の都合がいい時に活動ができます。

メリット

  • PCやスマホでいつでも全国の求人をチェックできる
  • 求人量が豊富
  • メールフォームなどシステムが確立しているので、応募が簡単

デメリット

  • 情報量は多いが、その分ブラック企業なども多く、選別に注意が必要
  • 応募後は書類や面接の準備は自分で行う
  • 利用者が多いだけに、競争も激しい。

お手軽に使えるツールなだけに、やはり利用者も抜群に多いです。

その分、スキルが高い転職活動者といった競争相手も多いので、はっきり言えば転職上級者向けかもしれません。

また、ハローワークと同様にブラック企業の求人もあるため、やたらと好条件の求人や、やたらとたくさん見かける求人などには注意が必要です。

就職支援サービス(転職エージェントなど)

転職エージェントや、職業訓練付き就職支援などのサービスもあります。基本的には無料のところが多いですが、最初から費用が必要なものについては注意が必要です。

メリット

  • 基本的には無料で支援を受けられるところが多い
  • 企業とのやり取りはすべてアドバイザーが行ってくれる
  • 履歴書や職務経歴書などのチェックや、面接対策などを行ってくれる
  • 希望を聞き取りした上で、あなたに合った求人をピックアップし紹介してくれる
  • 入社後のアフターフォローをしてくれるところも多い

デメリット

  • エージェントの業態や、アドバイザーの相性などに当たり外れが発生することがある

就活に関する悩みなども相談ができ、求人も紹介してくれるシステムなので、忙しい人にも利用しやすいツールと言えます。

ただ中にはスキルが高い転職者向けといった業態のところもあり、若い世代やスキルがない人は登録できないところもあります。

また基本的にはマンツーマンの担当制のため、相性の面で当たり外れが発生しやすいというデメリットもあります。

既卒の就活に最適な方法・理由

媒体ごとにメリット・デメリットがあるとなると、結局どれを使えば良いのか分からないのが本音ですよね。

そんな方は転職エージェントに登録して、書類作成・面接対策など就活をサポートしてもらいながら内定を勝ち取りましょう。では、なぜエージェントを使うべきか理由をご紹介致します。

自己分析・書類作成・面接対策のサポートが受けられる

自己分析

新卒の時に就活を行っているため流れはわかっているけど、やりたいことがない・そもそも自己分析のやり方がイマイチわからない・面接が苦手という方も多いはず。

そんな方に就職エージェントはピッタリです。学生時代頑張ってきたことなどをヒアリングし、プロの視点からアドバイスをもらえるだけでなく、一緒にやりたいことを探してくれます。

書類作成

実は新卒時と同じ書類を使うことは企業によってはNGの場合も…。でも市販の履歴書だと自分に合うものがなくて困っているという方もいるはず。

エージェントでは、求職者の経験などをヒアリングし、一から書類も作成してくれるため丸投げすることも可能です。

面接対策

最後の難関となる面接対策。新卒の時は予想外のことが聞かれて答えられず…なんて経験ありませんでしたか?

エージェントサービスだと、書類が通ると事前に面接で聞かれる内容が提示され、担当者と答える内容を考えることができるため、自信を持って面接に挑むことが可能です。

希望通りの求人紹介が受けられる

既卒で就活をして、なかなか決まらないと「正社員ならどこでも良いから内定欲しい」という状態になってしまいます。

でも、最低限ブラック企業には入りたくないというのはあるのではないでしょうか?人によってはやりたい仕事があったり、大手・優良企業に入りたいなど、それぞれ心の隅ではこだわりはあるはずです。

エージェントでは初回面談時に「どんな企業に入りたいか・希望業界・職種・福利厚生などの待遇」など、条件をヒアリングした上で求人を紹介してくれるので安心です。

就活サイトや巷には出ない非公開求人も扱っているため、新卒時にも見なかったレア求人に応募できるチャンスも出てきます。

また、事前に企業に直接取材をしており、職場環境や待遇などの情報を漏れなく教えてくれるだけでなく、離職率が高い企業は断るなど徹底されているのも、大きな魅力となっています。

エージェント選びは慎重に

現代では就職・転職するならエージェントの利用が必須と、CMやweb広告で流れるほど需要がございます。

ではエージェントなら、どれに登録しても良いのか!というとそうではありません。

エージェントごとに特化した年代・業界・職種があったり、職歴がない人・年収500万以上ない方はお断りという所も数多くあるため、一概にどれに登録しても良いとは言えません。

