既卒が使ってはいけないエージェント!使うべきエージェント一覧!

既卒が使うべき就職エージェントと使ってはいけない就活エージェント

TVCMや電車広告、口コミ・評判で認知度を上げ、就職や転職をする際は転職エージェントの利用が定番となってきています。

ですが、新卒・中途どちらにも当てはまらない既卒は、“使ってはいけないエージェント”“使うべき就活エージェント”がハッキリ分かれることをご存知でしょうか?

ここでは既卒が登録すべきではないエージェントを始め、目的・条件別に合わせた既卒が使うべきエージェントをご紹介します。

就職エージェントのサービス内容も解説していくので、選ぶ際に役立ててください。

コロナ禍で既卒の転職はますます難しいと言われています。転職エージェントを上手く活用し、事前にしっかりと対策すれば転職の成功率を高めることができますよ。

既卒が使うべきではないエージェント一覧

TVCMや電車広告で見かけるエージェントは、既卒のサポートに特化していないことがほとんどです。

そのため登録しても、『求人紹介・連絡が来ないまま時間だけが過ぎる』というリスクがあります。

というのも、正社員としての職歴・実務経験がある方を対象としているため、職歴なし・正社員経験のない既卒は利用できない可能性が高いです。

既卒者は”既卒に特化したエージェントを利用”しましょう!

既卒が使うべきではない転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • type転職エージェント

既卒者に特化した就活エージェントとは!?

 既卒に特化した就職エージェントは登録すると、専任のアドバイザーがつき求人紹介・書類作成・面接対策など、就職活動の全般をサポートしてくれます。

取り扱い求人も『既卒を歓迎している企業』のみに限定しているため、企業側の採用意欲も高く既卒という肩書きが不利になりません

1人で就職活動するよりも内定を獲得しやすいメリットがあります。

既卒におすすめのエージェント6社

既卒者の就職活動に特化し、内定率や入社着の定着率が高い就職エージェント6社の特徴を説明しながら比較していきます!

また、感染症対策について各社エージェントが行っている取り組みについても併せて紹介していますので確認してみてくださいね。

20代からの圧倒的な支持【マイナビジョブ20’s】

20代・既卒・第二新卒の転職サポートに特化しているマイナビジョブ20’sは、「登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代」「年間登録者は45,000人以上」と20代若手からの圧倒的な支持を得ている転職エージェントです。

マイナビジョブ20’s の強みは20代の転職市場を熟知していること、マイナビグループで培った豊富なノウハウを活かした転職サポートを提供できることにあります。
既卒に合わせた転職サポートを受けて内定を掴み取りましょう!

Point就職相談は電話もしくはWEBカメラでの相談可

  • 20代若手を必要としている求人のみ
  • 既卒の強みを引き出す面接対策を実施
  • 職種・業種未経験OK求人が50%以上
公式サイト https://mynavi-job20s.jp/
実績 入社後定着率:96.8%
既卒に
推す理由
・応募書類作成・添削アドバイスで書類選考通過率UP
・世界中で指示されている適性診断が受けられる

やりたいことがわからない方は必須【キャリアスタート】

自己分析から長期的に既卒の就職サポートをしてくれるキャリアスタート

親身に就職をサポートする“ことをモットーとしているため、大量に求人が紹介され、とにかく応募をしましょう!ということはありません。

やりたいことがわからなければ、自己分析から親身にサポートして、やりたいことを一緒に探してくれます。

また、希望と人柄に合った求人紹介を行ってくれるため、マッチング度が高い部分も評判です。

Pointコロナの影響で「内定取り消し」「失業」した人向けの就職支援サービスあり

  • 徹底した面接トレーニングにより内定率86%を記録
  • 入社後の定着率は92%以上!
  • 顧客の82%がサービスに大変満足していると回答
公式サイト https://www.career-start.jp/
実績 面接成功率:86%
既卒に
推す理由
就職の全てを親身にサポート
特徴 ・研修制度が充実の求人が豊富
・納得いくまで就職をサポート

既卒から大手・優良企業に就職【doda】

転職を始め、最近は新卒の就職サポートにも力を入れる大手パーソルキャリアが運営するdoda

大手ならではのノウハウを活かし、既卒の就職相談・選考対策・入社後も手厚くサポートしてくれます。

就職後もサポートしてくれるので、就職先で困ったことがあった時は気軽に相談できます。

人気の高い大手・優良企業の非公開求人の扱い多く、安定性を求めている方にはdodaがおすすめ。

Pointオンライン面接を実施中の求人多数あり

  • 既卒・フリーター歓迎の求人が豊富
  • エージェント・就職サイトの両方が利用可
  • 求人数は業界トップクラス
公式サイト https://www.doda.jp/
実績 利用者満足度【NO.1】
既卒に
推す理由
・既卒OKの求人が豊富

既卒からIT・WEB業界に就職【リクルートエージェント】

IT・WEB系職種への就職を希望している人におすすめなのがリクルートエージェント

業界1位の求人数でIT求人も豊富。人気の非公開求人は10万件以上!