20代OKと記載があっても正社員としての職歴があることが前提だったりするので、職歴がない既卒・フリーター・ニートは不利な場合もございます。

そのため、就職エージェントを利用したい場合は【既卒・フリーター・ニート】に特化したエージェントに登録するようにしましょう。

既卒におすすめの転職エージェント

既卒・フリーター・ニートなど社会的に不利な方に特化したエージェントをご紹介致します。全て無料で利用できるので、まずは話だけ聞きたい・相談だけしたいという方にもぴったりです。

ジェイック

ジェイックでは20代の既卒、フリーター、ニート、大学中退に特化した就職支援も行っている就職エージェントです。

就職成功率は80.3%以上。就職支援実績は14,000人以上、入社後定着率は94.3%とかなり高い実績があります。

『就職カレッジ』というシステムがあり、面接対策やビジネスマナー講座なども無料で受けることができます。

最終的には書類選考なしで20社の企業を、一気に面接することが可能。【優良職業紹介認定所】に認定されており、どの企業もジェイックの担当者が直接訪問取材を行っているので、ブラック企業に当たるような心配もありません。

公式サイト https://www.jaic.jp/
対象者 既卒・フリーター・ニート・大学中退・高卒
特徴 面接対策やビジネスマナーが受けられる

第二新卒エージェントneo

名前は第二新卒エージェントとなっていますが、もちろん既卒・フリーター・ニートのサポートも万全です。

第二新卒エージェントneoは、社会人経験なしの就職・転職実績は15,000人以上を突破。

求職者に寄り添った就職支援が特徴で、選考対策はもちろん、希望とマッチングした求人紹介が利用者から評判です。

紹介される企業は、アドバイザーが実際に訪問して情報収集した企業で離職率が高い・育てる環境が整っていないなどのブラック企業は排除しています。

そのため社風や職場の雰囲気、やりがいなどを重視したホワイト企業が多く、若い世代が安心できる企業のみを厳選しています。

対応地域は全国のため、首都圏に関わらず地方の方も利用できる点が強みです。また、海外も対応しているため留学経験がある方にもおすすめのエージェントと言えます。

公式サイト https://www.agent-neo.jp/
対象者 既卒・フリーター・ニート・第二新卒
特徴 全国対応。ホワイト企業のみを厳選。

DYM

【利用者の96%が内定!学歴や職歴に自信のない方!】

優良企業の求人数が多く、正社員の求人案件はなんと100%。ポテンシャル採用を重視した未経験歓迎の企業が多数。

就職率96%、離職率3%とマッチング率が高く、採用までのスピードが早いことが特徴。

アドバイザーのキャリア相談やヒアリングが充実しているので、入社後のミスマッチ退職も少なく、個々に合ったキャリアプランや求人を提案してくれます。

職歴、学歴に自信のない方も書類選考なしで面接へ進めるので、直接企業の採用担当者へ思いを伝えたいという方やなかなか書類選考に通過せず就活につまずいている方にぴったり。

公式サイト https://www.dym.jp/
対象者 既卒・フリーター・ニート・第二新卒
特徴 書類選考なし

ハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒やフリーターなどの20代の就職に特化した転職エージェント。内定率は80.4%と高い実績があります。

対応地域は東京・埼玉・神奈川・千葉と狭いですが、関東の未経験OKの求人がダントツに多いのが特徴です。

何がやりたいのかよく分からないという人でもしっかりと丁寧に対応してくれるので、なんとなく就活して失敗して、そのまま既卒になったという人でも、今後自分のやりたいことなどを見つけられる絶好のチャンスかもしれません。

公式サイト https://www.hataractive.jp/
対象者 既卒、フリーター
特徴 東京・神奈川・埼玉・千葉の求人に特化

ワークポート

学歴・職歴不利者から人気なのがIT・WEB業界。エンジニア、コーダー、デザイナーなど職種も広く、アニメやゲームなど身近で、学歴関係なしに高年収が狙えるため人気の業界です。

ブラック企業が多いと言われるIT業界ですが、転職サイトではなく、採用費用が高くつく人材紹介会社(転職エージェント)経由で転職することでブラック企業に入る確率は低くなります

ワークポートは社会人未経験・スキルなし歓迎で、大手と違いサポート重視のサービスが人気です。登録者限定で無料のエンジニアスクールもあるため、就活しながらIT・WEBのスキルを身に付けたい方にピッタリです。

公式サイト https://www.workport.jp/
対象者 学歴・職歴・年代問わない
特徴 無料のエンジニアスクールあり

リクナビネクスト


リクナビネクストは、転職Shopと同じリクルートキャリアが運営する転職サイトです。転職サイトのため、自分のペースで就活を進めたい方におすすめ。

求人検索では既卒をキーワードに検索しても求人案件は出てきますが、その場合200~300件程度と少なめ。

検索する場合は『未経験者歓迎』のチェックボタンにチェックを入れて検索することをオススメします、そうすると7,000~8,000件もの求人がヒットしますよ!

公式サイト https://www.rikunabi.jp/
対象者 全ての年代・ニート・フリーター
特徴 自分のペースで就活出来る

【まとめ】既卒の就活は厳しい。でも成功する選択をするのはアナタ次第

結論から言うと、既卒の正社員就職は確かに厳しいです。既卒というだけでハンデになってしまうことも残念ながら現実です。

でも、だからといってネガティブになってしまっては、もうそこから先はありません。既卒でもあなたの活動の仕方次第で、十分挽回可能です。

大事なのはやる気と熱意と根気と明るさを持って、自主的にどんどん行動していくこと!

それでも既卒は新卒の時と違って、周囲に同じ境遇の人に恵まれない場合がほとんど。新卒就活時以上に孤独を感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、例えば転職エージェントなどの転職のプロの力を借りるというのも1つの手です。一人では行き詰まっていることでも、第三者の視点で見てもらったら打開策は見つかりやすいことも。

行き詰まやすい立場になりやすい既卒だからこそ、転職エージェントに頼ってみてはいかがでしょうか。

既卒におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
就職エージェントネオ
就職エージェントネオ
経験豊富なアドバイザーと二人三脚の就活
キャリア相談、求人紹介、履歴書添削や面接対策、入社後のアフターフォローまで対応し、既卒者に寄り添った就職支援が充実。実際に取材した企業情報から職場の雰囲気や人間関係を知ることができミスマッチ退職をストップ。
いい就職.com
いい就職.com
採用企業5000社以上の既卒に特化した就職支援
国内最大手20万人が利用。ポテンシャルの高い既卒の就職に特化し、専任アドバイザーによる就職セミナーが充実。応募書類の添削や模擬面接、スキルアップ支援をサポートし、既卒の優良企業への正社員採用を目指します。
アイデムスマートエージェント
アイデムスマートエージェント
既卒のハンデを強みに正社員就職をサポート
未経験から1カ月以内の一次面接通過率80%!専任のアドザイザーによる求人紹介から履歴書添削、面接対策、内定後のフォローが充実した就活サポート。就活スキルアップセミナーで選考通過率をブラッシュアップ。
UZUZカレッジ
UZUZカレッジ
既卒のための次世代型就活サポート
ITエンジニア、営業スキル研修が充実。プロフェッショナル講師による研修で未経験から正社員へのノウハウを習得。4週間の研修は全て無料。並行して合同面接会へ参加し、4週間で内定を目指すことができます。
就職Shop
就職Shop
7万人の面談実績あり既卒歓迎の就職支援サービス
書類選考なく面接へ進むことができスムーズで、すぐに就職したい既卒にお勧め。採用企業は職歴なし未経験でもポテンシャルを重視し採用意欲が高いことが特徴。既卒にハンデといわれる自己PRや志望動機、面接対策が充実。

既卒におすすめ関連記事

既卒の就活テクニック!
既卒者に教えたい、既卒者向け就活テクニック!
既卒者向けオススメ就活サイト10選
既卒者に使ってほしいオススメ就活サイトを厳選しました。
既卒者が公務員にならない方がいい理由とは?
公務員を目指す既卒者は少なくありません。公務員は安定だとよく言われますが、本当にそうでしょうか…?公務員について詳しくご説明します。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
93,882views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
38,450views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,946views
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
4
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
22,449views
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
5
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
22,387views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,579views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
19,371views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
8
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,582views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
9
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
15,555views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
15,365views
ページのトップへ