IT・WEB業界の知識が豊富なキャリアアドバイザーが、単純なマッチングでなく、あなたの潜在的な能力や将来的なキャリアパスを踏まえた求人提案をしてくれます。

既卒は新卒に比べて特筆しているものがなければ内定獲得は難しい現実があります。就職に失敗しないよう、信頼できる転職サポートを利用して優良企業への転職を目指しましょう。

Point電話での相談受付やアプリやメールによるオンラインでの求人紹介

  • 未経験OKの大手・優良企業のIT求人300件以上
  • 企業の風土や働く環境などの気になる情報の提供
  • IT業界に詳しいキャリアアドバイザー多数
公式サイト https://www.r-agent.com/
実績 転職支援実績【NO.1】
既卒に
推す理由
・好待遇の大手・上場企業、優良企業のIT求人が豊富

書類選考なし/正社員になって活躍するまでを支援【かつやくカレッジ】

日本の採用コンサルティングの草分け【安田 佳生氏】が企画・監修しているかつやくカレッジ

申仕込み後はWEB就職講座に参加し、優良企業約20社とのWEB面接会に参加することができます。

入社前には新入社員向け無料講座、入社後も1年間継続的にサポートするなど、既卒には心強い万全のサポート体制が強みです。

  • 安田佳生氏による特別授業+ビジネスマナー等の授業を無料受講
  • 新型コロナ対策として講義・面接を完全web化!
  • 優良企業約20社とのWEB面接会に参加
公式サイト https://www.rise-jms.jp/success/
実績 アフターフォロー研修、実績200回以上
既卒に
推す理由
・「就職後の活躍」までを見越したカリキュラム・サポート体制

未経験の求人豊富【リクナビネクスト】

リクナビネクストは就活中の転職希望者の8割が利用している、就活の第一歩として非常に人気の就職サイトです。

社会人未経験歓迎で検索してみると2695件(20.9.10現在)ヒットしました。全年齢対象のサービスですが、既卒の方にも十分利用価値あり◎

また、就活の効率を上げる会員限定機能も魅力の一つです。経験の少ない既卒の方はとにかくたくさん求人を集めることが大切なので、様々な角度からアプローチしましょう。

PointWEB面接求人12,000件以上

  • 求人企業や転職エージェントから直接スカウトあり
  • 限定求人が約85%
  • 自分のペースで就職活動ができる
公式サイト https://next.rikunabi.com/
実績 転職決定数No.1転職サイト
既卒に
推す理由
・自分の強みがわかるグッドポイント診断で簡単自己分析

既卒者のエージェント利用者が増えている!?

既卒者のエージェント利用者は年々増加傾向にあります。その要因は何なのか解説していきます。

民営職業紹介事業所の増加

下記表を見てみると、民営職業紹介事業所数は平成28年度で20,406事業所。前年度と比べ4.9%増加しているのがわかります。

民営職業紹介事業所というのは『エージェント』のことを指しています。

マイナビ既卒者の調査結果
厚生労働省発表「平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果」(https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11654000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu-Jukyuchouseijigyouka/0000180330_2.pdf)

なぜこんなにも多くの就職・転職エージェントがあるのかと言うと‥それだけ利用者が多く需要があるからです。

総合型の転職エージェントだけでなく、既卒者限定など需要に合わせて様々な特色を持つ就職・転職エージェントも増加傾向です。

既卒者の増加でエージェント利用者も年々増加傾向

既卒者向けの就職エージェントが増えてきている背景には、売り手市場と呼ばれている現在でも『既卒者』が多くいることが考えられます。

下記グラフを見ると、【在学中に内定をもらった新卒者が53.1%】、【内定をもらえなかった既卒者が46.9%】とほぼ同数。

マイナビ既卒者の調査結果
(https://www.mynavi.jp/news/2018/10/post_18252.html)

在学中の就職活動では”自己分析”が不十分であったため『自分のやりたい仕事が見つからない‥』『希望の仕事・企業に就けなかった』などを理由に既卒になっているのです。

そして、このような既卒者の受け皿となりサポートしているのが就職エージェントです!

需要があるから就職エージェントが増えてきていることを考えると、既卒者の多くがエージェントを上手に利用し理想の就職先を見つけている‥と言っても過言ではありません。

エージェントを利用すると受けられる支援サービス

エージェントと言っても具体的に何をしてくれるのか、イメージが湧いていない方も多いのではないでしょうか?

エージェントに登録してから内定までの流れを説明していきます。

  1. 就職相談
  2. 自己分析・情報収集を掛け合わせ、あなたに合った道をアドバイス

  3. 求人紹介
  4. 社内環境・待遇・人間関係などの説明有り

  5. 応募書類作成サポート
  6. 書類作成を一から全面サポート

  7. 面接対策
  8. 過去・直近の質問内容をあらかじめ提示

  9. 面接日程調整
  10. 手間になる日程調整も担当者が代行

  11. 雇用条件交渉
  12. 休日・年収などの待遇に不満があれば交渉してくれます

  13. アフターフォロー
  14. 入社後のミスマッチ・企業の不正がないかを確認

これら全てのサービス・サポートを無料で利用することができるので、不利とされてる既卒者こそ就職エージェントを効果的に活用し、ミスマッチのない長く働ける会社を確実に見つけていきましょう!

特にこんな既卒者はエージェントに登録すべき

  • 就職活動の進め方がわからない
  • 求人の探し方がわからない
  • 書類選考で落とされる
  • 面接に自信がない
  • 合否後のフィードバックが欲しい
  • 落ちた理由が知りたい
  • 自分に向いている仕事・やりたい仕事がわからない
  • ブラック企業に入社してしまったらと不安
  • 後悔しない就職をしたい

上記のいずれか1つでも当てはまる既卒者は就職エージェントに登録をして、プロのアドバイスを受けながら就職活動を進めてみましょう!

エージェントに登録しても、こんな担当者に要注意!

就職エージェントに登録すると受けられるメリットは大きいです。

ですが、エージェントはハズレのアドバイザーに当たるとサポートが十分に受けられなく、就職活動が失敗に終わる可能性があります。

こんな担当者には要注意!

  • 求人紹介がない、または希望と違う求人を紹介してくる
  • アドバイザーと相性が合わない(苦手な性格・温度感など)
  • 紹介企業の情報が少ない(入社後にミスマッチを感じてしまう恐れ)
  • 連絡が遅い(テンポ良く就職活動を進めていけない)

サービス・サポート内容に不満や疑問を感じるようなアドバイザーには注意が必要です。

担当者と合わないと感じたら『担当者を変更』してもらいましょう。どの就職エージェントでも対応してくれます。

既卒エージェントは複数登録がカギ

前述の【こんな担当者には要注意】にもあるように、サービス・サポートの質が悪いエージェントや担当となったアドバイザーに当たり外れがある場合があります。

せっかく就職エージェントに登録をして正社員就職を目指そうと思った矢先に出鼻をくじかれてしまっては元も子もありません。

そのような事態を回避するためにも、エージェントへは最低でも2~3社に登録しましょう!

複数登録のメリット

  • (数社併せて)多くの求人を紹介される
  • 紹介された求人案件を比較検討できる
  • アドバイザーの質を見極められる
  • 最終的に一番条件・対応の良いエージェントを選べる

エージェントへの複数登録が就職成功へのカギを握っています!

【まとめ】既卒が正社員になるためにエージェントは必須

いかがでしたでしょうか?

既卒者には就職エージェントを利用した就職活動がおすすめな理由が分かっていただけましたか?

就職エージェントは無料で利用出来るので、始めはどのようなものか相談から利用してみてもOK!合わなければ担当者の変更や退会することも可能です。

時間を無駄にしないためにも、2~3社以上のエージェントに登録して比較してみましょう。きっと信頼出来るアドバイザーに出会え、社会人としてスタートを切るための第一歩を踏み出していけます。

既卒におすすめ関連記事

既卒が使うべきエージェント一覧
既卒の就職活動は、個人プレイで間違って行っていると泥沼にはまってしまいます。既卒になったら就職のプロに就職をサポートしてもらうことが内定への近道です。
就職浪人or就職留年はどちらが有利?
新卒で就職できなかった場合、「就職浪人」「就職留年」の道を選べますが、はたしてどちらが有利なのでしょうか?人事担当者が抱く就職浪人のイメージとは!?
既卒者が公務員にならない方がいい理由とは?
公務員を目指す既卒者は少なくありません。公務員は安定だとよく言われますが、本当にそうでしょうか…?公務員について詳しくご説明します。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